投句控 :500句/1頁

次のページ

2022年9月24日

傍らに犬の寝息や夜仕事す むべ
秋耕の畝影長き夕陽かな 愛正
突堤に足投げ出して鶯を待つ 宏虎
台風を避けて繰りあげ電車移動 こすもす
香煙が百度石へと千灯祭 なつき
大道芸野分の風に踏ん張れり なつき
十字架の道行たどる秋の声 むべ
首筋を撫ずる爽涼沢登り 愛正
山路来て樹々の梢の薄紅葉 わかば
秋雨のクレッシェンドに降りつのる むべ
大使館半旗掲げし秋思かな むべ
ハンモックの父の裸足をくすぐれり なつき
丹波路の稲穂黄金にうねりをり わかば
阿蘇五岳スツポリ消えぬ霧立ちぬ 宏虎
鶏頭の赤くふッくら花三つ 宏虎
萩の縁寺の浄土と申し上ぐ 宏虎
奥の院の日の班踏みしめ秋遍路 なつき
丹波路に梢の秋を見つけたり わかば
青空をバックに菊を作りけり 宏虎
畦道の泥土にのろり秋蛙 愛正
逆バンジージャンプに割れり群れとんぼ なつき
四方山に静まる心爽やかに わかば
みぞはぎの咲き乱れし水の影 ぽんこ
しろがねの打てば響くか今日の月 はく子
布袋草大甕の口塞ぎけり よう子
廃軌道単線走る秋の風 愛正
葉隠れに木瓜の青き実露けしや むべ
蜻蛉の翔びたつ草に風の声 素秀
ゆっくりと朝顔開くおちょぼ口 ぽんこ
抜穴の格子を染める楓かな ぽんこ
厚雲よりとく出でよかし居待月 はく子
いたずらを繰り返す猫障子はる こすもす
仏坐す古木の洞へ稲穂風 よう子
しみじみと昭和歌謡や秋の宵 素秀
落日に染まり紅葉しつらへし 素秀
ラリックの工芸展や秋の雲 わかば
滑走路跡を連ねる大花野 素秀
盆栽の小さきお山も紅葉づれる よう子
観音の豊かな頬に秋日差 ぽんこ
工事止める遺跡調査や秋あかね よう子
陋屋に華やぎ添える灸花 ぽんこ
露けしや土に埋もるわれ茶碗 素秀
大窓に刻々変はる秋夕焼 はく子
皓々と今宵の月の白銀に はく子
十六夜の白雲染めつ漂へり はく子
榛名富士草原波立つ松虫草 愛正
高速の鬼やんま地に平行に こすもす
巫女デビュー父は神主秋祭り よう子
手放せぬものの一つや秋団扇 こすもす

2022年9月17日

萩枝垂れ波の皺立つ水辺かな 愛正
廃城の傾げし標虫時雨 かかし
花野道抱き上ぐる子に日の匂ひ なつき
破蓮や日暮れて池に水の泡 素秀
秋の雲農具手入れの老農夫 かかし
雨雲のレーダ―見つつテニスの秋 ぽんこ
花野道子は髪ゴムの鈴鳴らし なつき
杖つきて足鈍くさし敬老日 宏虎
通帳に利息は付かず敬老日 宏虎
市主催の観月会やお茶席も こすもす
木犀や夕べの雨に香の沈む わかば
参道に火照り残れる万灯会 なつき
街灯の切れし小路や月今宵 なつき
重なり合ふ絵馬に無風の残暑かな ぽんこ
月光のふとふりむきぬべートベン 宏虎
苔むした墓石濡らす朝の露 ぽんこ
山門の枝折戸の奥吾亦紅 かかし
夕映への濁世を隔つ秋桜 かかし
ガード下暗き溝より昼の虫 ぽんこ
里山の裾野に広ぐ秋桜 わかば
長き夜や句作数独読書かな こすもす
リフォームの絣の上着秋の旅 こすもす
カリヨンの鳴る音優し朝澄めリ 宏虎
プラタナス並木往き交ふ秋の昼 むべ
木犀に旗を預けて警備員 素秀
いちじくの皮をむく子とむかぬ子と 素秀
紅白の風に解け合ふ秋桜 わかば
小雨止みて束の間見えし芋名月 こすもす
宵闇や人の繋がる里灯り 愛正
朝顔の今朝の空色もらいたる はく子
廃校の低き蛇口や芒原 かかし
墓石に戦死を刻む秋思かな ぽんこ
ポストほどのちさき図書館小鳥来る むべ
草に浮き草に静もる秋の蝶 宏虎
軒低き納屋を賑わす小鳥かな 愛正
三日月や堰落つ水の音清か わかば
穴まどひ行列できる検診車 素秀
亀甲のめくれる田面落し水 愛正
坪庭に木賊直立くずさざる はく子
平らかな街を流るる秋の川 むべ
この世をばあまねく照らす月今宵 はく子
大阪と奈良より満月写真来る こすもす
萩の風茶室の木戸の見え隠れ 愛正
稲の香や風車の回る遊園地 なつき
かなかなや柴を踏みしむ杣の背に 素秀
山湖澄む空と脊山の影映す わかば
父居らぬ父の家なり昼の虫 むべ
大空に雲一つなき月今宵 はく子
ベランダにくらわんか花火堪能す はく子
まっすぐな光の筋や月今宵 むべ

