投句画面

毎日句会

4月24日23時3分  投句済 18名


 投稿後は必ず結果を確認するようにしましょう。
 締め切り前であれば 編集 をクリックして何度でも変更できます。

31  編集

藍染の夏のスカーフ満中陰

30  編集

裾わけと隣りから来る春キャベツ

29  編集

なんじゃもんじゃの花春光に輝ける

28  編集

ゆらぎつつ真紅の牡丹照り翳り

27  編集

車窓今山藤纏う木々数多

26  編集

竹やぶの裾野埋めるシャガの花

25  編集

山笑ふなんじゃもんじゃの花咲かせ

24  編集

八幡太郎ゆかりの宮や楠新樹

23  編集

良縁祈願の幟はピンク春うらら

22  編集

とりどりの雨の躑躅の遊歩道

21  編集

雨うけて一際白き海芋かな

20  編集

走り根に風が集めし花の蕊

19  編集

遊歩道瀬音安らぐ薄暑かな

18  編集

たまさかの湖周めぐりや余花の雨

17  編集

眺望す近江平野の代田かな

16  編集

チューリップカメラ放列はじらひて

15  編集

墓地の上山藤垂れし匂い立つ

14  編集

しやぼん玉飛んで来たるや人見えず

13  編集

街囲む山々静かに笑い始む

12  編集

どうだんの次は霧島庭満開

11  編集

あら嬉し茹でたけのこのお裾分け

10  編集

新緑の狭庭彩る躑躅かな

9  編集

幹一本藤房百本垂らしけり

8  編集

種蒔くや前後ときめきはやしたて

7  編集

山麓にひと続きなる柿若葉

6  編集

高速を飛ばせば青嶺迫り来る

5  編集

紋白蝶ベンチの吾を存問す

4  編集

湯煙の張りつくごとく春の山

3  編集

落花舞ひやまざる寺の能舞台

2  編集

猫二匹寝る前点呼夏来る

1  編集

灯消すやサイレン響く春の宵


 締め切り前であれば 編集 をクリックして何度でも変更できます。
管理用