投句控 :500句/1頁

次のページ
2019年11月18日
家苞は赤こんにゃくや紅葉寺 やよい
色褪せて退院を待つ冬帽子 うつぎ
静やかに落葉掻きをる人士かな せいじ
車窓に揺れるコスモス線路脇 たかを
尉鶲紋付見せて庭の幸 明日香
黄昏て白く揺れをり薄原 こすもす
京菜畑冷たし土間の仕込み樽 みづき
万歳の樹形のままに霧氷かな 素秀
狛犬の睨みの効きし神の留守 宏虎
秋野菜果物までも隣から 明日香
アンネ像囲みて満開冬薔薇 こすもす
柴垣の径は迷路や竹落葉 みのる
鉢並ぶ廊下は狭し冬構 愛正
匂ひ濃し明日は解かるる菊人形 なつき
照紅葉池に寺の名水鏡 やよい
似た背中屋台に並び冬日没る 素秀
寒波来て夕べに届く訃報かな 三刀
修行僧小走りに過ぐ紅葉坂 みのる
目の疲れ冬菜の色に癒やされり 宏虎
つくばいに沈む紅葉の金魚めく 智恵子
登り窯落ち葉の小径煙立つ 智恵子
多宝塔庭の要に冬紅葉 ぽんこ
欅通り銀杏通りと落葉踏む 菜々
銀杏散る真っ只中に校訓碑 菜々
水鳥や藤蔓に失し水輪成す そうけい
旅に出てベンチに二人冬日和 たかを
冬菊の色とりどりを地蔵尊へ 満天
おしゃべりの上手き少女や毛糸編む みづき
神の池遠き太鼓に浮寝鳥 そうけい
夕時雨まめ電球の光る店 小袖
掃き清められし畝間や冬菜畑 せいじ
茶の花のこぼるる夕べ尼の寺 なつき
引つ付いていびつに丸に芋の露 はく子
冬うららリハビリ終へて足軽ろし 満天
2019年11月17日
小春日や駄菓子屋前の子供たち 満天
子等選ぶ紅葉の手作り栞かな こすもす
雑炊に散らして京の冬菜かな たか子
図書館の手作り栞落葉入り こすもす
あちこちで席を譲られ老の秋 たかを
絨毯や黄葉を敷き詰め銀杏散る 宏虎
古民家の宿の囲炉裏に揺れる影 素秀
泳ぐ鵜の天翔るやに水澄みぬ みのる
住職を囲む村の子落葉焚 智恵子
霧吹きに首をもたげる室の花 素秀
夕焼けに今なほ燃ゆる冬紅葉 満天
近江路や四度真向ふ冬の虹 やよい
山肌に堆く積む落葉衣 ぽんこ
雨しとどうすばかげらふひと震へ せいじ
額の画も入れ替え我家の冬支度 菜々
熊手掻く人来ぬ路地の濡れ落ち葉 愛正
カーテンの隙間ぽつかり望の月 せいじ
磊々峡日矢のちらつく冬紅葉 ぽんこ
色づかぬ木々の燃え立つ冬夕焼 なつき
花魁は白嵯峨菊の帯垂らし なつき
七五三絵馬に書きたる夢数多 みづき
ダイヤ婚望まれてゐる木の葉髪 宏虎
取り忘れゴーヤを籠へ三つあり 明日香
冬の蛾が満員電車入りて出る たかを
渓谷を次々飛び出づ雪蛍 智恵子
参道に農家自慢の秋の味 やよい
枝折戸に嵯峨菊立てて庵せり みのる
先代の植えし山茶花紅ゆかし 菜々
冬晴れや鳥語ふるふるあちこちに 明日香
刃を入るる紅玉酸ひに武者震ひ そうけい
古写真整理進まぬ秋灯下 はく子
老木の枝間は広ろし木の葉髪 愛正
街路樹の銀杏色づき街寂びし 三刀
シリウスにゆづらぬ光ありにけり みづき
