やまだみのる

句会の形式に「席題」というのがあります。これは兼題と似ていますが少し違います。 兼題が句会に先立ってあらかじめ知らされるのに対して、席題は句会場にいって始めて知らされます。 ですから、どうしても考えて作るという形になります。 吟行経験の豊富な作者なら過去の吟行の体験を思い出して、吟行句らしく作ることが出来ますが、 初心者には席題というのはちょっときついですね。

ベテランの俳人たちが集まってあそぶ「袋回し」というゲームがあります。 これも席題の一種といえます。 例えば5人のメンバーがいたとして一人が1題づつ季語を短冊に書きます。 この短冊を袋に入れて見えないようにして、順にまわしていくんです。 そして回ってきた袋の中から短冊を出し、そこに書いてある季題で句を作ります。 5分とか10分とか制限時間を決めておいて、時間が来るまでは何句でも投句できるんです。 そして時間がくれば互いに次ぎの人に袋を回して、 同じように繰り返して全ての袋が回り終えたら投句終了です。

つぎに全ての投句をあつめて等分に分けてメンバーに配り、 清記用紙に書いてから普通の句会と同じようにそれをまわして句を選んでいくのです。 そして最後に披講します。 あくまで遊びですが、リラックスして作れるので意外と名句(時には迷句)が生まれることもあります。

このように俳句にはいろんな形式の楽しみ方があるんですが、 ようするに仲間同士が楽しく交わることが俳句が「座の文学」といわれる所以なのです。

(2001年7月6日の日記より)


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site