毎日句会みのる選・2012年4月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年04月30日(月)

2012年4月22日~28日

2012年04月28日
木洩れ日の斑がパラソルに遊びをりせいじ
トンネルを出でて展けし春の海さつき
百選の棚田彩る芝桜三刀
お茶処なれや畑に幟立つともえ
2012年04月27日
春の鴨水面の樹海進みけりさつき
鯉のぼり寺の甍を泳ぎけりはく子
今日もまた病院通い花は葉によう子
春愁の鉛筆の芯尖りすぎとろうち
手繰り寄せてはかたばみを引きにけりあさこ
深山道三つ葉つつじの花明かりよし女
昏れてなほ花菜明りの無人駅宏虎
2012年04月26日
春耕の鍬の先より土匂ふとろうち
画展出で午後の紅茶に春惜しむはく子
波尖る黄砂を運びきし風にわかば
卒業子声変はりして無口なるなつき
参道の左右は著莪の花浄土よう子
屹立す奇岩の山に躑躅燃ゆよし女
黄砂降るされど我らは吟行す満天
囀りに朝のカーテン繰りにけり宏虎
2012年04月25日
日の綺羅を散らす川面や花の影とろうち
小流れを渡る飛び花筏つくし
募金して一口城主松の花なつき
泳ぐごと揺るる水面の幟影有香
墨絵めく古刹の山や鐘朧宏虎
草餅を頬ばりホ句を推敲すつくし
藤棚の下に集へる車椅子三刀
2012年04月24日
舟人となりて難波の春惜しむ菜々
藤棚にやまざる虻の羽音かな三刀
朝掘りの筍糠も添へ届く雅流
屋上の東西南北山笑ふこすもす
人垣にのぞくからくり春祭ともえ
桜散る犬のぽんこの背中にもぽんこ
げんげ田に浮かぶ白亜のチャペルかなせいじ
2012年04月23日
クルーズの行く手蛇行す花堤せいじ
干し物の白翻へり風光るあさこ
春宵に始まる渚コンサートわかば
2012年04月22日
のどけしや亀を片手に寿老神ぽんこ
川波の韋駄天走り春嵐菜々
鶯の呼応頻りや峡の道せいじ
喜寿どちの同窓会や春灯しはく子
見送りを終えて埠頭の春惜しむわかば
春疾風夜目にも白き雲散らし菜々

page_top

2012年04月23日(月)

2012年4月15日~21日

2012年04月21日
白壁の影も七色チューリップせいじ
ボール蹴る子等に広場の花吹雪有香
春憂ふ母ゆずりなる一病にはく子
春潮の渦大接近船傾ぐよう子
貯水ダム水満々とつつじ燃ゆよし女
2012年04月20日
流木にせきとめられし花筏せいじ
田一枚紫雲英浄土や峽の里有香
空蹴ってふらここを漕ぐ女の子あおい
橋桁の幾何学模様風光る菜々
2012年04月19日
花枝垂れ水面の影と口づけす菜々
山吹の八重に一重に黄を重ねあさこ
知り合ひてすぐ道連れや花の寺なつき
2012年04月18日
人気なきベンチとなりぬ花は葉にひかり
花吹雪甍の波に降り積もりよう子
家事雑事忘れてけふは花の人菜々
後戻りできぬ桜の通り抜け満天
花疲れ肩の沈みし終ひ風呂つくし
道の駅農婦ほまちの蓬餅雅流
セコイヤの芽吹く梢を風渡るはく子
漣に揉まれ散らばる落花かなこすもす
山麓の煙るがごとき芽吹きかなさつき
2012年04月17日
風の意にもつれもせずに糸柳ぽんこ
レース編みめくセコイヤの芽吹きかな菜々
2012年04月16日
毛を刈らゐたる羊の眼の虚ろ雅流
亀日永甲羅並べてお堀端菜々
囀のシャワー浴びゐる車椅子宏虎
子雀らこぼれてはまた居ずなんぬつくし
町会の役に奔走花は葉にきづな
天漏るごと城壁に散る桜かなあさこ
春光の白波浜へ打ち返すわかば
亀の池ぐるりと花に囲まれてぽんこ
千代紙に遊びて楽し春灯しとろうち
2012年04月15日
刈られゆく羊に牧の風やさし雅流
落椿祠の屋根に堆くさつき
柔らかき春日の庭に雀どちぽんこ
哲学の道ゆく人に花吹雪満天
落椿丘のなぞへを染めにけり菜々

page_top

2012年04月16日(月)