2019年11月16日
色づきし柚子浴槽に浮き沈み 三刀
目力の三英傑や菊薫る なつき
不揃ひの柚子の大盛り買ひもして はく子
晩学の友は若人花八手 小袖
散紅葉踏みつ百磴雨の寺 やよい
砂の鳴く音も冷たし浜散歩 素秀
鶺鴒の弧をつなぎつつ嵐山へ みのる
正直は人に一番木の葉髪 宏虎
遠目にもつゆ紛れなき石蕗の花 せいじ
扁額の字の判らぬや神の留守 宏虎
一穢なき御座所の庭の冬紅葉 うつぎ
被災地を想い林檎を煮詰めたり たか子
花蕎麦や畝畝渡る風白し 隆松
日射し受け川面鮮やか散紅葉 満天
柄短し杜に隠るる冬北斗 愛正
御朱印の列に並ぶや神の留守 こすもす
北風に吹かれ逃げるや打たせの湯 素秀
参道の曲がりばななる石蕗五燭 せいじ
宅急便みかんにお米母の愛 智恵子
路地裏を通り過ぎるや虎落笛 愛正
近江路や旅人思ふ初時雨 もとこ
庭に咲く冬菊も足し今朝の供花 菜々
冬耕や畦に青々仏の座 たかを
円描きて大鷹去につ冬の里 たかを
冬ぬくし今日はやさしげ父母の墓 菜々
穭田を囲む山々浅黄色 ぽんこ
友の杖借りて引き寄す烏瓜 やよい
日表と否との遅速紅葉山 みのる
菊まつり地蔵に小菊あふれさす なつき
姿見のにこっと笑ふ七五三 ぽんこ
江ノ電や巡る紅葉と古刹かな 智恵子
気がつけば柊の花満開に こすもす
冬帽子目深に大手ウオーキング 満天
神留守の賽銭箱に合せ錠 うつぎ
2019年11月15日
無言の児みつむ青めく冬花火 なつき
落柿舎の次庵に句座や庭千草 みのる
島辿れば波のみ応ふ神の旅 そうけい
紅葉亭沓脱ぎ石に竹の下駄 みのる
通り雨銀杏大樹に雨宿り 智恵子
短日のホームに滑り込む電車 せいじ
花八手ガラスに店子募集札 素秀
どうだん紅葉座敷の間口いつぱいに こすもす
歌仙絵の伏し目にまみゆ冬館 小袖
一穢なき冬晴れ鬱を吹き飛ばす 明日香
地蔵堂へ翳す数多の冬紅葉 満天
航空灯光増したる冬昴 愛正
寺庇松のお庭に鵙高音 ぽんこ
駆け降る山の尾根尾根紅葉かな たかを
鎮もれる神苑石蕗の花明り やよい
脚立の上つがいの鳩の日向ぼこ 明日香
縁小春なぞなぞあそび切りもなや 菜々
刈束ねる小菊のスケッチ悩みけり そうけい
深秋の湿りを帯びしひのき苔 たか子
小菊にも姫の銘あり菊花展 うつぎ
澄ましたりお茶目な写真七五三 宏虎
落葉掃くたびに陽だまり生まれけり 更紗
新蕎麦の香に誘はるる昼休み 更紗
藁屋根の苔の月日に冬日差す たか子
座敷超しのどうだん紅葉絵画めく こすもす
蜜柑畑に添ひし参道里の宮 やよい
時雨止む殊に真白き千切れ雲 せいじ
朝寒や力を借りる暖房具 三刀
川辺りに弾むおしゃべり芋洗い 智恵子
三時にはからだほつこり生姜湯を 満天
寒風や予防接種に安堵せる なつき
虎落笛竹林囲む庄屋跡 愛正
廃屋の屋根の樋まで嵩落葉 宏虎
櫟の実神域に落つ女坂 ぽんこ
六畳の句座に小春の日差しかな 素秀
診察台冷ゆる痩身横たへて 菜々
