成績一覧

過去一覧

6月29日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
タグつけて仔牛糶へと半夏生 凡士 9 むべ.せいじ.みづき.そうけい.やよい.千鶴.こすもす.たか子.なつき.
長生きの爺の好物冷奴 みきお 4 宏虎.はく子.ぽんこ.なつき.
遠雷と覗けば迫る雨柱 智恵子 4 そうけい.たかを.こすもす.うつぎ.
スキップしおませな仕草初浴衣 みづき 4 隆松.明日香.はく子.たかを.
太陽の塔にハグされ夏野かな もとこ 3 満天.あられ.うつぎ.
梅雨じめり草書の多き兄の文 みづき 3 素秀.あられ.凡士.
黒南風やテラスの足の湿りゆく たか子 2 むべ.凡士.
あどけなき犬と老人樹下涼し あひる 2 豊実.素秀.
地植せし頃思ひ出す濃紫陽花 うつぎ 2 せいじ.宏虎.
黒南風や雲低くして街鎮む たか子 2 智恵子.明日香.
駐在の見回り中と梅雨晴れ間 なつき 2 隆松.もとこ.
蜻蛉二匹現世見渡す棒の先 ぽんこ 1 みづき.
曇天の紫陽花の毬白清し 満天 1 千鶴.
施錠解く手に昼の蚊の止まりけり こすもす 1 豊実.
梅雨の間や湖掻き回す波の音 隆松 1 あひる.
遠雷や一雨ほしき日暮どき せいじ 1 やよい.
笑み涼し伊勢より流れ来し仏 なつき 1 もとこ.
北へ行く夜行列車やレース編む やよい 1 満天.
浮き草を突きて遊ぶ稚魚の群 智恵子 1 ぽんこ.
手水舎の蜘蛛の囲けふは払はれて やよい 1 あひる.
木下闇地下の湧水砂を噴く 宏虎 1 たか子.
明早し月はおぼろげ雲に溶け 明日香 1 智恵子.

6月28日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
玄関の守宮に留守を頼みけり 満天 9 たか子.せいじ.たかを.素秀.やよい.むべ.ぽんこ.はく子.明日香.
重なりし土嚢の破れ草茂る せいじ 7 あられ.みづき.素秀.むべ.みきお.明日香.凡士.
青田風一陣吹きて水匂ふ 宏虎 7 満天.たか子.せいじ.智恵子.豊実.あひる.こすもす.
海鳴りを離れて近し祭笛 凡士 4 そうけい.豊実.あひる.もとこ.
自転車でめまとい突破川の土手 豊実 3 はく子.なつき.うつぎ.
夏川に鮒追ふ日あり友の顔 凡士 3 宏虎.あられ.ぽんこ.
白菊てふ花火を海に帰し闇 素秀 3 そうけい.みきお.もとこ.
熱の身の氷菓一さじ旨しかな たか子 2 やよい.小袖.
甘酒や薬一錠減りし父 なつき 2 隆松.凡士.
あん蜜もて母の生まれ日祝ぎにけり あひる 2 みづき.なつき.
四阿に先客のあり群る藪蚊 智恵子 2 満天.こすもす.
黒南風や下枝に苔の古木かな ぽんこ 1 宏虎.
触れたれば病葉すつと掌へ うつぎ 1 小袖.
レース糸懐かし白の40番 うつぎ 1 なおこ.
百磴を登り大息新樹陰 やよい 1 隆松.
身ほとりを包む静けさ夏座敷 せいじ 1 うつぎ.
万緑を映す川面に鷺ゆっくりと 満天 1 たかを.
生まれ日の水無月母は九十五 あひる 1 千鶴.
昼寝覚とんちんかんの返事して 明日香 1 なおこ.
鉢の中雲間を泳ぐ目高かな むべ 1 千鶴.
蓮咲くと聞きて散歩の道変へる はく子 1 智恵子.

6月27日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水鉄砲撃たれし父の上機嫌 宏虎 8 ぽんこ.隆松.たか子.あひる.せいじ.たかを.智恵子.明日香.
薄雲の流れに白き梅雨の望 はく子 4 うつぎ.こすもす.千鶴.凡士.
島の墓所グラジオラスの咲きのぼる なつき 4 あひる.宏虎.素秀.あられ.
百人の体操揃わぬ夏の園 あひる 4 そうけい.豊実.むべ.もとこ.
人影に四散素早き蝌蚪の紐 やよい 4 たか子.せいじ.うつぎ.明日香.
屈まりて青空拝む袋掛け たかを 3 そうけい.もとこ.なつき.
滑り台下に藪蚊の先回り なつき 3 たかを.智恵子.なおこ.
石塔に光り張り合ふ松葉菊 ぽんこ 3 素秀.みきお.なつき.
朝涼や空気の旨しハーブ園 やよい 3 満天.はく子.凡士.
墓地なれば合唱聞こゆ雨蛙 明日香 2 満天.豊実.
梅雨長しどこかに眠る万歩計 凡士 2 ぽんこ.なおこ.
緑濃き公園舞ふや梅雨の蝶 満天 2 むべ.あられ.
篝火の火の粉ものとも女鵜匠 凡士 2 こすもす.千鶴.
梅雨晴や畑賑はふ貸農園 満天 2 やよい.みきお.
金曜日が大好きてふ子プールの日 こすもす 1 やよい.
初蝉や耳をすませる杉木立 素秀 1 宏虎.
黄揚羽に案内さるる広き墓地 むべ 1 隆松.
青草に足取られつつ体操す あひる 1 はく子.

6月26日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蛞蝓の銀の道あり力石 凡士 8 宏虎.せいじ.智恵子.たか子.明日香.みきお.はく子.やよい.
農小屋のトタンうるさき戻り梅雨 素秀 7 たかを.むべ.あひる.たか子.こすもす.なおこ.凡士.
籐椅子に座せば昭和の匂ひあり 宏虎 4 豊実.満天.なつき.ぽんこ.
郵便を待つとも無しの門涼み たか子 4 隆松.なつき.素秀.あられ.
新樹光峰に整列大風車 智恵子 4 宏虎.素秀.明日香.こすもす.
磐座に付いて動かぬ蝸牛 豊実 2 ぽんこ.凡士.
灯を消して蛍タイムや高雄茶屋 凡士 2 はく子.やよい.
羽つくろふ首の忙しや夏の鴨 やよい 2 あひる.もとこ.
病葉の渦の中へとペダル漕ぐ せいじ 1 満天.
虫除けの玄関ノブにぶらさがり あひる 1 たかを.
開閉の寿命の近し冷蔵庫 ぽんこ 1 豊実.
カーバイド臭ふ参道夜店かな みきお 1 もとこ.
白鷺や塒に帰る夕の川 むべ 1 智恵子.
せせらぎに白鷺佇つや夏の色 明日香 1 みきお.
農道の風や白花夾竹桃 あひる 1 むべ.
鯉の群睡蓮の中ゆっくりと 満天 1 なおこ.
口角の上げて赤子や昼寝中 もとこ 1 あられ.
磐襖神水滴る切り通し 智恵子 1 隆松.
藍を刈る鎌に児童の目の真剣 素秀 1 せいじ.

