互選の結果

2020年8月12日:投句15名 選句17名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蝉の穴幼なの指の好奇心  みのる 6 愛正.はく子.小袖.わかば.こすもす.うつぎ.
船頭に僅かな木陰三尺寝  小袖 6 素秀.こすもす.よし子.かかし.よう子.なつき.
打ちつけて湖面を走る夕立かな  愛正 5 素秀.こすもす.よし子.よう子.うつぎ.
栞して漱石横に大昼寝  うつぎ 3 宏虎.よう子.みのる.
朝市の農夫ら嬉々と梅雨の明  うつぎ 3 宏虎.小袖.わかば.
豆腐屋の喇叭逃げ出すはたた神  よう子 3 小袖.そうけい.うつぎ.
天鵞絨の苔庭破り蝉の穴  みのる 3 はく子.せいじ.かかし.
すぐそこと言われて遠き夏野かな  よし子 3 愛正.素秀.ぽんこ.
白樺に架かる避暑地の案内板  みのる 3 はく子.なつき.うつぎ.
無住時の野草にあそぶ夏の蝶  よし子 3 愛正.わかば.そうけい.
妙見山の水は豊かや青田波  よし子 3 小袖.菜々.みのる.
よき位置によき枝葉あり蜘蛛の糸  せいじ 3 愛正.菜々.そうけい.
雨乞ひの宮に数多の蟬の穴  なつき 2 みのる.うつぎ.
雨乞ひの宮に市立つ蟬時雨  なつき 2 愛正.よし子.
縁の下走り抜けたる羽抜鶏  素秀 2 菜々.なつき.
猛禽の顔で洞出る青葉木菟  素秀 2 はく子.わかば.
梅雨明けや竿竹売りの声高し  小袖 2 よう子.なつき.
一人身の自由不自由夕端居  うつぎ 2 よう子.なつき.
蝉しぐれ二十階へと湧くごとく  はく子 2 せいじ.菜々.
雨跡や梢より降る蝉時雨  ぽんこ 2 よし子.みのる.
かなかなの間遠となりて夕帷  みのる 2 素秀.せいじ.
いつの間に空蝉ばかり我が狭庭  小袖 2 宏虎.こすもす.
那智の滝怒濤の落下轟けリ  宏虎 2 はく子.ぽんこ.
蝉穴の金輪際を蟻のぞく  みのる 1 そうけい.
捕らんとの技や蜘蛛の囲三次元  せいじ 1 かかし.
大歩危は祖谷の吊橋蝉時雨  宏虎 1 そうけい.
綻びし隣国の友花木槿  わかば 1 ぽんこ.
喜寿迎へ三代揃ふ夏座敷  かかし 1 宏虎.
汗疹の児小さき角めく結び髪  なつき 1 せいじ.
白南風の通り過ぎたる湖畔茶屋  そうけい 1 よし子.
幼子に飾りのごとく夏蝶来  そうけい 1 せいじ.
噴水の力一気に抜けるとき  よし子 1 ぽんこ.
餌台に目白来るかと砂糖水  素秀 1 わかば.
蜘蛛の囲にかかるものみな繭となり  せいじ 1 菜々.
虫干や伴侶となりし方丈記  かかし 1 素秀.
かなかなに囲まれ谷底の駅舎  うつぎ 1 かかし.
山なみの容貌かえる夕焼けかな  愛正 1 宏虎.
夏霞鳴き声響く放牧場  愛正 1 かかし.
噴水の池いっぱいの水輪かな  小袖 1 こすもす.
入道雲ピザふつふつと引き出され  よう子 1 小袖.
駅ホームに見えて茶畑宇治涼し  はく子 1 みのる.
喜寿までの命授かり墓洗ふ  かかし 1 ぽんこ.
以上.
Gosen CGI Copyright (C) 2000 by Minoru Yamada.