成績一覧

過去一覧

11月29日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
銀杏枯れイルミネーション身に纏ふ 凡士 6 音吉.三刀.みづき.満天.こすもす.小袖.
ドヤ街の焚火にあたる巡査かな みのる 6 音吉.むべ.智恵子.満天.なつき.やよい.
書きあぐね返事は後の蜜柑かな むべ 6 せいじ.豊実.素秀.あられ.もとこ.凡士.
冬涛のアッパーカット食ふ舳先 みのる 5 三刀.せいじ.宏虎.はく子.菜々.
冬暖か寺に後継ぎ生まれけり はく子 5 みきお.こすもす.小袖.やよい.菜々.
千羽鶴置かれし棺冬銀河 こすもす 3 たかを.なつき.みきお.
終の部屋句帳と猫と燗熱く 潤道 3 みづき.素秀.かかし.
若き松小さきなりに菰巻かれ たか子 2 はく子.凡士.
クレーンの旋回範囲冬日向 みきお 2 たかを.たか子.
幾たびも目覚め一人の夜半の冬 やよい 2 宏虎.あられ.
短日や時計に手術の成果あり 音吉 1 ぽんこ.
港へと続く坂道冬日和 素秀 1 むべ.
石たたきしばらく叩き意を決す たか子 1 豊実.
黄泉行きは十人十色木の葉散る 宏虎 1 潤道.
枯野原境界石を打ちし跡 素秀 1 たか子.
余生とは母木離れし木の葉かな 宏虎 1 潤道.
西日さす家屋の壁に冬の蝿 三刀 1 ぽんこ.
落葉掃き箒二本を使ひ分け なつき 1 智恵子.
着る機会ないかも知れぬオーバーよ 明日香 1 かかし.
母臥し居寒灯なれど温かし 凡士 1 もとこ.

11月28日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひと揺らぎして冬空へ湯のけむり たか子 6 たかを.なつき.せいじ.宏虎.菜々.凡士.
流木をあつめて蜑の朝焚火 みのる 5 智恵子.豊実.むべ.三刀.やよい.
元気と添へ父の代理の賀状書く なつき 4 明日香.こすもす.あられ.ぽんこ.
浜の朝蜑の焚火をご相伴 みのる 4 せいじ.そうけい.こすもす.はく子.
山茶花の覆いとなすや石仏 ぽんこ 4 たかを.智恵子.小袖.もとこ.
僧院の崩れし壁や寒椿 智恵子 4 満天.むべ.みきお.凡士.
残照に溶けて鍬おく冬の耕 凡士 3 そうけい.ぽんこ.もとこ.
冬ざるる京街道の関所跡 せいじ 3 なつき.三刀.はく子.
笑みたまふ八釣地蔵や冬帽子 明日香 3 素秀.あられ.たか子.
作務太鼓白息乱舞永平寺 潤道 2 満天.みきお.
警策に砂紋の揺らぐ寒修行 音吉 2 豊実.素秀.
冬紅葉色を尽して残りけり 宏虎 2 潤道.小袖.
指定席は暖房のそば家の猫 こすもす 1 やよい.
豪邸の取り壊わされて今朝の冬 みきお 1 音吉.
冬川の映る雲間に昼の月 もとこ 1 明日香.
佐渡へ来て炭焼女の無口なり むべ 1 たか子.
紅葉散る公園抜けて絵画展へ 満天 1 菜々.
合掌の一声終る寒修行 潤道 1 音吉.
色が抜け渺渺として枯野かな 明日香 1 宏虎.
冬の鵙南大門に鋭声かな 凡士 1 潤道.

11月27日 (投句23名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寄り道の旅の足湯にしぐれけり みのる 7 たかを.たか子.せいじ.小袖.素秀.豊実.あられ.
炎より炭掻き出すや煤け顔 かかし 5 智恵子.三刀.そうけい.ぽんこ.こすもす.
洞門の手掘りの跡やそぞろ寒 たか子 4 小袖.明日香.みきお.凡士.
冬ざれや草食む鹿の息白し あられ 3 むべ.みきお.凡士.
近江路の冬田突つ切る新幹線 凡士 3 満天.明日香.はく子.
街路樹の落葉して空広がりぬ 満天 3 宏虎.こすもす.もとこ.
ぬきんでし主峰冬日をひとりじめ みのる 3 たか子.せいじ.素秀.
湯けむりは大地の呼吸冬空へ たか子 3 三刀.ぽんこ.はく子.
酉の市三本締めの左見右見 智恵子 2 たかを.なつき.
山茶花やひと日ひと片八重の散る むべ 2 満天.そうけい.
木漏れ日に鈴なりの絵馬神の留守 なつき 2 あられ.もとこ.
大鷲の星を宿して悲しき眼 素秀 2 音吉.むべ.
病室に灯り次々冬の暮 みきお 1 潤道.
湯たんぽを打楽器のごと母あやす かかし 1 なつき.
巻尺で畝を測りて冬菜畑 なつき 1 智恵子.
オカリナの音の響きや落葉道 ぽんこ 1 潤道.
夕日差し月も浮かぶる枯れすすき もとこ 1 宏虎.
竹林のざわざわとして冬ざるる せいじ 1 豊実.
参道の真ん中行かず踏む紅葉 こすもす 1 音吉.

11月26日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小夜更けて妻とひと時玉子酒 せいじ 6 あられ.智恵子.三刀.菜々.小袖.もとこ.
サハリンを飛び石として白鳥来 音吉 6 潤道.みなみ.もとこ.みきお.むべ.たか子.
二上山を浮き上がらせて冬の霧 明日香 5 音吉.あられ.満天.ぽんこ.はく子.
ネオンの字欠くる駅裏冬の月 なつき 5 宏虎.むべ.豊実.こすもす.ぽんこ.
故郷の終着ホーム寒昴 素秀 4 音吉.三刀.みきお.なつき.
灯下親し毎日句会を晩学に 菜々 3 みなみ.小袖.かかし.
庭中にイルミネーション冬支度 なつき 2 せいじ.明日香.
若き沙弥落葉地獄をなげきけり みのる 2 せいじ.菜々.
突堤に竿刺す先の黒海鼠 智恵子 2 素秀.たか子.
花屋から色あふれでて冬晴るる もとこ 2 潤道.明日香.
縄のれん男四人のおでん酒 みきお 2 宏虎.智恵子.
日差し受け車椅子へと散紅葉 満天 2 たかを.かかし.
湯気立ちて水足すだけの一日かな 潤道 1 素秀.
窓の外湯煙の街冬ざるる たか子 1 なつき.
粕汁の最後の底の粗旨し 豊実 1 凡士.
鮮やかさ日一日と花キャベツ こすもす 1 凡士.
小春日や坐る場所決め三毛の猫 宏虎 1 満天.
ドッチボール的が外れし落葉風 ぽんこ 1 豊実.
綿虫にひと雨きそふ曇り空 満天 1 たかを.
寒き朝雲水列なし托鉢へ 凡士 1 こすもす.
懐手の祖父は強もて無口なり みきお 1 はく子.

