投句控 :500句/1頁

次のページ

2022年06月24日

両隣打ち水しあふ小路かな 澄子
米兵も眠る礎や沖繩忌 素秀
夏野菜耕し名札波止の園 きよえ
紗羅の花深山に落つ踏むまじき ふさこ
外来の亀ゆうゆうと梅雨の池 明日香
胡蝶蘭会場華やぐ俳画展 満天
濃緑に六甲連山梅雨晴間 もとこ
青葉風あべのハルカス下に見て あひる
エントランスに患者の願い笹飾り やよい
南吹く大橋速度規制中 千鶴
海の日を知らず育ちし山家の子 みきお
学童の校外授業夏の波止 きよえ
梅を干す母が遺せる傘さして ひのと
尼寺の縁に日傘の干されけり なつき
選挙戦予想などして鱧の皮 凡士
神池の鯉喜ばす夏の雨 こすもす
熊笹のうなりをあげて青嵐 あひる
揺れる葉に任せ飛び立つ揚羽蝶 みきえ
日盛りにランドセル跳ね下校かな かえる
街路樹の根元に秘そと梅雨茸 こすもす
恐竜の図鑑に夢中端居の子 素秀
短夜を追ひかけ下戸が梯子酒 澄子
また一艘しづかに海霧の懐へ ひのと
ジパングの古地図に石見南風吹く 凡士
蟻の道ずぼらな物も真面目有り 宏虎
舟隠しめく岩陰のあめんぼう みのる
南風踊る木漏れ日楽しめり 明日香
真夏日となる六月の山歩き せいじ
推敲に推敲重ね明け易し みきお
黒潮の海南風やナイスオン 豊実
フェンス下動く足首プールかな みきえ
桝形の石垣に消ゆるりとかげ なつき
小糠雨に任せ色濃し野の桔梗 そうけい
六月や雲を離さぬ四囲の山 はく子
神池の涼し池心に遥拝所 みのる
踏み行けばいよよ夏鶯の山 せいじ
短夜の夢に会ふ人若かりし 満天
猛暑来てアイス枕の心地よし 董雨
カーテンを変えて薫風待ちにけり 宏虎
老師の句亡き妻多しさくらんぼ 董雨
炎昼に媚び売る選挙の掲示板 たか子
もじずり草捩じれ捩じれて右ひだり たか子

2022年06月23日

日光強し日傘無くて途歩は無理 宏虎
走り根を避けて縋りて登山道 智恵子
薄暑日の朝晩たっぷり化粧水 満天
老眼鏡掛けて爪切る夕端居 みきお
蛇嫌ひの母思ひ出す蛇の皮 なつき
雨上がり一斉に伸ぶ芋の茎 みきえ
夏帽を揃へ母子の里帰り 素秀
夜濯ぎや泥にまみれたユニフォーム かえる
青葉風卒寿ゴルファー矍鑠と はく子
水筒を持てばチリンと氷の音 あひる
夫運転妻が指示する田植えかな たかを
樟脳は昭和の匂ひ古浴衣 ひのと
けふの道南南西や蟻の列 凡士
葛餅や馳走の後のしめとなり ふさこ
堰落つる水の勢い作り滝 たか子
神苑の清浄として青葉雨 みのる
緑陰やしばし佇み深呼吸 みきお
梅雨深し解体を待つバラ屋敷 澄子
白鷺や植田あらして飛び去りぬ きよえ
句碑の裏ともしび色の実梅落つ なつき
浜っ子ら目指す遠泳烏帽子岩 智恵子
白き花びしと浮き立つ山ぼうし 千鶴
朝曇やもめとなりし母の床 むべ
お喋り中の小学生や立葵 こすもす
梅雨夕焼真っ赤に田水染めあげて 千鶴
主無き菜園見るや草茂る みきえ
黒南風や街路樹を刈るチェンソー音 こすもす
まだ埋まる不発弾あり沖縄忌 凡士
山道を踏む足元を過ぎし蛇 豊実
散歩には傘着て歩く夏帽子 宏虎
色鯉の寄りて井戸端会議めく せいじ
はぐれ鴨らし神池をとゆき斯く みのる
青空に綿雲白し梅雨晴間 きよえ
梅雨晴や見守り隊へ感謝状 満天
梔子の並木の路をまっすぐに あひる
夏鴨を母娘連れねと愛でにけり たか子
カラフルや吾子も地蔵も夏合羽 もとこ
とれとれをキュウちゃん漬けにわさび漬け 明日香
筋の良き風を呼びこみ鉄風鈴 素秀
夕焼の渡り廊下に友の待つ ひのと
瀬の音の近しと釣鐘草の道 隆松
夏萩の石塔までも花の枝 ぽんこ
鳳凰と見しが白鷺堂の屋根 うつぎ
笠石の黒く濡れをる梅雨の宮 せいじ

