毎日句会みのる選・2011年10月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2011年10月31日(月)

10月23日~29日

2011年10月29日
刈り込みを終へし大樹の天高しせいじ
豊作の松茸ならぶ道の駅よし女
巡拝の丹波篠山小春かな百合
草庵へ篁さわぐ秋の声菜々
縁側に向けミシン踏む石蕗日和うつぎ
穴窯の火を守りをれば小鳥来る雅流
陶芸に親しむ老いや里の秋雅流
真っ直ぐに街路樹紅葉ジョキングすぽんこ
2011年10月28日
落葉して欅の空の展けけりひかり
はんぱ物漁る小春の陶器市つくし
灯籠に天蓋なせる紅葉かな三刀
名の庵を訪ひて巡れる苑小春かれん
急磴の左右は石蕗の花浄土よし女
遠州の枯山水に秋惜しむ満天
草庵の茅葺きに落つ紅葉影きづな
秋航の水脈が往き交ふ沖の晴わかば
2011年10月27日
溝蕎麦のほとりに透きし稚魚の群れ雅流
石垣に撥ねる木の実や城の径わかば
楠大樹千手ひろげし秋の空ぽんこ
古井戸の蓋に嵩なす柿落ち葉ぽんこ
やまつみの御饌は木の鯛秋うらら菜々
深吉野の山紫水明秋澄めるはく子
蔀戸を上げみほとけへ金風を菜々
露の門くぐり深山の古刹訪ふよし女
ほころびし四つ目垣より秋の蝶満天
日課とす出勤前の落葉掃きこすもす
2011年10月26日
木の葉髪久闊を述ぶ同窓会よし子
をみなどち女人高野へ秋遍路満天
杣の径ここだ木の実のうち敷きて宏虎
咲き満てる石蕗に華やぐ仁王門よし女
秋夕焼背に家路なる吟行子せいじ
早くゴミ出せと目覚まし朝寒しあさこ
軽装に苑の秋風斯く寒しひかり
茶の花の小柴垣径つづりけりわかば
身に入むや神域ここだ出水跡満天
2011年10月25日
長き髪乾くを待てる秋思かななつき
大道芸宙返りるする路地小春百合
敷石を辿りて苑の秋惜しむわかば
稲を刈るさながらパッチワークかなせいじ
みぞそばに席巻されし小川かな三刀
神域と知るや知らずや毒茸つくし
秋雲の千変万化見て飽かずきづな
訪へど留守らし庭の石蕗黄なりよし子
秋天を突く四阿の簷牙かなわかば
重し石撫でて末社の秋惜しむ有香
杉山の裳裾の雑木もみぢかな菜々
2011年10月24日
波騒ぐごとカルストの芒原よし女
一刷の雲に行く秋思ひけりひかり
吾に媚ぶかに近づき来秋の蝶ともえ
先細る径は野菊に紛れけりなつき
野菊濃し天誅組の墓所はく子
み狩場のありしはここら鳥渡る菜々
2011年10月23日
沖汽笛今届きたる秋思かなよし女
末枯れてがらんどうなる駐車場治男
対岸の磨崖弥勒に秋日濃し満天
秋晴れの入り江を跨ぐ斜張橋ひかり
石鼎の庵に吉野の秋惜しむ菜々

page_top

2011年10月25日(火)

10月16日~22日

2011年10月22日
発掘の墳跡覆ふ草紅葉雅流
澄む水を辿りつバスは深吉野へ満天
はかどらぬ蔵書の処分直哉の忌治男
糶果てし漁港の椅子に秋思かなよし女
秋惜しむ女人高野の丹の欄にはく子
活けあるは庭の秋草峡の宿きづな
川澄みて磨崖弥勒の裾洗ふはく子
行く秋の雨垂れ膝の猫も聴くつくし
2011年10月21日
敗荷の風に抗ふ力ありぽんこ
ふむまじと爪立ち歩む草紅葉ともえ
磊々を洗ふ瀬音も秋の声雅流
秋草を巡りめぐりて庭至福わかば
築山のここにも句碑や紅葉亭菜々
パラグライダー発進す紅葉山有香
日だまりに稚魚の群れゐて川澄めるひかり
吊り橋を揺らせゆらせて秋惜しむ宏虎
峡の宿更けて漆黒星月夜はく子
対岸の灯は灯台か霧の海あさこ
2011年10月20日
吊り橋のぐらり傾く紅葉峡宏虎
山宿の贅松茸の土瓶蒸し満天
小流れが誘ふ順路秋の苑わかば
木の実降る天誅義士の辞世碑に菜々
目まといを払いつつ読む道標よし子
里の秋笑ひ仏とて親しまれうつぎ
2011年10月19日
と行き斯く戻り埠頭の秋惜しむひかり
水漬き田を照らして里の月高し雅流
水苑の小蘭亭に秋惜しむ菜々
ふなばたを揺らす秋日の波紋かな三刀
参道の布袋の腹に木の実撥ねはく子
2011年10月18日
思惟仏の指先にある秋思かなよし子
避雷針尖る秋天一穢なしせいじ
蔦紅葉被きて園の相談所満天
日本の小蘭亭とて竹の春菜々
ボールペンインク切れなる秋思かな宏虎
姦しきオープンテーブル園小春つくし
枝折り戸に萩こぼるるはやむを得ず有香
船べりに佇ちて遠目の愁思かなせいじ
曲水の名残の小川涸れにけり菜々
2011年10月17日
雨晴れて珠輝やかす草紅葉満天
漣の如くに動くいわし雲こすもす
秋日さす小窓酒蔵コンサートあさこ
犬連れの集まる土堤の草もみぢ満天
盆栽の濃く紅葉づるを上段になつき
休耕田埋めて踊る秋桜よし女
屑被る雪見灯篭松手入れ菜々
2011年10月16日
柿もげば日の温もりを宿しけりあさこ
謎の石めぐる飛鳥路草もみぢ雅流

