毎日句会みのる選・2012年10月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年10月29日(月)

2012年10月21日~27日

2012年10月27日
長々と白き築地や十三夜うつぎ
雲幾重潜り中天後の月菜々
括られしまま秋草の靡きをりとろうち
秋晴の日だまりに混む鳩雀あさこ
カメラ族SLを待つ苅田かなよし女
水底に日の斑ゆらめく秋の川さつき
おそろひの杖もて散歩秋うららあさこ
朴落葉お面にかぶり子ら遊ぶさつき
秋寂ぶや手漕ぎの舟の艪のリズムよし子
2012年10月26日
田じまいの煙を抜けて一両車さつき
身に沁むや病室に吊る千羽鶴三刀
クレーンのまっすぐ伸ぶいわし雲よし子
待合の問はず語りや秋の人よし女
線香の灰の山なす遍路寺ぽんこ
末枯るる豪族どもの墓どころ宏虎
十三夜煙吐かざる煙突に有香
触れもして匂ふハーブや園さやかはく子
白壁を忍者のぼりす蔦紅葉百合
2012年10月25日
美味かりし縦走弁当秋高しはく子
川風に吹き嬲られて霧のぼるせいじ
境内の黙に蓑虫孤独なりとろうち
満ち足りし余生の秋を惜しみけり宏虎
秋惜しめとぞSLの遠汽笛よし女
秋惜しむ園のハーブの百の香に菜々
曳航の巨船ゆっくり沖さやかよし子
光秀の城址やここだ木の実落つ雅流
2012年10月24日
秋晴れて潮目きらめく茅渟の海菜々
大壷に菊溢れしむ大師堂英子
コスモスの丘へと風の通ひくる百合
天高く紙ふぶき舞ひ進水すよし子
耕運機高鳴る谷戸は霧の海うつぎ
柏手に応と散りたる一葉かななつき
飽食の芋虫休むこと知らずとろうち
ゴンドラに展けて秋の海眩しはく子
爽やかに盤木高鳴り進水すわかば
フレームにハーブの足湯はにぎはへり満天
洗濯機渦に浮ききし零余子かなよし女
2012年10月23日
孫誕生祝ふ赤飯今年米こすもす
直売の小屋に垣なす秋の人ひかり
2012年10月22日
所在無く丘のコスモス風を待つひかり
ペットボトル浮きつ沈みつ秋の川治男
命綱して高枝の松手入れよし女
暮れなずむ山の奥より鹿の笛よし子
菓子盆に心づくしの柿紅葉うつぎ
裸電球揺れ深秋の仁王門よし女
枯れ蟷螂といへども太き腹もてる三刀
2012年10月21日
北の宿椀に溢るる芋煮かなともえ
赤煉瓦塀に同化す蔦紅葉さつき
氏神へ通ふこの道野菊咲くうつぎ
斑鳩の九輪の空を鳥渡るひかり
日を孕み風を孕みて芒原とろうち

page_top

2012年10月22日(月)