2022年06月22日

朝の窓バサバサと発つ梅雨の鳥 そうけい
教え子の嬉しき便り枇杷届く きよえ
胡瓜切る婿は調理師婿真似て たかを
えべっさん守る練塀や南吹く たか子
涼し気な衿ぐり縮むワンピース みきえ
梅雨はげし地上に出でし地下鉄道 せいじ
風つかみ江の島沖にヨットの帆 智恵子
川原湯にひたる夕べや河鹿笛 凡士
八咫烏物見す梅雨の御殿屋根 みのる
蟻んこへお握り少しおすそわけ はく子
夏至の夜浮かれ気分でそぞろ行く かえる
もの云わぬ平和の礎沖縄忌 みきお
川床の灯りに二人連れの影 素秀
梅雨晴のマンションに雲かかりけり 満天
鯖寿司の開けば香る柿の葉や むべ
梅雨の朝二度寝目覚めは屋根鴉 そうけい
神馬舎の白馬の像に緑さす うつぎ
しんがりはチューバはたまた牛蛙 凡士
師の句碑や雫垂らせり梅雨の傘 なつき
口開く妊婦の埴輪春の雷 みきお
昨夜雨に黄ばむ梅の実落ちにけり みきえ
代田鏡山も我が家も映り込み 千鶴
所在なく軒に主待つ梅雨の犬 素秀
下校時のカラフル雨傘梅雨最中 こすもす
釣り人の浜に数多や梅雨晴れ間 智恵子
紫陽花の大毬に触れ下校の子 満天
句碑に落つ実梅一つを持ち帰る なつき
落とすなと言はれてすぐに西瓜落ち あひる
流し目のままに扇を閉ぢにけり ひのと
老鶯の声渡るなり谷の道 隆松
玉砂利をうがつ雨だれ梅雨深し せいじ
本当の暑さにききし漢方薬 宏虎
神池へ秀枝を翳す緑樹かな みのる
祖母残す塩吹き梅や厨の隅 ふさこ
雨催い折り畳み傘役に立ち 宏虎
植ゑつぎや素足に泥の生温し 千鶴
鰹木に白鷺宮を睥睨す ぽんこ
黒南風や歩道橋行く下校の子 こすもす
泳ぐごと風通ふたび金魚草 きよえ
脱ぎ置いて波のやうなる藍浴衣 ひのと
葦の根に命の声の生まれけり 豊実
曲がり癖あるいんげんに作者名 あひる
夏鴨の遊びせんとや神の池 もとこ

