吟行句会の心がけ

 やまだみのる

吟行句会に参加するときの心がけ、世話役・幹事をするときの心がけをまとめました。

持っていくもの

文房具

筆記用具は予備のために複数持っていく方がいいです。 推敲するために赤の鉛筆かボールペンがあれば便利です。また投句したり清記用紙に書くときは、弱視の方のために太い字ではっきり書くのがマナーなので、サインペンか筆ペンがいいです。書き損じたときのために修正ペン、紙を切るため小型のナイフ、ハサミなどもあれば重宝です。

句帳

書店で探せば、付録に季語が載っている専用の句帳が売っています。でも、使い古しの手帳とかメモ用紙を小さく切ってホッチキス止めしたような自作の句帳とかでも構いません。 句帳に文字を書くときの注意は、ぎっしり詰めて書くのではなく、あとで推敲するときのために句と句の行間スペースをたっぷり取っておくと便利です。

季寄せ、歳時記、辞書

ポケットサイズの季寄せを一冊持っていると便利です。歳時記はかさばるので吟行時に携帯するのはお奨めしませんが句会の時にはあった方が便利です。ほかに50,000語くらいの小型の国語辞典とか、漢和辞典、用字辞典など好みによって一冊持っている方が良いでしょう。最近は電子辞書を使う人が多いです。

その他便利グッズ

不案内な吟行地の場合は簡単なガイドブックや案内図などもあったほうがいいです。その他大きめのビニール袋、大きい目のハンカチ・・等々

 Page_top

身の回り

服装

動きやすくて疲れない服装が一番です。時々、一張羅を着てきて汚れるのを気にしながら吟行している人がありますが、集中できないので良くないです。天候や気温が急変したりするので、季節に応じたカーデガンを一枚持っていると調整がききます。ハンカチ、スカーフ、大きめのビニール袋なども応用がきくので持っておくと便利です。

足もと

一番のお奨めは運動靴、ジョギング用のスニーカーです。最近は雨でも大丈夫な軽いトレッキングシューズを愛用する人も増えています。当然ながら堅い革靴とかハイヒールなどは避けた方がいいです。

吟行カバン

片襷に掛けられるショルダーバックがお奨めです。どうしても荷物が多くなる場合は小型のリュックとウエストポーチの組み合わせが便利です。とにかくいつも両手が空になるようにするのが秘訣です。ハンドバッグ、手持ちカバン等は吟行向きではありません。

 Page_top

吟行の心がけ

身軽に・・

荷物は最小限に、またできるだけコンパクトにして体に負担のかからないようにします。句会に必要な文房具、辞書その他重いものは別にまとめて、一時預かり、コインロッカーなどへ預けておくのが賢明です。吟行地と句会場が近いときは先に句会場に立ち寄って荷物が預けられると助かります。

同伴者

気心の知れた仲間と2、3人で吟行するのは良いと思います。但しおしゃべりがすぎないように注意します。マイペースを守りたいタイプの人は1人で吟行する方がいいです。気遣いのいる人と一緒に吟行しても句はできません。吟行途中で仲間に出会っても軽く会釈をする程度で、相手の作句の邪魔をしないように配慮するのがマナーです。相手が気づいていないときは無理に声を掛ける必要はありません。

場所を絞る

あちこち欲張りすぎると集中する時間が少なくなるので、ここだと言う感じを得たらその場所を動かないで頑張るのが一番良い結果が得られます。 人通りの多いメイン順路よりも裏ルートに案外よい句材が落ちていますから見逃さないように探しましょう。吟行経験を積むと句の拾えそうな場所を嗅ぎわける感も養われます。ベテランの人がどんな場所で句を作っているかをこっそり後を付けて勉強するのも一策です。

季語を見つける

漫然と歩き回っても句は拾えません。まず季語を見つけましょう。そしてその季語で作るようにします。同じ季題でもいろんなバリエーションがありますから季寄せなどでチェックしながら作句します。花とか小動物とかだけが季語ではありません。生活一般にまで視野を広げて季語を探します。動物園だから動物、植物園だから植物、墓地だから墓碑・・・というように場所との関連にこだわって季語や句材を限定すると失敗します。

まめにメモを取る

未完成の句でも必ずメモしておきましょう。感動したけれど具体的に詠めないということもあります。そんなときはできるだけ具体的に情景をメモしておきましょう。後で推敲しているときに突然ひらめくと言うことももあるからです。

