投句控 :500句/1頁

次のページ

2024年02月21日

1 春霞寒いくらいがちょうど良い 陽温
2 旅立ちのカバン整え落ち椿 陽温
3 春めくや大犬ふぐり青く咲く 丹三
4 春耕の前にもぐらが土を掘る 丹三
5 雛飾り家族の絆願ひます 博充
6 凍道を登り行く先金色堂 長操
7 庭草や一雨ごとに駒返る 長操
8 小雨降る行きつ戻りつぬくくなれ 令美
9 喉鳴らし人を憂いて猫が添う 令美
10 春の陽や猫寝むりたる鬼瓦 勉聖
11 星空は世界地図なり山眠る 勉聖
12 春寒や花弁に揺るる雨しづく 語后池
13 内裏雛どこから見ても笑み返す 博充
14 一葉の短冊の文字冬の月 水琴窟
15 寺神社雛人形が並ばれる 汗馬
16 手入れ良き幾十年の吾子の雛 語后池
17 冬時雨玄関の傘滲み雫 水琴窟
18 春光へ開け放ちたる愚陀仏庵 寝子
19 グランドの芝穴広し浅き春 れいこ
20 いびつなる大きな苺青い空 れいこ
21 散り敷いて山茶花のなほ咲きみだれ 風民

2024年02月20日

1 光射す厨にかほる浅蜊汁 希星楽
2 外套を脱げずにつらい電車内 丹三
3 街路樹の枝先丸し春きざす 丹三
4 起きしなにシクラメンをば窓際へ 語后池
5 ざーざーとシルクのごとく若葉雨 希星楽
6 笑み映す洗面鏡や水温む 語后池
7 梅の花わづかな蕾ほころびぬ 博充
8 梅匂う堀の向こうの河川敷 勉聖
9 降りそそぐ飴色春陽廃家の窓 勉聖
10 鳥居前梅桃桜ほのかなり 陽温
11 土笑う三日雨降り温き春 陽温
12 春動き生気あふるる草や花 博充
13 一葉館小さき文机春浅し 水琴窟
14 グツグツとほうれん草が茹で上がる 汗馬
15 春待てず異国語溢れる新幹線 妙重
16 早咲きの桜の色に目休まる 妙重
17 人力車駆ける浅草福詣で 水琴窟
18 春の雨グランド青む土堤青む れいこ
19 蒼天に追ひかけつこや鴨の声 のりお
20 春の日や中なほ暗し円古墳 風民

2024年02月19日

1 伝え聞く梅満開にほくそ笑む 語后池
2 停め置きの春日の車中夏ごとき 語后池
3 雪溜まり枝出て開花とうなんてん 丹三
4 雪予報付け方知らぬチェーン載す 丹三
5 梅の花胸も膨らむ蕾かな 博充
6 鴨と鯉競演のごと春の池 博充
7 何時いつも庭の初めの黄水仙 長操
8 庭草や下駄裏返し駒返る 長操
9 鳥救うトウネズミモチここにあり 陽温
10 襟開けて深呼吸した春の雨 陽温
11 雪虫の空へふわりと溶けてちり 勉聖
12 一杯のコーヒーで始まる春スキー 勉聖
13 春浅し雨の雫に肩すくめ 妙重
14 早春の列車に乗れば心わく 妙重
15 パン焼けてポンと飛び出で春近し 水琴窟
16 川土手を転がる子等や四温晴れ 水琴窟
17 冴返る梢の白や白樺 のりお
18 囀りを追ひつ追われつゆく寺苑 寝子
19 寒猿ら身を寄せ合って凌ぐ風 汗馬
20 撒く餌に飛びつくかもめ春の虹 れいこ