2022年06月21日

銚子から鯖の押し寿司届きけり 千鶴
女王蟻母にならんと羽根捨つる かえる
梅雨のレジ目玉商品客の列 みきえ
住吉社祀るマリーナ南風吹く 凡士
陸橋を渡る児童に夏の雨 みきえ
梅雨しとど珠のしずくや神馬の目 こすもす
吟行の手帳を濡らす梅の雨 ぽんこ
涼しさを見せる老松門かぶり そうけい
早風呂に灯のいらぬ夏至夕べ 素秀
この位置は伊勢に真っ直ぐ梅雨の宮 たか子
沖縄忌死のうめき声慟哭か 宏虎
書手紙を書くごと舞へり竹落葉 そうけい
銀行を一巡りして汗滂沱 せいじ
背後から香水の来て歯科検診 素秀
ペン止めて雨垂れ聴くや梅雨の夜 智恵子
種植ゑて桜桃いつか生るかしら ひのと
水槽の磯巾着は閉じたまま 豊実
釣り竿の並ぶ川土手春うらら みきお
参道を行けばなぞへに夏の萩 こすもす
地図の上に一泊分の夏衣 ひのと
老鶯や腕振り抜いてウォーキング 隆松
泳ぎ来る亀首伸ばし梅雨最中 もとこ
吹き降りに延期となりし田植えかな 千鶴
狛犬の尾のねじねじや梅雨の宮 明日香
音楽会余韻抱へて夏至の街 むべ
早苗田に点描のごと降雨かな あひる
樟大樹多きこの街若葉雨 凡士
鴨一羽誰に見せたし身づくろひ 明日香
一族の墓石大小青葉闇 澄子
磯蟹を追ふ幼子の頬まつ赤 ちい
水打って風の生まるる京町家 みきお
蝸牛角伸び尽くす雨の中 満天
盲導犬信号待ちに渡る蝶 智恵子
切り落とす枝葉も確ととまとの香 やよい
波板を打つは戯れ合ふ雀の子 せいじ
昼蛍葉つ葉の上で眠りをり ふさこ
竜宮橋灯すがごとく実梅落つ なつき
雨だれにもんどり打つや蜘蛛の糸 あひる
校門に朝顔の鉢整列す なつき
梅雨最中通勤の列傘の列 きよえ
陽あたりに鬼の名のつく百合の花 澄子
強面の巨岩も梅雨の雨に笑む みのる
沖縄忌火炎放射器むごすぎる 宏虎
神池の殊に眩しき白菖蒲 うつぎ
万緑の中なほ白き鷺立ちて 満天
涸れ川の水の濁りて梅雨最中 きよえ
雨垂れの簾をなせる梅雨の茶屋 みのる

2022年06月20日

裸子をカートに入れて帰りたる なつき
どことなく違う夏山母逝けば あひる
小夜更けて繭籠りなる梅雨の月 はく子
小流れの笊にぷかぷか夏野菜 智恵子
あちこちの軒の賑はふ吊り玉葱 満天
代搔きに四時間亀の這ふごとし 千鶴
甘酒を御仏と飲む夕間暮れ そうけい
市街地を群れ飛ぶ鳩や梅雨晴間 みきお
水の澄む植田の苗の整列す きよえ
梅雨空に吟行の荷のあれやこれ たか子
月見草往時のままに峠茶屋 澄子
みずすまし水面に映る雲滑走 満天
扇風機半年振りに首振りぬ みきえ
万緑の信貴山の寺堂涼し 明日香
表札のはずれて久し花梔子 むべ
黄昏の鳥の塒へ急ぎけり 宏虎
五月雨や少しくすめる絵馬の寅 凡士
献木の溢れる緑奥の院 明日香
けふひとつ咲きひとつ落つ夏椿 澄子
真夏日や何処行くにもペット水 みきえ
梔子の香の不織布をすり抜けて せいじ
ででむしや荷を下ろしても良いのかな もとこ
入梅やお天道様にヴェールかな かえる
寺裏は夏こすもすの休耕田 なつき
橋脚に芥からまる出水かな 宏虎
鷺飛来水澄む植田濁しけり きよえ
人集う粗大ごみの日夏盛ん たかを
やすらぎといふボタン押す扇風機 あひる
夏の夜や犬駆け巡る爺の家 たかを
麓から青田広がる海辺まで みきお
ぶんぶんの羽音に逃げる園児たち 智恵子
相席の指定席券風薫る こすもす
名取みな菊の字を持つ夏座敷 ひのと
再会すコロナと梅雨の休む時下 せいじ
寝化粧の鏡に夜蛾のとりつきし 素秀
単線の故の停車や合歓の花 こすもす
どくだみの煎じて祖母の茶となりぬ ふさこ
石風呂の意外な深さ夏落ち葉 たか子
ありなしの風に舞ひつつ竹落葉 ちい
張り替へて風瑞々し網戸かな 凡士
炎昼の工事女性の声高し そうけい
枇杷の実を籠に積み上げ小判色 素秀
自家菜園これが限界でかい茄子 豊実
船の名で呼び合ふ鰹漁師かな ひのと

