1 実家にて息子熱弁石榴瀑づ
2 木枯やホームを抜けて海の上
3 城はいま桜紅葉が天下人
4 冬浅しごとく沈みて追加灰
5 バク転も前転も良し朴落葉
6 ここ迄は人来ぬ祖谷の紅葉寺
7 裏路地や「の」の字を見せて這ふ落ち葉
8 浮き揺れしままの釣り人小春空
9 境内に小山なしをり散り紅葉
10 久々に出番のミシン針供養
11 鷹一羽風に流され舞い上がる
12 山茶花や机辺に貯まる習作紙
13 大師像笠の内まで紅葉映え
14 虻どちら日あたる石蕗にホバリング
15 茅葺の御詠歌洩るる紅葉寺
16 冬紅葉しんと極る閻魔堂
17 稜線の影くっきりと冬茜
18 気まぐれに枝絡む日や枯木立
19 ビリヤード球の弾ける夜長かな
20 晋山式終へて和尚の縁小春
21 空と海くっきり真っ直ぐ冬の凪
22 人頼みいらいらつのる神の留守
23 権現の高きに御座す神の旅
24 木枯や木々ふためかせ過ぎゆけり
25 冬紅葉睨み効かする閻魔様
26 二斗樽に沢庵漬や里の軒
27 透ける青乗せて指先雪蛍
28 半眼の丈六仏や堂冴ゆる
29 小春日の二礼二拍手登り窯
30 夕づくに塒はあるか雪ほたる
31 木洩れ日に消えては現れて雪ばんば
32 本堂の障子明かりや曼荼羅図
33 夕紅葉坂の下まで送らるる
34 廃寺に消えたばかりの落葉焚
35 石蕗咲いて骨身ほぐるる日和かな
36 水彩の滲みの極み柿落葉
37 係り付け医師の一言小春日や
38 黄落の曲輪に仰ぐ天守閣
39 海神の旅立つ瀬戸の波騒ぐ
40 棕櫚を剥ぐ束子作りの老婆かな
41 漂着ごみ拾ふ海岸冬の月
42 鐘の音の師走の町に沈みけり
43 海神の立たれし沖の波白し
44 離島へと水脈を残して冬夕焼
45 いつの間にか生えし万両実のたわわ
46 卒寿来る気力体力木の葉髪
47 紅葉谷といふ参道の夕陽かな
48 百歳の健康自慢根深汁
49 換気せむ二センチ程の隙間風
50 虎の尾の檻から垂れて冬日向
51 時雨るゝや象の背中の鉛色
52 草の葉へ光る霜置く朝かな
53 濠端の桜紅葉に夕日影
54 濃紅葉阿弥陀如来へ続きけり
55 水流る音に艶ます冬紅葉
56 山伏の問答抜ける枯木立
57 山寺の鐘に急かさる秋の暮
58 路地裏の踏み行く音や柿落葉
59 しばらくを我が掌に雪蛍
60 今年またこのアングルで城紅葉
61 振り返リ立ち止まり辞す紅葉寺
62 直角に歩く男や神の留守
63 青空と黄のハーモニー公孫樹
64 丈六の大日如来そぞろ寒
65 本堂はそぞろ寒しや膝頭
66 マスクの子いつもの席の船登校
67 パレットに拡がる絵具冬紅葉
68 石庭の主峰に添ひて石蕗黄なり
69 参道に大き白雲銀杏枯る