毎日句会みのる選・2012年2月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年02月28日(火)

2012年2月19日~25日

2012年02月25日
観梅や足下にひかる茅渟の海宏虎
高階の窓に端山の遠霞わかば
失せものの見つかりてより温かし満天
笑ひ顔はた泣き顔か紙雛よし子
梅東風にからからと鳴るしゃもじ絵馬菜々
軒樋の中より翔てり恋雀よし女
行厨は港が見ゆる梅の丘菜々
2012年02月24日
雛壇に十二の干支も勢揃ひよし女
洗ひ物ぱんぱん叩き春日和あさこ
盆梅の白一輪の香りかなわかば
温かき散歩日和となりにけりひかり
堰落つるたびに奏でる春の川菜々
春夕焼け一番星を見つけたりあおい
一燭にゆらぐ秘仏の朧かなよし子
湖岸道はるかに雪の比良嶺見ゆ雅流
自転車のペダルも軽き春日和満天
病院の検査を待てる椅子寒し百合
2012年02月23日
居酒屋の人気メニューは蕗の薹宏虎
下萌えの林道深き轍ありうつぎ
セーターの腕を巻き上げ採血すあさこ
瀟洒なる屋敷町ぬけ梅探るせいじ
積ん読はわたしの美学春ほこりきづな
すれ違ふ人皆会釈梅日和こすもす
梅の丘偕老組もちらほらとひかり
2012年02月22日
婚礼の風船春の空高くあおい
観世音像立ちませる雪間かな三刀
退院を謝し寄る宮に百千鳥小袖
春炬燵大歳時記を座右とし雅流
雛の部屋柱に古き掛時計うつぎ
手作りのお手玉もまた雛調度有香
クッキーを焼く母と子の春の昼あおい
山襞の影の蒼さや春隣とろうち
2012年02月21日
クラクション鳴らし着きいは雛の客なつき
玉椿色様々に咲く館わかば
打ち寄せる波に春光弾けけりあおい
盛り上がる句談議に笑む雛かなうつぎ
とどきたる訃報に今朝の春の冷えとろうち
春光に金の鯱反りにけりぽんこ
行厨は梅の丘なる四阿にはく子
餌をまくや忽ち喧噪鴨の池なつき
春燈に迎えられたる旅の宿あおい
パンジーに笑みのもどりし朝十時英子
2012年02月20日
店頭の最前線はシクラメン満天
球春の便りを数え待つ日かな花茗荷
春夕焼西方浄土思ひけりはく子
深雪積むまたも商店一つ失せあさこ
薄氷の虜となりし柄杓かなあさこ
冴返る一日一句休むわけにゆかずきづな
白き腹雪に紛れし石叩きうつぎ
一徹の父の手植えの梅白し菜々
2012年02月19日
天を突くメタセコイアに風花すきづな
チェンソーの音がこだます斑雪山雅流
さきほどの雪嘘のごと夕映えてせいじ
野路往くは朝帰りらし猫の夫よし女
下萌をスキップでくる女の子宏虎
と見る間に雪雲空を蔽ひけりせいじ
鴨の嘴よりこぼれゐる春の水とろうち

page_top

2012年02月20日(月)

2012年2月12日~18日

2012年02月18日
水底の鯉身じろがず春寒し英子
束の間を霏霏と舞ひたる春の雪わかば
春の雪降り継ぐ峡の灯の乏し雅流
端切れ編む草履に春の色選ぶなつき
空き部屋の一面鏡にある余寒うつぎ
万蕾の椿を包む春の雪雅流
料峭や病気平癒の礼詣でとろうち
墓地募るあまたの旗に風花すぽんこ
かたまりて春の色なすフラミンゴ菜々
街の灯の遠またたきや冴返るはく子
頼もしき除雪車今日も出動すこすもす
2012年02月17日
遠山の雪ほのと染め夕日落つ百合
かな文字を散らす色紙に折り雛小袖
木々芽ぐむかとたもとほる池塘かなはく子
犬ふぐり売れ残りたる分譲地よし子
日をはじく富士の天辺冴え返るとろうち
夕東風にまたたき初めし星かぞふきづな
水温み上機嫌なる水車かな英子
狛犬の頭巾となりて残る雪よし女
遅れ来て満員通過バス寒しつくし
磴百段てすり恃みに梅探る菜々
早春の風が頬刺すダム湖畔有香
2012年02月16日
ひさかたの濁世はいかが雛飾るはく子
雪解水高鳴る峡の疎水かなともえ
淡雪やお染久松ひとつ碑に菜々
背を押され大縄跳びの輪に入るなつき
冴ゆる夜の大黒柱きしむ音あさこ
門冠り松に余寒の雨しずく小袖
踏めば鳴る白砂の浜の余寒かなよし女
金泥の老舗看板春の雪とろうち
雪晴れや二間四方の堂に千木うつぎ
2012年02月15日
夫からおこぼれもらふ愛のチョコなつき
白き肩艶めく畑の春大根満天
方言の解読不能四温晴あおい
味噌仕込む三角巾の媼どちつくし
観音の翳す指先凍て返る宏虎
剣山のごと松葉立つ薄氷宏虎
伊予柑の梱包解けば匂ひ立つ雅流
白雲の伸びては千切れ春遅々と菜々
日の射して薄氷の箍緩みけりとろうち
2012年02月14日
野地蔵は雪解の音を聞きませりよし子
風に嬲られて千切れる波の花花茗荷
宅配の濡れて届きし春の雨雅流
島影と思ふ灯しや夕霞わかば
鯉すすむ水脈の波紋に風光るあさこ
春火鉢抱きて旅程練りにけり小袖
春炬燵走り書きなる置き手紙有香
愛のチョコ小ぶりなれども夫機嫌満天
2012年02月13日
四百年続く茶店の長火鉢こすもす
百本の梅の万蕾碧天へはく子
2012年02月12日
駈けてゆくランドセルの子花菫あおい
墳寒し磊々高く積みしのみせいじ
古着の荷広げ参道春隣なつき
木漏れ日の綾なす影や雪間草とろうち
大家なる茅葺き屋根に風花すこすもす
野の春を見つける課外授業かなうつぎ
娘を送る春宵の街回り道つくし
空掘の底ひにのぞく物芽かな満天
足に根の生えしと思ふ炬燵かな三刀

