毎日句会みのる選・2011年8月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2011年08月29日(月)

8月21日~27日

2011年08月27日
片空の雲はあかねに秋時雨菜々
大夕立眼前の景消へにけり百合
抽んでし尖塔の空帰燕舞ふ菜々
老二人小玉西瓜を持て余す雅流
産声に歓声上がる望の夜宏虎
秋霖に濡れし夕刊とどきけりよし女
2011年08月26日
高速路なぞへに百合のなだれ咲くわかば
みちのくに戻る活気や秋刀魚糶宏虎
昨夜の雨晴れて頬なづ風は秋ともえ
秋天下淀一望の古墳山菜々
目が合ひて寄り来る鹿の親子かな満天
城址に佇てばあきつの湧き出づるこすもす
雨に濡れなまめく赤や鶏頭花きづな
あきつ群る勤皇志士の旗揚げ場よし女
一門の眠る古墳にカンナ燃ゆ花茗荷
朝鳩のくぐもり鳴くや秋の杜つくし
方位盤据ゑし山頂帰燕群る雅流
白き帆の一つ浮かぶや秋の雲わかば
2011年08月25日
秋扇開けば師の句懐かしきはく子
長電話切るに切られず虫すだくよう子
川沿ひの小径間遠に法師蝉ぽんこ
雷光にハンドル持つ手緊張すこすもす
木喰と似たる住職笑み涼しい百合
西日射す岬に白亜の異人館よし女
車とめ鹿の横断待ちにけり満天
航行の灯に波揺らぐ沖の秋わかば
山上の帰燕を仰ぐ遊子どち雅流
雨晴れて萩の初花雫ともきづな
俯瞰する峡の集落秋澄める有香
2011年08月24日
秋の蚊を払ひ井戸端会議かな満天
秋澄むや山幾重にも袖合はせひかり
母在さぬふるさと遠し盆過ぐるきづな
国宝の天守へこごし露の磴菜々
一条の秋日差し込む塗師工房花茗荷
微笑仏蔵す野寺や豊の秋雅流
2011年08月23日
縫ひ物の手もはかどるや夜の秋有香
帰省子を待ちて傘寿の祝ひ膳三刀
蔦かづら宇宙遊泳してやまずぽんこ
鯉跳ねる音のかそけし秋風裡せいじ
風鈴の舌虜とす蜘蛛の糸なつき
ただ無為に池塘もとほる秋思かなせいじ
軒高く積まれし薪やちちろ鳴くわかば
白桃の包装過保護かと思ふ満天
里山の風に屯す赤とんぼよう子
2011年08月22日
赤信号わたる秋蝶おぼつかなこすもす
腰曲がる老婆が仕切る地蔵盆宏虎
見つめゐて何も起こらず蟻地獄ともえ
秋天へ透く新駅のドーム屋根菜々
春の園乙女庭師も一景に菜々
鳴きとおす鈴虫の音に寝ねやらずうつぎ
2011年08月21日
彫り深き魚板の窪み西日射すよし女
稔り田や孫の生まるる日を数ふせいじ
ワンピース品良く召され生身魂ひかり
新機種の電話に夢中秋灯下こすもす
秋の日の炎となりて海に落つ花茗荷
秋の川風駈けるたび波生まるぽんこ
早暁の山湖に湧きて霧走るはく子
潮の目の色濃き沖や秋の暮わかば

page_top

2011年08月22日(月)

8月14日~20日

2011年08月20日
喜雨うれし一息いるる庭のものぽんこ
熱々のうどん啜りて暑に耐ふるせいじ
鈴虫のBGMや集会所満天
雨空に弾けてにじむ揚花火なつき
2011年08月19日
船端を叩く波音も秋の声せいじ
後手をつきて星観る端居かなうつぎ
2011年08月18日
被災地を熱く語りし帰省の子よう子
一匹のゴキブリされど一大事百合
田草取り知らぬ翁にねぎらわれなほこ
存問や墓参帰りにケアハウス満天
岩陰に屯す稚魚や水澄めるぽんこ
四ッ身の子その手しなやか盆踊り三刀
懐かしきお国訛や盆の駅百合
2011年08月17日
綱さばく鵜匠の五指の魔法めく菜々
秋天へクレーンの首やビル工事はく子
里山に傾く風鈴電車かなよし子
鵜飼果て端山の月の高きかな菜々
新涼やロバのパン屋の楽届くよし女
旅人も輪に加わりて風の盆花茗荷
鈴虫をあげますと札里山家なつき
2011年08月16日
堵列して灯篭五百闇に浮く三刀
気に入りの一句に機嫌軒風鈴きづな
かなぶんのノックしてをる厨窓うつぎ
篝火の爆ぜて鵜飼はいま佳境菜々
風鈴を吊るして峡の一輌車うつぎ
ビル屋根に百花を咲かせ爽やかにはく子
新涼や舟沈むかに大漁旗宏虎
入道雲立ちはだかりて渋滞すきづな
2011年08月15日
一山の四方にこだます法師蝉うつぎ
墓どころ寧かれと群るあきつかなぽんこ
変身をするべく主婦のサングラスよう子
解脱門くぐる我らに法師蝉よし女
はらからも二人に減りし終戦日雅流
鷺草の窓辺に置けば風生まるともえ
2011年08月14日
万緑にダムのつり橋撓みけりあさこ
赤とんぼ翔ちて葉先を揺らしけりとろうち
ひぐらしや供花なき少年兵の墓宏虎
故郷の山河を照らす盆の月うつぎ
仰向けに猫の寝てゐる残暑かな有香
帰省子とセピア色なる写真繰るよし女