11月25日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
丸き背に北風いなす川渡し 素秀 8 潤道.智恵子.そうけい.満天.こすもす.あられ.ぽんこ.たか子.
舗装路を持ち上ぐ木の根初氷 みきお 5 むべ.智恵子.そうけい.明日香.もとこ.
鐘楼に並べて干され長大根 こすもす 5 せいじ.三刀.みきお.豊実.たか子.
雀どち稲架に潜りて日向ぼこ 智恵子 3 むべ.満天.あられ.
冬うらら文様石の角まろし 明日香 3 素秀.小袖.ぽんこ.
帰り花ひとつ彩り義経像 素秀 3 音吉.なつき.凡士.
柿落葉風がトランプめくりする みのる 2 菜々.凡士.
鉄錆の湯船に仰ぐ冬の月 たか子 2 音吉.みきお.
冬ざれし山を遥かにエアーポート たか子 2 宏虎.明日香.
山茶花の白が秀でる鄙の家 ぽんこ 2 たかを.もとこ.
主役一人に付き添い数多七五三 こすもす 1 宏虎.
笹鳴きやかはたれどきの猪名の道 凡士 1 菜々.
片付けしスーツケースや冬に入る もとこ 1 なつき.
神迎へコロナ拡大終息を 満天 1 こすもす.
朴の葉の大きく揺れて落ちにけり みきお 1 せいじ.
銀輪のきらめく交差点小春 せいじ 1 潤道.
校庭を鍬持て渡る冬うらら あられ 1 豊実.
ママママとパパもママママ七五三 潤道 1 たかを.
格差の世なれど勤労感謝の日 むべ 1 三刀.
冬ざるる芦原橋の工場群 音吉 1 素秀.
三島忌や破片大きなマグカップ なつき 1 小袖.

11月24日 (投句21名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
暮れゆきて枯野に遠き山家の灯 凡士 6 智恵子.豊実.素秀.満天.ぽんこ.みきお.
大楠の洞を深めて冬の雨 はく子 6 音吉.潤道.満天.明日香.たか子.もとこ.
手袋の十円温し駄菓子店 素秀 4 むべ.あられ.小袖.みきお.
硝子戸の日差しにひそみ冬の蝶 もとこ 4 たかを.せいじ.たか子.凡士.
掛け流し湯船に母と紅葉宿 智恵子 3 宏虎.明日香.凡士.
ルンバにも休みを勤労感謝の日 凡士 2 なつき.もとこ.
足裏にほど良き刺激落葉踏む みきお 2 ぽんこ.こすもす.
湯豆腐をそろりと掴む箸の先 豊実 2 むべ.あられ.
カッターボート今練習中湾小春 こすもす 1 音吉.
冬雷の遠きに光る安置室 素秀 1 豊実.
妻に酒つぎて勤労感謝の日 せいじ 1 宏虎.
懐手ときてひとこともの申す みのる 1 たかを.
枯木立灯る電飾街明り 智恵子 1 こすもす.
地下足袋を干す勤労感謝の日 みきお 1 なつき.
蒼天を広き庭とすのすりかな むべ 1 素秀.
鍬洗い腰を下ろして芋あらふ 潤道 1 智恵子.
旅の夜小樽運河に雪の舞ふ 音吉 1 小袖.
惜秋の旅はグルメと寺詣で 菜々 1 潤道.
暮れなづむ琵琶湖眼下に秋惜しむ 菜々 1 せいじ.

11月23日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
田仕舞いの煙一本枯野原 こすもす 9 たか子.潤道.智恵子.音吉.三刀.むべ.もとこ.凡士.小袖.
錦繍の野山が真下ロープウェイ せいじ 5 宏虎.こすもす.みきお.はく子.菜々.
山茶花や咲き初めて母偲ばるる あられ 4 たか子.宏虎.智恵子.音吉.
綱渡りロープに小猿日向ぼこ 素秀 3 せいじ.みきお.なつき.
予報見て切干作る日曜日 明日香 2 こすもす.菜々.
水陸を自由行き来鴨の群 みきお 2 明日香.みなみ.
冬の月研ぎ澄まされし雲もなし 満天 2 豊実.たかを.
園丁の黙々仕上ぐ冬囲い こすもす 2 満天.明日香.
冬青空プロペラ音の切り裂けり むべ 2 ぽんこ.なつき.
師の句碑の母校に今にもみぢ照る はく子 2 素秀.みなみ.
滄溟へ見送る落葉風見鶏 智恵子 2 素秀.あられ.
死に損ね抉れし胸や冬の温泉に たかを 1 潤道.
くさめして肩をすくめる電車かな たか子 1 豊実.
労れて労りながら蓮根掘る 宏虎 1 凡士.
奥飛鳥女淵の瀞や冬日影 明日香 1 あられ.
GOTOのポスターを貼る駅寒し みのる 1 三刀.
軽トラにみゆき流して冬耕す 凡士 1 せいじ.
噴水を左右に分かれ鴨の群 なつき 1 むべ.
駅伝皆息白くた走しれり 宏虎 1 小袖.
細流の滲みる岨道踏む落葉 豊実 1 ぽんこ.
御神杉凍て道守り八百年 音吉 1 満天.
菜園の朝日に艶の冬菜畑 満天 1 はく子.
冬菜喰み駱駝の口の止まらざる 素秀 1 たかを.
冬ぬくしスタバの壁にマンハッタン 凡士 1 もとこ.

11月22日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
国訛り抜けぬともがら冬うらら はく子 8 音吉.たか子.満天.あられ.たかを.小袖.なつき.凡士.
堂塔の風鐸鳴らす紅葉風 智恵子 5 かかし.せいじ.たかを.素秀.ぽんこ.
遠方の友より便り花八手 むべ 5 豊実.ぽんこ.みきお.三刀.こすもす.
鴛鴦二匹阿吽に向きを変へにけり みのる 3 潤道.宏虎.素秀.
3歳の双子の笑顔小春かな みきお 3 小袖.明日香.こすもす.
降る雪や復興半ば家の跡 音吉 3 むべ.あられ.凡士.
山の辺の蜜柑大盛無人店 明日香 3 豊実.菜々.もとこ.
株高に神農祭も浮かれがち 宏虎 2 菜々.もとこ.
小春日や知る子の俳句校門に 満天 2 音吉.みきお.
木の葉降る弘法さんの賑ひに 凡士 2 たか子.はく子.
日当たりに素麺干すや初瀬川 明日香 2 むべ.三刀.
ひっそりと芳香放ちて枇杷の花 智恵子 2 潤道.満天.
大揺れの皇帝ダリアしまき雲 こすもす 1 明日香.
せせらぎの秘めやかにして冬の山 せいじ 1 智恵子.
散紅葉色鮮やかな用水路 満天 1 宏虎.
神庭の草の葉叩く石たたき ぽんこ 1 せいじ.
尾根小春須磨アルプスを遠望す せいじ 1 智恵子.
止血帯巻きうそ寒の検査室 素秀 1 なつき.
迫るかと見せて逡巡冬将軍 たか子 1 はく子.
斜度6度上る坂道柿紅葉 みきお 1 かかし.

