成績一覧

過去一覧

7月30日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
大西日並ぶ羅漢の赤ら顔 素秀 8 宏虎.満天.もとこ.ぽんこ.やよい.花茗荷.なつき.かえる.
車座の子ら氷菓食ぶ草野球 智恵子 6 豊実.せいじ.千鶴.こすもす.そうけい.明日香.
雲の峰湧き上ぐ底の播磨灘 素秀 5 満天.智恵子.はく子.やよい.あひる.
統ぶるごと園の真中に花蘇鉄 せいじ 3 たかを.智恵子.千鶴.
籐椅子に傾いで母の居眠れり あひる 3 あられ.みきお.ぽんこ.
前うしろ日焼けしたる子浜走る みきお 3 せいじ.はく子.明日香.
島涼し珊瑚礁へと滑走路 凡士 3 素秀.たか子.なつき.
雲龍図まなこ逸らさず堂涼し 明日香 3 たかを.むべ.たか子.
気休めとなれど念入り日焼止 やよい 3 なおこ.菜々.凡士.
あきもせす田水に遊ぶ水馬 やよい 3 宏虎.更紗.菜々.
踏込めば藪に飛び散る青蛙 豊実 2 更紗.そうけい.
ぽつねんと無人の社に茅の輪かな もとこ 2 あひる.かえる.
弁当の梅干しにぎり登校日 こすもす 2 なおこ.みきお.
四五本はまだある扇子社名入り 凡士 2 豊実.もとこ.
ビール絶ち一椀土用蜆汁 なつき 1 花茗荷.
白鷺の塒ただいま御陵なる 明日香 1 素秀.
スーパーの外で焼きたて鰻の日 満天 1 こすもす.
ハマボウのふわりと咲いて夏の園 あひる 1 むべ.
夏痩せと声掠れたる電話かな なつき 1 凡士.
機上より眼下に湧くや雲の峰 むべ 1 あられ.

7月29日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
炎天に軍鶏半眼の仁王立ち 素秀 7 宏虎.あられ.あひる.ぽんこ.花茗荷.みきお.かえる.
木を見上ぐ蝉捕りの子の背なの反り たか子 5 たかを.花茗荷.みきお.凡士.千鶴.
残る乳歯あと一本や夏休み こすもす 4 なつき.やよい.はく子.千鶴.
風死すやひねもす眠き猫とゐる 宏虎 4 満天.智恵子.ぽんこ.はく子.
茅葺きの似合ふ里山流れ星 みきお 4 満天.宏虎.あられ.こすもす.
街中の漢の日傘ちらほらと 満天 3 たかを.なつき.こすもす.
叫声の逆さバンジー晩夏光 なつき 3 やよい.たか子.凡士.
前カゴに警棒一本日焼け顔 たかを 3 豊実.素秀.もとこ.
草ひけばふと讃美歌のごとき風 あひる 3 せいじ.素秀.むべ.
楊絮浮く蝦夷地の夏の外湯かな むべ 2 せいじ.かえる.
蝉つぶて樹上狭しと飛び惑ふ せいじ 2 明日香.たか子.
参道に露店とびとびなる晩夏 なつき 2 豊実.明日香.
青々と茅の匂ひや鉾粽 もとこ 1 あひる.
夏の夜涙腺ゆるぶ五輪かな やよい 1 智恵子.
石鹸でつるりと吾子を落とし夏 豊実 1 むべ.
「元気にね」うなぎ丼持ち呉るる やよい 1 もとこ.

7月28日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ワイン煮や香りふくよか傷の桃 やよい 6 こすもす.千鶴.みきお.なつき.むべ.凡士.
宿題の刺繍拙き白ハンカチ あひる 5 たかを.はく子.そうけい.ぽんこ.凡士.
痩身にじんべの紐を持て余す なつき 5 隆松.もとこ.たか子.こすもす.かえる.
老犬の大き溜息夜の秋 むべ 4 やよい.せいじ.素秀.もとこ.
吊り橋をこはごは渡る夏帽子 はく子 4 智恵子.満天.千鶴.花茗荷.
尻すぼみも曲がりも庭の胡瓜かな やよい 3 豊実.はく子.かえる.
魚眼めくカーブミラーや夏深し せいじ 3 宏虎.あひる.ぽんこ.
つくばいを賑わす雀水遊び 智恵子 3 たかを.満天.みきお.
へそを手で隠し逃ぐる子水鉄砲 なつき 2 せいじ.むべ.
山鳩の啼くは切なし夏の果 隆松 2 智恵子.素秀.
チェーンソーに負けじと止まず蝉時雨 満天 2 宏虎.花茗荷.
風そよぐキトラの丘や夏茜 明日香 2 あひる.なつき.
炎昼の影に散乱鳥の羽 豊実 1 そうけい.
昼過ぎてぴたっと止みたる蝉時雨 満天 1 明日香.
礼拝を賑やかにして蝉時雨 あひる 1 なおこ.
炎天の水路を歩く散歩犬 素秀 1 明日香.
這松をひよこり雷鳥雨の中 凡士 1 やよい.
朝曇り笊いつぱいのベリーの実 凡士 1 あられ.
首筋に氷を当てつサーブする ぽんこ 1 たか子.
わが影に纏はる影は揚羽蝶 せいじ 1 豊実.
久々の車窓出揃ふ稲穂かな こすもす 1 あられ.
噴水や子等と一緒に風遊び 明日香 1 なおこ.

7月27日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山頂のポストに落とす夏見舞い 凡士 11 あひる.たかを.せいじ.やよい.たか子.花茗荷.こすもす.なつき.明日香.むべ.かえる.
開放ち風が馳走の夏座敷 もとこ 8 満天.はく子.かかし.ぽんこ.たか子.凡士.千鶴.花茗荷.
籐椅子の父囲み観る五輪かな なつき 4 智恵子.更紗.そうけい.満天.
炎昼や風力発電羽根を垂れ 凡士 4 やよい.菜々.もとこ.むべ.
炎天に火傷しさうな滑り台 むべ 3 はく子.ぽんこ.凡士.
太陽の塔の背中の炎暑かな たか子 3 あひる.あられ.かえる.
海の家盥の水に足洗ふ 智恵子 3 たかを.菜々.明日香.
宿坊は山の中腹風涼し 菜々 2 隆松.こすもす.
仰向けが生死の別れ油蝉 みきお 2 豊実.宏虎.
校庭に動くものなし日の盛り せいじ 2 豊実.素秀.
遠山におしくらまんじゅう雲の峰 あひる 2 せいじ.かかし.
蓮の花托あどけなき丸坊主 ぽんこ 2 あられ.なつき.
四阿を鳩が占拠す炎天下 せいじ 1 素秀.
一箱に溢れる愛や茄子胡瓜 智恵子 1 そうけい.
水打って庭の草花真っ直ぐに 満天 1 更紗.
翁等の集ふ鉄棒青葉影 あひる 1 宏虎.
揺らめきてメドゥーサのごと蛸逃げる 素秀 1 もとこ.
永き日や畑打つ人の影長し みきお 1 智恵子.
庭隅へ蔓伸び小さき西瓜熟る なつき 1 千鶴.