2024年02月18日

1 道暑し服は手に持ち帽子脱ぐ 丹三
2 露地植えのパンジー花びら生き生きと 丹三
3 春来り少なき蕾ほころびぬ 博充
4 砂煙あげて羽ばたく寒雀 勉聖
5 半額の牛乳買うや老いの春 勉聖
6 始まりはいつも黄色の雪中花 長操
7 庭園は色寄せ合って春を待つ 長操
8 枝折れの吉原大門枯れ柳 水琴窟
9 撫で仏頭良く撫で受験生 水琴窟
10 凍晴や庭一面の白き綺羅 のりお
11 紅梅や日は遠山を照らしをり 風民
12 雪の原無音の先の川瀬かな のりお
13 春待ちて旅行気分を抑えかね 妙重
14 薄コート春運びくる風受けて 妙重
15 シャキシャキと水菜を添える肉サラダ 汗馬
16 薄藍のビルの連なり昼霞 語后池
17 囀の空に聞き居る日曜日 語后池
18 まだ固く紫帯びた蕗のとう れいこ
19 バット振るシニアの靴や春の泥 れいこ
20 紅の木の芽のいよよ動き初む 寝子

2024年02月17日

1 春一番飛ばずに道を歩く鳩 丹三
2 春嵐工事シートが夜騒ぐ 丹三
3 梅蕾むふくらむほどの暖かかさ 長操
4 ストーブの炎と焔あまた華 長操
5 炊き込んだ白魚飯にネギ卵 汗馬
6 春動きほころぶ蕾数へけり 博充
7 新しきページに一句春うらら 勉聖
8 よちよちと着膨れ吾子の手が笑う 勉聖
9 匂い来るつひに隣家の梅開花 語后池
10 春よ来い庭にしゃがみて口ずさむ 妙重
11 クロッカスぴょこりと咲いて春兆す 妙重
12 襟立てぬうなじに残る寒さかな 寝子
13 春空を駆けめぐる子等凍み渡り れいこ
14 うららかや足環をつけたコウノトリ れいこ

2024年02月16日

1 暖かし種を早めに撒いてみる 丹三
2 温暖化外套脱いだ今日の昼 丹三
3 内裏雛微笑み返すおちょぼ口 博充
4 白梅の微笑む蕾数えたる 博充
5 春の花スイートピーは嫋やかに 令美
6 春荒桶のころがる闇夜の音 語后池
7 夜の道スマホかざして初桜 陽温
8 卒業の清清しきも目がにじむ 陽温
9 梅花藻の花清流に揺られけり 勉聖
10 飛び跳ねてカゲロウ食う岩魚かな 勉聖
11 春浅し轍の水を跳ね返し 長操
12 蘇る父の箴言白き梅 長操
13 春めいて足どり軽やか川辺りを 妙重
14 春近し花びら舞いてふと目覚む 妙重
15 春疾風飛ぶ鳥不意に横流れ 語后池
16 凍て返る顔を突き刺す夜の風 れいこ

2024年02月15日

1 捕鯨後の肉はご馳走祖父のあて 希星楽
2 冴ゆる朝捕鯨は誇りイヌイット 希星楽
3 鳥帰る大鷭の群れ川になし 丹三
4 春きざすとう南天の蕾出る 丹三
5 春寒や静かに眠る池の鯉 博充
6 春あさし見目うるわしき散策犬 長操
7 ふわふわと手触りシルク猫柳 汗馬
8 雪かきやついぞ一人となりにけり 勉聖
9 白鷺の餌を漁る剣の嘴 勉聖
10 偶さかのかぎろひ窓は春はやし 長操
11 紅梅やくねる黒枝に匂い立つ 語后池
12 ウォーキング日脚伸ぶれば身も軽く 妙重
13 冬終わる陽気感ずる四つ辻よ 妙重
14 春泥を踏むまじとゆく露地狭し 寝子
15 どこからも微笑み返す内裏雛 博充
16 鈍色の空に競ろふ寒鴉 のりお
17 春の雪解け黒々と畑の土 風民
18 如月の夕べに灯す出湯かな 風民
19 風光る球児の声の響く空 栞
20 軽やかに踊る足元春めきて れいこ
21 春の夜やゆっくすすむ飛行機灯 れいこ

