毎日句会みのる選・2012年7月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年07月30日(月)

2012年7月22日~28日

2012年07月28日
眼福や食べるに惜しき夏料理ともえ
赤児泣く金切り声の暑さかななつき
洞深き神なる楠の樹下涼しよし女
日盛りのいましと蝉の大合唱よし子
キャンプより逞しき笑み持ち帰る有香
幼な子も手をひらひらと阿波踊り満天
2012年07月27日
峠茶屋五臓を駈ける氷水百合
鯉涼し青天井を進むごとさつき
小夜更けて繭ごもりなる月涼しはく子
総代のほろ酔ひ顔や夏祭雅流
蜘蛛の囲を潜りて進む避暑散歩花茗荷
朝まだきより輪唱す蝉時雨あさこ
メタボ腹打って踏出す炎天下三刀
つなぎし手解かず茅の輪を潜りけりなつき
斑の一尾金魚掬ひの標的にうつぎ
麦茶飲む切子硝子の藍の色ともえ
2012年07月26日
空蝉の爪に力を残しけりさつき
竹林の風通ひくる夏座敷とろうち
片陰もなき踏切の寄る辺なきはく子
日盛りに着物を吊るす古着市ぽんこ
子の数と同じ世話役神輿行く有香
浜涼し堀江ヨットのモニュメントわかば
駅広場縦横無尽夏つばめ英子
おしゃべりをしてはかどらぬ草取り女あさこ
でんと置く机上の薬缶簗番屋菜々
蓮の葉を返して渡る風白し花茗荷
2012年07月25日
百丈の巨石の黙や雲の峰よし子
路地ゆけば吾にぶつかる秋茜あさこ
思ひ出を知る片減りの登山靴宏虎
安寿が潮汲みし荒磯や土用波菜々
はきはきと白い歯見せる日焼けの子英子
朝錬の声に負けじと蝉時雨さつき
厄除けの鈴振りかざし巫女涼し有香
別棟の義父母の起居を簾越し菜々
2012年07月24日
青田へと落つ水音の涼しさよ治男
マリンバのトレモロの楽涼しかりせいじ
古民家の板の間涼し句座もまた雅流
2012年07月23日
漁火の星と煌めく沖涼しわかば
般若窟鎮座の聖天様涼しこすもす
水槽の中かと思ふ大夕立せいじ
梅干して土用三日の庭にほふ菜々
白南風にテント膨らむ骨董市ぽんこ
下闇の古池にある由来かなとろうち
単線の車窓をたたく夏の草英子
遊子吾も見よう見まねや盆踊よし子
青葉道竜宮造りの山門へはく子
兄妹喧嘩で幕があく夏休み有香
2012年07月22日
浜茄子や半島沖に外国船花茗荷
木に縋る空蝉に射す朝日かなさつき
朝涼の沖を過ぎゆく白帆かなわかば
樹齢八百てふ夫婦楠涼しぽんこ
白南風や屋根の鳳凰胸反らす菜々
頭上よりミスト涼しき花売り場こすもす
下闇の道路標識役立たずきづな
端居いま大パノラマに夕茜百合

page_top

2012年07月23日(月)

2012年7月15日~21日

2012年07月21日
船涼し百万ドルといふ夜景わかば
神にます千年楠や蝉しぐれ三刀
戸を繰れば喝采のごと蝉時雨せいじ
夏草や異郷に果てし民の墓とろうち
沢蟹が道を横切る避暑散歩きづな
単線の長き停車や蝉しぐれ百合
放牧の草食む牛馬雲の峰宏虎
2012年07月20日
夕立の二人に女傘小さし雅流
万緑の寺苑鎮もる亭午かなよし子
大夏木宇治の流れへ枝を翳す菜々
句碑巡る吾を洗礼す蝉時雨宏虎
蝉しぐれおもかる石に祈願込めぽんこ
校庭の蛇口上向き夏の雲とろうち
滔滔の宇治川指呼に夏料理きづな
2012年07月19日
汗の腕御陣乗太鼓乱れ打ち花茗荷
三伏の塩たっぷりと青魚とろうち
舞ふごとき雲中菩薩堂涼し満天
夏草に半身埋もれ魚を釣るさつき
路地裏の影拾ひゆく日の盛りわかば
丹の橋を渡る和服の白日傘満天
奔湍に足踏んまへて鮎を釣る菜々
堂涼し八頭身の観音像こすもす
2012年07月18日
青葉木莵巣立ち間近の顔並ぶ雅流
立錐の余地なき蓮の池の面ひかり
庭を掃く箒に消えし蝉の穴三刀
不揃ひの椅子を持ち寄り夕涼みさつき
天蓋は透かし彫りなる堂涼し満天
魚市場みな氷柱に触れて行く花茗荷
2012年07月17日
万緑のまっただなかに深呼吸百合
赤子抱くごと取り立ての初西瓜三刀
鉾の稚児揺るる高座に身じろがずせいじ
氷菓舐めつつ句談義に盛り上がる菜々
夜濯す野球小僧のユニフォームなつき
初蝉の一声空耳にはあらず有香
堰落つる水のきらめき梅雨明くるひかり
2012年07月16日
汗手形染みし鉄砲柱かななつき
櫛の歯の路地にも祇園囃子満つ菜々
器にも心の通ふ夏料理花茗荷
2012年07月15日
だみ声の今が底値と栄螺売る花茗荷

page_top

2012年07月18日(水)