6月25日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ウクレレの音色涼しきティータイム せいじ 4 なおこ.菜々.むべ.はく子.
軽鳬の子にあわせトラクタゆつくりと むべ 4 あひる.たかを.せいじ.菜々.
扇風機影も律儀にくびを振り あひる 4 あられ.豊実.なおこ.素秀.
青田風比良を吹きゐて湖に出づ 凡士 4 隆松.素秀.千鶴.もとこ.
糶終へて人気なき市朝の凪 凡士 4 あられ.みきお.こすもす.ぽんこ.
幾十年経つも今なるひめゆり忌 明日香 3 宏虎.千鶴.うつぎ.
炊き出しの列に天蓋桜の実 智恵子 3 あひる.そうけい.むべ.
素麺や一分のすきも無き木箱 あひる 3 やよい.明日香.うつぎ.
小判草十両ほどを摘み帰る やよい 3 せいじ.智恵子.豊実.
恋蛍谷戸に星降るごと乱舞 智恵子 3 満天.明日香.ぽんこ.
植田みち銀輪部隊隠れなし たか子 3 やよい.そうけい.もとこ.
風化する地蔵のお顔雲の峰 ぽんこ 2 隆松.たか子.
ネバネバが夏の力とオクラ食ぶ たか子 2 宏虎.こすもす.
卵落つ森青蛙敵を食ふ 豊実 2 智恵子.凡士.
街灯す泰山木の蕾かな あられ 2 満天.はく子.
一万両ゆれ風を呼ぶ小判草 やよい 1 たか子.
夜の臭ひ特にきつしゃ栗の花 宏虎 1 凡士.
潮満ちて頬撫づ風や慰霊の日 なつき 1 たかを.
掌にのせて切り分け冷奴 満天 1 みきお.

6月24日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
濃淡を一筆に描く墨涼し 凡士 8 せいじ.たか子.宏虎.満天.やよい.ぽんこ.みきお.こすもす.
うち寄する珊瑚の欠片沖縄忌 凡士 6 あられ.智恵子.なつき.ぽんこ.こすもす.千鶴.
初孫の花嫁姿さくらんぼ こすもす 5 宏虎.なつき.菜々.明日香.千鶴.
万緑や山の名褪せし展望図 豊実 5 たか子.智恵子.あひる.素秀.そうけい.
三輪山の裾に箸墓初蛍 明日香 4 あられ.せいじ.あひる.やよい.
母忌日米寿の父の端居かな なつき 3 たかを.はく子.もとこ.
もう一度試着してみるアロハシャツ あひる 3 隆松.満天.もとこ.
梔子を籬としたる関所跡 せいじ 3 素秀.菜々.凡士.
海紅豆燃ゆるごとくや沖縄忌 はく子 3 みきお.むべ.そうけい.
向日葵のつむり重たげなるうなじ たか子 2 たかを.はく子.
楊梅の実をこぼしたる女坂 ぽんこ 2 豊実.むべ.
拝殿を灯して枇杷のたわわなる やよい 2 なおこ.明日香.
少しずつ本当のこと沖縄忌 明日香 1 豊実.
八つ橋の雨に当リぬ花菖蒲 宏虎 1 凡士.
怠れぬアイロン掛けに玉の汗 うつぎ 1 なおこ.

6月23日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
万緑に押し上げられて仏舎利塔 はく子 10 たかを.隆松.智恵子.満天.あられ.せいじ.やよい.たか子.なつき.うつぎ.
白玉を押したる指の窪みかな たか子 3 素秀.ぽんこ.もとこ.
紫の冴える茄子漬朝の膳 ぽんこ 3 宏虎.なつき.なおこ.
天空のリフトに眺むお花畑 智恵子 3 はく子.やよい.うつぎ.
賽銭箱裏より蚊遣り煙立つ なつき 3 あひる.明日香.ぽんこ.
朝涼や坂をダッシュの部活生 やよい 2 そうけい.凡士.
黙礼を交わす相席鰻食ぶ 宏虎 2 たかを.豊実.
一葉の旧居巡りて葛桜 凡士 2 素秀.こすもす.
末社祭香煙こもる木下闇 なつき 2 あひる.こすもす.
辻褄の合わぬ夢みし明易し もとこ 2 智恵子.宏虎.
宅配の箱よりメロンまたメロン せいじ 2 あられ.なおこ.
くちなしの道ママチャリで風を切る あひる 2 隆松.せいじ.
空の青狭まる青田なほ青し 素秀 2 そうけい.千鶴.
夏鷗揺れてニ十羽舫ひ綱 凡士 2 はく子.たか子.
口癖は何が無くとも冷や奴 あひる 1 明日香.
裾烟る伊吹の尾根や夏霞 隆松 1 千鶴.
Sの頚解ひて飛び立つ青鷺よ みきお 1 満天.
子燕の育ちて巣から溢れそう 智恵子 1 菜々.
露天湯へ渡る廊下の風涼し 素秀 1 豊実.
雨上り美しき蜘蛛の圍あるじ留守 明日香 1 もとこ.
長梅雨やキューちゃん漬けに挑戦す 明日香 1 菜々.
山雀や木漏れ日淡きけもの道 豊実 1 凡士.

6月22日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
飯盒の焦げを磨くや河鹿鳴く 豊実 8 せいじ.智恵子.そうけい.たかを.やよい.たか子.菜々.凡士.
あめんぼう雲のじゅうたん滑りゆく やよい 7 むべ.満天.はく子.智恵子.あられ.小袖.千鶴.
一番風呂の父の火照りや夏至夕べ なつき 4 宏虎.たかを.こすもす.小袖.
老翁の鸚鵡を肩に夕端居 せいじ 4 豊実.素秀.あひる.なつき.
二十二時父の日祝ふ電話かな なつき 3 むべ.せいじ.あひる.
蜘蛛の網通せんぼなす獣道 智恵子 3 隆松.明日香.千鶴.
夏至なれば老いの夕餉のまだ明かし たか子 3 豊実.やよい.もとこ.
畳なはる夏霧ふはり大和富士 明日香 2 あられ.みきお.
夏祓へ今年は是非とぞ思ひける たか子 2 明日香.うつぎ.
紫陽花を生けてちぎり絵雨の午後 智恵子 2 ぽんこ.凡士.
貝塚や縄文人も好く鮑 凡士 2 みきお.たか子.
山頂の鉄塔覆ふ梅雨の雲 素秀 2 満天.なつき.
乾杯のスピーチ長しビールかな 凡士 2 もとこ.菜々.
再開すグランドゴルフ梅雨晴れに 満天 2 ぽんこ.うつぎ.
父の日や湯呑みに銘のありにけり せいじ 1 宏虎.
熊ん蜂横一列にホバリング うつぎ 1 そうけい.
無口なる冷房の効く歯科検診 素秀 1 こすもす.
この本は捨ててしまいし桜桃忌 もとこ 1 素秀.
続けての夏祭なし回覧板 明日香 1 はく子.

