投句控 :500句/1頁

次のページ

2023年1月31日

水面に鳥のまどろむ冬麗 ぽんこ
助手席の水仙誰に野菜売り よう子
水仙花コップに活けて二人卓 かかし
潮分ける斜面に沿うて野水仙 たか子
起伏野を埋め尽くして水仙花 せいじ
水仙の活けて姿勢のただしけり もとこ
岸壁の波頭激しや水仙花 かかし
冬うららテニスコートを駆ける女 智恵子
校庭にドッチボール冬霞 智恵子
冬麗の空を広げる枝払い 豊実
車椅子二人笑顔や冬麗 満天
風駈ける丘に叢なす水仙花 ぽんこ
水仙と錆の匂ひの鐵工所 素秀
水仙の自由気ままな空地かな あひる
園児等の黄青帽子冬麗 満天
冬うららいっしょう懸命乳飲む子 はく子
玄関の赤き長靴今年初 こすもす
雨風に育つ岩間の野水仙 わかば
冬うらら鋏のはづむ庭仕事 明日香
日差し浴ぶ亀石の目や冬うらら 明日香
冬うらら広場のからくり時計台 みづき
なだれ咲く水仙郷に香の溢る わかば
冬麗や深き眼指し妻老いぬ 宏虎
野良猫と目の合う玻璃戸冬うらら よう子
冬うらら珈琲香る寺の市 なつき
手の届きさうな雲あり冬うらら あひる
雪中花飛び石の間に群れ咲きて 智恵子
冬麗や水陽炎して浮御堂 うつぎ
草刈つて水仙残るなぞへかな 明日香
水仙の美人こうべを垂れており ぽんこ
野水仙波音激し日本海 みづき
水仙が咲かば墓前へ母訪はな うつぎ
冬麗や湾の抱かふ真珠筏 もとこ
街路樹の微かな動き冬麗 満天
水仙の俯きかげん夢路風 たか子
植木屋に踏まれし水仙花もたぐ うつぎ
重たげや地面すれすれ水仙花 こすもす
冬麗おふくろの味手ばかりに ふさこ
水仙や背筋の美しき人想ふ たか子
飼い犬に帽子かぶせて冬うらら 明日香
汐風に揺れ通しなり水仙郷 はく子
山の音川音も変はり冬うらら みづき
冬うらら一枚脱ぎてウォーキング こすもす
群れて咲く水仙の白ひびきあい 宏虎
野水仙一輪摘みて母の元 智恵子
冬麗やボトルシップのマスト立て 素秀
もののふの気概に立ちぬ水仙花 素秀
冬麗や太平洋に臨む丘 せいじ
冬麗の京見晴るかす峠茶屋 あひる
紺碧の海に展けし水仙郷 せいじ
冬麗大橋潜るポンポン船 わかば
香強すぎ好まざるなり雪中花 ふさこ
今年又水仙群れ咲くひと処 はく子
群青の海へとなだる野水仙 せいじ
鶴首の一輪水仙背を正す 満天
朝凪のヨットハーバー冬うらら 豊実
冬うらら農具手入れに腕捲り かかし
金網のなぞえに凭れ水仙花 ぽんこ
水仙郷ただいま五分と写メ送り ふさこ
冬うららベンチに句帖広げもし よう子
冬うらら赤児の小さき欠伸かな こすもす
水仙郷海風吹かば香にむせる 智恵子
楼門に鳩の並べり冬うらら なつき
海風のままに水仙傾れ咲く よう子
水仙や雪の褥に伏してをり あひる
冬うらら犬も乗りをる渡し船 かかし
隣家との境界線や水仙花 なつき
国生みの島の果てなる水仙郷 せいじ
一本でも玄関満たす水仙香 明日香
冬うららぽっぽぽっぽと鳩時計 はく子
冬麗の比叡おがみて朝始む もとこ
小物買ひもらふ福銭冬うらら なつき
水仙や薩摩切子の彫り深し みづき
魚信待つ野池の土手の水仙花 豊実
石臼は水仙の盤祖谷の宿 よう子
冬麗や老舗ののれん奈良町に みづき
水仙や小暗き森の道標 あひる
冬うらら二人見せあうハートくじ なつき
松の木の影に水仙香で知らせ ふさこ
一本の水仙卓におばんざい もとこ
冬麗煌めきて波打ち寄せる わかば
冬麗や動かぬ如く雲じっと 宏虎
冬麗に汽車ひた走る海真下 もとこ
水仙や海荒るる日の香の深く わかば
パソコンの卓上の瓶水仙花 宏虎
司会者の机上まっすぐなる水仙 こすもす
束となり水仙土手に香を放つ ふさこ
水仙の土手競ひ咲き眩しけり 満天
冬うらら遊具のペンキ塗り終わる たか子
冬うらら焼き立パンの香持ち帰る はく子
磨硝子ダイヤ光や冬うらら ぽんこ
誰の活けし無人駅舎の水仙花 かかし
式場の白いチャペルや冬うらら 豊実
木喰仏にハグを許され冬うらら うつぎ
冬麗の窓の結露の乾き行く 豊実
冬うらら鼻擦り付ける檻の虎 素秀
鶴首の花瓶に匂ふ黄水仙 たか子
水仙の崖の近くは石仏 宏虎
水仙の野菜に並ぶ道の駅 うつぎ
水仙の黄は断ち割りしゆで卵 素秀

