やまだみのる

初心者のための入門ガイド

はじめに

このテキストは、作句理論の手ほどきではなくて楽しく俳句を学ぶ方法について書いています。

知識や理論を詰めこむ学習法はすぐに疲れます。

仲間と一緒に実作を楽しみながら学ぶ。これがほんとうの俳句の魅力なのです。

俳句を始めるのに必要なもの

俳句を始めるのに必要なものは最低次の三つです。

  1. 書くもの:鉛筆、シャーペン、ボールペンなど。
  2. 句帳:ポケットサイズの小型ノートがいいです。余った手帳とかも活用できます。
  3. 国語辞典:小型で50,000語くらいのもの。

歳時記は国語辞典で代用できますから慌てて買う必要はありません。学びが進んでからゆっくり検討して選ばれたらいいです。

季語について

季語とは・・・

俳句は季感の有無が命です。季感というのは季節を感じさせる雰囲気のことでそれを具体的に補ってくれるのが季語なのです。

春・夏・秋・冬というのも季語ですし、一月・二月…もそうです。明確に季節が感じられることばなら何でもいいのです。野菜・果物などは温室やバイオ技術で生産され、魚類なども養殖ものが流通する現代では昔ながらの季節感が失われつつありますが、本来自然環境で収穫できる一番美味しいとされる、いわゆる旬という時期が俳句では季語として扱われます。

歳時記は季語の種類や意味を詳しく調べるのに便利です。その季語を使って作られたサンプルの俳句(例句といいます)なども掲載されているので作句の指針にもなります。俳句生活が続けられそうなら一冊は備えられると便利です。

どんな歳時記を買えばいいの?

携帯に便利な小型サイズのものから、カラー写真やたくさんの例句が載っている大型版までいろんな種類の歳時記が発売されています。ではどんな歳時記を買えばいいんでしょうか?

無責任な言い方に聞こえるかもしれませんがとりあえずは何でもいいと思います。もし家人や友達のお古がいただけるならそれで十分です。どうしても新しいのが買いたいという人は Amazon.co.jpの検索情報を参考にして下さい。

学びが進んでくると自分にはどんな歳時記がいいのかも判断できるようになります。歳時記は編集者によって師系が異なるので載っている例句の傾向も違います。五年、十年と俳句を続けていれば、そのうちほとんどの歳時記が手元に揃うでしょう。わたしも、そうでしたから(^o^)

伝統俳句と自由律俳句との違い

ゴスペル俳句が提唱しているのは伝統俳句です。伝統俳句は有季定型といって必ず一句の中に季語(季感)を必要とし、調子も五・七・五に整え原則として歴史的仮名遣いを用います。

俳句のジャンルには有季定型の伝統俳句とは全く異なった理念の自由律俳句という世界もあります。有季定型の伝統俳句に飽き足らなくなった人たちから派生的に生まれたジャンルで、有名な作家に種田山頭火や尾崎放哉などがいます。一句の中に季語はあっても無くてもよく、 また、調子も五・七・五に制約されず全く自由です。約束ごとや制約に縛られずに自由な表現をしたいという思想なのです。

新しい自由な表現を追求することは素晴らしいことです。でも自由であれば何でも新しいとも言えず季感のないものまで俳句と呼ぶことには抵抗があります。

温故知新》ということばをご存じでしょう。歴史に培われた古きよきものを尊重しつつ、そこからさらなる新しさを追求していく。この伝統俳句の姿勢にわたしは魅力と喜びを感じるのです。

まずは作ってみましょう。

最低限のお約束

最低限守らなければならないのは次の二つだけです。

  1. 五・七・五でつくる
  2. 季語を一つだけ入れる

そんなことは言われなくても判っている! という声が聞こえてきそうですね。では次の作品を見てください。

昆陽池に鴨がたくさんおりました

季語(鴨)も入っているし、ちゃんと五・七・五になっていますね。でもこれは俳句ではありません。これを読まれたとき、あなたはどう感じましたか?ああ、そうですか…というほかはありませんね。この句からは感動というものが伝わってきませんからただの ”報告” です。