2022年06月19日

梅雨晴間ドローン撮影待ったなし きよえ
カヌレてふ菓子をふたりで梅雨の街 せいじ
ありがたき昨夜の雨や草をひく こすもす
揺り椅子の軋みて父の日の書斎 ひのと
釣り船を呑み込むほどの土用波 みきお
権現山樹林に通ふ風涼し ちい
いにしへは了以の邸や鱧料理 凡士
生まれ出て日本産なり燕の子 宏虎
著莪繁る温泉駅は谷の底 あひる
父の日や子はそれぞれの道歩む もとこ
ぶんぶんの体当たり受く夜道かな みきお
一山の霞む寺寺梅雨兆す ふさこ
初夏の尾瀬池塘に水の溢れをり 千鶴
朝曇通勤シャツの襟緩め かえる
狭庭来て鳥語あまたや梅雨晴間 満天
四葩触れスイッチバック湖へ下る 智恵子
梅雨晴れ間軽トラ並ぶ寺の市 なつき
梅雨晴れや反対車線混みにけり みきえ
梅雨寒に舌打ちのごと家鳴りぬ 素秀
梅雨最中星なき夜の月の暈 智恵子
禅林寺傘の列なす桜桃忌 むべ
環濠の今は遺構や半夏生 うつぎ
翡翠の水平飛行矢のごとし 豊実
一枚は早や萍の田となりぬ せいじ
揚羽来てぱつと消ゆるは手品ごと 明日香
子燕のことも日誌に駐在所 凡士
鰐口のこゑくぐもりて夏霞 素秀
寝転ぶや海の高さのハンモック ひのと
寄進なる吉野門とや梅雨の錆び たか子
父の日の受話器に声を張り上げて あひる
夏至の日の有効利用庭手入れ 宏虎
梅雨暗し山稜被ふ山雲や きよえ
父の日の電話転職伝へけり なつき
地蔵巡り水分補給の白日傘 こすもす
短パンにショートカットや夏に入る 満天
俯いて山の気を吸う釣鐘草 たか子
袋掛け上や下向き三時間 みきえ
落ちている揚羽をそつと鉢の上に 明日香

2022年06月18日

網焼きの空豆ブツブツ独り言 智恵子
あぢさゐの白極まりて百か日 うつぎ
師範より緑の字もらふ梅雨入かな ひのと
万緑や朱の鳥居に迎へらる みきえ
蜜蜂の脚にまあるき花粉玉 むべ
公園の四阿ふたつ万緑裡 満天
電線をぽたり雨粒梅雨夕焼 なつき
天辺の花地震に散り百日紅 素秀
手作りの扇子の文字の万葉歌 きよえ
田水張る順番めぐり話合ひ 千鶴
黒雲をオレンジに染め梅雨の月 こすもす
梅雨寒の夕餉や碗をひとすすり かえる
青葉風寝言に目覚む犬の顔 智恵子
独り居の気楽さ享受かたつむり もとこ
代搔きや今年の苗は短かかり 千鶴
黒南風やポスターのなき掲示板 せいじ
間違いて鰹掛かり右往左往 宏虎
娘の古着吾にぴったり更衣 あひる
滴りし山通り抜け彼方へと みきえ
実梅捥ぐ二の腕眩し朝の庭 みきお
梵鐘は茅葺き屋根や空青し ぽんこ
開店の日傘開閉忙しけり そうけい
蜜豆の匙で薬を溶きにけり ひのと
一面に緑綾なすキトラ墳 明日香
糸蜻蛉透き通る羽風揺らし ふさこ
水足してまた少し飲む砂糖水 素秀
トマトひとつ減りをり烏の狼藉 こすもす
謎を秘め古墳公園梅雨に入る 宏虎
夕の駅荷を持つ帰路の青葉風 そうけい
梅雨湿り値引き広告妻燃える たかを
通り雨夏帽胸に抱へる子 きよえ
川床の水音に会話かき消され あひる
小綬鶏の跳ねて横切るフェアウェイを 豊実
差し招く蛍袋や渡り廊 せいじ
逆上がり夕焼の空をひと巡り 凡士
町中の植田の余白夕明かり 満天
古書店に蜘蛛の巣能の和綴本 凡士
田舎道横切る毛虫刹那生く みきお
花の名を調べつつゆく園薄暑 なつき
結び葉や彼方に聳ゆ二上山 明日香
上水の水面穏しき桜桃忌 澄子

