毎日句会みのる選・2012年12月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年12月31日(Mon)

2012年12月23日~29日

2012年12月29日
枯蓮田三角定規並ぶごとともえ
婆ちゃんと笑顔で話す帰省の子三刀
玉の日を纏ふ冬芽のうぶ毛かなせいじ
みどりごの産毛を宿す冬芽かなせいじ
大綿の路地はこの先行きどまりきづな
小夜覚めて病室に聞く冬の雨よし女
2012年12月28日
思い出の一つ一つや古日記わかば
生かされて明日への糧の日記買ふわかば
手作りの干支を飾りて年用意満天
枯菊を焚きて一句を成さむとす雅流
空調の音冴え手術室孤独よし女
2012年12月27日
白蛇の大絵馬かかげ年用意ぽんこ
懐に古墳を抱き山眠る有香
供花買ひて通夜の道行き月冴ゆるこすもす
賽銭箱磨き産土神年用意よし子
数へ日の黒門町の活気かな百合
夜回りの不揃ひなるは夫の声満天
2012年12月26日
節くれの仁王の足へ冬日射す宏虎
煙り噴く炭焼き窯の野獣めくよし子
野良猫の行き来自由や門ぬくしつくし
黙々と交はす筆談風花すよう子
頼みとす薬絶やさず去年今年ともえ
雑談の声も混じりて夜廻り来きづな
冬ざれの淀は銀色砥のごとく菜々
2012年12月25日
湯豆腐の味を問はるる京言葉宏虎
霜に立ち素足に草鞋大師像菜々
県境のダム湖を駈けて寒波くるよう子
老夫婦切り分け食ぶる聖菓かなよし女
年用意とて百均をうろうろすはく子
読み聞かせゐたる子眠る聖夜かな有香
ぼろ市の人垣越しにのぞき行くなつき
裸木の瘤隆々とたくましき満天
タンカーの進むともなき冬の凪わかば
2012年12月24日
茶柱の立ちて佳き日や一茶の忌宏虎
忌を修し一族郎党ふぐの宿きづな
とれとれの菜の根をすすぐ寒の水とろうち
身罷りし愛犬悼む寒昴ぽんこ
小走りす小雪ちらつく赤信号つくし
前山の杉の美林へ風花す雅流
庭柚子を贅に浮かべて至福の湯あさこ
朝一の釣銭悴む手から手へよし子
2012年12月23日
歳晩の寺苑狼藉めく轍菜々
柚子の香やあごまでお湯に漬かりけりとろうち
日帰りで辞すふるさとの雪景色きづな
ほかほかの太鼓焼買ひ懐へ三刀
小走りに吾を追ひぬける師走人よし子
炭を焼く煙なるべし峠道雅流
雲切れて日矢射しをれど片時雨せいじ

page_top

2012年12月26日(Wed)

2012年12月16日~22日

2012年12月22日
着膨れてエレベーターにこぼれけりつくし
よくとほる声の披講や青畝の忌菜々
柚子の香の一番風呂に浸りけりせいじ
裸木の天へ振り上ぐ力瘤有香
ご自由にどうぞと小玉柚子を盛るこすもす
街師走宝くじ屋に長き列さつき
夫癒へて吾が手術待つ冬至の湯よし女
しばらくを柚子と遊びて冬至風呂はく子
病とも仲良しになり冬至粥三刀
2012年12月21日
鳶舞へる谷戸の冬至の空暗し雅流
無駄力抜けて余生のちゃんちゃんこ宏虎
いか墨に指染めて売る年の市なつき
痛むひざ撫でつつ浸るゆず湯かな満天
天窓の一枚青き冬の晴とろうち
手袋を外して手話の弾みをりさつき
極月の畑に一筋煙立つ有香
2012年12月20日
冬日いま翁の塚を抱擁す菜々
年惜しむ水かけ不動に水掛けてはく子
彩窓のマリアの像に冬日燦つくし
亀の池亀みなもぐり冬ざるる菜々
杉の秀に一声高し冬の鵙雅流
饒舌と仏頂面の日向ぼこ宏虎
2012年12月19日
師走妻庚申堂は素通りに菜々
毀たれしビルの虚空に月冴ゆるせいじ
義太夫の墓へも詣で年惜しむ菜々
身に入むや港に魚の供養塔わかば
冬うららおもかる文殊軽きかな満天
暮れ残る富士のてっぺん冬の鵙とろうち
凍土をひづめが削る馬の径なつき
朝市の売手買手と息白し宏虎
2012年12月18日
ひび割れて水生花苑池涸れるわかば
笹子鳴く裏山包む夕帷雅流
推敲す黙のひと時冬座敷ぽんこ
行く人の足をとどめる冬桜満天
己が影纏ひて眠る甲斐の嶺々とろうち
夫盾にマスクの妻の付き行けりなつき
初雪やふるさとの幸届きし日よし子
句碑歌碑に添ひてたわわや実南天きづな
膝ついて藁苞覗く寒ぼたんともえ
2012年12月17日
碁敵の沈思黙考懐手宏虎
身に入むや家打ち壊すブルトーザぽんこ
ショッピング手間取りし間に時雨れけりせいじ
参道に万華鏡なす彩紅葉百合
煤払ふにも順序ある大伽藍きづな
神木に宿り木あまた冬ざるるとろうち
神鶏の真白が突く落葉嵩なつき
庖丁を磨き上げもす年用意あさこ
2012年12月16日
一尋に余る魚版や冬館菜々
花時計総入れ替へし年迎ふつくし
冬鴉遺跡調査の田を突くせいじ
トンネルを抜けて山河の冬景色わかば
冬うらら犬を待たせて投票すせいじ
蒸し立てのおこわの湯気や果大師なつき

