成績一覧

過去一覧

2月27日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
子規堂へ梅天蓋の狭き道 智恵子 6 せいじ.小袖.素秀.たか子.あられ.千鶴.
春の宮哀しみかさね水子絵馬 もとこ 5 むべ.ぽんこ.たか子.みきお.凡士.
祇王寺の苔庭青む春時雨 みのる 5 宏虎.素秀.なつき.あられ.みきお.
観音の背ナを透きゆく涅槃西風 素秀 4 音吉.たかを.宏虎.明日香.
まほろばの所どころに末黒田が 明日香 3 せいじ.智恵子.そうけい.
健脚願う奉納草鞋揺らす東風 こすもす 3 智恵子.満天.なつき.
日脚伸ぶ妻に引かれて夕散歩 せいじ 3 むべ.やよい.凡士.
春光や幹の広がり臥龍松 ぽんこ 3 満天.明日香.こすもす.
初鳴きや不動となりて耳澄ます たか子 3 豊実.こすもす.千鶴.
まだ白き常念仰ぎ二月尽 凡士 2 音吉.豊実.
野遊びの飛機失速を重ねけり せいじ 2 たかを.あひる.
湯けむりに望む雪山浄土かな 智恵子 2 小袖.ぽんこ.
春潮を岬に臨み瀬戸航路 素秀 1 そうけい.
大屋根の九輪へ一閃春日差し たか子 1 もとこ.
休憩はいつものベンチ春散歩 あひる 1 はく子.
木の芽風龍馬沖みて懐手 凡士 1 もとこ.
福寿草竹の打ち鳴る小径抜け なつき 1 やよい.
春炬燵昔話をつぎつぎと 満天 1 あひる.

2月26日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
まどかなる春月浮かべ須磨凪ぎぬ みのる 7 豊実.せいじ.かかし.やよい.小袖.なつき.凡士.
航跡を長々残し春の凪 素秀 6 あひる.たかを.音吉.はく子.明日香.やよい.
山に来て今日の甲斐あり初音聴く たか子 4 董雨.音吉.千鶴.もとこ.
烏天狗見下ろす古刹風光る 智恵子 4 たか子.かかし.小袖.なつき.
能舞台はねて二発の春の雷 凡士 3 あられ.素秀.千鶴.
春水や太古の地層きらめきぬ むべ 3 あひる.せいじ.そうけい.
由緒寺辞して草餅家苞に たか子 3 董雨.智恵子.ぽんこ.
庚申堂鴨居に並ぶ吊し雛 なつき 2 素秀.明日香.
密とまでいかない人出梅見かな こすもす 2 宏虎.たか子.
復興の桜の彼方水平線 音吉 2 あられ.凡士.
梅園やまるで雲海高見茶屋 智恵子 2 たかを.満天.
時告ぐる淀の噴水春の空 みのる 2 豊実.満天.
光冠の虹も疎まし杉花粉 素秀 2 そうけい.智恵子.
双手上げ歩き初めるや春うらら 満天 1 みきお.
椿落ち夕べの苔を賑はしぬ 凡士 1 もとこ.
雑踏や袴姿の卒業生 豊実 1 みきお.
更新の実車指導や風光る 明日香 1 こすもす.
偕老の買い物コース犬ふぐり あひる 1 はく子.
絹雲や天の羽衣春の空 あられ 1 ぽんこ.
振り起こし税申告す二月尽 せいじ 1 宏虎.
三日着ひいな絵手紙投函す そうけい 1 こすもす.

2月25日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ジャズ聴けば湯気躍りだすマグカップ あひる 8 たかを.せいじ.あられ.明日香.そうけい.ぽんこ.邑.千鶴.
春灯し妣の句帳の薄き文字 たか子 7 たかを.明日香.小袖.ぽんこ.みきお.なつき.もとこ.
探梅や蹴飛ばして行く土竜塚 4 音吉.あひる.凡士.うつぎ.
梅寒く相続のこと話す父 なつき 4 豊実.宏虎.たか子.もとこ.
安曇野のあわあわと湧く水の春 凡士 4 音吉.あられ.そうけい.みきお.
ほ句の虫うずくまり見る蜷の道 みのる 3 せいじ.あひる.凡士.
空青く囀り高き低きかな 素秀 2 豊実.たか子.
野路行けば名は知らねども百千鳥 こすもす 2 素秀.むべ.
雛あられ暖簾の前に華やげり あひる 1 むべ.
絵仲間は皆春の花春景色 たか子 1 こすもす.
春風や術後検査の異常なし 明日香 1 智恵子.
コロナ禍の只中に来し受難節 せいじ 1 満天.
閉ざす店の前葉牡丹の茎立ちぬ 満天 1 なつき.
合格を祝ひ蛤吸てまり寿司 智恵子 1 宏虎.
茎立ちて葉牡丹花のごとくなり 満天 1 千鶴.
駄菓子屋の半額で売るしゃぼん玉 素秀 1 こすもす.
竹叢に生まれし蝶の淡きかな 凡士 1 智恵子.
雛あられ色ごと並べ味比べ 豊実 1 小袖.
ベランダの空き箱さらふ春一番 みきお 1 邑.
荷物持つ夫に腕組む梅の坂 なつき 1 素秀.
どの道のどの庭もみな梅盛る せいじ 1 満天.

2月24日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
補助輪を外す子を押す春の風 智恵子 9 豊実.あられ.満天.ぽんこ.たか子.みきお.もとこ.邑.明日香.
春帽子似合ふ100歳誕生日 みきお 8 せいじ.智恵子.はく子.小袖.音吉.なつき.千鶴.明日香.
石段に折れ線の影日脚伸ぶ みきお 6 せいじ.あひる.あられ.こすもす.たかを.凡士.
五、六本茹でずに飾る菜花かな あひる 4 宏虎.素秀.たかを.凡士.
山家訪ふまあ上がれやと春炬燵 凡士 3 むべ.ぽんこ.こすもす.
啓蟄の蟻は迷子のごと歩む みのる 2 あひる.小袖.
啓蟄や土を返せば湯気が出る 宏虎 2 菜々.もとこ.
蟻一匹汝れ啓蟄の斥候か みのる 2 豊実.はく子.
背丈伸び挨拶笑顔卒業す 満天 2 宏虎.千鶴.
植木鉢名札と違ふ花が咲き 明日香 2 むべ.なつき.
妻と娘が先陣を切る梅見かな せいじ 1 邑.
台杉の頭重たげ春疾風 明日香 1 素秀.
高塀をくまなく覆ふ枝垂梅 せいじ 1 満天.
ローカル線抜ける山間野水仙 智恵子 1 たか子.
手作りの紙雛小さき荷の届く なつき 1 みきお.
下萌や土竜の跡の切れ切れに こすもす 1 智恵子.
ひとりぶん去ぬ娘におでん持たせけり あひる 1 菜々.