2022年12月31日

寄せ植に藪柑子添へ床の間に かかし
年用意納戸整理に通信簿 かかし
公園の花壇整へ年用意 満天
庭の手入れ草引き辛し年用意 宏虎
厨にて第九を耳に年用意 かかし
慎ましく暮らす偕老藪柑子 あひる
数の子は必須アイテム年用意 せいじ
年ごとに減らしてゆくや年用意 満天
すぐに名の出て来ぬ花や藪柑子 こすもす
形良くもちの木剪られ年用意 なつき
年々と掃除も手抜ぬき年用意 宏虎
烏克蘭に平和よ来たれ藪柑子 せいじ
来客の土産の用意年用意 明日香
竹藪の日差しの中に藪柑子 みづき
山鳩の思わぬ近さ藪柑子 素秀
とりどりの電池揃へて年用意 満天
手始めに祝い箸買ふ年用意 あひる
一合の酒仏壇に年用意 なつき
木洩れ日にひっそり点る藪柑子 満天
移植して祈りを込める藪柑子 豊実
エヤコンを新しく変え年用意 ぽんこ
年用意食器のスポンジも新た せいじ
食材のカタログ捲る年用意 豊実
留守番の二人の為の年用意 こすもす
ゴミ出し日今日最終や年用意 こすもす
出しゃばらぬかく有りたしや藪柑子 もとこ
年用意暦と日記買ひに行く 明日香
冷凍庫空けて買ひ出し年用意 なつき
満杯のダストボックス年用意 豊実
出句日やほったらかしの年用意 よう子
跳ね上がる髪をカットす年用意 ぽんこ
喪の家の掃除だけはと年用意 うつぎ
洋館のリースとなるや藪柑子 隆松
朽ち堂を囲むが如し藪柑子 隆松
湯治場は坂のまちなり藪柑子 みづき
手渡しの新札揃へ年用意 もとこ
赤き実の名前を聞けば藪柑子 素秀
子等の来る日にち決めるも年用意 明日香
顔浮かべ袋選ぶも年用意 もとこ
藪柑子精一杯の実を二つ はく子
ごく簡に一人暮らしの年用意 はく子
辻地蔵堂も磨かれ年用意 はく子
捨てるもの捨てて身軽や年用意 わかば
福引に暫し息抜く年用意 かかし
手伝ひをせぬ子叱られ年用意 あひる
計画表通りにいかぬ年用意 こすもす
数多なる妻の小言や年用意 隆松
どことなくせわしき日びや年用意 みづき
藪柑子人に知られず身を隠す うつぎ
子らの顔思い浮かべて年用意 わかば
年用意ちちはは在りし日を思ふ みづき
灰色に紅一点や藪柑子 ぽんこ
大樹めくミニ盆栽の藪柑子 あひる
千両より万両よりも藪柑子 うつぎ
次つぎとパーマを頼む年用意 ぽんこ
この子等がいての我が庭藪柑子 うつぎ
小流れの木蔭点々藪柑子 わかば
エレベーター狭しとカート年用意 よう子
走り根に隠れて赤き藪柑子 素秀
尼寺の砂利道出れば藪柑子 みづき
十両と聞くや二度見す藪柑子 明日香
日を受けて赤を主張の藪柑子 わかば
蒲鉾の厚みを聞くも年用意 素秀
トランプの流行りのアニメ年用意 なつき
おせち料理買い占めしたり年用意 宏虎
をちこちに鳥の恵みの藪柑子 かかし
氏神の裏は木漏れ日藪柑子 よう子
刈り上げの首撫で上げる年用意 豊実
藪柑子千両万両見上げてる はく子
年用意無理するでなく心こめ わかば
子に倣ふ簡単レシピ年用意 よう子
雲間より一閃届く藪柑子 明日香
最終のゴミ出し走る年用意 もとこ
二人居や雰囲気だけの年用意 隆松
踏み入れば杜の灯や藪柑子 あひる
年ごとに娘が音頭取る年用意 せいじ
娘等が来て賑やかに年用意 宏虎
仏花にも一枝添へる藪柑子 満天
路地奥の呑み屋灯して藪柑子 もとこ
鉢花の整理をするも春支度 はく子
参道の掃き跡清し藪柑子 豊実
胃薬の予備確かむる年用意 なつき
下校子の束で道草藪柑子 せいじ
宣伝のカレンダー掛け年用意 隆松
古い器具出さず普段の年用意 宏虎
寄植の仕上げに添える藪柑子 こすもす
前栽の隅を許され藪柑子 うつぎ
駅裏を流し歩きて年用意 素秀
石段を避けて遠道藪柑子 よう子
植木鉢移動さすのも年用意 ぽんこ

