毎日句会みのる選・2011年7月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2011年7月25日(月)

7月17日~23日

2011年07月23日
隣家より赤子泣くこゑ田水沸く雅流
立ち話尽きず片蔭細りゆくうつぎ
サーファーの波に消えては現るる宏虎
大空のシャンデリアなる揚花火よし女
2011年07月22日
蝉しぐれ南無の字多き経写すよし子
ツバメの巣監視カメラの裏側にこすもす
蝉時雨水琴窟に降り注ぐ菜々
朝日さす葉裏返してトマト取るよう子
夏草や遠き明治の橋名板ひかり
採血の部屋の窓辺に白き百合あさこ
空蝉に残る命の湿りかなうつぎ
2011年07月21日
結界に拝す玉座も黴の香にきづな
錆び付きし埠頭を洗ふ土用波せいじ
空蝉を宝のごとく掌に三刀
留石の奥はみどりの古墳山菜々
沖潮の紫紺や浜の赤とんぼよし女
日盛りやしわがれ声の鴉鳴くなつき
大梁が自慢の老舗鮎の宿菜々
子に送る野菜あれこれ明易し雅流
遠雷の魁け雨の匂ひけり宏虎
2011年07月20日
夏野行くリュックサックに花図鑑きづな
台風の尻尾か海の波尖るわかば
強風裡なれど臆せず蝉しぐれひかり
林立のビルを侍らし雲の峰菜々
吟醸の冷やこそ佳けれ暑気払雅流
瀬がしらの白く躍りて夏の川よし子
2011年07月19日
蓮の葉の水をこぼして風わたるきづな
瀬音聴く水掛け地蔵面涼しこすもす
女子会の乾杯ビール高々と雅流
紫蘇ジュ−ス仕上げにレモンしぼりけり満天
野分けくる予兆か雨の匂ひけりぽんこ
若者の和太鼓演奏汗の飛ぶはく子
台風裡畑の蔓もの翻弄す菜々
門柱に魔除けめきたる蝉の殻せいじ
奥院へ険磴二百蝉しぐれよし子
睡蓮に午後の日射しの濃かりけり百合
2011年07月18日
暑気払ふなでしこジャパン世界一三刀
噺家の扇子の所作にどっと沸く宏虎
夏富士の裾へなだるる雲のありとろうち
四阿は池の真ん中観蓮会きづな
2011年07月17日
乙女どち長き脚組みサングラスつくし
琉金のフリルひるがせ舞ひにけり宏虎
瀬流れの一樹は蝉の大合唱よし女
空色は広重の青火取虫とろうち
尾瀬沼の木道に立つ雲の峰宏虎
手荷物の腕に食ひ込む暑さかなうつぎ
度の合わぬ老眼鏡の汗拭けりなつき
石段の足音涼し僧の列こすもす
蝉しぐれ割木積まるる休み窯雅流

page_top

2011年7月19日(火)

