1 桃源郷トンネル灯り桃色に
2 黒猫の枝飛び移る梅二月
3 太梁につるし飾りや雛の宿
4 卒業期登校子等の声高き
5 あたたかや水を持ち上ぐ鯉の口
……………………………………………
6 花ミモザ空の蒼きへ烟るごと
7 一本の芯貫けり冬木立
8 子どもらの品定めせる吊し雛
9 潤びれば緑明るき若布かな
10 夜のミモザ雨に深まる色となる
……………………………………………
11 卒業期チョンと背中にランドセル
12 囀に発言の止む会議かな
13 啓蟄やビル屋上の花壇にも
14 定規筋朱の山門に白き梅
15 閏日や夜間ドライブ雨の中
……………………………………………
16 川沿の朝日を纏ふ猫柳
17 父母の忌や郷に梅花の咲き満ちて
18 蜜蜂や群れて八の字描いてゐる
19 無縁塚へ人幅の道青き踏む
20 明日香路や佐保姫の舞村中に
……………………………………………
21 百歳の齢かさねる母の雛
22 残雪に非ず遠山春の雪
23 譲り合ふ千本鳥居風光る
24 さるぼぼの跳ぬる丸まる吊し雛
25 まなぶたの一重艶めく古雛
……………………………………………
26 閏日や狭庭に募る春の雨
27 うたた寝の人ばかりなり春列車
28 空の色なして群生犬ふぐり
29 対局の棋士の面に花明り
30 春炬燵将棋の棋士の名を覚え
……………………………………………
31 竹幹の雨に艶やか二月尽
32 繙くは文語の聖書春の塵
33 砂嘴浜の渚にあそぶ残り鴨
34 敷石を進まば藩廟梅に佇つ
35 お前もか眠れぬ夜に浮かれ猫
……………………………………………
36 高度下げ雀超えるや冬の川
37 年重ぬも心華やぐ雛祭
38 二月尽女子サーカーのパリ切符
39 缶コーヒー若芝避けて石の上
40 啓蟄や始歩の病棟幾まはり
……………………………………………
41 寝てる間に終はる散髪春うらら
42 アルバムを飽かずに見るや春炬燵
43 ゆるり行く濠の和舟に春炬燵
44 春眠や俄に軋む居間の音
45 冬萌の土手滑る子やダンボール
……………………………………………
46 幾重にも葉に包まれてカリフラワー