2012年4月8日~14日

2012年04月14日
雪洞の灯点りてより夕桜こすもす
人丸山歩巾に適ふ花の磴菜々
校長先生の頭上に花吹雪治男
景気良く鳴らす神鈴花の寺なつき
いななきの連鎖反応春の牧宏虎
白雲のごと中腹の山桜ともえ
碧天に尖るクルスに風光る満天
鶯の谷渡りして杣暮るる雅流
2012年04月13日
藁葺の軒を窺ひ初つばめ雅流
春落葉本丸跡を埋めをりわかば
春日野を巡る馬酔木の花明り百合
花の宮指呼に明石の大架橋はく子
磴登る花の二の丸三の丸よう子
城の池万朶の花が縁取りてはく子
幹に花噴かす力や老桜うつぎ
國生みの島に灯点る春の宵菜々
花屑のなかよりぬつと亀の首満天
2012年04月12日
天守より見ゆる城下の町朧なつき
園児らの黄色ひ声や燕來る有香
咲き満ちて鵯騒がしき藪椿雅流
踏むに惜し落花畳の遊歩道ひかり
土筆撮るローアングルに身を折りてせいじ
筒抜けに天の青さや花万朶よし子
雪やなぎ今こぼさむと咲き満ちてあおい
一陣の風に錐揉む落花かな宏虎
通勤の心和ます花の道こすもす
船頭の口八丁や花見舟せいじ
花の門からくり人形時を打つ菜々
中腹にひときは白き山桜あさこ
満開の桜の中に忠魂碑なつき
2012年04月11日
湯上りの髪拭きをれば花の雨あおい
葱坊主擬宝ちぎってみたきかなあさこ
一面の菜の花畑に大水車宏虎
廃校となりて久しき初桜雅流
垣越えて隣より来るしゃぼん玉うつぎ
花屑の友禅模様遊歩道ひかり
中腹の甍は社殿芽吹山せいじ
雨風に翻弄さるる白木蓮こすもす
春落ち葉掬ふ庭師の竹箕かな小袖
産土神の杜は潮騒春疾風とろうち
露天湯に肩の沈みし花疲れ三刀
2012年04月10日
水脈を曳く鯉の背びれに風光るぽんこ
春潮に委ねて揺るる舫舟あさこ
多国籍メニューの並ぶ花見茶屋なつき
花屑を吐き出し回る水車かな宏虎
走り根にな躓きそ花疲れ百合
幼な子の双手包みに染め卵せいじ
2012年04月09日
野焼の火渋りし跡か虎模様よし女
稜線に日の残りたる春の暮よし子
医通ひの今日が最後や花の道満天
退く波を追ひかけるごと磯遊び三刀
島浦に波音を聞く日永かなよし子
国分寺跡と碑のたついぬふぐりとろうち
2012年04月08日
朝市に賑はふ街に燕来るなつき
小さき手に小さき杓もて灌仏会はく子
鍬の手を休め憩へば燕来る三刀
春うらら蹴鞠は人垣飛び越えて菜々
千体の地蔵に仄と花明かりひかり
命見よ石の隙より仏の座あさこ
春の鴨お堀の波にたゆたひぬ有香
カルストに湧く真清水や芹青むよし女

page_top

2012年04月09日(月)