では次の句はどうでしょう。

夕日落つ土手のコスモス揺れやまず

黄昏どきのコスモスが土手の風に吹かれながら少しずつ夕影を濃くしていく様子です。主観はどこにも感じられない単なる情景描写です。でも、

こんな情景どこかでみたことあるなぁ〜

と連想された方はいないでしょうか。もしこの句から、秋の一点景としての情景を共感してくれる人がいれば、それは立派な俳句なのです。じつはこれは、私が俳句を習い始めたころ、はじめて先生の選に入った句です。

"感動した情景を、スケッチブックに絵を描くように、ことばで写生する"

これが俳句作りの基本です。ただ見たままを写生するのは報告です。驚きや感動、ふと心にひびいた情景をことばで写しとるのが俳句なのです。

考えて作らず、感じて作る

幼子たちの素朴なことばや表現に思わず微笑んだり感心させられた経験はどなたにもあるでしょう。子供たちは決して知識に頼んだり理屈で考えたりして話すのではありません。心に湧いた感動を、そして驚きをただ素直にことばにしているだけです。

俳諧は三尺の童にさせよ。初心の句こそたのもしけれ

と、いう芭蕉のことばがあります。

技巧に走らず誰が見てもわかるように、つまり幼子のような素直な感性こそが、ほんとうに人の心に響くのだということを教えているのです。

作りながら覚える

句を作ろうとする前に、入門書を山ほど買ってきて読み始める方がいます。 はっきり言ってそれは間違いです。 余計な知識があるとそれに支配されてしまって感性が働かないのです。 作りながら、経験を重ねつつ感覚として覚えていくのが、上達への一番近道であることを明言しておきます。

とにかく騙されたと思って一年間我慢してわたしとつきあってみて下さい。 必ず、あなたは俳句作りの喜びと感動する心とを見つけられるでしょう。

インターネット句会を活用しましょう

勇気を出して投句しましょう

作品ができたらそれが他の人にどれだけ共感してもらえるかを確認してみたいですよね。 勇気を出して句会へ投稿してみましょう。 自分の作品が他の人にどんなふうに受け入れられるかを知るのはとても励みになります。

Webで検索されるといろんなサイトで無料のインターネット俳句会が運用されています。 ゴスペル俳句のサイトが運用開始した10年ほど前は、 横書きメディアのWebで縦書き文化の俳句会を運用するなどということは異端でした。 けれども、いまはIT俳句会なるものは星の数ほどあります。 自分に合うと思われるサイトを探して参加されるといいですね。

  • インターネット句会(Google検索)

    このホームページでも毎日開催のインターネット句会を開催しています。 もちろん参加は無料ですがゴスペル俳句で学んで下さる方を対象とした会員制で運営しています。

    毎日句会のご案内

    選句の練習を始めましょう

    おおかたのインターネット句会では、投句だけではなくて選句にも参加する仕組みになっています。 こうすることで互いに自分の作品を他の人に評価してもらえるシステムなのです。 投句に自信がないという方は選句だけでも参加して下さい。 良い作品に触れるだけでも詩心が養われます。

    秀句から学んで選句力を磨きましょう

    指導者は、その人にどのくらい作句力が身についたかを見極めるとき、どのような句を選んでいるかという選句傾向をチェックします。つまり、選句力は作句力の裏返しというわけです。 他の人の選と自分の選んだ作品との違いを比較学習することは自分の上達程度を見極めるのにも役立ちます。句会などでは選者選とどのくらい合致しているかというのをチェックするととてもよい復習になります。

    毎日句会に投稿された全作品は、後日みのるが選んだものを、 毎日句会みのる選 というページに発表しています。 ぜひ一度、このページもご覧になってください。 毎週の秀句を復習することはとても重要なことなのです。

    早く上達するために

    わたし自身の経験からいくつかのポイントを紹介します。

    学びのための基本姿勢

    最も大切なことは句会の結果に一喜一憂して振り回されないことです。

    ゴスペル俳句は初心者の割合が多いです。 だから、互選(句会で参加者が互いに選することをいいます)で高得点を得た作品が必ずしも秀句であるとは言えないのです。当然ながら、わたしの選が絶対とも言えません。

