やまだみのる

初心者の方を対象とした無料添削制度

初心に返って学びたいという方ならどなたでも遠慮なくどうぞ

はじめに

最近テレビ番組「プレバト」を見て興味をもったので俳句を始めてみたい…という若い方が増えていて、とてもありがたく感謝しています。ただ番組はあくまでバラエティーとして面白おかしく演出構成されたものです。

実際の俳句の学びというのは本来もっと真摯な姿勢で取り組むもの、そこを勘違いして始められると直ぐに挫折します。以下の約束をよくお読みいただき納得されたうえでお申込みください。

この制度のお約束

ごくたまにですが、約束をよく読まずにいきなりメールで作品を送ってこられ、

"贈答句に使うので添削してほしい"

という方がいらっしゃいますが、そのたぐいはお受け出来かねます。申し込まれる前に必ず以下のページを読んで俳句を学ぶ上での姿勢や心がけを正しく理解することから始めてください。

無料添削の心がけ

無料添削を希望される方は、必ず以下のことをご承諾ください。

添削指導で学ぶ姿勢

正しい姿勢で学ばないと幾ら添削指導を重ねても上達しません。

添削による訓練は孤独な学びですが、根気よく反復して訓練していくうちに直感的に句の良し悪しがわかってくるのです。

評価基準について

添削された句は誰の作品

作品は原作者に著作権があるので、添削を受けたものもあなたの作品です。

なるべく作者の感動を尊重して添削していますが感じ方が間違っているときには、その方向を180度修正する場合もあります。

添削後の作品に抵抗があるときはその句は捨ててください。

添削された作品を自分の作品とするか否かは作者の自由です。

添削内容についての質問

添削内容についての質問は原則として受け付けません。

添削内容の説明をすることは不可能ではありませんが、説明を聞いて納得しても実作に役立つことは少なく、知識を詰め込み過ぎると、句を詠む段階であれこれと知識が脳裏をよぎるため感性の働きを阻害します。

俳句は理論や知識で作るものではなく、直感的な感性を働かせて授かるものだからです。

指導方針に疑念を感じられた時

ごくまれにですが添削内容や指導方法等について不満の声がとどくことがあります。

誰に学ぶにしてもその指導者を信頼して修練に励むことが基本ですので不満や疑念をいだきつつ学びを継続しても上達は望めません。

信頼関係のない学びは互いに虚しいものです。あなたには指導者を選ぶ権利があります。添削の学びを継続されるか中止されるかもあなたの自由です。

無料添削指導の仕組み

添削を受けられる方は、以下の内容に沿って投稿してください。

作品について

添削を受ける手順

投稿句へのご返事

感動が伝わる作品にのみ印をつけ必要なら添削します。

それ以外の作品は印をつけています(没)。

無料添削の申込み

下の Feeddback ボタンからお申し込みください。

Feedback

  1. 俳句歴やゴスペル俳句で学びたいと思われた理由等を簡単に書き添えてくださると感謝です。
  2. 送信ボタンを押す前にもう一度ご自分のメールアドレスに記入ミスがないか確認してください。
  3. 送信後に自動確認メールが届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性があります。

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site