2012年4月1日~4月7日

2012年04月07日
武者窓に伊吹雪嶺迫り来るうつぎ
ドリーネの焦げし奈落も草芽吹くよし女
花の雲抜けきて海の展けけり三刀
有明の海茫漠と黄砂降るせいじ
突堤の人に手を振る花見船ぽんこ
漆黒の闇に夜桜の咲き満てり宏虎
金紋の破風春光に耀へり雅流
外に出でて春満月の光浴ぶわかば
春愁を払はんと爪磨きたてきづな
花吹雪城の巨石は凛として百合
春灯下厨子の玉虫七彩にはく子
夜桜の雲抽んでし天守閣なつき
2012年04月06日
夕日いま花の大川染めにけりはく子
イヤリングさながら咲く土佐水木こすもす
春愁やもみくちゃにされ墓の供花あさこ
車窓いま花の堤に傾きぬ美咲
藍深き水面に映る初桜よし子
鶯の声に目覚めし旅泊まりせいじ
花の下ゲートボールの声弾む三刀
春愁や櫓に深き手斧痕うつぎ
庭あちこちいま水仙の花明かりあさこ
鴨川のベンチにナース花の昼満天
2012年04月05日
芽柳に肩の触れもす城下町よし子
つちふるやおのころ島のなきごとくわかば
百選の水に育ちし桜鱒よし女
春の雨除幕の句碑を濡らしけり百合
月おぼろ隣の縁に話し声菜々
水嵩を湛えて淀の風光るはく子
2012年04月04日
春昼や卵産みたる鶏のこゑ雅流
春嵐路地にばけつの転ぶ音あさこ
揺さぶれば音のでそうな花馬酔木ともえ
町おぼろ団地百棟灯点りて菜々
川沿ひに点る雪洞夕朧満天
2012年04月03日
あちこちに置く春塵の老眼鏡よし女
花束に添ふ吾が庭の小手毬もこすもす
春雷やまどろみゐたる脳天にぽんこ
大楠は森さながらに百千鳥宏虎
ワイパーもいまや必死の春嵐有香
2012年04月02日
雨晴れて河口きらめく春の潮あさこ
まっすぐに一本道や花菜風あおい
純白の波打ち重ね雪やなぎはく子
愛づるごと松葉を捌く剪定師せいじ
飼育士へ求愛ダンス園うららなつき
膝揺らしつつ団子食ぶ花の冷えなつき
片脚を校門に立つ春の虹有香
2012年04月01日
瀬洗ひの小石大石風光るつくし
城塁の隙間すきまに草青むわかば
初つばめ野川の堰を掠めけり雅流
ウオーキング時々花に語りかけつくし
酒蔵の高き小窓や燕来る雅流
野点席裳裾揺らすは春の風満天

page_top

2012年04月03日(火)

2012年3月25日~3月31日

2012年03月31日
こうのとり飛来す里に風光る有香
占ひの館通りや春ともしつくし
百千鳥小さき祠に鈴一つ宏虎
釣竿を伸べたる先に春の鴨なつき
野地蔵の供花は菜の花づくしかな菜々
陽に映えて千の玉杯大木蓮三刀
落ち椿悲運の武士の墓どころよし子
白濁のフロントガラスよなぼこりよし女
春疾風カート独りで走りだすぽんこ
2012年03月30日
矢印に従ふ小道馬酔木咲くあさこ
探梅行眼下に保津の川白し雅流
砂山を積んでは壊し磯遊びわかば
綺羅の水脈曳きてお堀の春の鴨あさこ
2012年03月29日
釈迦院の寂し庵や竹の秋有香
霾や音はすれども機影みず雅流
神鶏のしとねとなりし落椿なつき
納骨の読経聞く吾に春寒しあさこ
2012年03月28日
自転車の少し大きめ山笑ふともえ
ふところに大貯水ダム山笑ふ三刀
文教の道に筆塚百千鳥よし子
菜の花の黄に埋もれたる中州かなせいじ
春風に乗せて船頭唄ひけりせいじ
2012年03月27日
また届く閉店通知春憂ふはく子
居留地に瓦斯灯点る朧かなわかば
末黒野に佇ちて大阿蘇望みけりせいじ
足湯する奥日光の梅固しあおい
高垣をさせるは椿銀閣寺あさこ
畦道をブルーに染めるいぬふぐりこすもす
老鶯や胸突き八丁登りきてきづな
2012年03月26日
天恵の風授かりて鳥帰る宏虎
陶器市目高ごと甕買ひにけりなつき
遠まわりして囀れる道戻るよし子
納骨を済ませし安堵京しぐれあさこ
2012年03月25日
干し物を狼藉したる春嵐満天
春耕の土塊付けて夫歸る有香
潮干狩りコンビナート一隅に菜々
須磨訪へば寿永の悲話の沖霞む宏虎

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site