定例句会みのる選

今年度の成績を表示しています。

2018年1月16日(参加者15名)

竹爆ぜて里に谺すとんどかなうつぎ
とんど果つ谷戸に東雲明りかなうつぎ
里山を守る神へと大とんどうつぎ
歓声を浴びてとんどの大崩れうつぎ
ちろちりと天降るとんどの灰神楽うつぎ
青竹を金棒と持つとんど守うつぎ
風に威を得てどんどの火いま佳境なおこ
左義長の炎天まであがれかしなおこ
どんど焼村の長老勢揃ひなおこ
灰浴びて息災願ふとんどかななおこ
左義長の火守に走る男どちなおこ
遊子へもふるまひ酒や飾り焚くよう子
火柱の龍舌となる吉書揚よう子
御用聞き今日はとんどの火守役よう子
いつ爆ぜるかと身構えるとんどかなよう子
竹櫓倒れ火襖とんど焼よう子
かちかちの轍も緩むとんどかな小袖
燃え盛るとんどに神の宿るかと小袖
竹爆ぜる音連鎖せるとんどかな小袖
嬰の笑み百面相や家の春宏虎
杖つけど口は達者や老の春宏虎
小豆粥俳句長者を願ひけり宏虎
袖垣へしだれて一枝梅つぼむ菜々
葛湯吹き脳は俳句に遊びをり菜々
薄紅の花の切手に寒見舞菜々
四音晴恋愛成就の絵馬多しはく子
梅蕾むビルの底ひに露天神はく子
石柱に対戦弾痕身にぞ入むはく子
緑青の屋根越ゆ火屑どんど焼ぽんこ
魁は神の御室の山椿ぽんこ
幼子の瞳に燃ゆるとんどの火ぽんこ
一枚のお札高舞ふとんどかなたか子
風も無くとんどの炎直立すたか子
盆栽の古木傾く枯野かなもとこ
乗り越して見知らぬ駅の冬日向もとこ
初髪の娘ら匂ひける朝かな有香
予定表パスはやむ無し風邪に伏す有香
寒晴やハートの絵馬の犇めきて満天
page_top

年度別一覧

2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site