6月21日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
万緑の深きをゑぐる黒部谷 凡士 9 豊実.あられ.隆松.せいじ.はく子.みきお.むべ.そうけい.なおこ.
夏袴のぞく素足にかるただこ むべ 6 たかを.素秀.みきお.千鶴.もとこ.凡士.
大き蟻尊徳像の本を読む やよい 6 せいじ.満天.明日香.むべ.もとこ.凡士.
大夕焼け負ふて吊橋踏み出せり 凡士 5 豊実.隆松.宏虎.たか子.あひる.
斑紋の汗染みかとも力石 うつぎ 3 はく子.たか子.ぽんこ.
植田澄む大河を分かつ三角地 せいじ 3 智恵子.やよい.うつぎ.
青田波かき分け鷺の泳ぐごと 素秀 2 明日香.なつき.
甲板を磨きて海の夏近し 豊実 2 あられ.なつき.
末社祭終えて鎮もる五月闇 なつき 2 やよい.あひる.
青梅雨や母子ハミング傘の中 もとこ 2 たかを.なおこ.
神樟の根元に蚊遣り末社祭 なつき 2 素秀.こすもす.
立葵お遊戯の子ら見え隠れ 智恵子 1 満天.
野良猫の相手呼ぶ声木下闇 ぽんこ 1 千鶴.
虫干しや予報も空も確かめる 明日香 1 こすもす.
紫陽花のついに地に触れ雨一日 あひる 1 うつぎ.
角曲がり触れんばかりのアガパンサス 満天 1 宏虎.
朝涼や中州飛び立つ鷺の群れ 菜々 1 智恵子.
白鷺の行方を睨む大鴉 せいじ 1 ぽんこ.
霧ヶ峰今しキスゲに埋まる丘 智恵子 1 そうけい.

6月20日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
楊梅の口にしばらく遊ぶ種 素秀 7 たか子.あひる.満天.なつき.なおこ.うつぎ.むべ.
水鏡梅雨の雲分け亀の首 やよい 5 あられ.たかを.智恵子.ぽんこ.こすもす.
校門は城の遺構や楠若葉 凡士 5 せいじ.明日香.満天.ぽんこ.菜々.
夏野菜ビタミン色を重ね描く たか子 4 素秀.やよい.凡士.むべ.
籐椅子を念入りに拭き父迎ふ むべ 3 あられ.素秀.はく子.
怒髪する仁王の視線額の花 ぽんこ 3 宏虎.豊実.千鶴.
木津川の中州広ごる旱梅雨 せいじ 3 なつき.なおこ.やよい.
湧き水の砂をどりいる河蜻蛉 みづき 3 宏虎.もとこ.うつぎ.
日照雨して初夏の香りの風に会ふ みづき 2 たか子.明日香.
用水路水面すれすれ夏燕 満天 2 みづき.凡士.
雨の朝紫陽花の毬濃き青に 満天 2 菜々.千鶴.
梅雨籠もり米国からの翔タイム たかを 2 こすもす.はく子.
水茄子漬ひさぐ明るき夫婦かな あひる 1 せいじ.
夏萩の小さきを突き熊ん蜂 うつぎ 1 あひる.
かたつむりやさしき角をふりあげて はく子 1 たかを.
銭洗ひ弁天様の洞涼し 智恵子 1 もとこ.
嫌がらぬ猫に団扇の風送る こすもす 1 豊実.
楊梅の砂にまみれて磯の道 素秀 1 智恵子.
ペンションの窓で地ビール軽井沢 豊実 1 隆松.
長梅雨や止み間を縫って回覧板 明日香 1 隆松.
けたたまし雨降る予感雨蛙 みきお 1 みづき.

6月19日 (投句21名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夜半に聴く瀬音に遠き河鹿笛 凡士 7 宏虎.たか子.みづき.ぽんこ.みきお.千鶴.やよい.
青蔦の窓震はせて聖歌隊 凡士 7 満天.豊実.せいじ.むべ.みきお.うつぎ.やよい.
同病と知りし親しさながし吹く たか子 5 素秀.あひる.なつき.そうけい.はく子.
渓流の懸け橋細し夏の雲 豊実 4 隆松.素秀.ぽんこ.千鶴.
蜘蛛の囲の光りちりばめ雨上がり 満天 3 みづき.こすもす.小袖.
ボンネットバス万緑の坂上がれ 素秀 2 たかを.なつき.
葛桜好物同じ姉妹かな むべ 2 うつぎ.はく子.
花虻の日がな一日梅雨の晴 うつぎ 2 もとこ.凡士.
散水機回せば子らの水浴び 智恵子 2 小袖.凡士.
椅子古りし荒神様の樹下涼し なつき 2 たか子.なおこ.
梅雨の田に濡れそぼつなり鷺一羽 隆松 2 宏虎.明日香.
街中のビル影置きし植田かな もとこ 2 あられ.智恵子.
行厨に鳩の視線や青葉影 あひる 2 せいじ.明日香.
恋すずめ有刺鉄線揺れゐたり なつき 2 あひる.もとこ.
大の字に寝ている親父(おやじ)夏座敷 みきお 2 あられ.智恵子.
みどり児のきらりと瞳青葉光 宏虎 1 そうけい.
田植祭早乙女姿はにかむ子 智恵子 1 たかを.
雨受くやぐんぐん伸びる夏の草 明日香 1 満天.
植田隅白鷺一羽佇みて 満天 1 こすもす.
折り紙を夫より習ふ梅雨ひとひ ぽんこ 1 むべ.
切り株でスケッチ議論森凉 そうけい 1 なおこ.
陸奥の旅花アカシアに囲まれて はく子 1 菜々.
梅雨晴やぴかぴかにする水回り やよい 1 菜々.
石磴の青葉の陰のひと休み あひる 1 豊実.