2022年9月10日

杖借りて高枝引き寄せ柘榴採る はく子
無住寺の棟門狭し大毛蓼 愛正
赤とんぼ座布団干せる大師茶屋 なつき
登り来て霧が隠せし登山バス 宏虎
散歩終へ犬と飛蝗の家に入る むべ
海峡を潮の行きつく果ての秋 素秀
授乳中の猫と目の合う秋の昼 こすもす
隠沼に蜉蝣立ちぬ青き水 素秀
鉦叩真闇に音の澄みまさる はく子
数独や繰り返すミス秋の雷 こすもす
子等遊ぶ休耕田の赤まんま 愛正
摘まれても良くぞ生きたり楤の花 愛正
昨夜の雨苑の芝はら露深く わかば
大道芸拍手まばらな秋の昼 むべ
虫集く窓辺に寝床しつらへり むべ
迷走の台風海の濤尖る わかば
萩日和友の杖引く音かろし はく子
秋桜休耕田を独り占め 愛正
苑を統ぶ大樹に憩ふ蔭涼し わかば
秋陰や墓を尋ぬる電話あり むべ
露けしや草にまみれし酒地蔵 宏虎
夕潮のふくらみ空に鯔のはね 素秀
ガード下暗き溝より昼の虫 ぽんこ
墓石に戦死を刻む秋思かな ぽんこ
谷風にうねり起こすや萩の花 愛正
赤梨の口に果報の酸味かな 素秀
カンナ咲く赤ポスト有る小学校 宏虎
鐘楼の前にハーレー秋遍路 なつき
寺めしにいつも来る子や休暇明け なつき
心づく信号待ちの虫の声 素秀
重なり合ふ絵馬に無風の残暑かな ぽんこ
水澄みて心休まる湖畔かな わかば
葛の蔓やさしく肩を叩かれぬ むべ
傘立てに亡夫の杖や虫集く はく子
雨雲のレーダー見つつテニスの秋 ぽんこ
野ぶだうの色の美しきは食ならず はく子
稚児大師像に集へり赤とんぼ なつき
パソコンの御機嫌悪るし夜半の秋 宏虎
色帯びし良夜なりけり風も無く 宏虎
廃業の仏壇屋跡身に入むや なつき
広芝の朝露玉となり光る わかば
稲の香や体操教室週一回 こすもす
苔むした墓石濡らす朝の露 ぽんこ

