成績一覧

過去一覧

8月29日 (投句17名 選句17名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ハーブティの熱きを淹れて暑気払ふ うつぎ 6 はく子.小袖.なつき.満天.よし子.よう子.
短冊に五歳の願ひ星祭 よし子 6 せいじ.素秀.わかば.宏虎.こすもす.みのる.
昼寝子に指にぎられしまま添ひ寝 みのる 4 せいじ.更紗.こすもす.よう子.
小さき葉も日の斑乗りたる谷涼し よう子 4 愛正.はく子.小袖.かかし.
木漏れ日に現れては消ゆる蜘蛛の糸 うつぎ 4 せいじ.なつき.みのる.よう子.
秋植の薯ひと撫でし埋めにけり 小袖 3 せいじ.素秀.うつぎ.
墨を磨る闇にかよわき秋の蝉 そうけい 3 わかば.宏虎.よし子.
開くたび熱風どつと自動ドア せいじ 3 更紗.なつき.みのる.
子ら去りて流星の夜の一人かな なつき 3 こすもす.かかし.うつぎ.
まかせよと背筋伸びたる瓜の馬 なつき 2 小袖.かかし.
谷川の水のかげろふ秋澄める 小袖 2 そうけい.宏虎.
蜘蛛の糸揺らぎて日矢に捕まりぬ よう子 2 更紗.うつぎ.
堰落つる川風起こし秋気澄む 宏虎 2 かかし.満天.
野球少年寡黙にバット振る晩夏 なつき 2 はく子.満天.
推敲のままに落ちたる昼寝かな みのる 2 小袖.うつぎ.
先ず水を撒いて新聞取りに行く こすもす 2 更紗.うつぎ.
七十五年過ぐ祈りの八月 はく子 2 わかば.よし子.
切れし舌代えて風鈴上機嫌 みのる 2 なつき.宏虎.
脚白き父はしゃぎたる水遊び なつき 2 素秀.わかば.
芋の葉を叩き流るる銀の雨 素秀 2 はく子.そうけい.
一望に棚田開ける稲の秋 宏虎 1 愛正.
掃苔の道具鳴りをり高速路 よう子 1 せいじ.
石垣の反りて秋水巡りけり こすもす 1 そうけい.
投函のにぶき音して秋暑し よし子 1 愛正.
秋立つや仏間に朝の風入れて よし子 1 かかし.
夕涼や波打ち際に母子遊ぶ せいじ 1 宏虎.
床の間の一輪挿しや涼新た 更紗 1 満天.
この残暑園児蛇口をわしづかみ かかし 1 小袖.
茄子の牛布巾でそつと磨く父 なつき 1 素秀.
カンナ錆び赤銅の花残したる 素秀 1 愛正.
夕風に任せ色変ふ酔芙蓉 そうけい 1 はく子.
しろがねの海に溺れる芒原 素秀 1 なつき.
日盛りや自動運転モノレール 更紗 1 みのる.
立話しているだけで汗滂沱 菜々 1 みのる.
川筋のこれかと思ふ律の風 小袖 1 よう子.
男一人何するでなくハンモック うつぎ 1 よし子.
一と所水かげろうす秋の川 うつぎ 1 よう子.
夕立ちあと一息つける夜の静寂 はく子 1 こすもす.
図書室の書架を盾とす昼寝かな みのる 1 愛正.
鉄路果て人は降り立つ花野なか 素秀 1 そうけい.
近江路の此処は一面早稲田なり せいじ 1 素秀.
草波を入り分く木道松虫草 愛正 1 わかば.
八月や年々熱くなる地球 はく子 1 満天.
寄り添うて風の意のまま女郎花 わかば 1 更紗.
蛇の髭生ふ炭窯今し獅子頭 うつぎ 1 そうけい.
万葉の歌碑を綴るや女郎花 わかば 1 よし子.
空砲の四方なる谺威銃 かかし 1 こすもす.