11月21日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
塾帰り最後は走る枯野道 凡士 4 たかを.豊実.小袖.うつぎ.
紅葉燃ゆ千歳の古刹埋め尽くし 菜々 4 智恵子.あられ.みきお.はく子.
錦繍や糺の森の天も地も みのる 4 せいじ.たか子.あられ.凡士.
回廊をみな白足袋の僧侶かな 素秀 4 音吉.三刀.せいじ.うつぎ.
引っ越しや新表札に冬日射す 音吉 3 宏虎.なつき.明日香.
日本海は群青色や小春凪 こすもす 3 なつき.小袖.はく子.
錦繍の坩堝といはむ法紅葉 みのる 2 智恵子.もとこ.
先生は米寿勤労感謝の日 凡士 2 たか子.素秀.
一山の燃えんばかりや紅葉寺 菜々 2 宏虎.満天.
眠るには惜しい山々冬紅葉 明日香 2 三刀.豊実.
紅葉の寺社に御朱印いただきぬ こすもす 2 みきお.ぽんこ.
冬の暮烏も道に迷いおり あられ 1 凡士.
大海の色を込めたる葡萄かな みきお 1 明日香.
黄葉づれるいてふ塒のすずめどち はく子 1 ぽんこ.
十六羅漢並ぶ石像散る紅葉 みきお 1 満天.
滝涸るる人みな口をあんぐりと せいじ 1 たかを.
突風に落葉空へと金散らす 智恵子 1 潤道.
生垣に絡み鈴成るピラカンサ 智恵子 1 むべ.
神杉に白蛇いると神の留守 ぽんこ 1 音吉.
おでん鍋くつくつ風の強くなリ 三刀 1 むべ.
寒暮来て鴉のいよよ黒く冴え むべ 1 もとこ.
目礼にせよとの御触れ冬登山 せいじ 1 こすもす.
路地裏のプロのおでんの御品書き 豊実 1 素秀.
ボジョレヌーボーひと口飲めばパリの空 たか子 1 潤道.
対話無く買い物の済むレジ寒し たか子 1 こすもす.

11月20日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
萩刈つて屑うちこぼす斎庭かな みのる 3 智恵子.明日香.凡士.
赤信号木の葉時雨を浴びてをり 明日香 3 かかし.豊実.あられ.
侘助の咲き初む無垢のおちょぼ口 智恵子 3 たかを.はく子.もとこ.
身の内にあふるる命冬木の芽 明日香 3 たか子.みきお.こすもす.
山門にどうぞと花梨山盛りに こすもす 3 菜々.素秀.むべ.
石蕗の花今盛りなり留守の寺 こすもす 3 満天.素秀.たか子.
岩となる辻の仏や冬の月 なつき 3 せいじ.明日香.ぽんこ.
夕暮をゆるりと舞ふや雪蛍 満天 2 あられ.むべ.
還暦にボジョレヌーボー色若し 豊実 2 もとこ.なつき.
切り裂きて烏一声冬の空 あられ 2 豊実.ぽんこ.
冬の旅瀬戸の夕日に島の影 音吉 2 宏虎.みきお.
収容所跡の日暮れてなべ鶴来 素秀 2 せいじ.たかを.
紅葉を惜しむ間もなく日の暮るる みきお 2 潤道.満天.
布引の滝涸れて糸引くごとし せいじ 2 かかし.小袖.
天空の散華の如く銀杏散る 菜々 1 みなみ.
散紅葉幼座らせシャッター切る ぽんこ 1 こすもす.
小春日に破顔一笑ハイパチリ たかを 1 三刀.
村境枯木一本凛と立つ たかを 1 三刀.
枯葉にも裏表あり我もまた みきお 1 智恵子.
黄金の絨毯ひろげに銀杏散る 菜々 1 宏虎.
冬がすみ乳房のごときガスタンク せいじ 1 音吉.
出来如何ボジョレ栓抜く冬うらら 凡士 1 潤道.
検温し入る団子屋小六月 なつき 1 凡士.
プラタナス木の葉時雨の一直線 凡士 1 なつき.
落葉掃く折角寄せて施風(つむじかぜ) 宏虎 1 はく子.
コロナ禍に増す団欒や鰤捌く 智恵子 1 菜々.
老衰が枯蟷螂の死因かな 潤道 1 音吉.
黄葉づれる銀杏並木に遅速あり はく子 1 みなみ.

11月19日 (投句23名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
流星雨疫禍の暗き世に降りぬ むべ 4 小袖.あられ.智恵子.なつき.
下校の児缶を蹴りつつ小春かな たか子 3 もとこ.みきお.豊実.
枯蓮の水面に映すおのが影 凡士 3 やよい.三刀.明日香.
冬夕焼山の稜線後光めく ぽんこ 3 宏虎.満天.こすもす.
出立は澪標より鴨の陣 素秀 3 せいじ.たかを.もとこ.
全色をパレットに出し冬紅葉 明日香 3 満天.豊実.凡士.
爽やかや小紋きりりと案内嬢 菜々 3 音吉.ぽんこ.はく子.
三輪山の登る階神の留守 ぽんこ 2 素秀.凡士.
半日を笑ふて小春の落語会 菜々 2 ぽんこ.三刀.
コロナ禍に幕間の咳も耐えてをり 豊実 2 潤道.菜々.
六甲の泰然として冬に入る 宏虎 2 やよい.潤道.
プリンター不機嫌となる冬はじめ 三刀 2 菜々.明日香.
山門を荘厳したる法紅葉 みのる 1 智恵子.
湯豆腐や鞍馬山越へ川の宿 もとこ 1 はく子.
枯れ薄墨絵のごとく火灯窓 智恵子 1 素秀.
冬紅葉空の碧色映えにけり 宏虎 1 あられ.
高みから見下ろす皇帝ダリアかな みきお 1 小袖.
駅裏の道辿り来て茶の木咲く あられ 1 音吉.
山粧ふ三山ことに畝傍山 凡士 1 なつき.
冬支度ポツトの色も赤にして 潤道 1 こすもす.
大銀杏境内占める黄葉かな みきお 1 宏虎.
駕籠吊るす旧家の庭の寒椿 明日香 1 みきお.
木の根道抜けて見上げり昼の月 なつき 1 たかを.
散紅葉掬ひ投げあふ子ら楽し みのる 1 せいじ.

