主観と客観

やまだみのる

作句の壺シリーズ

俳句では主観とか客観とか言うのがよく論じられる。

高浜虚子は弟子たちを指導するのに客観写生を提唱してきた。ぼくも初心のうちは徹底して客観写生を勉強するように導かれた。しかし、感動は心である。心の昂ぶりを伝えるのに主観が無ければ語れない。そこで異論や疑義が生じる。

ぼくの教えていただいた阿波野青畝先生は主観の作者で知られるが、その作風の根底は客観写生である。先生は手をさし出しておっしゃった。

「主観と客観は物心一如である。この手が主観であり客観なのだ。しかも客観は手の甲、主観は手のひら、この手を握りしめれば、手のひらは内側に隠れて主観は見えなくなる。主観と客観は便宜上分けていっているのであって、別々のものではない。それを別々にしたら死んでしまう。実際に句を作るときは、主観を忘れて客観を良く働かせることが一番大事です。ともすると主観があらわに出て邪魔をします。」

ちょっと難しいですが、とても含蓄のあるお話なので書いてみました。

(2000年06月03日)

 
 Search  Feedback  RSS/Atom About Me About This Site