2月23日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
閑さや瀬音閉じ込む谷霞 隆松 4 豊実.宏虎.満天.こすもす.
回覧板梅の花びら乗せてくる 満天 4 あひる.素秀.むべ.邑.
セーラー服は姉のお下がり卒業す 菜々 4 ぽんこ.満天.みきお.なつき.
還暦の友を胴上げ卒業す みのる 3 隆松.たか子.なつき.
水温む水輪の主の見当たらず やよい 3 豊実.せいじ.もとこ.
ビブラートもて風に和す桜草 せいじ 3 あひる.小袖.たか子.
時刻表隠しバス停蝶眠る 素秀 3 たかを.あられ.むべ.
風生れて竹の打ち合ふ音のどか あひる 2 明日香.千鶴.
地の塩になれよと祝辞卒業す みのる 2 せいじ.凡士.
蛤や強情すぎる身の守り もとこ 2 ぽんこ.そうけい.
カッターボート阿吽の呼吸春の湾 こすもす 2 あられ.みきお.
ゴツゴツの岩場覗くや磯遊び こすもす 2 そうけい.智恵子.
大滝のごと白梅の枝垂れをり あひる 2 宏虎.千鶴.
老夫婦寄り添ふ路地や春めけり むべ 1 凡士.
碧き目の紙漉く水の温むかな 凡士 1 素秀.
朝日うけ白梅蕊の紅ほのか やよい 1 こすもす.
出番です!ガラスケースの雛たち 豊実 1 邑.
畦を焼く火を付ける人叩く人 たか子 1 智恵子.
子らだけのシートノックや春の野辺 せいじ 1 たかを.
潮騒を子守歌とし黄水仙 凡士 1 明日香.
自転車の子揺らす歌声うららけし そうけい 1 もとこ.
春の日に包まれ下る観音山 なつき 1 小袖.

2月22日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
負けん気が口元にあり雛人形 宏虎 7 たか子.たかを.音吉.むべ.せいじ.素秀.もとこ.
河口より昇る潮香や鳥帰る 宏虎 5 菜々.はく子.素秀.小袖.うつぎ.
朝日うけひかり纏ふや猫柳 満天 4 たか子.豊実.こすもす.明日香.
春泥を跨ぐ子の尻跳ねる泥 智恵子 4 ぽんこ.そうけい.千鶴.凡士.
座り聴く残念石の春の声 たか子 3 菜々.ぽんこ.なつき.
鳶の笛春の江ノ島旋回す 智恵子 3 たかを.音吉.やよい.
雀きて庭の春水にぎにぎし みのる 3 やよい.なつき.あひる.
つり橋を渡る足もと風光る みきお 3 せいじ.宏虎.明日香.
頬を撫づ春風とゆく車椅子 やよい 2 智恵子.はく子.
吹かれくる梅花びらを髪に停め 素秀 2 豊実.千鶴.
梅咲いて鬼門を守りし廃寺かな なつき 2 小袖.もとこ.
故郷の湿気届くや春椎茸 あひる 2 こすもす.凡士.
コロナ禍の闇を切りさく猫の恋 もとこ 2 満天.うつぎ.
春キャベツ山ほど入れて回鍋肉 明日香 1 そうけい.
長閑さに湯呑も萩を有田へと 凡士 1 智恵子.
下萌や淀君自刃の碑を統ぶる たか子 1 満天.
いつぱしの口きく子らや卒業期 せいじ 1 邑.
春陰にライターを擦る女かな みのる 1 むべ.
塔頭の咲き初む椿揺らぎ見ゆ ぽんこ 1 宏虎.
畏まり雛とベンチに座りたり なつき 1 あられ.
草臥れて茶屋に盆梅愛でゐたる 凡士 1 あひる.
蒼天に吾此処にありと雪割草 音吉 1 隆松.
春塵や来客なくて散らかって 明日香 1 邑.
バラの芽のぷちりと紅の点るごと あひる 1 あられ.

2月21日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
築山の松に寄り添ひ梅真白 菜々 5 明日香.たか子.満天.ぽんこ.みきお.
陽春の台場に望む富士ま白 智恵子 3 せいじ.豊実.素秀.
澎湃と芽吹く社の大欅 凡士 3 あひる.せいじ.はく子.
「早春賦」ひびく穂高や水温む 凡士 3 音吉.そうけい.なつき.
梅に来てめじろはまるで曲芸師 菜々 3 あひる.智恵子.小袖.
外干しの洗濯物や春匂う こすもす 3 豊実.あられ.たかを.
闘病の四方山話日向ぼこ やよい 2 たか子.あられ.
赤き頬揺らし雉子の畦渡る 素秀 2 董雨.智恵子.
春が来た老犬かごにペダル漕ぐ たかを 2 こすもす.千鶴.
蕗の薹アイヌの再話ものゆかし むべ 2 なつき.たかを.
御手洗のあふるる水に春日射す ぽんこ 2 素秀.むべ.
遠くから声かけられる梅日和 みきお 2 やよい.むべ.
目覚しに毫も気づかぬ我や春 せいじ 2 宏虎.もとこ.
雲に乗る火星の近し朧月 そうけい 2 はく子.こすもす.
喉の奥一瞬潮の香ほたる烏賊 たか子 2 千鶴.もとこ.
ウインドウ春のいろどり百貨店 みのる 1 やよい.
天守より手をふる人や城の春 みのる 1 そうけい.
一人居の散らかりしまま余寒かな もとこ 1 明日香.
雪解水岩打つ音や滝不動 なつき 1 ぽんこ.
玻璃越しに囀りの主探し観る 智恵子 1 凡士.
春の雪ブルーシートの覆ふ屋根 みきお 1 凡士.
雲合いの月のしむるや沈丁花 そうけい 1 音吉.
梅を詠む句碑歌碑鎮め梅の丘 はく子 1 満天.
寿命越ゆ生きて楽しむ雪割草 宏虎 1 みきお.
老木の華麗な首輪蔦若葉 ぽんこ 1 董雨.
春めくやショールふんはり巻きお洒落 満天 1 宏虎.

