1 役行者の足の指先蜘蛛の糸

2 檀尻の法被衆ゆく春田道

3 傘重き病院出づる余寒かな

4 走り根を染め上げたりし花屑かな

5 恋猫か夜半に屋根裏駆くる音

||||||||||||||||

6 迷ひなく一気に咲けり花みづき

7 水門を染めたる万の花筏

8 短パンに半袖子らの夏近し

9 花の蕊残る小枝は桃色に

10 竹林の白き光や著莪の群

||||||||||||||||

11 桜降る息詰まるほど人を恋ふ

12 紅や白躑躅咲き初む寺の庭

13 追いかけつこ桜の木々に小鳥たち

14 水脈引きて行き交ふ船や風光る

15 青鷺の泰然として身繕う

||||||||||||||||

16 ブランコやペンキ塗りたて赤青黄

17 海峡を跨ぐ大橋風光る

18 四囲の山芽吹きの色に染まりけり

19 あめんぼう池独り占めしてスイー

20 草原に紫の風花あやめ

||||||||||||||||

21 五部浄のまなざし遠く春の夢

22 水門に堰き止められし花の屑

23 三日月や白き山吹暮れ残り

24 花万朶今を盛りの池巡る

25 祖母植えし瓦礫の中の水仙花

26 春深し名曲喫茶の飾り文字

27 切株の渦の真中に落椿

28 沓裏に屑重ね往く花の道

29 ひとひらの桜の風に舞ひにけり

30 草刈りをせんといふ子の芝野かな

||||||||||||||||

31 白木蓮天に向かって皆合掌

32 庭隅の落花に埋まる小祠かな

33 雨多き年は豊漁若布干す

34 春の奈良インバウンドが闊歩する

35 春しぐれ雨具にあがく一年生

||||||||||||||||

36 春まつり檀尻太鼓響かせて

37 風光る新入生は皆笑顔

38 部屋の朝日掛かるスカーフ首ぬくし

39 袖口をひと折内へ入園児

40 終点の見えぬ満開花の道

||||||||||||||||

41 啓蟄や島の畑に舟を漕ぐ

42 茎立の畠に黄花白花揺る

43 花冷えや阿修羅の頬に残る紅

44 そよ風にさくら花びらほろり降り