みのるの日記

日記一覧 ダイジェスト

2017年5月27日

枚方市山田池公園



枚方八景と標の立つ四阿から山田池を望む

昨日は吟行句会で念願の山田池公園を吟行しました。カメラ族の姉がこの公園で素敵な写真を撮っていたからです。

予定より少し早めに京阪京橋駅に降り立つと大勢の通勤客が道路にあふれています。寝屋川駅で人身事故があったらしい。 事故処理が終わって電車は動き始めているとのアナウンスだったけれど悪い予感がしたのでスマホで迂回ルートを検索し、東西線経由で移動することにしました。

河内磐船駅で京阪の交野線に乗り換えて枚方へ移動するつもりでしたが、ふと思い立って行き先を山田池公園で再検索すると河内磐船の二駅先の藤坂から歩けるらしい。運よく小袖、なおこ親子とも合流できたので三人で20分の道を公園まで歩きました。

何とか遅れずに行けそうだという見通しがついて安心すると汗も引いて茅花流しの風に吹かれながら農道のような裏路をおしゃべりしながらたのしく吟行できました。若い、なおちゃんと一緒だと何となく気分も若返るようでした。小袖さんごめんなさい。

せいじさん、いつも以上の気遣いでさぞかし疲れられたことと思います。ご苦労さまでした。みなさまお疲れ様でした。 枚方まできておられた明日香さんが途中で引き返えされたとあとでお聞きしてとても残念でした。

茅花みなわれに辞儀する野路愉し みのる

みのるの詠んだ作品を 近詠に載せましたので、また感想をお寄せください。

2017年5月24日

明石吟行の体験を活かす


ここ数日、毎日句会の作風の変化を感じています。 漁港、海、波止、糶などこれまでの吟行にはなかった新鮮さを感じられたからだと思いますが、人々の生活風景や動きなどにも感興が及んでいるところが素晴らしいです。出会った人たちと交わした何気ない会話からも一句が授かっています。

普段は、植物園や寺苑、山野を吟行することが多いですが、あなたは予め先入観で句材を決めていませんか? 先入観や予備知識をもとに風景や建造物などを対象に詠もうとすると得てして平凡な写生句になります。そうではなくて人々の言動や生活、小動物の営みなどありとあらゆるものに好奇心を巡らせて、それらとの一会を見つけることが大事です。要するに幼子の宝探しの感覚です。

桜、牡丹、薔薇、花菖蒲、紫陽花、蓮の花等々四季の代表的な対象物を詠む機会も多いですね。そんなときでも単なる季語の説明に終わらずにそこに集う人たちの様子や対象物の裏側に隠された宝物を探すという興味でアンテナを張っていると、新しい感覚の句材を発見できます。観念的、常識的な視点で表面的な観察をしているとそうした作品しか授かりません。

言葉を知らないから、表現力に乏しいからよい句が授からないのではなく、句を詠むための視点や興味の持ち方に工夫が足りないからではないかと僕は思うのです。今週はまた吟行句会があります。バス涼し、車窓涼し、道涼し、というような観点で心を遊ばせていると、吟行地の山田池公園に着くまでに、数句は授かるはずです。「やっぱり夏だから暑いわね」と思いつつ吟行するのは駄目ですよ。夏が暑いのはあたりまえです(^o^)

2017年5月22日

近詠をアップしました


今年は参加した全ての吟行句を発表しようと目標を立てて継続中です。内容的には駄作も多く面目ないのですが、選者としての義務、責任のようなものだと考えています。決して「お手本」という趣旨ではありませんのでご寛容ください。

2017年5月21日

山田池公園吟行考


今週金曜日の吟行句会の作戦を検討してみました。みのる自身も初めての吟行地なのでネットの情報や口コミの知識だけです。まず、せいじさんがアップしてくださっているイベント情報の案内をよく読みましょう。

