やまだみのる

最近テレビの番組でも、随分俳句を取り上げるようになったと思う。

あんまり聞いたこともない名前の指導者が主宰して、 面白おかしく選や指導をしながら番組を進行していく。

でも、何となくいぶかしい気分になることが多い。

結局、俳句の価値観という物差しは、自分が学んだ師によって違うということなのでしょうね。

今日、「作句の壷」の編集をしながら、青畝先生の俳話を読んでいて、ふとそんなことを思いました。

(20年05月16日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site