2022年06月17日

桟橋はどちらですかと白日傘 ひのと
ほうたるの消えて魑魅の闇深し うつぎ
塔頭の樟大樹や苔の花 ぽんこ
短夜の夜半の地震に目覚めけり 千鶴
飲むゼリー握りつぶして飲み干せり なつき
夏の朝古刹の鐘の滲み入りぬ かえる
ぴかぴかの選挙ポスター街薄暑 せいじ
釣りに来て帰り造りの美味きこと 宏虎
フランスの田舎料理や夏野菜 こすもす
花合歓や遺跡に古代人の夢 素秀
ストローをタピオカのぼるカフェの夏 あひる
山若葉丹波一国風の旅 凡士
恥じらひて試着鏡の夏帽子 あひる
風鈴の快ひ音やかくれ茶屋 きよえ
漂流記胸に抱へて籐寝椅子 素秀
角曲るたび色とりどりの濃紫陽花 満天
夏つばめ柱状節理の洞の中 凡士
吊り橋の板から見ゆる夏の川 宏虎
睡蓮の余白の水面鯉の口 満天
葬列の続く畦道夏の雲 みきお
青柿の枝支へをる太き杭 みきえ
茅葺きの鐘楼古色青あらし たか子
ぎぼうしの蕾守るか若葉蜘蛛 むべ
サルビアの一叢枯れし花時計 なつき
蝶の道水撒く庭に寄り道す 智恵子
西向かふ車窓真っ赤に夏夕焼 みきえ
家並を逆さに宿し植田澄む せいじ
薫風や葉のおしゃべりす里の道 きよえ
境内に風のみちあり夏木立 澄子
炊飯器でフランス料理ラタトゥイユ こすもす
待機中祭り提灯京の辻 もとこ
葉隠れに首かしげゐる未草 せつ子
良縁を祈り見守る恋蛍 智恵子
沙羅の花この世と別れ落花せり ふさこ
水田の鏡に遊ぶ朝燕 豊実
青葉闇電球ひとつ点しけり 澄子
ぴん札をはぢく指先涼しかり ひのと
朝刊の湿る手ざわり半夏生 みきお
明日香路の水落ち遺跡月見草 明日香
太鼓打つ蒸気と化して汗昇る たか子
友来る茹でた竹の子そつと置く たかを