9:30 京阪枚方市駅集合ということなので、まず乗換案内を調べてみました。

■光風台(大阪)     
|  能勢電鉄妙見線(山下行)   10.3km   
|  07:51-07:55[4分]
|  310円
◇山下(兵庫)     [1分待ち]
|  能勢電鉄妙見線(川西能勢口行)   ↓   前~後
|  07:56-08:13[17分]
|   ↓ 
◇川西能勢口     [2分待ち]
|  阪急宝塚線準急(阪急梅田行)   17.2km   前・中
|  08:15-08:43[28分]
|  270円
◇阪急梅田/大阪    2番線発 [12分待ち]
|  大阪環状線京橋方面   4.2km   やや後
|  08:55-09:02[7分]
|  160円
◇京橋(大阪)    4番線着 [5分待ち]
|  京阪本線特急(出町柳行)   18.8km   
|  09:07-09:20[13分]
|  330円
■枚方市

■桜井(奈良)     
|  近鉄大阪線快速急行(大阪上本町行)   38.7km   前
|  08:07-08:43[36分]
|  620円
◇鶴橋    4番線着・1番線発 [4分待ち]
|  大阪環状線京橋方面   3.5km   前方
|  08:47-08:55[8分]
|  160円
◇京橋(大阪)    3番線着 [12分待ち]
|  京阪本線特急(出町柳行)   18.8km   
|  09:07-09:20[13分]
|  330円
■枚方市

■宝塚     
|  JR宝塚線丹波路快速(大阪行)   25.5km   やや前
|  08:17-08:44[27分]
|  330円
◇大阪/梅田    8番線着・1番線発 [8分待ち]
|  大阪市営御堂筋線(新金岡行)   1.3km   8・10号車
|  08:52-08:54[2分]
|  180円
◇淀屋橋    1番線着 [6分待ち]
|  京阪本線特急(出町柳行)   21.8km   
|  09:00-09:20[20分]
|  330円
■枚方市     

■明石     
|  JR神戸線新快速(野洲行)   52.5km   中央
|  08:03-08:47[44分]
|  920円
◇大阪    9番線着・2番線発 [4分待ち]
|  大阪環状線京橋方面(天王寺行)   4.2km   やや後
|  08:51-08:58[7分]
|   ↓ 
◇京橋(大阪)    4番線着 [9分待ち]
|  京阪本線特急(出町柳行)   18.8km   
|  09:07-09:20[13分]
|  330円
■枚方市     

公園内だけが吟行対象ではありません。移動中の電車、バスの車窓風景で案外良い句材に遭遇できることが多いので油断しないでアンテナを張っておきましょう。

せいじさんの案内をみると公園着が10時15分頃、帰りのバス時刻(11:43)を考えると吟行に当てられる時間は1時間15分です。北入口から菖蒲池までの徒歩に往復30分必要ですから途中で浮気しないで菖蒲池に直行したとしても45分ほどしか吟行時間はありません。可能な方はもう少し早めに行かれたほうがいいでしょう。

公園内の案内絵図は下記のページです。印刷する場合は、PDF版を表示してプリントされるといいでしょう。

菖蒲池までの道中に、浮御堂や対岸の丘を眺めるのに絶好のスポットが有るようです。このあたりでも句が拾えそうなので、全ての時間を菖蒲池に費やすよりは、菖蒲池を20〜30分位にして道中でも歩を止めながら引き返すという選択も良いと思います。(みのるはそのつもり)

北入口から菖蒲池とは逆の道を取ると観月堤という山田池を一望できる必見スポットもあるようです。両方を欲張ると中途半端な吟行になる予感がしますが、やっぱり見てみたいですよね。この場合は、菖蒲池を諦めるか、ちらっと見てすぐに北入口へ取って返すというような作戦が必要になります。

それぞれの好みやペース配分があるので、どれがベストということは言えませんが、おおまかな時間配分を意識しておいて行動される方がいいでしょう。今回の場合、ゆっくりお弁当を食べたり、食堂利用というのは計算を狂わせる可能性が高いです。サンドイッチかおにぎりを携行しておいて、どこででも短時間で済ませることができるように準備されたほうが無難と思います。

花菖蒲だけが季語ではなく、緑陰や夏木立なども使えるでしょう。夏の暑さを詠んでも常識的な類想になりがちです。道涼し、樹下涼し、池涼しなどなにがしらの一服の涼を見つけ出して詠むのが成功の秘訣です。視点や感覚を柔軟にし、好奇心のアンテナを張りながら心を遊ばせてください。

2017年5月15日

サーバートラブル?


