互選の結果

2021年1月15日


 投句20名 選句24名
作品 作者 点数  この句を選んだ人
人日や昭和の御世も語りぐさ  みのる 7 菜々.宏虎.素秀.たかを.三刀.たか子.うつぎ.
託されし老犬と吾春を待つ  むべ 5 智恵子.せいじ.明日香.ぽんこ.もとこ.
牛の尾の左右に揺れて草萌ゆる  音吉 5 むべ.せいじ.みきお.もとこ.凡士.
長老の片肌脱ぎや弓始  なつき 4 智恵子.素秀.たか子.うつぎ.
雪雲の裾よりこぼる日射しかな  やよい 3 あひる.明日香.小袖.
臘梅の日差しとどめて香を放つ  満天 3 あられ.むべ.小袖.
黄泉の国かくある景か枯れ尾花  潤道 2 三刀.音吉.
壁に貼る番付表や小正月  こすもす 2 ぽんこ.なつき.
陽だまりの冬芽ふっくら天を突く  やよい 2 菜々.満天.
追憶碑ぽつんと残し川普請  なつき 1 やよい.
蝋梅の開花一輪空の青  豊実 1 こすもす.
風花のいつのまにやら吹雪きへと  こすもす 1 宏虎.
腰下ろし伸ばす手に触る仏の座  智恵子 1 豊実.
喪中家に墨の匂ひの寒見舞  素秀 1 たかを.
幹に鍬枝に手拭ひ梅の花  潤道 1 豊実.
寒凪や無防備にふと外出す  たか子 1 こすもす.
雪融けて球根伸びる植木鉢  明日香 1 満天.
夕暮の歩道迫り出す冬木の芽  せいじ 1 みきお.
ふんまえる自粛生活山眠る  ぽんこ 1 あられ.
玄関を叩き屋根へと石叩  三刀 1 あひる.
煮凝りの鯛の目玉を戴きぬ  宏虎 1 凡士.
坪庭の余白を埋め草萌ゆる  せいじ 1 なつき.
玉の日に透く蝋梅の濃き香り  智恵子 1 やよい.
以上.
Gosen CGI Copyright (C) 2000 by Minoru Yamada.