芭蕉忌や近江の旅は雨後晴 もとこ
歌仙絵の流転を思ふ冬灯 うつぎ
2019年11月14日
稜線の黒際立てり冬夕焼 素秀
鳥渡り真下さざなみ淡海かな もとこ
冷え込みに彩なす紅葉京御寺 小袖
温め酒昭和の話し盛り上り こすもす
林檎風呂ひなびた宿のおもてなし 智恵子
幼駆くアンテナの立つ毛糸帽 なつき
城下町テントの中の走り蕎麦 こすもす
千枚田囲む電飾冬の景 智恵子
干し柿を吊す真白き荷物紐 素秀
遠山に風車の光る時雨かな うつぎ
医通ひと買ひ物終えし日の短 満天
中天に満ちて孤高や冬の月 菜々
夕時雨飛び入る鳥の鎮守森 愛正
緑青の灯篭抱え冬もみぢ ぽんこ
かさかさと色の混じりて落葉掃く 宏虎
嵐去り冬月更に輝けり 明日香
渡月橋半ばに水の秋惜しむ みのる
昼下り紅葉を散らす風来る 三刀
お手水の結界石や水涸るる たか子
一片の雲さえ寄せず冬満月 菜々
無農薬の葉付き大根瑞瑞し 満天
街中の枯葉を襲う冬嵐 たかを
大根洗ふ白き肌見せ日干しせり 宏虎
車夫の指す右手に錦の小倉山 みのる
ベランダの紫煙をさらす寒昴 愛正
誕生日メールちりんと冬ぬくし なつき
多宝塔相輪まぶしき小六月 ぽんこ
収穫祭お団子供へ祝ひけり 明日香
2019年11月13日
裏庭の陽も当たらぬに花八手 宏虎
富士裾野風穴抜ける虎落笛 智恵子
枯野道去来の墓へ道しるべ みのる
夫手塩粒揃いなり柿簾 もとこ
丁寧な言葉遣ひや冬館 明日香
荒地野の踏み分けめぐる秋の草 ぽんこ
試運転やチェック念入りラッセル車 こすもす
尺ほどの去来の墓に敷く紅葉 智恵子
日と風に縮む切干ベランダに はく子
七五三羽織袴でスニーカー たか子
青空に白き昼月小六月 満天
風邪の嬰抱きて息の熱さかな なつき
穭田に影くっきりと大鳥居 やよい
鰯雲侍らせ冬の満ちた月 たかを
紅葉冷誘惑に負け団子屋へ みのる
もぎ終えし果樹の剪定小六月 三刀
風寒し縁切り絵馬のカタと鳴り 素秀
彩雲に滲む西空秋深し 小袖
日に風に切干甘く仕上がりぬ はく子
冬めくや障子揺るがす風の音 愛正
菊香る地蔵を拝す散歩道 やよい
干し物の冬日とともにたたみけり 満天
同郷の人と道連れ京小春 菜々
子の遊び声久方に聞く冬日和 宏虎
桃割れの鹿の子の見栄え七五三 ぽんこ
夕鴨の戻りて杭に膨らめり なつき
冬波に翻弄されし灯浮標 素秀
消雪装置の点検工事街小春 こすもす
立冬に訪ねし墓苑廃れたる たか子
過ぎりつつ伸びする猫や庭小春 菜々
歌碑説明黄蝶聞き来る冬明日香 明日香
枝葉の音日ごと里山冬めきぬ 愛正
2019年11月12日
鴨のまだ来ていぬ池や亀の首 やよい
秋惜しむ竹の葉づれの音にさへ 菜々
低くとももう真ん丸の月冴える こすもす
ほどほどの手入れゆかしき庵小春 たか子
遠く来て明かり障子へ集う句座 たか子
そそぐ日の瑞々しさや竹の春 みのる
烏瓜茶室への路明るくす 明日香