今朝から、動的なコンテンツ(毎日句会、イベント情報、談話室など)が動いていません。いまのところ原因がわからずお手上げ状態です。ご迷惑をおかけしますがご容赦ください。

追伸:20:00ごろ広島から無事帰還しました。山陽道を走っているときに智恵子さんからラインが入って復旧したことを知りました。サーバー会社の作業で何らかのトラブルが生じたのではと思うのですが今のところ明快な説明はありません。

2017年5月13日

明石吟行のしおり


初版をまとめました。印刷用のPDF版はこちらです。

タイムテーブル

 9:30 JR明石駅1階改札口前集合、徒歩(約10分)で移動します。
 9:45 明石港到着(播但汽船のりば) 更に歩いて漁港まで移動します。約10分
10:00 漁港に到着、小一時間吟行します。
10:50 漁港糶り場へ移動、徒歩約10分
11:10 糶場到着、糶りを見学(あっという間に終わります)
11:30 句会場へ移動、徒歩約5分(わかばさんが案内してくれます) 
11:40 昼食後句会(蛸飯弁当は句会場に届きます。お茶は各自持参で)
13:30 投句締め切り(投句選句とも7句)
16:00 解散、徒歩約15分(時間のある方は魚の棚経由がおすすめです)
16:20 JR明石駅(新快速明石駅発 16:35 16:50 17:05 17:20 17:35 17:50)
注:帰りの切符は、明石駅に着かれたときに買っておかれるといいです。

地図


クリックで拡大表示

吟行のポイント

2017年5月10日

新しいMacノート


家人の許可が出たので前から欲しかった新しいmacノートを購入しました。いままでのものより数段ハイスペックで快適です。ここ数日、作業環境を前のノートから新しいノートへ移行する作業に追われていましたがようやく落ち着きました。 前のノートに不具合が生じたわけではなく、子どもたちが目新しいおもちゃに憧れるような、あれと同じです(^o^)

近詠の更新も簡単にできるようにシステムを組んだので、今年は全句会の作品を発表できるように頑張ります。

2017年5月8日

近詠を更新しました


新しい Macbook を買ったので環境を整えるに夢中になっていました。すっかり滞っていた近詠(2月〜4月)をようやく今日まとめました。今年からは、縦書きの上下揃えにも挑戦してみました。PDFだと簡単にできるのですが、ホームページでこれを実現できている俳句サイトはまだないと思います。

スマホで見たときもそれなりに見えるように工夫してみましたが機種によっては、はみ出しているかもしれません。どのような機種でどんなふうに見えているかのつてレポートしていただけると嬉しいです。

2017年5月6日

メールの管理法


昨日の日記記事で補足したいことがありました。スマホを持っておられる方は複数のメールアドレスを登録することができます。なのでこれが一番おすすめです。

スマホのメールアプリの設定を開くと「アカウントを追加」というのが見つかるでしょう。そこにパソコンのアドレスを追加するだけです。ぜひお試しください。

2017年5月4日

毎日句会登録メールアドレスについて


毎日句会への参加に関して個人的なお知らせをメールでお知らせしたいときがありますが、メールをお送りしても全くご返事がいただけない…というケースがあります。

  1. 携帯メールとパソコンメールとのアドレスが異なっていて、パソコンメールを毎日定期的にチェックする習慣がない
  2. メールアドレスが変わったけれど毎日句会会員登録のアドレス変更手続きをしないでそのままになっている

1. のケースでは、携帯(スマホ)のアドレスとパソコンのアドレスとを統一されることをお勧めします。例えばパソコンでGmailのアドレスを使っている場合、携帯にそのアドレスを登録することができます。それが難しい場合は、パソコンメールを自動で携帯へ転送するという設定ができます。よくわからない…という方はご相談ください。