2024年02月14日

1 「花は咲く」合唱の調べなみだ落つ 希星楽
2 三寒や襟掻き合わせ四温恋う あらい
3 冴返る息を街灯照らし出す あらい
4 限定に惹かれしバレンタインの日 希星楽
5 孫からのバレンタインはキャラメルよ 丹三
6 丈二尺小さき梅が白く咲く 丹三
7 春動き心膨らむ蕾あり 博充
8 支援ヘリ軽き帰還の余寒なほ 長操
9 そっぽ向き妻置くバレンタインチョコ 語后池
10 梅が香や一枝迎ふあがり口 風民
11 ころと落つ梅の蕾の実にも似て 風民
12 蕗の薹控えめ暖にも膨らみて 長操
13 安吾忌にファンが列する読経を聞く 汗馬
14 春が来た季節の図鑑開くやうに 勉聖
15 山笑う新聞ぐらい読みなさい 勉聖
16 陽光に河津の桜菜花回廊 陽温
17 子犬来て菜の花山にジャンピング 陽温
18 冬終わる兆し見えたり庭の花 妙重
19 梅二月さえずり止まぬ枝の上 妙重
20 手を合わせ熱湯に入るる蜆汁 れいこ
21 四温晴れいち枚脱げばジンズ穴 れいこ
22 引眉のごと寒月の細きかな のりお
23 ショコラ箱すでに空なるバレンタイン 寝子

2024年02月13日

1 厨にて生けし甘藷の芽吹きかな あらい
2 菜の花が無季の食卓春にせり あらい
3 冷蔵のチョコが届いたバレンタイン 丹三
4 バイト代申告の時春寒し 丹三
5 白梅や薫りにつられ足のばす 博充
6 退社時にチョコを手渡す本命に 汗馬
7 空向きて五つの笑くぼ零れ梅 風民
8 易々と零れる梅や一枝挿す 風民
9 橋なかば水面照り映ゆ春日燦 ひで
10 湯気立てる飯にひとつぶ福の豆 ひで
11 小春日や旧友からのチョコ甘し 妙重
12 冬終わるそぶり見せるも凍てる夜 妙重
13 連獅子の鬣の舞枝垂れ梅 水琴窟
14 斑日をこぼれ飛び来る目白かな 寝子
15 ひと通りめじろ見てゆく椿かな 寝子
16 数多さく梅の蕾も人は来ぬ 長操
17 青空に一枝一枝の梅の花 語后池
18 ビーグルの耳裏返る春の風 のりお
19 梅の枝伸びる迷路に標花 語后池
20 ロマネスコのプログラミング晴れた空 れいこ

2024年02月12日

1 枯芝に豆の数多に散らばれリ ひで
2 求愛の猫鳴く庭の日脚伸ぶ ひで
3 庭の木の剪定木にはまだ登る 丹三
4 日の当たる空地蒲公英すでに実を 丹三
5 春寒や足音響くジョギング路 博充
6 坪庭の隅の微風に坪すみれ 長操
7 紅梅や庭膨らみて熱帯びて 長操
8 仮面付け菓子や花投げ謝肉祭 汗馬
9 鳥を指す鳥見の子らも目白めく あらい
10 四十雀鳥見る人に首傾げ あらい
11 トースター買い換え嬉し春光る 令美
12 土いじりミントとバジル苗木植う 令美
13 春待ちて芝生に猫の目細め 妙重
14 星冴ゆる宇宙の調べに思い馳せ 妙重
15 祭礼にはためく幟春の風 水琴窟
16 背を丸め居眠りしをり岸の鴨 水琴窟
17 天麩羅の熱きサクサク嬉し顔 陽温
18 制服の丈引きのばし新学期 陽温
19 春色や順番待ちの滑り台 博充
20 きさらぎやワイングラスの注ぐ音 れいこ
21 スキップの口ずさむ子や風ひかる れいこ
22 ひび割れに添ひて短く草萌ゆる 寝子
23 雪解けてロゼッタ犇めく庭の隅 寝子