2022年11月30日

茶の花てこれがそうかと旅の人 隆松
茶の花の葉は薬なり祖母伝へ ふさこ
茶の花や利休自刃の供養塔 かかし
落日にかがよひ初めしお茶の花 あひる
凩や大聖堂の鐘遥か 豊実
黄にあらず金色の蕊お茶の花 こすもす
凩やからくり時計の五時の鐘 豊実
木枯しに高舞ふ外れ馬券かな みのる
凩に旅の地酒を酌む夜かな みづき
凩を押しのけ通過列車かな うつぎ
凩や木の葉落として逃げにけり 宏虎
木枯らしや夕べの鐘の遠くより みづき
茶の花の目線の先に流れ橋 せいじ
我も張らず求めもせずにお茶の花 もとこ
店先に茶の花咲かせ宇治の茶舗 はく子
石橋の袂に香るお茶の花 智恵子
茶の花や家の主は婿養子 豊実
何処からか聞こゆ羽音やお茶の花 よう子
恙なく地味な暮らしやお茶の花 ぽんこ
木枯やイヤホン耳に押し込めり なつき
茶の花や教会ミサの始まりぬ 宏虎
尼寺の垣根めぐらすお茶の花 みづき
凩に鎮守の杜の騒ぎ初め あひる
茶の花の一輪清し長戸門 素秀
木枯しやチェンバロはバッハ奏づる よう子
茶の花や一喜一憂の夜終わりぬ ふさこ
凩や何でも値上げ戦争で 宏虎
茶の花の囲む寺院の鐘の音 かかし
茶の花の零す明るき籬かな わかば
木枯に往復ビンタされたかに なつき
茶の花やここにも家があった筈 うつぎ
山里の静かな駅舎お茶の花 みづき
黄の餡のおまんじゆう否お茶の花 みのる
枯色の土手を木枯し吹きすさぶ なつき
茶の花や母のいた頃思ひ出す 明日香
凩や着地の鴉勇み足 かかし
凩や夕日呑み込む河口堰 素秀
茶の花の咲く道静か空の青 満天
木枯しや本うず高く部屋篭り もとこ
丘丘とうねり続くやお茶の花 隆松
凩に微動だにせぬ関門橋 せいじ
木枯やガラス戸ノック目覚めんと ぽんこ
木津川の河川敷なるお茶の花 せいじ
うずら玉子わりたるごとしお茶の花 あひる
山門を入るや否やお茶の花 こすもす
茶の咲きて集落跡の野面積 素秀
凩や日に日に変わる里の山 こすもす
茶の花を静かに濡らす細き雨 わかば
凩や攫はれさうに子が一人 うつぎ
木枯しのしまなみ海道渡らねば よう子
茶の花の生垣ひそと建仁寺 もとこ
凩の夜の靴音待ちにけり 満天
茶の花垣宇治橋歩道に白弾く はく子
茶の花の生け垣亡父の声して 明日香
木枯しに凧あがりせるレジ袋 みのる
一輪がよろし黒磁にお茶の花 みのる
木枯やリズム崩さぬランニング なつき
グランドゴルフ凩吹いて早仕舞い こすもす
木枯の持ち去る帽子追う人等 智恵子
凩や鞭のやうなる柳の枝 あひる
しゃがみ見て茶の花愛でる男の子 智恵子
凩や波止には反古もなかりけり せいじ
ビル街の真中に可憐お茶の花 ぽんこ
凩に困惑の犬フリスビー かかし
茶の花や木地師の里はこの辺り うつぎ
木枯らしのビルのすき間を吹き募る はく子
木枯に広き空見ゆ朝の庭 智恵子
凩やはらはら落とすもの増える わかば
茶の花の垣にさざんか唄う子ら 素秀
大寺へ低き茶の花垣続く はく子
木枯とアラートを聞く夕間暮れ 素秀
本堂を出でて茶の花垣まぶし よう子
茶の花や川の洲広くなりにけり せいじ
茶の花を抱き石垣穴太積み よう子
凩に足場の揺れの音止まず みづき
凩と回転ドアを潜りけり 満天
茶の花や宇治十帖をめぐりては 満天
凩や童話のごとく襟を詰め 明日香
凩や車を追つてポリ袋 明日香
無住寺の猫出入口茶の花や かかし
茶の花の香る茶室や茶筅擦れ 智恵子
凩や路面電車の駅に佇つ 豊実
凩に身構え渡るビル谷間 隆松
菜の花の裾まで伸ばす畑の畝 なつき
凩や窓を叩きて朝むかへ わかば
凩や信号待ちのデリバリー 豊実
茶の花や久しき友へぺん走る わかば
凩に向かふ事なく歳を取り もとこ
凩や一歩踏む度歪む顔 隆松
茹で卵黄身の爆せるお茶の花 ぽんこ
茶の花に送り出されて登校す あひる
茶の花や声涼やかな女将なり はく子
凩や雲走り鳥は塒へ 明日香
木枯しの谷底を行く一両車 うつぎ
しわくちやの掌に愛づお茶の花 みのる
木枯しに急ぎ買はむとヒートテック もとこ
特攻隊茶の花見ての飛び立ちぬ 宏虎
茶の花の金色の蘂日を受けて 満天
茶の花や街道筋に団子あり ふさこ
木枯や泳ぐボールを打ちにけり ぽんこ
茶の花や空に残れる昼の月 宏虎

