毎日句会みのる選・2012年5月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年05月29日(火)

2012年5月20日~26日

2012年05月26日
遠蛙水田は雨に烟りけりよし子
燕来る維新息づく古町に有香
寺守の箒に掛かる落し文うつぎ
地図広げ古町辿る薄暑かなひかり
黎明のしじまを破る時鳥三刀
2012年05月25日
瀧落ちて夜半の句碑にしぶきけりうつぎ
滝道を塞ぎし岩に謂はれかな満天
老木の今に生家の柿若葉はく子
老鶯の名調子聞く深山道こすもす
大滝の威に佇つ人らみな寡黙ひかり
恙なく歩ける至福若葉風宏虎
推敲の句帳に止まる川とんぼひかり
綾なすは水のせせらぎ谿若葉よし子
大岩の天蓋なせる若楓ぽんこ
ウィンドに威儀正しけり街薄暑きづな
山椒魚岩とみまがふ面構へ菜々
行くほどに洩れ日うごめく滝の道菜々
2012年05月24日
木漏れ日を縫ひて紛るる糸とんぼよし子
懸崖に広ごる風の羊歯涼しせいじ
山椒魚岩を盾とし身じろがずはく子
渓流に少女の素足まぶしかりせいじ
2012年05月23日
瀬の楽に和して遠音の河鹿笛有香
志士の碑によき陰なせる花楓よし女
十重二十重山路を覆ふ若葉影はく子
渓の道トンネルなして若楓菜々
青葦の舟路を狭めそよぎけり雅流
見えそめて樹間に白き一瀑布わかば
少女等の黄色い声や水遊びこすもす
2012年05月22日
夕日落つ代田見守る影法師よし子
緑陰に園児のうたふ童歌三刀
手びねりの湯飲みに新茶汲みにけり満天
ゆくりなく古寺に虚子句碑新樹光ひかり
菜園は夫の生きがひ花胡瓜菜々
縦横に軽トラ走る麦の秋さつき
2012年05月21日
葉洩れ日のいまし日食映しけりこすもす
弓なりに波打ち返す青葉潮三刀
夏雲を脱ぎて金環日食現る宏虎
束の間を金環となる若葉影せいじ
青嵐特急電車通過駅ひかり
蝕進む日に夏雲の往来すはく子
2012年05月20日
天地人なして噴水あがりけりともえ
桐の咲くダム湖に古りし望郷碑うつぎ

page_top

2012年05月21日(月)

2012年5月13日~19日

2012年05月19日
欅坂コンサートへと新樹光はく子
コンサートへと緑陰の道辿る満天
遠足の揃いの帽子と乗り合はすよし子
畦川の奔る水音夏に入るうつぎ
参道の樹下はさながら著莪浄土有香
2012年05月18日
像囲みアンネの薔薇は金色に雅流
谿若葉森林浴のほしいままはく子
茅花流し池の漣絶ゆるなしこすもす
白壁の櫓にゆらぐ若葉影わかば
2012年05月17日
舌頭に千転しつつ青き踏むうつぎ
新緑の風に放ちしフリスビーあおい
数珠なせる駐車はなべて昼寝中こすもす
新緑の山二タ分けす高速道宏虎
背なの紋割れて飛び立つ天道虫三刀
2012年05月16日
古灯籠立ち並びたる木下闇ぽんこ
傅けるごと膝ついて薔薇手入れ菜々
ダム湖いま水満々と桐の花雅流
万緑の山眼下とす観覧車なつき
草を引く五指を熊手のごと使ひうつぎ
2012年05月15日
囀りの天洩るごとくにぶな林有香
教会の窓にアンネの薔薇薫るこすもす
坂の上なるお屋敷や桐の花菜々
燕の巣頭上注意の札立ててともえ
たもとほるアンネのバラの芳香にせいじ
2012年05月14日
水平線真一文字に夏兆すよし子
夏めくや伎芸天女のうす衣雅流
2012年05月13日
老鶯や七堂伽藍響かせてわかば
野球少年カーネーションを買ふ列に満天
ウインドのマネキンもまた更衣宏虎
腕太きことが悩みや夏きたるよし子
春惜しむ大吊橋の真ん中にせいじ

page_top

2012年05月16日(水)