7月10日~16日

2011年07月16日
灯をけして月光入るる座敷かなはく子
鰻焼くあるじ老舗の法被着てつくし
ほととぎす休みしままの登り窯雅流
初めての泳ぎは母の腕の中なつき
山鉾に人また人の大路かな宏虎
足弱の吾を導く道をしへよし女
川筋の風にほぐるる青柳せいじ
銃眼の海に向きたり蔦茂る有香
旅涼し杉美林また杉美林菜々
2011年07月15日
湯あがりの何はともあれビール飲む宏虎
手刀で蜘蛛の糸切る避暑散歩三刀
ラケットはときに団扇や卓球すうつぎ
異国めく丘の家並や月涼し菜々
初蝉や靴紐結びなほす路つくし
裸子のするりと抜けしバスタオル有香
尾根綴る送電鉄塔雲の峰とろうち
片付けの厨の窓に月円か満天
2011年07月14日
老いの櫓の捌き上手や舟涼しこすもす
供花今朝は庭の初咲き百日草菜々
天道虫翁の像の膝に来てよし女
一線を画す泥田の蓮清し有香
暑気払ひとてデパ地下の食堂へ満天
撒かれたる茶殻の匂ふ夏座敷とろうち
池の面に相せめぎあふ雲の峰せいじ
2011年07月13日
母の忌や父は変はらぬ夏帽子なつき
風鈴の和して夕べの風生まるとろうち
山頭火句碑の辺に汲む山清水よし女
青芝に介護を語る円座かなつくし
老鶯や木喰仏の笑みこぼるよし子
存分に瀬音を聴けと合歓の花三刀
2011年07月12日
この寺の主なるべし牛蛙うつぎ
草を刈るベトナム帽の男かなこすもす
明易し旅の思い出綴りては菜々
掌に赤い宝石さくらんぼともえ
夕焼けて陋屋燃ゆるごときかなせいじ
並び立つ樅の大樹や雲の峰三刀
白球の行方へは遠き夏の雲とろうち
一村の青田潤す弥陀の水よし女
水無月の生駒は襞を深めけりはく子
2011年07月11日
雲一朶濃淡分かつ万緑裡ぽんこ
緑陰のトンネルなせる石畳なつき
紺暖簾に川風通ふ涼み茶屋三刀
暑に耐ふる一息つきし日の翳りせいじ
梅雨明けて雨戸の機嫌直りけり満天
一頭は佛に見えし雲の峰治男
写経会の静寂を破り牛蛙うつぎ
大寺を囲む疎水路ねむの花よし女
2011年07月10日
野球部に校庭狭き夾竹桃 雅流
田の草を刈りて風道生まれけりせいじ
海開き神事と思ふ太鼓の音三刀
大空へ伸ぶるクレーンや梅雨明くるせいじ
霊水を恃みひと杓暑に耐ふるつくし
句座仕切る九十翁のアロハシャツうつぎ

page_top

2011年7月11日(月)

7月3日~9日

2011年07月09日
梅雨明けて富士は裾野を広げけりとろうち
七夕笹保育舎の窓はみ出してよし女
青田波越後山形米どころともえ
磨かれし縁に吸ひつく裸足かななつき
2011年07月08日
走り根を浸し流るる清水かなとろうち
心太煩はしきは聞き流す満天
磯の香の通ふホームの朝涼しわかば
瞑想す翁の坐像堂涼しよし女
立ち並ぶ風車発電雲の峰なつき
本堂の太き灯明梅雨開くるつくし
梅雨明けて夕べ賑はふカフェテラス菜々
湖を一と呑みせんと雲の峰ぽんこ
母の忌を修す夏書の墨の匂ふ有香
2011年07月07日
夏萩のさ揺れて華と一字の碑よし女
雨の路地祭り稽古の笛と鉦つくし
七夕や雲は紗のごと雨あがる菜々
欄に寄り話つきざる蛍の夜きづな
座禅終え朝粥揃ふ堂涼し小袖
葉隠れに雀寄り添ふ送り梅雨ぽんこ
雲ぬがぬ六甲山頂梅雨に倦むよし子
七夕紙金を選びて病の子うつぎ
2011年07月06日
古びたる木橋の軋み梅雨の川ひかり
夏霧の山襞撫でて流れけり有香
夏籠らし尼のこゑ門跡寺雅流
みそなはす大磨崖佛鮎の川菜々
と見る間に姿の消えし青蜥蜴とろうち
阿の仁王たつ足下に蟻地獄よし女
天蓋となる緑陰や忠魂碑百合
岩肌をさばしる水の楽涼しともえ
2011年07月05日
微かなる瀬音や紫陽花寺巡るこすもす
瞑りて声明を聴く堂涼し三刀
潮騒や砲台囲む夏の草わかば
磐座を崩さむばかりはたた神うつぎ
廃校の四方は杉山夏霞うつぎ
復興を誓ふ短冊星祭はく子
やまももの落ちて染まりし石畳よし女
船頭の浮巣知りたる櫂さばき雅流
迫り来るごとくに四方の青嶺濃し英子
2011年07月04日
川沿ひのどの軒先も笹飾るこすもす
この山の鼓動のごとく苔清水宏虎
鱗粉を朝日に散らし揚羽舞ふせいじ
庭手入れかたばみの根を深く掘りあさこ
またたびの白のなだれて山深しともえ
朝さんぽ昨夜の蛍の道辿る百合
置物のごと白鷺は川べりに治男
のうぜんの蔓木から木へあそびをり満天
木苺の見えて届かぬ岨の道うつぎ
今年竹天を突きをり陣屋址菜々
2011年07月03日
裸電球揺れて涼しき仁王門よし女
家族分釣れてよしとす鮎の膳うつぎ
手に掬ふ山の香まじる蔵王の湯ともえ
磯料理漁火遠く瞬きぬわかば
ぬか漬けの紫紺鮮やか膳の茄子満天
青梅の熟し時待つ笊の中ぽんこ
砂浜に裸足投げ出す椰子の陰宏虎
梅雨晴れて千変万化富士の雲とろうち
青葦の背丈にあそぶ行々子三刀