2024年02月11日

1 枯芝に肩組み歌う姉妹かな ひで
2 ベンチにて考える人めく春思 ひで
3 藤の蔓棚をゆがめる力あり 丹三
4 バレンタイン店には並ぶチョコレート 丹三
5 春霞富士山隠れ咲き薫る 博充
6 友禅を晒ふ小春の女川 長操
7 別れ雪いよいよ細く余震また 長操
8 ヨレヨレの姿で飛んだ冬の蝶 汗馬
9 伯母とゆくおでんで一杯春の夜 令美
10 お囃子の響く社や春の野辺 水琴窟
11 残雪や顔削れたる古地蔵 水琴窟
12 寒雀隠れ居し間に春めきぬ あらい
13 鳩が鳴く烏が応ず春きざす あらい
14 春の日や観音さまはお忙し 語后池
15 春うらら縁で写真の四世代 栞
16 背を向けし手摺りに並ぶ寒雀 れいこ
17 凍て返る改札いでし両の耳 れいこ
18 春めくや屋形の船に群かもめ 語后池
19 囀りや土器いち枚選びをり 寝子

2024年02月10日

1 二三粒口に放るや福は内 ひで
2 寒雀ぶんと音たて雲隠れ ひで
3 福豆をお茶請けにする立春よ 丹三
4 季節来る庭に小さきクローバー 丹三
5 春霞富士山包み美しく 博充
6 ぱりしゃりのレタスくたくた煮て甘し あらい
7 えんどうの筋の意固地さ我のごと あらい
8 朝光や春スカーフで街歩く 令美
9 店並ぶパンジーの鉢可愛くて 令美
10 手袋をなくして道を戻りけり 妙重
11 ポケットに童のように両手入れ 妙重
12 梅の苑綿雲の中巡りけり 水琴窟
13 仕上げにはラディッシュ赤くちりばめし 陽温
14 たどり着け電車に揺れるチョコレート 陽温
15 木から木へ鳥も梅苑たもとほり 水琴窟
16 しなやかに雪を落として松の枝 風民
17 花虻か羽音微かに目を見張る 語后池
18 玄関に日の丸靡く建国日 汗馬
19 干し竿に龍のうねりの雪の紐 長操
20 水禽の春光弾く水輪かな 寝子
21 人と影加賀友禅を晒す陽や 長操
22 照ゆきし雪庇の氷柱滴りぬ れいこ
23 一枚の布団のごとき雪の国 れいこ
24 夕暮れをひと駅歩く日永かな 寝子
25 春近し車列なす洗車場 のりお
26 しずり雪落雪注意押し潰し のりお

2024年02月09日

1 冬桜合わさる色のくもり空 ひで
2 退散は一目散や寒雀 ひで
3 牡丹雪土の上より積り初む 丹三
4 まっさらな雪踏みしめてコンビニへ 丹三
5 風花や地に着くまでの独り占め 長操
6 雪解径大中小の地はだ見ゆ 長操
7 雪溶けて珈琲談義友と逢う 令美
8 冬越えて友と連れ立つ俳句道 令美
9 鎌倉で暗殺された実朝忌 汗馬
10 山影の雪見湯秘か猿と鹿 陽温
11 鍵盤の指先躍る春調べ 陽温
12 日も暮れて残り雪踏み道急ぐ 妙重
13 冬ざれて更けゆく夜の祈りかな 妙重
14 凍鶴のごとく電柱しんと立つ あらい
15 手袋を忘れてぬくき夜道かな あらい
16 公園の子らと野鳥に香る梅 語后池
17 春霞よく見た富士を隠したる 博充
18 篁の騒めきいたる余寒かな 寝子
19 ホ句拾ひゆく境内に余寒なほ 寝子
20 浅春や晴天の日に理髪をす 語后池
21 春雪の光のしずく地を穿つ 風民
22 雪の靄電柱だけが道標 れいこ
23 パソコンのウだけの連打春炬燵 れいこ