    句会の結果を復習されるときは誰がどんな句を選んでいるか・・と言う点に注目して御覧になると良いです。 ほんとうに実力のある人は選もしっかりしているからです。

    句会のあとで没になった自分の句のどこがどういう風に悪いのか説明してくれと選者に食い下がる人がよくいます。欠点の追求は無駄ではありませんがそれで俳句が上手になるとも思えません。駄目な物は駄目と割り切って次なる挑戦に気持ちを切り替える。このコントロールがうまく出来ない人は、どんな立派な先生に学んでも不満を言うでしょう。

    選者(指導者)を信じられなければその人に師事して学ぶ意味がありませんし、指導する側もまた空しいものです。 学びは師弟双方の信頼関係によって成り立つものです。 教える方も学ぶ方もお互いに真剣勝負だということを認識して励みましょう。

    たくさん詠んで、たくさん捨てる

    毎日最低でも二句以上は作ってください。土曜日とか日曜日にまとめて作るというのもわるいことではありません。でも一句ずつでも良いから、毎日作って休まずインターネット句会に投句するという習慣の方が遙かに効果的です。

    GH毎日句会 はそのために運用しています。

    没になった作品を何度も練り直して、いつまでも未練を持つタイプの人がいます。はっきり言いますとそんな人はなかなか上達しません。なぜなら一句一句にこだわる癖がつくと指導を受けても素直に受けいれられないので進歩が止まるからです。

    良い作品をたくさん読んで、鑑賞力を身につける

    好不調はだれにでもあることなので気にしないことです。不調だなと感じたらしばらく作句を休んで著名な作家の作品集などを鑑賞して気分転換すると効果的です。調子のでないときは感性の歯車が狂っているので良い作品を読むことでごく自然に軌道修正されます。

    このホームページの [ 秀句鑑賞 | みのる俳句集 | 青畝俳句研究 ]などのページはこの目的のために設置しています。 良い作品を正しく鑑賞することはまぐれではできません。

    鑑賞力を養うこと。これが上達への近道です。

    外へ出かけて作りましょう

    家の中で歳時記と首っ引きで俳句を作るのというのは正しい作句法ではありません。

    必ず戸外へ出かけて句を作る(吟行すると言います)・・という習慣を身につけてください。なぜなら、机上俳句は、作者の体験や連想力の範囲でしか詠めませんから類句が生まれやすいです。吟行することで思いがけない自然との出会い、小動物の営みや地域の人達との一期一会があるので新しい発見を得やすいのです。

    電車や車で出かけなくても近隣の散歩でいいのです。何人かの俳句仲間と吟行に出かけて、その後で小句会をするのは最も効果的で楽しい訓練法です。

    本格的に勉強したい方へ

    このホームページでの学びを通して俳句の楽しさを発見したあなたが、

    というあつい思いが起こされたなら、どうか俳句結社に入会して本格的に結社の主宰の指導を受けてください。それは一日でも早く決断されたほうがいいです。

    わたしのケース

    わたしも始めは何もわからなかったので、

    という理由だけで、「 ひいらぎ 」という結社を選びました。

    後日になって先生にこのことをお話したら大笑いされましたが、あながち見当違いではなかったと自負しています。 プロフィールにも書いていますが不思議な縁を感じます。

    俳句結社はほかにもたくさんあります。 俳句月刊誌を一冊買ってくれば全国各地主要結社の広告が載っています。 費用が安くて、あなたの住んでおられる地域にできるだけ近いところを選択されるといいでしょう。 判断に迷われた場合は、メールで相談してください。

    もし、あなたがこのサイトを卒業して本格的に学ぶ道を選ばれるなら、それは私にとっても望外の喜びです。

    感想・お問合せは気軽に

    みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

    Feedback Twitter

     

     Search  Feedback  Twitter About Me About This Site