6月18日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
百年の糀むろあり甘酒屋 むべ 7 智恵子.素秀.ぽんこ.はく子.みきお.なつき.小袖.
キャンパスに列ぶ銀輪新樹光 あひる 6 せいじ.あられ.明日香.はく子.こすもす.小袖.
終ひ湯の窓に貼り付く火取虫 素秀 4 たかを.豊実.うつぎ.もとこ.
まだ苗の歪みの見える植田かな 明日香 4 隆松.みきお.こすもす.たか子.
黒日傘低く御廟所巡りけり なつき 3 菜々.たか子.うつぎ.
山門は質素なりけり青時雨 なつき 3 せいじ.豊実.あひる.
滴りて大の字掲ぐ如意ヶ嶽 あひる 2 あられ.むべ.
真夜中や月華美人に逢ひにゆく もとこ 2 菜々.やよい.
ひくひくと白き喉元雨蛙 みきお 2 宏虎.なつき.
縺れ合ひまるでワルツや夏の蝶 明日香 2 満天.ぽんこ.
万緑や少し嵩増す地球かな 凡士 2 そうけい.もとこ.
立枯れの橡(くぬぎ)に宿る梅雨茸 みきお 2 満天.凡士.
晩酌の当ては辣韮と漬けにけり うつぎ 1 なおこ.
梅雨晴へ憂さを捨て来し散歩かな やよい 1 凡士.
声すれど姿は見へず行々子 宏虎 1 明日香.
滴りが滴りを呼び水となる 宏虎 1 千鶴.
島影に目を凝らしをり朝曇 隆松 1 そうけい.
蝙蝠のスーパームーンに影を曳く 凡士 1 むべ.
梅雨晴間団地のベランダ満艦飾 菜々 1 たかを.
代掻きの水面すれすれ大鴉 たかを 1 素秀.
夏暁や雲穿ちて日矢の生 隆松 1 千鶴.
目覚めれば窓に青空濃紫陽花 こすもす 1 宏虎.
萍の雨に水面を踊りけり 素秀 1 あひる.
明易し今日の予定も何もなし 満天 1 やよい.
童地蔵多くの喜捨や沙羅の花 ぽんこ 1 智恵子.
焼きたての餃子の蒸気ビール飲む 豊実 1 なおこ.

6月17日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
菖蒲園畦に置かれし泥軍手 隆松 6 むべ.豊実.たかを.智恵子.千鶴.うつぎ.
御廟所の塀の崩れや黴匂ふ なつき 6 隆松.ぽんこ.やよい.こすもす.もとこ.うつぎ.
青蛙浮葉づたひに向かう岸 凡士 5 菜々.そうけい.素秀.満天.明日香.
牛蛙親鸞像におらびをり うつぎ 3 菜々.豊実.凡士.
大原の青紫蘇薫る風の道 智恵子 3 たか子.あひる.みきお.
橋の下群れて居眠る鴨涼し せいじ 2 満天.千鶴.
大窓を占めて対岸雲の峰 隆松 2 たかを.小袖.
樹下涼し昼餉の席へ鳩寄り来 せいじ 2 明日香.凡士.
曖昧に降りみ降らずみ女梅雨 たか子 2 宏虎.そうけい.
梅雨暗しオートライトの知らぬまに 素秀 2 せいじ.こすもす.
五箇山を平家蛍のまばたきぬ 凡士 2 智恵子.なつき.
短夜の音の近づく救急車 満天 2 むべ.あられ.
ぐんぐんと水脈を広げて夏の鯉 あひる 2 せいじ.やよい.
あぢさゐのスケッチ絵の具薄め描く なつき 1 ぽんこ.
ポタポタと梅雨の混ざりて露天の湯 たかを 1 あひる.
泡ととも炭酸水で呑む薬 素秀 1 小袖.
日暮れ時泰山木の花光る 豊実 1 なつき.
鳴き渡る夏鶯やひと雨来 むべ 1 もとこ.
新樹光潮騒の丘古戦場 智恵子 1 みきお.
寄進名を読み上げてゆく夏の坂 もとこ 1 素秀.
黄昏の川幅広く鵜飼かな 宏虎 1 たか子.
梅漬ける塩の按配気にしつつ ぽんこ 1 宏虎.
柔らかき角の二本をかたつむり はく子 1 あられ.

6月16日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
梅漬ける重し石にも五十年 うつぎ 9 たかを.せいじ.智恵子.満天.明日香.素秀.小袖.もとこ.凡士.
梔子の風を通して理髪店 素秀 6 せいじ.豊実.明日香.あひる.むべ.はく子.
隠沼の静寂揺さぶる牛蛙 やよい 5 智恵子.満天.なつき.あひる.菜々.
孵化したる針先ほどの目高かな みきお 4 隆松.宏虎.こすもす.千鶴.
ぬばたまの闇に一筋初螢 みきお 3 宏虎.ぽんこ.はく子.
夏空の鳥居に透かす遥拝所 ぽんこ 2 たか子.なつき.
助手席に忘れ物ありサングラス こすもす 2 あられ.みきお.
大滝のごと響きをり加茂の堰 あひる 2 こすもす.うつぎ.
町溽暑買い物帰りの荷の重く 菜々 2 ぽんこ.みきお.
待ち合わす制服二人立葵 素秀 2 豊実.小袖.
大百足今日は二匹目つがひかな 明日香 1 菜々.
副作用起きれぬ朝や梅雨の汗 智恵子 1 千鶴.
黐の花家康像の大刀に散る なつき 1 むべ.
生まれ日に入梅したる雨をんな むべ 1 素秀.
梅雨晴やスキンヘッドの太公望 豊実 1 もとこ.
口ずさみ思ひ出ドレス梅雨晴へ 満天 1 たかを.
蟻登る砂場のダムの工事中 たか子 1 凡士.
若冲の墨絵静謐青葉寺 もとこ 1 たか子.
今日も来た夕立三日と言ふ通り 明日香 1 うつぎ.
第一打はホールインワン雷鳴す こすもす 1 あられ.

6月15日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
落ちさうで落ちぬ葉裏の蝸牛 せいじ 8 宏虎.むべ.豊実.明日香.やよい.こすもす.千鶴.うつぎ.
カプセルを割つて飛び立つ天道虫 豊実 7 あひる.たかを.たか子.せいじ.あられ.みきお.なつき.
サボテンの針の中より花ひらく 満天 5 あひる.宏虎.智恵子.菜々.うつぎ.
野仏の御顔も梵字も梅雨の中 たか子 4 素秀.ぽんこ.もとこ.凡士.
雷神の一撃を浴ぶ真夜の風呂 うつぎ 3 たか子.素秀.もとこ.
閃光の眠りを覚ますはたた神 ぽんこ 3 満天.智恵子.みきお.
接種待つ媼ピンクの夏帽子 なつき 3 隆松.ぽんこ.千鶴.
関取のプール歩きにうねる水 凡士 3 たかを.せいじ.あられ.
久の友紫陽花剪って帰りけり こすもす 2 豊実.明日香.
新樹光試歩の一歩を躊躇ひぬ みきお 2 小袖.凡士.
初なりの胡瓜つや良し歯切れ良し やよい 1 菜々.
風呂窓に蜥蜴張り付き咽動く 宏虎 1 むべ.
改装の足場に蝉の殻並ぶ 素秀 1 なつき.
千本の丹の鮮やかや夏木立 もとこ 1 満天.
花十薬夜の裏庭なほ白し むべ 1 小袖.
癖つ毛の手をやく撥ねや梅雨湿り あひる 1 やよい.
夕立あと電飾のごと杉の綺羅 明日香 1 こすもす.