page_top

2012年02月13日(月)

2012年2月5日~11日

2012年02月11日
春の雪残る布袋の腹の上とろうち
梅探る城趾といへど土塁のみ小袖
春の雪被き一番電車来るよし女
瀬田の橋ながめに美味し蜆汁つくし
沖遠く漁火一つ冴返る宏虎
紙雛厨に吾子のプレゼントあおい
日野原師未来を語る建国日菜々
甘酒を双手包みにいただきぬあさこ
堵列せる出土の埴輪あたたかしせいじ
2012年02月10日
慟哭の声閉じ込めし涅槃図絵菜々
大き尻でんぐり返る春の鴨とろうち
涅槃図に膝行したる俳徒どちきづな
一幅は一筆富士や床の春よし女
門波立つ明石海峡春嵐せいじ
襤褸纏ふごと白菜の霜枯れてうつぎ
早春の翠黛しるき遠嶺かな有香
御堂へと急磴百段ご開帳はく子
まなかひに房総半島風光るあおい
村人ら総出に見守る野焼きかな宏虎
春寒し流行の服を着たもののぽんこ
2012年02月09日
日脚伸ぶポストに回覧板とどくあさこ
春日燦ミシンの針も機嫌よしあおい
お社へ万歩日和や梅探るつくし
忌を修し終えし安堵や風花すあさこ
鳥の巣を高きに抱く巨木かな英子
海苔粗朶へ通ふ小舟の結び岩よし女
裏山に慈母観音や涅槃寺はく子
駐在の灯の消ゆるかと凍返る雅流
風花や自転車ペダル重きかなぽんこ
お涅槃へ衣ひるがへす飛天かな菜々
2012年02月08日
軍手干すごとくに軒の干し大根こすもす
肩だして大根畝に整列すよし子
黒々と打たれし春田広がれり英子
灯籠に触れては消ゆる春の雪菜々
逆縁の涙乾かず風花すあさこ
天を突くスカイツリーや風光るあおい
2012年02月07日
手に享ける竜の口より寒の水あさこ
雨晴れて翠黛に春立ちにけりきづな
かけている眼鏡を探す春炬燵つくし
菜種菜のゆでで盛らるる白磁皿満天
六地蔵極彩色のマフラーす英子
春の雨天地返しの畑土へ菜々
国道の穢は雪塊の落とし物ひかり
草萌ゆる吾が句ごころも絶ゆるなし雅流
草餅の黄粉なるべし膝払ふ満天
鉄塔の影のはみだす雪野かなとろうち
春宵や七十媼も千鳥足きづな
2012年02月06日
酒蔵の暗きに笑まふ享保雛うつぎ
冴ゆる夜の近くで止まる救急車百合
たまさかの外出にぽつと春の雨あさこ
山風に襟合わせ行く探梅行きづな
春雨に濡れて艶ます煉瓦道菜々
ダンプカー満載の荷は捨てる雪こすもす
通過する黄色の電車風花すあさこ
2012年02月05日
へっついに薪も積まるる雛調度うつぎ
日差しいま棚田棚田の雪間かな雅流
沈丁の一雨ごとにほぐれけり満天
今朝晴れて流氷の沖一変すともえ
山笑ふ幼なの喋り言の葉にぽんこ
停泊す巨船の陰に浮寝鴨なつき
立春やどさりと届く旅雑誌満天
夜を徹し除雪車の音軋めける花茗荷
山の端に春の白雲遊びをり菜々
海凪て箔を揉みをる四温晴わかば
ただいまと風花髪につけ帰宅きづな
緋鯉透く池のかたへの薄氷に雅流
鞠はじけたるごと散りし寒雀とろうち
冴返る吊り目いよいよ石狐菜々
鳥居の朱塗り替えられて春来たりつくし

page_top

2012年02月07日(火)

