最新の7日分を表示しています。

最新のみのる選

過去一覧 投句控 検索

2024年02月20日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

入選句なし
1 光射す厨にかほる浅蜊汁(何の光?)
2 外套を脱げずにつらい電車内(心象)
3 街路樹の枝先丸し春きざす(??)
4 起きしなにシクラメンをば窓際へ(報告)
5 ざーざーとシルクのごとく若葉雨(比喩矛盾)
6 笑み映す洗面鏡や水温む(季語動く)
7 梅の花わづかな蕾ほころびぬ(報告)
8 梅匂う堀の向こうの河川敷(報告)
9 降りそそぐ飴色春陽廃家の窓(??)
10 鳥居前梅桃桜ほのかなり(??)
11 土笑う三日雨降り温き春(??)
12 春動き生気あふるる草や花(??)
13 一葉館小さき文机春浅し(季語動く)
14 グツグツとほうれん草が茹で上がる(報告)
15 春待てず異国語溢れる新幹線(??)
16 早咲きの桜の色に目休まる(季語動く)
17 人力車駆ける浅草福詣で(報告)
18 春の雨グランド青む土堤青む(二つを言わない)
19 蒼天に追ひかけつこや鴨の声(??)
20 春の日や中なほ暗し円古墳(??)

2024年02月19日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

入選句なし
1 伝え聞く梅満開にほくそ笑む(報告)
2 停め置きの春日の車中夏ごとき(無理)
3 雪溜まり枝出て開花とうなんてん(報告)
4 雪予報付け方知らぬチェーン載す(報告)
5 梅の花胸も膨らむ蕾かな(??)
6 鴨と鯉競演のごと春の池(報告)
7 何時いつも庭の初めの黄水仙(報告)
8 庭草や下駄裏返し駒返る(??)
9 鳥救うトウネズミモチここにあり(??)
10 襟開けて深呼吸した春の雨(季語動く)
11 雪虫の空へふわりと溶けてちり(報告)
12 一杯のコーヒーで始まる春スキー(季語動く)
13 春浅し雨の雫に肩すくめ(季語動く)
14 早春の列車に乗れば心わく(心象)
15 パン焼けてポンと飛び出で春近し(季語動く)
16 川土手を転がる子等や四温晴れ(季語動く)
17 冴返る梢の白や白樺(??)
18 囀りを追ひつ追われつゆく寺苑(無理)
19 寒猿ら身を寄せ合って凌ぐ風(報告)
20 撒く餌に飛びつくかもめ春の虹(季語動く)

2024年02月18日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

9 撫で仏撫でて一礼受験生水琴窟
10 霜晴の朝庭一面ま白にのりお
以下没
1 道暑し服は手に持ち帽子脱ぐ(報告)
2 露地植えのパンジー花びら生き生きと(説明)
3 春来り少なき蕾ほころびぬ(何の蕾?)
4 砂煙あげて羽ばたく寒雀(報告)
5 半額の牛乳買うや老いの春(??)
6 始まりはいつも黄色の雪中花(??)
7 庭園は色寄せ合って春を待つ(理屈)
8 枝折れの吉原大門枯れ柳(報告)
11 紅梅や日は遠山を照らしをり(季語動く)
12 雪の原無音の先の川瀬かな(??)
13 春待ちて旅行気分を抑えかね(心象)
14 薄コート春運びくる風受けて(理屈)
15 シャキシャキと水菜を添える肉サラダ(報告)
16 薄藍のビルの連なり昼霞(報告)
17 囀の空に聞き居る日曜日(報告)
18 まだ固く紫帯びた蕗のとう(報告)
19 バット振るシニアの靴や春の泥(季語動く)
20 紅の木の芽のいよよ動き初む(何の木の芽?)