校庭に村人総出芋煮会 智恵子
冬晴れの鋏の音の軽やかに 満天
両親に挟まれ拝む七五三 宏虎
フレームのガラスに透ける星座かな 素秀
木の実降る学校裏の巡査の碑 なつき
鳩の群飛び立つ木の葉時雨かな たかを
一条の雲ながながと小六月 やよい
込み合いて正倉院展冬ぬくし 明日香
参道の濡るるに早き夕時雨 愛正
初冬や飛び石踏みて賀茂川へ もとこ
木の葉寄る暗きベンチの停留所 素秀
薄雲に冬の満月漂へり はく子
湖広し沖合遥か鴨の陣 せいじ
編み笠に夕日射しこむ秋遍路 ぽんこ
身震いをしつつも見入る冬の月 こすもす
友寄りて古稀相祝ふ湖小春 せいじ
冬夕焼クレーンあちこち伸びしまま 満天
病院の受付飾る黃菊かな 三刀
丹前を羽織り渡り湯朝の湯気 智恵子
御手洗の唐草の彫もみづれる ぽんこ
寄席小春贔屓師匠の名調子 菜々
売地札さらに大きく荒地かな たかを
嵯峨小径絵図を頼みに紅葉狩 みのる
犬小屋の目張り作業の小春かな 愛正
白鷺の細き影立つ鴨の池 なつき
七五三今日は主役や吾が天下 宏虎
2019年11月11日
奥入瀬の磊磊の渓紅葉散る 宏虎
綿菓子を買ひて小春の人の中 みづき
お迎へに泣き出す園児暮早し 素秀
祇王寺の苔に触れもし秋惜む みのる
丹精の苔庭照らす冬日差 明日香
散紅葉しとねに祇王祇女の墓 みのる
石蕗の黄や社務所建て替へ予定とや やよい
遊歩道暮るる夕映へ散紅葉 ぽんこ
新築の被ひ外すや後の月 そうけい
天高し即位パレード旗の波 満天
暮れはやし今日一日を振り返る 三刀
添ひ寝して昼よく眠る風邪の嬰 なつき
小春日や行き合ふ人の皆笑顔 菜々
蓑と傘冬日を含み庵守る たか子
姿なく囀り激し大欅 たかを
冬凪や航跡長し播磨灘 素秀
城下町の役者のお練り秋惜しむ こすもす
鳩集ひ枯木にぎあふ桂川 もとこ
薄叢夕映え透かし煌めけり 明日香
冬めくや門扉開くるに指二本 愛正
冬ざれや電柱を鼓す野路の棕櫚 そうけい
小春日や靴を並べし縁の先 愛正
時雨る るや番小屋暗き灯の点り みづき
人垣に即位パレード黄葉晴れ 智恵子
落柿舎に幾種や秋の名残り花 たか子
採りくれし零余子一人の飯に炊く はく子
時雨るると晴るるとひと日めまぐるし はく子
大名行列の槍振り天高し こすもす
痩せ土の狭庭に父の冬菜畑 なつき
エレベーター冬の空気を降ろしけり 宏虎
老い二人赤いリュックに紅葉狩り 菜々
野地蔵の屋根を設へ菊の供華 ぽんこ
「百点を取りたい」と絵馬七五三 やよい
お揃ひの手編みマフラー犬散歩 智恵子
湖のわんどにひそむ鴨の陣 せいじ
冬籠り気まぐれ天気に落ち着けず 満天
穭田が近江平野を席捲す せいじ
2019年11月10日
冬夕陽背向け鍬振る農夫かな たかを
渦見舟より見る瀬戸は堰のごと せいじ
大人びて着物で笑顔七五三 満天
電飾の瞬く並木冬に入る 智恵子
茶の匂ひ宇治参道の紅葉晴 小袖
流し目の時価の張り紙土瓶蒸 宏虎