6月14日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蜘蛛の囲に千本鳥居繋がるる もとこ 5 智恵子.たか子.こすもす.やよい.あられ.
水が好きでも潜れないあめんぼう 明日香 4 せいじ.そうけい.みきお.小袖.
老鶯や搗き餅うまし鄙の茶屋 凡士 4 ぽんこ.宏虎.そうけい.うつぎ.
青梅雨や讃美歌に和し雨の音 せいじ 3 満天.なつき.うつぎ.
炎昼や地蔵堂から蝶一尾 たかを 3 たか子.素秀.あられ.
会ひに来てほうたるに耳澄ましけり うつぎ 3 豊実.あひる.せいじ.
嫁姑ほど良き間合ひ桐の花 みきお 3 凡士.なつき.むべ.
梅雨寒や灰色だけの院の窓 隆松 2 あひる.むべ.
めてゆんで川鵜ゆっくり巡回す 満天 2 宏虎.菜々.
青き香や茅の輪づくりの真っ最中 こすもす 2 満天.みきお.
初なりの茄子二個先ずは仏前に こすもす 2 凡士.やよい.
とんぼうの水叩く尾の切りも無し たか子 2 隆松.ぽんこ.
猫の餌の散らばる波止や梅雨深し なつき 1 小袖.
ブラインド上げて眩き雲の峰 智恵子 1 たかを.
無人家の庭木の森に枇杷灯る 素秀 1 こすもす.
つゆ草の群れし入口貸し農園 あひる 1 明日香.
桟橋に釣れし鱚の丸々と 智恵子 1 千鶴.
長々と車庫前に伸ぶ青大将 明日香 1 菜々.
夏の朝雀水浴ぶにわたずみ たか子 1 たかを.
溜池の満ちて梅雨雲写しをり 素秀 1 千鶴.
緑さす頬ふくよなか観世音 やよい 1 素秀.
故郷と話の尽きぬ梅雨籠り 満天 1 明日香.
梅雨寒やコインパークの精算機 あられ 1 もとこ.
累日の疫禍を数へ時の日や むべ 1 もとこ.
早苗田に写しとりたる夕立晴れ あられ 1 豊実.
梧桐や堂宇にひそり力石 凡士 1 智恵子.

6月13日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
練習船小旗涼しく出航す たか子 7 むべ.せいじ.あひる.はく子.こすもす.菜々.うつぎ.
ほうたるの闇を深める瀬音のかな うつぎ 7 たかを.満天.あられ.こすもす.なつき.ぽんこ.凡士.
柿若葉土塀朽ちたる武家屋敷 凡士 6 智恵子.豊実.満天.みきお.やよい.ぽんこ.
月面のクレーターめく蟻地獄 みのる 3 智恵子.はく子.小袖.
探し物に暮れたるけふの暑さかな やよい 3 むべ.千鶴.凡士.
パラグライダー影の掠めて夏河原 素秀 3 せいじ.明日香.小袖.
白き帆に波打ち寄せる青葉潮 みきお 2 たかを.素秀.
下駄鳴らすあぢさゐ寺の石畳 なつき 2 隆松.素秀.
萍の陰に得体の知れぬ物 たか子 2 なおこ.菜々.
亀一匹乗せて浮島夏の池 あひる 2 明日香.なつき.
寝袋のフアスナーの音明易し 豊実 2 隆松.みきお.
水やりをするや飛び出す夏の蝶 明日香 2 豊実.あひる.
猫の餌の散らばる波止や梅雨深し なつき 2 あられ.もとこ.
梟と見れば耳あり夏月夜 智恵子 2 たか子.そうけい.
力石在所の寺に額の花 凡士 1 宏虎.
蓮青葉水たま最早水たまり あひる 1 そうけい.
朝焼に向ひ漁出る小舟かな 隆松 1 やよい.
打水の玉散り鎖樋の鳴る 素秀 1 千鶴.
耳元でちょつとちょつと蚊の一尾 たかを 1 なおこ.
テント張る砲台跡の一等地 せいじ 1 うつぎ.
梔子のかおり豊かに深き白 ぽんこ 1 宏虎.
機影ゆく梅雨晴の空音もなし むべ 1 もとこ.
雲海を抜けて雨降るエアポート 智恵子 1 たか子.

6月12日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
路地奥の屋号染めぬく夏のれん もとこ 5 豊実.智恵子.素秀.満天.はく子.
尺取の空を掴んで歩みけり みきお 5 あられ.せいじ.はく子.小袖.凡士.
背伸びして巣立まぢかのこふのとり 素秀 5 ぽんこ.せいじ.みきお.やよい.凡士.
描きかけのスケッチ置かる青葉影 なつき 4 たか子.豊実.みきお.うつぎ.
走り書きあり玉葱の宅急便 せいじ 3 あひる.あられ.むべ.
チヌ釣りへ焼玉響かせ老漁師 凡士 3 宏虎.そうけい.もとこ.
大蝌蚪の石にあご乗せ動かざる なつき 3 たかを.むべ.明日香.
蛍火の闇を交差す渓の底 素秀 3 隆松.やよい.千鶴.
出目金や知らんぷりして尾を揺らし 明日香 2 智恵子.なつき.
緋目高の卵を移す指の先 みきお 2 たかを.そうけい.
黄揚羽の舞軽やかや風見ゆる むべ 2 千鶴.うつぎ.
田水引く受け継がれたる水路もて せいじ 2 たか子.小袖.
螺貝の渡る岩間の夏至観音 智恵子 2 素秀.なつき.
水匂ひ瀬音を聴きて夕蛍 宏虎 2 ぽんこ.こすもす.
澱みたる萍つつく傘の先 たか子 1 明日香.
水底の行き来する鯉梅雨の川 満天 1 こすもす.
逞しく石のひびより歯朶若葉 ぽんこ 1 隆松.
疫終息潜る茅の輪に切願ふ 智恵子 1 満天.
薫風や声で調べる野鳥の名 豊実 1 もとこ.
夏陽射し歩幅緩まる帰り道 たかを 1 宏虎.
鹿威しその都度揺るる四葩かな たか子 1 あひる.

6月11日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
花蜜柑一山覆ふ瀬戸の島 凡士 10 豊実.なつき.智恵子.むべ.素秀.ぽんこ.みきお.明日香.こすもす.そうけい.
濃紫陽花伏し目がちなる六地蔵 ぽんこ 4 満天.たかを.みきお.もとこ.
万緑に潰されそうな滑り台 満天 3 あひる.あられ.凡士.
底しれぬ空を映して水田かな あひる 3 たか子.たかを.明日香.
型抜きの背ナに虫飛ぶ夜店の灯 素秀 3 豊実.せいじ.なおこ.
なめくじり一筆書きの白き線 たか子 3 満天.なつき.千鶴.
花びらは白磁の匙や泰山木 あひる 2 智恵子.むべ.
発条の蔓が先行く時計草 せいじ 2 あひる.やよい.
故郷の連山映す代田かな みきお 2 宏虎.ぽんこ.
洩れる日を嫌ふて掛くる青簾 たか子 1 千鶴.
孝子廟かこみ実梅の灯りけり なつき 1 素秀.
大夕焼赤信号と紛ごうほど 明日香 1 宏虎.
そこにだけ風のありけり風知草 みきお 1 凡士.
万緑の光返すや立石寺 宏虎 1 やよい.
桜の実赤紫に染まる唾 豊実 1 こすもす.
枇杷たわわ手縫ひのごとき葉もさはに せいじ 1 そうけい.
カーテンを膨らませをる若葉風 こすもす 1 せいじ.
朝涼や翁の散歩犬抱いて やよい 1 もとこ.
あるなしの風に音なく小判草 ぽんこ 1 たか子.
色褪せし父の遺品の白上布 凡士 1 あられ.
夏空にお狐護る大楼門 もとこ 1 隆松.
緑陰に介護職員昼休み むべ 1 なおこ.

