互選の結果

2019年6月度:投句21名 選句21名

作品 作者 点数  この句を選んだ人
堂に満つ五百羅漢の黴の息  うつぎ 8 なつき.せいじ.やよい.こすもす.はく子.満天.素秀.よう子.
黴の堂覗けば閻魔の眼が光る  菜々 7 なつき.宏虎.智恵子.明日香.よし子.満天.さつき.
風孕み噴水昇る龍と化し  素秀 5 明日香.ぽんこ.やよい.さつき.わかば.
百年の黴の住み着く醤油蔵  やよい 5 なつき.智恵子.明日香.こすもす.わかば.
南冥に散りたる徒らの黴の遺書  みのる 5 宏虎.小袖.やよい.よし子.よう子.
黴の書の栞に若き日の決意  みのる 4 菜々.智恵子.はく子.うつぎ.
ふつふつと育つ醤油や黴の蔵  はく子 4 菜々.せいじ.小袖.もとこ.
千年の黴のほほえみ菩薩像  よし子 4 宏虎.智恵子.たか子.満天.
噴水に真向き背きて人を待つ  うつぎ 3 董雨.満天.よう子.
噴水の天辺にある優越感  宏虎 3 たか子.うつぎ.もとこ.
噴水の孤の中にあるビルの群れ  たか子 3 小袖.うつぎ.もとこ.
黴匂ふ師の歳時記を繙けば  明日香 3 やよい.満天.わかば.
山小屋の雑魚寝の布団黴匂ふ  うつぎ 3 なつき.ぽんこ.はく子.
噴水は祈りの鳩の飛ぶごとく  なつき 2 素秀.うつぎ.
気まぐれな噴水出たり出なんだり  ぽんこ 2 やよい.よし子.
噴水のもぐらたたきに子等燥ぐ  満天 2 せいじ.わかば.
嗣ぐ禰宜のなくて黴びたる一末社  みのる 2 小袖.智恵子.
噴水や宙の余白へ模様描く  明日香 2 ぽんこ.たか子.
噴水や手振れに写る玉真珠  智恵子 2 ぽんこ.こすもす.
孫ら来と聞きて風呂場の黴拭ふ  せいじ 2 菜々.うつぎ.
噴水に入りて小躍り襁褓かな  やよい 2 宏虎.もとこ.
噴水の天洗ふごと高々と  満天 2 董雨.はく子.
人訪わぬ洞の神棚黴にほふ  たか子 1 こすもす.
森深き古木の根方黴の花  ぽんこ 1 董雨.
噴水のリズムに合わせぴたり止む  宏虎 1 董雨.
噴水の背山を抜きて高々と  はく子 1 明日香.
黴匂ふ青春の日の写真帖  わかば 1 菜々.
古書店の隅に居座る黴の花  智恵子 1 さつき.
味噌小屋の黴の仄かや母の袖  よう子 1 ぽんこ.
登れども落つる運命や大噴水  よう子 1 董雨.
噴水の力一気に抜けるとき  よし子 1 明日香.
噴水やいともあっさり急停止  たか子 1 せいじ.
セピア色のアルバム開き黴匂ふ  満天 1 なつき.
噴水に神溢れ出すローマかな  もとこ 1 よう子.
タイマーで上がる噴水節水期  やよい 1 よし子.
噴水の穂にキッスして子ら遊ぶ  せいじ 1 小袖.
黴の書の厚し重しの紳士録  よし子 1 たか子.
黴の書となりて並ぶや資本論  もとこ 1 はく子.
大噴水水平線を貫きぬ  みのる 1 菜々.
木彫仏笑む古寺の黴笑ふ  智恵子 1 素秀.
噴水の垂直力や青い空  よし子 1 たか子.
噴水の変わるリズムに見とれをり  董雨 1 宏虎.
ふた開かぬ黴の絵の具やさくらロゴ  よう子 1 素秀.
噴水に集ふ天使のコスチューム  なつき 1 素秀.
上がるだけ上がって落つる噴水よ  こすもす 1 よし子.
黴匂ふ家となりしか父母の老い  もとこ 1 わかば.
大川へ大量に吐く大噴水  たか子 1 こすもす.
噴水の止みて親子の立ち去れり  なつき 1 よう子.
黴匂ふ見知らぬ祖父のラヴレター  もとこ 1 せいじ.
噴水の高さを決める会議あり  よし子 1 もとこ.
以上.
Gosen CGI Copyright (C) 2000 by Minoru Yamada.