7月26日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
助手席に浮輪離さぬ子の寝顔 智恵子 11 たかを.なつき.豊実.せいじ.あられ.更紗.やよい.明日香.菜々.ぽんこ.むべ.
絵手紙の水色溢れ夏見舞 満天 8 なつき.豊実.せいじ.素秀.あひる.もとこ.みきお.かえる.
今日の蝉鳴き終え街の暮なずむ 素秀 4 たか子.満天.宏虎.もとこ.
ぬばたばの闇を切り取る大花火 みきお 3 宏虎.千鶴.ぽんこ.
夏の夜の彩雲生みし望の月 智恵子 3 そうけい.こすもす.千鶴.
渓流の朝の珈琲鬼やんま 豊実 3 そうけい.智恵子.あられ.
ひとり寝の閨青白し夏の月 むべ 3 たか子.かかし.あひる.
虎刈りにされて青草香りけり あひる 3 やよい.こすもす.明日香.
病む父と七三で分く氷菓子 なつき 2 菜々.むべ.
帰る波追ふかに白き夏の月 素秀 2 たかを.かかし.
噴水の伸び縮みして子のはしやぐ 宏虎 1 かえる.
特大のビニールプール駐車場 こすもす 1 凡士.
勝利して校歌斉唱雲の峰 凡士 1 みきお.
山頂に灼けて小楠公の像 せいじ 1 素秀.
「きれいよ」のメールに出でて夏満月 やよい 1 満天.
時計台朝日きらめく夾竹桃 ぽんこ 1 智恵子.
鉄紺とはこれかと光る茄子買ふ あひる 1 凡士.
五輪いま晩夏の夜に開幕す せいじ 1 更紗.

7月25日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
補聴器をとりて程よき蝉しぐれ せいじ 6 隆松.むべ.こすもす.なつき.もとこ.凡士.
人気なき観覧席を夏燕 凡士 3 宏虎.なつき.千鶴.
短夜や猫の戻りて消灯す たかを 3 むべ.みきお.あひる.
負け試合まっとうせむと日焼の娘 むべ 3 たかを.豊実.千鶴.
体操の群散り行けば赤とんぼ あひる 3 たかを.かかし.かえる.
夏草や刈りて現る顕彰碑 あられ 3 素秀.みきお.ぽんこ.
宮参りの嬰しんがりに茅の輪かな なつき 3 あられ.こすもす.やよい.
草茂る曾て子育てせし庭も 菜々 3 宏虎.なおこ.はく子.
粛粛と五輪旗あがる夜涼し せいじ 2 素秀.たか子.
大瀑布凡ての音を消し去りぬ 智恵子 2 せいじ.明日香.
振り向けば川に散りそむ遠花火 素秀 2 たか子.そうけい.
澄む闇や土星を照らす夏満月 そうけい 2 智恵子.満天.
笊の梅天地返しの夜干かな ぽんこ 2 もとこ.凡士.
行く径をふさぐ島牛朱欒咲く 凡士 2 せいじ.智恵子.
夏野菜採れたて自慢貰ひけり 満天 2 かかし.はく子.
夕焼けや雲のくじらの現れり あひる 2 かえる.なおこ.
積乱雲どこまで伸びるクレーン車 ぽんこ 2 あられ.やよい.
鬼百合のなぞえに揃ふ頭かな 素秀 1 そうけい.
玉の汗笑顔の友は準優勝 こすもす 1 明日香.
鳴き声の長き一匹庭の蝉 やよい 1 豊実.
汗尊し五輪選手の技光る たか子 1 満天.
収穫は日に二本なるオクラかな やよい 1 あひる.
大瀑布霧降るごとく飛沫浴び 智恵子 1 ぽんこ.

7月24日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
炎昼や木陰に憩ふ警備員 せいじ 5 ぽんこ.豊実.たかを.素秀.菜々.
民宿の手摺りに並ぶ水着たち 智恵子 5 せいじ.なつき.はく子.花茗荷.こすもす.
胎内のくの字に戻る吾子昼寝 もとこ 4 むべ.隆松.更紗.あられ.
文庫本ばかりの書架や河童の忌 凡士 4 せいじ.なつき.素秀.かかし.
病む父の五輪観てゐる短き夜 なつき 4 ぽんこ.あひる.やよい.あられ.
父見舞ひ庭の獅子唐摘みにけり なつき 3 あひる.更紗.菜々.
対岸の人影揺れるキャンプの火 素秀 3 豊実.智恵子.そうけい.
汽車喘ぐ四国山脈合歓の花 宏虎 3 たかを.たか子.そうけい.
はぐれ犬夏野に飽きて戻りけり 素秀 3 むべ.明日香.もとこ.
御饌田の青々とする大暑かな 豊実 3 たか子.やよい.もとこ.
土用鰻のれんのうの字街踊る 凡士 2 かえる.宏虎.
猛暑日の覚悟の一歩気合い入れ 満天 2 智恵子.凡士.
炎天や等身大の影踏みて みきお 2 花茗荷.千鶴.
久しぶり孫の来訪夏休み ぽんこ 2 宏虎.凡士.
常緑の垣根にひそと灸花 むべ 2 かえる.こすもす.
摩天楼ビルの狭間に雲の峰 せいじ 1 かかし.
夏空へ大書川の字飛行機雲 やよい 1 満天.
蝉時雨止まぬ一山日暮まで みきお 1 明日香.
夏期五輪色々あれど無事開く やよい 1 満天.
跳ねているスタンプカード夏の児等 たか子 1 はく子.
夏空に描く五輪や雲厚き 智恵子 1 千鶴.

7月23日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
大声の読み上げ算や蝉しぐれ 凡士 11 むべ.豊実.たか子.そうけい.なつき.明日香.こすもす.みきお.ぽんこ.やよい.もとこ.
磨崖仏青葉の影を文様に 明日香 8 せいじ.満天.素秀.かえる.あひる.千鶴.ぽんこ.凡士.
青田道消失点は日本海 凡士 5 隆松.そうけい.あられ.あひる.花茗荷.
白玉の凹み小さき子らの指 素秀 3 たかを.はく子.花茗荷.
だるま絵や風鈴の音に耳伸ばし もとこ 3 たか子.あられ.千鶴.
初蝉や窓開け父の体拭く なつき 3 むべ.せいじ.智恵子.
公園の遊具も黙る大暑かな むべ 3 豊実.素秀.かえる.
卒寿翁米寿と並び氷菓食ぶ 宏虎 2 みきお.もとこ.
目覚ましは大合唱の蝉の声 満天 1 はく子.
扇風機顔当て過ぐる舞妓はん 智恵子 1 なつき.
似顔絵を壁にくすぐる夏の風 素秀 1 たかを.
干草の匂ふ川土手瀬の調べ みきお 1 智恵子.
摩天楼風も通わぬ酷暑かな 智恵子 1 やよい.
伸びに伸ぶ二階に笑ふ大向日葵 やよい 1 満天.
晩酌が唯一楽しみ海女潜る 宏虎 1 こすもす.
時間決めて水分補給大暑の日 こすもす 1 宏虎.
夏休み両手塞がる終業式 ぽんこ 1 明日香.
峰峰の冷気あはさり夏の川 隆松 1 凡士.
試合帰り氷菓求めてコンビニへ こすもす 1 宏虎.