おらが古都態度大きい鹿憩ふ 宏虎
立冬の浅黄の山に雲の影 ぽんこ
盛上るふるさとまつり豊の秋 こすもす
落柿舎の錆壁ゆかし小六月 うつぎ
日本晴の祝賀御列さはやかに やよい
今落つるベランダ上のたわむ柿 そうけい
残り鷺狭池一周森に消ゆ そうけい
火山湖の深き青さや神渡し 素秀
角隠し渡る廊下に照紅葉 智恵子
三兄妹ボーダーシャツの園小春 なつき
柿熟るる落柿舎の空一碧に 菜々
非常食の提供訓練小六月 こすもす
冬めきぬ遠望ききし雑木道 愛正
天蓋の桜の冬芽しつかりと 明日香
遊歩道散華のごとし銀杏散る 満天
錦繍やまことまどかに小倉山 みのる
木の葉髪傘寿に終わるクラス会 はく子
鍋底に箸を遊ばせ零余子炒る よう子
古民家に椅子並め小春の落語会 はく子
嵯峨野路屋台湯気立て冬隣 もとこ
チエーホフの短編閉じし夜半の冬 みづき
昼下リ一番太き大根引く 三刀
せせらぎのお喋りはづむ小春かな 明日香
河川敷我が物顔の泡立草 ぽんこ
ソプラノの歌声聞こゆ北の風 たかを
吉野窓見逃がす迂闊秋惜しむ たか子
下校児を走り出させる夕時雨 みづき
寒風を和らげ下ろす小倉山 たか子
陶窯のけむり流るる里の秋 愛正
小走りに来ては啄む石叩き やよい
苔庭の安し且つ散る紅葉また みのる
祇王祇女の小さき墓へ木の葉散る 菜々
船団を成すごと渦見舟あまた せいじ
蘆葺きに紅葉の影の縞模様 素秀
2019年11月09日
青女踏み足跡残る石畳 素秀
秋日和ものみな緩ぶターミナル そうけい
溝蕎麦や売地なる田をはみ出して こすもす
小春日の満艦飾に柔道着 宏虎
嵐峡の秋を惜しめと片しぐれ みのる
古民家のカフェは盛況小春の日 こすもす
冬温し牛丼並盛大き窓 たかを
小六月埴輪と土偶を凝視せり 宏虎
落柿舎へ蝶も舞ひ来て冬あたたか 菜々
冬に入り言葉少なにすれちがふ 満天
ショベルカー秋日とすくう被災の砂 そうけい
祀らるる祇王妓女らの木の葉雨 ぽんこ
水中の渦見は妻の希望にて せいじ
小春日やビルを鏡にダンスの子 うつぎ
人盛りの催事場りんご詰め放題 やよい
お泊まりの子がお代わりす藷ご飯 なつき
木の葉髪スマホの扱い少し慣れ はく子
古屏風俳諧歌留多散らしけり みのる
軋む音誘われ冬の公園へ たかを
吐く息の白きに驚く今朝の庭 智恵子
ようこそと題す法話や冬に入る 三刀
冬に入り夕日一気に沈みけり 満天
画板下げ先生も描く冬の薔薇 智恵子
結界はひともとの竹嵯峨野道 たか子
数多なる茶の実はじける茶祖の寺 なつき
冬鳥の水皺くゞる桂川 もとこ
住職の絵解き説法小春かな やよい
宇治川の流れは速し秋の暮 小袖
あの港この港にも渦見舟 せいじ
柿主の想ひを秘めて実のたわわ たか子
ほととぎす嵯峨の小径の道標 ぽんこ
白さざんか去来墓への道のべに 菜々
冬の水手から零れる青い池 素秀
2019年11月08日
登り窯けむりは白く秋高し 愛正
施設の友訪へば繰り言秋うらら やよい