2012年10月14日~20日

2012年10月20日
不老水汲場のむかご頂きぬよし女
文化祭ポスター埋まる掲示板さつき
踏むまじと汝の後行く草紅葉ともえ
庭の柿甘し亡き子を悼みけりあさこ
浮草の万華鏡めく紅葉かなわかば
マウス繰る右手の先の夜寒かなとろうち
しののめの雲押し広げ鳥渡る菜々
捨てられし案山子存問する雀宏虎
2012年10月19日
椎の木の天辺めざす蔦紅葉なつき
爽やかにうれし涙を拭ひけりせいじ
逝きし子の部屋そのままに夜寒かなあさこ
川の岸余地なく鯊釣り人並ぶともえ
アカペラの洩るる聖堂秋気澄むせいじ
工事場は不夜城となる秋灯しひかり
奏者なき自動ピアノのうそ寒しうつぎ
教会の塔を離れし匕首の月つくし
朝寒の富士は真白に日を弾きとろうち
朝寒の双手に包む湯呑みかな雅流
2012年10月18日
霧深しゴーストめける架橋かなわかば
まだ続く貨物列車や秋日濃しひかり
命綱頼りに風の木樵虫三刀
ラーメンの屋台が誘ふ夜寒かなさつき
ライブらしライトアップの紅葉園ぽんこ
子らに声かけられ牧のポニー肥ゆよし女
秋寂ぶや都に遠き万葉苑菜々
数減りし鈴虫庭へ放ちけりうつぎ
2012年10月17日
団栗の散らばってをる砂場かなせいじ
喧騒に小さき苑あり昼の虫満天
団栗が占領したるベンチかな菜々
子宝の池澄み鯉のひしめけるなつき
大足の靴をはみ出す朴落葉三刀
去ぬ燕無事にと祈る病者かなよし女
初咲きの菊仏前に手向けけりともえ
色変へぬ松駈け抜けて子等元気有香
団栗の転がってくる車内かな百合
森の秋日の斑浴びつつ吟行す英子
秋冷や夜更けの雨の音高くとろうち
老杉を搦めてのぼる蔦紅葉さつき
どんぐりを手種に万葉苑めぐるきづな
長寿眉揃ふ宮役秋祭うつぎ
2012年10月16日
野良着翁今日は礼服秋祭うつぎ
どんぐりをベンチに並べ子ら遊ぶ有香
秋惜しむ音盤78回転とろうち
木の実独楽大尻振って止まりけりはく子
朝霧に濡れ風見鶏身じろがずせいじ
一列に子らの行厨秋うららつくし
2012年10月15日
身に入むや電柱に貼る尋ね猫宏虎
前山に鹿鳴き里の昏れんとす雅流
鶏頭花志士集結の野に燃ゆるよし女
曲がる腰伸ばして休む秋遍路さつき
秋惜しむ屋上庭園一周し満天
コスモスの縺れを風が解きほぐす百合
秋日差す縮緬波の海峡にわかば
秋冷の最終電車皆寡黙こすもす
村祭り祝詞を囃す鴉どちうつぎ
色鳥来立ち入り禁止札の池よし子
2012年10月14日
縺るるといふことはなき秋の蝶とろうち
水平線見ゆる高きに登りけりさつき
コスモスに嬲られてをり石仏菜々
爽やかや湯立ての巫女の赤襷うつぎ
コスモスの迷路巡りて一万歩よし女
遷宮を控へし大社秋の声雅流
野路の秋ガイドはシニアボランティアせいじ
秋澄むや真珠筏の海なぎて有香
天高し海一望のスカイビル満天

page_top

2012年10月15日(月)