7月22日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
磨かれし車に映る雲の峰 たかを 5 宏虎.ぽんこ.たか子.花茗荷.なつき.
日のめぐみたつぷり梅の干しあがる はく子 5 満天.菜々.花茗荷.なおこ.明日香.
室外機風死す路地に音高し 智恵子 4 素秀.もとこ.凡士.はく子.
片陰や手刀切って擦れ違い 隆松 4 たかを.せいじ.むべ.そうけい.
体操は大ひまわりの陰借りて たか子 4 満天.素秀.もとこ.なおこ.
空の色海の色変え梅雨明ける 宏虎 4 千鶴.たか子.なつき.はく子.
看取りゐて玉ねぎ刻む涙かな なつき 3 菜々.みきお.凡士.
夜濯ぎす看取りの白きタオルかな なつき 3 あられ.こすもす.やよい.
夏星や山のやうなるコンテナ船 凡士 2 せいじ.そうけい.
腹透ける目高まとふやブルーラメ もとこ 2 たかを.ぽんこ.
ハマナスの岬に北の海の風 あひる 2 かえる.智恵子.
石磴を通せんぼする萩の茂 ぽんこ 2 宏虎.こすもす.
お隣のゴーヤ気になる育ち頃 たか子 2 豊実.千鶴.
朝焼けの空を映せる水たまり かえる 2 あられ.豊実.
水平線に灯台やがて青岬 素秀 1 かえる.
サドル灼くスタバに俳句ひねる間に せいじ 1 隆松.
梅を干す吾が背かちかち山のごと むべ 1 やよい.
昆布干す浜過ぎ行ける車窓かな あひる 1 むべ.
ラタトゥイユ子等丹精の夏野菜 やよい 1 智恵子.
風鈴に風呼ぶ力みなぎけり ぽんこ 1 みきお.
翡翠と白雲走るダムの青 素秀 1 明日香.

7月21日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
泡ひとつ水面に残し源五郎 智恵子 8 たかを.なおこ.そうけい.むべ.ぽんこ.こすもす.あられ.凡士.
味の濃し丹波の土の夏野菜 たか子 5 たかを.満天.素秀.こすもす.やよい.
堀跨ぐ風鈴の列鳴り通し こすもす 4 せいじ.宏虎.素秀.なつき.
雲龍図めきし雷雲迫りけり せいじ 4 たか子.宏虎.ぽんこ.はく子.
甚平着て手足まあるき童かな もとこ 4 たか子.智恵子.小袖.花茗荷.
大川に灯を映してや鱧の皮 凡士 4 そうけい.もとこ.あられ.なつき.
幼犬の長しリードや夕涼し たかを 3 なおこ.小袖.凡士.
亀の甲羅飛石のごと梅雨あがる ぽんこ 3 明日香.もとこ.はく子.
水やりを忘れた鉢に涼雨かな 明日香 3 あひる.むべ.かえる.
参道の四囲に迫れる青田波 素秀 2 明日香.やよい.
遠雷と見る間に空の掻き曇る せいじ 2 花茗荷.かえる.
頭上より万の蝉声降りにけり みきお 2 せいじ.千鶴.
サラリーマン外すネクタイ木下闇 智恵子 2 隆松.満天.
炎天や名札無く花消えた鉢 明日香 1 豊実.
髪撫づる風が散らしてゆく薔薇 なつき 1 千鶴.
茄子漬けの濃紺が好き裂きて食ぶ 宏虎 1 智恵子.
踊浴衣女将が着せていざ出陣 凡士 1 あひる.
玉葱を初めて切りし日の記憶 あひる 1 豊実.

7月20日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蜜豆や母につながる京言葉 みづき 6 あひる.隆松.素秀.たか子.みきお.むべ.
水差しに簾越しなる日の揺らぎ せいじ 5 智恵子.たかを.みづき.あられ.かえる.
片陰にマスクずらして小休止 たか子 5 満天.こすもす.千鶴.みきお.もとこ.
炎昼のカレーの匂ふ島のカフェ なつき 4 あひる.満天.はく子.こすもす.
ぼけ封じ願ふ寺には亀昼寝 もとこ 3 隆松.たかを.ぽんこ.
峰雲に負けじと河馬の大欠伸 凡士 3 はく子.もとこ.そうけい.
自転車の捕虫網風つかまへて むべ 3 明日香.なつき.あられ.
前庭に姿見えねど蝉の声 こすもす 2 宏虎.かえる.
トロ箱に向日葵笑ふ港町 智恵子 2 せいじ.素秀.
梅雨明けの空に白雲むくむくと 満天 2 宏虎.みづき.
ソフトクリーム一口だけのプレゼント あひる 2 なつき.凡士.
打ち水のコンクリートに海風来 素秀 2 豊実.せいじ.
夏の月巨大となりて街覆ふ そうけい 1 むべ.
参道を耳鳴り超ゆる蝉時雨 隆松 1 明日香.
日除にと窓いっぱいにゴーヤー植 満天 1 智恵子.
白雲のぷかりぷかりと梅雨明くる はく子 1 そうけい.
裏山に昨日と同じ夏の雲 あひる 1 豊実.
土穿つ雨垂れの跡梅雨明ける みきお 1 千鶴.
梅雨明けて洗濯掃除目が回る 明日香 1 凡士.
風鈴の短冊に記す願い事 豊実 1 ぽんこ.
払へども払へども蚊の唸り声 せいじ 1 たか子.

7月19日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風鈴の乱れ打ちなる観音寺 もとこ 6 隆松.たか子.ぽんこ.明日香.そうけい.なおこ.
参道の大天蓋や青楓 隆松 5 みづき.やよい.こすもす.かえる.凡士.
七月の土俵に吼える阿修羅かな 素秀 5 満天.ぽんこ.あひる.あられ.もとこ.
太郎小屋星降る夏の一人旅 智恵子 4 たかを.せいじ.やよい.はく子.
草引けばなお生き生きと草生ふる あひる 3 明日香.更紗.はく子.
子の重み腕にしかと若葉風 はく子 3 たかを.満天.みきお.
ざりがにが足で背中を掻く器用 豊実 3 むべ.せいじ.千鶴.
だんじりの屋根で踊れる夏祭 ぽんこ 3 智恵子.豊実.なつき.
居酒屋の注文一番冷や奴 宏虎 2 花茗荷.こすもす.
たつぷりと昼寝の父の記憶失す なつき 2 素秀.もとこ.
ざりがにを恐れて逃げる砂煙 豊実 2 智恵子.宏虎.
登下山皆の呑み取る岩清水 宏虎 2 みづき.そうけい.
海風を招きいるるは貝風鈴 むべ 2 素秀.豊実.
看取り居をはしやぐ児の声明るうす なつき 2 あひる.なおこ.
この暑さ一日持たぬ仏花かな 明日香 1 花茗荷.
柏手の響く拝殿朝曇 やよい 1 みきお.
梅雨明けや色紙短冊入れ替へる 満天 1 隆松.
拍手湧く気迫力士の睨み合い あひる 1 かえる.
夏場所や楽日の両者血走る目 たか子 1 更紗.
名古屋場所千秋楽や次は五輪 こすもす 1 なつき.
海の日や艦艇づらり満艦飾 凡士 1 宏虎.
町内会お喋り楽し草むしり たかを 1 凡士.
夏見舞い地球の裏からエアメール 凡士 1 あられ.
梔子の花の匂へる三角点 せいじ 1 たか子.