page_top

2011年08月15日(月)

8月7日~13日

2011年08月13日
異教徒の母は俗名墓洗ふ菜々
盆の月足病むこと子に告げずよし女
恙なきを告げて夫の墓洗ふよし子
迎火も施餓鬼もなくて盆の月はく子
鬼灯を鳴らす小さき齒を立てて有香
帰省子の旅装解く間も話しかけよう子
撥条の管を伸ばして揚羽蝶せいじ
正座せるままにまどろむ生身魂うつぎ
2011年08月12日
無農薬てふこのあたり蝗飛ぶよう子
畑の物小振りを選び盆用意うつぎ
ただ今とぶっきらぼうに帰省の子三刀
夏草や古城址の堀埋めつくしなつき
白雨いま指呼の霊山沛然と雅流
白芙蓉恙無く今日昏れなんと満天
2011年08月11日
畑より西瓜抱き来る夫笑顔よし女
指揮棒を振りたし万の向日葵にうつぎ
川幅の細る岸辺に荻長けるわかば
グランドへ一礼涼し球児去るうつぎ
湯上りの傘寿おでこに天花粉三刀
朝茄子をきゅきゅと鳴かせて塩もみすひかり
川風に火照りを冷ます残暑かなぽんこ
無住寺の庭に木槿の咲きつづく満天
2011年08月10日
夕さるや田の面に通う風は秋はく子
松籟かはたさざ波か涼新た百合
ビル谷間より忽然と遠花火なつき
朝日いまきらきら草の露万朶わかば
裏山の竹のさやぎや夜の秋うつぎ
朝顔の蔓すがりをる竹箒つくし
食糧難の昔語りやかぼちゃ食ぶよし女
小休止する間のありて蝉時雨ともえ
2011年08月09日
在りし日の口癖真似て墓洗ふ三刀
高原はひまわり浄土空青しこすもす
立秋の富士なだらかに裾広げとろうち
うるみつつ朱色の月や長崎忌菜々
2011年08月08日
下駄蹴って踊り上手の女かななつき
夕されば風が身に添ふ秋初め菜々
渦巻きの箒目に散る百日紅よし女
本山の大屋根反りし青嶺かなせいじ
供花活けて盆僧を待つ仏間かなこすもす
馴れぬ手で赤子受け取る生身魂宏虎
新発意の声若々し盆の経よし子
一句集一気に読みし秋灯下うつぎ
盆休み同窓会の話あり満天
精霊の経木流しに行列すぽんこ
借り申す宿のパソコン夜の秋きづな
玄関を開ければ蝉の仰向けにあさこ
2011年08月07日
方丈の庭にはなやぐ百日紅三刀
緑陰やいずくともなく風通ふ有香
綿飴のやうにふわふわ祭髪なつき
啼く声の心もとなく残る蝉ぽんこ
白内障癒えたる今宵星月夜宏虎
下駄の緒のついに馴染まず踊り果つきづな
白壁に影を遊ばせ若楓せいじ
百人の童謡合唱声涼しはく子

page_top

2011年08月08日(月)

