成績一覧

過去一覧

1月30日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春泥の長靴揃ふ集会所 みきお 10 たかを.むべ.千鶴.素秀.満天.豊実.たか子.三刀.うつぎ.なつき.
日を孕み冬芽蠢く大樹かな 凡士 4 あられ.豊実.三刀.みきお.
電柱を目安に曲がる雪の畦 豊実 4 あひる.明日香.はく子.やよい.
忌竹を越ゆるどんどの大焔 なつき 4 せいじ.そうけい.智恵子.やよい.
淀川はここで湾曲四温晴 せいじ 3 たか子.もとこ.凡士.
ままごとの筵にぎやか日脚のぶ 菜々 3 ぽんこ.素秀.もとこ.
気紛れな日に須臾うせる障子影 みのる 3 智恵子.小袖.あひる.
間違いを探す絵本と日向ぼこ 素秀 3 小袖.明日香.こすもす.
春待つや紙一しめの帯を切り そうけい 2 むべ.千鶴.
矜恃とは深き黙なり竜の玉 宏虎 2 せいじ.あられ.
寒夕焼ことに七坂愛染坂 凡士 2 宏虎.ぽんこ.
縁側のおしゃべりいつまで日脚伸ぶ 菜々 2 はく子.邑.
手術中獣医の札に北しぶき むべ 2 そうけい.うつぎ.
アスリートらしき女子あり青き踏む せいじ 2 宏虎.邑.
俯けば寒木瓜匂ふ躙口 素秀 2 かかし.凡士.
六甲に白き雲影日脚伸ぶ 宏虎 1 かかし.
野仏に綿帽子めき雪積もる こすもす 1 みきお.
天守背に蠟梅の香に触れにけれ ぽんこ 1 満天.
寒の水青菜つけたる夕餉前 もとこ 1 なつき.
長編を読み終えし朝小雪舞ふ あひる 1 たかを.
寒風の育てて白き切干しよ 三刀 1 こすもす.

1月29日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雲低く波止を呑み込む寒の濤 凡士 6 満天.そうけい.千鶴.むべ.たか子.明日香.
寒椿蕾の先のおちよぼ口 みのる 5 隆松.あひる.豊実.なつき.三刀.
厨事終へる窓より寒の月 満天 5 豊実.みきお.素秀.千鶴.凡士.
置土産おむすびほどの雪だるま あひる 4 隆松.智恵子.菜々.素秀.
おみくじの花満開に冬木かな やよい 3 あられ.こすもす.明日香.
淡き色足して春めく万華鏡 素秀 3 なつき.もとこ.やよい.
音消えて都大路に雪雑り むべ 3 たかを.せいじ.小袖.
木々の芽も光をまとふ寒日和 凡士 2 みきお.こすもす.
一賀状「生きてまっせ」と書かれあり 千鶴 2 ぽんこ.もとこ.
樹の洞へ何百回の春日かな たか子 2 あひる.やよい.
纜に押しくら並び冬かもめ みのる 2 たかを.せいじ.
葉ぼたんの渦ゆるゆると歳とりぬ もとこ 2 そうけい.むべ.
春の園巡る鯉にも声かけて せいじ 1 智恵子.
老禰宜のお札一枚どんど焼き なつき 1 あられ.
頭を肩を払ひ合ひたりどんど果つ なつき 1 たか子.
蝋梅の香を溜めている円みかな たか子 1 凡士.
猫の目線追えばその先冬の蝿 こすもす 1 菜々.
猫にわか走り狂ひて春近し 素秀 1 三刀.
腕白に母の鋭声や芽木の山 せいじ 1 宏虎.
風見鶏キコキコ鳴きて雪しまく 智恵子 1 ぽんこ.
公園も使用禁止や寒籠り 満天 1 宏虎.
酒蔵の杉玉に伸ぶ日脚かな 千鶴 1 満天.
境内は子らの天国四温晴 やよい 1 小袖.

1月28日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
浮寝鳥陣の要らざる隠池 やよい 5 たか子.みづき.明日香.ぽんこ.千鶴.
焚火の輪一枝くべて抜けにけり そうけい 5 むべ.せいじ.みづき.小袖.凡士.
炭焼きの屋根に身を寄す雀かな 素秀 5 せいじ.そうけい.智恵子.満天.なつき.
掌を出しぬ辻占の寒灯に みのる 5 あひる.宏虎.たかを.千鶴.凡士.
参道にあぶり餅食む四温かな 凡士 4 たか子.豊実.なつき.三刀.
電気代三割アップ冬籠もり こすもす 3 邑.やよい.菜々.
梅堅しガイドの手持ち無沙汰なる たか子 3 むべ.満天.ぽんこ.
大阪の凸凹と見ゆ春霞 あひる 3 小袖.邑.やよい.
布団干す離れ住む子の誕生日 なつき 3 あられ.そうけい.豊実.
立退きの解体シートに寒の雨 満天 2 たかを.素秀.
おさな等の冒険止まぬ春の土手 あひる 2 智恵子.こすもす.
氏神へお礼参りや四温晴 やよい 2 素秀.菜々.
岩清水音閉じ込めし氷柱かな 智恵子 2 明日香.うつぎ.
欄干で鷹の品評鋭き爪 ぽんこ 1 宏虎.
草萌ゆる天井川の堤防に せいじ 1 うつぎ.
草萌ゆる庵の隅の女郎塚 せいじ 1 三刀.
遊ぶ子を背伸び見る窓風邪の午後 素秀 1 あられ.
寒明けの濠を占めたる鳥の陣 たか子 1 もとこ.
久女忌の抜き損なひし刺痛む なつき 1 もとこ.
明か時に湯気舞遊ぶ冬露天 もとこ 1 あひる.
全面に裸木の道カフェの窓 隆松 1 こすもす.

1月27日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
指人形遊ぶ手袋手話の子ら 智恵子 4 むべ.そうけい.なつき.ぽんこ.
湯気ほのと白湯に始まる朝かな あひる 4 小袖.なつき.たかを.凡士.
どんど火の中心突きてなだめたる なつき 4 明日香.そうけい.たか子.たかを.
渓谷の風に鐵路の凍てつけり 素秀 3 あひる.宏虎.豊実.
酒樽の菰匂ひけり新年会 みきお 3 菜々.もとこ.凡士.
黒潮の濃き潮目見ゆ密柑山 みのる 3 あられ.たか子.かかし.
学び舎の和太鼓響く寒稽古 満天 3 宏虎.かかし.三刀.
和紙の里訪ふ外つ国の冬帽子 凡士 3 満天.せいじ.三刀.
城門の黒きをくぐる春隣 たか子 2 素秀.ぽんこ.
校庭に煙一筋とんど焼き みきお 2 素秀.隆松.
風花や手書きの文の届きけり むべ 2 菜々.せいじ.
空っ風幟伸びたり縮んだり 明日香 2 豊実.やよい.
腰にロープ堀の清掃水温む たか子 2 智恵子.こすもす.
氏神の森のまほらや冬暁 そうけい 1 小袖.
掘り出せる白菜甘き雪の下 凡士 1 満天.
河川敷に鴉寝ぐらの枯木立 素秀 1 もとこ.
ただいまと上がり框に冬帽子 ぽんこ 1 智恵子.
大とんど崩れ飛び退く人の群れ なつき 1 やよい.
干涸びし蔕あまたなる柿大樹 やよい 1 あひる.
梅隠てふ茶室の庭の梅真白 せいじ 1 明日香.
水仙花沖のタンカー見て揺るる 智恵子 1 あられ.
雪折れの竹被さりし堤かな こすもす 1 むべ.
自句集に思い出たどり春を待つ 菜々 1 こすもす.
大寒や水平線は茜色 宏虎 1 隆松.