2022年06月16日

一揆寺の濠に十薬またたけり なつき
ブラインド開くや車窓に植田かな みきえ
ATM用事済ませる梅雨晴間 満天
素十句に学ぶ写生や夏木立 せいじ
練習中の屋根全開や青葉風 こすもす
天気図を見つつ段取り田植え前 千鶴
葉隠れにほつりほつりと山蛍 澄子
夕風を招く厨の涼しさよ ひのと
次々と白波寄せる夏の浜 みきお
葛畳線路のフェンス上り詰め 明日香
乱れ打つ気迫の太鼓夏舞台 たか子
転げ落つ生首のごと沙羅双樹 かえる
白糸の滝めき落つる梅雨滂沱 智恵子
枇杷たわわいま潮風の桜島 小袖
女湯の妻を待ちをり百日紅 ひのと
銀紙の鶴の眩しき梅雨晴間 素秀
睡蓮の水面あちこち花開く きよえ
青葉陰心の財を説く石碑 もとこ
鳥語降る梅雨の晴間の朝まだき せいじ
蜘蛛の囲に真珠連なる雨上がり むべ
蝸牛葉裏に隠れ角隠す ふさこ
甘酢漬けほのと紅さす新生姜 ぽんこ
青紫蘇を刻みキッチン香にあふれ 満天
通勤の窓の隙間や梅雨湿り 豊実
枝伸ばし道半ば占む柿若葉 みきえ
草刈ればなほ広々と遺跡の野 あひる
呑み干せりアルミカップの岩清水 みきお
ドームへと紫陽花ロード走りけり こすもす
夕立来て身代はり申と軒の下 凡士
梅雨の蝶ヒラヒラ舞ひて何処辺や きよえ
万の甕黒酢を醸す大南風 凡士
一揆寺地平より吹く麦の風 なつき
母と見し瀬戸の夕べや麦の秋 小袖
小流れに追われる方向目高同じ 宏虎
雨しとど地下の街行く夏帽子 たかを
鮎釣りの膝が腰まで移動せり 宏虎
漏刻や水からくりの歴史見る 明日香
ばら苑に隣る芍薬いずれ艶 はく子
どくだみの香る真中に草刈女 あひる
店頭の夏靴弄る店主かな たかを
短夜の寝覚めの畳匂ひけり うつぎ
隠沼に生ひて明かるし花あさざ 智恵子
屋根けぶるほど雲低き梅雨の闇 素秀
北山の青紅葉添へ京料理 たか子

2022年06月15日

通り過ぎ匂ひに戻る鰻丼屋 凡士
恐竜館出でれば森の梅雨霞 智恵子
一つ家の部屋にそれぞれ夏灯 ひのと
夏大根ぴりりと美味し朝餉かな 宏虎
夏蛙眠れぬほどの大合唱 むべ
ザクザクと刻む薬味や初夏香気 智恵子
まいまいや貝にみるみるなりすまし かえる
日時計は石へ還りぬ五月闇 ひのと
寺石のくぼみそれぞれ苔茂る 明日香
梅雨の朝そうじ当番小止み待ち みきえ
夏草のポール打たれし更地かな せつ子
立葵天へ一途に咲き登る 満天
風呂上がり蛍を追ひし幼なき日 みきお
梅雨烏樹下の餌食べ歩き居る そうけい
沢蟹の入水するかの如く落ち 素秀
青空に漂う風や合歓の花 豊実
野のあざみおしゃれに挿され厨窓 あひる
玉葱を軒下へ吊る昔から 宏虎
ゴム長の足跡埋めて蝌蚪の群れ なつき
松葉菊勾配早き男坂 ぽんこ
睨み合うて相怯えたり蛇と犬 うつぎ
わが町を侵略せしは濃紫陽花 せいじ
梅雨曇り傘で遊んで下校の子 きよえ
隣家の屋根越し梅雨の満月よ こすもす
茂り葉に深く埋もれし石灯籠 もとこ
さざなみの音を聞きつつ夏料理 みきお
御廟所の筋塀の外実梅落つ なつき
くちなしを籬としたる番屋跡 せいじ
遠近と蚯蚓咥へて忙し鳥 みきえ
禅寺や多重の塔の影涼し 明日香
梅雨晴れに装い迷ふバス旅行 ふさこ
ハンカチの湿り折り替へ山路ゆく 千鶴
宵宮の神を降ろさむ笛静か 素秀
遺構なる血天井とや青嵐 たか子
清らかに沙羅咲く渓を渡りけり あひる
揺るぎなき悟りの窓に薄暑光 たか子
跳ねまはる子らせせらぎに糸とんぼ 凡士
浜茶屋は組立中や夏帽子 こすもす
息止めてクレッシェンドの梅雨を聴く そうけい
頂きし玉葱軒に吊るしをり。 きよえ
行々子小橋の左右の葦間より はく子
梅雨入や四方の山々模糊として 満天