7月31日~8月6日

l
2011年08月06日
信州の山々高し星月夜きづな
炎天や着物の裾のまとひつくわかば
盆踊り紅緒が大地蹴り進む菜々
遠花火果てて虚空の月高しかれん
踊りの手月へ翳して伸びにけり菜々
古刹より洩るるピアノは秋の楽よし女
ガレージの屋根大騒ぎする夕立よし子
2011年08月05日
田に遊ぶ鴨の植田をゆらしけりともえ
老翁の自慢の喉や盆踊りこすもす
涼しさや雲水の手は迅速につくし
踊り唄風に乗りくる夕べかなはく子
秋草の風の意のまま揺れにけりぽんこ
束髪の涼しく天草四郎像菜々
2011年08月04日
ケアハウス大夕焼に包まるる有香
前後ろ区別のつかぬ日焼けの子百合
音も無く降りそむ雨や夜の秋とろうち
風鈴の音は紛れなき南部鉄満天
内側は車椅子の輪盆踊りこすもす
一湾の闇に揺るる灯夜の秋菜々
2011年08月03日
僧堂に相和す経の声涼しひかり
饒舌も無口もありぬ軒風鈴とろうち
祭足袋黄色き声の跳ねておりなつき
存問の文に墨磨る夜の秋満天
厨へと筧を走る山清水よう子
水分りへ辿る澗谷夏の霧雅流
2011年08月02日
古町の献灯戸々に宵祭うつぎ
風生まれカーテン揺らす夜の秋満天
灼けし石積まれし島の十字墓菜々
掌の空蝉と聴く蝉しぐれ三刀
滴れる巌の上に磨岩仏百合
老夫婦リュックサックや避暑散歩あさこ
句集なべて故人が多し書を曝す雅流
濡れ縁に夕ひぐらしの遠谺雅流
しなやかに五指風に振る阿波踊り満天
聳え立つ大三門や晩夏光ひかり
2011年08月01日
SLの笛長く曳く晩夏かな三刀
人波に押されて茅の輪潜りけりなつき
全開す茶室に庭の苔涼しひかり
時に和す読経の声と蝉しぐれぽんこ
筒抜けに前山見えて土間涼しせいじ
書に倦みて窓開け放つ夜の秋宏虎
涼しさや水が自慢の豆腐店とろうち
2011年07月31日
売土地の看板傾ぐ夏の草三刀
と見る間に失せし山並み大夕立はく子
浦を行くバスがらんどう大西日うつぎ
出迎へは青田風なり無人駅有香
桐一葉同窓名簿朱線ひく宏虎
堂縁に四方山話蝉涼しひかり
引潮の忘れ藻蟹の遊び場によし女

page_top

2011年08月01日(月)

7月24日~30日

2011年7月30日
蓮咲いて東雲明かりさしにけり雅流
殉教の島の西日に十字墓菜々
車椅子押して加はる踊の輪満天
実より葉の繁るも良しとゴーヤ棚よう子
すれ違ひシャボンの匂ふ夜の秋うつぎ
雲の峰隠れ耶蘇なる漁師村菜々
節水と貼り紙のあり墓洗ふ有香
灼け砂や錆びて朽ちたる捨て錨よし女
道沿ひの小田のほとりに蓮の花雅流
2011年7月29日
連なりて出て航く漁船雲の峰よし女
ワイパーのあはひ一閃はたた神せいじ
緑陰に至福の風や朝散歩ひかり
露天湯のランプに乱舞火取虫うつぎ
目覚むるや空に谺す蝉の声せいじ
歓迎は海豚のジャンプ船遊び菜々
蛸壺の口を揃へて積まれをりよし女
海峡の色を深めて秋近しわかば
日の恵み真っ赤なトマトもぎにけり百合
2011年7月28日
簾吊る半畳ほどの無人市うつぎ
アトリエの壁に染みあり大西日よし子
離陸機の真正面に雲の峰三刀
花びらに紅のひといろ藍浴衣とろうち
夕凪や果てし糶場で将棋さすよし女
どよめきと共に竿灯立ち上がるともえ
2011年7月27日
瀬飛沫をかぶり奇声や舟遊び菜々
御門守る衛士へひねもす蝉時雨菜々
打水の間合ひを図り客を待つきづな
輪唱のごとく序破急蝉しぐれせいじ
古扇開けば五言絶句かな三刀
音はなきビルのあはいの遠花火はく子
かなかなや水音絶へぬ神の森有香
こうのとり過ぎる但馬の青田空こすもす
2011年7月26日
暗闇に灯火浄土や夏念仏ぽんこ
緑陰を辿り辿りて朝散歩つくし
間遠なる沖の海鳴り夕端居三刀
ひまわりの燃えて漁港の昼静か有香
蝉時雨シャワーのごとし樟木立あさこ
断末の一声蝉の落ちにけりうつぎ
酢醤油派蜜派と分かれ心太宏虎
パソコンの機嫌の悪き大暑かな百合
梅筵紫蘇を惜しみし悔い少しきづな
2011年7月25日
輪塔の梵字にすがる蝉の殻きづな
眼前を鳴きて横切る蝉つぶて治男
伶人のすがしき面輪夏神楽雅流
父と子と同じ寝相の昼寝かなとろうち
玉ねぎの簾と吊し軒深しはく子
空谷の奈落の楚々と百合咲けるきづな
風鈴を吊すローカル電車かな美咲
2011年07月24日
同窓会耳朶に一滴香水を百合
山祇へ険磴百段蝉しぐれはく子

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site