みのるの日記

日記一覧 ダイジェスト

目次

2001年11月26日

京都OFF


計画していた京都OFFの日程が決まりました。 格安で利用できる会社の保養所を申し込んでいたのですが、抽選で当選しました。

日程は来年1月25日(金)、26日(土)で一泊二日の予定です。 関東からの参加を考えて、一泊二日にしましたが、26日(土)の吟行句会のみの参加も受け付けします。 また、お仕事の都合等で金曜日の夜からの参加もOKです。 みなさんの申し込み状況によってアレンジしたいと思います。 確定人数を来月20日までには登録する必要がありますので、お手数ですが予約をお願いします。 詳しくは予告を見てください。

feedback | page_top

2001年11月25日

作句の心がけ、作句の壷


添削依頼の投稿を拝見していると、 報告や説明の句からなかなか脱皮できないで苦労しておられる方が多いです。 客観写生を強くお勧めしているからかも知れませんが感動が伝わってこないのです。 もともと感動のない作品はいくら添削しても決して佳句にはなりません。

何かを感じて生まれた作品はたとい表現が稚拙であっても添削することで句になります。 しかし、いくら巧みな言葉遣いで調子は整っていても感動のない句は添削出来ないのです。 表現方法はお手伝いできても作者の変わりに感じてあげるという訳にはいかないのです。

作句に迷ったときは、暫く頭を冷やして、「作句の心がけ」、「作句の壷」などのテキストを 熟読してみてください。 基本姿勢が間違っていればいくら沢山作っても効果はありません。 毎日句会や毎週句会、月例句会などの成績を繰り返し見て、よい作品の雰囲気を学ぶことも 大切です。 あれこれ考えて作ることはもちろん良くないですが、必ず感じて作るという基本だけは忘れてはいけません。

feedback | page_top

2001年11月24日

添削


このところ添削依頼のペースが落ちています。 ぼくの体調を気遣って手控えておられる方もあるのではと恐縮しています。 毎日句会の投句は、今週の秀句を選ぶときに全て目を通しますので、 結果として全句添削を受けているのと同じです。 しかし、毎日句会での成績が振るわないと意欲も落ちてしまいますので、 どうも不調だと思ったときは遠慮せず添削を受けてください。

無理な注文かもしれませんが、句会に投句する場合、例えば5句出句であれば 最低でもその2倍の10句、できれば15句くらい作って、その中から自選して 5句に絞るというのが理想です。 毎日句会ならば一日に4〜6句は作ってほしいです。

添削を受ける場合も同様で、出来るだけ沢山作って投稿していただくほうが、 ご返事しやすいのです。 てんさくMLの場合、一度に沢山の句を扱うと読みにくくなるので、3〜5句に制限して いますが、連続して何度送って頂いてもいいのです。 また、10句単位で受付している、E-Mail添削をもっと活用してください。

feedback | page_top

2001年11月23日

新しい企画について


大変遅くなって申し訳ありません。 一週間遅れの「今週の秀句」を発表しました。

体調を理由に各句会の投句・選句もすっかりサボリ癖がついてしまって反省しています。 ところが、ぼくが句会をお休みしても、関係なく粛々と句会が進められ、 むしろますます活気が出ているのに驚いています。(^-^)

いままでは、ゴスペル俳句の運営を何とか軌道に乗せたいというあつい思いで、 添削に、選句に、また投句にとフルパワーでエネルギーを投入してきました。 ところが、今回ちょっと風邪を引いただけだと思ったのが以外に回復が長引いたことで、 知らず知らずのうちに無理が重なって体力的に借りを作っていたのだと思い知らされました。 平日は仕事、日曜日は教会、土曜日はホームページの管理という生活パターンでは、 十分な吟行時間も取れないので不本意な作品しか発表できず、とても恥ずかしく思っています。

臥せっている間にいろいろ思うところもあり、何人かのメンバーのお勧めもありますので、 これを機会に暫くは添削指導と句会の選にのみ集中させていただこうと考えました。 また、拙作については一ケ月単位くらいで10句〜15句くらいを別な形で 発表できればと考えています。