11月18日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
舌頭に飴玉あそぶ小春かな みのる 7 たかを.やよい.ぽんこ.三刀.みなみ.なつき.小袖.
又ひとり増えて小春の縄電車 菜々 6 智恵子.たかを.素秀.はく子.なつき.凡士.
玉砂利に草履を噛まれ七五三 宏虎 6 せいじ.やよい.ぽんこ.三刀.小袖.むべ.
大輪の菊のほどける出窓かな みきお 5 せいじ.宏虎.明日香.あられ.みなみ.
冬日射す釈迦の仏頭浮かぶごと なつき 3 宏虎.明日香.もとこ.
降りやまぬ木の葉両手で受ける児ら こすもす 3 満天.豊実.もとこ.
荒寺の縁に冬日の溜りをり 音吉 2 智恵子.素秀.
池小春杭かと見れば亀の首 みのる 2 豊実.こすもす.
江の島を塒の鳶冬の海 智恵子 2 音吉.はく子.
冬紅葉満を持しての散華かな 明日香 2 たか子.凡士.
父親の情を知らずや時雨来る 宏虎 1 むべ.
紅葉寺白壁並ぶ人力車 智恵子 1 音吉.
大神神社杉玉掲げ新酒祭 ぽんこ 1 菜々.
公会堂照らす紅葉と川明かり たか子 1 満天.
北の空最初に探す冬北斗 豊実 1 潤道.
菊人形小菊の袴軽やかに なつき 1 菜々.
真っ青に太るサボテン冬よそに 音吉 1 こすもす.
跳べさうで跳べぬ跳箱冬はじめ 凡士 1 みきお.
山茶花の垣に団欒灯の漏れる 素秀 1 みきお.
冬に入る砂利音高き御陵道 はく子 1 たか子.
色極め凜と立ちたる冬薔薇 満天 1 あられ.
黄昏に目印となる花八つ手 たか子 1 潤道.

11月17日 (投句24名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
花嫁の菓子ほろ甘き小春の日 素秀 6 潤道.宏虎.あられ.たかを.小袖.なつき.
浮灯台涛ににまたたく冬の海 みのる 4 たかを.素秀.音吉.はく子.
紅葉寺苔に寝転ぶ稚児地蔵 智恵子 4 あられ.明日香.ぽんこ.なつき.
磨崖仏今し紅葉の額の中 智恵子 4 小袖.やよい.菜々.こすもす.
大いなる夕日のみこむ冬の海 みのる 4 せいじ.満天.みきお.凡士.
丹波路の朝立つ霧に僧の影 凡士 3 むべ.素秀.音吉.
冬温し地元力士の決り手に 満天 3 明日香.はく子.もとこ.
街路樹も色を重ねて冬に入る みきお 3 智恵子.やよい.三刀.
水鳥の暮れて集まる澪つくし 素秀 2 せいじ.三刀.
ちりめんの機織る音や冬の月 凡士 2 むべ.もとこ.
鵙日和日射しあまねし神の森 やよい 2 智恵子.満天.
石に苔こけに紅葉や高源寺 音吉 2 こすもす.凡士.
枕木の炎の記憶枯野原 豊実 2 ぽんこ.たか子.
夫の書庫静かな匂い秋深む みづき 1 豊実.
冬日射す大和三山靄の中 ぽんこ 1 みきお.
帰路にとる裏参道に石蕗灯る せいじ 1 たか子.
綿虫のやや青味おび夕まぐれ 明日香 1 豊実.
明日無きも菊人形の安堵かな なつき 1 潤道.
冬夕焼見ているだけで晴れ晴れす 明日香 1 宏虎.
門前を満天星紅葉明かるうす せいじ 1 菜々.

11月16日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
菰巻きの荒縄匂ふ松並木 みきお 9 満天.智恵子.宏虎.みづき.ぽんこ.あられ.なつき.凡士.やよい.
廃線の錆浮く鉄路草紅葉 みきお 7 智恵子.音吉.素秀.みづき.豊実.ぽんこ.なつき.
水鳥の助走の長き水しぶき ぽんこ 5 たかを.明日香.宏虎.はく子.みきお.
五箇山を連ぬ庄川霧に浮く 凡士 3 音吉.素秀.小袖.
振袖に運動靴の七五三 ぽんこ 3 三刀.あられ.みきお.
滝雲の雪崩れて真白紅葉山 智恵子 2 はく子.せいじ.
双眼鏡なかなか合わず冬の鳥 明日香 2 やよい.こすもす.
倒木の多き木立や神の留守 せいじ 2 小袖.もとこ.
山門に仁王立して黄落す みのる 2 むべ.もとこ.
夕時雨会いたる事も京土産 宏虎 2 潤道.せいじ.
吉宗てふ馬も飼ゐて城小春 やよい 2 たか子.明日香.
急坂をゆるりと登る小春かな 豊実 1 三刀.
冬耕や人の後付く鳥の距離 たか子 1 たかを.
裸婦像に触れて滑るか木の葉散る 宏虎 1 満天.
一時をコスモスロードの風と成る 三刀 1 たか子.
ハイウェイ潜るトンネル冬の虹 智恵子 1 こすもす.
路地の猫顔出す処花八ッ手 たか子 1 凡士.
公園の遊具禁止や冬寒し 満天 1 豊実.
菊の香や三つ指をつくお福さん なつき 1 潤道.
配達夫いつもと違ひ歳暮るる 素秀 1 むべ.