2024年02月08日

1 羽音たて白き鳥ゆく冬の川 ひで
2 嘴をふりて寒の鵜水散らす ひで
3 雪降らむ小鳥は枝を揺らし去る 丹三
4 春きざす庭には草の芽が出でて 丹三
5 夫婦坂熟れし歩幅終い雪 長操
6 大丈夫医師の箴言風花や 長操
7 残り雪よけて歩けば道うねり 妙重
8 肩すぼめ足早に冬去るを待つ 妙重
9 菜の花やパック詰めされうずたかく あらい
10 素手のまま歩く夜道や春立ちぬ あらい
11 七輪で魚あぶりし誕生日 陽温
12 水受けてパンジー達の起きる朝 陽温
13 受験後に答え合わせを教師とす 汗馬
14 河川敷日を啄みて冬の鳥 風民
15 春兆す水面静かな蓴菜池 博充
16 残雪の融けて雫と消えにけり 水琴窟
17 昇る日のぼんぼりのごと春霞 語后池
18 思うまま海苔をくちゃくちゃ海苔茶漬け れいこ
19 海苔の香や爆弾にぎりほおばる子 れいこ
20 落つるなり溶けゆく今日の牡丹雪 のりお
21 玄関の日射し翳りて冴返る 寝子
22 サイレンの間遠にきこゆ凍夜かな 寝子

2024年02月07日

1 フレームのなかは南国鼻歌す ひで
2 春泥や現場事務所へ道遠し ひで
3 傾けど雪に耐えいる千両よ 丹三
4 しんしんと冷える朝なり雪固し 丹三
5 なごり雪一片犬に染み入りて 長操
6 茶屋街のはおりの肩の雪の果て 長操
7 福豆をぽりぽり噛んで歳感ず 令美
8 恵方巻きお醤油少しいただくわ 令美
9 雪止めど散歩の犬は足辛し 妙重
10 北風や窓からうらめし陽射しかな 妙重
11 残雪のとけた道踏む転ぶまい 陽温
12 予備校の自転車置き場犬ふぐり 陽温
13 雪掻かかれ供花活けたる地蔵尊 栞
14 見て飽かず空より昏き牡丹雪 寝子
15 門灯に痩せて佇む雪達磨 寝子
16 軒氷柱落つるしずくの奏かな のりお
17 高層ビル角に積まれし春の雪 れいこ
18 アカゲラや大きな穴の蔵の鞘 れいこ
19 真夜中に求愛叫ぶ猫の恋 汗馬

2024年02月06日

1 枝絡み解けば空へと梅跳ねし ひで
2 雨の日の靄に椿の花ふふむ ひで
3 白く見ゆ曇ガラスの外は雪 丹三
4 降り始め雪独特の静けさよ 丹三
5 夜半の空ライトグレーへ雪明り 語后池
6 鼻すすり雪かく妻の笑顔かな 語后池
7 朝散歩顔を横切る風がしむ 博充
8 警報に押されて大雪しんしんと 妙重
9 予報見て雪舞う玄関空仰ぐ 妙重
10 七輪で魚菜炙りしボランティア 陽温
11 雪道でころばぬように息を吸う 陽温
12 雪掻きは出遅れ無念ありがたや 玲美
13 蓴菜池水面静かぞ浅き春 博充
14 夕の川突然鳴くは鷦鷯 のりお
15 かりそめに春雪置ける松の枝 風民
16 サドルみな白き綿乗る雪の朝 栞
17 日が照が朝の寒さは浅き春 汗馬
18 羽ばたきに弾く小枝や雪しづる 寝子
19 冬の雷閃光一拍轟けり 水琴窟
20 春雪の融けて梅ケ枝水しとど 水琴窟
21 空き家の牙剥くやうな軒氷柱 のりお
22 赤芽柳脱いで銀色輝けり れいこ