1月26日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雨垂れの雫ふくらみ春立ちぬ みきお 4 そうけい.なつき.素秀.凡士.
早梅や奥に機音長屋門 素秀 4 三刀.やよい.豊実.たか子.
鳶職の屋根に軽々四温晴 素秀 4 あひる.せいじ.もとこ.うつぎ.
テニスシューズ結び直すや四温晴 ぽんこ 3 なつき.小袖.たか子.
臘梅を手のひらに香のひとときを 満天 2 みきお.豊実.
歴日の寺門の破風に冬日燦 せいじ 2 むべ.智恵子.
葉牡丹のしかと受け止む雨雫 むべ 2 せいじ.ぽんこ.
昭乗を偲ぶ勇の歌碑ぬくし せいじ 2 あひる.凡士.
拘りは土佐の辛口燗熱く うつぎ 2 菜々.邑.
酒蔵に湯気立ち上り寒造り みきお 2 満天.ぽんこ.
手ぶくろの人さし指の穴愛し あひる 2 はく子.たかを.
一の鳥居くぐり茅葺雪の茶屋 凡士 2 満天.こすもす.
豆入りは特に懐かし寒の餅 こすもす 2 三刀.うつぎ.
光年の夢路たどりて春の星 宏虎 2 むべ.たかを.
寒暁浴ぶ木々の水滴真珠なる 明日香 2 そうけい.宏虎.
底冷えや竈据ゑたる通し土間 凡士 2 智恵子.小袖.
手裏剣を投げたるごとく寒の月 みのる 2 菜々.やよい.
タックルを引きづり走るラガーかな みのる 1 明日香.
寒晴に挨拶弾む隣組 満天 1 明日香.
石段に猫の干しけり日脚伸ぶ もとこ 1 宏虎.
腰痛をなだめすかして去年今年 宏虎 1 邑.
キラキラと葉裏の滴冬日差し たかを 1 みきお.
寒の月生絹の如き雲被り 菜々 1 はく子.
チャイム鳴り飛び出す子らや日脚伸ぶ 智恵子 1 もとこ.
水仙郷画板の子らのそこここに 智恵子 1 素秀.
民宿に地震来たかと雪下し 豊実 1 こすもす.

1月25日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雪景色顎まで浸かる露天の湯 智恵子 6 やよい.こすもす.豊実.なつき.むべ.うつぎ.
草庵の石に腰掛け日向ぼこ せいじ 5 菜々.素秀.はく子.やよい.ぽんこ.
畑焚火菜屑かぶせて消されけり みのる 4 満天.はく子.明日香.たか子.
庭灯籠いつしか濡らし寒の雨 菜々 3 みきお.満天.豊実.
眼を閉じぬ眠り人形久女の忌 素秀 3 もとこ.なつき.むべ.
梅古木僅かな蕾ふくらみて 明日香 3 宏虎.あられ.素秀.
街灯下エンドロールのごと吹雪く 凡士 3 せいじ.あひる.たか子.
こだはりの味噌の香今朝の寒蜆 満天 3 たかを.こすもす.凡士.
誠実とうわさの店やみかん買ふ あひる 2 宏虎.菜々.
寒の雨三日つづきや句集繰る 満天 2 せいじ.小袖.
濡れそぼり黄の鮮やかや石蕗の花 たか子 2 智恵子.音吉.
底冷への洛中にゐて史蹟訪ふ 凡士 2 みきお.小袖.
枝枝に音して結ぶ霜の花 隆松 2 そうけい.あひる.
一人寝を猫が見下ろす冬の部屋 たかを 1 もとこ.
コロナ禍の焚火囲むも遠巻きに みのる 1 たかを.
風呂場から頑固ぢぢいの大嚔 豊実 1 ぽんこ.
鴨の水脈二分けにして鳰の水脈 やよい 1 うつぎ.
氷割りレンコン水に吹き上ぐる 素秀 1 そうけい.
大熊手飾り掻き寄せ焚きにけり なつき 1 明日香.
寒の雨球根植へしはこのあたり 菜々 1 智恵子.
湯たんぽを抱いて一日を癒やしけり あひる 1 あられ.
風上へ水掻く鴨の脚忙し やよい 1 凡士.

1月24日 (投句20名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鴨鍋や一句書き留む箸袋 凡士 8 たか子.あられ.せいじ.智恵子.なつき.素秀.菜々.ぽんこ.
小春日やテラスに母の髪を切る 智恵子 7 宏虎.満天.やよい.こすもす.菜々.ぽんこ.凡士.
新しき鉛筆揃へ初句会 菜々 5 せいじ.明日香.素秀.やよい.こすもす.
雨土のゆるみあふれて春近し もとこ 3 たか子.隆松.宏虎.
寄せ鍋の煮える間語る武勇伝 なつき 2 あひる.もとこ.
初凪の湾に漁船の白き波 こすもす 2 たかを.小袖.
ペコちゃんのごとき舌出す榾火かな みのる 2 たかを.小袖.
美しき言の葉綴り初句会 宏虎 2 智恵子.満天.
凍雨や厨にパンの香の満ちて あひる 2 あられ.そうけい.
初場所や星取表のコロナの「や」 豊実 1 なつき.
どんど痕燃えざる物の不気味なる たか子 1 豊実.
名の楽し「大根ひらひら鍋」と言ふ あひる 1 明日香.
枯蔦の猶も添ひをる四つ目垣 せいじ 1 凡士.
雨粒をとどめ彩点す冬木の芽 やよい 1 豊実.
静かなる庭木々包む寒の雨 満天 1 そうけい.
雪降りて心ゆくまで調弦す むべ 1 あひる.
風垣の内に寄り合ふいしる鍋 凡士 1 もとこ.

1月23日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
焚火する大工火種の鉋屑 素秀 10 智恵子.せいじ.やよい.豊実.そうけい.小袖.むべ.音吉.こすもす.うつぎ.
天平の大塔仰ぎ大根干す 凡士 6 あひる.菜々.かかし.あられ.はく子.もとこ.
合掌の軒にすだれの大氷柱 凡士 5 ぽんこ.隆松.やよい.明日香.満天.
このあたり生家ありけり冬木立 みきお 3 素秀.音吉.邑.
ゆふぐれを重ね山家の冬深む 素秀 3 ぽんこ.かかし.もとこ.
ルーターの機嫌の悪し寒の雨 明日香 3 隆松.菜々.邑.
ため息をマスクに溜めて笑ひ皺 なつき 2 たかを.明日香.
窓外は降りみ降らずみ寒の雨 明日香 2 たか子.凡士.
点々と岩場に居るは海苔摘み女 こすもす 2 せいじ.うつぎ.
折り紙の万華鏡や冬籠もり こすもす 2 素秀.なつき.
日を孕む金明竹や寒日和 せいじ 2 満天.凡士.
水槽に動くものあり初氷 みきお 2 たか子.むべ.
踏切に吾も足踏み寒土用 智恵子 2 あひる.豊実.
早春の小さき音して水跳ねる あひる 2 なつき.こすもす.
泳ぎ来る稚鯉の速し池温む あひる 1 宏虎.
街路樹の賑はふ鳥や春を待つ 満天 1 はく子.
虚子句碑に心かよはす春隣 みのる 1 智恵子.
路地曲がりきし寒灯は救急車 みのる 1 たかを.
手袋で日付を拭うリフト券 豊実 1 そうけい.
料理本拾ひ読みして冬籠 なつき 1 小袖.
洗濯物竿一杯の冬日かな たかを 1 あられ.
寒籠りテレビ見ながらストレッチ 満天 1 宏虎.

