毎日句会みのる選・2012年8月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年08月28日(火)

2012年8月19日~25日

2012年08月25日
瀬の音に残暑忘るる山路かなさつき
渡船場の西日に透ける蛸簾うつぎ
夕端居しきりに鯉の跳ねる音せいじ
抜きたての堀川牛蒡家苞に満天
ビルを呑むぞと雷雲の迫り来るなつき
2012年08月24日
香煙に咽せる子供ら地蔵盆きづな
星月夜里山息をひそめをりうつぎ
これよりは徳川道や法師蝉わかば
虫の音に誘はれつつ土手歩む雅流
ペダル踏む道どこまでもいわし雲ぽんこ
恐竜のごと湾に立つ雲の峰うつぎ
参磴の手摺り灼けゐて役立たずひかり
秋日傘合図に挙ぐる逢瀬かなはく子
カメラマン腹ばひて撮る小鬼百合ともえ
2012年08月23日
一雨の過ぎて坪庭虫浄土菜々
草刈りてより生まれたる風の道三刀
片蔭に鯉のひしめく用水路せいじ
朝顔の今日は何色朝戸繰るうつぎ
2012年08月22日
湖風に半ば巻き上ぐ秋簾菜々
新涼の翠黛著き遠嶺かなひかり
飛行雲貫く天の高きかなせいじ
2012年08月21日
お不動へ浄めの水や涼新たひかり
地蔵盆曽根崎裏の陋巷にきづな
ひしめきて繋船揺るる葉月潮宏虎
鉄塔の幾何学模様大夕焼よし子
2012年08月20日
水打って動き出したる先斗町満天
灯下親し繰り返しよむ旅案内菜々
急磴の吾につきくる鬼やんまぽんこ
夕暮の空より鳶の笛涼しひかり
飛び石のすぐに乾きし夕立かなあさこ
万緑に同化すカーブミラーかなよし子
夫留守の日の大昼寝な咎めそきづな
2012年08月19日
甲子園果てたる空に秋茜あさこ
稲妻の一閃したるあとの闇よし子
稲妻が虚空貫く刹那かな百合
礼拝のあと子どもらへかき氷せいじ
せせらぎの河原の昏れて虫すだくわかば
百選の夕日に湖の風涼しひかり
トラックの荷台が舞台夏祭りさつき
水面突く蜻蛉トランポリンのごとこすもす
直立す欅並木に秋高し菜々
意地悪な雲垂れ隠す揚花火なつき

page_top

2012年08月20日(月)

2012年8月12日~18日

2012年08月18日
万灯の燭台並ぶ堂涼しこすもす
穂を垂るる門田へ秋の風通ふ雅流
秋耕や余熱の大地裏返す三刀
新涼や森の中なるカフェテラス百合
2012年08月17日
かなかなの声に急かるる家路かなさつき
暗闇の雲を切り裂く稲光はく子
寝静まる谷地の四五戸や星月夜菜々
2012年08月16日
女の子三人抜きや盆相撲さつき
よく成りてゴーヤカーテン窓涼し有香
秋日落つ巨大クレーンの影法師はく子
秋めきて行く雲に山しざるごとせいじ
寝ね惜しむ庭に降り立つ星月夜菜々
蹲踞にあふるる水や星月夜菜々
鬼やんま闖入したる仏間かな雅流
香煙をかけ合ふ若き浴衣人なつき
2012年08月15日
風鈴の輪唱せるは小間物屋なつき
秋風の清盛塚や運河訪ふわかば
生身魂勝手つんぼと笑ひけり菜々
球児等も共に黙祷終戦日はく子
飛火野をすっぽり覆ふ秋の雨満天
2012年08月14日
寧かれと逆縁の子の初盆忌あさこ
大樹下に数多の鹿の雨宿り満天
あきつ舞ふ大仏殿の鴟尾の空ぽんこ
超高層ビルの谷間に墓洗ふはく子
2012年08月13日
霊帰る波だちならめ盆の川治男
朝顔の蔓蒼天をつかまんと満天
谺して蜩の峡昏れなんと雅流
滴りの一滴結ぶ苔の先よし子
晩鐘の嶺々に谺す古都の秋宏虎
ビー玉のごとくに大き芋の露さつき
2012年08月12日
ノクターン洩れくる窓辺秋の夜よし子
町川のせせらぎもまた秋の声わかば
半世紀なる逆縁の墓洗ふはく子
墓洗ふ風樹の嘆を詫びもして宏虎
四方の門全開ビル街の盆の寺菜々

page_top

2012年08月14日(火)