2012年7月8日~14日

2012年07月14日
追ひかけて追ひかけられて水鉄砲あおい
浜木綿や波音高き日本海三刀
たもとほる祇園囃しの楽に乗りはく子
夏草や塩田跡の匂ふなりなつき
ペダル踏みゆけば涼風頬を撫づ治男
ブナ大樹涼しと幹に耳をあて花茗荷
2012年07月13日
里山も揺らげとばかり青嵐ともえ
丘の上の一揆の碑へと青田風三刀
羅や襟足白き京女満天
遊子吾も結はせて貰ふ祭紙垂菜々
瀬の楽に和してそよげる合歓の花よし子
2012年07月12日
リフトいま紫陽花の山のぼりけり美咲
祇園囃子都大路のおちこちに満天
湧池の深淵見えぬ木下闇とろうち
無事に立つ鉾に喝采京大路はく子
一渓の風にそよぎぬ合歓の花うつぎ
朝涼し菜園に人混みにけりさつき
山寺のしじまを破り牛蛙有香
声援に応ふヒーロー玉の汗なつき
黒南風や帆柱きしむ舫ひ船わかば
京なれや碧眼乙女らも浴衣菜々
2012年07月11日
足跡を消すは渚の青葉潮宏虎
向日葵を手向けて墓の彼悼むせいじ
無縁墓寄せて塚なす木下闇ぽんこ
雲払ひ長刀鉾の建ち上がる菜々
蜻蛉生れ川面に影を散らしたるさつき
カンナ咲く軍人墓はみな高しとろうち
白南風に髪なびかせて朝散歩こすもす
夕暮れの谷間に合歓の花明かり有香
長老ら意気軒昂や鉾立つるはく子
2012年07月10日
月涼し椰子葉影の砂浜に宏虎
手を浸す河原の涼し五十鈴川百合
畳の間なるが馳走や大昼寝うつぎ
胡瓜茄子漬けて話題の塩麹はく子
越して来し隣家に菊の挿し芽鉢こすもす
遠山は煙雨隠れやほととぎすとろうち
朝市に並ぶ胡瓜に個性あり満天
梅雨の蝶兵士の墓を離れざるぽんこ
2012年07月09日
夏来れば逆縁の吾子想ひだすあさこ
庭に摘む薬味とりどり冷奴きづな
廃校の母校を訪へば草いきれ菜々
故郷の川の匂ひの鮎届くうつぎ
打水に映ゆる老舗の石畳よし子
素語りの稽古見えゐし青簾雅流
千枚を駈けめぐりをる青田風宏虎
2012年07月08日
夏菊を手向けて母の忌を修す三刀
大橋の脚にぶつかり卯波立つわかば
芋の葉にまろびし朝の露の珠あさこ
滝壺の渦抜けてより水寧し宏虎
梅雨はげし鈍る体を動かしぬ英子
七変化遠山はまだ梅雨の奥とろうち
緞帳のごと山覆ふ梅雨の雲せいじ
母の忌や遺愛の合歓の花開く有香
青畝師の句碑を好めるとんぼかなよし女

page_top

2012年07月10日(火)

2012年7月1日~7日

2012年07月07日
糸結び覚え七夕笹飾る有香
短冊に幼らの夢星祭よし子
睡蓮の影を揺らして鯉進むあさこ
蓮の葉をたたら走りす雨の珠ひかり
水面を掠め掠めて夏燕英子
2012年07月06日
咲き満ちて雨に明るき凌霄花わかば
風鎮は流水模様夏座敷菜々
昏れ残る彩は水際の花菖蒲有香
梅雨湿りしたる胡椒を大振りす満天
参磴によき影落とす青楓よし女
2012年07月05日
吊り橋の涼し奈落に荒瀬見ゆうつぎ
沙羅落花して苔庭の穢となさずひかり
2012年07月04日
無縁仏堆く積む木下闇ひかり
敦盛の塚寧かれと青葉影よし子
蘭ちゅうの瘤癌のごとふくれけりはく子
滴れる延命水と祀られて満天
梅雨の滝夜半の句碑にしぶきけり雅流
2012年07月03日
水昏れてより艶めける花菖蒲宏虎
故郷の山並み梅雨の雲隠れこすもす
雨晴れて靄立つ檜山ほととぎす雅流
2012年07月02日
小流れの落ち合ふところ鴨足草とろうち
見得を切るごとくに鷺の身じろがずさつき
目高の子追ひかけてゐる虫眼鏡うつぎ
海沿ひに続く鉄路や月見草有香
玉苗の畦に残りし御田植祭なつき
朝まだきより音響く草刈機英子
澱みなき案内に巡る館涼しこすもす
2012年07月01日
水底に砂躍りをる泉かな宏虎
青葉木菟育む神の欅かなうつぎ
追ひついて相合い傘や合歓の花有香
石仏の面に触れて草茂るわかば
たたなずく青嶺の奥に富士の影とろうち

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site