2022年10月31日

雑草の揺るる堂屋根うそ寒し なつき
芋の葉を乱れ打ちして通り雨 素秀
芋の葉に隠れて並ぶ無縁墓 素秀
居酒屋の背中の小窓うそ寒し 豊実
うそ寒のふと確かむる寒暖計 素秀
湧水に子芋洗ひて姦しや 智恵子
茹で子芋畑に休む若夫婦 智恵子
芋の葉のそよぐ陰には地蔵朽ち もとこ
天気予報通りの雨やうそ寒し こすもす
たて板に水の口上うそ寒し みのる
町の子の算盤学校芋掘りす 宏虎
シャッターの本町通りうそ寒し なつき
水彩画の初心者芋を選びけり こすもす
うそ寒や手足出したる子の白き もとこ
うそ寒や棚田の土手に薄日射し みづき
二タ三すじ芋茎干されし尼の庫裏 みのる
うそ寒く口角泡をとばしたる みのる
うそ寒や間物羽織る朝支度 隆松
ひもじさに負けてや口へ芋煮堅 隆松
うそ寒き人の病いの噂かな もとこ
御祈祷の待合室やうそ寒し 豊実
うそ寒や夕べ近づく京の果て はく子
茹で子芋つるりと剥けて何処へゆく 智恵子
煮ころがし箸より逃げる子芋かな ぽんこ
理科室の人体模型うそ寒し 豊実
好きだけど少し面倒芋を剥く あひる
小芋炊くとろみが好きと夫言ふ 明日香
表札の文字の薄れやうそ寒し 明日香
裏方に徹し皮むく芋煮会 なつき
使はれぬ三階校舎うそ寒し よう子
海に沿ふ鄙びし宿のうそ寒し みづき
大道芸猿のお辞儀のうそ寒し よう子
うそ寒や耕作放棄地増え続け 明日香
衣被ぎつるりと剝けば色白で はく子
うそ寒や村の児童の数減りて 明日香
里芋の泥皮むけば真白き肌 ぽんこ
うそ寒くうらとおもてや二面石 みのる
届けくれ我家自慢の里芋と わかば
山畑の嵩の高きは芋の畝 せいじ
家の中焼き藷売リの声聞こえ 宏虎
芋の葉の邪魔し合はずに開きをり せいじ
園児笑む手に手に芋の葉をかつぎ みのる
芋掘りの手袋の先余りけり 宏虎
里芋の一切れ味見摘まみ食い ぽんこ
子ら去りしままの寝室うそ寒し あひる
海老芋の白く煮上がり赤絵鉢 もとこ
箸使い下手にて御免芋つつく 隆松
八つ頭迷ふ刃の入れどころ みづき
あひまひのままの相づちうそ寒し はく子
雅なる名の芋料理衣被 はく子
廃坑の間分の鑿跡うそ寒し かかし
うそ寒し強権跋扈せる世界 せいじ
ぬるぬるの芋切る技や夕支度 あひる
うそ寒や不審メールの日々多し 満天
藷の葉を泳ぎ畝道渡り切り よう子
落ちそふで踊る雨粒芋の葉に 満天
心地よき風もやがてはうそ寒し ぽんこ
うそ寒や膝掛けを持て座につける わかば
芋好きの母と吾の居て芋煮鍋 あひる
里芋の土つけしまま届きけり 満天
芋の葉の大き隣の畑かな 豊実
点滴の一滴ごとにうそ寒や かかし
暫くは子等の賑はふ芋水車 よう子
うそ寒や日暮の鐘を聞きしより わかば
洗い桶飛びだしまろぶ土の芋 素秀
うそ寒や弁慶の能に疲れけリ 宏虎
うそ寒や動く歩道を駆ける人 かかし
農家カフェ大鍋囲む芋煮会 かかし
うそ寒の習ひ検温未接触 素秀
うそ寒や縮みし背丈二寸なる 明日香
芋掘るや連なりをりし三世帯 かかし
朝日差す水玉抱く芋の葉に 満天
うそ寒や半袖のみのランドセル ぽんこ
うそ寒に足を使えず苦労せり 宏虎
うそ寒し覆いかぶさる言葉きて もとこ
うそ寒や部屋の明かりをとぼす頃 わかば
うそ寒や眠れぬままに明けし朝 こすもす
自動更新の使はぬカードうそ寒し なつき
うそ寒や更地に残るブルドーザー よう子
芋の葉の水滴コロコロ形変へ こすもす
うそ寒や夜のしじまの救急車 豊実
急カーブ過ぎて車中のうそ寒し みづき
うそ寒やゴミ収集車待つ当番 こすもす
駅に行く抜け道ありぬ芋水車 みづき
うそ寒や間もなく鍋の用意とも わかば
うそ寒し人気無き園夕餉の灯 満天
うそ寒の空雲ひとつなかりけり せいじ
うそ寒し晴れて瞬く星数多 智恵子
うそ寒や固くなりたるパンを切る あひる
うそ寒や窓から眺む街明かり 智恵子
職引きて自産自消の芋煮汁 なつき
うそ寒に給湯一度上げにけり 隆松
茎も葉も芋と思えぬ立派さよ はく子
糠雨を集め芋の葉玉を抱く せいじ