また、月例句会の扱いについて少し考えていることがあるので発表します。 毎週句会は「兼題」なのでその目的を果たしていますが、毎週句会と月例とは投句数の制限には 違いがありますが、実質的には競合しています。 そのため、月例句会への参加者がいまひとつ伸びません。 現在の参加者の月例に対する取り組み姿勢を分析してみると以下のようになると思います。

  1. 毎日は参加するけれど毎月は参加しない(毎日だけでアップアップ)。
  2. 毎月は参加するけど毎日は参加しない(毎日なんて句が作れない)。
  3. 出来るだけ新作を月例に出すが、無理なときは毎日や毎週の作品から自選して毎月にも出す。

管理人としては、3) のケースのように割り切って月例にも参加していただきたいと願っているんですが、 毎日や毎週で一度見た作品があると句会としての興味が薄れることも事実です。 そこで管理人はまた、新しい秘策を考えました。

じつは、毎日句会の参加者がコンスタントに30名〜40名となった段階で、 月例句会を廃止して毎週句会と毎日句会とに整理しようと考えています。 そして、月例は句会ではなくて、登録をするための投稿だけにします。 参加者全員が毎月の自分の作品の中から自選したベスト5句を管理人宛てに投稿していただくのです。 管理人はそれらの作品をほぼ同等の物差しで個々の作品を選句し、その結果をまとめて発表します。 これによって参加者全員の一ヶ月単位の作品集が出来るわけです。

ただし全員が5句とも選ばれるのではなく、 自選や作品そのもののレベルが満たされなければ2句や3句の人もでるわけです。 成績を競うことが目的ではありませんが、そうすることで相対的に自分の力量や進歩の度合いが測れるので 励みになると思います。 そして、毎月の成績発表の巻頭としてその月の秀逸も選び、また管理人の拙句も発表するという形を考えています。 俳句結社というものをご存知の方はすぐに理解されると思いますが、つまり結社では毎月こうして、 月会費を徴収して主宰者の選を受け、その成績結果を月刊誌の形にして会員に配布するのです。

ゴスペル俳句は参加費無料の超結社を目標にしていますので、ペーパーベース(紙を使った)での雑誌を 発行するつもりはありません。インターネットもしくはメールという形で発表できたらと考えています。

日記に書くような内容ではないのですが、みなさんのご意見をお聞きしたいと思って書きました。 今すぐにということではなく、ゴスペル俳句の次なる飛躍としての具体的な課題としてご意見を下されば 嬉しいです。

feedback | page_top

2001年11月22日

ウイルス感染と対策について


ウイルス感染について誤解が生じないように一言書いておきます。

今回のウイルスはそれほど心配する被害はありません。感染ファイルを削除して、 インターネットエクスプローラのバージョンアップさえすればそれで解決です。 この程度のことはインターネットを利用していれば、 これからもよくあることですから、落ち着いて対応すればビクビクすることではないし、 加害者、被害者と言うような感覚で必要以上に他の人に気を遣うこともありません。 互いに同じリスクをしょっているに過ぎないので、協力し合えばいいわけです。

ウイルス感染はE-Mailが感染源となる確立が最も高いので、ぼくの場合は ウイルスバスターというソフトをインストールしてメールを読み込むときに 全てをチェックするようにしています。 もちろん、ウイルスバスターのようなウイルス監視ソフトを導入しているから 100%安全という保証にもなりません。 チェックに引っかからない新種のウイルスなら簡単に感染してしまいます。 でも、確率的に出来るだけ感染しにくい環境とか対策というのはあります。

1) ウイルスバスターのようなウイルスチェックソフトをインストールしておく。

このことは、冒頭に書いたとおりです。

2) インターネットエクスプローラを常に最新バージョンにUpdateしておく。

全ての機能についていえば最新がいつも最善という訳ではありませんが、セキュリティー 対策に関しては最新版が最も信頼できます。

3) OutlookExpress以外のメールソフトを使う。

OutlookExpressはWindows標準添付のメールソフトなので、世界中で最も多くの人が これを使っています。ハッカー達は、このOutlookExpressをターゲットとして、 ウイルスを開発しているケースが圧倒的に多いのです。 ですから、構造的にOutlookのセキュリティが弱いのではなくて、常に狙われている ので感染しやすいという意味なのです。 マイクロソフトも必死でセキュリティの強化を図っていますが、所詮はいたちごっこと言えるかも知れません。 最近はフリーでも優秀なメールソフトが提供されているので、これらを利用するのも セキュリティという意味では効果的だと思います。