2022年06月14日

門入りて子らの朝顔鉢並ぶ なつき
青梅の色づくやうな恋ごころ 素秀
五月雨や和本を綴る絹の糸 ひのと
曇天を素知らぬ体の紫陽花や たかを
戸を放ち四方八方若葉風 明日香
鳴き龍の声木霊して夏の風 あられ
さくらんぼ硝子器に盛りしばし眺め 満天
車道の夜揺れて色ある濃紫陽花 そうけい
余り苗隅に放られ二、三束 たか子
犬友に朝顔の種お裾分け かえる
梅雨寒に暖とり合ふて人と猫 澄子
群れを解く海猫のゆくへや島青し ひのと
萍の池畔子の居て不思議そう 宏虎
夏蝶の縺れ合ひたる荒野かな あひる
小さき根苔むす木々に蔓延りて ふさこ
薫風や千の地蔵のよだれ掛け たか子
処方箋貰ひて帰る梅雨の月 うつぎ
楽奏づごと大地打つ梅雨入雨 みきえ
連れ立ちて行けば明るし青時雨 あひる
梅林の間に間に脚立梅捥ぎぬ 智恵子
三杯酢添へて夕餉に鯵を焼く みきえ
レインマン見た日の午後や梅雨に入る こすもす
ルビーめきてしばし眺めしさくらんぼ 満天
荒梅雨やバスの中まで雨模様 凡士
日本海波が波押す皐月波 みきお
白花の皆錆びやすし薄暑光 はく子
あぢさゐや花瓶に変はる今朝の色 素秀
昨日見えて今夜は見えぬ梅雨の月 こすもす
議事録を仕上ぐるによき梅雨入かな せいじ
苗箱に蛙つぎつぎ梅雨入かな 千鶴
万緑の中の名刹源光庵 ぽんこ
えぐられし山肌癒えて若葉風 みきお
雨の中純白光るアナベルや きよえ
山寺へ一本道を青葉染む もとこ
禅寺の木立を抜ける夏の風 あられ
入梅や雲厚く風温かし 宏虎
移植せし苗に水浸む薄暑かな 豊実
雨被る樹樹の緑の色の増す きよえ
予定日が梅雨入となりし山歩き せいじ
山寺や下闇続くラビリンス 明日香
衣かへて尻ポケットに鍵の束 なつき
アナベルの頭を垂れる梅雨入かな むべ
金剛杖かくも短し夏遍路 智恵子
京町屋一輪挿しに四葩かな 凡士
舞ひ昇り木立のともしび蛍沢 せつ子

2022年06月13日

ほうたるの恋を邪魔せり月明り うつぎ
袋掛けされずに残る青林檎 あひる
梅雨風に背伸びしてみる思い切り たかを
曲がるたび山法師咲くニュータウン あひる
紫蘭咲く瀬戸の浜辺のそよそよと きよえ
枝支ふ杭持て行きし袋掛け みきえ
枕辺に絵本伏せおく天花粉 ひのと
万緑のホールインワンにもろ手あげ 満天
梅雨寒やついに掃除機動かざる 千鶴
みどり児の臀部さながら実梅熟る せいじ
禅寺の苔むす杉や幾世なり ふさこ
せせらぎに被る大樹や夕蛍 豊実
軽トラに満載収穫のキャベツ こすもす
楓寺恨跡しるき血天井 ぽんこ
走り来て汗も香となる吾子笑顔 素秀
真つ白なアマリリス置く堂の前 明日香
桐の花うすむらさきは雲の中 満天



次のページ