page_top

2012年12月17日(月)

2012年12月9日~15日

2012年12月15日
カレンダー並べ選ぶも年用意あさこ
ゆりかも引き連れ戻る大漁旗宏虎
存問の思ひをこめて賀状書くぽんこ
山茶花の紅白侍る門構へ三刀
浮寝鳥揺るるともなき水面かなとろうち
松の秀が冬天支ふ禅の森菜々
2012年12月14日
底冷のうぐいす張りの廊巡る宏虎
デパ地下の半額タイム日短よし女
極月の寺に写経の筆をとる有香
大いなる尻を振りふり鴨潜る三刀
街師走四面楚歌なる選挙カー満天
凍てエンジン覚めよとお湯をかけてやるこすもす
コート着て喫煙場所の混みにけりさつき
2012年12月13日
紙漉きの水より暮るる名塩かな宏虎
冬座敷障子に濃ゆき松の影菜々
転ぶやに傾ぐ体や蓮根堀よし女
師走月一週間は瞬く間あさこ
被災地の友より届ききし林檎せいじ
2012年12月12日
鯉跳ねて揺るる水面の冬紅葉百合
着ぶくれてブレーキかかる滑り台ぽんこ
留守宮の神鈴振るを躊躇ひぬつくし
落ち葉降り積む方丈の屋根の反りとろうち
寒オリオンよぎるは飛機の瞬く灯はく子
臥す吾に影の移らふ白障子うつぎ
2012年12月11日
校庭に声の残りて日の短つくし
束の間の心温む寒夕焼ともえ
木枯らしに竿の干し物踊りだすはく子
鴟尾高く匕首の月冴えわたる菜々
水涸れて石は蒼さを失へりとろうち
木枯しがプラットホーム席巻すせいじ
退院すポインセチアに迎えられ三刀
2012年12月10日
降りる鴨翔つ鴨朝の湖広しうつぎ
手に気合入れて塩鮭切り分けるなつき
ひと筆がくねれば蛇や賀状書く満天
病者あい励ましあひて日向ぼこよし女
ふさふさの鬚をしとねに竜の玉菜々
昨夜の雪残るポストの庇かなせいじ
2012年12月09日
水仙を生けし玄関客を待つきづな
大しぶき立てて鴨どち着水すつくし
藪を突く日矢のみどりや竹の春とろうち
男手の守る大釜や大根焚雅流
養生という退屈や風花す三刀
庭蜜柑手入れのあひに摘み食ひあさこ
峡の日を集めて白しお茶の花菜々
寄せ鍋の湯気を挟んで乾杯すよし子
教会の窓をノックす冬芽かなせいじ
鳰の水尾末広がりに進みけりさつき
おでん屋の湯気機嫌良く上がりをりともえ
朝日出てダイヤ光りす霜柱美咲

page_top

2012年12月10日(月)