2012年5月6日~12日

2012年05月12日
蒼天を指差すごとく松の芯せいじ
池細りいま十薬の花盛りよし女
短夜や始発電車の過ぐる音よし子
新緑の東屋へ押す車椅子雅流
田植機の夫へ補植の妻つづく雅流
腰かけて吾も貴婦人ばらの椅子菜々
2012年05月11日
開きたる句帳へこぼれ花楓菜々
鯉跳ねて水の波紋を綴りけりよし女
藤懸る峡の奈落に水車小屋菜々
斯く白き仏舎利塔や山若葉はく子
2012年05月10日
池の水鎮めて菖蒲咲きにけりよし女
新緑の森へリュックの列消ゆるさつき
歌垣の在りし里山余花にあふ雅流
海に向く鱗模様の屋根涼しせいじ
風光る舵輪かたどるモニュメントせいじ
裸婦像の肩に触れんと蔦若葉ぽんこ
2012年05月09日
はたた神夫婦喧嘩を一喝す菜々
泉水に彩を散らせる錦鯉ひかり
背比べして直立す葱坊主こすもす
つんつんと植田に尖る苗の先ともえ
アトリエのフロアに踊る若葉影せいじ
アトリエの高窓を洩る新樹光せいじ
白シーツパリンと乾く五月かなよし女
蘆の角縫ひて水郷巡りかなよし子
吊り橋に老鶯の声決まりけりとろうち
2012年05月08日
夕風に揺るる植田の苗の先雅流
神事なき社殿はひそと椎落葉つくし
香り立つ新茶は夫の手揉みかなよし女
夏霧の晴れて天守に瀬戸四国ひかり
風薫る紙飛行機を犬が追ひとろうち
山躑躅高速高架の右左あさこ
2012年05月07日
心字池埋めつくしたる杜若わかば
天つ藤谷吹く風に揺れにけりよし子
新樹光裸婦像少し太めなる菜々
歩を運ぶ代田の鷺の忍び足雅流
棚なせる峡の植田の曲線美さつき
つつじ燃ゆ里へ傾く電車かなよし女
尼さまの手塩にかけし白牡丹つくし
若葉道抜けて港の見える丘有香
2012年05月06日
写真撮ることより大事蕨採りさつき
余花白し女人拒みし修験径菜々
恩師の碑著莪群落に立てりけりよし子
干し大根ガードレールを埋め尽くしよし女
鎮西の山を遠目に松の芯三刀

page_top

2012年05月07日(月)

2012年4月29日~5月5日

2012年05月05日
こどもの日初孫宿す娘と二人こすもす
和太鼓を打つ万緑のふるへとぞはく子
聖五月ひとつばたごの花真白菜々
トンネルの出口を覆ふ若葉影宏虎
ホスピスの庭に大樹の桐の花よし女
2012年05月04日
教会の花壇華やぐ聖五月つくし
蔦若葉城塁のぼりはじめけりはく子
春落葉払えば小さきマリア像よし子
長汀の鳴き砂踏みて春惜しむよし女
手水鉢水満々と苔の花ぽんこ
薫風や大草原を波打たせさつき
飛び跳ねて打つ和太鼓や夏来る満天
図書館の窓明るうす蔦若葉せいじ
つばめ来る泥田を掠め軒掠めとろうち
2012年05月03日
引綱の伸びて宮出の山車動くなつき
十字切る空の青さや初燕よし子
老鶯の声一喝す禅の庭菜々
鴬の正調雨に途切れがちともえ
田水張る湖水を望む大平野せいじ
2012年05月02日
愛想なき古書肆のあるじ春の昼雅流
工事場のクレーン塔にも鯉のぼりはく子
一輪車少女がつかむ春の風有香
末広の水脈を重ねて春の鴨とろうち
煌めける湖水はるかに麦の道せいじ
マリア像祈り佇む新樹影宏虎
藤の花東司の窓を隠しけりよし子
2012年05月01日
葱坊主はじけて虻を集めけりあさこ
藤棚の下に手話する二人かな満天
2012年04月30日
百の傘牡丹にかざす法の庭ひかり
潮騒を乗せ来る浜の風五月三刀
2012年04月29日
子遍路の背よりも高き杖を持ちさつき
吊り革を支えとしたり花疲れよし子
とめどなき落花浴びつつ畝を切るとろうち
飛行雲十字を切りし春の空こすもす
坂がかるやぐら門へと残る花雅流

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site