2022年9月3日

盆の市長蛇の列の赤飯屋 ぽんこ
鬼灯の鉢をはみ出す艶姿 素秀
列島の傷跡深き秋出水 わかば
夜の更け鈴虫を聴く静寂かな わかば
額縁に影のありたる秋思かな 更紗
絵に詩に心遊ばせ秋の雲 はく子
駐輪場飛蝗動かぬサドルかな 愛正
秋空へつひ手を伸ばす尾根の道 むべ
山里の水の手柄や新豆腐 素秀
なぜなぜに答えて汗の子を撫づる なつき
野外演奏昼の部の法師蝉 愛正
蒼天や伽藍静かに萩の花 ぽんこ
保護犬の募金呼びかく残暑かな むべ
友待つ間眺む噴水伸び縮み こすもす
指折りに虫の名浮かべ虫すだく 更紗
尼寺に夕べ赤らむ酔芙蓉 はく子
秋愉し誕生祝にフラフープ こすもす
千枚田をちこち響く威銃 かかし
涼新た京の露地裏旅気分 かかし
奔放な朝顔の蔓種採りす なつき
別荘地木の間ちらちら秋日傘 愛正
時に吹く風に秋かと覚ゆなり わかば
標本になりて鍬形全うす なつき
鳳仙花猫のパンチで弾けをり かかし
髪洗ふチタンの埋もる手術跡 なつき
切る音に良しとオクラの茹で加減 素秀
水澄むや鯉の緋色踊りくる ぽんこ
慈しむ母との会話虫の秋 わかば
てつぺんに黄葉きざす銀杏巨樹 素秀
子ら帰り二人の卓に虫の声 かかし
朝顔の空色包んでしまひけり はく子
小灰蝶翅をたたみて小休止 むべ
整髪や鏡の奥に涼新た かかし
ヒマラヤの石家にある秋思かな むべ
賽銭が跳ねて飛び立つ法師蝉 愛正
鉦叩闇の黙を打ち続く わかば
クリームの皿舐むる子や八月尽 なつき
無人駅軽トラに乗る秋日傘 愛正
母ぶりの天晴な猫秋うらら こすもす
すれ違ふ他人の空似墓参り むべ
どこにでも雑草生へる鰯雲 ぽんこ
朝顔をフェンスに這わせ保育園 はく子
初秋や楠を天蓋石灯籠 ぽんこ
行きはバス帰りは徒歩や草の花 こすもす
一穢なき空にキの字の赤蜻蛉 素秀
念入りに米を洗いて終戦日 はく子
明日まで置くなと助言オクラ採る こすもす

2022年8月27日

天ノ川指呼の句会の先師達 宏虎
コロナ禍の孫の退院秋高し ぽんこ
予後の身の三人寄りて墓掃除 なつき
のうのうとフランスベットの竹婦人 よし子
坪庭の秋めく日差し野鳥舞ふ 愛正
灘越える漁船の影や秋夕焼 素秀
走り根の大きな瘤に秋気配 ぽんこ
老いてなほ父母恋し虫時雨 よし子
ご町内一瞬照らす稲光 宏虎
散りしひて机に秋の薔薇名残 素秀
高峰に一の矢二の矢流れ星 愛正
強風に炎傾く万灯会 ぽんこ
かんばせを花火明かりをとりこめり 宏虎
朝まだき水路に律の調べあり むべ
天高し青鷺渉る尾瀬ヶ沼 愛正
秋晴れや線路流るる先頭車 ぽんこ
台風の眼のただならぬ静寂かな むべ
蜩の声に間のあり夕まぐれ 素秀
洋館の灯のいる窓辺蔦かずら ぽんこ
止まるとも飛ぶとも蜻蛉とどまらず はく子
刻まれし夫の行年秋曇 むべ
茶畑の緑まぶしき帰省かな 更紗
秋夕焼文豪愛でし跨線橋 むべ
病む姉の話相手に盆帰省 なつき
赤とんぼ山の頂カフェテラス はく子
草庵へ通ずる林道法師蝉 愛正
知られざる尊き生命終戦忌 わかば
夕山河法師蝉ゐぬいと淋し 宏虎
菅笠にあの娘の涙風の盆 よし子
鎮魂と核なき世をと終戦忌 わかば
幾山河辿りて谷の水澄めり わかば
献立に亡夫の好きな茗荷汁 むべ
揚花火昔語りに夫と見し なつき
実梅落つ天女のごとき梅古木 なつき
シャワー音の合間に微か虫の声 こすもす
遠雷にまじり救急車走る こすもす
谷川の響き変わらぬ墓参 わかば
なめらかに進むペン先涼新た 更紗
甲子園に母校の校歌秋暑し 更紗
露天風呂手で掬ひたる上り月 愛正
正論を述べたばかりの生身魂 宏虎
蜻蛉つがひ法の池にも関はらず はく子
面影を偲ぶこの日や墓洗ふ わかば
旧姓の文字なでいづる墓参かな 更紗
水郷をめぐる小舟や行々子 よし子
秋光を両手いつぱい大いなる 素秀
秋立つやさざなみ岸に寄せる音 素秀
とんぼうと共に揺れをり土手の草 はく子
映画会終わりし途端の雷雨かな こすもす
鉄葎軍手を刺の突き通す なつき
蜩や吾子の帰りを待ちてふと 更紗
噴水の垂直力や五メートル よし子