2022年9月30日

澄む水の小流れの石輝けり 満天
小皿より滑り落ちたり富有柿 豊実
古希になるシンプルと決め水澄めり もとこ
水澄むや流れに向かふ鷺超然 もとこ
ほんのりとひとつ色づく柿畑 あひる
渋くても生家にある柿の大木 こすもす
水澄むや砂舞ひ上げる外れ銛 隆松
水澄むや真鯉の群に金の鯉 あひる
デザートの種なし柿を好みけり 満天
茶席なる池塘水澄む永観堂 せいじ
キャッチボールの子らにも届く位置に柿 こすもす
宇治の瀬の滔々として水澄まず みのる
山寺に柿喰ひ待つや子規気取り 隆松
登り行く湖沼の数多水澄める わかば
スプーンにて掬ひ尽くせし熟柿かな せいじ
水澄むや水面に揃ふ鯉の口 ぽんこ
水澄むや百景なりや逆さ富士 ふさこ
水澄みて尚際立ちし朱の欄干 こすもす
瞬間に消し込む浮きや水澄めり 豊実
柿の木のあれど渋柿裏の庭 よう子
うるち米もち米と札水澄めり たか子
お裾分け待つとのメールたくら柿 明日香
柿赤く灯り日暮を惜しみけり 素秀
青竹に捻り取られし柿の空 よう子
薬師寺の東塔西塔秋澄めり みづき
水澄むや注ぎて写経襟正す かかし
神の島鎮めて湖水澄めりけり はく子
水澄て勇姿見せるや錦鯉 ふさこ
奈良町のいずこも柿のたわわかな みづき
澄む水を撃つ傷心の石礫 みのる
百万石の兼六園水澄めリ 宏虎
水澄むや昇る朝日の眩しけり 豊実
柿膾添える一品夕餉かな わかば
水澄むや鴨川デルタ鳶の舞 せいじ
水澄めり老船頭の土地自慢 たか子
角張りし柿を三人で分けにけり あひる
社家町や神水引きて水澄めり もとこ
柿熟るる皇子落ち延びし峡深く うつぎ
櫛切りの柿の胚芽の露なり 豊実
飛び石は亀の形や水澄める せいじ
園児らのリュック一杯柿日和 かかし
渋を抜くレシピ云々柿たわわ たか子
青空に散りばめられて山の柿 あひる
青空を湖面に映し水澄める わかば
柿簾里は静かに暮れていく かかし
ひたすらに草食む馬や柿たわわ よう子
水澄みて樹々の彩り藍深し わかば
水澄みて池に沈みし古銭艶 宏虎
洗い場の今も戸毎に水の澄む はく子
澄む水に鯉の背びれの際やかに 満天
夕映へやをちこちの家柿簾 かかし
シニア会吉野に遊ぶ柿日和 うつぎ
さやけきや一管洩れ来柿の庭 素秀
古伊万里の鉢にあふるる柿サラダ もとこ