2012年8月5日~11日

2012年08月11日
録音に紛れ込みたる蝉時雨せいじ
茅葺きの村三十戸蕎麦咲きぬ雅流
かなかなの奈落の路に句碑あまたぽんこ
水たっぷり話しかけもし墓洗ふ宏虎
2012年08月10日
介護靴履きて浴衣の白寿翁こすもす
童謡の歌声涼しケアハウス満天
新涼の空を貫く飛行雲さつき
万象の影絵となりし大夕焼花茗荷
白砂踏む渚の風は秋隣わかば
水を乞ふムンクの叫び原爆忌宏虎
2012年08月09日
妙見の翠黛しるき今朝の秋よし子
溢れゐる不法駐輪秋暑し菜々
鶏頭の赤が点在墓地の道満天
ショルダーにバンダナ結び野路の秋つくし
2012年08月08日
秋暑し鉄屑匂ふ町工場菜々
無住寺のつくつく法師ひた鳴ける雅流
朝顔の明日咲く蕾かと思ふ宏虎
原生林大合唱や法師蝉菜々
炎天下下水工事の逡巡と三刀
2012年08月07日
蝉時雨背に降りかかる札所道菜々
秋晴れて豪華客船入港すはく子
門田はや穂を孕みけり今朝の秋雅流
手の温み残る流灯海へ押すともえ
蝉時雨間遠となりて山昏るる花茗荷
少年兵たりしを語る生身魂さつき
2012年08月06日
モノクロの怪奇映画に夏惜しむ雅流
遠花火音だけなれど庭に立ちあさこ
岩清水双手包みに啜りけり英子
風鈴や土間の見えゐる格子窓つくし
鎮魂のごと日照雨過ぐ原爆忌菜々
水打てば風の生まれる犬走りこすもす
2012年08月05日
窓カーテン揺らせる風は夜の秋満天
月の出に合掌したる生身魂宏虎
紅緒蹴り出しては踊る炭坑節菜々
夕帳包み高鳴る盆太鼓三刀
蝉時雨講師の声を消しにけりわかば
連打響きてフィナーレの大花火わかば

page_top

2012年08月06日(月)

2012年7月29日~8月4日

2012年08月04日
滴るや銀山間歩の鏨あと雅流
一刷毛の雲の流れや秋近しつくし
更けゆくに手足そろふや踊りの輪満天
高階の左右に競演遠花火はく子
クレーンの首夏雲へ伸びにけりよし子
2012年08月03日
飛び跳ねて別人となる盆踊り満天
余力あり路上の蝉の飛び行けりともえ
集会所四囲の青田へ全開す雅流
車椅子笑顔と手振りで盆踊りこすもす
漕ぐたびに軋むペダルの音暑しせいじ
島浮かぶマリンブルーの夏の海三刀
グランドの静まり返る日の盛りせいじ
2012年08月02日
ゴーヤ棚エコカーテンとす診療所花茗荷
炎天に自転車並ぶ補習塾なつき
猫眠る涼しきところ知ってをりさつき
朝顔や飯場に回る洗濯機なつき
早天の平和祈祷や蝉しぐれせいじ
夏の月真白き雲を従へて菜々
2012年08月01日
洋館の白壁を背にカンナ燃ゆ宏虎
路上なる落蝉そっと草に置く百合
緑陰に肩を寄せあふ風化仏花茗荷
一杓の水に水琴窟涼しなつき
下草に日の斑が遊ぶ夏木立せいじ
竹刀振る少年たちに蝉しぐれ三刀
山上の涼しき風が頬を撫づ英子
禰宜の沓砂利を闊歩し夏祓よし子
緑陰に羊群眠る山の牧つくし
2012年07月31日
鮑海女腰に錘と命綱花茗荷
国生みの島より立ちし雲の峰うつぎ
夕凪をまたぎて点る本四橋うつぎ
樹の蔭の黒々とある盛夏かな三刀
汗臭ふ朝練の子の大鞄つくし
渓流に透けて走るは鮎の影宏虎
日盛りや遅れ癖なる鳩時計有香
窓越しに匂ふ棚田の青田風よし子
2012年07月30日
遠雷の一つきりにて終わりけりあさこ
夏の夕ほつほつ点る街路灯雅流
湯上りのうなじに打てる天花粉三刀
明け初めし樹間を渡る蝉時雨せいじ
宮涼し連理の榊縁結びぽんこ
返信を書くに墨する夜の秋満天
吾を招きゐる店先の氷旗よし子
2012年07月29日
朝顔の明日咲く蕾数へもす宏虎
見かけほど涼しくあらず法衣着るこすもす
絶叫す蝉に負けじと応援歌せいじ
国分かつ八重山模糊と夏霞菜々
暑気払ひカルボナーラにカルパッチョはく子
夾竹桃強き日差しに燃えにけり満天

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site