11月15日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
肩たたきの小さきげんこつ冬温し なつき 5 満天.やよい.こすもす.たかを.凡士.
冬温し関守のごと露地の猫 たかを 4 素秀.三刀.やよい.もとこ.
冬紅葉吸ひ込むごとき空の青 満天 3 あられ.宏虎.はく子.
鐘突けば粧う山へ余韻かな たか子 3 あられ.みづき.もとこ.
照紅葉ご神体染め憤怒仏 ぽんこ 3 音吉.満天.みづき.
まほろばの地に先遣の鶴三羽 三刀 3 音吉.せいじ.素秀.
大銀杏愛でて明日から落葉掃き 凡士 3 智恵子.みきお.菜々.
湯畑のけむりに霞む紅葉山 智恵子 2 せいじ.はく子.
裏庭の畝一本や冬菜畑 こすもす 2 凡士.明日香.
スイッチの紐つぎ足して炬燵守り 潤道 2 なつき.豊実.
陽だまりに山茶花の白なほ白し やよい 2 智恵子.明日香.
肥の落葉天地返しす好々爺 みのる 2 かかし.ぽんこ.
匙ゆくりとりこみゆきて葛湯かな 素秀 1 たか子.
蹲へ音のかすかに散紅葉 やよい 1 菜々.
冬立ちて辻占を聞く外明かり 素秀 1 なつき.
小春日や無農薬野菜完売す 満天 1 かかし.
星月夜人居ぬ無人駅の黙 智恵子 1 三刀.
冬めくや明日のゴミを捨てる夜 豊実 1 潤道.
テニス場コーチの叱咤今朝の冬 ぽんこ 1 宏虎.
丹沢の山並み遠し冬日和 むべ 1 みきお.
めり込みし団栗あまた詣で道 せいじ 1 たかを.
残照に鈍色映へて枯芒 凡士 1 こすもす.
箒目の正しき狭庭紅葉散る みづき 1 ぽんこ.
暮早し取込み急ぐ濯ぎもの こすもす 1 たか子.
散りそうで散らない一葉(ひとは)柿紅葉 みきお 1 豊実.
冬ざるる好きなココアを熱くして 宏虎 1 潤道.

11月14日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
御手洗の龍の鱗に冬日影 たか子 7 あられ.宏虎.むべ.ぽんこ.なつき.凡士.もとこ.
小春日や小狸眠る休耕田 三刀 5 せいじ.たかを.智恵子.菜々.なつき.
酒蔵に積まれ新米寒造り 智恵子 4 満天.こすもす.みきお.はく子.
マスクして目元美人の朝市女 なつき 3 豊実.菜々.やよい.
まほろばの見渡す限り冬田かな 明日香 3 音吉.三刀.はく子.
書写山の由緒の伽藍山眠る たか子 3 音吉.宏虎.ぽんこ.
粧ひし山の麓にワイナリー せいじ 3 智恵子.素秀.やよい.
小春日やピエロの招くカフェテラス みづき 3 あられ.たかを.凡士.
街頭の自ずから点き小夜時雨 みづき 2 潤道.豊実.
廃寺を飾りつけたり雀瓜 なつき 2 潤道.たか子.
蓮の実や飛んで花托の骸かな 凡士 2 むべ.もとこ.
浅間山囲む丘陵照る紅葉 智恵子 1 みきお.
砲台場跡と碑草紅葉 せいじ 1 こすもす.
細筆で描いたやうな冬の月 明日香 1 たか子.
紅葉かつ散る石臼の飛石に はく子 1 せいじ.
日を受けて一葉一葉の散紅葉 満天 1 素秀.
名庭園隙なく鎧ふ冬構え もとこ 1 満天.
子よりも親のお洒落や七五三 宏虎 1 三刀.
枝落とし街路樹冬の仕様へと 凡士 1 みづき.
冬晴れの高きを北へ鴉往く 音吉 1 みづき.

11月13日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
庭の柚子削ぎて一碗香を放つ もとこ 5 音吉.みづき.小袖.ぽんこ.凡士.
堂縁に座して長居の照紅葉 たか子 5 明日香.満天.素秀.みづき.もとこ.
ロープウェイ秋から冬へ昇り行く たか子 4 明日香.智恵子.はく子.こすもす.
今落ちし真っ赤な一葉落葉道 やよい 3 せいじ.たか子.なつき.
園児バス桜紅葉の下で待つ みきお 2 たかを.満天.
耳に手を当て秋の声きく少女 せいじ 2 潤道.宏虎.
冬ざれて老人免許講習会 音吉 2 潤道.三刀.
燈台の白亜に寒き日本海 凡士 2 智恵子.はく子.
畝五筋手狭な耕地冬菜畑 ぽんこ 2 こすもす.みなみ.
水鏡なす照紅葉城の池 やよい 2 あられ.小袖.
足跡の砂紋となりし冬の浜 なつき 2 素秀.ぽんこ.
小春日や鍵盤よりの童歌 満天 2 みなみ.凡士.
小春日や弾む足取り下校の子 満天 2 豊実.三刀.
表札のかすれ直して冬に入る 宏虎 1 むべ.
自販機の“あたたか”となり冬に入る 凡士 1 もとこ.
短日や貸し自転車に尻の形 なつき 1 豊実.
炬燵出す女の部屋となりにけり 潤道 1 むべ.
石段を駆ける弓引き寒稽古 素秀 1 あられ.
対岸に雪雲迫る国境 素秀 1 たか子.
大き尻振り子となりて鴨進む みのる 1 宏虎.
無愛想な大家の庭に花八つ手 豊実 1 音吉.
秋喋の風に煽られ消えにけり みきお 1 せいじ.
手を繋ぎよちよち歩きの日向ぼこ こすもす 1 みきお.
宮島を詣で磯の香牡蠣の宿 智恵子 1 みきお.
夕闇に溶け込めぬ斑や杜鵑草 むべ 1 たかを.
隊列のごと直立す賞の菊 みのる 1 なつき.

11月12日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一水のか細く奏づ落葉道 みのる 10 潤道.せいじ.小袖.智恵子.素秀.たかを.はく子.豊実.ぽんこ.明日香.
新米の届きてまづは塩むすび 凡士 4 むべ.三刀.あられ.菜々.
下校児の寄り道寺の落ち葉焚き 智恵子 4 こすもす.凡士.みきお.やよい.
早足の僧襟巻は濃紫 素秀 3 せいじ.たか子.豊実.
大波が渚の千鳥打ち上げし みのる 3 はく子.むべ.みきお.
境内にとよもす太鼓神送り みきお 3 小袖.満天.菜々.
早起きは三文の得雁の棹 智恵子 2 三刀.やよい.
ほんたうを話すあひては枇杷の花 潤道 2 たかを.あられ.
紅葉寺名残惜しとぞ日照雨降る たか子 2 素秀.ぽんこ.
からからと境内駆ける枯葉かな やよい 2 宏虎.こすもす.
喪家訪ひその坪庭に石蕗の花 むべ 2 満天.なつき.
長話ときをり覗く実南天 潤道 1 たか子.
妻卓にメモ走り書き冬の月 宏虎 1 潤道.
高速道眼下の街は霧の中 こすもす 1 明日香.
今朝の冬髭そり跡の青さかな みきお 1 もとこ.
浜小屋にやす置きざりの海鼠突 素秀 1 音吉.
七五三詣アクリル板に守られて はく子 1 なつき.
冬来たる接種を待ちて小半時 せいじ 1 もとこ.
長打して走塁見事冬の鳥 宏虎 1 智恵子.
月明かり頼りに滑る渋峠 音吉 1 凡士.
石蕗咲くや雲一つなき空真青 満天 1 宏虎.
秋霖の雨だれの音やショパンの音 凡士 1 音吉.