2022年8月20日

秋気満つ渓谷を断ちロープウェイ 素秀
盆帰省またねと子らの笑顔かな なつき
盆波に舳先を浮かす手漕ぎ舟 素秀
子の逝きて五十年なる墓洗ふ はく子
秋色の尾根を急げる旅衣 素秀
糠床の馴染みて茄子の紺清か わかば
老夫婦頬摺りをせん初穂かな かかし
孫先に迎へ進まぬ盆用意 なつき
遠雷や乗降手間どる病院前 愛正
浮気心てふ驚きの名のダリア こすもす
セピア色若き父親敗戦日 ぽんこ
手入れ良き臥龍の松の大門かな ぽんこ
盆過ぎてブロックの街壊しけり なつき
盆灯籠たこ足配線一つ足す なつき
滑り落つ斑葉の栞ハンモック 愛正
街灯に負けぬ明るさ盆の月 こすもす
休みたる噴水に立つさざ波や むべ
保育士の見送り終へて法師蟬 かかし
剣玉を競ひし園児汗涼し かかし
雲去りし中天孤高の盆の月 はく子
あれこれと仏花を選ぶ盆支度 ぽんこ
ゴアテツクス纏ひ出でたる台風裡 むべ
年別の梅酒の並ぶ水屋かな 愛正
日帰りのみな日を合はせ盆帰省 なつき
赤子抱く如く店主の新豆腐 かかし
無縁塚を墓守のごと夾竹桃 ぽんこ
秋句会欠席三人花いっぱい こすもす
扇風機水を引き込みミスト吹く ぽんこ
南瓜熟るあらぬ藪中蔓伸ばす わかば
立秋の石の十字架止り木に むべ
洗ひたるご先祖様の墓の五基 はく子
川原に競ふ草丈秋暑し わかば
念仏の時間短し暑気中り 愛正
洋館に衛兵のごと夏木立 むべ
をちこちに案山子を立てし千枚田 かかし
語られぬ悲劇次々終戦日 こすもす
照り返す海に白帆や秋暑し わかば
露草の空をゆずらぬ姿かな 素秀
なんきんの下がるに任せ塀の外 わかば
空襲を逃れし洋館敗戦忌 むべ
碑の文字の読めぬ先祖の墓洗ふ はく子
夕立風薬両手の停車場 愛正
盆の月雲間にふはりと出でませり はく子
洗濯バサミ全て取替涼新た こすもす
天窓を早足に行く秋の雲 素秀

2022年8月13日

刃を入れて弾ける音や西瓜切る わかば
手作りの夜店焼きそば大はやり はく子
黒塀より数個顔出す柘榴の実 ぽんこ
ドーム映す昏き川面や原爆忌 むべ
刈草を巻き上げ散らすローカル線 愛正
床の間の射干の辺に納経す よう子
久方のラジオ体操花むくげ ぽんこ
背番号無くも球児の汗涼し かかし
鐘楼を半分隠す百日紅 よう子
朝顔や出立を急く旅衣 素秀
とりどりの毛色の猫や夕焼雲 こすもす
農家カフェ鈴虫聴きつランチ食 かかし
お泊りの子が竹刀振る汗涼し なつき
酒の借りその場で返す草相撲 素秀
駅前の赤のポストや星流がる 宏虎
旅の途次萌ゆるカンナに迎えられ 宏虎
倒影の山に釣り舟夏の暁 愛正
一刀を待ちかね西瓜裂けゐたる 素秀
楽団員はにかみて立つ夏の夜 むべ
露の世や遠き記憶の父の事 わかば
敗戦忌心高ぶる流る音 宏虎
スプーンを箸の記念日涼新た かかし
崖の上ぽつんと百日紅の家 むべ
山門の大瓶三つ蓮の花 こすもす
初秋や痛める肌へサラダ食む わかば
朝顔や学級日誌懐かしく 宏虎
浮子ひとつ波に洗はれ夏の果 むべ
馬の背を辿る人影秋初め わかば
酔いどれの照らす足元夏の月 愛正
はぐれ咲く高砂百合の背筋かな よう子
ひと時の老いのお喋り百日紅 ぽんこ
鞘堂の褪せし鈴の緒夏深し よう子
原爆忌核なき世をと祈るのみ わかば
入らるる施設にも慣れ夏の逝く はく子
映画一本エンドロールに昼寝起 なつき
街角の無事を見守る向日葵群 ぽんこ
字の滲む一升瓶の梅酒かな 愛正
僧の来ぬ初盆なりしコロナまた なつき
絵に詩に心遊ばせ夏の雲 はく子
高く低く風に乗り来る踊り唄 はく子
晩夏光逆さ灯籠揺るぎなし よう子
子と父のメモで買ひ物夏休 かかし
ペディキュアの下駄軽やかに盆踊り はく子
遠き鳥威し耳そば立てる猫 素秀
呼ばれたる夢の返事す昼寝起 なつき
カリヨンの涼し校舎は煉瓦色 むべ
草いきれ分け入る先の飼畜小屋 愛正
母となりし猫に声掛け夏の朝 こすもす
図書館の前庭に咲くカンナは黄 こすもす
城跡の崩れし土塁虫の声 かかし
路地裏の格子に掛掛かる百日草 ぽんこ
卆寿とは第三の春カンナ燃ゆ 宏虎
父母の遺影の笑みし盆用意 なつき
田の色を吹き揃へるや秋の風 素秀