7月18日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
臥す母の背中さすりて明易し 更紗 5 やよい.あられ.智恵子.菜々.もとこ.
安産を願ふ祝詞や梅雨明けぬ たか子 4 満天.明日香.なおこ.凡士.
防風林抜けて浜辺の風涼し 智恵子 4 やよい.宏虎.みづき.はく子.
北山に先ず竹の鳴る夕立かな みづき 4 あひる.素秀.こすもす.たか子.
夕焼け負ひ今日の最後の波に乗る 凡士 3 豊実.満天.むべ.
明智墓へ風を聞かすや風鈴寺 隆松 3 なつき.たか子.もとこ.
幼な子のくんずほぐれつ夏座敷 もとこ 3 たかを.あられ.智恵子.
父偲ぶ古時計鳴る夏座敷 みづき 2 ぽんこ.なつき.
ばち天に祭太鼓の揃ひたる 素秀 2 隆松.たかを.
被爆樹の根方にあまた蝉の穴 みのる 2 あひる.かえる.
三輪山へ影くっきりと夏の雲 明日香 2 せいじ.かえる.
土用波砂のお城を連れ去りぬ 智恵子 2 菜々.凡士.
一瞬に街を掻き消すゲリラ雨 凡士 2 みづき.こすもす.
来る予定なけれど孫の夏布団 あひる 2 ぽんこ.むべ.
草刈や鎮守の森の木の実生 豊実 1 明日香.
青空に大合唱の蝉時雨 満天 1 宏虎.
シャーシャーと老いの耳にも蝉の声 明日香 1 なおこ.
被爆樹として緑陰をなせりけり みのる 1 せいじ.
リビングにメール打ち継ぐ帰省の子 なつき 1 素秀.
パチンコで僅かな勝利梅雨明ける たかを 1 豊実.
梅雨明けの覚悟の気温始まりぬ 満天 1 はく子.

7月17日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
目を剥ける達磨大師にさくらんぼ ぽんこ 5 たかを.せいじ.あひる.更紗.うつぎ.
好きな風掴み風鈴上機嫌 たか子 5 豊実.宏虎.智恵子.もとこ.やよい.
風鈴の響きわたりし蔵の街 更紗 4 せいじ.満天.あひる.たか子.
門柱に祈るがごとく蝉の殻 やよい 4 素秀.かかし.明日香.あられ.
白点は農夫と見えし青田波 あひる 3 素秀.みづき.たか子.
鉾建や動くことなき街静か もとこ 3 なつき.なおこ.やよい.
白線引く三試合目の灼くる土 凡士 3 千鶴.あられ.なおこ.
露涼し外湯へ続く石畳 素秀 3 隆松.明日香.凡士.
遠泳に折り返す子ら烏帽子岩 智恵子 3 かえる.凡士.うつぎ.
雨晴れて雫煌めく蜘蛛の網 かえる 2 みづき.こすもす.
砂浴びも日課の一つ雀の子 みきお 2 隆松.なつき.
喘ぐ吾に鴉の喝や登山道 せいじ 2 かえる.こすもす.
花の寺松の根元の半夏生 こすもす 2 千鶴.ぽんこ.
風鈴のアーチに耳を遊ばせて たか子 1 ぽんこ.
ポニーテール揺らしジョギング朝涼し やよい 1 智恵子.
空蝉を拾ひ木陰にそっと置く 満天 1 更紗.
隣人の老犬逝きし梅雨の空 たかを 1 もとこ.
金曜のけふはサマードレス着て 更紗 1 豊実.
入れ食いの小鯵宿にて南蛮漬 凡士 1 宏虎.
日雷泰然として力石 うつぎ 1 たかを.
コロナ禍と気まぐれ梅雨に疲れ果つ 明日香 1 満天.
サングラ越しの真青や島の空 なつき 1 かかし.

7月16日 (投句22名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小さき句座茶房の氷菓溶けぬ間に たか子 7 たかを.せいじ.もとこ.ぽんこ.みきお.なつき.なおこ.
大玉のスイカ砕けり河馬の口 あひる 7 隆松.はく子.豊実.こすもす.みきお.うつぎ.そうけい.
涼風へ開けて古刹の花頭窓 菜々 7 たか子.満天.智恵子.やよい.ぽんこ.はく子.こすもす.
病む父の薄き身体や籐寝椅子 なつき 6 むべ.智恵子.素秀.もとこ.うつぎ.凡士.
星の沖烏賊釣り船の散らばりぬ 花茗荷 5 むべ.せいじ.宏虎.小袖.そうけい.
白南風や香煙揺らす観音堂 たか子 3 明日香.豊実.凡士.
分けつの盛んなりけり田水沸く みきお 2 あひる.千鶴.
ひさびさの吟行なれば白靴に 菜々 2 千鶴.更紗.
闇と闇つなぐリズムの鉦叩 みきお 2 たかを.あられ.
寝返つて腹を剥き出す溽暑かな 豊実 2 あられ.かえる.
甘樫の丘に老鶯無尽なる 明日香 2 あひる.小袖.
七月の雨に田水の濁りたる 素秀 1 かえる.
応挙寺涼し巨匠の障壁画 こすもす 1 満天.
礼拝堂扉を叩く雹しきり むべ 1 明日香.
潜水艦金曜はカレーメロン付く 凡士 1 隆松.
梵鐘を囲むさ庭に薔薇の散る ぽんこ 1 たか子.
泣けどすぐ笑顔の看取り髪洗ふ なつき 1 素秀.
スカートをつまみ地下出る街溽暑 智恵子 1 更紗.
遠雷の庭にままごと続きをり あひる 1 なつき.
休暇村は山のてっぺん雲の峰 こすもす 1 宏虎.
せせらぎの音下に聴き涼しけり 宏虎 1 やよい.
雷神を招き寄せたるシンフォニー うつぎ 1 なおこ.

7月15日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
なす胡瓜不揃ひなれど庭の幸 智恵子 6 満天.やよい.なおこ.ぽんこ.はく子.凡士.
看取る夜の雷鳴じつと聞いてをり なつき 5 あひる.あられ.もとこ.こすもす.たか子.
湯上りの子ら逃げ回る天花粉 智恵子 4 なおこ.むべ.そうけい.花茗荷.
翡翠のダイブ仕留むる連写音 豊実 4 隆松.たか子.明日香.みきお.
片陰に内緒話の少女かな 素秀 4 豊実.たかを.むべ.なつき.
鉾町の屏風祭や京の宵 凡士 3 智恵子.千鶴.うつぎ.
ひとときを無我に草引く看取り妻 なつき 3 やよい.ぽんこ.はく子.
切岸の苔突き抜けて梅雨きのこ せいじ 3 隆松.明日香.凡士.
空蝉の小枝に交じる雨後の庭 せいじ 3 宏虎.もとこ.こすもす.
病状を語る恩師の声涼し うつぎ 3 たかを.素秀.あられ.
構へればカメラ目線や蛙の子 やよい 2 せいじ.花茗荷.
青海原ドローン飛びて島の夏 もとこ 2 満天.うつぎ.
映写機の揺らぎは火取虫の影 素秀 2 あひる.みきお.
夏近し沖ゆく船の白さかな 花茗荷 1 菜々.
夕立来る土の匂いにまず気づき たか子 1 千鶴.
一合目や合歓の花咲く富士裾野 宏虎 1 なつき.
万緑の裾野すっぽり甲山 宏虎 1 素秀.
鬼百合ののけ反り知らす休耕田 むべ 1 そうけい.
夏の蝶白き桔梗にキスをする はく子 1 宏虎.
見上げたる伽藍の彼方雲の峰 こすもす 1 せいじ.
初蝉の四方で鳴ける脳の中 ぽんこ 1 豊実.
手足生へまづは田を出づ蛙の子 やよい 1 智恵子.
雷鳴に下校時間を変更す 満天 1 菜々.

