毎日句会みのる選・2011年12月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2012年01月03日(火)

12月25日~31日

2011年12月31日
頭越し飛ぶ売り声や年の市よし子
単身の隣も呼びて晦日蕎麦うつぎ
健診の結果うべなひ去年今年雅流
異国より届くメールの賀状かな有香
退店を詫びる葉書や年の暮よし女
子の声にふくるる茶の間去年今年菜々
2011年12月30日
夜回りは子らの声なる火の用心ぽんこ
曲がり癖ありし飾を括りけりなつき
満天に星散りばめて年の行く菜々
餅を搗く器械恃みをな咎めそはく子
福音に生きる余生や去年今年せいじ
胃薬を買ひ置くことも年用意うつぎ
失せ物がこんなところに煤払とろうち
2011年12月29日
バス必死雪の轍に尻振って花茗荷
咲き初めし水仙はみな海へ向くよし女
夜廻りを終へて熱燗賜りぬ満天
みどりごの百面相や冬ぬくし百合
一日一句達成したる日記果つうつぎ
吾を呼べる今川焼の匂ひかなこすもす
日溜まりの庭石に添ふ冬すみれ菜々
温かや足裏に文字の嬰並ぶ百合
エプロンの夫を助手とし節料理よし女
2011年12月28日
鶏の足跡氷る水飲み場なつき
鉄扉鎖す雪の校庭静もりぬなつき
照り翳る障子明りの仏間かな雅流
天国の彼にも賀状書かまほしうつぎ
浮寝鳥湖のさざ波尽きるなしとろうち
2011年12月27日
庭掃けば転びし瑠璃の龍の玉三刀
凍て空に斯く細りたる匕首の月はく子
聖夜劇をかしヨセフのひげ落つるせいじ
単線に乗り換へてより雪しまく花茗荷
終ひ湯に皸の手を労はりぬ満天
みちのくは林檎と見たる木箱かなともえ
2011年12月26日
今朝もまた屋根の深雪と闘へり花茗荷
大漁旗追ひて群舞すゆりかもめ宏虎
青畝碑に触れてたわわや実万両よし女
雪被く五重の塔の気品見よ三刀
2011年12月25日
ラジオにて第九聞ききつつ年用意よし子
漁る鳶矢の毎落つる冬の海三刀
と見る間にマイカー雪に埋もれけりこすもす

page_top

2011年12月27日(火)

12月18日~24日

2011年12月24日
地震にはあらず除雪車通り過ぐ花茗荷
霜ふりの朝採れ野菜無人店宏虎
屋根一面発電パネル冬日燦きづな
医者通ひ数へ日なるも休まれずうつぎ
白菜の浅漬けあれば足る昼餉はく子
募金呼ぶ僧声太き師走寺なつき
持ち寄りの手づくり菓子でクリスマス満天
草の戸を出でて聖夜の星仰ぐ菜々
2011年12月23日
ぷかぷかと柚子の遊べる終ひ風呂きづな
大白菜に立ち向かふごと刃を入るるはく子
鱈捌く男料理のコップ酒花茗荷
池の面の山影乱し鴨翔ちぬよし女
シリウスの青さいや増す霜夜かな有香
刃を拒む冬至南瓜を攻めあぐむとろうち
被災地へ届けと点す聖樹の灯こすもす
電飾に並木の枯れ木目覚めけりはく子
手袋を外して握手また握手つくし
山の灯の星と瞬く聖夜かなうつぎ
2011年12月22日
荘厳の三尊ゐまし堂冴ゆる雅流
あんなことこんなことあり日記果つこすもす
暮れきらぬ通りに聖樹灯点りぬきづな
ドリーネは台地の笑窪冬ぬくし三刀
冬帽子取りて翁の碑に見ゆ百合
煤逃げの人らに茶房賑はへりはく子
雪片のひっかかりたる枝の先せいじ
臥す母とともに聖夜を誉め唄ふ菜々
風花す五百羅漢の福耳に宏虎
こころ許なきほど淡し冬ざくらよし子
2011年12月21日
柚子風呂に明日のだんどり思考中満天
鳰の翳消えては現るる鏡池三刀
群雀羽根膨らませ日向ぼこせいじ
教会に自転車並ぶ聖夜かなつくし
雲水の笠より漏るる息白し花茗荷
ふぐ刺しに鰭酒所望な咎めそ雅流
冬麗や濃き山影を野に落としよし女
クレーンの天辺聖夜星めきぬうつぎ
がんばろう日本と幟枯れ木中こすもす
2011年12月20日
路地隔て托鉢僧と社会鍋うつぎ
野仏の掌に積む玉霰花茗荷
柚子風呂に瞑想せるが我が至福宏虎
メモ書きは吟行予定古暦ぽんこ
忘年会親し俳号呼びあひて菜々
海を見る枯野の端に腰下ろし三刀
紛れなき逆さ金閣池冴ゆるともえ
2011年12月19日
通夜の道青く煌めく冬銀河三刀
冬ざれの島の西浦波しぶくうつぎ
雪吊りの男結びに気迫あり宏虎
風よけの高き石垣冬菜畑きづな
冬天の富士に欠けたる処なしとろうち
日溜まりに半眼をしてかじけ猫百合
山寺の和尚も被る冬帽子よし子
2011年12月18日
町師走乗合バスにちんどん屋百合
引き戸より猫の手が出て隙間風有香
主婦業の我もボーナス頂きぬはく子
朝一の道除雪車が先導すこすもす
冬晴れの日の目つぶしや朝戸繰る治男

