毎日句会みのる選・2013年2月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2013年02月25日(Mon)

2013年2月17日~23日

2013年02月23日
矢のごとく稚魚は春光まきちらしわかば
蹲踞の柄杓が躍る春の水うつぎ
たらちねの遺影に隣る古雛なつき
ひもすがら降りみ降らずみ春の雪こすもす
参磴に枝さしかけて宮の梅さつき
ドリーネの底まで走る野火のあり三刀
冴え冴えとして中天の月円かせいじ
朝練のはじける声に春立ちぬぽんこ
扁額は光明無限梅真白菜々
白鷺の微動だにせず春寒し満天
畑を焼く麓の煙のろしめくさつき
2013年02月22日
古町の路地は迷路や梅寒し菜々
柳の芽破線となりてなびきけりさつき
笠連ねあぜ道をゆく春遍路ともえ
蒼天に鳶放ちたる雪野原有香
比良の嶺を盾に裾野の畦を焼く雅流
梅寒しうどん茶店に長き列さつき
2013年02月21日
古雛仄と肌色のこりけりつくし
春雪の窓に轆轤を引くをみな菜々
下萌の山頭火句碑存問すよし女
啓蟄の畑に林立もぐら除け有香
一輪のほころびに足る梅見かななつき
春風や干魚吊す蜑の家ともえ
あるなしの風に芽柳揺れやまず満天
2013年02月20日
芽柳の風に色ありうすみどりはく子
駈けてくるポニーテールや春の風さつき
マリア像とり囲みたる芽吹きかな菜々
土手の野火火攻めさながら池囲むさつき
パドックの人気の馬の息白しよう子
2013年02月19日
轆轤ひくをみなの十指春灯下菜々
梅宮に犇めきあへる受験絵馬なつき
春光や堰あまた落つ芦屋川せいじ
春山を撫でゆく雲の影法師さつき
相会釈してすれ違ふ春山路さつき
胎動といふことばあり青き踏む宏虎
手びねりの絵付けに選ぶ春の色菜々
2013年02月18日
道問へばコートの女土地訛りあさこ
輸送船進むともなく沖朧さつき
共に老ゆ幼馴染や梅白しあさこ
2013年02月17日
鯉躍如尾鰭に濁る春の池三刀
梅ふふむ枝に神籤のかた結びぽんこ

page_top

2013年02月18日(Mon)

2013年2月10日~16日

2013年02月16日
急磴を来て春の海展けけりさつき
松葉杖一歩いつぽに春愁ふぽんこ
七色を綴る架橋の春灯わかば
2013年02月15日
春光や撫で牛さんの鼻のさきさつき
目刺焼く煙吐き出す換気扇よし子
春光や門かぶりなる松の枝ぽんこ
春兆す潮入り川の匂ひけり宏虎
人見知り始まりし子に山笑ふこすもす
帰宅せし吾子後ろ手に愛のチョコ有香
苔庭に春の日射しのやわらかし三刀
2013年02月14日
春空に紙飛行機の旋回すさつき
淡雪や曇り硝子の影法師さつき
道の駅最前列に蕗の薹宏虎
切つ先を見せ剪定の梅芽吹くよし女
子午線を踏みて寺領の梅探るわかば
尼寺の門前に売る花菜漬雅流
2013年02月13日
ウインクをしてをるごとき双葉ありせいじ
雪解水ぶつかりあひてしぶきけり英子
真夜に鳴る無言電話や春寒し満天
産土へ畦道づたひ青き踏むはく子
犇めける祈願の絵馬に東風強しかかし
伊予柑の荷を解く部屋に匂ひけり雅流
2013年02月12日
人波にもまれるだけよ苗木市あさこ
うららかや花模様織る梭の音なつき
梅が枝の雨雫とも蕾ともよし子
2013年02月11日
冴え冴えとご詠歌の声澄めりけり有香
紀州路や畑の真中に梅の花ぽんこ
家鴨池気の合ふ残り鴨のをりなつき
2013年02月10日
しゃがみ見る節分草の目覚めしとうつぎ
板塀は仮設祈祷所梅の寺なつき
耕人の田毎にひとりまたひとりせいじ
東風通ふ八十島見ゆる丘の上菜々
片手ではとてももてざる大大根よし子
紫の濃きが売れ筋ヒヤシンスあさこ
下萌ゆるここがよろしとお弁当さつき
春節祭龍舞の銅鑼鳴りやまず雅流
歳時記を繰りつ戻りつ春眠しさつき

page_top

2013年02月11日(Mon)