2月20日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
航跡の真一文字に風光る みのる 10 せいじ.豊実.音吉.そうけい.満天.なつき.邑.明日香.ぽんこ.やよい.
庭椿切る手に受くる雫かな 董雨 9 あひる.小袖.せいじ.あられ.豊実.素秀.むべ.千鶴.みきお.
ふらここを漕ぐは生駒の山颪 せいじ 6 菜々.たかを.たか子.智恵子.ぽんこ.凡士.
兄の後追ひてよちよち青き踏む 智恵子 4 菜々.なつき.はく子.やよい.
籠り居も季節はめぐり木の芽立つ 凡士 3 音吉.千鶴.もとこ.
飛鳥路の大仏訪ふに青き踏む ぽんこ 3 たか子.素秀.満天.
盆梅の仕立てられたる楽土かな もとこ 2 宏虎.あられ.
ふらここの揺れて子どもを呼ぶごとし せいじ 2 あひる.もとこ.
庭暮れていよよたけなは猫の恋 菜々 2 宏虎.邑.
遠山の青く寝そべる春霞 あひる 2 こすもす.みきお.
あたたかや散歩連れ出す義母白寿 凡士 1 智恵子.
リズミカルに雪解雫や厨窓 こすもす 1 はく子.
戯れて薄氷のひび白きかな 豊実 1 小袖.
山笑ふ若きつもりの喜寿迎へ たか子 1 こすもす.
魞挿すや比良の雪嶺真正面 宏虎 1 明日香.
春耕や鍬重そうに新嫁も 菜々 1 たかを.
狐の嫁入り山間の雛の町 なつき 1 そうけい.
ひさかたの母の声聞く春の夢 素秀 1 むべ.
猫の恋闇夜に泣きて憚らず 宏虎 1 凡士.

2月19日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
うららかや空缶汐の波まくら みのる 6 満天.せいじ.そうけい.素秀.菜々.小袖.
下町の湯屋の煙やおぼろ月 智恵子 6 たかを.豊実.素秀.みきお.ぽんこ.小袖.
水仙の揺れ通しなる川堤 あひる 4 董雨.宏虎.明日香.たか子.
春一番高波被る烏帽子岩 智恵子 4 明日香.みきお.菜々.うつぎ.
飛行雲一の字引きて凍てにけり みのる 4 せいじ.あられ.千鶴.なつき.
恋猫のぼっちの夜の屋根に泣く 素秀 3 たか子.もとこ.凡士.
斑鳩の三山浮かす春田かな 凡士 3 そうけい.あひる.千鶴.
紅梅へマスクをとりて深呼吸 満天 2 こすもす.ぽんこ.
人参の浅漬けの糠春浅し 豊実 1 凡士.
風なくばさぞ暖かしこの日差し 明日香 1 智恵子.
手の触れる梅をズームのカメラマン ぽんこ 1 宏虎.
靴下のかかとの穴や寒もどる なつき 1 あられ.
戸の音に小雀飛べる早さかな 董雨 1 音吉.
ふんわりと山々染める春の雪 みきお 1 こすもす.
ベルト穴ひとつ増えたる夫の春 もとこ 1 なつき.
薄暗き杜の入り口紅の梅 あひる 1 満天.
春風や顔をくすぐり通りすぐ 素秀 1 たかを.
つくし早や一人前の袴召す たか子 1 うつぎ.
二の腕のワクチンの針冬日和 みきお 1 もとこ.
歩き初む双子の姪孫春うらら こすもす 1 董雨.
積もりたる量に驚き名残雪 こすもす 1 智恵子.
漬物石庭に戻せる雨水かな なつき 1 あひる.
睨み合いしてゐる猫の恋ならず 宏虎 1 音吉.
大空に猫弔いて鷹の舞う たかを 1 豊実.

2月18日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
採石の絶壁みせて山笑ふ みのる 5 あひる.素秀.明日香.邑.うつぎ.
春浅し常夜灯の灯海にちる 凡士 3 豊実.はく子.うつぎ.
鷹揚にゆれて明るき竹の秋 菜々 3 宏虎.たか子.はく子.
豆を煮る寒の戻りも懐かしく こすもす 3 千鶴.もとこ.凡士.
強東風や街を一枚めくりをり たか子 3 あられ.たかを.そうけい.
ふかふかと植付けを待つ春の畝 あひる 3 満天.こすもす.凡士.
蒼天にクレーン伸びて冴返る 満天 3 董雨.みきお.小袖.
寒卵浸かる温泉箱根の湯 智恵子 2 明日香.満天.
父母の入る墓へ焼野の畦渡る 素秀 2 むべ.みきお.
奏楽者デビュー礼拝堂の春 あひる 2 せいじ.豊実.
啓蟄や鍬の手入れに余念なく みきお 2 董雨.むべ.
金星と対峙してをり春三日月 もとこ 2 なつき.ぽんこ.
竹薮のふたつ折れなる春疾風 明日香 2 こすもす.もとこ.
リヤカーの荷は春落葉辻社 せいじ 2 小袖.そうけい.
海豹の髭のごとくや梅の蕊 せいじ 2 千鶴.たか子.
鳴き声のオクターブ上げ恋の猫 満天 2 あられ.宏虎.
パパ起こすバレンタインの日曜日 なつき 2 せいじ.邑.
繰返しトンビ鳴く日や春麗 こすもす 1 あひる.
口ほくろ優しき笑顔卒業す 宏虎 1 素秀.
なごり雪礫となりて目を塞ぐ 素秀 1 ぽんこ.
俳句とは文語口語や母子草 宏虎 1 智恵子.
ミニ句会推敲重ね春の汗 ぽんこ 1 智恵子.
春一番登校の子ら前倒し たか子 1 なつき.
汁椀の底でがさつく蜆かな 豊実 1 たかを.

2月17日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
しりとりや帰路の母子に春夕焼 もとこ 7 董雨.宏虎.智恵子.なつき.千鶴.こすもす.はく子.
春の雲追ひて立ち漕ぐ川堤 智恵子 7 むべ.豊実.なつき.素秀.小袖.もとこ.千鶴.
わらべ歌聞きて鍼灸院温し 満天 6 素秀.小袖.あひる.たかを.菜々.うつぎ.
城内を走るSL春日和 ぽんこ 3 明日香.菜々.みきお.
愛しむ間もなく消えにけり春の虹 せいじ 3 むべ.満天.たか子.
踏青や夙川駅で途中下車 みのる 2 せいじ.こすもす.
昼食に旬の天麩羅蕗の薹 宏虎 2 董雨.みきお.
大口で五平餅食ぶ雛の客 なつき 2 あひる.たかを.
厚雲に立ちはだかるや春の虹 あひる 2 豊実.あられ.
空を切るテニスボールや風光る 智恵子 2 満天.ぽんこ.
埋木舎ひつそりとあり梅二月 凡士 2 智恵子.たか子.
のの字書く風呂場の鏡春の宵 豊実 1 宏虎.
塩街道の曲がる町並み風光る なつき 1 あられ.
長浜の盆梅展の四百年 宏虎 1 明日香.
たんぽぽや残念石の一隅に たか子 1 ぽんこ.
光風に鴉の羽根の艶ませり 素秀 1 凡士.
春日燦キンクロハジロ白映えて 明日香 1 凡士.
雪解の山から嫁ぎくる娘 素秀 1 うつぎ.
家持も詠みし気あらし高志の海 凡士 1 せいじ.
コロナ禍や飾りだけなる達磨市 董雨 1 もとこ.
半円の虹立つ春の日照り雨 せいじ 1 はく子.