2022年8月6日

児の口を種弾けとぶミニトマト なつき
宇治金の少し無理して註文す 宏虎
帰省子や盛りだくさんの三日間 こすもす
写経終へ膝を崩すや花芙蓉 かかし
天窓のわづかに開き蝉時雨 むべ
鯖子干す網の斜めに釣りの宿 むべ
秋を待つ気候変動いかにかと わかば
金蛇の卵の白し草むしり むべ
炎暑中煙吐きたる桜島 はく子
一週間ハワイ帰りの日焼け顔 よし子
薄め飲む黒酢つーんと暑に耐ふる なつき
影絵なす楠大樹の黒揚羽 ぽんこ
ネイルアート爪に同化の天道虫 愛正
滴りの音に合わせる呼吸の間 素秀
墓守が片隅に植うミニトマト なつき
桟橋に頭預ける蓮かな 素秀
メトロノーム揺らぐ葉先の川蜻蛉 愛正
川に沿ふ草丈延びて夏深し わかば
風蘭の香り待たるる今宵かな わかば
相輪の塔の輝き晩夏光 ぽんこ
盛りいつ来たかわからぬ百日紅 素秀
真夜中の蝉ぶつかりし壁の音 むべ
海と母校見せて孫連れの帰省 こすもす
秋近し山の向こうの風にきく よし子
コミバス停薬袋に青田風 愛正
遺影の顔いつも笑顔や夜の秋 はく子
足一歩載せてみたいと蓮大葉 よし子
災害の多き日の本猛暑かな わかば
ラムネ飲む昭和の味の懐かしく 宏虎
八月の見慣れぬ蝶の翅重し 素秀
踏切やレールの炎暑足裏より よう子
庭畑の黄ばみ初めたる大暑かな なつき
忘れてはならぬと思ふ原爆忌 わかば
海無し県の孫大はしゃぎ海水浴 こすもす
訪ふ度に千体地蔵炎ゆる中 ぽんこ
広縁に老婆うたた寝渦巻香 愛正
苔纏ふ水掛不動夏旺ん ぽんこ
水なすの糠漬け旨き店閉まる よう子
客寄せの大玉西瓜楕円形 よう子
いかづちや黒雲低く垂れ込めり むべ
空蝉や脱皮直ぐ跡濡れており 宏虎
帰省子に川の流れの時間かな よし子
一陣の風に波立つ柳蘭 愛正
新聞紙渦巻く箱のメロン来る よう子
カーブする鉄路の先の先も夏 よう子
夏果てど棄ても失くしも出来ぬ月 素秀
朝採りのトマト供ふる日課かな なつき
蟬時雨また減便のバスを待つ かかし
久安寺なごりの紫陽花雨もよい よし子
足湯して森林浴や蟬時雨 かかし
誕生日の娘に贈りたり京扇子 こすもす
峠茶屋皆売り切れてソーダ飲む 宏虎
涼風や傘となしたる樟大樹 ぽんこ
炎天にひとまず幕や夕日落つ はく子
炎天や鉄路はどこまで平行線 はく子
初恋は永久に初恋遠花火 かかし
熱き茶を一人に入れて夜の秋 はく子
放棄田に万の向日葵隠れん坊 かかし