2012年10月7日~13日

2012年10月13日
百選の夕陽に佇ちて秋惜しむ雅流
名残の茶四百年の窶れ釜わかば
大琵琶へなだれて山の粧へりせいじ
大なる洞もて木の実降らせけりなつき
堀めぐる女船頭爽やかに雅流
駿河へと富士を跨いで鰯雲とろうち
2012年10月12日
石仏を撫でゐる風の秋桜菜々
な踏みりここだ銀杏寺の庭ぽんこ
ハーモニーなせる読経や秋気満つ英子
火のごときビルの玻璃窓秋夕焼百合
美術館梯子し秋を惜しみけりはく子
鰯雲大吊橋の揺れに揺れせいじ
いづくより木犀の香や夜散歩うつぎ
吾はホ句夫はスケッチ秋日和さつき
2012年10月11日
コスモスの風縦横に般若寺きづな
コスモスに見え隠れする石仏はく子
切れ長のおん目さわやか白鳳仏菜々
山彦や祭太鼓を撥ね返すうつぎ
浦夕べ白銀光り鰡跳べるよし女
稔り田の朝日に映ゆる湖国かなせいじ
禅寺のしじまを破り鵙高音さつき
2012年10月10日
畦に吸ふ煙草一服蓼の花うつぎ
吹かれつつ草にすがりて枯蟷螂とろうち
白壁に色まき散らす秋桜せいじ
秋日濃し吾が影踏みて橋渡る三刀
塗替へて白き学び舎小鳥来る満天
2012年10月09日
米櫃を干し新米を満たしけりあさこ
個性派の絵画のごとし秋の雲美咲
古書市にレコード盤や秋うららぽんこ
片脚は富士の裾野へ秋の虹とろうち
幾筋も立つ田じまいの煙かな有香
庭師らの去りたる庭に秋蝶来あさこ
澄む池を矢のごと走る影は何なつき
貌傾げ吾をいぶかる蟷螂かなうつぎ
これこそは故郷の味むかご飯ともえ
新松子坑夫の像の肩を打ちよし女
2012年10月08日
傾ぐ日にグラデーションや秋の雲こすもす
百舌猛るしたに目つむる坑夫像三刀
この村にポストは一つ蕎麦の花よし子
秋祭男冥利の陣太鼓宏虎
峡の日のいま届きたる薄紅葉有香
露座仏の供花はバケツの萩すすき菜々
2012年10月07日
畑一面海へなだるる秋桜せいじ
運動会貴賓テントに杖並ぶ宏虎
吟行の余録夕餉の栗の飯有香
気に入りの盃温め酒溢れしめよし女
泥煙上げたるはなに池澄めるさつき
裏畑の柿に盗賊鴉どちあさこ
百歳の手押し車に供花の菊うつぎ
高低の脚立ふたつや松手入あさこ
相互ひ久闊を述ぶ秋灯下はく子

page_top

2012年10月10日(水)

2012年9月30日~10月6日

2012年10月06日
田じまいの煙に燻る山家かな有香
曼珠沙華抱くほど摘みし記憶かななつき
歳時記を座右に灯火親しめり雅流
カルストの起伏輝ふすすきかなよし女
天高き方に居ませる主を賛めよ美咲
馬上より見ゆカルストの大花野よし女
骨董市手持ち無沙汰や秋日和あさこ
爽やかや研師の声のよく響きぽんこ
朝日いま隈なく照らす刈田かなさつき
鵙猛りパターの手元狂ひけり宏虎
2012年10月05日
帆を揚げしマストに絡む秋の風よう子
秋天下間歇泉の噴くを待つ三刀
背の鈴を鳴らす神馬や秋祭なつき
澄む池に出てはひっこむ亀の首満天
露草や終着駅の車止めよう子
秋草を引けばぴしぴし実の爆ぜしきづな
大川のいま上げ潮や鯔跳ぬる雅流
落し水聞ききて農夫の至福時宏虎
流れゆく雲の間より今日の月さつき
波音の夜寒となりし浜辺かなよし女
海凪ぎて一枚鏡鰯雲うつぎ
2012年10月04日
メルヘンの絵本画展や灯親しはく子
色変へぬ荒磯の松や波白しせいじ
秋草を贅に活けたる句会場満天
吾が肩に触れもす風の萩親しなつき
猫じゃらし一輪挿しに二三本あさこ
山裾にとどく日のあり曼珠沙華よし女
鰯雲丘の上より弥撒の鐘菜々
揺れやまぬ萩の影おく茶筅塚きづな
2012年10月03日
殉教の墓訪ふ畦の彼岸花ともえ
近道のはずが誤算や暮早しきづな
気に入りのぐい呑み出して温め酒つくし
朝月を起点としたる鰯雲菜々
武将みな同じ彩なる菊衣宏虎
松原を抜けて展けし秋の灘よし女
一湾を縁取る街の秋燈うつぎ
藍の空残して釣瓶落としの日 はく子
寝おしみてをれば雲間の十七夜よし子
稜線にスポットあてて秋日落つ満天
2012年10月02日
持ち運ぶ案山子の足は竹ぼうきなつき
打ち仰ぐ大樹に畳む秋日傘百合
立待の波音しるき渚かなよし女
曼珠沙華砦としたる山家かなよし女
とんぼうの影すきとほる石の上とろうち
2012年10月01日
朝まだきより鳥語燦台風過ともえ
厨妻こころはすでに月の人菜々
十六夜の雲間ただよひては現るるはく子
其処ここに彼岸花燃ゆ千枚田あさこ
切株をテーブルとして茸料理百合
絡む日を払ふパンパスグラスの穂せいじ
秋天下山頭火像傘を脱ぐよし女
唐辛子照り夕映えの平家村うつぎ
夫と吾の飲み物違ふ夜長かなつくし
2012年09月30日
鼓笛の音天に谺す運動会英子
犬小屋の主背を丸め雨月なるとろうち
コスモスの風に抗ふ術知らずせいじ
田仕舞の煙りにむせぶ案山子翁よし子
刈りし田を傍若無人鴉どち雅流
大岩の裳裾の見えて水澄めるせいじ
日向より日陰の曼珠沙華が好きよし女
秋風がたたら走りす川面かなさつき