最後に取って置きの情報。プロフメールはウイルスに強いです。 というより、感染する確立が非常に少ないということです。 通常のウイルスはメールソフトのアドレス帳のデータを使って感染を拡大していきます。 プロフメールはアドレスを公開していないのでアドレス帳なんてないですよね。 受信は個人のメールソフトで受信しますが、送信する場合はメールソフトを利用しません。 ですからプロフメールを使って互いにメールのやり取りをしている限りにおいては、 ウイルスに感染することはまずありません。どうぞ、安心してご利用下さい。

feedback | page_top

2001年11月21日

ウイルス感染


メンバーのMさんからウイルス感染メールがきたのでお知らせしようと思っていたら、 ご本人からSOSの電話が入りました。 早速調べると、WORM_ALIZ.A という名前のウイルスで、トレンド社のサイトのウイルス情報に よると11月20日より、世界的に多くの感染報告が集まっているものらしい。 システムを壊すというほど悪質なものでなかったので、感染ファイルを削除するだけで事なきを得ました。 InternetExplorerのセキュリティホールを利用し、 メールをプレビューしただけで活動を開始する「ダイレクトアクション活動」をするものだそうです。 windows95を使用している方はIEを IE5.01SP2、IE5.5SP2にバージョンアップすることで回避できるようです。 windows98、98SE、MEのかたはIE6にバージョンアップされることをお勧めします。 以下にトレンドマイクロ社の詳しいウイルス情報ページをリンクしておきます。

ぼく自身もウイルス感染は他人事のような感覚でいましたが、過日息子のPCがウイルスにやられて メールだけではなくて、ワードやエクセルのファイルまで開けなくなるというトラブルに遭遇しました。 感染してシステムを壊されてからでは遅いので、ぜひ、ウイルスチェックソフトの導入をお勧めします。 数社のものが出回っていますが、ぼくはマイクロトレンド社のウイルスバスターというのを購入しました。 定価は8,500円ですが、パソコンショップへ行けば2割引くらいで売っていると思います。 このソフトは次々発生する新しいウイルスを検出するためのパターンファイルというのを オンラインで更新してくれるので安心です。

オールインワン(いろんなソフトがあらかじめインストールしてある)パソコンを購入された場合、 何らかのウィルスチェッカーソフトもあらかじめインストールしてある場合が多いです。 この場合はそれをアンインストールしてから出ないと 新しいウイルスチェック用のソフトをインストールできないので、 パソコンのことがよく分かる人に相談してください。

あらかじめインストールされているものは、購入時点で確認されたウイルスしか チェックに引っかからないので、十分な信頼度はありません。 毎日のように新種のウイルスが発見されている状況では、オンラインでバージョンアップしてくれる ソフトでないと意味がありません。

feedback | page_top

体調・東京OFF


これまでの不摂生のつけが回ってきたようで、三日間仕事を休みました。 日曜日の礼拝はかろうじて出席したんですが、家へ帰ってから、頭痛、鼻水、くしゃみ、咳、等々 何が何やらわからない状態で寝ていました。 一度直った?はずの風邪がぶり返したようです。

今朝あたりからようやく平常近くまでもどりましたが、まだ少し空咳がでるので用心して休んでいます。 なんだか、今度の流行風邪はしつこいという噂も聞いて納得しています。

東京OFF会に来てくださったみなさん。ほんとうにありがとうございました。 お互いにはじめてお会いする方が多かったんですが、みなすぐに打ち解けて、まるで知己のように話が弾みました。 往路は腰痛の後遺症や初対面の不安さなどで時間が長く感じましたが、帰路は楽しかったOFFの余韻に 浸りつつ、あっという間に神戸に着いていました。

それにしてもみなさんそれぞれ個性的で素敵な方ばかりでした。 やはり、類は類を呼ぶということわざは間違いなかったです。(^-^) 初回ということで句会はしませんでしたが、次回からはぜひ句会もしましょうね。 句会をした後でおしゃべりするのはもっと楽しい思い出になります。