柿畑に喰む一口や音たてて あひる
山峡に煙一筋柿たわわ うつぎ
生り放題落ち放題や山の柿 うつぎ
秋気澄む遠見に赤き塔聳ゆ みづき
廃村の昭和は遠し木守柿 ぽんこ
空の青引き寄せ水の澄みませり 明日香
水澄んで飛石に生す苔の色 隆松
水澄むや流れと逆の流れ雲 隆松
朱色の実畑に二本秋景色 ふさこ
水澄みて池に鉄塔と白雲 こすもす
柿採りて友の手元を覗くなり ふさこ
茜雲膨らむ湖の水澄めり 素秀
山深い里の棚田の水澄めり 満天
菜園に品種の違ふ柿三本 明日香
水澄める葉裏に屯稚魚の群 ぽんこ
澄む水をとろり動かす錦鯉 豊実
干し柿や白き粉吹きて簾となり ふさこ
切岸の裾根を見せて瀞澄める みのる
水澄むや川底の石動かざり 明日香
兄まねて「ぼく」と言ふ女児柿熟るる よう子
流れ行く形無きまま水澄める ぽんこ
水澄むや仁淀ブルーと聞くからに うつぎ
水澄むや天然記念の魚泳ぐ はく子
柿たわわ大和路の空熟る最中 宏虎
柿もぎる悪ガキにへと怒鳴り声 隆松
主なき実家に残る柿太る はく子
大寺をくすぐる風や柿日和 もとこ
澄む水に白き酒蔵映しけり 満天
初物や青さの残る早生次郎 ぽんこ
なり柿や白漆喰の蔵屋敷 みのる
水澄むや湖中に白き句碑の建つ わかば
柿たわわ猿蟹合戦ふと想ふ 明日香
水澄むや姿見せども釣果ゼロ かかし
鳥の影よぎり水澄む小川かな 素秀
水澄みぬ游ぐ子魚はっきりと 宏虎
水澄める河原の石の白さかな よう子
落柿舎の庭に甘柿取り放題 宏虎
本山の縦横奔る水澄めり たか子
分水嶺本流支流水澄める たか子
水澄める小流れ濁す石置けり 素秀
嘴を枝にこすり満腹柿鴉 みのる
季題とて盆に並べし柿二つ せいじ
柿たわわこれより先に単線路 みづき
過疎の里実のつややかに柿の冷え みづき
すくい食ぶ熟柿を好む兄なりき はく子

2022年8月31日

萩の寺良く整備されたる句碑置かれ 宏虎
波打ちで通路を隠す萩の庭 こすもす
参拝の裳裾揺らすや萩の風 満天
終戦日供華さは村の忠魂碑 うつぎ
萩こぼる参道寺苑石畳 はく子
柔らかき丸葉に淡き萩の花 豊実
萩揺れてこれから幕のあがる如 明日香
終戦日不戦の誓ひ今一度 明日香
憲法の礎となれ終戦日 みのる
かの年に生れしも喜寿や終戦日 せいじ



次のページ