1月22日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
懐の小犬顔出す焼き芋屋 なつき 7 智恵子.明日香.やよい.ぽんこ.三刀.豊実.むべ.
大寒や墨壺弾く船大工 素秀 6 たか子.たかを.やよい.こすもす.音吉.あられ.
日脚伸ぶ芥と見しは亀の首 みのる 4 たか子.豊実.なつき.凡士.
熱燗や釣果一尾に舌鼓 豊実 4 隆松.むべ.小袖.凡士.
山ほどのコロッケ作り冬ごもり 菜々 3 隆松.せいじ.あひる.
初場所や髷も結へぬが勝ち名乗り 凡士 3 素秀.なつき.もとこ.
野良猫の居座る庭の冬日向 やよい 2 明日香.みきお.
白田畑果ては何処なり寒の霧 隆松 2 そうけい.もとこ.
四温晴心の隅のほころびぬ たか子 2 智恵子.三刀.
枯芝の足裏にやさし松花堂 せいじ 2 素秀.あひる.
見渡せば遠山全て雪化粧 こすもす 1 宏虎.
厳そかや初霞せり甲山 宏虎 1 音吉.
待ち人や北風に音立つのぼり旗 たかを 1 小袖.
屋根超えて津波の如く風花す みのる 1 そうけい.
この曲は「浜千鳥」なり夕の街 むべ 1 みきお.
家毀つ中庭跡の寒椿 素秀 1 たかを.
寒稽古覇気満々と運動場 たか子 1 あられ.
風花す部活の子等の校庭に あひる 1 満天.
寒晴や凛と水琴窟の音 せいじ 1 宏虎.
川面には冬霧纏ふ三輪の山 明日香 1 ぽんこ.
冬の庭猫一匹も現れず 菜々 1 こすもす.
寒晴れや句仲間の顔浮かび来る こすもす 1 せいじ.
まつぷたつ戦禍の鳥居冬日さす ぽんこ 1 満天.

1月21日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒造り樽は百寿の吉野杉 みのる 15 たか子.智恵子.むべ.素秀.満天.あられ.ぽんこ.隆松.明日香.なつき.菜々.はく子.三刀.やよい.こすもす.
大寒や影の背筋を伸ばしたり なつき 5 むべ.あひる.小袖.たかを.凡士.
ことごとく物に影あり日脚伸ぶ みきお 4 智恵子.素秀.やよい.もとこ.
臘梅を活ければほろと金の粒 明日香 3 たか子.なつき.音吉.
大寒やコロナに歯止め効かぬまま 三刀 2 ぽんこ.はく子.
吹雪去り月天心にまどかなる 凡士 2 宏虎.小袖.
マスクして回覧板も目で会釈 明日香 2 菜々.こすもす.
室咲きの深紅と淡きリヤドロと 凡士 2 せいじ.あひる.
スーパーの縁台豊か春野菜 ぽんこ 2 そうけい.あられ.
大寒の園児お散歩声弾む 満天 1 宏虎.
山野辺に摘みし蓬のかをり良し 智恵子 1 三刀.
一年の災い閉じ込むとんど焼き みきお 1 満天.
やむを得ぬ予定変更今朝の雪 こすもす 1 明日香.
雪雲がみるみる山を越えにけり あひる 1 せいじ.
風花や迷路めく街闊歩する あひる 1 豊実.
大寒や鳩群れ寄りてうずくまり あられ 1 隆松.
寒鴉風に耐ふ目の沈む黒 むべ 1 もとこ.
大寒の滝修行に励む僧 智恵子 1 そうけい.
香こぼれる籬の中の水仙花 ぽんこ 1 凡士.
肩に力入る大寒の歯科の椅子 やよい 1 たかを.
イーゼルへ男座りす女正月 せいじ 1 音吉.
春を待つ鉢物縁を占領し みのる 1 豊実.

1月20日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山里の闇の深さや冬銀河 隆松 8 そうけい.あひる.なつき.明日香.たかを.はく子.三刀.やよい.
不夜城は救急病棟結露窓 みのる 7 あられ.たかを.ぽんこ.三刀.こすもす.やよい.もとこ.
日かげればなほ蝋梅のつつましく 菜々 4 むべ.素秀.音吉.豊実.
藁の笠覗く雀や寒牡丹 智恵子 4 むべ.小袖.あられ.こすもす.
朱を極めいよよ華やぐ寒ぼたん 3 宏虎.みづき.満天.
激流の飛沫に垂る氷柱かな 智恵子 3 そうけい.なつき.みきお.
水やりの時刻に迷ふ寒波かな 明日香 2 小袖.豊実.
籠り居る五箇山の夜の囲炉裏かな 凡士 2 たか子.満天.
雪うさぎ溶けてひらめのごとくなり 素秀 2 菜々.邑.
北国の初荷トラック雪化粧 みのる 2 せいじ.もとこ.
春を待つ光雅の絵を前にして たか子 1 凡士.
お地蔵の手編み腹掛け赤帽子 やよい 1 みきお.
白き雲ふわりと浮かぶ春隣 宏虎 1 智恵子.
お決まりの思い出ばなし寒苺 あひる 1 邑.
風花の舞い散る街で立ち話 ぽんこ 1 あひる.
野に遊ぶ爺はまづ膝屈伸し せいじ 1 凡士.
五センチ程が丁度見頃や雪景色 こすもす 1 宏虎.
朝の陽や梢に残るしづり雪 みづき 1 ぽんこ.
風花にしばらく窓を開けしまま 満天 1 たか子.
雲上に雪の伊吹峰今朝晴るる 隆松 1 はく子.
植木園孫まつ爺の焚火かな そうけい 1 素秀.
北風や円形広場へ八つ当たり たか子 1 菜々.
片言で苺をねだる幼かな あひる 1 せいじ.
農協の畑に春耕始まりぬ せいじ 1 みづき.
キャンパスを駆け出しそうな受験生 素秀 1 智恵子.
冬木立空身の自由瀬に映し むべ 1 音吉.
朝散歩河川敷行く雉一羽 こすもす 1 明日香.

1月19日 (投句21名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夜焚火の影に魑魅も紛るべし みのる 7 ぽんこ.音吉.智恵子.豊実.もとこ.凡士.うつぎ.
敗者いま息白く天仰ぎけり みのる 6 ぽんこ.三刀.せいじ.やよい.豊実.こすもす.
藁を着て箱入り娘寒牡丹 宏虎 6 三刀.たかを.たか子.智恵子.むべ.みきお.
錆び深きポンプ吐き出す寒の水 やよい 4 あられ.そうけい.みきお.素秀.
左義長の火掻きの竹の爆ぜにけり なつき 3 明日香.隆松.うつぎ.
片側は凍てつきしまま川堤 こすもす 3 せいじ.明日香.隆松.
マンドリン音色もれくる街は雪 凡士 3 あひる.みづき.菜々.
強風に引かれ遊ばれ武者絵凧 智恵子 3 あられ.たか子.むべ.
牡蠣殻の積み重なりて宴果つ あひる 2 やよい.こすもす.
山の辺の蜜柑山にも取り残し 明日香 2 小袖.満天.
冬麗や目潰しの坂ペダル漕ぐ せいじ 2 音吉.そうけい.
トロ箱の蓋が閉まらん鱈場蟹 豊実 2 素秀.なつき.
輪唱めく二羽のとんびや冬木立 こすもす 2 宏虎.もとこ.
日だまりにふくらむ冬芽集会所 みきお 1 菜々.
凍空にアンテナを突く生駒山 たか子 1 満天.
寒禽の森の気締むや鋭の声 そうけい 1 凡士.
蒼天へかざす冬芽の紅あまた 満天 1 みづき.
枯蓮の幾何学模様風荒ぶ みきお 1 宏虎.
風呂吹や今宵の猪口をはや選ぶ 凡士 1 たかを.
冬の鳥ゆるき流れに影を置く みづき 1 邑.
母譲り饗す赤絵の蕪蒸し もとこ 1 小袖.
カフェ開きて黒板アート風花す むべ 1 あひる.
にぎやかや殻付き牡蠣の届きし夜 あひる 1 邑.
どんどの餅老婆つぶやく勿体無い ぽんこ 1 なつき.