11月11日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
落下傘部隊さながら鴨着水 みのる 5 せいじ.小袖.素秀.みきお.やよい.
おしゃべりの口元へこむマスクかな なつき 5 潤道.せいじ.明日香.豊実.凡士.
鴉の巣ふたつ抱えて木守柿 明日香 4 智恵子.あられ.こすもす.なつき.
渡月橋夜景に浮かぶ紅葉山 智恵子 3 宏虎.満天.ぽんこ.
汽水湖に雲引き寄せて秋夕焼 もとこ 3 たか子.ぽんこ.みきお.
枯蟷螂アリストテレスに似てきたる 凡士 3 音吉.豊実.みなみ.
白粥に飽きて二日目風邪の夜 素秀 3 たか子.なつき.凡士.
口ひらく妊婦の土偶冬の雷 みきお 2 智恵子.たかを.
県境を灯す山柿たわわなる やよい 2 むべ.明日香.
鎮守の杜一回りして鳥渡る はく子 2 むべ.たかを.
鵙の晴海を向きたる無縁仏 なつき 2 小袖.もとこ.
寒き朝厨は湯気に満ち満ちて 智恵子 2 潤道.あられ.
あそびつつ不即不離なる番鴨 みのる 2 三刀.こすもす.
煉瓦より赤き照葉や教会堂 むべ 2 素秀.はく子.
介護士と試歩の訓練小春日和 満天 2 三刀.やよい.
ゴスペルの洩れて教会散紅葉 凡士 2 満天.はく子.
リフトから足跡弾む兎かな 音吉 1 みなみ.
貧乏が身に染みてゐる初霰 潤道 1 音吉.
大伽藍占む千年の声冬初め たか子 1 もとこ.
小気味よき音や落葉の並木道 せいじ 1 宏虎.

11月10日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
北風に晒して白き膝小僧 素秀 6 小袖.満天.三刀.はく子.凡士.なつき.
空ろなる埴輪のまなこうそ寒し みのる 5 むべ.あられ.せいじ.ぽんこ.たか子.
初霜を踏んでたたらの鴉かな 素秀 4 むべ.智恵子.凡士.みなみ.
アルバムにはまり進まぬ冬支度 せいじ 3 満天.明日香.豊実.
七彩の南京櫨の並木道 はく子 3 小袖.みきお.こすもす.
露座仏へ打敷きのごと散りもみぢ 菜々 3 智恵子.もとこ.なつき.
シャッターにまた貼紙の寒さかな 凡士 3 潤道.もとこ.たかを.
凍み豆腐風鈴めきて軒に鳴る 智恵子 2 せいじ.こすもす.
摩尼殿や紅葉かつ散る深庇し たか子 2 ぽんこ.やよい.
白芒薙ぎ倒しゆくハイウェイ もとこ 2 あられ.みなみ.
穭田の二期作のごとすくすくと かかし 2 たか子.はく子.
青空に散華のごとし銀杏落葉 満天 2 潤道.やよい.
GoToのポスター這へり冬の蠅 なつき 2 宏虎.豊実.
七竈ひときわ山の色として たか子 2 素秀.たかを.
新築の木の香流れる小春風 みきお 2 三刀.明日香.
鴨来る川面に水尾の光曳き 凡士 2 音吉.みきお.
柿たわわ獣注意の札に猿 かかし 1 素秀.
電柱よりゴミ出し待つや寒鴉 満天 1 宏虎.
口きかむ夫婦喧嘩の鍋料理 潤道 1 音吉.

11月9日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
草履履き慣らして待てり七五三 なつき 4 たかを.満天.豊実.うつぎ.
寒潮を湛へて暗し常夜灯 素秀 4 むべ.たか子.やよい.凡士.
水平線と紛ふ一刷け秋の雲 やよい 4 智恵子.菜々.かかし.みなみ.
鈍色の移築の門や乳鋲冷ゆ 明日香 4 素秀.ぽんこ.たか子.かかし.
七五三掛けたる絵馬の鏡文字 なつき 4 むべ.ぽんこ.やよい.凡士.
小春日のドア開放す美容室 満天 3 明日香.三刀.こすもす.
柿一樹藁葺屋根に五彩なす 智恵子 3 三刀.もとこ.はく子.
紅葉山連なる先は伯耆富士 もとこ 3 せいじ.智恵子.みきお.
知らぬ児のバイバイ小春日和かな 音吉 2 満天.うつぎ.
手水所の柄杓の木の香水澄めり みきお 2 宏虎.もとこ.
冬立つや能登の崎の波がしら 凡士 2 なつき.はく子.
冬温しあれそれで済む会話して たか子 2 潤道.豊実.
応援のベンチの寒し草野球 素秀 1 みきお.
小春日や公園ベンチ一人占め 満天 1 宏虎.
畳なはる甍は海へ冬日燦 せいじ 1 素秀.
雲の上に浮かぶビル群今朝の冬 はく子 1 小袖.
元ナースてふ鯛焼き屋溌剌と こすもす 1 菜々.
木の実降り来客を告ぐ牧師館 むべ 1 みなみ.
小春日の虜となりしベンチかな みのる 1 小袖.
たなびける畑の煙に山粧ふ ぽんこ 1 こすもす.
赤白の鉄塔打たれ山眠る 潤道 1 明日香.
冬立つや意気込み新た転院す やよい 1 潤道.
木の実降る指揮者のタクト振りやまず 凡士 1 たかを.
東屋の紅葉の下でへぼ将棋 音吉 1 なつき.
吾が肩を打ちて落ちたる木の実かな みのる 1 せいじ.

11月8日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
終点はどんぐりの樹よ縄電車 たか子 8 せいじ.あられ.菜々.智恵子.小袖.やよい.三刀.むべ.
誕生日孫より届くちゃんちゃんこ はく子 4 菜々.宏虎.智恵子.みきお.
競ふごと渓流滑る落葉かな 智恵子 4 宏虎.豊実.明日香.凡士.
冬帽の色で呼ばれる立ち飲み屋 潤道 4 音吉.豊実.素秀.むべ.
立冬や手足を伸ばす薬の湯 三刀 3 潤道.満天.たか子.
レトロなる街に瓦斯の燈霧の夜 凡士 3 満天.こすもす.みきお.
封を切る珈琲の香や今朝の冬 凡士 3 あられ.はく子.たか子.
炉開きや席入りの衣擦れの音 なつき 3 こすもす.三刀.ぽんこ.
冬ざれにやがて和みて散歩道 たかを 2 潤道.せいじ.
寒紅を引くとき喪服泣きやみて 潤道 2 たかを.素秀.
ゆくりなく久闊を叙す秋の展 せいじ 2 音吉.凡士.
マスクして狛犬守る神の留守 もとこ 2 なつき.ぽんこ.
冬に入る疫禍の終はり見えぬまま せいじ 2 もとこ.やよい.
ランドセル選ぶデパート冬隣 みきお 1 なつき.
ドレスの裾気遣ふ新郎小春日和 ぽんこ 1 たかを.
紅葉下王手をかける老輩ら ぽんこ 1 小袖.
吾の肩に飛び乗る猫や冬来たる こすもす 1 明日香.
焼き豆腐賽の目等し冬立てり むべ 1 もとこ.
秋耕や畝真っ直ぐに整えり みきお 1 はく子.