page_top

2011年7月4日(月)

6月26日~7月2日

[みのる選]

2011年07月02日
紫陽花に遊び本尊まで遠し      よし女
手力男槌で注連切る山開き      とろうち
室生みち木の間に滝見ゆる      菜々
ナイターのさよなら負けに帰路無口  はく子
河鹿鳴き水神様に夕べ来る      菜々
潮の香の通ふ松原風涼し       わかば
独り居に朝採りきゅうりお裾分け   あさこ
相呼応して鳴く蟇や藪の奥      うつぎ
一筆箋添へみちのくさくらんぼ    三刀
2011年07月01日
信号の赤を真っすぐ夏燕       よし子
二番花てふも大振り花菖蒲      きづな
光背は滝の水煙不動尊        菜々
2011年06月30日
師の影を踏みて潜りし茅の輪かな   うつぎ
裏畑はアガパンサスの花明り     あさこん
蟻をかしのこけつまろびつ餌を運ぶ  とろうち
追ひ越されてもマイペース夏山路   こすもす
ゆくりなく茅の輪を潜る吟行子    きづな
行き届く花後の手入れ牡丹寺     よし女
やまぼうし闇夜に真白鄙の宿     菜々
梔子の香に誘はれて花廻り道     満天
髪洗ふ吉野の旅の余情かな      百合
遠河鹿鳴く深吉野の泊まりかな    よし女
2011年06月29日
飛滝神水煙茫茫昼暗し        菜々
あぢさゐの毬にふれもし磴のぼる   満天
片蔭を辿る介護の通ひ道       わかば
三宝杉女人高野の天高し       こすもす
豪快な音聞こえそむ隠れ滝      ぽんこ
熱帯夜また救急車馳せる音      はく子
梅の実の落ちるがままに百度石    雅流
堂縁に女人高野の塔涼し       ひかり
住み古りて玻璃戸の守宮親しかり   うつぎ
2011年06月28日
酌み交す一会の集ひ蛍の夜      菜々
青柿の落ちて蹴らるる通学路     よし子
岩走る水石菖を梳る         三刀
暗闇の生きた宝石蛍狩り       ぽんこ
朝涼の杉美林縫ふ散歩かな      ひかり
アガパンサス花火のひらくごと涼し  はく子
2011年06月27日
この宿のシンボルツリー山法師    かれん
青蛙畏み言上仕る          とろうち
登高や手すり頼りの鎧坂       わかば
万緑裡大野磨崖はとこしなへ     菜々
胡瓜きざむ杢の香しるき俎に     はく子
2011年06月26日
険競ふ入道雲の三兄弟        せいじ
露天湯の帰るさの道風涼し      満天
岩清水噴き出す苔の厳襖       わかば
かろうじて金魚の赤や梅雨の池    なつき
海鳴りを間遠に茅花流しかな     三刀
手入れ良き庭にころがる実梅かな   あさこ
端居して猫に本音をきかせけり    よし子
老鶯に励まされ行く急山路      きづな
あちこちにたつ泥神楽蝌蚪群るる   有香

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site