1月18日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
剥製の鷹の眼ひかる榾明り 凡士 6 音吉.せいじ.明日香.たか子.みきお.うつぎ.
千代の春ダイヤ婚過ぎ卒寿来る 宏虎 5 音吉.あひる.満天.こすもす.凡士.
寒九の水染みる六腑や薬飲む やよい 4 三刀.なつき.そうけい.もとこ.
悴める身体湯船に溶けゆけり 凡士 4 智恵子.素秀.豊実.やよい.
電線にふくら雀の音符かな やよい 4 宏虎.たか子.豊実.むべ.
半眼の羅漢見上ぐる雪催 素秀 3 みづき.かかし.もとこ.
あたたかき野辺のベンチの修理跡 あひる 3 たかを.そうけい.凡士.
気嵐や河口にかかる冬の虹 智恵子 2 明日香.やよい.
寒稽古一心不乱声高し 宏虎 2 三刀.ぽんこ.
春探る絵も音楽も画面から 明日香 2 素秀.むべ.
小春日や天使の梯子降りて来る たか子 2 満天.みきお.
平穏に朝のキッチン寒の水 満天 1 たかを.
野に遊ぶトイプードルの多きこと せいじ 1 なおこ.
対岸の山笑ひ初む古戦場 せいじ 1 なつき.
寒風に乗る天津甘栗の香 豊実 1 あひる.
話尽きぬランチや阪神震災忌 こすもす 1 なおこ.
取り寄せの菓子を配りて女正月 なつき 1 うつぎ.
鎮魂の寒灯1.17と みのる 1 こすもす.
二十六才も若き日阪神震災忌 こすもす 1 宏虎.
冬籠る一日書道に暮れにけり あひる 1 かかし.
五時発の電車明るし日脚伸ぶ もとこ 1 智恵子.
冬雲の覆ふ天窓仄暗し むべ 1 みづき.
冬菜畑葉先地に垂る畝の数 そうけい 1 ぽんこ.
玻璃窓へ体当たりして霰ふる みのる 1 せいじ.

1月17日 (投句24名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
愚痴言はぬ小言も言はぬふところ手 もとこ 6 たか子.宏虎.そうけい.素秀.三刀.なつき.
連山に一灯点り寒に入る みづき 6 ぽんこ.満天.小袖.あひる.やよい.せいじ.
うれしくて少女の造る雪うさぎ みづき 5 たかを.豊実.智恵子.こすもす.なおこ.
どんどの火消えて居眠り祢宜の午後 あひる 4 素秀.三刀.せいじ.もとこ.
隙間風ことことと鳴る鍋の蓋 豊実 4 そうけい.むべ.菜々.うつぎ.
三寒の朝礼長し消防署 素秀 3 明日香.みづき.なおこ.
駄菓子屋に凧買ふ子らの至福顔 智恵子 2 ぽんこ.凡士.
鶴首の一輪の香や黄水仙 満天 2 宏虎.智恵子.
一茎の水仙凛と書院棚 みのる 2 音吉.みづき.
冬うららポンプの口の布袋 やよい 2 音吉.もとこ.
祢宜ひとりどんどの小火守りをり せいじ 2 満天.なつき.
小気味よきサクと白菜真つ二つ 凡士 2 たかを.あひる.
佃煮の鍋ぐつぐつと冬深し 素秀 2 小袖.凡士.
冬ぬくし隣のひとぞ歌声は 音吉 1 豊実.
もう飽きた自粛生活去年今年 宏虎 1 やよい.
久方の雨音嬉し寒の夜 たかを 1 こすもす.
賀状又読み返しては冬籠もる 菜々 1 うつぎ.
白日や力秘めたる枯柳 ぽんこ 1 むべ.
頬火照る少女空手の寒稽古 凡士 1 あられ.
ヒータ前一等席は肥えた猫 たかを 1 菜々.
竹林を透ける青空笹子鳴く やよい 1 明日香.
左義長やみかんは鳥へ残しやる なつき 1 たか子.
冴ゆる月薬師如来の瞑目す 音吉 1 あられ.

1月16日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
着膨れて余震の夜々を語りぐさ みのる 4 あられ.やよい.菜々.凡士.
機を織る風は近江の虎落笛 凡士 4 宏虎.小袖.三刀.みきお.
記念日の二つ重なり小豆粥 こすもす 4 なつき.せいじ.あひる.素秀.
木霊棲む峡を響もす大とんど うつぎ 3 やよい.たか子.凡士.
日だまりに転がる猫や春隣 みきお 3 せいじ.明日香.ぽんこ.
自粛なか客居ぬ店の宝船 智恵子 3 音吉.あられ.もとこ.
梅の香をまとひ法会の僧来たる 素秀 3 なつき.明日香.みきお.
枯蓮の幾何の迷路を鳥遊ぶ 凡士 3 あひる.満天.たか子.
一日の息災願い小豆粥 ぽんこ 2 智恵子.もとこ.
女正月漢三度の厨立ち 三刀 2 小袖.むべ.
浮島の葎が基地や鴨の陣 せいじ 2 智恵子.むべ.
福耳の大首仏笹子鳴く やよい 2 そうけい.三刀.
四方より投ずどんど火踊りけり なつき 2 たかを.ぽんこ.
寒晴の白富士見上ぐ渋滞道 むべ 2 満天.こすもす.
冬夕焼棚田の畦の切り絵めく 素秀 2 みづき.菜々.
竹林の輝く刹那冬入り日 あひる 2 そうけい.豊実.
近頃は資源別なるどんど焼き たか子 1 こすもす.
首に石首無し地蔵冬日差し たかを 1 豊実.
身じろぎもせずに青鷺池小春 やよい 1 みづき.
どんど焼煙を浴びて健やかに ぽんこ 1 宏虎.
コロナ禍に店を畳むと正月女 智恵子 1 たかを.
どんど焼き運終わりたる守り焼く もとこ 1 音吉.
お薄点て相撲観戦女正月 満天 1 素秀.