 Page_top

句会の心がけ

時間厳守

句会場へは遅くとも30分前には着いているようにします。落ち着いて推敲したりするためには1時間前を目安にするのが理想です。幹事は遅くとも1時間前には着いて、会場の設営、句会用の短冊や用紙の準備などをします。

出句

短冊にはサインペンか筆ペンを使い太くてわかりやすい文字書きます。自信のない漢字は必ず辞書で調べます。当て字や略字などは使ってはいけません。原則としてルビは不要です。むりに難しい漢字を使わなくてもひらがな表記で十分です。説明文(どこそこで・・)を付加することは句会では控えるべきです。出句後の変更、修正は原則としてできません。書き間違いがないかなど十分チェックしてから出句しましょう。 締め切り時間ぎりぎりまで粘る人がいますが感心しません。必要以上に早く出すことも意味がないですが、おおむね10分〜5分前と覚えておくと良いでしょう。

清記

出句と同じように清記もできるだけ太い字で書きます。軽率に清記をすると原句と違う文字になっていたり、ことばが抜けていたりする事があります。これはとても失礼な行為になるので、書き終わってからもう一度短冊と照合して間違いがないかチェックします。短冊に書かれた文字や言葉づかいが間違っていることもまれにありますが、勝手に修正しないで基本的には原句のまま清記します。

選句

あれこれ考えたり迷ったりしないで、直感的によいと感じた句だけを抜き取って予選用紙(またはノート)に書き写してゆきます。勉強のため・・とかいう理由で全ての句を書き写そうとする人がありますがこれでは時間がかかりすぎます。手際よく選句して全体の人に迷惑がかからないようにと言うことを注意して下さい。目処としては自分の所に3枚以上清記用紙がたまり出すと、選が遅いと言うことになりますので、それ以上ためないように注意します。字が読めなかったり、意味がわからない句に出会ったときはパスすればいいのです。全ての句を完全に理解するのは無理です。また、選句中に隣の人とぺちゃくちゃおしゃべりをするのもいけません。自分の選が終わっても、全員が選句を終わるまで静かに待ちます。

披講

自分の句が読み上げられたら、間髪を入れず大きな声で名乗ります。遠慮して「○○です」と名乗る人がありますが、「です」 は不要です。耳をとぎすまして緊張して聞いていないと自分の句が読み上げられているのに名乗りが遅れます。これは選んでくれた人や披講者に対して失礼なので十分注意します。互選の最後に選者の選が披講されます。この場合は添削されている場合があるので特に注意して聞きます。

 Page_top

幹事の心がけ

案内

吟行地や句会場の情報をできるだけ詳しく且つ早目に広報します。案内地図があれば一番良いです。目的地までの経路や交通手段、移動時間などの交通情報は必須です。 出句締め切り時間のほかに句会場が何時から使えるかということを明記しておくと親切です。

時間配分

人数によって句会に必要な時間が変わります。10人程度なら1時間、20人を越えると2時間は必要です。初心者の割合が多い場合はもう少し余裕を見ておく必要があります。選句がスムーズに進んでいるか、特定の人の所で滞っていないかなどをチェックし、必要なら遠慮しないで注意します。

気配り

披講をお願いする人には当日ではなく事前に依頼しておきます。短冊を配ったり、茶菓の用意をしたりする奉仕者も事前に決めておきます。お役目に当たった人は他の人より早めに出句を済ませて、締め切り前にばたばたしないように余裕を持っておく必要があります。初心者の方に負担になりますのである程度経験のある人を指名します。

 Page_top

句会が終わってから・・

句会が果ててから時間に余裕があれば喫茶店などで仲間同士の親睦をはかると楽しいです。互いの句や選について意見交換するのも良い勉強になります。ただし、注意しなければならないのは決して欠点探しをしないこと。あそこをこうしたらもっと良くなったんではないの・・・くらいにとどめて、プラス思考の議論をすることが大切です。あの句は良かった、特にこういう点がよかったというような話し合いが一番有効です。ベテランの人が自説を振りかざして座の雰囲気を仕切ってしまうことは最も戒ましむべき行為です。むしろ、初心者の発言を促したり、適切なアドバイスをしたりして和やかな雰囲気になるように配慮することが大切です。

FeedBack

あなたのご意見・感想をお送りください。どんなことでもお気軽にどうぞ。

やまだみのるへのフィードバック

男性   女性

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。