11月7日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
観音の御手に身罷る冬の蝶 素秀 6 音吉.宏虎.ぽんこ.豊実.たかを.なつき.
園児らの列はどんぐり拾ひ隊 みのる 6 潤道.せいじ.はく子.明日香.なつき.菜々.
黄落を賞でつ拾いつ吟行子 たか子 5 智恵子.満天.はく子.三刀.やよい.
星飛んで願ふ間もなき島の宿 もとこ 4 むべ.そうけい.凡士.やよい.
潮入りの流れに遊ぶ浮寝鳥 智恵子 3 たか子.素秀.凡士.
崩落のまだ癒へねども山粧ふ 凡士 3 あられ.三刀.こすもす.
黄昏に棘包まれし秋薔薇 むべ 3 宏虎.素秀.みきお.
参道は長きランウェイ七五三 豊実 2 たか子.みきお.
冬立つや関節太き手の軋む なつき 2 むべ.もとこ.
額づきて邪鬼の背中の冷ゆるかな 素秀 2 音吉.もとこ.
厨へと忍者走りの冬の猫 たかを 2 潤道.菜々.
万全に菰掛けされし冬野菜 たか子 2 智恵子.こすもす.
飛び立ちて戻る竿先赤とんぼ みきお 1 明日香.
路地裏の煮物の匂ふ秋の暮 満天 1 ぽんこ.
もみじ手にコスモス揺れてパパの胸 あられ 1 せいじ.
コスモスも回る風車も風の中 ぽんこ 1 あられ.
露けしや賽銭箱の文字かすれ みきお 1 そうけい.
蜘蛛の囲に吊られ落葉の陽に彩す 智恵子 1 たかを.
距離競ふけやき並木と鰯雲 せいじ 1 豊実.

11月6日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
母の髪すけば小春の日の匂ひ みのる 9 たかを.宏虎.智恵子.明日香.小袖.菜々.みきお.もとこ.やよい.
大樹の根寄りどころにし冬すみれ たか子 6 むべ.豊実.智恵子.あられ.もとこ.はく子.
福耳の人頭石や冬ぬくし 明日香 5 潤道.たか子.豊実.あられ.菜々.
江田島の古りし学舎島紅葉 凡士 4 せいじ.三刀.こすもす.なつき.
古書店街並ぶ色なき秋深む 智恵子 3 ぽんこ.明日香.はく子.
剪定の木々の影濃き秋日和 三刀 3 宏虎.小袖.みきお.
大輪の菊を抱えて帰宅せり みきお 2 音吉.凡士.
空睨み夫丹精の柿干せり もとこ 2 ぽんこ.素秀.
秋蝶の海に休める筏かな 素秀 2 むべ.たかを.
城跡の岬に仰ぐ寒の月 素秀 2 三刀.凡士.
奥の院人見ず木の実落つるのみ はく子 2 そうけい.こすもす.
再配達の人の半袖星月夜 なつき 1 素秀.
虻とんで頭突きやまずよ石蕗日和 みのる 1 そうけい.
桜紅葉女子高に今散り初むる こすもす 1 満天.
コトコトと煮豆などして夜長妻 菜々 1 せいじ.
鬼瓦に見つめられるや留守の宮 満天 1 なつき.
時計より早起きの朝冬隣 こすもす 1 満天.
町の色一気に消すや暮の秋 満天 1 やよい.
北風に今は老女や頬染めて たかを 1 潤道.
鋭角に滑る着水鴨の群れ ぽんこ 1 たか子.
凩よ疫禍の真中吹き抜けよ むべ 1 音吉.

11月5日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋惜しむ蛇行の大河見下ろして やよい 5 せいじ.豊実.満天.三刀.なつき.
朝の陽や色の震へる冬すみれ みきお 4 潤道.智恵子.そうけい.ぽんこ.
苅田風鎮守の杜を吹き抜ける はく子 4 宏虎.満天.みきお.凡士.
塵取りに色転がるや柿落葉 豊実 4 むべ.あられ.素秀.凡士.
銀杏の実ただ踏まれゆく御堂筋 凡士 3 たかを.素秀.三刀.
神木に鳥の賑はふ留守の宮 満天 3 あられ.たかを.はく子.
山神と祀られ木の実降らせけり みのる 3 小袖.明日香.もとこ.
倒木の朽ちゆくままや神の留守 満天 3 菜々.むべ.ぽんこ.
叫びたる人のみが見し穴惑ひ なつき 2 たか子.こすもす.
霧こめて外燈丸き埠頭かな 素秀 2 菜々.小袖.
紅葉敷く森の教会ブーケ舞ふ 智恵子 2 せいじ.はく子.
鴨来たるまだ陣を張るほどならず たか子 2 明日香.こすもす.
穴惑ひ親子の影の去りし道 なつき 2 豊実.みきお.
弟のヒーローは兄園小春 せいじ 2 智恵子.そうけい.
枯蟷螂たなごころより大ジァンプ ぽんこ 1 たか子.
時雨来て駆けこむ店の茶碗蒸し 素秀 1 もとこ.
コロナ禍や季節感なく冬迎え 明日香 1 潤道.
園小春ママを探して泣きじやくる せいじ 1 宏虎.
落葉掃き猫は洋間に閉じ込めて こすもす 1 なつき.