2月16日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春一番みちに空缶はしる音 みのる 6 董雨.せいじ.むべ.もとこ.凡士.うつぎ.
半眼の古き仏の春埃 ぽんこ 5 むべ.素秀.満天.千鶴.もとこ.
芽柳や水へ水へと枝垂れけり たか子 4 あられ.ぽんこ.豊実.小袖.
この国に坂と雲あり菜の花忌 凡士 3 宏虎.素秀.なつき.
はや青きつくし数へて土手散歩 素秀 2 なつき.やよい.
大仏殿頭下げ行く春の鹿 智恵子 2 宏虎.凡士.
薄氷の浮いてゐるもの囲い込む 宏虎 2 たか子.豊実.
木漏れ日に揺るる湧き水峡の春 凡士 2 明日香.はく子.
春の川中洲に著き足のあと あひる 2 そうけい.はく子.
雪山の襞赤く染め朝日出づ 隆松 2 そうけい.千鶴.
地震の地に悪夢ふたたび春寒し やよい 2 満天.こすもす.
どんな鳥ビオラの蕾食べたのは 明日香 2 せいじ.こすもす.
いぬふぐり飛んで避けたり畔の道 みきお 2 董雨.明日香.
みちのくの復興兆す若芽かな むべ 1 やよい.
ふるさとの砂浜狭め桜貝 董雨 1 智恵子.
旧正の空に映え映え大漁旗 やよい 1 あられ.
残る鴨堀を我が物疎に密に たか子 1 あひる.
立ち止まり挨拶する子春日和 みきお 1 小袖.
春風に遠耳たてて犬とまる みのる 1 智恵子.
雪解水とぐろを巻きて大暴れ 宏虎 1 うつぎ.
春暁や朝刊届くカブの音 豊実 1 たかを.
我待たず仏間の梅の咲きにけり そうけい 1 隆松.
春眠や画面はもはやジ・エンド もとこ 1 ぽんこ.
海界の青の深きや鳥雲に 素秀 1 たか子.
だんだんに過去懐かしく浅蜊掻く 董雨 1 たかを.
雨上り一気に輝く黄水仙 満天 1 あひる.

2月15日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
かくれんぼ影映したる春障子 もとこ 8 たかを.小袖.智恵子.豊実.あられ.素秀.やよい.千鶴.
安産のお礼参りや梅日和 みのる 6 董雨.智恵子.明日香.やよい.こすもす.みきお.
平飼いの雄鶏屋根へ風光る 素秀 4 そうけい.あられ.たか子.むべ.
咲き加減あれこれ言うて梅見かな たか子 4 豊実.ぽんこ.こすもす.凡士.
菜の花や最古の寺の鐘嫋嫋 ぽんこ 4 そうけい.素秀.凡士.もとこ.
あたたかや万歩めざして河川敷 凡士 3 せいじ.あひる.はく子.
梅日和金の鯱さんざめく ぽんこ 3 満天.音吉.みきお.
好奇心やまぬ幼や蝌蚪騒ぐ 智恵子 3 せいじ.なつき.うつぎ.
ダム放流猛る飛沫に風光る みのる 2 音吉.ぽんこ.
夫の手に親指ほどの蕗の薹 明日香 2 董雨.隆松.
二日目のカレー温め春炬燵 豊実 2 はく子.もとこ.
席にあるバレンタインの小さき箱 凡士 2 小袖.なつき.
四十七士ゆかりの村社梅白し 菜々 2 満天.むべ.
陽光となりて堰落つ春の水 あひる 2 たかを.たか子.
囀りに鋭声の交じる山の池 せいじ 2 あひる.うつぎ.
バレンタインデー男の子囲みてチョコを食ぶ なつき 1 宏虎.
春の夜の地震に怯へ夜明け待つ 智恵子 1 千鶴.
街路樹を囲み三色菫かな 董雨 1 明日香.
贈る人なしバレンタインの日の暮れて むべ 1 宏虎.

2月14日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
柵越しに仔牛甘える春の牧 なつき 8 あられ.宏虎.素秀.智恵子.たかを.むべ.董雨.千鶴.
辻地蔵右は村へと花菜畑 智恵子 4 隆松.みきお.董雨.たか子.
雪解川飛騨五箇山を貫けり 凡士 4 ぽんこ.そうけい.せいじ.みきお.
梅東風や波の煌めく明石の門 宏虎 3 満天.明日香.なつき.
うららかや歩を伸ばしたる車椅子 やよい 3 あられ.こすもす.凡士.
墓碑銘に董雨と入れて風光る 董雨 3 小袖.素秀.智恵子.
水温む岩底に矢の魚影かな みのる 3 あひる.宏虎.うつぎ.
御座舟や春日に光り休航中 たか子 2 千鶴.もとこ.
巻き方の決まらぬ朝の春ショール そうけい 2 たかを.凡士.
香煙で嬰の頭撫づ初大師 なつき 2 満天.明日香.
真白なる胸張り出して浮寝鳥 あひる 2 小袖.むべ.
囀りの次第に中へ山の墓地 素秀 2 あひる.せいじ.
花なくも野にせせらぎの長閑なり 智恵子 2 豊実.こすもす.
春落葉踏みて公園一巡り 満天 2 豊実.菜々.
紅梅の裏戸を叩く蕾かな 素秀 1 そうけい.
如月の頬打つ風を渡月橋 凡士 1 なつき.
畝一本包む如くに花薺 こすもす 1 うつぎ.
青空に網目のごとく芽吹く枝 ぽんこ 1 たか子.
密も密梅見の人と犬と香と たか子 1 ぽんこ.
君子蘭鉢割らんとすいのちかな むべ 1 もとこ.
農協の戸口ずらりと花菜鉢 せいじ 1 菜々.