page_top

2011年10月17日(月)

10月9日~15日

2011年10月15日
秋郊の旅は入鹿の塚に果つ雅流
風化せし平家の塚やちちろ鳴くよし女
草虱払ひて入る句会場よし子
人影のなきログハウス小鳥来る宏虎
噴煙を眺めの風呂や秋高しともえ
2011年10月14日
ゴルフ打つ葛の奈落へ曲がりけりあさこ
秋天下音いさぎよき馬の尿きづな
秋寂ぶや寒山十得展を出てよし子
秋時雨万象色を深めけり宏虎
自転車も同舟島の秋遍路ぽんこ
浮き沈むブイ眺めをる秋思かなひかり
虫の音が四方に輪唱ログハウス菜々
秋航の水脈はヴァージンロードめくよし女
草紅葉通ひなれたる五尺道三刀
新米や列なすコイン精米所うつぎ
2011年10月13日
平家塚佇みをれば秋の声よし女
供養碑を鎮めの杜や秋しぐれよし子
割れ鏡つるべ落としの日を弾くなつき
月天心いま消灯す塾の窓きづな
城堀に矢折れ朽ち伏す枯れはちすともえ
巡航の船音高し秋入江ぽんこ
秋天下像の竜馬に対しけりうつぎ
窓越しがベストアングルあきざくら治男
そぞろ寒宝物館床軋む満天
牧の秋馬は尻尾を振るばかりはく子
どの家も柿簾して同じ姓菜々
黄金の風近江路は豊の秋百合
一水の奏づ庭園薄紅葉わかば
納めたる絵馬に誤字あり秋愁ふなつき
2011年10月12日
秋思憑く坑夫の像に佇ちてよりよし女
秋うらら外湯七つを巡る旅こすもす
虫の闇次のバスまで半時間うつぎ
秋晴れの沖に散らばる漁り舟あさこ
潮騒と風吹き上げ来秋山路なつき
キッチンは私のお城窓の月菜々
寄居虫の引っ越し見て秋惜しむなつき
秋燕や郷関出でて半世紀せいじ
日本海へと雪崩なす芒原こすもす
2011年10月11日
秋晴れの嶺々に谺す沖汽笛よし女
棚田道こすもす畑のそこここにはく子
みやしろの磴が桟敷や村芝居菜々
秋雲が子午線過ぎる吾もまたよし子
節電の病院ロビーうそ寒しうつぎ
回覧板だけの付き合ひうそ寒し菜々
大文字目指し高きに登りけりともえ
奥院の急磴綴る彼岸花わかば
みどりごの手を引くは兄園小春せいじ
耳塚に悲しき謂はれ身にぞ入む満天
2011年10月10日
草の名を習ひつつ行く野路の秋百合
城門をくぐれば馬上菊人形せいじ
秋うらら老も上着を腰に巻きかれん
2011年10月09日
秋祭り人垣ばかり何も見えずあさこ
スキップの出来る子出來ぬ子秋高し有香
赤い羽根黄色き声が合唱す宏虎
半纏を着て余念なき菊手入れせいじ
秋祭あこがれの子は山車屋根にきづな
秋日落ついまはのきはの燃えにけり百合
月の道先行く夫と歩の合はず菜々
十三夜ベンチの影は彼彼女ぽんこ

page_top

2011年10月11日(火)