7月14日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
湧き水にゆらゆらおどけ冷し瓜 あひる 7 せいじ.智恵子.むべ.素秀.もとこ.なつき.凡士.
夏雲へ紙ヒコーキの尾翼立つ 素秀 6 たかを.はく子.やよい.たか子.花茗荷.なつき.
初蝉のひと鳴きに気の解れけり せいじ 3 明日香.ぽんこ.花茗荷.
自転車を出す度はらう蜘蛛の糸 たかを 3 明日香.やよい.うつぎ.
トロ箱に大西瓜買ふ朝市女 なつき 3 そうけい.もとこ.うつぎ.
青芒しげり広野の風強し 宏虎 3 智恵子.素秀.こすもす.
巴里祭ドンクの長きパンを買ふ 凡士 2 たか子.菜々.
地蔵尊に香り届けよ百合の花 ぽんこ 2 隆松.宏虎.
死ぬふりの蜥蜴愛づるや山女 もとこ 2 むべ.そうけい.
荒梅雨に潤む都会の墨絵めく 智恵子 2 千鶴.かえる.
生駒山夏霧気まま隠れぐせ たか子 2 宏虎.ぽんこ.
滝落ちる一段毎に末広に たか子 2 せいじ.あひる.
向日葵のグランドゴルフ眺めをり 満天 2 豊実.はく子.
初蝉やほんのひと鳴きして止みぬ せいじ 2 あひる.かえる.
バス停の長椅子隠し草茂る やよい 2 満天.凡士.
寝ぐせ髪直らぬ朝や合歓の花 みきお 1 豊実.
プール開き張りたる水の青さかな 凡士 1 こすもす.
をさな子の笑顔に負けてパイン買ふ あひる 1 菜々.
渚までチューブ浮輪の転がり来 素秀 1 千鶴.
つやつやと守宮のまなこ黒御影 むべ 1 たかを.
初蝉や枯山水の縁に座し はく子 1 満天.

7月13日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
骨切りの音も肴や祭鱧 凡士 13 豊実.たか子.隆松.あられ.智恵子.宏虎.なつき.こすもす.そうけい.うつぎ.もとこ.はく子.千鶴.
保育士の声かき消されプールの子 たか子 5 隆松.むべ.そうけい.花茗荷.凡士.
渓流に任せて揺らす素足かな 豊実 5 せいじ.あられ.素秀.こすもす.うつぎ.
裸子の姉妹は笑ひ上戸かな なつき 5 あひる.素秀.やよい.たかを.凡士.
長屋門くぐる初飛び燕の子 凡士 3 智恵子.もとこ.はく子.
天を割る音のありけりはたた神 みきお 3 満天.たか子.ぽんこ.
家敷門くぐる貴婦人黒揚羽 智恵子 2 あひる.花茗荷.
夕焼けや昭和の調べハーモニカ みきお 2 満天.宏虎.
泳ぎ出て水平線と横並び もとこ 2 せいじ.たかを.
修行僧登る岩壁山開き 智恵子 2 ぽんこ.みきお.
アルバムに遠き昭和や短き夜 たかを 2 なつき.やよい.
夏の灯や二つ並べるカレー皿 素秀 1 豊実.
忘れらる雨傘多し梅雨晴れ間 こすもす 1 千鶴.
十勝平野青田風吹き水匂ふ 宏虎 1 みきお.
花の寺カメラ横切る梅雨の蝶 こすもす 1 むべ.

7月12日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ポストまで手紙は胸に梅雨の傘 豊実 6 たかを.せいじ.たか子.むべ.あひる.花茗荷.
泥まみれ地下足袋覗く三尺寝 凡士 6 豊実.智恵子.そうけい.やよい.満天.ぽんこ.
語り部の目に赤く染む夾竹桃 智恵子 5 せいじ.あられ.みきお.なつき.凡士.
梅花藻を揺らす小川の豊かなる みづき 4 智恵子.満天.はく子.明日香.
水中花鏡に開く理容室 素秀 2 宏虎.明日香.
富士望む湖畔にかほるラベンダー 智恵子 2 宏虎.こすもす.
藤寝椅子の父の弱音や母忌日 なつき 2 素秀.ぽんこ.
鳩なん羽梅雨の城門深庇し たか子 2 みづき.花茗荷.
み吉野の山襞あらわ夏夕焼け あられ 2 千鶴.こすもす.
庭に咲くカサブランカの王者振り うつぎ 2 素秀.はく子.
鴨百羽見へ隠れして大青田 やよい 2 隆松.千鶴.
黴の香やドアの軋みも奈良ホテル もとこ 2 たか子.あられ.
引越しの友に託され夏水仙 あひる 2 たかを.むべ.
汗しとど泥山を掘るボランテア 宏虎 1 もとこ.
浮き玉に宗谷の夏の映りをり あひる 1 豊実.
咲き満ちし合歓に夕べの来たりけり みづき 1 あひる.
日輪や驟雨の雲をかき分けて むべ 1 やよい.
彦星を少し離れてISS(宇宙ステーション) 凡士 1 なつき.
目を閉ぢてデッキの風の避暑気分 なつき 1 みづき.
もぎ立ての胡瓜持て来しチャイムかな せいじ 1 もとこ.
ふかふかの夏落葉踏み歌碑巡り 明日香 1 みきお.
田草取る鴨の群れゐる小島かな やよい 1 そうけい.
少年を白球はるか越え夏野 素秀 1 凡士.

7月11日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遙かまでホルスタインの夏野かな あひる 5 せいじ.満天.たか子.はく子.凡士.
列島をつぎつぎ襲ふ梅雨出水 満天 4 智恵子.宏虎.みづき.はく子.
辣韮の逃げる箸先朝の卓 みきお 4 たかを.あられ.むべ.凡士.
ホームベース置きて夏野は野球場 素秀 4 せいじ.あひる.菜々.こすもす.
まだ声を聞かねど庭に蝉の殻 せいじ 4 隆松.智恵子.菜々.千鶴.
生温き風を従へはたた神 むべ 3 豊実.やよい.もとこ.
つやめくや翠の鎧負ふ蜥蜴 もとこ 3 素秀.明日香.なつき.
夏山の村の名残る古地図かな 素秀 3 あひる.宏虎.むべ.
御手洗は蝌蚪の国なり杓置きぬ ぽんこ 3 たかを.明日香.もとこ.
穴子飯提げて五号車広島駅 凡士 2 素秀.やよい.
飛び交ひし羽化の夏蝶無音界 宏虎 2 そうけい.こすもす.
乗り合はす被爆電車や夏の朝 凡士 2 そうけい.ぽんこ.
喧騒を吸ひて静けき夏木立 せいじ 2 豊実.あられ.
葡萄棚古き投網とブイ吊し なつき 1 うつぎ.
投網打つ漁師のリズム一二三 宏虎 1 満天.
人は人自分は自分髪洗ふ うつぎ 1 たか子.
梅雨空や鉛色なる凪の湖 隆松 1 なつき.
囲を支ふ蜘蛛は我慢の獲物待つ ぽんこ 1 うつぎ.
横断し一礼をする新入生 みきお 1 千鶴.
鏡には笑顔となりて夏帽子 あひる 1 みづき.
櫓門数多の鋲や黴の青 たか子 1 ぽんこ.