2024年02月05日

1 生まれしは大温室の夢見鳥 ひで
2 縺れあう梅の向こうに浮かぶ鳥 ひで
3 炒り豆を散らぬよう撒く福は内 丹三
4 日の当たる空地たんぽぽ三株咲く 丹三
5 梅花や鏡のやうな蓴菜池 博充
6 浅春や岩にのぼりし池の亀 博充
7 豆撒きも終わってみればみぞれ降る 妙重
8 雪予報窓から伺いうらめしく 妙重
9 猫騒ぐ窓の外側牡丹雪 玲美
10 霙の日一仕事終えお茶一服 玲美
11 なごり雪ここにいたよと教えられ 陽温
12 受験生最後の山に登りゆき 陽温
13 鳥の尾の重たげなるも雪催 風民
14 行く路の夜目に飛び込む白梅花 語后池
15 掌に掬うと消える春の雪 語后池
16 住職の笑みに始まる節分会 栞
17 山門の壺に活けたる梅満開 栞
18 橇遊び初めての孫泣き笑ひ のりお
19 碧空を飛ぶ寒鴉ひと羽振り のりお
20 牡丹雪重しと撓る雪柳 寝子
21 音もなく路地を埋めて春の雪 寝子
22 雪起こし空に穴開くごときかな れいこ

2024年02月04日

1 芽キャベツを摘み取る音や春近し ひで
2 フレームに真白き女神オブジェかな ひで
3 節分やニュースに負けず撒いてみる 丹三
4 節分の豆八十個満腹す 丹三
5 春浅し小さき蕾英気たむ 博充
6 春浅し顔を横切る風凍むる 博充
7 ダップー犬隠れし眼あたたけし 長操
8 初句会果つやビル間に透ける青 長操
9 節分の吟行終えておうちカフェ 玲美
10 春のバス街目まぐるしい窓席 玲美
11 方角を確認がぶり恵方巻 汗馬
12 玄関を開けて芳し水仙花 のりお
13 節分や孫には弱い鬼となり のりお
14 箸先にほろと崩れて煮大根 風民
15 浮寝鳥包まる松の水鏡 栞
16 四温晴れ恵比寿像背に記念写真 栞
17 境内にとよむ太鼓や節分会 寝子
18 新興の洒落た家並み春立ちぬ 語后池
19 銀盤の水面辷り来春の鴨 寝子

2024年02月03日

1 実万両小暗き庭の葉隠れに ひで
2 夕暮れの玻璃窓染める息白し ひで
3 春寒やコロナの十波盛りなり 丹三
4 蒲公英を避けて耕す菜園よ 丹三
5 一月の月一月よ地の震へ 長操
6 節分後歳の数だけ豆拾う 汗馬
7 浅春やふと見上げれば遠き天 博充
8 観梅や香りに釣られ足延びる 博充
9 くたびれて午後のコーヒー春を待つ 妙重
10 節分の枡に豆入れ福を待つ 妙重
11 雲一つ無き空向けて鬼は外 水琴窟
12 街角の白梅夜目に咲きにけり 語后池
13 古き良き大き声なる鬼は外 風民
14 小さき屋に小さき声や福は内 風民
15 日輪を隠さんとせし細雪 のりお
16 暗き中頑張れ珠洲の寒造 のりお
17 山門の左右に梅の侍りけり 寝子
18 蒼天のブイ字雁行鴻声よ れいこ
19 大きな顔のようなパンジー誕生日 れいこ
20 立春の茶房賑わふ一日かな 寝子

2024年02月02日

1 フレームの吐息に揺るる花麒麟 ひで
2 作業場の重機踏みしむ春の泥 ひで
3 藤棚の忌み枝切るか蕾あり 丹三
4 早咲きの桜賑やか鳥の声 丹三
5 暖かや笑み絶やさずに立ち話 長操
6 無人駅ゴミ袋の缶春を待つ 長操
7 種籾の封切春の事始め のりこ
8 白マフラー巻いて秘めたる春の事 のりこ
9 春兆す日射しの中の朝散歩 博充
10 浅春や窓の外では草しづか 博充
11 赤と白枝に咲いてる冬桜 汗馬
12 天抱き薄幕揺らすオーロラと 陽温
13 春陽さす鳥忙しく家づくり 陽温
14 辛子過ぎおでんつついて涙かな 妙重
15 買物の足も早まるひと雫 妙重
16 鳥食みて一日に失せし実南天 風民
17 翼広げ踊る白鳥見る白鳥 れいこ
18 除雪車のキャタピラの跡チョコの型 れいこ