6月10日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕日に帆染めてヨットの戻りけり 凡士 6 あひる.せいじ.智恵子.満天.やよい.菜々.
塩吹きし梅干しもらふ夏遍路 なつき 5 せいじ.こすもす.千鶴.もとこ.凡士.
道迷ふ夢ばかり見て明け易し たか子 4 むべ.なおこ.みきお.菜々.
明け易しもうカーテンに鳥の陰 たか子 3 隆松.やよい.こすもす.
足ひろげ干さるジーンズ百日紅 凡士 3 明日香.みきお.なつき.
角隠し竿さす舟や花菖蒲 智恵子 3 ぽんこ.たか子.なつき.
戒名の人柄唱ふ梅雨滂沱 宏虎 3 あられ.素秀.もとこ.
溢水を気にも留めずに代掻機 せいじ 3 あひる.あられ.凡士.
田水引く首を伸ばして鷺一羽 せいじ 2 豊実.明日香.
蛍火のS字S字が混線す みのる 2 たかを.そうけい.
ワクチン接種終へて待機の薄暑かな やよい 2 なおこ.千鶴.
大蝌蚪の頭撫でやる子らの指 なつき 2 素秀.そうけい.
オープンカー両手で押ふ夏帽子 智恵子 2 宏虎.ぽんこ.
谷川岳お花畑のVサイン あひる 2 たかを.智恵子.
惜しみなく一気に捨つるころもがへ もとこ 1 宏虎.
耳良き子シのフラットと江戸風鈴 むべ 1 たか子.
隠し仰せぬ証拠を残すなめくじり 宏虎 1 満天.
すり窓に守宮のパーの小ささよ あひる 1 むべ.
小面の壁に笑ひて明易し 素秀 1 豊実.

6月9日 (投句23名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
賀茂の風呼び込む茶屋の青簾 凡士 7 隆松.智恵子.満天.素秀.やよい.ぽんこ.千鶴.
沢蟹の横切るを待つ散歩道 隆松 6 菜々.智恵子.こすもす.千鶴.もとこ.凡士.
石ひとつ除く夕暮れ田水引く みきお 4 せいじ.たかを.あられ.もとこ.
ラジオ体操前屈すれば蟻の穴 あひる 4 菜々.たか子.豊実.音吉.
父の日の爪を切りつつ話の輪 なつき 3 あられ.ぽんこ.凡士.
あぢさゐの桟橋に待つ渡舟かな みのる 3 せいじ.明日香.こすもす.
電柱に身を細くする片かげり ぽんこ 2 明日香.なつき.
庭仕事蚊取り線香尽きるまで なつき 2 たか子.あひる.
リモートの日焼けに笑うテラスかな 智恵子 1 はく子.
一尺の紫陽花の毬畑囲む そうけい 1 素秀.
梅ジュース梅酒梅漬け瓶並ぶ はく子 1 やよい.
紫陽花の毱に微笑む門地蔵 素秀 1 たかを.
髪洗ふ朝の検温検診日 素秀 1 隆松.
早足でまくなぎ突破散歩道 みのる 1 音吉.
梅漬けて主婦半世紀恙なく 菜々 1 むべ.
糸垂らす夏の渓流家族連れ こすもす 1 あひる.
盛り上がる若葉の中に幼稚園 菜々 1 満天.
紫陽花や昭和の出水浸水標 凡士 1 はく子.
母と子の追ひしホタルは闇の中 たかを 1 宏虎.
籠り居の今日の憂鬱髪洗ふ 豊実 1 なつき.
どくだみや溝の堰ともなりにけり せいじ 1 豊実.
青芝に置きざりままごとセットかな あひる 1 むべ.
紫陽花のどつと増えたる散歩道 せいじ 1 宏虎.

6月8日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
化石館涼し鯨の骨を吊る みのる 6 豊実.やよい.むべ.たか子.あひる.こすもす.
沢蟹の通路に遊ぶ温泉宿 宏虎 6 たかを.せいじ.素秀.そうけい.なつき.みきお.
水中に実梅のうぶ毛真珠光 はく子 5 あられ.満天.そうけい.なおこ.千鶴.
換毛の犬の溜息夏初 4 豊実.智恵子.素秀.もとこ.
蕪村句碑衣笠となす若楓 ぽんこ 3 あられ.満天.宏虎.
青葉潮河口に相打つもやい舟 智恵子 3 はく子.明日香.みきお.
噴水もみどりに染まる休憩所 満天 3 なつき.はく子.凡士.
梅雨晴れて所在なげなり鎖樋 菜々 2 せいじ.たか子.
素麺のつゆ買ひがてら夕散歩 せいじ 2 むべ.凡士.
パンデミックマスクに垂る汗の鬱 智恵子 2 たかを.なおこ.
夏蝶や青き地球を知らぬまま 素秀 2 宏虎.千鶴.
ここらみな百年ものや杉涼し みのる 2 菜々.やよい.
馬鈴薯の花高原の風受けて こすもす 1 ぽんこ.
九龍の夜店の匂ひ今遥か 凡士 1 ぽんこ.
夏草や頭隠れぬ無縁仏 なつき 1 もとこ.
梅雨深し茶香炉の香の立ち込めり なつき 1 隆松.
さし酢梅作りの日々や香の満ちて 明日香 1 智恵子.
館涼し屋根にゆるキャラ飾りもし たか子 1 明日香.
青柿やしかと葉陰に生ひ初めし せいじ 1 あひる.
ワクチン接種終えて家路や風涼し 菜々 1 こすもす.
親鳥に付いて離れて鷭の雛 豊実 1 菜々.

6月7日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
厨窓今夜の客は雨蛙 明日香 5 たかを.せいじ.やよい.豊実.菜々.
合掌を水面に収め田を植うる 凡士 4 隆松.あられ.もとこ.千鶴.
梅雨の闇テールランプの煙る赤 あられ 4 宏虎.みきお.そうけい.ぽんこ.
池の朝蟇の声量他を圧す 宏虎 4 智恵子.邑.こすもす.千鶴.
稚児地蔵寝転ぶ背なの夏つばき 智恵子 3 せいじ.あられ.なつき.
杣人の背負子に覗く夏あざみ 智恵子 3 素秀.豊実.たか子.
夏燕空の深さを覚へけり 宏虎 3 満天.むべ.たか子.
竹垣にトトロ干しある梅雨晴間 たか子 3 たかを.あひる.みきお.
蔀戸に足見えてゐる昼寝かな みのる 3 素秀.むべ.凡士.
通し土間飛び抜け峡のつばくらめ 凡士 2 そうけい.明日香.
夏蝶のカップルあまた台場跡 せいじ 2 あひる.菜々.
猫の手に呼ばれる田植え始まりぬ 明日香 2 智恵子.はく子.
竹林はいま老鶯の独擅場 せいじ 2 満天.こすもす.
水平線射抜く噴水須磨離宮 みのる 2 やよい.ぽんこ.
ツタンカーメンは豆の名前や豆の飯 こすもす 2 邑.なつき.
わが句帳徘徊したる蟻一匹 ぽんこ 1 凡士.
水満ちて休耕田の花菖蒲 素秀 1 明日香.
無沙汰侘び機嫌伺ひ新茶来る もとこ 1 宏虎.
植田風白き建売立ち並ぶ なつき 1 はく子.
梅雨晴間ワクチン接種の立ち話 満天 1 もとこ.