2月13日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ふた指に香りを移し木の芽摘む 董雨 5 隆松.たかを.そうけい.凡士.小袖.
倒木に掛け流るるは春の水 豊実 4 満天.せいじ.あられ.むべ.
鍬起こす春田の空に鳶かな 凡士 4 あひる.むべ.たか子.もとこ.
児の描きし鬼の目やさし節分会 なつき 4 董雨.菜々.ぽんこ.うつぎ.
手をとりて老々介護日脚伸ぶ やよい 4 菜々.はく子.こすもす.なつき.
祖母の手の炙り加減や畳鰯 もとこ 4 たかを.はく子.なつき.千鶴.
鴨引いて流れ変わらぬ澪標 素秀 3 たか子.明日香.小袖.
犬小屋に犬閉じこもる鬼やらひ なつき 3 董雨.せいじ.あひる.
色消してときに激しき風ぐるま せいじ 3 あられ.やよい.うつぎ.
眼鏡屋の試着に笑ふ春鏡 あひる 3 宏虎.智恵子.素秀.
春禽の一心なりや蜜を吸ふ むべ 2 素秀.もとこ.
早春の鱗煌めく小魚かな 宏虎 2 こすもす.やよい.
石積みの塀を枝越え梅屋敷 素秀 1 宏虎.
焚火見て内なる闘志もやしけり みのる 1 満天.
懐かしき校舎の彼方山笑う こすもす 1 智恵子.
畝覆う外葉の真中春キャベツ あひる 1 凡士.
春光に鯉軽やかに上り来る 満天 1 豊実.
濡れ縁を横切る猫や春障子 みきお 1 豊実.
搗く音の聞こゆ粟餅梅二月 凡士 1 明日香.
春菊を仕上げに入れて香はほのと 満天 1 ぽんこ.
寡黙の木芽吹きの気配青空に ぽんこ 1 千鶴.
焚火燃ゆ火の字火の字に舌躍り みのる 1 そうけい.

2月12日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鎌を研ぐ光る指さき水温む みきお 8 豊実.たかを.やよい.ぽんこ.こすもす.もとこ.明日香.凡士.
七節の渡る吊り橋山笑ふ 智恵子 6 豊実.せいじ.あひる.そうけい.明日香.なつき.
歳時記を開きしままの春炬燵 みきお 6 素秀.やよい.満天.たか子.邑.千鶴.
ダッシュして駆け登る子ら山芽吹く せいじ 4 そうけい.あられ.たか子.こすもす.
ひたひたと春汐よせて礁沈む みのる 4 董雨.小袖.みきお.うつぎ.
春潮を貨物船行く瀬戸水路 素秀 3 むべ.ぽんこ.千鶴.
花嫁の趣味はマラソン風光る こすもす 3 董雨.菜々.音吉.
雛段に金の折鶴羽広ぐ なつき 2 たかを.うつぎ.
深山の雫集めて雪解川 素秀 2 智恵子.満天.
旧正月南京町の赤一色 宏虎 2 菜々.なつき.
早朝のハイヒールの音冴返る 満天 2 せいじ.宏虎.
絵手紙の添ふ字決めかぬ春ともし そうけい 2 宏虎.素秀.
ゴジラ手に机上の寝息春ともし そうけい 2 あられ.凡士.
春塵のシャッター降ろし倒産す みのる 1 あひる.
啓蟄の庭にチョロチョロ団子虫 智恵子 1 邑.
黒谷の漉く水ぬるむ頃となり 凡士 1 小袖.
梅ひとつ膨らみ巫女の緋の袴 凡士 1 智恵子.
三味の音や静寂に聴こゆ早春譜 宏虎 1 音吉.
老松の樵らるる庭や春の塵 むべ 1 もとこ.
雛あられ拝みては児がつまみたる なつき 1 みきお.
楠より零れ落ちたる雀の子 ぽんこ 1 むべ.

2月11日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
逃げ惑ふ追儺の鬼のばけつ蹴る なつき 4 董雨.みきお.あひる.むべ.
芽柳や人通りなき温泉街 こすもす 4 せいじ.智恵子.ぽんこ.あられ.
竹干さる茶筌の里や春うらら あられ 4 満天.明日香.たか子.もとこ.
モアイ像めきて白菜残る畝 あひる 4 たかを.菜々.素秀.はく子.
如月の影すこし濃く大欅 凡士 3 せいじ.邑.なつき.
山寺の甍を撫づる春霞 素秀 3 あられ.やよい.はく子.
諦めた古木の先の芽吹きかな 明日香 3 みきお.みづき.むべ.
春の草写生児座るひとところ みづき 3 董雨.千鶴.ぽんこ.
老幹とて清々しさの白梅に 満天 3 宏虎.千鶴.みづき.
春草に鼻を突込むブルドック みのる 3 豊実.素秀.こすもす.
天満宮梅型の鋲春の陽に たか子 2 明日香.こすもす.
神池の煌きに映ゆ梅白し たか子 2 菜々.満天.
山荘の春風通ふカフェテラス せいじ 2 たか子.小袖.
駅回廊生けし菜花の癒しかな 智恵子 2 そうけい.凡士.
有り得ない結末迎へ春の夢 もとこ 1 邑.
ゆるゆると廻る水車や水の春 凡士 1 智恵子.
波追ひて干潟に遊ぶ犬と我 智恵子 1 凡士.
ふたすじの飛行機雲や春の野辺 たかを 1 なつき.
地虫いま穴を出でむと四方拝 みのる 1 たかを.
三つにして立つ避雷針風光る せいじ 1 小袖.
街灯滲む川面の水温む 素秀 1 豊実.
知恩院の鶯張りや春きざす みづき 1 もとこ.
城跡へ石段行けば囀れる こすもす 1 あひる.
珈琲のカップを選ぶ初春かな 豊実 1 やよい.
立金花春光反す曲がり道 あひる 1 そうけい.
朝日受けほころび初めし梅の花 あられ 1 宏虎.

2月10日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
撫牛のおでこつるりと春兆す たか子 6 せいじ.あひる.はく子.邑.ぽんこ.たかを.
梅東風や恋と学問絵馬の揺れ 宏虎 4 董雨.あられ.満天.明日香.
煌煌と湧水落つる山葵棚 智恵子 4 董雨.音吉.明日香.豊実.
菜の花の風心地よき浄土寺 ぽんこ 4 宏虎.こすもす.たか子.凡士.
塩田の名残の浜の百千鳥 素秀 4 智恵子.むべ.たか子.凡士.
数倍も太き添へ木や苗木植う せいじ 3 みづき.素秀.そうけい.
春潮の膨らむ浜辺靴濡らす みきお 3 そうけい.ぽんこ.千鶴.
半袖に半ズボンの子風光る みきお 3 小袖.はく子.なつき.
二つ三つ梅を見つけて歩の軽し なつき 2 満天.邑.
鍼灸師うち揃いたる針供養 凡士 2 素秀.なつき.
道の駅春爛漫の花売場 こすもす 2 宏虎.智恵子.
ママチャリを素手で漕ぐ風春立ちぬ ぽんこ 2 あられ.千鶴.
春立つといへど山家の灯の昏し 凡士 2 音吉.あひる.
静寂や停止の水車春日向 董雨 1 こすもす.
むかし旗振りし山頂梅の茶屋 みのる 1 せいじ.
浅き春なれど庭土動きだす 明日香 1 みづき.
まち針の色とりどりや針供養 たか子 1 もとこ.
春灯を点して母の待つており あひる 1 もとこ.
春寒や遅れて来る筋肉痛 もとこ 1 むべ.
月冴ゆる映す蹲掬ひみる 智恵子 1 豊実.
マスク皆我呼ぶ声を探したり なつき 1 小袖.
健診終え紅梅の道遠回り 満天 1 たかを.