OFF会の労をとってくださった幹事のみなさんに心から感謝します。ありがとうございました。 ぜひ、地域単位で吟行OFFを実施してほしいと願っています。 できるだけ参加させていただきます。 その意味で、『オフ会連絡用掲示板』は常設しておくことにしましたので、ご利用下さい。

メンバーのSさんとHさんが、とても楽しい替え歌『およげゴスペルくん』を発表してくださいました。 そのうちにみなさんにもご披露できると思います。

feedback | page_top

2001年11月14日

風邪


腰痛がぶり返した原因はどうやら風邪のようです。 熱や咳が出るほどではなく鼻風邪程度の症状だったんですが、 治りきっていない腰に影響していたようです。 今日は思い切って休暇を取り、風邪薬を飲んで一日寝ていたら随分楽になりました。 食欲もあるので大丈夫です。でも、用心します。\(__ )

feedback | page_top

2001年11月13日

養生・オフ会


昨日、今日と何故か腰痛の具合がよくなかった。 激痛は無いんですが、神経痛のようななんとなく思い感じがする。 毎日句会だけ何とか復活したけれど無理は禁物、 句会の様子も気になるけれど東京OFFまで我慢我慢・・・

東京OFFは5、6人の参加と思っていたのに10人以上の方が参加してくださるようで、 とても嬉しいです。 東京OFF開催に労してくださった幹事の方々に心から感謝します。 来年早々には京都OFF(嵐山)を計画しています。 会社の保養所を利用できれば格安なので出来れば1泊の予定です。 日程とか、参加できる方の把握などについて今度のOFFのときに相談しますので、 よろしくお願いします。

feedback | page_top

2001年11月11日

GH-BBSを談話室に統合


このホームページ公開時から開設していた『ゴスペル俳句掲示板』を廃止して、 談話室に統合しました。 俳句サイトとして立ち上げたホームページでしたが、初めは訪ねてくれる人も少なく、 クリスチャンサイトの仲間たちがよく励ましにこのGH-BBSに書き込んでくれたものです。 最近はすっかり俳句サイトらしく?なって、クリスチャンサイトの仲間たちの ホームページへの行き来も減った関係で、GH-BBSはすっかり閑古鳥が鳴いています。

一方談話室はというと、毎日句会参加者の俳句談義専用というつもりでスタートしたのですが、 最近はこのホームページのメイン掲示板のようになってきました。 これは、ぼくとしてはとても嬉しい傾向です。

管理人の立場として、俳句用の掲示板とそれ以外用の掲示板といった二枚看板を掲げるのも 気が進まないし、運用上も負担になるので、これを機に談話室一本に統廃合することにしました。 俳句関係以外の方をこのホームページから締め出すというようなことでは決してないので、 ぜひ今まででどおり、談話室のほうに書き込んでください。

俳句専用掲示板という誤解を無くすために、 談話室につけていた句会関係のナビケーターは廃止しました。

feedback | page_top

2001年11月10日

完全休養日


痛みが取れ、80%位は回復したと思えた腰痛も、あと20%の回復がなかなかという感じです。 今日は寝たり起きたり、家内の目を盗んではページを覗いたりの一日でした。

トラブルっていたお絵かき掲示板は何とか回復して一安心です。 でも、300番が限度なので、その番号を超えるときにおかしくなるのを思い出して、 急遽ダミーを書き込んでプログラムの修正をする。 今週の秀句選はもう少し遅くなるかもしれません。ごめんなさいね。>みなさん

読者の方から、「世界を100人にして」の記事を読んで感動した。と言う感想を頂いた。 とてもうれしい。

feedback | page_top

2001年11月9日

腰痛


今日も出勤でした。 昨日よりちょっと腰が重い感じで、帰宅早々クリニックでマッサージを受けたあと、 1時間ほど横になってようやく一息つきました。 ベッドから起きるときに少し辛い以外はほとんど痛みは感じなくなりました。 あすは一日寝ていようと思います。

