どうして実作が大事なの

やまだみのる

理論からはじめるとつまづきます

ゴスペル俳句では、難しい理論から学ぶのではなくて、実作から始められることを強く提唱しています。

これは、みのる自身が先生に教えられ、実際に経験してきたことなので確信があるからです。

残念ながら、こうした学びの方法に飽きたらず、また辛抱できないで落伍していった人たちも多く見てきました。 ですからゴスペル俳句を訪ねて下さった方には、「騙されたと思って一年間ぼくとつきあってください」と、 お願いしています。 もし一年間騙されてくださったら、必ずあなたもそれが真理であると確信されるはずです。 ホームページを公開して2年以上過ぎました。このことを立証してしてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

具体的なたとえ

母教会で英会話を学ぶサークルがあります。 文法を学ぶのではなく実際に英語で話しあうことを訓練します。 例えば、[one of]と言うことばは、「ワンノブ」と発音するのではなく、 実際の会話では、「ワナブ」という感じに聞こえ且つ話す・・という具合にです。 いくら英文法に長けていても、聴き方が解らなければ理解できないし、 自分が聴いて理解できる範囲しか喋れない・・・と、先生は言われました。然りと思います。

じつは英会話サークルのメンバーに商社マンの方が一人おられ、 こんな逸話を聞かせて下さいました。

彼は仕事柄、英字新聞もばりばり読めるし取引に関する書類のやりとりでは、 何の不自由もないレベルの英語力がある人です。日本の英語教育のお陰ですね。 ある夜、どうしても急な確認が必要だと言うことで、海外の取引先から自宅へ直接電話がありました。 ところが、ぺらぺら早口でしゃべられると手も足もでず、しどろもどろになってしまったそうです。 メールや書類上でのやりとりでは、超一流の英語で信用を得ていたので、相手は「ほんとうに おまえはMr.○○(彼の名前)なのか」と、疑われたというのです。笑えない話ですよね。

直感を育てる

俳句も同じ・・というと異論が聞こえてきそうですが、知識や理論だけでは 決して本物の俳句を理解することは出来ません。 まぐれならともかく理解できない以上の作品を創作することなどとうてい出来ませんよね。 まず、実作から初めて出来るだけ本物の俳句に触れること。 知識や理論では説明できない直感的な感覚を訓練することが大切なのです。 これを続けている間に知識や理論は自然に覚えます。

(2002年11月2日)

 
 Search  Feedback  RSS/Atom About Me About This Site