成績一覧

過去一覧

3月19日 (投句17名 選句17名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ギャロップの鬣なびく春光裡 みのる 5 せいじ.はく子.ぽんこ.凡士.うつぎ.
勝ち戻る騎手春天へ拳あげ みのる 5 豊実.ぽんこ.わかば.あひる.もとこ.
春塵や馬場に乱れし蹄跡 あひる 5 満天.ぽんこ.千鶴.なおこ.うつぎ.
春風とともにひらりと騎手乗馬 あひる 4 せいじ.満天.小袖.はく子.
名にし負ふ躑躅芽吹くや廣田山 凡士 3 せいじ.たか子.ふさこ.
外差しのたてがみ眩し春日燦 素秀 3 せいじ.小袖.なおこ.
行厨はゆくりなく会ふ花のもと はく子 3 小袖.わかば.あひる.
かげろひて機首沈む街馬駆くる もとこ 3 ふさこ.千鶴.なおこ.
春光やハナ差勝負に鞭激し 千鶴 3 凡士.もとこ.うつぎ.
春塵の騎手の尻上ぐゴールかな もとこ 2 小袖.ふさこ.
春塵をさらに巻き上げ競ひ馬 うつぎ 2 あひる.なおこ.
パドックに澄める馬の瞳初ひばり 素秀 2 たか子.はく子.
草競馬鴉エールの声を張る うつぎ 2 素秀.たか子.
競ひ馬春光まとひ疾走す はく子 2 満天.わかば.
馬場均すささらの車陽炎ひぬ よう子 2 せいじ.凡士.
中洲なる春を謳歌の草競馬 たか子 2 ぽんこ.ふさこ.
春おしゃれ耳も足にも装ふ馬 ふさこ 2 小袖.千鶴.
馬場うらら暫してこずるゲートイン せいじ 2 あひる.うつぎ.
大外の遠心力や風は春 豊実 2 もとこ.よう子.
勝馬を予想し合うて春日向 せいじ 2 豊実.はく子.
麗かやパドック巡る駿馬群 わかば 2 満天.よう子.
電光板凝視の赤ペン春競馬 ぽんこ 2 千鶴.もとこ.
鞭一打なく勝馬となれりけり みのる 2 素秀.よう子.
躍動の光る毛並みや春の馬場 あひる 1 わかば.
応援は五番の馬や草青む よう子 1 豊実.
春光に飛沫く鼻息競ひ馬 うつぎ 1 よう子.
逸る馬地団駄を踏む草競馬 たか子 1 うつぎ.
春うらら馬場に轟くファンファーレ せいじ 1 満天.
散らかして踏まれて馬券山笑ふ たか子 1 凡士.
馬十一頭春塵蹴散らすド迫力 千鶴 1 ふさこ.
春一番ほんのり馬糞うふふふふ ふさこ 1 よう子.
春塵に拾ひ確かむ捨て馬券 みのる 1 もとこ.
パドックのおしゃれ鬣春の駒 ぽんこ 1 わかば.
書紀に記す広田の杜に春探る 凡士 1 ぽんこ.
勝ち馬へ人馬一体なる走り わかば 1 はく子.
パドックへ背なの人垣春麗ら 小袖 1 なおこ.
春風やゲート嫌がる去勢馬 豊実 1 たか子.
強東風や外れ馬券の空走る もとこ 1 千鶴.
残る鴨寛いでいる馬場の池 あひる 1 素秀.
鼻筋の白きは血筋春の駒 みのる 1 たか子.
均したる馬場に降り来て鴉の子 うつぎ 1 あひる.
童顔の騎手の鞭打つ春疾風 もとこ 1 素秀.
東風に攻む騎手腰うかせ前傾し 千鶴 1 豊実.
イヤフォンは競馬中継田螺和 素秀 1 豊実.
春風や競馬新聞読む眼鏡 豊実 1 素秀.
髪靡くラプンツェルなる春の駒 もとこ 1 凡士.