7月10日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小流れの堰をのぼれずあめんぼう やよい 7 隆松.宏虎.智恵子.素秀.ぽんこ.凡士.うつぎ.
どくだみの香を広げつつ鎌を引く あひる 5 素秀.やよい.花茗荷.小袖.うつぎ.
ラムネ抜くぽんと昭和の音すなり 宏虎 5 やよい.千鶴.ぽんこ.なつき.むべ.
目鼻欠く地蔵鎮座や木下闇 こすもす 4 満天.千鶴.凡士.もとこ.
朽ちかけし百葉箱や凌霄花 凡士 3 せいじ.こすもす.なつき.
海風に思春期の白シャツ孕む 素秀 3 たかを.みきお.むべ.
多羅葉に一句したため星祭 うつぎ 2 満天.智恵子.
糸やなぎ風に縒りてはほどけては 菜々 2 豊実.あひる.
使用禁止つづく遊具や蟬時雨 なつき 2 明日香.こすもす.
扇風機まわり続けて忘れられ あひる 2 豊実.明日香.
松原を海へと急ぐ跣足かな 素秀 2 あられ.小袖.
炎天や塔影に待つ人力車 智恵子 2 せいじ.花茗荷.
滝壺に蒼穹からの水落つる もとこ 1 たか子.
店頭の三切の西瓜よく売れる 満天 1 あひる.
ひとつづつ紙にくるまれ着きし桃 せいじ 1 宏虎.
荒梅雨やニュース速報多過ぎて 明日香 1 もとこ.
瀬の音の木立を抜けん梅雨の川 隆松 1 たかを.
記念日を独りで迎ふ夏の宵 むべ 1 あられ.
発心の写経の筆や堂涼し 凡士 1 たか子.
パティシエを目指す短冊笹飾り こすもす 1 みきお.

7月9日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
母の忌の早寝の父や星まつり なつき 7 たかを.隆松.素秀.そうけい.むべ.たか子.もとこ.
海亀の帰る背中に浜灯り 素秀 6 たかを.せいじ.ぽんこ.なつき.花茗荷.うつぎ.
風鈴の喋り過ぎなる路地の風 たか子 4 満天.素秀.はく子.凡士.
夏草や朽ちる炭鉱社宅跡 凡士 4 隆松.智恵子.やよい.ぽんこ.
夏暁や鳥語に耳を澄ます犬 むべ 3 宏虎.千鶴.もとこ.
雨粒のつきたるままに茄子をもぐ こすもす 3 豊実.せいじ.宏虎.
梅雨滂沱界隈一瞬モノトーン たか子 3 智恵子.満天.こすもす.
初物や九等分にメロン分け たかを 3 あひる.こすもす.凡士.
園丁ら蚊遣を腰に出陣す せいじ 3 はく子.あひる.たか子.
病名を告ぐる日焼けの若き医師 なつき 3 豊実.そうけい.うつぎ.
改札を出てつい見上ぐ燕の巣 智恵子 2 なつき.明日香.
朱の裳階万緑を背に妍きそふ 明日香 2 千鶴.花茗荷.
茅葺きの雫も隠る梅雨の霧 隆松 1 あられ.
遠雷や妻は初診を引き延し 豊実 1 むべ.
梅雨滂沱散歩あきらめ二度寝せり やよい 1 菜々.
山踏みの日延べの知らせ梅雨長し せいじ 1 やよい.
釣堀に立ち竦みけり鮎釣れて あひる 1 あられ.
短夜や通夜のお鈴の夢うつつ 素秀 1 菜々.
ががんぼの長き脚折り葉裏かな みきお 1 明日香.

7月8日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
掬ひたる指の形に夜光虫 素秀 9 豊実.せいじ.はく子.やよい.むべ.小袖.なつき.凡士.うつぎ.
箱舟に摘まむ三つ指蓴菜女 智恵子 4 たか子.やよい.みきお.もとこ.
遠雷や副反応の拍子抜け ぽんこ 4 明日香.花茗荷.もとこ.千鶴.
公園の池の浮島鵜の楽園 豊実 3 宏虎.智恵子.はく子.
風鈴の鳴りてややあり風届く たか子 3 たかを.素秀.凡士.
狩衣の絹の光沢夏祓 うつぎ 3 あられ.たか子.なつき.
コンテナに板渡す椅子樹下涼し やよい 2 豊実.うつぎ.
漣を葉下にまねく未草 あひる 2 花茗荷.なおこ.
レントゲンの肺白き父甚平着て なつき 2 あひる.たかを.
鯉の背を掠めてわたる鬼やんま せいじ 2 明日香.なおこ.
捜索のマスクも泥に梅雨出水 凡士 2 あられ.みきお.
七夕やコロナ終息願ふのみ 満天 2 智恵子.こすもす.
雷鳴にスケートボード放り出し 凡士 2 あひる.せいじ.
七夕の短冊はみな女文字 むべ 2 ぽんこ.素秀.
弾けむと割れ目くつきり椿の実 あひる 2 満天.こすもす.
荒梅雨や傘は大きめ持たせけり こすもす 1 宏虎.
汐風に頸をまかす籐寝椅子 素秀 1 隆松.
夫婦とは持ちつ持たれつ合歓の花 宏虎 1 むべ.
初蝉や今日も励めと叱咤する 宏虎 1 満天.
検査終え遅き昼飯食ぶ小暑 なつき 1 小袖.
赤黒きまでに熟れたる季食ぶ たか子 1 千鶴.
とんとんと水面を叩く赤蜻蛉 せいじ 1 ぽんこ.

7月7日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕市へ紅の鼻緒の素足かな うつぎ 7 豊実.素秀.やよい.なつき.あられ.もとこ.たかを.
免許返納決めたる父や鰻食ぶ なつき 5 智恵子.うつぎ.もとこ.なおこ.千鶴.
浴衣着て乙女となりし六年生 やよい 5 智恵子.せいじ.満天.うつぎ.ぽんこ.
貨車通過軋みて長き薄暑光 智恵子 3 明日香.花茗荷.むべ.
梯梧咲き熱烈歓迎島日和 もとこ 3 たか子.みきお.あられ.
大雨に抗うごとく立葵 ぽんこ 3 あひる.凡士.こすもす.
初蝉を聞きて体操身も軽く たか子 3 菜々.満天.むべ.
枝先にひたすら丸く蝸牛 明日香 2 隆松.千鶴.
おやつタイムやっぱり選ぶ氷菓かな こすもす 2 菜々.宏虎.
夏雲の影をなぞりて一輪車 素秀 2 ぽんこ.なつき.
風孕み踊る噴水ミスト浴ぶ 智恵子 2 やよい.みきお.
姫榊の花に雨粒ふくらめり なつき 2 あひる.凡士.
干されたる白衣あまたや雲の峰 凡士 2 せいじ.花茗荷.
病室のひと日の濁り水中花 素秀 1 隆松.
飲み会に藍の浴衣のあらはるる 凡士 1 なおこ.
漢方薬ゆるりと効くや梅雨の月 むべ 1 たかを.
梔子や黄ばみそむもの次々と こすもす 1 素秀.
七夕や願ひ事なき短冊も せいじ 1 豊実.
ウクレレの池面を渡る風涼し あひる 1 明日香.
思ひ出の手描きの団扇捨てきれぬ 満天 1 宏虎.
それぞれの好みの薬味冷や奴 満天 1 こすもす.
雨蛙そぞろにちよんとついてみし 明日香 1 たか子.

