互選の結果

2020年8月度:投句21名 選句20名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
飛鳥仏おはす御寺の白芙蓉  はく子 9 たか子.満天.せいじ.隆松.やよい.なつき.こすもす.うつぎ.智恵子.
手水涸れ龍ぽつねんと秋暑し  小袖 5 せいじ.はく子.もとこ.うつぎ.智恵子.
豆腐屋のラッパ気怠き残暑中  小袖 5 満天.素秀.もとこ.やよい.ぽんこ.
コロナ禍のマスク捨てたき残暑かな  みのる 4 菜々.はく子.なつき.うつぎ.
秋暑しギプスのすき間掻く児かな  なつき 4 せいじ.菜々.小袖.智恵子.
居心地の良き寺の縁紅芙蓉  智恵子 4 菜々.素秀.はく子.こすもす.
ひと雨にも火照る道路や街残暑  満天 3 明日香.やよい.ぽんこ.
雨雫ふふみ芙蓉の柔く閉づ  小袖 3 たか子.みづき.わかば.
ドロップ缶底に固まる残暑かな  素秀 3 せいじ.小袖.やよい.
酔芙蓉ゆるりと結ぶ御籤かな  うつぎ 3 満天.素秀.明日香.
芙蓉咲く路地分入れば行き止まり  智恵子 2 もとこ.ぽんこ.
近道の筈の渋滞秋暑し  うつぎ 2 はく子.やよい.
庭草の生ふるままなる残暑かな  みのる 2 宏虎.明日香.
何事もなくひと日過ぎ芙蓉閉づ  満天 2 たか子.わかば.
海猫の群れ白帆に残る秋暑かな  みづき 2 かかし.わかば.
呼び込みの香具師声嗄らす残暑かな  なつき 2 せいじ.こすもす.
花びらを畳む黄昏酔芙蓉  ぽんこ 2 隆松.わかば.
父描きし色紙の俳画酔芙蓉  明日香 2 隆松.智恵子.
地下を抜けビルの谷間の秋暑し  かかし 1 明日香.
夕暮れのうす紅たたむ酔芙蓉  満天 1 みづき.
看護師に託す秋暑の濯ぎもの  やよい 1 小袖.
撒餌する鯉の重なり秋暑し  ぽんこ 1 満天.
秋暑し今は使わぬ二階部屋  素秀 1 明日香.
芙蓉咲く里の目印赤ポスト  たか子 1 智恵子.
秋暑しもって生まれた嗄れ声  よし子 1 たか子.
しをり戸にすがりて一花紅芙容  菜々 1 なつき.
夕暮れて芙蓉の紅のなまめきて  よし子 1 かかし.
うたた寝の痕頬にあり残暑かな  明日香 1 もとこ.
荒草に声消えし園芙蓉咲く  もとこ 1 小袖.
土乾き雨乞いしたき残暑かな  小袖 1 みづき.
行き合ひの空に向かひて花芙蓉  素秀 1 ぽんこ.
一日咲き明日へ咲き継ぐ花芙蓉  わかば 1 なつき.
仕舞屋の塀に凭れし酔芙蓉  せいじ 1 たか子.
秋暑し難病指定告げらるる  やよい 1 かかし.
GO TOと言われてもこの残暑では  たか子 1 菜々.
酔芙蓉午後の三時のテイタイム  よし子 1 満天.
ほどほどの酔ひの日々かな酔芙蓉  もとこ 1 素秀.
挨拶の顔しかめ合う残暑かな  隆松 1 うつぎ.
術後説明聞きたる帰路の白芙蓉  やよい 1 かかし.
愛想の会話も途切れ秋暑し  たか子 1 もとこ.
残照に媚びているやに酔芙蓉  うつぎ 1 宏虎.
秋暑し説明会のディスタンス  こすもす 1 なつき.
花芙蓉蕊に日照雨の忘れ物  みのる 1 菜々.
秋暑し頭打ちたる穴仏  なつき 1 かかし.
肌を刺す陽に歪む顔秋暑し  智恵子 1 わかば.
ジーンズに腹ひっこめて秋暑し  よし子 1 うつぎ.
男坂跨ぐ走りね秋暑し  智恵子 1 はく子.
外で並ぶATMや秋暑し  満天 1 宏虎.
大輪のアメリカ芙蓉遠目にも  ぽんこ 1 隆松.
お手玉の好きな少女や花芙蓉  みづき 1 小袖.
浜の砂焼けて厳しき残暑かな  わかば 1 こすもす.
清水寺京の盆地の秋暑し  かかし 1 こすもす.
和紙細工めきし花弁や花芙蓉  こすもす 1 みづき.
護岸壁続く河原の秋暑し  小袖 1 素秀.
秋暑し半日もたぬ仏花かな  明日香 1 隆松.
一日のはかなき命酔芙蓉  ぽんこ 1 みづき.
酔芙蓉閉ぢて花街夕べ来る  菜々 1 ぽんこ.
以上.
Gosen CGI Copyright (C) 2000 by Minoru Yamada.