投句画面

10月1日16時45分


投稿後は必ず結果が反映されていることを確認しましょう。 

編集 を押すと変更できます。


23   編集

店頭の秋の果物とりどりに


22   編集

月変はり閉店多し身にぞ沁む


21   編集

遠巻きに石舞台見る秋の虫


20   編集

稲刈りの寸前害虫猛威ふる


19   編集

葛の葉の虜となりし重ね垣


18   編集

秋草に囲まれ朽ちし投句箱


17   編集

十六羅漢喜怒哀楽や身にぞ沁む


16   編集

長き夜猫したり顔時止まる


15   編集

お茶飲みに弾ける笑顔茄子の艶


14   編集

斧ひとつ欠けて蟷螂仁王立


13   編集

流鏑馬の二の矢金風切り裂けり


12   編集

ゆく雲に後退るごと嶺の月


11   編集

夜遊びの猫らし月の影法師


10   編集

大沢池蓮のお喋り止めば秋


9   編集

鰡跳べば明日は晴れると思わずや


8   編集

こぼれ萩疎水に彩をちりばめて


7   編集

朔日参り絶へぬ朝や爽やかに


6   編集

一斉に飛び立つ穭田の雀


5   編集

僧の描くチョークアートや寺の秋


4   編集

八千草に伍して縁なすタマスダレ


3   編集

鰯雲幼き頃の友偲ぶ


2   編集

花の道カメラを向けて一歩二歩


1   編集

魚信なし夜目にも高き秋の潮


編集 を押すと変更できます。

管理用