page_top

2011年12月19日(月)

2011年12月11日~17日

2011年12月17日
着膨れて曳き売りの魚買ひにけりよし女
藁苞の奥に小さき寒牡丹ともえ
粕汁に野菜たっぷり庭の幸はく子
酌み交すおでんに息を吹きかけて三刀
車椅子巧みに操作苑小春こすもす
日課とす散歩の池塘笹子鳴くきづな
2011年12月16日
百万ドル夜景を透かす枯木立よし子
牡蛎船のと行きかく行く中の島ともえ
遅れたつ葦の中より鴨一羽雅流
枯れ菊を焚く香その尉まとひつつ菜々
薄墨に染まりしごとく比叡眠る百合
クリスマス歌の洩れ来るケアハウス満天
螺旋灯忙し師走の理髪店うつぎ
首塚の辞世の歌碑にしぐれけりとろうち
2011年12月15日
障子貼る息の合ひたる老夫婦菜々
古箪笥黒光りせる冬座敷よし子
絡む陽に冬芽の産毛煌めける三刀
短日の影忍び寄る五重塔とろうち
上池に下池に鴨陣分かつ雅流
灯台をこぼれ翔ちたる冬かもめよし女
残り銭合はせ鯛焼き果大師なつき
幾年を会ふことなきに賀状書くはく子
酒好きも長寿の秘訣ちゃんちゃんこよし女
冬野菜レシピも付けて道の駅満天
年用意捨つることより始めけりうつぎ
クリスマスリースパン生地とは見えずせいじ
沖遠く艀煌めく小春かな花茗荷
2011年12月14日
年惜しむ僧の一筆全霊に満天
遊子われ汀の鴨を翔たせけり雅流
おみなどち煤逃げせむとカラオケへはく子
散りもみぢ雨の水面に落ちつかず菜々
しぐるるや岩に現れたる多尊仏うつぎ
愛猫の天寿全ふ小夜時雨きづな
2011年12月13日
病み抜けし人をかこみて納め句座有香
走り去る車を追ひて落葉舞ふぽんこ
亡き父母の居ましし部屋の障子貼る菜々
穏やかな日差し賜り煤払ふ三刀
寺師走磴駆けのぼる宅配夫よし女
冬薔薇開かぬままに紅凛と満天
着膨れて車中化粧すおみなかなひかり
小流れの音絶え絶えし冬菜畑うつぎ
彫像に黄落やまぬ御堂筋ひかり
百相の瘤もあらはに大枯木菜々
火事を告ぐ遠音月蝕つづきをりとろうち
大いなる聖樹灯点るケアハウス満天
ケーキ配るヘルパーらみなサンタ帽こすもす
2011年12月12日
見え初めし嬰に灯点す聖樹かな有香
前後左右揺り動かして大根引くよし女
貸農園条理ただしき冬菜かなうつぎ
朝市の釣銭皹の手より受くよし子
過ぎし事肚に納めてちやんちやんこ宏虎
落葉焚き無聊なぐさむ夕まぐれ雅流
紅葉の朱に染まりたる一の谷わかば
破れ芭蕉おひ被さりし翁句碑ぽんこ
漆黒の闇に一太刀冬の雷花茗荷
葉牡丹の渦確かめて選びけり満天
小春日の松影縫ひて句碑めぐるわかば
2011年12月11日
宿坊の積もる落ち葉も風情とすともえ
一の谷緋縅めきし冬紅葉せいじ
尖塔に似て大銀杏枯れにけりよし女
師の一語励みとしたる事始宏虎
着膨れて月蝕仰ぐテラスかな雅流
待降節レクイエム・ミニコンサート満天
大樽に満たす宮水寒造りよし女
冬晴を映し野鳥の水飲み場ひかり
蝕進む月に冴えたるオリオン座はく子

page_top

2011年12月14日(水)