2024年02月01日

1 愛犬とボール遊びや日脚伸ぶ ひで
2 家族連れさつとフレーム通り過ぐ ひで
3 桜の木目立たぬ蕾あちこちに 丹三
4 倒木やひこばえ出でて空目指す 丹三
5 梅花や臭い嗅ぐごと池の鯉 博充
6 士が嫌ふ花毎落つる椿かな 博充
7 種籾を取り出す父の春の事 のりこ
8 待ちわびし宅配便や春の事 のりこ
9 白梅や犬の足跡咲くゆきも 長操
10 待つ春や心あづけし杜欅 長操
11 花かごに黄色集めし春の声 陽温
12 蓋あけてきんぴらごぼう付け足す日 陽温
13 山茶花があちこち顔出す垣根かな 妙重
14 凍てついて飲むにも飲めぬ犬舐める 妙重
15 畑談義にぎやかにする二月かな 風民
16 大枯木千の祈りの手を持てり 風民
17 橙の実と実頬寄せ生ってをり 水琴窟
18 声残しビルを存問寒鴉 栞
19 飛機の灯凍し夜空に煌めきて 栞
20 道別れたんぽぽの咲く野道かな 玲美
21 御当主自ら繕う垣長し 寝子
22 雨だれの落つる雪穴深きかな れいこ
23 水底をゆるりと寄り来寒の鯉 れいこ

2024年01月31日

1 呼びきかぬ犬追いかけて日脚伸ぶ ひで
2 梅一花ささやくように枝の端 ひで
3 干し竿の小さき氷柱光受く 丹三
4 強霜や車の窓にお湯を掛く 丹三
5 一月や半寿のわが日三十一日 長操
6 富士山を遠くに隠す春霞 博充
7 春霞遠くの富士を隠したる 博充
8 雪よけの隙から覗く牡丹かな 妙重
9 蜜柑箱友から届く嬉しさよ 妙重
10 上向いてハンカチ干せば鷹の空 陽温
11 明日なればふたつほころぶ福寿草 陽温
12 白米を三角むすび海苔つける 汗馬
13 春立ちてジムでダンスを踊る君 玲美
14 ジジ猫のおなかがピンク春日和 玲美
15 穴釣や足下のしじまに想ひ馳せ のりお
16 新聞を読む手の影や冬日向 れいこ
17 越後平野どんと動かぬ凍雲よ れいこ
18 ひよ番小枝に憩ふ四温晴 寝子
19 半纏に母のしつけの糸を解く 風民
20 岩ごとき野梅の添いし白き花 語后池
21 竹林の風か寒鯉影揺るる 風民
22 目と鼻の社巡れば梅万朶 寝子

2024年01月30日

1 手の止まぬ鏡開きの揚げあられ ひで
2 風止んで梅の香ほのと漂へり ひで
3 吞気なり日向ぼっこの庭の石 博充
4 庭石やのぼのび気分日向ぼこ 博充
5 ヴァイオリン冬の陽背に受け弾く父ぞ 妙重
6 能登の海心も物も凍りつき 妙重
7 飾り終へ笑支度の小正月 長操
8 凍月夜寝所に漏れる薄明かり のりお
9 プラスチック孫が見ている鏡餅 丹三
10 春近し菜園の土掘り始む 丹三
11 玻璃窓へ寄せる鉢花春隣 語后池
12 桜舞う友に別れをまた会おう 曾良
13 束の間に低く広ごる冬夕焼 のりお
14 包みたる絵本にリボン春隣 風民
15 母とお茶日向ぼっこが懐かしくて 玲美
16 ミモザかなドライフラワー猫が嗅ぐ 玲美
17 春を待つ日向ベンチの翁かな 語后池
18 褐色のマルメロの汁時満ちて 陽温
19 吸入器咥えて怒るまあるい目 陽温
20 ストーブの近くまるまるかじけ猫 汗馬
21 ベビーカー囲み首振る水仙花 栞
22 蒼天に白梅万朶にほひたつ 寝子
23 春光を纏ひて行きしベビーカー 寝子

2024年01月29日

次のページ