互選の結果

2018年12月度:投句27名 選句27名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
恙なく百三歳の日向ぼこ  わかば 7 董雨.菜々.せいじ.やよい.はく子.なおこ.こすもす.
一つ星あげて枯野の昏れなんと  みのる 5 せいじ.よし女.よし子.なおこ.わかば.
石垣にもたれ鍬抱く日向ぼこ  よう子 5 かつみ.せいじ.やよい.明日香.うつぎ.
日向ぼこ生命線を見せ合ひて  うつぎ 5 素秀.隆松.たか子.明日香.さつき.
日向ぼこ聖歌洩れくる木のベンチ  菜々 5 かつみ.ぽんこ.はく子.なつき.智恵子.
檄文の杭打たれたる枯野かな  みのる 4 もとこ.たか子.さつき.わかば.
落暉今銀光る大枯野  わかば 4 小袖.やよい.はく子.うつぎ.
大欅見えゐて遠し枯野みち  菜々 4 せいじ.宏虎.なつき.よう子.
噂とは倍の尾鰭や日向ぼこ  宏虎 4 よし子.なつき.たか子.海潮音.
行き暮れて湯だけが馳走枯野宿  もとこ 3 隆松.なおこ.こすもす.
大枯野果てより響く鳶の笛  よし女 3 隆松.かつみ.うつぎ.
子やぎ居る枯野に命温かき  たか子 3 小袖.ぽんこ.わかば.
日向ぼこ土手の少女と盲導犬  智恵子 3 素秀.やよい.わかば.
煙吐く汽車の懐かし枯野かな  小袖 3 董雨.よし子.智恵子.
色褪せし地酒の看板枯野原  こすもす 3 董雨.ぽんこ.なつき.
連山を遠くに控え大枯野  よし子 3 満天.宏虎.わかば.
世間から世界の事へ日向ぼこ  たか子 3 せいじ.明日香.こすもす.
編み棒の慣れた手つきや日向ぼこ  こすもす 3 満天.やよい.ぽんこ.
徘徊の母を枯野に探しけり  素秀 3 三刀.ぽんこ.たか子.
百選の棚田を眼下日向ぼこ  せいじ 2 菜々.海潮音.
煙立つ枯野の端の一軒屋  三刀 2 さつき.こすもす.
父となる人の笑顔や日向ぼこ  海潮音 2 三刀.よう子.
一輌車に小さき踏切り大枯野  うつぎ 2 菜々.なつき.
被災地の枯野に埋もる七ヶ年  海潮音 2 素秀.よう子.
又三郎自由奔放大枯野  たか子 2 よし女.よし子.
日向ぼこ子守の爺の先に寝て  なつき 2 かつみ.智恵子.
枯野行くショウチャン帽の影一つ  三刀 2 もとこ.よし女.
湿原の道は無尽や大枯野  わかば 2 よう子.さつき.
こんなにも真っ平らかな大枯野  明日香 2 素秀.もとこ.
耳かきのこけしを揺らし日向ぼこ  やよい 2 菜々.なおこ.
ぽん菓子の爆ぜるを待ちて日向ぼこ  なつき 1 海潮音.
あれそれと話のつづく日向ぼこ  満天 1 董雨.
朱の橋のあらはにせしや大枯野  満天 1 よう子.
雲一朶なに見るでなし日向ぼこ  よう子 1 うつぎ.
濯ぎ物干してそのまま日向ぼこ  せいじ 1 菜々.
妻と娘を送りて独り日向ぼこ  せいじ 1 うつぎ.
とみかうみ枯野の里を吟行子  やよい 1 よし女.
日向ぼこいつしか祖母は船を漕ぐ  菜々 1 董雨.
草野球土手に陣取り日向ぼこ  智恵子 1 満天.
日向ぼこあの世賑やかかも知れぬ  あさこ 1 もとこ.
野良猫の傍に攻め来る日向ぼこ  かつみ 1 もとこ.
日向ぼこ昔語りの尽きぬ母  うつぎ 1 満天.
枯野いま入り口隠す秘密基地  智恵子 1 海潮音.
行けるなら天国希望日向ぼこ  みのる 1 たか子.
千年の欅枯野を踏まえ立つ  菜々 1 小袖.
枯野なる宮址ただ中電車過ぐ  はく子 1 明日香.
同じ席同じ顔触れ日向ぼこ  宏虎 1 はく子.
山颪遮るものなし枯野かな  智恵子 1 隆松.
横に居るはずの人居ぬ日向ぼこ  はく子 1 なおこ.
足跡を隠す枯野の風軽し  よう子 1 明日香.
老いてなほ気丈な人に似し枯野  たか子 1 三刀.
庫裡の犬泰然自若日向ぼこ  よう子 1 よし女.
孫の婚までは生きたし日向ぼこ  あさこ 1 こすもす.
繰り返す母の言の葉日向ぼこ  わかば 1 智恵子.
お尻に根生えて立てざる日向ぼこ  みのる 1 智恵子.
日向ぼこ子に話すごと膝に猫  満天 1 宏虎.
突風に逆らひもして枯野ゆく  せいじ 1 よし子.
餌をやる枯野の猫を集めては  やよい 1 さつき.
緞帳の上がるが如き雲枯野  よし女 1 かつみ.
色のなき枯野の道を郵便車  よし子 1 素秀.
末枯れてゆくも美し大和かな  よし子 1 小袖.
布を刺す一針づつや日向ぼこ  ぽんこ 1 隆松.
置物の猫と見粉ふ日向ぼこ  満天 1 海潮音.
日向ぼこして極楽にゐるつもり  よし子 1 宏虎.
雨上がる雲走らせて枯野原  たか子 1 小袖.
歳時記を繰りては縁に日向ぼこ  やよい 1 はく子.
骨壺を抱きて帰る枯野道  はく子 1 三刀.
嘘一つ見抜かれてをり日向ぼこ  海潮音 1 三刀.
以上.
Gosen CGI Copyright (C) 2000 by Minoru Yamada.