1月15日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
人日や昭和の御世も語りぐさ みのる 7 菜々.宏虎.素秀.たかを.三刀.たか子.うつぎ.
託されし老犬と吾春を待つ むべ 5 智恵子.せいじ.明日香.ぽんこ.もとこ.
牛の尾の左右に揺れて草萌ゆる 音吉 5 むべ.せいじ.みきお.もとこ.凡士.
長老の片肌脱ぎや弓始 なつき 4 智恵子.素秀.たか子.うつぎ.
雪雲の裾よりこぼる日射しかな やよい 3 あひる.明日香.小袖.
臘梅の日差しとどめて香を放つ 満天 3 あられ.むべ.小袖.
黄泉の国かくある景か枯れ尾花 潤道 2 三刀.音吉.
壁に貼る番付表や小正月 こすもす 2 ぽんこ.なつき.
陽だまりの冬芽ふっくら天を突く やよい 2 菜々.満天.
追憶碑ぽつんと残し川普請 なつき 1 やよい.
蝋梅の開花一輪空の青 豊実 1 こすもす.
風花のいつのまにやら吹雪きへと こすもす 1 宏虎.
腰下ろし伸ばす手に触る仏の座 智恵子 1 豊実.
喪中家に墨の匂ひの寒見舞 素秀 1 たかを.
幹に鍬枝に手拭ひ梅の花 潤道 1 豊実.
寒凪や無防備にふと外出す たか子 1 こすもす.
雪融けて球根伸びる植木鉢 明日香 1 満天.
夕暮の歩道迫り出す冬木の芽 せいじ 1 みきお.
ふんまえる自粛生活山眠る ぽんこ 1 あられ.
玄関を叩き屋根へと石叩 三刀 1 あひる.
煮凝りの鯛の目玉を戴きぬ 宏虎 1 凡士.
坪庭の余白を埋め草萌ゆる せいじ 1 なつき.
玉の日に透く蝋梅の濃き香り 智恵子 1 やよい.

1月14日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
どんど燃ゆ躍る炎の影法師 智恵子 8 音吉.あられ.宏虎.小袖.ぽんこ.なつき.明日香.凡士.
竹馬に親の背越ゆる笑顔かな 素秀 6 むべ.あられ.小袖.三刀.そうけい.たか子.
左義長の焦げあと残る郷の宮 こすもす 5 満天.智恵子.ぽんこ.やよい.たか子.
五箇山の“結い”でつなげる雪下ろし 凡士 4 せいじ.満天.あひる.みきお.
幼らの吉書コロナに負けるなと みのる 4 せいじ.やよい.こすもす.なつき.
なんとなく日差しやはらか春隣 明日香 3 宏虎.みきお.こすもす.
風花や掴めさうなり掴み得ず 宏虎 3 潤道.かかし.明日香.
梅の花なんの破寺満開ぞ 潤道 2 音吉.そうけい.
底冷えのいびつなへこみお砂踏み なつき 2 素秀.かかし.
おでん屋は稲荷の社前雪催ふ 凡士 2 邑.たかを.
直列に立ち尽くす鴨池凍る せいじ 2 智恵子.あひる.
初場所や小兵力士技多彩 宏虎 2 豊実.もとこ.
マスク出づ眉太く描く初鏡 なつき 1 邑.
冬日受け白の耀ふ鷺一羽 やよい 1 むべ.
さへずりの声掛け合ふや冬の鳥 むべ 1 たかを.
連凧や一糸乱れず揃い踏み もとこ 1 三刀.
故郷の菜花に出合う売り場かな あひる 1 潤道.
水鳥を浮かべて眠る印旛沼 音吉 1 凡士.
冠雪に遠山尾根をあらわにす 素秀 1 豊実.
界隈に一つの色や冬菫 たか子 1 もとこ.
那智黒に小雪舞い散る宮詣 ぽんこ 1 素秀.

1月13日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
白息の止まりて射手の矢を放つ なつき 9 ぽんこ.豊実.満天.せいじ.智恵子.素秀.たか子.三刀.うつぎ.
黎明に一柱立ちし大どんど みのる 5 宏虎.更紗.こすもす.たかを.やよい.
出初なる放水国生み島へ向け みのる 4 ぽんこ.満天.あひる.なつき.
しんしんと鹿の眉間を雪ぞ降る あられ 3 音吉.むべ.そうけい.
山道具部屋に亡夫の腁薬 むべ 3 たか子.あられ.たかを.
鰤起し伊根の舟屋を震はする 凡士 3 宏虎.音吉.みきお.
連凧の忙しく向きを変えにけり あひる 3 せいじ.明日香.うつぎ.
風に耐ふ冬たんぽぽの穂絮かな なつき 2 もとこ.凡士.
大垂氷木琴のごと弾きけり 凡士 2 小袖.智恵子.
三寸の紐に暴るる虎落笛 潤道 2 あひる.三刀.
初雪やふはりと包む庭の木々 満天 2 あられ.みきお.
追ひかけて孫の爪切る七日かな 潤道 2 素秀.こすもす.
脂浮く鰤のあら煮の甘きかな 素秀 2 もとこ.凡士.
戸を繰れば一変するや雪あかり 満天 1 更紗.
河渡る寒灯の貨車煌めけり もとこ 1 小袖.
風を受けしなる羽音や初烏 みきお 1 そうけい.
庭石に斑に積もる今朝の雪 明日香 1 むべ.
七連凧きらりと光る淀の風 あひる 1 なつき.
肉厚の葉に白雪のふんわりと せいじ 1 潤道.
雨音の止み六花舞ふ夕の黙 智恵子 1 豊実.
初吟詠鏡の湾に広がリぬ 三刀 1 やよい.
川氷る風の意のまま模様描き 明日香 1 潤道.
雨粒がいつしか雪に音も無く ぽんこ 1 明日香.

1月12日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
灯籠みな絆と記す阪神忌 みのる 6 そうけい.小袖.明日香.満天.もとこ.なつき.
百歳は近くて遠し福寿草 宏虎 6 ぽんこ.せいじ.たか子.素秀.豊実.三刀.
糟糠の妻もほろりと屠蘇の酔い 宏虎 4 あられ.せいじ.小袖.三刀.
奥能登の二重に構ふ風囲 凡士 4 音吉.やよい.なつき.うつぎ.
縫い初めや針山母の編みしもの こすもす 3 智恵子.たかを.凡士.
乙女の矢ふはりと落ちし弓始 なつき 3 あひる.潤道.明日香.
蝋梅のふふみて鈴の鳴るごとし あひる 3 ぽんこ.音吉.満天.
雪を抱く立木の見せる裏表 三刀 2 智恵子.そうけい.
手焙やぜんざいを待つ五番札 豊実 2 あひる.みきお.
老松の手当のごとく菰巻きす なつき 2 たか子.うつぎ.
日が恋し人が恋しと落葉焚き 潤道 2 やよい.豊実.
眠る山117と灯りけり みのる 2 あられ.たかを.
去年今年身辺整理続きけり もとこ 2 潤道.宏虎.
冬銀河ウルトラマンの星探す 凡士 1 もとこ.
初氷のこる蹲夕茜 智恵子 1 むべ.
疎らなる自転車置き場冬日和 みきお 1 こすもす.
大徳の早や晩酌と日短 潤道 1 素秀.
日当たりの綻ぶ冬芽見てゐたり 明日香 1 みきお.
応援の声さらひけり空っ風 たか子 1 こすもす.
粒ごとに光り溜めけり実南天 みきお 1 凡士.
欄干に川見て鳴けり冬の鷺 素秀 1 むべ.
隠れたる竜の髯の実探り当つ むべ 1 宏虎.