6月6日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
天牛を掴めば指に伝ふ聲 素秀 6 たかを.せいじ.智恵子.あひる.あられ.やよい.
緑さす欅並木やロダン座す 凡士 6 たかを.満天.明日香.みきお.もとこ.千鶴.
お出掛けはデイサービスや白き靴 あひる 5 菜々.むべ.はく子.こすもす.なおこ.
滝過ぎてより鎖場となりにけり みのる 4 たか子.せいじ.宏虎.あひる.
100歳の足もと確か夏木立 みきお 4 智恵子.はく子.もとこ.やよい.
香具師の顔皺深き汗拭ひけり なつき 4 ぽんこ.あられ.なおこ.凡士.
花菖蒲籬としたる水車小屋 みのる 3 菜々.明日香.ぽんこ.
五叉路なる四葩あふるる三角地 あひる 3 豊実.素秀.なつき.
黴の香の十二神将円組みて もとこ 2 素秀.なつき.
古民家の平和に置きし蚊遣香 宏虎 2 そうけい.凡士.
紫陽花や人に話せぬ悩み持ち 宏虎 2 たか子.むべ.
庭木戸の引手を隠し濃紫陽花 素秀 2 満天.更紗.
梅雨晴れ間雲積み上げし地平線 たかを 2 豊実.こすもす.
万緑へ広ぐ孔雀の羽の綺羅 やよい 2 そうけい.千鶴.
神棚へ若葉の榊お供えし 明日香 1 みきお.
瀬音の闇目で追いかける蛍かな こすもす 1 宏虎.
紫陽花や通行の傘触れるほど 明日香 1 更紗.

6月5日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
昼灯す学び舎の窓梅雨滂沱 満天 4 あられ.たか子.明日香.もとこ.
辻地蔵空き缶の供花春紫苑 智恵子 4 ぽんこ.そうけい.千鶴.もとこ.
渓流にきらめく光り山女釣 みきお 4 智恵子.せいじ.宏虎.こすもす.
六月四日(むし)歯予防河馬も園児も歯を磨く 凡士 3 あられ.やよい.そうけい.
白湯飲んで始まるひと日梅雨湿り やよい 3 豊実.みきお.なつき.
朝刊をそつと跣足で取りに行く せいじ 3 宏虎.凡士.むべ.
接種待つ医務室静か梅雨灯し たか子 3 素秀.たかを.みきお.
黒南風を受け水平の吹流し 素秀 2 智恵子.たか子.
聖書もて集ふズームや短き夜 あひる 2 満天.なつき.
竹の風鈴借農園に同化して そうけい 2 満天.こすもす.
杉苔の咲きて石垣明るうす 素秀 1 やよい.
大中小オーケストラめく梅雨茸 みのる 1 あひる.
夏草や堵列の墓標ひび多し ぽんこ 1 明日香.
蛍火や心に秘めし恋心 宏虎 1 凡士.
籠り居の夫婦それぞれ窓青葉 なつき 1 豊実.
半夏生湿地に隠る臭気かな 智恵子 1 たかを.
梅雨寒や振りて緩めるネイル液 もとこ 1 あひる.
紅一点交じる分団野焼きかな みきお 1 千鶴.
店先に句碑ある呑み屋夏夕べ 凡士 1 せいじ.
草原の古木の椅子や梅雨晴間 豊実 1 むべ.
潔く植木を切りて庭涼み せいじ 1 素秀.
フェンス越え外ばかり向く金糸梅 あひる 1 菜々.
生駒嶺や卯の花腐し白濁す たか子 1 ぽんこ.
花あやめ歩板にひざまづきて撮る みのる 1 菜々.

6月4日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
残心は竹刀のしなり堂涼し 素秀 5 たか子.ぽんこ.あられ.みきお.千鶴.
梅雨灯し壁に神楽の面笑ふ なつき 4 智恵子.素秀.やよい.千鶴.
伝統の田植え始まる里絵巻 みきお 4 満天.智恵子.たかを.そうけい.
夜の帳り下りて湯に聴く青葉木菟 凡士 4 はく子.あられ.そうけい.なつき.
黒南風やアガパンサスの長き首 せいじ 3 豊実.満天.あひる.
笑みたたふ釈迦のみ足へ夏蝶来 明日香 3 たかを.宏虎.みきお.
一瞬の切符呑み込む駅薄暑 宏虎 2 あひる.せいじ.
新緑や城に裏坂表坂 やよい 2 たか子.素秀.
下校児の水筒軽し梅雨晴間 ぽんこ 2 豊実.もとこ.
モダンジャズ洩れ来る地下へ走り梅雨 智恵子 2 せいじ.宏虎.
風鈴の回廊風の通る道 素秀 2 こすもす.凡士.
半夏生あまたの絵馬の縁切寺 ぽんこ 2 もとこ.なつき.
ほたる袋群るるなぞえや旧街道 智恵子 1 菜々.
現代の結ひの田植ゑや千枚田 凡士 1 はく子.
夏蝶の横切る窓に厨しごと あひる 1 凡士.
若葉雨肩に食い込むキスリング 豊実 1 やよい.
紫陽花の海に浮かぶは鐘つき堂 むべ 1 ぽんこ.
二段滝見へていよいよ故郷かな あひる 1 明日香.
半世紀連れ添ふ二人星月夜 みきお 1 菜々.
梅雨晴やどのベランダも大物干す 満天 1 こすもす.
青梅雨や城垣に浮く卍印 なつき 1 明日香.