三年坂下駄の音聴く小夜時雨 みづき
小春日の庭へ全開吉野窓 みのる
今朝の冬鍋に牛乳吹きこぼる なつき
目鼻なき石仏並び石蕗の花 宏虎
詩仙堂狭きお庭の冬桜 智恵子
レジを打つちぢかんだ手や冬に入る こすもす
祇王寺の尼前訪ふかに嵯峨菊は うつぎ
石塊も仏や供花の寒蕨 うつぎ
冬菜売りレジを打つ手のちぢかみぬ こすもす
通勤の皆膨れけり今朝の冬 もとこ
立冬や迷ひ迷うて着る服を 満天
長き夜視聴で動く窯火守り 愛正
染めることやめて白黒木の葉髪 はく子
剥落の秘宝の螺鈿秋深む やよい
冬に入りホットコーヒー両の手に 満天
茅葺の庭の小春に投句箱 ぽんこ
ここにまた相聞の歌碑嵯峨しぐれ みのる
浮きブイに濤を避けたる冬鴎 素秀
雨の朝ふいに急かされ冬支度 智恵子
吊橋にマスト付くかに観潮船 せいじ
立冬や淡墨色の雲の群 三刀
瀬戸内に喧嘩する潮初時雨 宏虎
退職の夫にふぐ鍋囲む会 なつき
師を慕ふ去来の想ひ庵小春 たか子
北風や歩みは止まず温き風 たかを
風冴ゆるビルの狭間に姫りんご そうけい
夢語る少女目で追ふ雪蛍 みづき
縁台に座して狭庭や暮の秋 素秀
渦潮の原理を聞きてより熱す せいじ
さがの路わらべ地蔵の小春かな 明日香
兄妹の皆老いけらし木の葉髪 はく子
鴉翔ぶ森の麓に木守柿 そうけい
2019年11月07日
玉葱の巨大アートや島小春 せいじ
秋夕焼筋の鮮やか飛行雲 ぽんこ
冬の田に古き家在りて字境 たかを
台柿を矯めつ眇めつ柿講座 小袖
秋収めもみじマークの高速道 愛正
母と子の撮影会や七五三 なつき
冬隣る四更雲間の十日月 はく子
欠礼の切手を選ぶ文化の日 素秀
千二百度重ね着脱ぎし登り窯 愛正
お茶運ぶ皹の手や民家カフェ 智恵子
バス旅行無事の帰着や秋夕焼 こすもす
すがり付く桜紅葉の空広し よう子
荒行の法螺貝吹きて時雨くる 宏虎
水底の色あざやかな落葉かな 満天
ほつこりと甲山見ゆ小春かな みのる
時雨来て嵯峨野ぼんやり墨絵めく 宏虎
ひろびろと冬の田の先赤城山 たかを
霊木に侍る寺院や木の葉散る 小袖
小春日の電車スマホ派居眠派 みのる
手拍子に踊るオウムや秋うらら やよい
着物姿バスより次次紅葉狩 こすもす
鍋の焦げ磨くも夫の厨事 なつき
長袖の下着に変える寒波かな 三刀
家苞はお鶴煎餅村芝居 せいじ
蟹解禁母とドライブ日本海 智恵子
落葉して空の青さの遊歩道 満天
五六月信楽たぬきお腹出し 菜々
中腹に田仕舞いの烟漂へり 明日香
裏木戸のぎいと音して冬に入る 菜々
装ひを早々終えて山眠る たか子
沿線の幼手を振るきりんそう やよい
歌碑説明猪のぬた場のすぐ近く 明日香
鈴の音や重き首輪のかまど猫 素秀
2019年11月06日
出囃子のテンポに揺れて秋とぼし 菜々
夕映えの一枝殊に櫨紅葉 やよい
十一月神の居ぬ間に年を取る はく子
宮水で点てる珈琲秋深し よう子
槙の木と小菊主役の仏花かな 明日香