10月2日~8日

2011年10月08日
秋色のカップ買ひもす陶の里なつき
散らばって牧馬の肥ゆる草千里宏虎
風通ふたび木犀のにほひけりともえ
秋航の甲板で寿ぐ誕生日きづな
平家塚さまようごとく秋の蝶よし女
村祭り駐在さんもしんがりに雅流
父恋し遺愛の松に虫すだく菜々
2011年10月07日
野ざらしの羅漢はなべて秋思顔わかば
秋の野路愉しおしゃべりウォーキングこすもす
錦してアメリカ楓の並木道あさこ
丹波路の御仏めぐり秋惜しむわかば
団栗が溢るる吾子の宝箱有香
野仏のお目元に映ゆ曼珠沙華うつぎ
秋日和釣りては放つ好々爺きづな
身にしむや神木にあるナイフ傷なつき
草木にこころ通はす秋山路百合
2011年10月06日
葛刈って谷は奈落を見せにけりよし子
日と土の匂ひを放つ捨案山子宏虎
投句箱覗くがごとく小鳥来るきづな
木曽川はエメラルド色秋深しなつき
谷川に添ひし参道薄紅葉わかば
2011年10月05日
ログハウス砦のごとく秋桜こすもす
白壁に柿たわわなる旧家かな菜々
片言の日々に増ゆる子小鳥来る菜々
運針の指一と休めちちろ鳴く有香
一宿の山家の幸は零余子飯あさこ
萩の花散らして子らの鬼ごっこよし子
身に入むや一兵卒の小さき墓ぽんこ
2011年10月04日
白壁の多き古町秋澄める満天
畦に腰おろし棚田の秋惜しむうつぎ
いづくなく闇の木犀よく匂ふ菜々
一陣の風に大袈裟萩揺るるひかり
ここも斯く木犀にほふ散歩道せいじ
2011年10月03日
上弦の月セコイアの天辺に菜々
秋晴れの小さき園庭万国旗なつき
孫からの声の便りに夜の長しせいじ
爽やかや窓全開す大聖堂せいじ
角曲がる度金木犀匂ふ路地満天
2011年10月02日
山頂の城址に釣瓶落としの日こすもす
突風に脅されて散る稲雀宏虎
眼帯の取れて秋天展けけりわかば

page_top

2011年10月04日(火)

9月25日~10月1日

2011年10月01日
句碑に佇ちまた萩分けて屈みもす菜々
農継がぬ子が率先し稲を刈る宏虎
赤い羽根鞄につけて街歩く満天
千枚の棚田を画す彼岸花雅流
秋天へ谺す太鼓乱れなし三刀
木道に靴音高し野路の秋うつぎ
2011年09月30日
髪切って金風過ぎる身のほとり三刀
銃眼の四角三角秋日影はく子
急磴の萩のゆらぎや風騒ぐぽんこ
水平線まで秋日濃き浜辺かななつき
この辺と見し丁目石葛がくれうつぎ
宮址の風は気まぐれねこじゃらしはく子
金木犀匂ふ旧家の長屋門雅流
しじみちょう翔たせて揺るる蕎麦の花菜々
2011年09月29日
橋に立つ彼と彼女の秋日影せいじ
宮跡より望む秋日の天守閣満天
無住寺の庭の一隅彼岸花はく子
コスモスの野を駈けてゆく風の道よし子
天高く聳ゆ連理の大銀杏ぽんこ
秋夕焼飛行機雲も火となりぬきづな
夕日いま沈む刹那や銀薄ともえ
ジェット機を吐き出す秋の雲高しせいじ
2011年09月28日
対岸の島近く見ゆ秋の晴わかば
とりどりの色の鯉ゐて水澄めるこすもす
町中に訪ふ越中井昼の虫菜々
大聖堂マリアの像の笑みさやか有香
錦して城へ誘ふ欅道満天
陽の温みのこる石垣穴まどひ雅流
どの道を選りても風は花野へと花茗荷
2011年09月27日
野路遠近籾殻焼きの煙立つあさこ
丘に寝転びて秋空独り占めよし子
村人ら総出に御饌の田を刈らるはく子
どんぐりを踏みてよろめく齢かなあさこ
さかさまに磔刑めきし女郎蜘蛛せいじ
連峰を仰ぎリフトは花野へと花茗荷
菊着せて命吹き込む人形師菜々
ひょっとこの面またよろしくわりんの実うつぎ
ガラシャの碑に佇めば小鳥来るぽんこ
嫗らの声姦しき彼岸寺よし女
2011年09月26日
電子辞書座右としたる夜学かなこすもす
秋高し玻璃づくしなる摩天楼はく子
踏切りを待つ間コスモス揺れどほし満天
見目悪きおまけの梨の美味なりしなつき
一山を揺らして風の芒原宏虎
唄ふごと風のコスモス句碑ほとりよう子
秋日影伸ばしきったる亀の首三刀
美術館出でし余韻に秋思憑くわかば
澄む水に浸せば手より疲れ消ゆなつき
野仏へ繋ぐ畦道曼珠沙華花茗荷
爽やかや出迎え人の島訛宏虎
2011年09月25日
文机に置く虫籠に霧を吹くなつき
相聞のごとき二輪の彼岸花ぽんこ
帰る背を一喝したる添水かななつき
秋草を数へつ万葉歌碑の道菜々
包丁の抜き差しならぬ栗南瓜満天
鰯雲傷には非ず飛行雲うつぎ
我が前に揺れうしろにも秋桜宏虎
道しるべ恃みに下る芒原花茗荷

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site