6月3日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ぬばたまの闇に一灯初螢 みきお 8 あひる.智恵子.宏虎.素秀.あられ.ぽんこ.なつき.むべ.
夏燕掠める肩は大師像 素秀 7 たかを.音吉.豊実.もとこ.たか子.ぽんこ.凡士.
老農の木陰に憩ふ薄暑かな せいじ 3 明日香.豊実.むべ.
煉瓦塀蔓のはみ出す夏館 ぽんこ 3 智恵子.素秀.みきお.
未だ細き幹や万朶の桐の花 あひる 3 せいじ.なおこ.凡士.
白き歯で笑ふ浜っ子アイス売る 智恵子 2 せいじ.満天.
夏の蝶あのね内緒と耳のそば たか子 2 たかを.音吉.
政争の犠牲の皇子や墓薄暑 明日香 2 宏虎.たか子.
乱舞する捕らへし蛍闇に濡れ 宏虎 2 千鶴.こすもす.
リュック背におやつも詰めて山開き 智恵子 2 みきお.やよい.
ソムリエのごとき持論や生ビール あひる 2 満天.こすもす.
緑陰に背ナの荷降ろす薬売 みのる 2 あられ.やよい.
三つ指をつきて茶庭の草引女 みのる 1 なつき.
半夏生電話に愚痴の長き母 素秀 1 もとこ.
衣更へてさあワクチンを打ちに行く もとこ 1 なおこ.
老鶯や朝の河原の目玉焼き 豊実 1 そうけい.
青紫蘇を蛸と合はせて味噌垂れで なおこ 1 千鶴.
桐咲くや火垂るの墓碑の一周年 凡士 1 あひる.
草取を終へて気が付く腕の傷 せいじ 1 明日香.
屈み入る穴仏深し木下闇 なつき 1 そうけい.

6月2日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
病葉の渦に乗りゆく速さかな たか子 7 智恵子.明日香.豊実.そうけい.あひる.凡士.なつき.
紫陽花の葉の木漏れ日と踊りけり そうけい 3 宏虎.素秀.豊実.
麦秋や伊吹の嶺に雲ひとつ 凡士 3 せいじ.みきお.むべ.
梅落とす巫女の二の腕眩しかり みきお 3 満天.ぽんこ.もとこ.
玉串を捧げる鵜匠夏に入る 智恵子 2 たか子.こすもす.
砂浴びの何処か寂しき羽抜鶏 宏虎 2 音吉.菜々.
大歯朶をつるべ刎ねして滴れる みのる 2 せいじ.凡士.
植田今鉛筆ほどの苗そよぐ 明日香 2 ぽんこ.千鶴.
切岸の巖を絞りて滴れる みのる 2 明日香.そうけい.
青蘆の影の隙間の水の音 豊実 2 音吉.素秀.
鋏の音止みて青葉の虎刈りに あひる 2 智恵子.菜々.
木漏れ日のゆらゆら揺れて梅雨晴れ間 こすもす 2 宏虎.たかを.
翅傷め地に戸惑ひて梅雨の蝶 もとこ 2 たか子.みきお.
清濁を呑みこむ朱やアマリリス むべ 2 あられ.なつき.
ひと叢の竹藪残し植田かな 明日香 1 あひる.
梅雨最中自粛強いられ傘要らず 宏虎 1 なおこ.
青梅雨や野中に沈む大師堂 せいじ 1 なおこ.
串打つて鮎の塩焼き峡の茶屋 凡士 1 あられ.
耕運機母屋に続く泥の跡 みきお 1 たかを.
沓脱に足の白さよ藍浴衣 素秀 1 むべ.
ペダル漕ぐ土手の匂ひや草いきれ 智恵子 1 満天.
緑蔭の太き木に見る鳥の家 ぽんこ 1 千鶴.
立ち話ワクチン事情六月来 たか子 1 もとこ.
庭隅の汚れなき白花十薬 満天 1 こすもす.

6月1日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
田に映る白山崩す田植ゑかな 凡士 7 せいじ.あひる.たか子.みきお.こすもす.もとこ.千鶴.
庭木切る音心地よき昼寝かな あひる 5 豊実.宏虎.こすもす.菜々.凡士.
爪上げて田植機畦を越えゐたり 素秀 4 智恵子.せいじ.あひる.かかし.
校庭をぐるり囲みて楠若葉 せいじ 2 明日香.満天.
万緑の真っ只中の遊歩道 満天 2 菜々.なおこ.
ニシキ蛇逃げる屋根裏プチ家出 みきお 2 むべ.たかを.
予診票書きて待ちをり半夏生 みきお 2 素秀.そうけい.
黙食のランチかなしき五月果つ もとこ 2 ぽんこ.あられ.
能楽堂に土鳩鳴きつぐ五月尽 なつき 2 むべ.千鶴.
陸墓への細き近道蛍草 ぽんこ 2 明日香.なつき.
上居より新樹透かして石舞台 明日香 2 なつき.素秀.
砂浜の立ち入り禁止夏アザミ こすもす 2 豊実.ぽんこ.
万緑の五箇山薫る夕小径 智恵子 2 みきお.そうけい.
シャイなるか蛍袋のうなだれて せいじ 1 かかし.
足早に行き交ふ人や梅雨の雷 むべ 1 あられ.
からくりの家康一人舞ふ薄暑 なつき 1 たか子.
ぽつぽつとやがて音たて梅雨茫々 宏虎 1 凡士.
助手席でゆっくり眺むヤマボウシ こすもす 1 智恵子.
薔薇園に我が子を撮すママ忙し たか子 1 なおこ.
硝子鉢つやつやレタス初夏の卓 満天 1 宏虎.
今受けし朱印乾かず若葉光 宏虎 1 もとこ.
咲き誇る長き雄蕊の美女柳 ぽんこ 1 たかを.

5月31日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鳴きつのる口ひし形に燕の子 あひる 5 せいじ.宏虎.ぽんこ.こすもす.凡士.
ためらわずてんとう虫は指を発つ 素秀 4 たかを.たか子.千鶴.むべ.
立葵色を重ねて上りけり みきお 4 豊実.素秀.みづき.明日香.
梅雨晴やピリッと辛きおろしそば 凡士 4 あられ.たか子.うつぎ.こすもす.
旋回のコウノトリ二羽麦の秋 こすもす 4 せいじ.豊実.満天.あひる.
コロナ禍に響くとんかち海の家 智恵子 3 音吉.なつき.そうけい.
山越ゆる大白鷺や沼静か 豊実 2 音吉.もとこ.
宮の枇杷高く灯して落つるまま なつき 2 そうけい.みづき.
梅雨の川石橋沈む明日香村 明日香 2 なつき.菜々.
走り梅雨灯点す店の五条坂 みづき 2 あられ.うつぎ.
廃業を知らす貼り紙梅雨寒し みきお 2 菜々.ぽんこ.
巣立ち鳥並ぶ電線音符めく 智恵子 2 満天.千鶴.
子を連れて訪ね来し娘に豆の飯 うつぎ 2 智恵子.みきお.
苔に散る沙羅清浄と思ひけり みのる 2 智恵子.明日香.
雲開き美しき緑の山開き 素秀 1 たかを.
群落の歯朶ゆりて又夕立来る みのる 1 あひる.
閉鎖する音楽堂に額の花 ぽんこ 1 むべ.
半袖の白き腕出す聖五月 満天 1 宏虎.
風の香や志功菩薩のおちよぼ口 凡士 1 もとこ.
若葉風水車の回るうどん店 宏虎 1 みきお.
新茶蒸す茶舗の香りに惹き込まれ あひる 1 凡士.
風鎮をわづかに揺らす薄暑かな みづき 1 素秀.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site