7月6日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
締込みの子の四股高く青嵐 素秀 5 あられ.せいじ.凡士.みきお.やよい.
二重橋響けるひづめ松落葉 智恵子 4 そうけい.たか子.豊実.なつき.
麻服の皺の馴染める歳なりぬ もとこ 4 素秀.千鶴.むべ.うつぎ.
夏空を画布いつぱいに飛機発ちぬ 凡士 3 あられ.素秀.ぽんこ.
忘れたき事忘れずに昼寝覚 宏虎 3 あひる.豊実.凡士.
奥深き森林浴や時鳥 豊実 3 智恵子.みきお.なつき.
虫喰ひの穴かと見れば子でで虫 うつぎ 3 せいじ.あひる.こすもす.
百の滝写すドローンの離れ業 せいじ 3 もとこ.千鶴.明日香.
梅雨激し暮し飲み込む土石流 たか子 3 智恵子.宏虎.そうけい.
水鉄砲顔は禁止でへそ狙ふ なつき 2 たかを.うつぎ.
八つ橋を亀とあめんぼくぐり抜け あひる 2 宏虎.はく子.
ワクチンの話題尽きない端居かな こすもす 2 はく子.花茗荷.
もてあます盛りに持つたるかき氷 凡士 2 隆松.花茗荷.
井戸蓋にあふる湧水庭凉し ぽんこ 2 たかを.やよい.
米寿古希翁を囲む夏座敷 なつき 2 満天.こすもす.
洋館の門に閂錆紫陽花 素秀 1 ぽんこ.
昼餉には冷素麺が喜ばれ 宏虎 1 なおこ.
竹落葉姫のいるらし竹見つけ 明日香 1 もとこ.
客席に浴衣姿のちらほらと こすもす 1 明日香.
左右から畦塗る夫婦棚田かな みきお 1 むべ.
耳元に羽音鋭く小蠅行く たかを 1 たか子.
夏の海超へて翔平二刀流 智恵子 1 満天.
無添加のジンジャエールを暑気払ひ 満天 1 なおこ.

7月5日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
青簾揃ひ連なる京町家 智恵子 5 豊実.たかを.なつき.花茗荷.凡士.
沐浴や新米パパの汗光る やよい 5 隆松.ぽんこ.はく子.千鶴.小袖.
板張りの足裏に絡む梅雨湿り せいじ 5 そうけい.明日香.豊実.はく子.みきお.
籐椅子の飴色光る曲がり縁 智恵子 4 ぽんこ.むべ.花茗荷.凡士.
かわらけの夕焼越えゆく屋島かな 素秀 4 せいじ.あひる.もとこ.小袖.
風格の太陽の塔雲の峰 もとこ 4 宏虎.たか子.こすもす.うつぎ.
橋梁を今ぞくぐりて夏の月 素秀 3 あられ.明日香.もとこ.
フリスビー咥へて泳ぐ犬の夏 豊実 2 智恵子.千鶴.
プレー中のドームを叩く夕立かな こすもす 2 せいじ.あひる.
AIも災害予告出来ぬ梅雨 明日香 2 満天.こすもす.
夏座敷子も経唱へ忌を修す なつき 2 宏虎.素秀.
梅雨雲の雨をこらへて居座れり せいじ 2 たか子.うつぎ.
ヘルメット飛ばす三振雲の峰 凡士 2 そうけい.むべ.
それぞれに時を持ちよる焚火 かな みきお 1 あられ.
水車回る庭のしつらい寺涼し ぽんこ 1 満天.
炊飯器で煮る夏野菜フランス風 こすもす 1 なつき.
入り乱る水脈の眩しき夏の池 あひる 1 みきお.
旧校舎五階をのぞく夏木立 むべ 1 素秀.
我が町の低空飛行夏燕 満天 1 たかを.
眠気誘ふ瀬音優しき避暑の宿 うつぎ 1 智恵子.

7月4日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
峰雲の天辺みてるキリンの目 凡士 6 あられ.豊実.たか子.なおこ.こすもす.もとこ.
もてなしの白湯を甘露と夏遍路 素秀 5 隆松.せいじ.菜々.ぽんこ.千鶴.
釣糸を掠めて行きし海月かな 豊実 5 せいじ.たかを.智恵子.あひる.もとこ.
味噌蔵のいにしえ臭ふ麻のれん 智恵子 5 満天.宏虎.花茗荷.やよい.凡士.
礼拝堂涼し一番乗りの朝 せいじ 5 豊実.菜々.そうけい.なおこ.はく子.
紙垂涼し一木一草神宿る うつぎ 3 そうけい.たか子.花茗荷.
小雨中挿し芽してみるゼラニウム 明日香 2 智恵子.やよい.
向日葵やなべて東を向く朝 あひる 2 満天.宏虎.
梅雨晴や見守り隊へ感謝状 満天 2 みきお.むべ.
ピクピクと動く棹先雲の峰 みきお 2 はく子.千鶴.
薄暗き仏間に父のパナマ帽 もとこ 2 あられ.素秀.
ハンモック薄き一冊読了す むべ 2 なつき.うつぎ.
廃線の錆びの間に間に草いきれ たか子 2 ぽんこ.明日香.
梅雨晴やドライブスルーの長蛇の列 満天 1 凡士.
半夏生カーラジオより雨の歌 なつき 1 むべ.
ビル群の底なる水に蝌蚪生るる たか子 1 たかを.
レンタルの登山靴ゆく鎖場へ 凡士 1 うつぎ.
梅雨朝や伊吹の裾に雨柱 隆松 1 素秀.
凌霄花歩道に色をばらまきぬ はく子 1 みきお.
捩花の捩は一本左巻き 明日香 1 あひる.
千年宮雌雄の岩の滝涼し なおこ 1 なつき.
甘噛みの歯形の腕や梅雨籠り こすもす 1 明日香.
アイロンかけ火照りを癒す扇風機 ぽんこ 1 こすもす.