お先にと譲り譲られ紅葉坂 智恵子
十一月欠礼はがき次次と 満天
小春日や雀遊ばせ精米所 うつぎ
炬燵出る一節歌い潔く たかを
飛び石を二歩づつ渡る石蕗の花 なつき
紅葉狩り鼾聞こへる午後のバス こすもす
時雨来て町の湯宿に灯が点る 宏虎
頸筋の脈を取りたる冷たき手 素秀
赤き実のほつほつ散らす水木かな ぽんこ
寝過ごして一駅戻る小春かな みのる
バス旅の定時出発霧深し こすもす
十一月残る暦の余白埋まる 満天
日短の子の声ひびく巡査の碑 なつき
水鳥の凛々し着水馴染み池 そうけい
煙道の漏れ火昇や夜半の秋 愛正
冬空の高きに聞こゆ鳶の笛 素秀
白き猫Kき猫来る石蕗の花 宏虎
ひたひたと冬の足音夕の鐘 うつぎ
秋うらら名水ふふむ酒の町 小袖
秋刀魚焼く煙りの中の夕の膳 愛正
結界を乗り出して愛づ賞の菊 みのる
熱おぶる義太夫語り村芝居 せいじ
人形のお鶴と撮りし村芝居 せいじ
夕霧に獣横切る旧街道 智恵子
六地蔵の胸まで埋む菊の供花 小袖
落語家の百面相や灯の親し 菜々
立ちのぼるおでんの湯気にくもる眼鏡 三刀
水やりを忘れそうなる冬隣 明日香
沿線のなぞへに戦ぐ夕芒 やよい
小六月すべり台まで縄電車 たか子
2019年11月05日
大構続く大和路柿の秋 菜々
家並に余光漂ふ冬の暮 素秀
万歳にへそ出す男の子七五三 なつき
冬隣朝刊とりに出た気温 明日香
刈る萱を納屋の天まで媼積む そうけい
DIYの夫ひとり言鵙日和 やよい
人力車客待つ古都の紅葉寺 智恵子
スーパの一声高き秋刀魚かな 愛正
造反の武将の城址もみじ濃し 小袖
陽の匂ひ干して安眠布団かな 智恵子
雀どち木の葉のごとく舞い降りぬ ぽんこ
水鳥の波紋でかき混ず緩き池 そうけい
秋冷や谷の駅舎の灯の小さし うつぎ
旧市街寺と教会秋暮るる たか子
ツアー客ばかりにあらず村芝居 せいじ
立冬や波荒れ模様日本海 宏虎
背丈まで今日の剪定秋落暉 たかを
人形は百余歳てふ村芝居 せいじ
空と名付けし猫の日向ぼこ たかを
柳散る朱雀広場をふちどりて 菜々
熊出ると有線放送聞く廚 やよい
秋耕す玉葱の苗植えんとし こすもす
海にらみ龍馬立像鷹舞へり 宏虎
秋収め寺院を巡る二人旅 愛正
冬近し予防注射に混む待合 満天
人住まぬ庭に今年も花八手 満天
秋うらら鬼貫句碑を声だして よう子
おしやべりが活力のもと日向ぼこ みのる
点滴の針の細さや冬めける 素秀
晴着の子姉さんらしき小言言ふ なつき
ストーブの顔出し休む扇風機 三刀
飴玉が舌に七転日向ぼこ みのる
秋灯し酒蔵はいまレストラン 小袖
狭庭にもあちこち向きて石蕗咲けり こすもす
2019年11月04日
黒頭巾とれば乙女や村芝居 せいじ
残照に燃えんばかりや冬もみぢ 菜々
菜の畝の鳥よけに挿す刈りし萱 そうけい
鯛焼に餡盛る腕の墨の跡 素秀
律の風和太鼓響く鎮守森 愛正
昨日より又色づきしプラタナス こすもす



次のページ