2月9日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
梅東風に幣ひるがえる朱の鳥居 たか子 8 音吉.豊実.智恵子.そうけい.みきお.こすもす.もとこ.凡士.
小次郎の像に一太刀芽木の影 みのる 5 あひる.せいじ.音吉.素秀.うつぎ.
強風に慌て走るや野焼勢子 素秀 4 宏虎.たか子.ぽんこ.たかを.
少しだけ春の風入る画廊かな 凡士 4 あひる.むべ.素秀.千鶴.
探鳥の覗くレンズに息白し 凡士 3 智恵子.千鶴.なつき.
花桃を挿して明るき美容室 せいじ 3 明日香.あられ.小袖.
止め石の縄とり替へて下萌に みのる 3 満天.ぽんこ.菜々.
一輪に辿り着きしや探梅行 豊実 3 むべ.うつぎ.なつき.
髪形にこだはる母や山笑ふ せいじ 3 菜々.たかを.もとこ.
靴紐を結び直すや登山口 みきお 2 董雨.宏虎.
四温晴まどろむ母の笑顔かな 智恵子 2 豊実.小袖.
ロゼットの葉の浮きたちて土匂ふ むべ 2 せいじ.明日香.
苔纏ふ水掛不動春の水 ぽんこ 2 あられ.満天.
雪山の岩風呂浸かる親子猿 智恵子 1 董雨.
あるなしの風に震ゑて梅の花 菜々 1 凡士.
赤穂義士ゆかりの宮や梅真白 菜々 1 みきお.
梅の花少し離れて針供養 三刀 1 たか子.
蒼天へ数多つんつん辛夷の芽 満天 1 そうけい.
結界にせせらぎの音春浅し 董雨 1 隆松.
靴下の片方どこへ春疾風 明日香 1 こすもす.

2月8日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
針箱の妻の旧姓針供養 素秀 8 せいじ.智恵子.音吉.たか子.満天.みきお.こすもす.なつき.
亀浮いてきて春空へ首のべる みのる 6 たかを.むべ.音吉.あられ.菜々.もとこ.
牧場に積む藁ぼっち下萌ゆる 智恵子 5 せいじ.小袖.はく子.みきお.凡士.
梅が香や杖つく父の部屋にまで むべ 4 智恵子.董雨.明日香.ぽんこ.
足捌き軽くなりける春コート もとこ 3 あられ.凡士.うつぎ.
手の平のまだ美しき落椿 豊実 3 あひる.たか子.三刀.
黒雲や比良八講の尖り波 宏虎 3 小袖.三刀.はく子.
春光を遍く屋根の棟飾り ぽんこ 3 明日香.満天.千鶴.
靴紐に引き摺る杉の枯葉かな せいじ 2 たかを.董雨.
Vサイン突き出して出づ菖蒲の芽 みのる 2 千鶴.うつぎ.
つり橋に続く坂道薮椿 みきお 2 豊実.そうけい.
山城の石垣跡の物芽かな 素秀 2 むべ.豊実.
如月や梅の模様の神の鯉 なつき 1 素秀.
人影なき禅寺二月杉高し 董雨 1 ぽんこ.
対岸の車列春陽の煌めけり あひる 1 そうけい.
鳩避けつ餌にありつく鴨の群れ そうけい 1 宏虎.
茹で上がり色極まれり菠薐草 みきお 1 もとこ.
毘沙門天供ふ大根山と積む 智恵子 1 なつき.
球春を生き残りかけ背番号 凡士 1 宏虎.
描きつつ春日野原の談義かな そうけい 1 あひる.
大江山春立つ嶺の雲翳む 凡士 1 素秀.
鉢植えの紅白門に梅ひらく 満天 1 こすもす.
ティータイム始まるテラス山笑ふ あひる 1 菜々.

2月7日 (投句19名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海峡にぽんぽん船や風光る 智恵子 8 あられ.せいじ.豊実.むべ.三刀.邑.なつき.凡士.
春の雪積みて回るや花時計 智恵子 7 あられ.音吉.あひる.小袖.千鶴.はく子.董雨.
ものの芽と存問しつつ庭手入 みのる 7 菜々.宏虎.智恵子.明日香.うつぎ.なつき.董雨.
門前の菓子司に揃ふ春の色 せいじ 4 たかを.そうけい.明日香.もとこ.
春浅し農小屋はまだ閉ぢしまま 菜々 3 三刀.あひる.たか子.
格子戸を透かして紅き藪柑子 凡士 3 素秀.そうけい.ぽんこ.
梅の木の下に暫く車椅子 満天 3 宏虎.むべ.凡士.
野火舐めて山辺の松を焦がしけり 素秀 2 智恵子.みきお.
ワイパーの一掻きに散る薄氷 隆松 2 せいじ.こすもす.
子が数へあぐねる爺の年の豆 なつき 2 たかを.うつぎ.
よく動く耳鼻尻尾象の春 凡士 2 邑.千鶴.
春日受け歩行訓練ゆっくりと 満天 2 菜々.はく子.
もつれあひ初蝶越ゆる長屋門 素秀 2 音吉.たか子.
寒明けて草木色見せ動き初む 宏虎 1 こすもす.
早春の社務所に若き祢宜ひとり せいじ 1 素秀.
みどりごの安寝眺むる春の昼 むべ 1 小袖.
水流に全身委ねねこやなぎ こすもす 1 満天.
鯉代わる代わるに突付く落椿 あひる 1 豊実.
春泥を拭ふ二足のスキー靴 豊実 1 ぽんこ.
春日燦急に畑がにぎやかに 明日香 1 満天.
春光やさざなみ尖り切り立ちぬ もとこ 1 みきお.
砂だんご乾きはじめて春の土 たか子 1 もとこ.