7月3日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
母の歩に合せてくぐる茅の輪かな うつぎ 11 隆松.たか子.たかを.あられ.智恵子.やよい.みきお.ぽんこ.満天.なつき.むべ.
司書のぼる細き梯子や書架涼し むべ 8 たか子.たかを.豊実.せいじ.やよい.なおこ.千鶴.凡士.
馬鈴薯の花の大地を釧網線 凡士 4 小袖.もとこ.はく子.うつぎ.
尼寺の厨賑やかし梅漬ける 智恵子 3 あひる.せいじ.うつぎ.
雨三日茅の輪の青さ残りたり なつき 3 こすもす.満天.もとこ.
さざ波の立つ余白なき睡蓮池 せいじ 2 宏虎.明日香.
坪庭の手水にひかる苔の花 智恵子 2 隆松.なつき.
総玻璃の壁に投射の初夏の空 たか子 2 あられ.ぽんこ.
黄鶲をレンズに捕らへ一目惚れ 豊実 2 智恵子.はく子.
水みくじ見せ合ふ二人合歓の影 小袖 2 宏虎.そうけい.
足爪に彩施して夏に入る もとこ 2 小袖.凡士.
菜園のどこまで曲がる胡瓜かな 凡士 2 素秀.明日香.
夜半の雨晴れて青田のなほ青し やよい 1 みきお.
萍のうねりは鯉の背の形 素秀 1 こすもす.
八橋に名札を向けて花菖蒲 せいじ 1 あひる.
梅雨深し朝より点す学び舎に 満天 1 そうけい.
青草に立てばよつ葉を探す癖 あひる 1 なおこ.
百日紅太りし庭は生家跡 素秀 1 豊実.
夜雨上がり伊吹の尾根の影涼し 隆松 1 千鶴.
末社まで母と詣でる青時雨 なつき 1 素秀.
灰色のビル林立や梅雨の冷え たか子 1 むべ.

7月2日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
よくしゃべる電化製品梅雨籠り なつき 4 もとこ.豊実.菜々.凡士.
一病の平癒願ひて笹飾り やよい 3 隆松.明日香.たか子.
稲荷社の金の御幣や木下闇 うつぎ 3 素秀.なつき.こすもす.
海鳴りの在所おちこち棕櫚の花 凡士 3 せいじ.智恵子.小袖.
合歓咲くや水辺の風のやはらかき もとこ 3 明日香.千鶴.うつぎ.
鰐口を打ちて吐き出す風涼し 素秀 3 たか子.ぽんこ.あられ.
禅林の手水に回る夏つばき 智恵子 3 もとこ.せいじ.あひる.
親去りて唐突の黙燕の子 あひる 2 智恵子.むべ.
渓谷をた走る水の涼しかり せいじ 2 宏虎.やよい.
木洩れ日の遊ぶ泉が水源地 せいじ 2 あひる.うつぎ.
神事終へあんぐり茅の輪緩ぶやに 小袖 2 素秀.凡士.
アイスモナカそっと買ひ足す人は夫 あひる 2 菜々.むべ.
ご神木の上がり根被う苔の花 こすもす 2 満天.やよい.
向日葵や視線感じて振り向けば たか子 1 ぽんこ.
明らかに小枝を揺らす目白の子 豊実 1 たかを.
白衣にも夏物あるや実験室 むべ 1 小袖.
品書きは女将の筆や川床料理 宏虎 1 なつき.
水満ちて瀬音緩やか植田かな たかを 1 千鶴.
白壁と若葉の似合う城下町 こすもす 1 満天.
ビキニ着て浜辺を闊歩都会の娘 智恵子 1 宏虎.
梅雨空へ枝先キリリ山椒の木 たかを 1 あられ.
花殻を摘んで雨待つみなづき尽 なつき 1 豊実.
ビル街に残る田圃や蝌蚪の群 みきお 1 たかを.
御神像を掲げ三体山開き 素秀 1 こすもす.

7月1日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
龍神を祀る宮居の苔涼し せいじ 6 隆松.こすもす.ぽんこ.凡士.なおこ.うつぎ.
磊磊に堰かれて激つ渓涼し せいじ 5 智恵子.たかを.あられ.はく子.やよい.
船渡御のそろり繰り出す太鼓の音 たか子 5 宏虎.みきお.やよい.小袖.ぽんこ.
緑陰に雲つかむ手の太極拳 素秀 4 千鶴.豊実.もとこ.そうけい.
夏祓すませワクチン接種せり 凡士 3 はく子.こすもす.なつき.
敷石と紛う亀いて梅雨深し 明日香 3 素秀.満天.あひる.
青鷺の脛揃えたり凪の湖 隆松 3 せいじ.素秀.むべ.
曇天に泰山木の白ありて もとこ 3 満天.むべ.そうけい.
磐座の古りし注連縄大蛇めく うつぎ 3 千鶴.もとこ.なおこ.
まだ茅に残る湿りや青茅の輪 やよい 2 智恵子.なつき.
夏祓いのち千年延ぶといふ やよい 2 明日香.明日香.
母送りはたとせの父月見草 むべ 2 たかを.あられ.
梅雨雲や荷のこる香具師の立ち話 なつき 2 せいじ.うつぎ.
暗渠よりおはぐろ蜻蛉ふいに出て 明日香 2 たか子.あひる.
知の巨人ひっそりと逝く梅雨の星 みきお 1 小袖.
政治談議好きな男らビアガーデン 凡士 1 宏虎.
木洩れ陽の一本道や新樹風 智恵子 1 みきお.
黒変のバナナ巣籠もる野菜室 豊実 1 凡士.
寺の庭梅の実未だ採らぬまま こすもす 1 豊実.
緑陰に政治談義となってをり あひる 1 たか子.

6月30日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
高跳びのバー踏ん張つて夏の空 凡士 5 せいじ.素秀.やよい.むべ.もとこ.
水琴窟青蔦つたふご神水 なつき 4 満天.智恵子.明日香.千鶴.
炎天に汲み上げポンプ錆しまま たかを 4 素秀.ぽんこ.むべ.はく子.
足生えて蝌蚪土煙あげて逃ぐ なつき 4 豊実.みきお.そうけい.うつぎ.
どくだみや無住の土塀崩れ落つ やよい 3 豊実.みきお.はく子.
なめくじり世渡り下手は親譲り 宏虎 3 たかを.たか子.なおこ.
えの子草忘れ去られし忠魂碑 ぽんこ 3 智恵子.凡士.うつぎ.
薄紅の天蓋となり合歓の花 もとこ 2 なつき.こすもす.
土間走る娘三人藍浴衣 素秀 2 隆松.ぽんこ.
駆けっこの園児にミスト炎天下 はく子 2 こすもす.なおこ.
遠きから初蝉聞こゆ道の駅 豊実 2 宏虎.凡士.
草いきれ諸共崩すブルドーザー たか子 2 あられ.たかを.
雲の峰阿蘇岳の空湧き登る 宏虎 2 なつき.千鶴.
シーサイド椰子陰止めて三尺寝 智恵子 2 そうけい.小袖.
水無月の角より食みて涼しかり あひる 2 あられ.もとこ.
寺町の影は眉山や星涼し 素秀 2 せいじ.あひる.
朝空を縦横無尽燕の子 あひる 2 満天.宏虎.
こりやいかん止まりかけなる扇風機 せいじ 1 隆松.
蜘蛛の圍を払いつつ庭逍遥す 明日香 1 菜々.
迷はずに白檀扇子の隣席へ むべ 1 たか子.
払はれて傍に囲を張る女郎蜘蛛 やよい 1 あひる.
天主堂白亜染めたる大夕焼 智恵子 1 小袖.
梅雨籠りコロナ太りといふなかれ 明日香 1 菜々.
俳句手帳中にぺしゃんこの蚊一匹 こすもす 1 やよい.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site