2. のケースの方は、すぐに新しいメールアドレスに変更してください。そのアドレスからみのる宛にメールしてくださってもいいですし、フィードバックを使ってくださっても構いません。

毎日句会がスムーズに運用できるようにご協力よろしくお願いします。

2017年5月2日

投句控えの乱れについて


今日、まゆさんから連絡を頂いて投句控えに作者名が出ていないことに気づきました。原因は、投句書き込み時にエラーが発生しデーターが乱れてしまい、投句控えを閲覧するシステムが誤動作していました。

少し難しい説明になりますが、メールやインターネットで日本語を扱う場合に、システムやアプリによってさまざまな文字コードというのを使います。この文字コードがいたづらして文字化けという症状がおこります。今回のトラブルもそれが原因と思われます。

パソコンから直接キーボードで入力する限りでは文字化けは生じないシステムになっていますが、別のソフトに書いたものをコピー&貼付けで入力するとか、難しい字をネットで調べてそれをそのままコピー&ペーストするとかなりの確率で文字化けします。また、その方法では気づかないうちに無用なスペースとかが挿入されてしまって表示を乱すこともあります。

システム側でそうした書き込みを受け付けないようにすることもできますが、悪意でないケースまでブロックしてしまうので難しいです。

実際の句会のときにワープロで短冊に書く人はいませんね。ネットの句会でも基本的にはきちんとキーボードから入力する習慣をつけてくださるとうれしいです。

2017年4月30日

5月のスケジュール


5月は俳句月間になりました。

体力勝負…というところですね。

無理のないようにご自分のペースに合わせてセレクトされたらいいですよ。

2017年4月29日

ひかりさんの遺句集をご家族にお届けしてきました。


今日は、ぽんこさん、わかばさんと一緒にひかりのご自宅を訪問して御霊前に遺句集をお届けしてきました。あらかじめ私たちがお訪ねすることをお知らせしてあったので、ご主人とご長男と嫁がれた娘さんも同席してくださり、句集の説明をするととても喜んでくださいました。

生前のひかりの様子などを偲んで30分ほどお話して失礼して来ましたが、メンバーの皆様にもくれぐれもよろしくとのことでした。

皆様のご協力と印刷製本のご奉仕を頂いたさつきさんに改めて感謝します。

2017年4月26日

5月19日日帰り吟行計画


一泊吟旅が延期になりましたので、別案日帰り吟行を計画しました。 20日の明石吟行は予定通りです。二日連続になりますが、ご参加いただけると嬉しいです。

・日時:2017年5月19日(金)
・吟行地:須磨離宮公園(薔薇)、須磨浦公園(師弟句碑)、みのる庵
     離宮公園内月見台青畝句碑前に 10:30集合
     車利用の方は、離宮公園駐車場に 10:20集合
・句会場:みのる庵(離宮公園から車で約20分)
・句会:14:00締め切り、出句5句、選句5句
・参加費:無料(入園料、昼食代、交通費は各自負担)
・タイムテーブル
  8:24 あさこさん:新幹線三原駅 ひかり442号
  10:01 あさこさん:新神戸駅着→タクシー移動で離宮公園駐車場へ
 10:20 離宮公園駐車場集合(マイカー&タクシー組)
 10:30 青畝句碑前集合(電車組)→園内自由吟行
 11:50 昼食(お弁当or レストラン利用)
 12:30 みのる庵へ移動(車の手配がつけば須磨浦公園で途中下車)
 13:30 みのる庵着
  14:00 ミニ句会
  15:00 ティータイム&歓談&お庭見学
  16:00 解散、あさこさんはタクシーで新幹線西明石駅へ移動
  16:51 あさこさん:西明石駅新幹線こだま753号(三原着19:04)

2017年04月24日

消息:やさしい俳句教室・神戸一泊吟旅


いろんなことが重なって情報のお知らせが遅くなりました。

明日は、予定通り「やさしい俳句教室」を開催します。美味しい茶菓がありますのでぜひご参加ください。基本は紫峡先生の第一句集「風の翼」の合評ですが、ひかりさんを偲ぶときも持ちたいと思いますので、それぞれ、ひかりさんの遺句集の中からお好きな句を五句選んできてください。