8月22日 (投句16名 選句18名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
稗一本早稲の穂波を抜きん出て うつぎ 8 愛正.せいじ.素秀.小袖.こすもす.そうけい.みのる.よう子.
夏草やただ一塊の力石 よし子 7 愛正.せいじ.素秀.なつき.そうけい.更紗.うつぎ.
踏切を渡れば故郷赤のまま よし子 5 菜々.せいじ.わかば.かかし.更紗.
洗われて朝日まばゆき夫の墓 よし子 4 菜々.せいじ.なつき.かかし.
梅花藻の花屑掬ふ茶屋主 よう子 4 せいじ.はく子.こすもす.みのる.
朝の間に用事を済ます残暑かな 小袖 4 宏虎.満天.更紗.みのる.
入店のサーモグラフィ秋暑し よう子 4 小袖.なつき.更紗.うつぎ.
子に返りいよいよ元気生身魂 はく子 3 なつき.かかし.うつぎ.
提腕に滲む半紙や熱帯夜 愛正 3 菜々.わかば.よう子.
七夕竹親子の願ひ吊しけり 宏虎 3 わかば.はく子.よし子.
自転車の吾と並び行く赤とんぼ せいじ 3 わかば.そうけい.みのる.
縁側や干草匂ふ川面風 愛正 2 わかば.はく子.
ケアハウスの軒端にゆれて笹飾り 菜々 2 はく子.こすもす.
頂きの若草山や涼新た かかし 2 小袖.宏虎.
コロナ禍を戦禍に重ね終戦日 せいじ 2 こすもす.かかし.
同姓の墓碑銘多し墓洗ふ はく子 2 なつき.よし子.
朝の窓枝移りする鳥涼し そうけい 2 満天.みのる.
一言の世辞も無くなり盆の僧 宏虎 2 素秀.よう子.
夫婦香具師見切り猛暑の早仕舞 なつき 2 小袖.はく子.
スリッパの逸れて韋駄天油虫 みのる 2 菜々.よう子.
家籠り続く素つぴん水中花 なつき 1 かかし.
放牧場干草被る道祖神 愛正 1 小袖.
蓮咲きて浄土の夫を疑はず うつぎ 1 こすもす.
補助輪の取れしどや顔夏休み かかし 1 愛正.
星月夜頼り切り足り羅針盤 宏虎 1 愛正.
夏霧や木立に欠けし供養塔 よう子 1 そうけい.
かぶりつきさくらと見たる夜店かな みのる 1 菜々.
大噴水直立四囲はフラダンス みのる 1 うつぎ.
耳うとき事は取得か生身魂 はく子 1 愛正.
灼くる道歩み止めれば死ぬるかと せいじ 1 うつぎ.
池に映ゆ市民の森の百日紅 せいじ 1 満天.
蟋蟀の鳴き初む夜半の静寂かな わかば 1 宏虎.
爪弾きされて転がるだんごむし みのる 1 素秀.
稲の花黙礼なれど笑まふ顔 かかし 1 よし子.
手のひらに天蚕一個巡礼者 愛正 1 素秀.
夜の更けて虫の音を聴く頃となり わかば 1 宏虎.
秋めくや始発電車の透る音 そうけい 1 よし子.
秋の虹歩いてゆけば届きそう 小袖 1 よし子.
里山の日差しに蓮の凛と咲き 小袖 1 満天.
コロナ禍のお盆休みに子ら居らず せいじ 1 満天.
真の闇ひかる稲妻街と町 宏虎 1 そうけい.
朝露の玉なす草の清々し わかば 1 宏虎.
赭梨の剥ひて透けたる水の色 素秀 1 よう子.
ストローでゼリーすすりて暑気払ひ なつき 1 更紗.

