こんにちは、やまだみのるです。

このテキストは、吟行や句会の世話役・幹事をするときの心がけについて説明しています。

目次

案内

吟行地や句会場の情報をできるだけ詳しく且つ早目に広報します。

案内地図があれば一番良いです。目的地までの経路や交通手段、移動時間などの交通情報は必須です。

出句締め切り時間のほかに句会場が何時から使えるかということを明記しておくとさらに親切です。

時間配分

人数によって句会に必要な時間が変わります。

10人程度なら1時間、20人を越えると2時間は必要です。初心者の割合が多い場合はもう少し余裕を見ておく必要があります。

句会中も選句がスムーズに進んでいるか、特定の人の所で滞っていないかなどに気配りし、必要なら遠慮しないで注意します。

気配り

披講をお願いする人には当日ではなく事前に依頼しておきます。

短冊を配ったり、茶菓の用意をしたりする奉仕者も事前に決めておきます。

お役目に当たった人は他の人より早めに出句を済ませて、締め切り前にばたばたしないように余裕を持っておく必要があります。初心者の方に負担になりますのである程度経験のある人を指名します。

句会が終わってから・・

句会が果ててから時間に余裕があれば喫茶店などで仲間同士の親睦をはかると楽しいです。

互いの句や選について意見交換するのも良い勉強になります。

注意しなければならないのは決して欠点探しをしないで、プラス思考の議論をすることが大切です。あの句は良かった、特にこういう点がよかったというような話し合いが一番有効です。

ベテランの人が自説を振りかざして座の雰囲気を仕切ってしまうことは最も戒ましむべき行為です。むしろ、初心者の発言を促したり、適切なアドバイスをしたりして和やかな雰囲気になるように配慮することが大切です。

Feedback は、お気軽に

みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

Feedback Twitter

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site