2月6日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春立つや退院の空晴れ渡る やよい 6 むべ.あひる.満天.小袖.こすもす.はく子.
自転車を倒し寝転ぶ春の土手 智恵子 5 隆松.たかを.あられ.なつき.ぽんこ.
野の香り桶に広がる菜花かな あひる 4 あられ.たか子.ぽんこ.凡士.
七福神巡る下町梅日和 智恵子 4 菜々.なつき.みきお.凡士.
佐保姫を四国三郎迎へけり 素秀 3 宏虎.もとこ.はく子.
園丁の顔で見廻る春花壇 たか子 3 あひる.せいじ.素秀.
春の風吹きのこしたる雲一朶 むべ 3 豊実.たか子.小袖.
熱燗や野沢菜に刺す爪楊枝 豊実 3 たかを.智恵子.千鶴.
探梅行不意に展ける茅渟の海 凡士 2 音吉.宏虎.
公園の四阿将棋春うらら 満天 2 明日香.こすもす.
神馬舎の間口を閉ざす白障子 せいじ 2 音吉.素秀.
地の塩を願ふ余生や梅白し みのる 2 せいじ.千鶴.
猫の爪切りてうららかサンルーム 素秀 1 豊実.
草の芽や宿坊跡の高垣に せいじ 1 むべ.
春立つや市の体操に初参加 そうけい 1 明日香.
永平寺廊下凍てつき靴下げて 宏虎 1 隆松.
人気なき遺跡公園梅一輪 こすもす 1 菜々.
臥竜梅イナバウワーを見せにけり みのる 1 満天.
つぶやきて小石積む子や梅の花 あられ 1 もとこ.
豆撒くも拾ふも黙し影動く なつき 1 みきお.
春泥や青空のぞくにわたずみ ぽんこ 1 智恵子.

2月5日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雪しまく能登引き売りの姥の皺 凡士 8 音吉.宏虎.たかを.そうけい.あられ.むべ.なつき.やよい.
舌頭にホ句育てつつ青き踏む みのる 7 せいじ.たかを.たか子.菜々.凡士.もとこ.やよい.
下萌や退院の靴新調す やよい 7 智恵子.豊実.むべ.明日香.はく子.たか子.菜々.
赤帽子追ひて走る子春一番 素秀 6 せいじ.満天.そうけい.みきお.ぽんこ.小袖.
立春の和菓子の店のさくら色 満天 4 宏虎.素秀.こすもす.小袖.
果樹園の剪定鋏リズミカル かかし 2 智恵子.満天.
堰見んと背伸びしてをりつくづくし 素秀 2 豊実.もとこ.
追儺鬼センサーライト点けて逃ぐ なつき 2 あひる.素秀.
里の田に薄氷生まる今朝の晴 隆松 2 ぽんこ.こすもす.
立春の潮差しきたるたゆたふと 凡士 1 千鶴.
リモコンを退けて蜜柑の皮を剥く 豊実 1 音吉.
反り橋に佇てば纏はる春の風 せいじ 1 凡士.
表札の残る廃屋春あさし 1 みきお.
五重塔秘そと鎮まる春の雨 宏虎 1 あられ.
春立つや放生川に魚の影 せいじ 1 はく子.
煮凝りやアコウの眼玉睨みける もとこ 1 なつき.
庭隅の雪へとばせり追儺豆 なつき 1 あひる.
ボンネットに降りては融ける春の雪 こすもす 1 明日香.
名も知らぬ鳥を見しより春となる たか子 1 隆松.
あめつちのもの刷新す春一番 むべ 1 千鶴.

2月4日 (投句23名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝しぼり酒蔵の湯気春立ちぬ 智恵子 7 隆松.あられ.満天.ぽんこ.豊実.邑.千鶴.
佐保姫の袖ふる雲や記紀の島 素秀 5 明日香.音吉.小袖.もとこ.凡士.
トーストにバター良く伸び春立つ日 たか子 5 あひる.邑.菜々.もとこ.凡士.
腕時計キラリと光る村芝居 みきお 4 あひる.あられ.菜々.やよい.
探梅兼ね先祖を偲ぶ日となりぬ 宏虎 4 智恵子.こすもす.なつき.小袖.
菜の花の丘に海峡見晴るかす 素秀 4 宏虎.智恵子.こすもす.やよい.
打ち返すテニスボールや春立ちぬ ぽんこ 3 音吉.むべ.みきお.
春めくや御手洗に水溢れしめ みのる 2 せいじ.満天.
春めくや三ッ星ウインクしてやまず みのる 2 せいじ.なつき.
炭酸水蓋開く音や春立てり むべ 2 たかを.三刀.
豆撒きの声も聞こえぬ世となりぬ もとこ 2 宏虎.三刀.
残りたる雪の明るし鬼やらひ なつき 2 そうけい.むべ.
又ひとり句友の減りて春寒し 菜々 1 みきお.
林抜けワイパー撥ねる垂り雪 隆松 1 かかし.
寒肥の竹太々と実験林 あひる 1 たか子.
野に遊ぶ雲も千変万化して せいじ 1 たかを.
独居や西方念入りに鬼は外 そうけい 1 かかし.
黄昏の河原に星めく猫柳 智恵子 1 ぽんこ.
大ぶりの此は西洋の蒲公英ぞ せいじ 1 素秀.
肌を刺す風も今日から春の風 凡士 1 明日香.
しばれる夜締めは屋台の中華そば 凡士 1 千鶴.
さくら餅俳句談義の小半時 やよい 1 たか子.
残り豆炊き込む釜に鬼は外 そうけい 1 素秀.
節分の落ちたる豆に雀寄る 満天 1 豊実.
葉牡丹のシワシワ緩む日向かな みきお 1 そうけい.

2月3日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
節分の鬼も白髪となりにけり もとこ 7 むべ.せいじ.なつき.三刀.豊実.みきお.凡士.
老木の洞の深さや冬芽満つ ぽんこ 6 あられ.むべ.そうけい.素秀.千鶴.もとこ.
山茶花が母を励ますガラス窓 あひる 5 満天.明日香.素秀.たかを.こすもす.
文字躍るおさなの手紙あたたかし あひる 4 小袖.ぽんこ.はく子.やよい.
湧水に上機嫌なる芹の群れ 智恵子 4 あられ.宏虎.せいじ.菜々.
カーテンを閉めるに早し日脚延ぶ こすもす 2 宏虎.たか子.
節分の豆一粒の差分かな 豊実 2 もとこ.凡士.
春光やふと口にする「早春賦」 たか子 2 智恵子.みきお.
歩をとめよ汝が踏むところ物芽出づ みのる 2 ぽんこ.菜々.
節分や確認したる数へ年 素秀 2 満天.明日香.
日脚延ぶ肩に飛び乗る猫のいて こすもす 2 千鶴.隆松.
食べ終わる妻を待ちけり恵方巻 豊実 2 智恵子.小袖.
青空に鳴き交ふカモメ風光る 智恵子 2 豊実.はく子.
丘に立ちむすび食みけり風光る みきお 1 そうけい.
鬼は外孫に追われて闇の中 あられ 1 三刀.
桜湯のほどけて独り安げなり むべ 1 あひる.
寒霧や日差し届かぬ山の里 隆松 1 たか子.
春泥を置き土産とし雨上がる たか子 1 あひる.
地震のあり薄き葛湯の波打てり 素秀 1 たかを.
立春の空に白球抛り投ぐ 凡士 1 こすもす.
掌にのりたる鉢に物芽出づ みのる 1 やよい.
節分や向き少しずれ恵方巻 凡士 1 なつき.