1月11日 (投句21名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
的中に姿勢揺るがぬ弓始 なつき 8 たかを.せいじ.はく子.素秀.あられ.たか子.こすもす.もとこ.
朝ぼらけ風紋のまま凍る川 明日香 8 豊実.音吉.菜々.そうけい.智恵子.みきお.なつき.うつぎ.
吹き荒ぶ厄除祈願初氷 豊実 6 明日香.素秀.ぽんこ.三刀.みきお.もとこ.
正月は百回したと母笑ふ 潤道 5 豊実.菜々.せいじ.こすもす.やよい.
弓始め零度の杜に集ひけり なつき 4 むべ.満天.三刀.やよい.
泥煙して身じろぐや寒の鯉 満天 3 あひる.明日香.たか子.
清掃日ほうき片手に御慶述ぶ たか子 3 ぽんこ.凡士.うつぎ.
神御座す天の真青に淑気満つ むべ 3 宏虎.小袖.あられ.
腰に来し一病なだむ去年今年 宏虎 3 はく子.なつき.邑.
氷瀑や巌に白き水の音 素秀 2 あひる.小袖.
幸せの写真満載せし賀状 みのる 2 潤道.宏虎.
寒禽や外人墓標苔むす字 ぽんこ 1 邑.
石磴の長きを見上げ初参り 智恵子 1 潤道.
屠蘇祝ふ妻に感謝の照れ臭し 宏虎 1 むべ.
アルバム繰る老いの茶の間へ冬日濃し 菜々 1 凡士.
黒豆のあと少しだけ鎮座せり もとこ 1 たかを.
今年もて最後と記す賀状多々 みのる 1 満天.
ポタポタと滴止まらぬ軒氷柱 こすもす 1 智恵子.
しみじみと寒の蜆をすする朝 凡士 1 そうけい.
軸見らず梅を見らずに客帰る 潤道 1 音吉.

1月10日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
舳先いま初凪の浦二タ分に みのる 10 智恵子.小袖.むべ.菜々.素秀.たかを.あひる.やよい.凡士.うつぎ.
初空に漁師の町の大漁旗 凡士 6 せいじ.宏虎.はく子.こすもす.やよい.もとこ.
里山の裾は日だまり大根干す 菜々 5 せいじ.満天.明日香.三刀.ぽんこ.
御院家の法衣膨らむどんど焼き 潤道 5 智恵子.豊実.たか子.なつき.たかを.
初凪を踏んまへて反る大架橋 みのる 4 潤道.あられ.かかし.邑.
骨酒に榾火に酔ひて山の宿 凡士 3 なつき.素秀.うつぎ.
受験生不寝の灯りや寒波来る むべ 2 あられ.豊実.
稜線の見え隠れする雪時雨 みきお 2 ぽんこ.凡士.
紅白の丑の落雁初茶の湯 なつき 2 音吉.こすもす.
初活けや立華の香り六角堂 音吉 2 満天.小袖.
リーモトの初糶始まる港町 みきお 2 はく子.三刀.
七草を持つ泥の手や母戻る 智恵子 2 潤道.もとこ.
目覚めれば向かいの屋根の雪明り やよい 2 菜々.明日香.
鷹匠の野に美しき佇まい 智恵子 2 たか子.むべ.
寒梅の日向に開き初む蕾 素秀 2 音吉.かかし.
新しき年バリカンで刈り上げし せいじ 1 邑.
北風や真っ直ぐ続く通学路 たかを 1 あひる.
カレーライスへソース代はりの寒卵 満天 1 宏虎.

1月9日 (投句24名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日だまりに鳩のふくらむ寒さかな 凡士 9 潤道.満天.素秀.むべ.みきお.たかを.ぽんこ.明日香.智恵子.
風花や自粛の街に踊りける もとこ 5 あられ.せいじ.はく子.なつき.こすもす.
師の寿ぎ句記して日記始めとす みのる 5 潤道.満天.菜々.せいじ.うつぎ.
肩ならべ老い励ましつ七日粥 小袖 4 あられ.むべ.かかし.もとこ.
はこべらを庭より足して薺粥 むべ 4 たか子.やよい.更紗.智恵子.
心身に刺さるひと言雪催 やよい 3 たか子.三刀.邑.
初詣一重瞼の巫女の舞ひ 潤道 3 音吉.豊実.みきお.
幼子のやうに泣く母雪催 更紗 2 なつき.もとこ.
あり合せなる三つ葉もて七日粥 せいじ 2 素秀.小袖.
雪しぐれ沖のタンカー見え隠れ 智恵子 2 はく子.明日香.
今も耳に七草囃す妣の声 やよい 2 菜々.ぽんこ.
陽にからみ日向啄む初雀 宏虎 2 たかを.小袖.
一年を託すに軽き破魔矢受く たか子 2 音吉.邑.
籠らずにおれぬ寒さや今日もまた 明日香 1 宏虎.
初詣人の背中を見るばかり 潤道 1 三刀.
動物の足跡数多雪野原 こすもす 1 更紗.
月冴ゆる書類の重き鞄かな 更紗 1 うつぎ.
一桶は神水仕込み味噌造る なつき 1 やよい.
冬ぬくし友に曳かれて脚曳いて たかを 1 凡士.
手水舎の水いただいて花八手 素秀 1 豊実.
真新し杉桶に搗く令和味噌 なつき 1 凡士.
ゴミの日を待つてましたと初鴉 みのる 1 こすもす.
出不精が習い性なる寒波かな 明日香 1 かかし.

1月8日 (投句26名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
くちびるに木の匙やさし若菜粥 更紗 9 たか子.むべ.音吉.宏虎.素秀.やよい.三刀.ぽんこ.あられ.
水涸れて地層の貝の息づかひ むべ 3 たか子.もとこ.うつぎ.
福笹に笑顔を吊るす娘かな 素秀 3 たかを.邑.もとこ.
福寿草小笹に隠れ子沢山 うつぎ 3 むべ.智恵子.小袖.
御慶のぶ心地に須磨の句碑めぐる みのる 3 せいじ.菜々.凡士.
泰然と淡路島あり初凪す みのる 3 潤道.素秀.小袖.
蝋梅の大豆ほどにも膨らみぬ せいじ 2 明日香.うつぎ.
侘助のかすかに揺るる風の色 ぽんこ 2 はく子.更紗.
金槌で叩いても無理鏡割 明日香 2 三刀.菜々.
人日や爪切る音も軽やかに 更紗 2 豊実.なつき.
仕事始め移動図書館パンダ号 やよい 2 こすもす.邑.
七草のなくて吾妻大根粥 音吉 2 豊実.なつき.
朝練の磴かけ登る白き息 智恵子 2 満天.やよい.
初御空真さをに鳶の笛澄めり 凡士 2 智恵子.あられ.
七種の名を言いながら青き食む たか子 2 潤道.宏虎.
寒に入る小雨と共に音も無く たか子 1 満天.
白マフラーギブスのごとく登校す なつき 1 こすもす.
白粥にあお味散らして七日粥 明日香 1 凡士.
大雪予報迎え撃つ気の買物へ こすもす 1 はく子.
初句会花びら餅も配られて はく子 1 更紗.
電線をすり抜け凧の高々と せいじ 1 明日香.
母がりの目覚めは七草たたく音 菜々 1 音吉.
薄味の妻の手加減七日粥 豊実 1 ぽんこ.
干網に回り道する浜千鳥 素秀 1 せいじ.
短日の遊ぶ子呼ぶよ母の声 潤道 1 たかを.

