やまだみのる

茲十日萩大名と謂ひつべし 青畝

青畝先生の作品を鑑賞していると、いろんなことが思い出されて胸が熱くなります。

結社『ひいらぎ』の事務をお手伝いをしていたころに、かつらぎ庵にも何度かお邪魔して先生のお話をお聞きしました。 かつらぎ庵のお庭には萩がたくさんあって、盛りの頃のそれは実に見事だったさうです。

あるとき、青畝先生から思いがけないお言葉を聞きました。

"これからの俳諧のために、あなたのような若い作家が頑張って欲しい。
みのるさん恃みますよ・・・"

というような意味のお話でした。

私は、自分の耳を疑いましたが先生は真顔でした。今でもそのお言葉は脳裏に焼きついています。

なぜ若輩の私にそんなことを言われたのか、それが何を意味するのかいまもよくわかりません。けれども、このお言葉を忘れない限り私は俳句を愛しつづけるでしょう。

青畝先生には、野心という言葉は全く縁なく、俳句を愛し弟子を愛し、そして俳諧を愛して後進の指導を使命としてひたすら献身的な生涯を全うされました。

 "多くの弟子の中で最も先生に愛されたのは自分かも。"

先生の謦咳に接した誰もが、そう錯覚するくらいに親しみやすく慈愛に満ちたかたでした。

満面に汗して酬もとめざる  青畝

この句に代表されるように、先生の確とした姿勢は誰にも真似の出来ないものと思います。

作品は勿論ですが、青畝先生の残された多くの俳句のこころは大切な遺産です。

「みのるさん恃みますよ・・」と仰った先生のあたたかい励ましに応えるためにも、決してGHの運営を誤ってはならないと思います。

萩焚いて先師のこころ温づねけり  みのる

(2002年12月14日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site