page_top

2012年10月01日(月)

2012年9月23~29日

2012年09月29日
墓裏の朱の文字褪せて秋彼岸とろうち
刻む藁刈田の風に香りけり雅流
水澄みて亀の浮沈のよく見ゆるこすもす
貝殻の混じる砂利道萩こぼるせいじ
足元に霧纏ひつつ下山道英子
孔雀の尾ショットカットや秋うららなつき
美術展書展とめぐる秋日和はく子
一渓の山水画めく秋の晴満天
茅渟の海鏡光りす秋の晴ひかり
2012年09月28日
秋声は台船傾ぐ波間よりひかり
秋闌けてしるき潮目の日本海よし女
老の守る田の一枚は蕎麦の花雅流
古寺の萩に隠れし一地蔵つくし
爽やかや川へ開けし喫茶店菜々
光々たる月下に鎮む峡の里よし子
秋空へ船のマストの林立すひかり
2012年09月27日
曼珠沙華一揆の碑立つ畦に燃ゆよし女
園晴れて子等の歓声あきつ飛ぶ百合
一と屯パンパスグラス秋風に菜々
新米とシール貼られて届きけりきづな
式部の実枝うち重ねたわわなるあさこ
2012年09月26日
ホ句記す短冊つけて萩揺るるひかり
秋山路突と現れたる池広しはく子
黒潮のの風に太りし椿の実ぽんこ
な踏みそ神の道なるこぼれ萩ひかり
小蘭亭いよよ反りたる天高し菜々
と見る間に秋天埋むひつじ雲有香
山荘へ秋七草を数へつつ満天
2012年09月25日
パズルめく垣の石組み秋うらら菜々
しろがねのドーム秋日をはね返す三刀
都府楼の十万坪の虫浄土さつき
2012年09月24日
うたた寝の手足の冷えや秋深むひかり
参道にぼろ市並ぶ秋彼寺ぽんこ
教会の塔の真上を鳥渡る三刀
塩糀日毎かき混ぜ秋惜しむつくし
音高くえんま蟋蟀庭の闇あさこ
実石榴の遠目に一つ朱を翳すわかば
蟲浄土古墳の埴輪並びけり宏虎
古希過ぎてこれより佳境天高しはく子
晩稲田の畦彼岸花燃え盛る雅流
月の出を誘なふごとく雲速しともえ
穂に出でて朝日をはじく芒かなさつき
2012年09月23日
ウォーカー混み合ふ池塘秋澄めるさつき
閑かさや闇の奥よりちちろ鳴くせいじ
露草に励まされゆく山の道あさこ
酔芙蓉薄くれなゐに寺門辞す雅流
大阪弁憚るなかれ西鶴忌宏虎
無機質の機械の音や秋暑しよう子
泊船の船端たたく秋の潮きづな
見晴るかす近江稲田の豊の秋百合
彼岸寺引導の鐘なりやまずぽんこ

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site