1月7日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
甲高き声の打ち合ふ初稽古 素秀 7 あられ.智恵子.豊実.ぽんこ.邑.三刀.凡士.
凧糸の弧の美しき初御空 せいじ 6 更紗.たか子.智恵子.小袖.明日香.うつぎ.
裸木へ散りては戻る群雀 満天 5 むべ.邑.三刀.はく子.もとこ.
獅子舞に付かず離れず中華街 智恵子 4 宏虎.素秀.菜々.なつき.
礼者顔してひそと来る雀かな たか子 4 せいじ.明日香.凡士.うつぎ.
メタセコイア枯れて天地の柱とす むべ 4 あられ.満天.やよい.ぽんこ.
冬紅葉逆さに池の静まりて やよい 4 たかを.せいじ.満天.こすもす.
凧糸の静かに唸る初御空 せいじ 3 たかを.みきお.こすもす.
金柑を庭に残して代替り 素秀 3 更紗.潤道.もとこ.
凍蝶や旅も終はりて塵の中 もとこ 2 たか子.むべ.
偕老の去年今年なき暮らしかな みのる 2 潤道.なつき.
落ちがつく周りに遅れ初笑ひ 凡士 2 音吉.素秀.
年玉を孫より貰い仏壇に ぽんこ 1 豊実.
青空に良く似合ひたり奴凧 こすもす 1 はく子.
初茜雄山の社染ゆけり 凡士 1 音吉.
日燦々夫いそいそと初田打ち 明日香 1 菜々.
墨を濃く達筆賀状俳句添へ はく子 1 宏虎.
それぞれに願いの絵馬や淑気満つ 宏虎 1 みきお.
電線の編隊組んで掛り凧 うつぎ 1 やよい.
雑音のラジオかまゐる夕時雨 潤道 1 小袖.

1月6日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
梅早し歩き初む子に抜かれゆく むべ 6 更紗.潤道.素秀.なつき.ぽんこ.もとこ.
淑気満つ千本鳥居通り抜け 凡士 5 明日香.豊実.やよい.こすもす.みきお.
寒禽の声透き通る神の森 やよい 5 満天.あられ.宏虎.音吉.三刀.
引く糸を切らんと凧の抗ひぬ みのる 4 素秀.たか子.ぽんこ.うつぎ.
初御空見慣れた山河晴れやかに 明日香 4 宏虎.凡士.みきお.はく子.
一賀状もて薄き縁つなぎけり みのる 4 小袖.邑.そうけい.凡士.
初仕事靴音響く晴の朝 満天 3 更紗.小袖.三刀.
過疎の村またひとしきり霰打つ 潤道 3 せいじ.豊実.むべ.
冬日影遍く照らす忠魂碑 ぽんこ 2 智恵子.うつぎ.
花殻を丁寧に摘む五日かな 更紗 2 たかを.むべ.
朝日受く初鳩並ぶ高架橋 なつき 2 たかを.明日香.
陽と花を活けて賀正の飾り窓 音吉 2 あられ.そうけい.
干支の丑いろいろ有りて年賀状 宏虎 2 智恵子.こすもす.
福豆を手にして眠る二歳かな みきお 1 せいじ.
狭庭来て蹲ゐあさる初雀 宏虎 1 邑.
手を突いて雪の階段神詣 豊実 1 たか子.
狛犬の阿の口ふさぐマスクかな 凡士 1 やよい.
竹林の幹青白く凍てにけり せいじ 1 なつき.
朝まだきしづる雪音旅の宿 智恵子 1 はく子.
灯明の透けて蝋梅奥座敷 素秀 1 もとこ.
菊の供花風化激しき無縁仏 ぽんこ 1 音吉.
美容師の妹来て春の始まるや 音吉 1 潤道.
小寒の湖にさざ波の煌めけり 智恵子 1 満天.

1月5日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
野鴉も景の一つや冬木立 せいじ 5 智恵子.はく子.たかを.三刀.こすもす.
単線に入れば始まる雪景色 こすもす 5 せいじ.素秀.邑.もとこ.うつぎ.
冬の潮跨ぐ架橋の海あかり たか子 4 音吉.潤道.ぽんこ.小袖.
小さき旅終へて我が家の雑煮かな たか子 4 むべ.更紗.たかを.なつき.
草を出て草に入りたる雪解水 潤道 3 せいじ.たか子.豊実.
師の遺訓つらぬかむとす去年今年 みのる 3 宏虎.豊実.なつき.
リハビリの成果確かや去年今年 やよい 3 更紗.たか子.明日香.
遠拝みしてコロナ禍の初詣 菜々 3 潤道.満天.明日香.
漬物と茶漬けの旨し四日かな うつぎ 3 やよい.三刀.邑.
瑞雲の心地よき今朝初景色 宏虎 3 智恵子.あられ.ぽんこ.
山くだる青年三日の風となれ 3 音吉.むべ.あられ.
倒れ込む白息の先襷継ぐ 豊実 2 宏虎.やよい.
御慶述ぶごみ袋手に集積所 やよい 2 もとこ.凡士.
其々の居場所にもどる四日かな もとこ 1 凡士.
初競りを見守る漁師真顔なる 智恵子 1 満天.
すれ違ふかすかな鈴の音破魔矢かな ぽんこ 1 はく子.
先頭で開かずの踏切待つ四日 なつき 1 うつぎ.
華やかなお召に襷歌留多取る 凡士 1 みきお.
読初の詩篇の背文字美しき むべ 1 素秀.
ゲーム機を箱に収める三日かな 豊実 1 小袖.
元日もラジオ体操欠かさざる みのる 1 こすもす.
波の来て夜に流さるる浮寝鳥 素秀 1 みきお.

1月4日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
永らへて共に白髪の祝箸 宏虎 5 小袖.智恵子.三刀.はく子.もとこ.
淀の風はらみぐんぐん凧揚る 菜々 5 宏虎.せいじ.ぽんこ.凡士.うつぎ.
初景色沖に孤高の島の影 三刀 5 むべ.豊実.宏虎.やよい.ぽんこ.
まっさらな空に光と吾子の凧 豊実 4 菜々.あられ.せいじ.素秀.
投扇の遊びを飾る老舗かな みのる 3 むべ.たか子.かかし.
初買ひは普段の惣菜ばかりなり 満天 3 邑.なつき.凡士.
青竹の梯子に躍る出初式 智恵子 3 素秀.明日香.こすもす.
御手洗は消毒液や初詣り たか子 3 やよい.はく子.こすもす.
初みくじ小吉なれど善きお告げ やよい 2 たか子.たかを.
弓始め烏帽子の射手の目や清し 凡士 2 あられ.かかし.
籠居の父と詣でる三日かな なつき 2 邑.うつぎ.
喰積のやうやう様になりにけり もとこ 2 菜々.豊実.
日章旗風の声聞く初詣 ぽんこ 2 音吉.智恵子.
双六や小さき賽の暴走す なつき 2 小袖.たかを.
初髪の祇園白川巽橋 凡士 1 音吉.
米俵奉納の宮淑気満つ たか子 1 三刀.
そそくさと御慶を交し立ち話 こすもす 1 なつき.
連凧を虜としたる大ポプラ みのる 1 もとこ.
年賀客初の招かぬコロナかな 宏虎 1 満天.
三日はや背戸の奥からカレーの香 1 明日香.
ハムスター小さき温もり雪時雨 みきお 1 潤道.
積雪や朝刊配るバイク音 かかし 1 潤道.
正月を返上の医師窓明り かかし 1 満天.