2月2日 (投句22名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
田起こしの土それぞれに尖がりけり みきお 7 そうけい.たか子.素秀.やよい.豊実.千鶴.凡士.
銭湯の跡煙突に月冴える 素秀 4 たかを.こすもす.豊実.なつき.
待春や卒寿の箍を締め直す 宏虎 4 せいじ.明日香.三刀.やよい.
強東風にとぶ翼船のしぶき見よ みのる 4 あひる.宏虎.せいじ.素秀.
川風の土手に踏ん張り菜花摘む あひる 4 そうけい.邑.みきお.なつき.
茅で染め雪に晒して草木染 凡士 3 智恵子.明日香.はく子.
柊を添へて潤目の勢揃い たか子 3 邑.三刀.もとこ.
梅寒し巫女は色もの重ねけり みのる 3 小袖.もとこ.うつぎ.
寒梅の紅をちりばむ青き空 豊実 3 あられ.智恵子.はく子.
と見る間に雲入れかはる春嵐 あひる 3 小袖.ぽんこ.菜々.
本伏せてまどろむテラス春麗ら 智恵子 2 宏虎.うつぎ.
鬼の面逃げる園長節分会 智恵子 2 満天.みきお.
堪えぬきて散る一瞬や寒椿 そうけい 2 あられ.凡士.
手のひらに暫くとどめ竜の玉 満天 2 あひる.たか子.
鬼は外呪文と信じ唱へる子 なつき 1 ぽんこ.
ルーぺ手に右に左に青き踏む みきお 1 菜々.
酒を酌む囲炉裏に湯気のいしる鍋 凡士 1 隆松.
叢雲の奥行き知らす寒満月 むべ 1 千鶴.
山鳩の胸膨らまし春隣 素秀 1 むべ.
遠回りして友と遇ふ野路は春 せいじ 1 満天.
如月を期待を込めて迎へけり 宏虎 1 こすもす.
春そこに今日は私の誕生日 菜々 1 むべ.
節分の豆に鬼面をサービスに 満天 1 たかを.

2月1日 (投句23名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鉢植を並び替へては春を待つ せいじ 10 菜々.智恵子.満天.明日香.豊実.なつき.邑.こすもす.うつぎ.やよい.
合掌のごときもの芽の出でにけり みのる 6 そうけい.あられ.たか子.千鶴.むべ.凡士.
小包に一枝添へる寒椿 みづき 6 素秀.満天.ぽんこ.三刀.みきお.むべ.
透き間なく結ぶ神籤に寒茜 ぽんこ 5 明日香.豊実.たかを.みづき.もとこ.
奥入瀬の断面厚き除雪跡 あひる 4 なつき.千鶴.みづき.やよい.
浜風も日照雨の沙汰も早梅に みづき 2 素秀.ぽんこ.
反射襷脚にも巻いて寒行僧 こすもす 2 せいじ.みきお.
落日の行方知りたし日脚伸ぶ むべ 2 宏虎.隆松.
雪投げの兄は背中を狙ひたり なつき 2 あひる.せいじ.
日脚伸ぶ薬確かむ老いふたり 明日香 2 三刀.もとこ.
一月果つ暦一枚剥がしけり こすもす 2 小袖.凡士.
笹鳴きや木の間に覗く空青し やよい 1 たかを.
青き踏む忽ち湿るスニーカー せいじ 1 あひる.
かわかわと怒り悪声寒鴉 もとこ 1 あられ.
春泥に足をとられて靴あそこ 智恵子 1 菜々.
肉饅頭急ぎ食らふは駐車場 素秀 1 そうけい.
春近し意見の違い許そうか たか子 1 邑.
冬の日を畳に映す天主堂 凡士 1 たか子.
天麩羅の揚げたて旬や蕗の薹 宏虎 1 智恵子.
潮騒に流木探す冬の海 智恵子 1 こすもす.
足場材放りて渡す冬日燦 たかを 1 小袖.
赤き服着て雪投げに鬼の面 なつき 1 うつぎ.
厨窓射し込む朝日まさに春 明日香 1 宏虎.

1月31日 (投句20名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
奥能登の岩削ぐやうに海苔を摘む 凡士 12 そうけい.智恵子.素秀.邑.あひる.はく子.明日香.三刀.千鶴.小袖.なつき.やよい.
風花を食べんと跳ねる庭の犬 智恵子 5 隆松.ぽんこ.はく子.明日香.むべ.
城壁を映す四温の堀の水 たか子 4 満天.ぽんこ.みきお.みづき.
ショベルカー凍てし轍を踏みしだき みのる 4 そうけい.あひる.せいじ.うつぎ.
囀りやピクリと動く膝の猫 こすもす 3 たかを.豊実.凡士.
気嵐の沼滑りゆく鳥の首 素秀 3 智恵子.小袖.うつぎ.
手のひらに残る温もり寒卵 みきお 3 あられ.凡士.やよい.
反り返り仰ぐ凍月満ち満ちて せいじ 2 満天.こすもす.
還暦の厄除祈願寒椿 豊実 2 みきお.たか子.
三寒の遠山にまた白きもの 素秀 2 菜々.たか子.
夕焼雲ひがしに淡き冬満月 やよい 2 みづき.なつき.
ペタルこぐ影すいすいと春の道 あひる 2 豊実.せいじ.
仙人掌の棘か綿かと冬日燦 凡士 1 素秀.
四温晴こころほっこり写真展 やよい 1 菜々.
風掴み風誘いたり大とんど 宏虎 1 三刀.
何ひとつ寄せ付けずして寒の月 満天 1 宏虎.
灰色の景に一点水仙花 ぽんこ 1 あられ.
街路樹の色変はりゆく春近し 満天 1 宏虎.
1 音吉.
焼芋の匂ふ路地裏下校の子 みきお 1 もとこ.
コロナいつ果てるかと春待ちにけり みのる 1 こすもす.
寒満月あたかも雲を羽衣に 明日香 1 千鶴.
街の灯の中より仰ぐ寒の月 あひる 1 たかを.
悴めるこころ冬満月に消ゆ せいじ 1 むべ.
子ら迎へ軒に小さき雪だるま なつき 1 もとこ.
寡婦なりし友訥々と冬の薔薇 もとこ 1 音吉.
風邪心地顆粒がうまく飲み込めぬ 明日香 1 邑.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site