8月15日 (投句15名 選句18名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
長兄の一人生家に生身魂 はく子 6 素秀.満天.そうけい.よう子.よし子.みのる.
帰省子はリュックひとつに笑顔かな よう子 5 はく子.小袖.こすもす.わかば.かかし.
廃校の低き蛇口や日輪草 かかし 5 せいじ.愛正.はく子.こすもす.みのる.
ローマ字の表札の家秋簾 うつぎ 4 宏虎.せいじ.よう子.みのる.
鈴生りの蝉に鳴かるる庭仕事 うつぎ 4 せいじ.小袖.そうけい.わかば.
子らびしよびしよ土竜たたきの噴水に みのる 4 菜々.こすもす.わかば.うつぎ.
庭石と禅問答す端居かな みのる 4 宏虎.愛正.なつき.満天.
青田風総身に受けて朝散歩 はく子 4 宏虎.わかば.満天.うつぎ.
力石凭れ合ひたる暑さかな うつぎ 3 菜々.更紗.よし子.
厨ごとすませ一人に夜の秋 わかば 3 素秀.よし子.うつぎ.
瓦斯燈の灯る街角夜の秋 わかば 3 満天.更紗.みのる.
一揆寺門を横切る蟻の道 なつき 3 せいじ.そうけい.かかし.
竹落葉褥に力石二つ うつぎ 3 はく子.素秀.みのる.
心太薩摩切子の器にて かかし 3 なつき.満天.よし子.
笹散るや力石ある古墳山 小袖 2 なつき.わかば.
十六夜や赤き鼻緒の緩びたり そうけい 2 菜々.かかし.
羅の裾翻し僧侶かな こすもす 2 宏虎.かかし.
山際に錆色著き盆の望 はく子 2 小袖.よう子.
工事音つのるばかりの残暑かな そうけい 2 更紗.よう子.
風入れや皺の波打つ太子絵伝 なつき 2 はく子.小袖.
愛想の会釈だけして盆の僧 よう子 2 宏虎.愛正.
点在のわらべ地蔵や花桔梗 こすもす 2 菜々.かかし.
遠州の庭を透かせて青すだれ みのる 2 小袖.なつき.
ママちゃりで迎への親子赤とんぼ かかし 2 菜々.うつぎ.
積み重ねる墓石は無縁の草いきれ ぽんこ 1 そうけい.
夏果てて膝に二つの残り傷 素秀 1 はく子.
のどごしも甘味も良しの水羊羹 かかし 1 更紗.
黴の香やシーズンオフの宿台帳 愛正 1 更紗.
初秋の雲を水面に山の湖 わかば 1 せいじ.
無聊なる日々に桜の満ちて散り よし子 1 愛正.
朝涼の寺に砂浴ぶ雀どち 小袖 1 そうけい.
熱中の吾には聞こえぬ蝉時雨 うつぎ 1 よう子.
風入れの地獄草紙の赤揺らぐ なつき 1 素秀.
亡き友の妻より届く夏見舞 せいじ 1 素秀.
端居して諾否決めかねゐたりけり みのる 1 うつぎ.
会わざりし友へ一筆夜の秋 わかば 1 よし子.
流れ美しき国宝社殿屋根涼し はく子 1 こすもす.
上段に太子像置きお風入 なつき 1 こすもす.
どの文もコロナ注意と夏見舞 せいじ 1 なつき.
竹林のさやぎ近づく風涼し よう子 1 愛正.

8月8日 (投句15名 選句17名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蝉の穴幼なの指の好奇心 みのる 6 愛正.はく子.小袖.わかば.こすもす.うつぎ.
船頭に僅かな木陰三尺寝 小袖 6 素秀.こすもす.よし子.かかし.よう子.なつき.
打ちつけて湖面を走る夕立かな 愛正 5 素秀.こすもす.よし子.よう子.うつぎ.
栞して漱石横に大昼寝 うつぎ 3 宏虎.よう子.みのる.
朝市の農夫ら嬉々と梅雨の明 うつぎ 3 宏虎.小袖.わかば.
豆腐屋の喇叭逃げ出すはたた神 よう子 3 小袖.そうけい.うつぎ.
天鵞絨の苔庭破り蝉の穴 みのる 3 はく子.せいじ.かかし.
すぐそこと言われて遠き夏野かな よし子 3 愛正.素秀.ぽんこ.
白樺に架かる避暑地の案内板 みのる 3 はく子.なつき.うつぎ.
無住時の野草にあそぶ夏の蝶 よし子 3 愛正.わかば.そうけい.
妙見山の水は豊かや青田波 よし子 3 小袖.菜々.みのる.
よき位置によき枝葉あり蜘蛛の糸 せいじ 3 愛正.菜々.そうけい.
雨乞ひの宮に数多の蟬の穴 なつき 2 みのる.うつぎ.
雨乞ひの宮に市立つ蟬時雨 なつき 2 愛正.よし子.
縁の下走り抜けたる羽抜鶏 素秀 2 菜々.なつき.
猛禽の顔で洞出る青葉木菟 素秀 2 はく子.わかば.
梅雨明けや竿竹売りの声高し 小袖 2 よう子.なつき.
一人身の自由不自由夕端居 うつぎ 2 よう子.なつき.
蝉しぐれ二十階へと湧くごとく はく子 2 せいじ.菜々.
雨跡や梢より降る蝉時雨 ぽんこ 2 よし子.みのる.
かなかなの間遠となりて夕帷 みのる 2 素秀.せいじ.
いつの間に空蝉ばかり我が狭庭 小袖 2 宏虎.こすもす.
那智の滝怒濤の落下轟けリ 宏虎 2 はく子.ぽんこ.
蝉穴の金輪際を蟻のぞく みのる 1 そうけい.
捕らんとの技や蜘蛛の囲三次元 せいじ 1 かかし.
大歩危は祖谷の吊橋蝉時雨 宏虎 1 そうけい.
綻びし隣国の友花木槿 わかば 1 ぽんこ.
喜寿迎へ三代揃ふ夏座敷 かかし 1 宏虎.
汗疹の児小さき角めく結び髪 なつき 1 せいじ.
白南風の通り過ぎたる湖畔茶屋 そうけい 1 よし子.
幼子に飾りのごとく夏蝶来 そうけい 1 せいじ.
噴水の力一気に抜けるとき よし子 1 ぽんこ.
餌台に目白来るかと砂糖水 素秀 1 わかば.
蜘蛛の囲にかかるものみな繭となり せいじ 1 菜々.
虫干や伴侶となりし方丈記 かかし 1 素秀.
かなかなに囲まれ谷底の駅舎 うつぎ 1 かかし.
山なみの容貌かえる夕焼けかな 愛正 1 宏虎.
夏霞鳴き声響く放牧場 愛正 1 かかし.
噴水の池いっぱいの水輪かな 小袖 1 こすもす.
入道雲ピザふつふつと引き出され よう子 1 小袖.
駅ホームに見えて茶畑宇治涼し はく子 1 みのる.
喜寿までの命授かり墓洗ふ かかし 1 ぽんこ.