2013年2月3日~9日

2013年02月09日
春光をはじき新型電車過ぐせいじ
薄紙をそうっとはがす古雛はく子
せせらぎの奏づは春の唄ならむさつき
冴返る屋台の裸電球もあさこ
神鏡は舞ふ風花を映しけり満天
2013年02月08日
鯛焼きの数珠なす列に吾も並ぶあさこ
館出でて頬刺す風や寒戻るつくし
豆撒や双手の五指の高く伸びさつき
立春や箱並ぶごと家の建つなつき
束の間の日に煌めきて風花すわかば
淡雪の一片いましつくばひへ菜々
橋脚の折れよと激つ雪解川宏虎
駈け来たる肩に残りし春の雪ともえ
2013年02月07日
立春の朝日まばゆき礼拝堂せいじ
一筋となりて不動の滝凍つる菜々
水底の鯉身じろがず凍て返るぽんこ
高鼻のマスク美人といひつべし有香
崖の上に立つ古祠や磴寒しうつぎ
俯瞰する町も山河も朧かな三刀
2013年02月05日
甦るごと万蕾や梅古木わかば
相互ひ病抜け出て春迎ふよし女
底石に日の斑の踊る春の川三刀
地虫出づ小便無用の立て札にぽんこ
一燭にゆらぐみほとけ堂の春菜々
春風邪や紅茶に落とすブランデー雅流
茶掛けの書春と一文字あたたかし満天
豪快に豆まく郷土力士かなはく子
2013年02月04日
先導の法螺高らかに節分会菜々
立春の雨に涙す道路鏡うつぎ
日に乾き糸寒天の反りにそるよし子
甘味屋の品書きも春待たれけりつくし
会堂に満ち充つ春の光かなせいじ
新しき季寄せを買ひて春を待つよし女
2013年02月03日
年の豆ぽりぽり食べる熟女かななつき
矢を放つ追難神事の禰宜若しはく子

page_top

2013年02月04日(Mon)

2013年1月27日~2月2日

2013年02月02日
着膨れてダルマのごとき幼なかなつくし
満員の子供列車や里の春小袖
身じろがぬ鹿の睫毛に風花すさつき
賑へるワンワンランド四温晴よし女
雀どちはしゃぐや春の潦せいじ
十七度予報に迷ふコートかな満天
夢殿の参道綴るしだれ梅ともえ
2013年02月01日
熊よけの鈴鳴らし行く里山路英子
もとほれば臘梅匂ふ茶庭かなせいじ
窯口の火に一服す炭焼き男雅流
公園のあちこち工事春隣ひかり
黒ぼこの畝うつすらと下萌ゆるさつき
雪片にたちまち滲む句帳の字さつき
車座に無縁仏や洞ぬくしうつぎ
大師像海に向きたる遍路道なつき
糸寒天己が身透かせ乾きけりうつぎ
賽の目を写楽が睨む絵双六よし子
2013年01月31日
測量士四温の畦に地図広げよし女
苔庭の光となりて風花すさつき
里山の日に打ち展べて寒天干すうつぎ
大冬木洞に在します地蔵尊小袖
春兆すダム湖の水の漲りてよし子
膝さすりつつ語りあふ日向ぼこさつき
寒天干す雫の刻む音幽か有香
うそ寒き国会中継見飽きけり満天
覗きたる洞に地蔵や里の春よし子
2013年01月30日
白波のごと日に反るは寒天田うつぎ
炭小屋の主に句帳覗かるる有香
行者どち馳す大寒の奈落道百合
手水舎のタオルは真白風光るつくし
寒肥す猫の額の畑なれどよし女
校門の左右に阿吽の雪だるまかかし
雪雲の帽子を被く伯耆富士英子
潮風に恋の絵馬鳴る四温かななつき
天日を弾くは谷戸の寒天田よし子
水鏡分けゆく水脈は陣の鴨よし子
2013年01月29日
将棋子ら集ふや東風の四阿に治男
日を弾く寒天干しの田一枚うつぎ
吾に媚びて寄る野良猫と日向ぼこよし子
平凡がなによりの幸春炬燵あさこ
皹の手の甲に静脈浮き上がる宏虎
銀箔を散らすごとくに千鳥翔つよし女
竹人形生る工房の春灯雅流
ここもまた間歩の蹟らし山眠る菜々
一句碑にこころ通へば温かし百合
煌々として有明の寒の月満天
2013年01月28日
春を待つ賓頭盧さんを撫ぜもしてぽんこ
タイヤ痕なき晨朝の深雪道こすもす
寒明けを暦に印し鍬手入れかかし
足踏みのごと新雪の道進むあさこ
せせらぎに凹むは猪のぬた場らし菜々
菜の花のひと茹で膳の華となる満天
昨夜雪に里山の景白変すかかし
2013年01月27日
病室のベッドに間遠虎落笛ぽんこ
降る雪に繭ごもりなる月円かはく子
焼山を見よ万葉の火が走るともえ
雪降ると見るまに庭の白変すわかば
旅の地図ルーペで探る春炬燵あさこ
唄ひつつ下校の子等や春隣あさこ
からふじて崖に留まる朴落葉うつぎ
窯出でて湯気だるまなる炭あるじかかし
明けやらぬプラットホーム冴返るわかば
船頭のガイドに和む炬燵船英子
枯葦の風の形に倒れ伏すさつき
一願をこめて地蔵に寒の水有香
深更の一郷照らす寒の月三刀
寒肥のスコップ阻む太根かな宏虎
探梅行旧家の庭も覗かるる雅流
里山のせせらぎ春を奏でけり菜々
ごうごうと音立てて山焼かれけりともえ

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site