2024年02月17日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

入選句なし
1 春一番飛ばずに道を歩く鳩(??)
2 春嵐工事シートが夜騒ぐ(??)
3 梅蕾むふくらむほどの暖かかさ(理屈)
4 ストーブの炎と焔あまた華(??)
5 炊き込んだ白魚飯にネギ卵(報告)
6 春動きほころぶ蕾数へけり(理屈)
7 新しきページに一句春うらら(??)
8 よちよちと着膨れ吾子の手が笑う(??)
9 匂い来るつひに隣家の梅開花(報告)
10 春よ来い庭にしゃがみて口ずさむ(報告)
11 クロッカスぴょこりと咲いて春兆す(報告)
12 襟立てぬうなじに残る寒さかな(理屈)
13 春空を駆けめぐる子等凍み渡り(??)
14 うららかや足環をつけたコウノトリ(季語動く)

2024年02月16日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

入選句なし
1 暖かし種を早めに撒いてみる(理屈)
2 温暖化外套脱いだ今日の昼(理屈)
3 内裏雛微笑み返すおちょぼ口(報告)
4 白梅の微笑む蕾数えたる(報告)
5 春の花スイートピーは嫋やかに(説明)
6 春荒桶のころがる闇夜の音(類想)
7 夜の道スマホかざして初桜(報告)
8 卒業の清清しきも目がにじむ(報告)
9 梅花藻の花清流に揺られけり(説明)
10 飛び跳ねてカゲロウ食う岩魚かな(説明)
11 春浅し轍の水を跳ね返し(??)
12 蘇る父の箴言白き梅(??)
13 春めいて足どり軽やか川辺りを(報告)
14 春近し花びら舞いてふと目覚む(無理)
15 春疾風飛ぶ鳥不意に横流れ(何の鳥?)
16 凍て返る顔を突き刺す夜の風(報告)

2024年02月15日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

14 露地狭しつまだち渡る春の泥寝子
19 春空に球児らの声響きけり
以下没
1 捕鯨後の肉はご馳走祖父のあて(??)
2 冴ゆる朝捕鯨は誇りイヌイット(??)
3 鳥帰る大鷭の群れ川になし(報告)
4 春きざすとう南天の蕾出る(??)
5 春寒や静かに眠る池の鯉(報告)
6 春あさし見目うるわしき散策犬(季語動く
7 ふわふわと手触りシルク猫柳(説明)
8 雪かきやついぞ一人となりにけり(??)
9 白鷺の餌を漁る剣の嘴(報告)
10 偶さかのかぎろひ窓は春はやし(??)
11 紅梅やくねる黒枝に匂い立つ(??)
12 ウォーキング日脚伸ぶれば身も軽く(主観)
13 冬終わる陽気感ずる四つ辻よ(報告)
15 どこからも微笑み返す内裏雛(報告)
16 鈍色の空に競ろふ寒鴉(季語動く)
17 春の雪解け黒々と畑の土(報告)
18 如月の夕べに灯す出湯かな(季語動く)
20 軽やかに踊る足元春めきて(??)
21 春の夜やゆっくすすむ飛行機灯(季語動く)

2024年02月14日

添削日記 コメントを書く 註釈の説明

3 街灯の照らす夜道の冴返るあらい
22 引眉のごと寒月の細りけりのりお
以下没
1 「花は咲く」合唱の調べなみだ落つ(無季)
2 三寒や襟掻き合わせ四温恋う(理屈)
4 限定に惹かれしバレンタインの日(??)
5 孫からのバレンタインはキャラメルよ(報告)
6 丈二尺小さき梅が白く咲く(説明)
7 春動き心膨らむ蕾あり(??)
8 支援ヘリ軽き帰還の余寒なほ(報告)
9 そっぽ向き妻置くバレンタインチョコ(??)
10 梅が香や一枝迎ふあがり口(??)
11 ころと落つ梅の蕾の実にも似て(報告)
12 蕗の薹控えめ暖にも膨らみて(??)
13 安吾忌にファンが列する読経を聞く(報告)
14 春が来た季節の図鑑開くやうに(理屈)
15 山笑う新聞ぐらい読みなさい(??)
16 陽光に河津の桜菜花回廊(??)
17 子犬来て菜の花山にジャンピング(報告)
18 冬終わる兆し見えたり庭の花(報告)
19 梅二月さえずり止まぬ枝の上(季重なり/梅、囀り)
20 手を合わせ熱湯に入るる蜆汁(観念)
21 四温晴れいち枚脱げばジンズ穴(??)
23 ショコラ箱すでに空なるバレンタイン(報告)

過去一覧

2024 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2023 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2022 [ 11 | 12 ]