8月1日 (投句15名 選句17名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蓮広葉浄土の風をいなしをり みのる 5 宏虎.小袖.かかし.うつぎ.よし子.
玉雫して観音の指涼し うつぎ 5 せいじ.素秀.小袖.よう子.みのる.
海峡に籠る汽笛や夏霞 わかば 5 愛正.宏虎.せいじ.小袖.よう子.
習字箱五年二組の文字の黴 かかし 3 菜々.素秀.ぽんこ.
噴水の穂先溶け込む天の原 愛正 3 せいじ.満天.よし子.
老香具師の白髪束ねる夏祭 なつき 3 素秀.小袖.うつぎ.
明智寺京射干の紅一花 よう子 3 小袖.うつぎ.みのる.
瓦礫打ち砕く重機の炎暑なる なつき 3 わかば.よう子.そうけい.
夏霧の上る早さや京盆地 小袖 3 素秀.よう子.よし子.
鳥よけの笊被せられ大南瓜 うつぎ 3 菜々.せいじ.よう子.
戒名の一字俗名釣忍 宏虎 3 かかし.そうけい.よし子.
人を見ぬ奥社に居るは蚊ばかりぞ はく子 2 満天.みのる.
観世音御手より雫梅雨の寺 小袖 2 ぽんこ.満天.
冷奴店主赤児を抱くごとく かかし 2 菜々.宏虎.
夜の雷火トトロのごとき大樹影 みのる 2 ぽんこ.うつぎ.
虹架かる廃線跡の眼鏡橋 愛正 2 満天.なつき.
梅雨深し奥社の狛犬目鼻欠く はく子 2 かかし.なつき.
飛ぶ力見てよとばかり雨蛙 小袖 2 わかば.はく子.
デビューせし子の青葉木菟羽繕ひ かかし 2 愛正.わかば.
街騷を断ちて涼しきカフェテリア たか子 2 わかば.なつき.
庭園の一壺天とし金魚かな わかば 2 素秀.そうけい.
ひぐらしに不意打ち食らふ奥の院 よう子 2 菜々.せいじ.
雨そぼつ光秀寺の桔梗濃し 小袖 2 菜々.ぽんこ.
梅雨晴や釣り竿撓ふ恵比寿像 うつぎ 2 わかば.はく子.
川渡る舟に喪服の黒日傘 素秀 2 そうけい.みのる.
茶屋の裏桶の清水に浮く野菜 愛正 1 なつき.
黒碗に葛切り浮かせ京のカフェ たか子 1 はく子.
雪渓の落ちて黒部の峡の底 わかば 1 宏虎.
Go Toトラベル打ち上げ花火見える宿 こすもす 1 はく子.
梅雨傘を閉じ一呼吸桔梗門 小袖 1 満天.
縁涼し猫が作りし砂の山 せいじ 1 愛正.
晩鐘の一息乱る夕の雷 素秀 1 そうけい.
屯してキャンプ村めく梅雨茸 せいじ 1 みのる.
梅雨滂沱駆ける馬上の桔梗紋 うつぎ 1 なつき.
風鈴は詩人となりて鳴らせけり 宏虎 1 よし子.
明けやらぬ朝の目覚めや蝉時雨 わかば 1 愛正.
目を据ゑて雌雄確かむ白目高 愛正 1 かかし.
実をすでに埋め込む蓮の花托かな せいじ 1 うつぎ.
睡蓮に水玉ひかる日照雨かな みのる 1 宏虎.
ローカル線夏山遠のく一人旅 そうけい 1 ぽんこ.
内蔵の透けて見えたり海月かな 宏虎 1 はく子.
訪ふ人の葭戸に陰の動きたる 素秀 1 愛正.
風通し良き大広間供花に蓮 こすもす 1 かかし.

過去一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site