2022年7月30日

花の寺小さき池の作り滝 こすもす
流木に翅立て流る川蜻蛉 愛正
蚊遣火を腰にリードの伸びにけり むべ
石橋の蜻蛉ぐるりと眼を回す なつき
コロナ見舞ネット注文夜の蝉 よう子
滝飛沫浴びてしずまりゆく心 わかば
遠雷や重きペダルに変速す むべ
大暑の日鍬のリズムの米寿翁 かかし
木立の間を歩数で計るハンモック 愛正
紅白の夾竹桃や車窓飛ぶ わかば
夕闇に蚊遣り地を這ふ三和土かな 愛正
蝉時雨池の真中の弁財天 ぽんこ
笹の葉に鮎の塩焼き尾を跳ぬる はく子
油虫押さへて猫の目は爛々 素秀
蚤の市暇な店主の三尺寝 ぽんこ
月亮門くぐれば古りし扇店 むべ
鉢植えのミニひまわりもゴッホなる よう子
帰省子の引っ越しのごと赤児と荷 かかし
本を閉づまぶた閉づれば蝉時雨 よう子
鎮守の杜ただに激しき蝉しぐれ はく子
紫陽花の葉を干す慣ひ離れ島 むべ
予約診待合室の花ミモザ こすもす
蝉しぐれ夫と子の忌を修しけり はく子
雨上がるお化け胡瓜の地を撫づる よう子
小波に立つ倒影の柳蘭 愛正
噴水やリズミカルなる三拍子 こすもす
訪ひし国地図に花丸ソーダ水 かかし
鬼百合の珠芽触るればほろと落つ よう子
打つ手なき酷暑に耐える力石 ぽんこ
補助輪の取れてどや顔日焼の子 かかし
滴りや昼なほ暗き吉野杉 わかば
つぼ少しずらして耐へる土用灸 なつき
鮮やかなおかめ南天池薄暑 ぽんこ
土用灸熱く読経の早口に なつき
颯爽と力士浴衣の縄模様 素秀
土用灸終え寺めしの賑へり なつき
夏休みの子と作りたるカレーかな こすもす
溜席時間に上げるサングラス 素秀
脚もげしががんぼ止まる白き壁 愛正
消えさうで消えぬ燭の灯土用東風 なつき
病葉と共に落つるは青胡桃 わかば
夕焼や昏き運河に石の橋 むべ
八寸の彩り豊か夏料理 はく子
雑草の露を見ている力石 ぽんこ
滴りを受くる掌沢登り わかば
夕立去り竿に連なる雨滴光 はく子
水羊羹掬ひてテレビ桟敷かな 素秀
峠茶屋ポンと昭和のラムネ玉 かかし
冷酒の氷は月の欠片かな 素秀

2022年7月23日

雲の峰グランドゴルフ楽しめり はく子
雲の峰勝つのは弟腕相撲 はく子
ボランテヤ駆引きなしの出水かな 宏虎
水馬かぼそき足で流されず 宏虎
青時雨碑だけの残る一里塚 なつき
まだまだと息継ぎ鳴ける蟇 素秀
踊子や蹴出しと笠の紐赤き 素秀
焼きすぎたトーストかじる大暑かな なつき
沼沢に行く人もなし花あさざ 愛正
大壺に宝珠のごとく蓮の花 ぽんこ
収穫のピーマンまだまだB級品 こすもす
夏影に鐘の声きく久安寺 よし子
恙がなき朝を迎ふ花木槿 わかば
蝉しぐれ大波小波引く間合ひ はく子
目薬師の百度石撫づ青葉影 なつき
橋脚の芥の混じる出水かな 宏虎
しっとりと雨の滴る酔芙蓉 ぽんこ
元気いっぱいキャンプ帰りのメール来る こすもす
流暢に西瓜を値切る印度人 素秀
採り頃の胡瓜手尺で確かめる よう子
後毛のワツクス光る祭髪 素秀
噴水の高さを決める会議あり よし子
雨あがり風ヒンヤリと網戸越し こすもす
急かされる畑作業や朝曇 かかし
繭籠るスーパームーン涼しかり はく子
滴りの落つる光や苔の庭 わかば
仏像の古拙の微笑蓮の花 かかし
七月の卒寿の朝の深呼吸 宏虎
銀翼の吸い込まれゆく梅雨の空 よし子
錠剤を飲んで咽せたる大暑かな なつき
夏休み鳶色の目の下宿生 むべ
暮待たず雨に凋める木槿かな むべ
荒波を潜つてみたき夏の海 わかば
ためらわず百合の白さを庭で切る よし子
太陽の塔諸手に捧ぐ夏の雲 よう子
炎昼やじっと我慢の力石 よし子
今日一日見事に咲きて散る木槿 わかば
戻り梅雨安堵の笑みの農夫婦 かかし
手垂れて本滑り落つハンモック 愛正
シャイな夫三日目に着るアロハシャツ よう子
わくら葉の落ち行く渓流水早し 愛正
病葉の落つるに惜しき色止む わかば
飛交うも鳴き声はせず庭の蝉 こすもす



次のページ