2012年12月2日~8日

2012年12月08日
吹かれきてお百度石の冬の蝶百合
裸木に明るき空の展けけりさつき
お不動へ裏道詣で笹鳴けるきづな
老犬を老老介護冬ごもりぽんこ
自転車をこぐ木枯らしに抗ひて満天
冬空へ叫ぶ選挙のスピーカー治男
鰤起こしテトラポットを呑む怒涛宏虎
2012年12月07日
廃屋をかんじがらめに蔦枯るるわかば
黄落の窓辺にランチタイムかなひかり
雲一朶なき蒼天へ師走富士せいじ
日の出富士コロナのごとく雪煙とろうち
法話聴く広き本堂隙間風宏虎
掲示板全職員へマスクせよこすもす
デパ地下はケーキが主役クリスマス満天
貝殻をつけし蛸壺冬日向なつき
2012年12月06日
鉛色に水錆びて蓮枯れにけり宏虎
病窓の外の風花の乱舞見よよし女
紅葉山貫く高速高架かなよし子
縄縛りされて蘇鉄の冬支度なつき
凩に一大事告ぐ救急車ぽんこ
年用意婦唱夫随にガラス拭く菜々
マフラーを若者風に巻いてみる満天
路地裏に入りて焼き芋ほほばりぬなつき
2012年12月05日
冬天にすっからかんの大銀杏とろうち
風意地悪落葉煙を避けられずつくし
久闊を述ぶ相互ひマスクしてあさこ
山門を潜るや否や冬木立わかば
蒼天へ紅葉を鎧ふ甲山うつぎ
2012年12月04日
裸木となり網目なす梢かな満天
泥つけしままに届きし冬菜かなはく子
修験者の列なす背なに時雨けり有香
海峡を煙ぶらせて来る時雨かなわかば
2012年12月03日
叶ふなら龍の玉ほど弾みたしあさこ
九体寺の門へ且つ散る紅葉かな雅流
そぞろ寒暗殺の間の柱傷とろうち
落柿舎の吾も過客や添水打つ菜々
2012年12月02日
編み上がる正ちゃん帽に夫笑顔よし女
切り岸に張りついてをる冬紅葉わかば
推敲す四阿の吾に笹子鳴くきづな
冬凪の小樽の海を睥睨すともえ
本丸へ続く嶮磴銀杏散るさつき
講壇にポインセチアを侍らしぬせいじ
見舞はるる人饒舌や縁小春きづな
草枯れて定かになりし野面石三刀

-elink"

2012年12月03日(月)

2012年11月25日~12月1日

2012年12月01日
御座舟を浮かべ嵐峡小六月菜々
耳遠く身ぶり手ぶりや日向ぼこ宏虎
甘酒を双手包みにいただきぬさつき
落柿舎に虚子の一碑や紅葉影有香
師走寺瓦寄進に名を記すきづな
散歩する主も犬も息白し宏虎
全身に陽光纏ひ銀杏散るとろうち
2012年11月30日
庭園の石の温みや紅葉晴なつき
堰落つる水の小春や大堰川菜々
石仏の裳裾嵩なす散紅葉よし子
竹林の続く道の辺石蕗明かりせいじ
吟行の冷えにこぞって葱うどんひかり
落柿舎の投句箱へと紅葉散る満天
禅林を要としたる枯野かなせいじ
2012年11月29日
水脈あるやなしやに進む紅葉舟とろうち
橋半ば錦秋の渓パノラマにあさこ
落柿舎に蓑笠古りて冬ざるるはく子
錦秋を綴り山並昏れなんとよし子
2012年11月28日
冬ざるる道はこれより化野へ菜々
ご開扉の吉祥天に小春の日うつぎ
俳句本とりどり販ぐ紅葉寺きづな
つやつやと尻を並べて柿届くとろうち
現し世の話題沸々鍋に酌む三刀
苔庭を覆ひ尽くして散紅葉わかば
渓風に高舞ふもあり紅葉散るよし子
2012年11月27日
駈けてゆく音のかそけき風落葉ともえ
月冴えて一朶の雲も寄せ付けず菜々
開運の鐘に行列紅葉寺なつき
腹巻きの子安地蔵や堂ぬくし有香
大銀杏散りて天辺展けけりつくし
鳰連鎖反応して潜るさつき
2012年11月26日
山襞の深きに迷ふ狭霧かなせいじ
冬霧を纏ぎて暮るる峡の里有香
夕づきし築地にのこる石蕗あかりひかり
突風に修羅場と化しぬ散紅葉三刀
苔庭の紅葉に心洗ひけりさつき
御座船に紅葉かつ散る高瀬川せいじ
飛火野を巡る道の辺冬紅葉百合
常盤木の根方にも敷く散紅葉きづな
2012年11月25日
険磴に杖を恃みて紅葉狩なつき
冬晴に津軽三味線音高かし満天
な滑りそ分け入る杣の落葉みち雅流
観音の後ろは奈落谿紅葉よし女

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site