神戸一泊吟旅

諸般の都合で一泊吟旅の計画は来年に延期になりました。 下記の通り少し内容を変更して実施しますので、土曜日は都合悪いけれど金曜日ならOK という方はぜひご検討ください。もちろん二日連続の参加も大歓迎です。

さつきさん、豆狸さん、智恵子さんは、想定外の事情が発生したため不参加となりました。いまのところ19日の参加者は、あさこさん、なつきさん、わかばさん、みのるの四人です。

午前中、須磨離宮公園(薔薇が満開の予定)を吟行して園内でお弁当(またはレストラン利用)を食べた後、みのる庵へ移動、句会とお茶をして16時ごろ解散します。離宮公園からみのる庵までは車移動になりますので、乗り合いタクシー利用になりますが、小グループのマイカー乗り合いで来ていただくと経費節減になります。

みのる庵での小句会は、5句出句で15人くらいまでなら大丈夫ですので、遠慮なく応募してください。

2017年4月19日

ひかりさんの遺句集について


遺句集の提案をしてくださった福岡のさつきさんと相談して、呼びかけに応じてご協力いただいたメンバーには全員贈呈することにしました。この形を取ることでみなさんが気遣われることはわかっていましたが、どうぞ以下の趣旨をご理解していただき受け入れていただきたいのです。

もし、専門の印刷会社に発注すれば数万円を超える費用になったでしょう。けれども今回は、印刷・製本の作業は全てさつきさんが無料奉仕してくださったので、用紙代、コピー代などの実費のみでみなさまにプレゼントすることができました。みのるの負担はごく僅かですが、さつきさんが労して下さった奉仕を短時間労働に換算するとその何倍もの費用になります。けれども、ぼくは感謝してそのお気持ちに甘えることにしました。

みなさんが気遣われて費用負担を…ということになれば、せっかくのさつきさんのご厚情を無駄にすることになります。私達のために献身的にお世話してくださった、ひかりさんの奉仕もまたお金で測れるものではありません。みんなの感謝と哀悼の気持ちが一つになって実現した遺句集ですから、天国のひかりさんからのプレゼントだと思ってお受け取りください。

汝れを恋ふ逍遥の道余花にあふ みのる

TOPページに更新情報を復活させました


TOPページに更新情報が表示されなくなって不便…というご意見がありましたので画面の下位になりますが復活させました。

リニューアル時にTOPページ左肩の ロゴをクリックすることで更新情報のページが表示されるようにしてあります。スマホユーザーはこのページをお気に入りに入れておかれると便利です。もちろんデスクトップやノートパソコンでも同じなのですが、永年の習慣があって慣れない方も多いので、以前のような上位置ではないですが更新情報を復活させました。

2017年4月6日

ひかりさんの遺句集の印刷と製本


福岡のさつきさんからご遺族にさしあげる分の完成版が届きました。とても素敵な仕上りできっと喜んでくださると思います。ぽんこさんにご遺族と連絡を取っていただき満中陰法要のすまれたタイミングでお届けします。告別式に参列できなかった方でご希望があれば、ご一緒下さい。

さつきさんにはすっかりお世話んあり感謝です。お仕事されながらなので無理は言えないと考えていましたが、急がなければGHメンバーの分もつくりますよ…と提案がありましたので、もう20冊追加で製本していただくことにしました。

弔句、追悼文にご協力いただいた皆様には、みのるからの感謝のプレゼントとしてお渡しします。すでに印刷済の方にはもうしわけないのですが、これからと考えておられる方はもうしばらくお待ち下さい。

2017年4月3日

広島の母の年齢


"みのるさんのお母さんって随分お若いのね!"

先の句会でみなさんがそうおしゃるので、はたと気づきました。本当は89歳です。したがって品女さんのお歳も… まさしくトウネン(10年)とってでした(^o^)

Feedback

やまだみのるへのフィードバック

男性   女性

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。


日記一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]


 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site