2022年2月: 投句11名 選句13名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
白梅の蕾は固し吉御籤 ぽんこ 5 こすもす.なつき.ふさこ.はく子.豊実.
大涅槃絵図の裏より吟行子 みのる 5 あひる.せいじ.凡士.わかば.はく子.
歳重ねなほ懐かしき雛飾 わかば 4 こすもす.ふさこ.ぽんこ.凡士.
梅の間に宝珠の眩し大願塔 素秀 3 ふさこ.はく子.豊実.
しろがねの月下に涅槃したまへり みのる 3 ぽんこ.わかば.うつぎ.
梅探り奥の院まで来たりけり よう子 2 せいじ.豊実.
囀や森に還りしゴルフ場 凡士 2 素秀.よう子.
沙羅双樹隠れは魑魅か涅槃変 みのる 2 わかば.うつぎ.
禰宜の妻見廻る杜に梅香る あひる 2 こすもす.豊実.
強東風に白波尖る明石の門 わかば 2 こすもす.うつぎ.
梅ふふむ観音像の御手の上 よう子 2 なつき.ぽんこ.
風鐸も涙の塔や涅槃寺 よう子 2 あひる.わかば.
大涅槃絵図は渚のごと余る みのる 2 あひる.よう子.
菩提子の念珠買ひたる年女 なつき 2 こすもす.豊実.
ひと冬を健気に咲きて菫かな 凡士 2 はく子.よう子.
遠山に柱と見へて通り雪 あひる 2 素秀.よう子.
道の端を縁取るごとく草萌ゆる わかば 2 凡士.よう子.
梅一輪一句捻りて推敲す ふさこ 1 なつき.
阿難陀ひとり蒼白涅槃変 みのる 1 うつぎ.
一坪の菜園鋤けば春の土 凡士 1 なつき.
獣害の畑を横目に探梅行 凡士 1 はく子.
梅花節涅槃開帳厳かに ふさこ 1 ぽんこ.
枯草の塔婆めき立つ無縁塚 なつき 1 わかば.
下校子の声姦しき春の土手 せいじ 1 なつき.
大いなる蕊を持ちたる梅の花 せいじ 1 ふさこ.
通り雪去れば明るき陽射しかな あひる 1 せいじ.
竹林のさざめく中に笹子鳴く わかば 1 あひる.
川堰を飛び降りんとす二羽の鴨 せいじ 1 あひる.
べろ出して遊ぶ仔牛や風光る なつき 1 うつぎ.
春雲や観音像の淡き影 素秀 1 凡士.
参道の赤子ぐずるや梅ふふむ よう子 1 せいじ.
雛飾り機織る部屋の古畳 なつき 1 せいじ.
手術祈願飛梅一つほころびて なつき 1 ぽんこ.
石標裳裾を飾る木瓜の花 ぽんこ 1 凡士.
春泥を踏む母と子のヌートリア せいじ 1 素秀.
一陣の風に震へる花すみれ ぽんこ 1 ふさこ.
産直の春菜溢れてマルシェ立つ 凡士 1 素秀.
春愁やお顔それぞれ六地蔵 ぽんこ 1 素秀.

2022年2月: 投句8名 選句9名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
受付はAIロボット室の花 凡士 5 こすもす.豊実.みのる.わかば.うつぎ.
除雪車の信号無視をな咎めそ こすもす 4 素秀.わかば.うつぎ.なつき.
臥すひとと窓越しに見る雪景色 こすもす 3 素秀.みのる.うつぎ.
山に来た里に来た野にも来た せいじ 2 豊実.凡士.
キープ札揺るる盆梅枝越しに 素秀 2 せいじ.凡士.
滑り終へ安堵の息やスケーター うつぎ 2 素秀.凡士.
雑巾を縫うて感謝の針供養 わかば 2 みのる.なつき.
初花や石垣だけを残す城 素秀 2 こすもす.せいじ.
湯上がりや一気飲みせし寒の水 こすもす 2 わかば.うつぎ.
かきくけこ今日はお出かけいい天気 豊実 2 せいじ.凡士.
新海苔や一番海苔と届けらる わかば 2 素秀.せいじ.
春が来た春が来たどこに来た せいじ 1 凡士.
閉ざされし門の遠きに桜の芽 素秀 1 なつき.
海へ降る霰や雑魚の跳ねしごと みのる 1 わかば.
あいうえおオリンピックの金メダル 豊実 1 なつき.
春光の丘を統べたり観覧車 素秀 1 こすもす.
風花の乱舞を見よや山襖 みのる 1 素秀.
工事場の朝の始まる焚火かな みのる 1 わかば.
おはようとカーテン引けば雪の木々 こすもす 1 豊実.
洋燈のあかり運河に街吹雪く 凡士 1 うつぎ.
丸四角三角溢るおでん鍋 凡士 1 こすもす.
スケーター祈る姿に構へたる うつぎ 1 みのる.
フィギュアの四回転半息を飲む うつぎ 1 豊実.
寅一字葉書を埋めて賀状かな 凡士 1 こすもす.
春灯を連ね島々昏にけり わかば 1 みのる.
花が咲く花が咲くどこに咲く せいじ 1 豊実.
休耕田一枚残し春耕す 素秀 1 なつき.
似顔絵の似すぎて脹る弘法市 凡士 1 せいじ.

過去一覧

2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018