2011年12月4日~10日

2011年12月10日
人垣は試食コーナー街師走満天
月蝕の極みて現るる冬銀河はく子
覚え無き万両庭のあちこちにともえ
寒雷のあとうそのごと夜の静か花茗荷
切り株の年輪しるき山時雨よし女
クリスマスオブジェを巡る園愉しひかり
2011年12月09日
散り銀杏大師の肩に足元に三刀
光る海見えゐて猪名のしぐれけりうつぎ
をみならも昼酒少し納め句座雅流
初雪や巫女がうち振る鈴の音花茗荷
霊水を汲む北風にうずくまりよし女
神の水掬ぶひしゃくに散紅葉とろうち
2011年12月08日
冬凪の海展けたる須磨明石わかば
猫車錆びてころがる冬菜畑わかば
寄せ鍋や明日は帰任の子を囲み菜々
湯のたぎる音のみ聞こゆ夜なべかなともえ
からたちの刺とぎすまし冬ざるるはく子
雨晴れて朱の玉宿す実南天満天
神庭に焚く榾の灰白きかな宏虎
いただきに錦残して山眠るせいじ
冬天へすっからかんや大銀杏とろうち
2011年12月07日
鰤大漁とて朝競りの活気かな花茗荷
ひとひらの葉の揺れ惑ふ冬木かなせいじ
スケッチも添へし句帳や紅葉狩有香
2011年12月06日
ヘリコプター師走の空を旋回すうつぎ
健やかに生きて傘寿の師走かな三刀
2011年12月05日
水鳥の点々と散る池広しこすもす
と見る間に消ゆ山裾の冬の虹よし女
同じ顔をりし連夜の年忘雅流
お洒落など遠き日のこと着膨れてうつぎ
初冬や葉擦れの音も乾びたるとろうち
観音の光背となる照紅葉治男
夕日いま終のほむらを枯山にはく子
2011年12月04日
十人で満員道の駅小春菜々
電飾にがんじがらめや冬木立満天
水底に錦絵なせる散紅葉百合
余白なき暦のメモも十二月満天
吉良墓所のほとりに残る焚火跡なつき
潮先の千鳥小舟のごと走る三刀
日射すとき銀の綺羅々や浜千鳥よし女
裸木に鈴なりとなる雀どちぽんこ

page_top

2011年12月06日(火)

11月27日~12月3日

2011年12月03日
よっこいしょつかまり立ちて冬座敷なつき
流鏑馬の発止と駈けし落葉道満天
枯れ色の混じるも侘びや冬紅葉ともえ
渓流の岩に貼りつく散り紅葉せいじ
湯豆腐の伊賀の土鍋に馴染みたるうつぎ
冬木立拍手打てばひびきけり満天
黄を重ね重ね落黄とどまらずとろうち
街路樹に華燭ひともる師走かな花茗荷
襖絵かはた友禅か楓燃ゆはく子
雲の影あれては消ゆる冬の浜三刀
木の実降る悲鳴をあげしトタン屋根ぽんこ
2011年12月02日
冬の蝶風に吹かれて消えにけりうつぎ
初雪へ開く秘仏の扉かなよし子
魚屋の床は常濡れ十二月よし女
玉の日に斯く美しき冬紅葉ともえ
流木の岩に逆立つ紅葉谷なつき
2011年12月01日
古戦場いまは棚田に冬ぬくし菜々
殉難の碑を噛む枯蟷螂せいじ
照り紅葉地獄谷へと標立つせいじ
2011年11月30日
扁額は帝の宸筆冬もみぢ菜々
道小春認知度テストクリアして満天
陽に反りて寒天重さ無くしけりうつぎ
春日造り流れ造りや宮小春菜々
冬晴れの水ほとばしる芋車ひかり
2011年11月29日
夕づきて黄葉明りの御堂筋はく子
山眠る幼き志士の墓もまたよし女
嫁自慢盛り上がる苑うそ寒しこすもす
好日の野点に紅葉散りやまず宏虎
夕陽をはじきて軒の柿簾三刀
名将の産湯井ここに冬日燦菜々
2011年11月28日
キャンパスの黄葉に立てば鳥語降る百合
妻の忌を修し安堵の冬支度はく子
疾駆せしライダー落葉舞ひ上げてよし女
小春の日あそぶ水際に稚魚戯るるぽんこ
縞なすは丘のなぞへの冬菜畑うつぎ
生け垣を角刈りにして年用意せいじ
銀杏散るテールランプを追ひかけて満天
水路閣疎なる紅葉の朱を点すわかば
2011年11月27日
垣根越し柊匂ふ空き家かなきづな
鈍色の雲裂きひかる冬の雷花茗荷
もんぜんの左右は老舗の湯豆腐屋菜々
湯たんぽのお湯出す口が楽奏づ治男
百羅漢の泣くも笑ふも紅葉影うつぎ
こうのとりすくと降り立つ冬田かなともえ

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site