東京OFFにたくさんのみなさんが参加してくださるようで嬉しくてたまりません。 今回の第1回東京OFFがこのホームページの更なる飛躍の出発点になることを祈っています。 すばらしい出会いの機会を計画してくださった幹事のみなさんに心から感謝します。

feedback | page_top

2001年11月7日

腰痛


昨日の朝、打ち合わせを終わって椅子から腰を上げようとした瞬間、ビビッと腰にひび割れが走ったような感触で まっすぐに立てなくなった。 運の悪いことに打ち合わせ続きの日で、夕方にはついに歩くことさえ苦痛な状態になってしまった。 這うようにして電車に乗り、家内に最寄駅までマイカーできてもらってそのまま整形医へ直行。 幸い骨とか神経には異常はなく、ぎっくり腰ということで安静を言い渡された。

もともと腰痛は持病で、年に一度くらいはこんな状況を体験していますが、今回のはかなり強烈。 ふだんは畳に布団を敷いて寝るんですが、腰痛が出ると一度横になると起き上がれなくなるので、 家内と娘が座卓を二つ並べて簡易ベッドを作ってくれた。これはありがたかったです。 結局今日はお休みして朝からまた病院へ行って電気マッサージを受け、一日中寝てました。 おかげさまで、夕方には少し楽になり、食事の後ちょっとパソコンとも遊べるようになりました。 でも、家内がにらんでいるので、このへんで・・・・。\(__ )

feedback | page_top

2001年11月5日

大失敗・東京OFF


サーバー内部に不要ファイルが増えたので整理をしていて大切なログを誤って削除してしまった。 取り急ぎバックアップしてあったものを復元しましたが、 随分まえのバックアップだったので、残念ながら最近のファイルは復元できません。 取り返しのつかない大失敗です。 バックアプシステムを至急見直します。

17日の東京OFFヘ出席するためにJR新幹線の前売り券をキープした。 予定通り12時までには東京に着けそうです。 楽しいOFFになりそうで、今から心が躍っています。

feedback | page_top

2001年11月4日

今週の秀句


金曜、土曜と連休だったので、早めに今週の秀句をと思いながら、 木曜日の夜から鼻風邪気味で怪しくなり、昨日は頭が痛くて寝たり起きたり・・。 こんな状態で選をしては失礼だと思って遅れてしまいました。ごめんなさい。 おかげさまで今日はすっきりして礼拝にも出席してきました。

昨日からOFF会専用の掲示板を設置しました。 今日見たらアクセスカウンターが70になってたのでびっくりしました。 みなさん、ありがとうございます。m(_ _)m

OFFに備えてデジカメも買ってきましたよ!(^。^)v

feedback | page_top

2001年11月3日

世界を100人にして


アメリカの中学校の先生が教え子たちにメールで送ったとされる内容が、 10月27日付けの朝日新聞「天声人語」に紹介されていた。

現在の全世界の実情を人類統計学的に100人の村に縮小して分かりやすく解説してある。 100人の村では、私たち日本人はたった2人。こうして村の中の他の98人のことを 考えてみると世界の現状が良く理解できる。とても興味深いメールだと思う。

たまたま、家内の友人のご主人が仕事関係の情報としてその原文をご存知で、 日本語訳されたコピーを頂きました。 それを読んでとても感動したので、ぜひみなさんにもご紹介したと思いHTMLファイルに 作りました。 かなり流通している記事なので著作権問題にはならないと思いますが、出典を明確にするため 調査中です。

feedback | page_top

2001年11月2日

東京OFF


今日はお休み(代休)です。(^-^)

関東OFFのスケジュールが決まりましたので、 詳しい案内ページを公開しました。 なんだかわくわくします。記念すべき日になりそうです。 ぼくの誕生日が11月20日なので、一足先に素敵なプレゼントを頂いた気分です。 たくさんのメンバーと楽しくおしゃべりできたらと祈っています。

feedback | page_top

Feedback

あなたのご意見・感想をお送りください。 どんなことでもどうぞお気軽に。

お名前: Eメール:
(上の情報は、いずれも未記入でかまいません)
  

うまく送れない場合にはメール あてにお願いします。

日記一覧

2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | ** | ** | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | ** | ** | ** | ** | ** | ** | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | ** | 02 | 03 | 04 | 05 | ** | 07 | ** | ** | ** | ** | ** |
2005 | 01 | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** | ** |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | ** | ** | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site