1月3日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
笛に舞ふ巫女あどけなき初神楽 智恵子 10 あられ.かかし.せいじ.宏虎.たか子.三刀.みきお.凡士.もとこ.はく子.
退院を待ち侘ぶ部屋の初明かり やよい 8 せいじ.満天.明日香.小袖.たか子.みきお.なつき.凡士.
白息を吐いて叔父貴の土佐なまり 素秀 4 豊実.あられ.音吉.ぽんこ.
交番に日の差し込んで鏡餅 凡士 4 豊実.音吉.素秀.やよい.
灯明を神へ仏へ屠蘇祝ふ うつぎ 3 満天.宏虎.やよい.
瀬戸内の海と言へども冬怒涛 たか子 3 かかし.明日香.はく子.
神在はす田にも畑にも雪解水 潤道 2 ぽんこ.なつき.
新年の抱負も問はぬ時代哉 音吉 2 潤道.三刀.
リクエストのピザ生地こねる二日かな なつき 2 邑.菜々.
山一つ越え切り餅の雑煮かな 素秀 1 むべ.
元旦やキャッチボールの音と風 豊実 1 邑.
猫出入り冬の窓辺のドアーマン たかを 1 もとこ.
パソコンに二礼二拍手初句会 かかし 1 こすもす.
年賀状の余白に多し願ふ健 満天 1 智恵子.
生き延びし吾に満ちたる初日かな むべ 1 潤道.
淑気満つ健康願ひ万歩計 かかし 1 小袖.
歌留多会孫の成長凄まじき 智恵子 1 こすもす.
仏壇に雑煮供へてお経せり 宏虎 1 智恵子.
牧師夫妻やもめを訪ぬ二日かな むべ 1 菜々.
初詣菊の御紋の由緒かな たか子 1 素秀.
羽子の音のみ空へと吸ひ込まれゆく せいじ 1 むべ.

1月2日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
初日さす沖にエールの汽笛かな みのる 9 あられ.邑.小袖.たか子.素秀.智恵子.ぽんこ.せいじ.うつぎ.
初空の茜に向かふ一番機 凡士 5 豊実.邑.素秀.せいじ.もとこ.
定年を迎える年の初日かな 豊実 4 小袖.潤道.みきお.凡士.
国産みの宮に凍てたるさざれ石 たか子 3 かかし.潤道.やよい.
年少の順が習ひと屠蘇を注ぐ せいじ 3 音吉.たかを.うつぎ.
蹲ひに揺るる松影淑気満つ 菜々 3 音吉.みきお.凡士.
大楠の枝の高きに初鴉 素秀 3 明日香.むべ.やよい.
コロナ禍やたった一人のお正月 やよい 2 宏虎.なつき.
卒寿来て電話も使ふ御慶かな 宏虎 2 かかし.三刀.
水平線ひかりの矢放ち初日の出 智恵子 2 はく子.なつき.
注連飾り玄関散らす雀どち 満天 2 そうけい.ぽんこ.
海凍てて潮目くっきり青と藍 たか子 2 明日香.こすもす.
首筋の斜交ふ先に初神楽 潤道 2 豊実.三刀.
鎮守の杜神鼓響けり淑気満つ 宏虎 2 満天.そうけい.
ふっくらと煮あげ黒豆病舎にも やよい 2 たかを.たか子.
雲の端の截金のごと初日の出 明日香 1 はく子.
しんなりと着なす春着の裾さばき 素秀 1 宏虎.
除夜の鐘お重に煮しめ詰め居れば 菜々 1 こすもす.
初日の出西の月にも手を合わせ 明日香 1 もとこ.
はつはるの路地こぼれ聴く笑ひ声 智恵子 1 あられ.
初夢は笑顔で集ふ初句会 みのる 1 智恵子.
故郷の山河一面雪景色 三刀 1 満天.
木に乗るや正月の凧ひと休み もとこ 1 むべ.

1月1日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
最終の飛機の尾灯や大晦日 凡士 4 音吉.せいじ.あられ.うつぎ.
めくばせで女給を仕切るマスクかな みのる 4 たかを.豊実.むべ.うつぎ.
失ひし日常惜しみ日記果つ たか子 4 潤道.邑.満天.こすもす.
年惜しむ明日は欠けゆく月にさへ 菜々 4 音吉.素秀.小袖.たか子.
恵まれて初の曾孫へお年玉 宏虎 4 智恵子.やよい.明日香.はく子.
暫くは換気も兼ねて寒の月 こすもす 4 やよい.たか子.はく子.もとこ.
毛づくろい猫も聞いてる除夜の鐘 たかを 3 宏虎.凡士.菜々.
注連縄をくぐる朝日や夫婦岩 智恵子 3 むべ.小袖.かかし.
幾筋も襞を見せつつ山眠る こすもす 3 豊実.せいじ.満天.
誰も来ぬ初めて二人晦日蕎麦 ぽんこ 2 智恵子.三刀.
観覧車に電飾見下ろし年惜しむ はく子 2 あられ.なつき.
寝る猫の耳動きたる除夜の夜 素秀 2 こすもす.もとこ.
青白き静寂を統べる冬満月 むべ 2 宏虎.明日香.
潮目分け海峡大橋冬またぐ たか子 2 ぽんこ.凡士.
コロナ禍の日々の空白日記果つ みのる 2 なつき.菜々.
冬麗や明石大橋影絵のごと ぽんこ 1 かかし.
元旦や数え年など頂いて 音吉 1 潤道.
何処の鐘知らねど一打去年今年 凡士 1 素秀.
団子花猫に思はず赤ちゃん語 音吉 1 たかを.
数へ日や手張の余白埋まらず みきお 1 ぽんこ.
コロナ禍の淡々と生く去年今年 もとこ 1 三刀.
貫くはニューノーマルや去年今年 せいじ 1 邑.

12月31日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒柝の遠ざかるまで窓を開け 豊実 5 菜々.せいじ.たかを.智恵子.たか子.
寒の月磨き上げたる玻璃窓に せいじ 5 智恵子.満天.やよい.三刀.こすもす.
寒柝や裏拍取らむ犬の声 むべ 4 あられ.素秀.なつき.もとこ.
藁匂ふ大注連縄や鷲の門 素秀 3 せいじ.明日香.三刀.
年の瀬やウーバーイーツ駆け抜ける もとこ 3 むべ.みきお.はく子.
泣き顔や取るまで待とう歌留多取り 音吉 3 あられ.みきお.豊実.
湯薬師に合掌長きショールかな みのる 2 たかを.ぽんこ.
字たらずのような一日冬籠 2 豊実.はく子.
年越しやリモート結ぶ孫の顔 あられ 2 むべ.宏虎.
水拭きの末社の木の香小晦日 なつき 2 素秀.もとこ.
除夜の鐘思い新たな親不孝 潤道 1 音吉.
さっぱりと纏うもの無し冬木立 こすもす 1 ぽんこ.
霙降る生駒峯をまず隠しつつ たか子 1 明日香.
コロナ禍で帰省叶わぬ孫へメール 三刀 1 宏虎.
初芝居昔の恋は直ぐ心中 宏虎 1 凡士.
美しき言の葉つづる初句会 宏虎 1 やよい.
仏壇に三粒転がる実千両 ぽんこ 1 こすもす.
雨の日は骨休めして小晦日 せいじ 1 なつき.
きんとんの味見に子らの目が光る 智恵子 1 菜々.
節料理鍋もコンロもフル回転 明日香 1 潤道.
枯れるものすべて枯れきり冬ざるる みきお 1 満天.
福袋千手観音押し掛ける 潤道 1 音吉.
歳晩のデパ地下妻を見失ふ 凡士 1 潤道.
白糸の細き流れや滝氷る 智恵子 1 たか子.
リモートがつなぐ絆や年送る あられ 1 凡士.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site