2012年1月29日~2月4日

2012年02月04日
立春の日に走り根のしるきかなひかり
春風が通ふ微笑のマリア像つくし
立春の空辷りゆくモノレール菜々
寒椿活けて亡き子の忌を修すあさこ
立春の一番札所に香を焚く三刀
枝絡む日に蝋梅の匂ひけりともえ
煮凝りに心許なき箸の先花茗荷
目こぼしの豆が転がる今朝の春とろうち
登校の子らはだれ野に道草す雅流
鯔跳ねて立春の日を散らしけりうつぎ
畑のもの洗ふ水桶厚氷有香
老の吾もバレンタインの菓子作るぽんこ
2012年02月03日
冬銀河息子と並び帰りけりあおい
雪吊を金色に染む町明かり花茗荷
御手洗の柄杓を拒む薄氷満天
産土の鳥語姦し春隣とろうち
鬼やらひくぐもり声に禰宜元気百合
豆を撒くきれいどころと力士どちはく子
海の橋大きく撓む四温晴わかば
鬨のごとき歓声追儺寺きづな
豆撒きへ法螺高らかに先導す菜々
杓で割る手水に張りし薄氷三刀
洗濯機凍てて廻らぬあしたかなあさこ
廃屋に隠れ蝋梅匂ひけりよし子
風花の空へ撒かれし福の豆はく子
鬼は外平らき余生願ひけり英子
老犬に合はす歩みや日脚伸ぶぽんこ
2012年02月02日
風花や温き餡饅ふところにきづな
里山は一夜の雪に白変すよし女
葬送の読経に深雪降り止まず三刀
葦枯れて城濠の未だ覚めやらずわかば
ワイシャツのボタン繕ふ春隣りあおい
足踏をしてバスを待つ息白しはく子
炉の炭のはじけて後は機嫌よしともえ
冴返る汀の鷺の身じろがずわかば
熱き茶を飲む玻璃の外は深雪積む百合
日脚伸ぶ水陽炎の堂庇とろうち
歩一歩日矢に煌めく今朝の霜英子
寧かれと風花の舞ふ十字墓うつぎ
寒暁のお湯たつぷりと沸かしけりあおい
2012年02月01日
休み田に獣道あり下萌ゆるうつぎ
背筋いま通り過ぎしは風邪の神あおい
息白く駈くる遅刻の母子かななつき
凍空に靴音撥ねる木橋かなひかり
八房と名づくを宝梅の宮わかば
車椅子押すも押さるも着ぶくれて有香
湯上りや一気飲みせし寒の水こすもす
落とし物手袋枝に空を指すなつき
追儺寺へと列なして幟立つきづな
終わりなき子らのなぞなぞ日脚伸ぶあおい
探梅のつもりがウインドショッピング菜々
2012年01月31日
摘みたしやリフトの下のふきのとうともえ
小流れの奏でる汀下萌ゆる有香
雪折れの音に子猫の耳立つる花茗荷
おはようとカーテン引けば雪の木々こすもす
臥す人と窓越しに見る雪景色こすもす
愛犬の小さき墓の辺梅匂ふなつき
日脚伸ぶ淀の川面の昏れやらずせいじ
神木の幣白白と寒の宮はく子
万歩計ノルマ達成日脚伸ぶわかば
息白く物干し竿を高く上げあおい
団らんの炬燵懐紙に金平糖つくし
2012年01月30日
斯く大き手で餅ちぎる厄男なつき
ジョギングの人と行き交ふ冬木立満天
しんがりの走者へ拍手温かしぽんこ
木蓮の秀筆のごとく芽吹きけりわかば
水仕事一つ残りし湯ざめかなわかば
着ぶくれてたわむれの石蹴りそこねきづな
大琵琶の松から松へ初鴉百合
八方へ媚びて豆撒く議員かななつき
池底に息潜めしや寒の亀つくし
一閃の後のくぐもり雪の雷とろうち
受験子の絵馬に紛れし恋の絵馬ともえ
瀬音いま春の調べと覚へけり宏虎
除雪車の信号無視をな咎めそこすもす
鶏の長鳴く夕べ日脚伸ぶよし女
2012年01月29日
春を待つ女子マラソンの熱気かな雅流
半世紀炭焼守りて故郷出ずよし子
ある筈の肝溶けてゐる鮟鱇鍋うつぎ
雪しまく旅の一夜もまた一会せいじ
連日の警報続き雪無尽花茗荷
恩師の書威儀を正して読み初む菜々
沖よりの尖りくる波寒厳し宏虎

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site