11月4日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
聖堂の小径散り敷く銀杏かな 凡士 5 音吉.あられ.明日香.みきお.小袖.
袖合はす能勢の山々冬隣 みのる 5 宏虎.やよい.菜々.三刀.ぽんこ.
秋晴や今日より新しき句帳 菜々 4 せいじ.やよい.なつき.小袖.
神殿の銀杏黄葉千木に触れ ぽんこ 3 潤道.満天.智恵子.
錆鮎の影を揺らせて火の匂ひ 素秀 3 智恵子.みきお.むべ.
弦押ふ指の細さや文化の日 むべ 3 たか子.素秀.もとこ.
初鴨の水掻く脚の速さかな みきお 3 そうけい.豊実.凡士.
補聴器に馴染める父や文化の日 なつき 2 たかを.もとこ.
コロナ禍のマスクお洒落や文化の日 満天 2 宏虎.はく子.
山麓に緩き生涯小鳥来る たかを 2 なつき.むべ.
爆笑の絵本ライブや文化の日 やよい 2 せいじ.あられ.
竜馬像遙かを見詰め冬ぬくし 宏虎 2 音吉.満天.
クッキーを焼く秋雨を聞きながら せいじ 2 潤道.菜々.
行く秋やビルに映りてゆがむビル はく子 2 たかを.豊実.
雨晴れて朗読会へ文化の日 せいじ 1 三刀.
冬を待つ経ケ岬の波濤かな 凡士 1 こすもす.
読みたい本読める幸せ文化の日 菜々 1 ぽんこ.
渡し舟竿突く杭は崩れ簗 素秀 1 たか子.
オンラインの軌道に乗りて文化の日 満天 1 はく子.
縫い上げす娘のお下がりや七五三 なつき 1 こすもす.
もちの実の蹲に映ゆ雨後の朝 智恵子 1 凡士.
恋占い道標なす秋桜 智恵子 1 そうけい.
日当たりの有り難きこと花八つ手 宏虎 1 素秀.
山巓に孤高の鳶や峡の秋 みのる 1 明日香.

11月3日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
弁財の扉の固し神の旅 ぽんこ 4 音吉.満天.もとこ.なつき.
ワルツはたサンバや風の秋桜 みのる 4 潤道.宏虎.菜々.小袖.
跳ね出ると踏まれてしまふ鰯漁 潤道 4 たかを.明日香.はく子.たか子.
茶の花やいにしえ辿る館跡 むべ 4 せいじ.あられ.そうけい.みきお.
秋思ふ竹の葉擦れの音にさへ 菜々 3 智恵子.音吉.豊実.
路線図を絡めたやうな枯木かな 明日香 3 ぽんこ.凡士.小袖.
本堂に手習ひ貼りて冬温し なつき 3 菜々.こすもす.やよい.
日向ぼこ曾孫真似するどっこいしょ はく子 3 宏虎.ぽんこ.こすもす.
反り橋の上に掲げる千歳飴 音吉 3 せいじ.素秀.やよい.
雲海を遥か眼下に初霧氷 素秀 2 智恵子.あられ.
大方は堀へ堀へと柳散る たか子 2 豊実.凡士.
朴落葉飛騨味噌香る朝餉かな 凡士 2 そうけい.みきお.
園児らの返事高らか小鳥来る たか子 2 たかを.はく子.
子ら駆くる森はやうやう薄紅葉 せいじ 2 もとこ.素秀.
秋耕の機械行き交う日曜日 たかを 1 三刀.
紅葉して池塘をなぞる桜樹かな せいじ 1 満天.
コスモスの影揺れやまぬ夕の空 あられ 1 なつき.
あわだち草休耕田も里山も 三刀 1 明日香.
鳥帰る優しく抱く湖の青 智恵子 1 むべ.
貨物車のようよう登る紅葉渓 素秀 1 たか子.
高々と孤高を極め後の月 はく子 1 潤道.
米担ぎ出雲に集ふ神の旅 みきお 1 三刀.
星条旗荒れはためくや十一月 もとこ 1 むべ.

11月2日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
祈祷終えお澄まし解る七五三 なつき 5 満天.たかを.宏虎.豊実.小袖.
牛舎には錆びし農機具冬ざるる たかを 4 はく子.むべ.ぽんこ.なつき.
風渡るすすきの原を波うたせ あられ 3 みきお.こすもす.菜々.
もみじの手合わせお参り七五三 菜々 3 満天.音吉.せいじ.
小春日に雑多の骨董蚤の市 ぽんこ 3 宏虎.智恵子.こすもす.
黄落を褥に笑みの三地蔵 凡士 3 たか子.小袖.もとこ.
外灯の映る川面や冬近し 満天 3 明日香.むべ.ぽんこ.
水筒を傾むけ気付く照紅葉 たか子 2 素秀.あられ.
金色の帯を背負ひし七五三 なつき 2 せいじ.三刀.
水澄めど城の高きを映さざる たか子 2 潤道.もとこ.
永く生き賞罰なしや文化の日 宏虎 2 たか子.三刀.
イヤリング揺るる木の実の女の子 智恵子 2 みきお.うつぎ.
秋惜しむビルの谷間のバラ苑に はく子 2 あられ.菜々.
人影に集まる鯉や水の秋 みきお 1 明日香.
冬隣秒針の音高くなり 満天 1 豊実.
薔薇としてちくり指刺す秋の薔薇 豊実 1 音吉.
指浸けてからの洗面うすら寒 潤道 1 凡士.
AIの人カバーする文化の日 宏虎 1 潤道.
秋夕焼束の間の空暮れにけり みきお 1 凡士.
野茨の実やきつぱりと赤く熟る むべ 1 素秀.
庭先のみかん食べ頃友の家 こすもす 1 智恵子.
木喰の奪衣婆の笑みうそ寒し みのる 1 うつぎ.
木の実積む箒目深き参道に せいじ 1 はく子.
枝豆の鉄砲玉が口中へ みのる 1 たかを.
犬ひざにまどろむ窓辺十三夜 智恵子 1 なつき.

11月1日 (投句24名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
足湯して秋満喫の山の駅 凡士 6 あられ.智恵子.みきお.こすもす.みづき.明日香.
球磨川の水禍の空を鳥渡る 凡士 5 音吉.みきお.ぽんこ.明日香.むべ.
中座して名残の月を惜しみけり せいじ 5 満天.素秀.なつき.はく子.みづき.
三面鏡顔それぞれの秋思かな みきお 5 せいじ.たかを.潤道.豊実.凡士.
椎茸の榾木も並べ植木市 たか子 4 豊実.菜々.はく子.凡士.
大型の算盤の如吊るし柿 こすもす 4 満天.せいじ.音吉.潤道.
木喰の仏に見ゆ露の堂 みのる 2 三刀.ぽんこ.
ウエーブを見よとて風の秋桜 みのる 2 智恵子.こすもす.
送り日のひねもす揺れて秋桜 潤道 2 素秀.なつき.
主(あるじ)なき庭の片隅石路の花 みきお 2 菜々.三刀.
扁額の墨掠れたる秋の果て 素秀 2 たか子.もとこ.
素人の落語の集い文化の日 宏虎 1 あられ.
小春日や橋のカモメに餌投げる 音吉 1 宏虎.
満月にマント着せたしハローウィン あられ 1 もとこ.
グランドに素振りする子や十三夜 なつき 1 宏虎.
谷川にはたと落ち行く枯れ一葉 はやと 1 むべ.
星ひとつ添ふて中天月まどか 菜々 1 たか子.
ここかしこ秋本番のプロローグ みづき 1 たかを.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site
.