成績一覧

過去一覧

8月30日 (投句23名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一瀑の風に高まふ蝶をみよ みのる 7 音吉.三刀.智恵子.そうけい.素秀.うつぎ.みなみ.
名月を掠め逆転ホームラン 音吉 4 たかを.宏虎.せいじ.ぽんこ.
こぼれ萩内緒話の女どち なつき 3 豊実.もとこ.たか子.
さかあがりやっとできたよいわし雲 凡士 3 満天.はやと.はく子.
蔓薔薇の揺るる一筋秋の風 なつき 3 ぽんこ.こすもす.凡士.
天空のトロッコ揺られ早生みかん 智恵子 3 明日香.はやと.凡士.
屯して稲穂の稔り待つ雀 はやと 3 素秀.もとこ.たか子.
飽食の時代に背向けとろろ汁 もとこ 3 三刀.みづき.みきお.
ちゃぼの尾を逆毛にしたる初嵐 素秀 2 せいじ.みなみ.
学舎の灯ひとつ残して夜学かな 素秀 2 智恵子.みきお.
舗道にもカフェの椅子ある秋初め 凡士 2 明日香.なつき.
秋の草水子地蔵は色多彩 宏虎 1 満天.
初嵐号外走りポスト安倍 豊実 1 たかを.
熟れ柿の届かぬところたわわなり 音吉 1 豊実.
雨戸開く音もかろやか今朝の秋 菜々 1 みづき.
水出しの緑茶に憩ふ夏座敷 みづき 1 宏虎.
酔芙蓉今も大事に柘植の櫛 うつぎ 1 音吉.
朝涼や夫は機嫌に庭掃除 菜々 1 うつぎ.
祈ること平和それだけ万燈会 うつぎ 1 こすもす.
お手製のハーブ茶ほのか秋の声 たか子 1 そうけい.
恙なき今日のひと日を茄子を漬け 満天 1 なつき.
踊ぬけきたる二人と思ひけり みのる 1 はく子.

8月29日 (投句24名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
暮れてなを畳に残る残暑かな みづき 8 隆松.たかを.豊実.音吉.三刀.なつき.凡士.うつぎ.
稔り田に山影落とす能勢街道 ぽんこ 7 たかを.宏虎.せいじ.はく子.みづき.なつき.凡士.
一条の蛇かけのぼる揚花火 みのる 6 せいじ.素秀.はやと.みきお.たか子.ぽんこ.
葛の花山の水引く湯治宿 みづき 4 豊実.智恵子.みきお.そうけい.
湧き上がる噴火さながら入道雲 音吉 4 はく子.はやと.ぽんこ.そうけい.
瀬の楽に混じるつくつくぼうしかな こすもす 3 隆松.満天.智恵子.
夕立雲空を見せたり隠したり せいじ 3 明日香.小袖.こすもす.
新涼や展望台は風浄土 みのる 3 菜々.三刀.小袖.
星近き庭にピザ窯避暑の宿 なつき 2 素秀.うつぎ.
散水の狭庭に早も虫の声 やよい 2 満天.みづき.
つくばひにさざなみ寄せて秋の風 菜々 2 宏虎.もとこ.
霧走り動く稜線見え隠れ 明日香 2 こすもす.みなみ.
露草や小流れに沿ふ散歩道 隆松 2 菜々.明日香.
遠雷や南大門の仁王留守 うつぎ 1 たか子.
ペンギンの潜りしままやこの残暑 かかし 1 もとこ.
機首を立て鰯雲へとテイクオフ 智恵子 1 音吉.
池の面をつんつんつつきつつとんぼ はく子 1 みなみ.

8月28日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
江戸切子酒に色差す夜の秋 もとこ 12 音吉.そうけい.賢一.はく子.隆松.素秀.ぽんこ.豊実.かかし.三刀.やよい.凡士.
異国へと尾灯とけこむ星月夜 素秀 7 たかを.そうけい.智恵子.小袖.ぽんこ.やよい.たか子.
捨案山子雀寄り来て慰めり 宏虎 5 たかを.満天.はく子.智恵子.もとこ.
大芭蕉秋立つ風をいなしをり みのる 5 音吉.素秀.たか子.凡士.みなみ.
蟷螂を賢者の貌とおもひけり 凡士 4 せいじ.三刀.みなみ.うつぎ.
青田風土地改良の石碑かな たかを 2 せいじ.うつぎ.
就農の子に送られし秋なすび たか子 2 小袖.みづき.
空蝉のホームに数多無人駅 智恵子 2 賢一.かかし.
遠望の但馬空港秋夕焼 こすもす 2 満天.明日香.
一夜明け空一面の鰯雲 三刀 2 こすもす.みづき.
夜の長し紐一本で遊ぶ猫 宏虎 2 なつき.明日香.
大欅黄ばみて秋の立ちにけり みのる 1 もとこ.
茅葺きの庇すれすれ今日の月 みきお 1 こすもす.
潮入りの河口群れなす河豚の稚魚 智恵子 1 宏虎.
きちきちの赤ちゃん乱舞回り道 音吉 1 菜々.
久々の雨に少しの涼新た たか子 1 なつき.
澄む水に川面ゆっくり鷺一羽 満天 1 宏虎.
向日葵や家族四人のバスの旅 豊実 1 菜々.
稔り田の刈込み間近夜の雨 ぽんこ 1 豊実.

8月27日 (投句23名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
父の背を流すごとくに墓洗ふ みのる 11 せいじ.菜々.満天.たか子.智恵子.みきお.はく子.明日香.ぽんこ.やよい.なつき.
休み田の草に溺れて草を刈る 三刀 4 たかを.素秀.はく子.凡士.
ほほづきの器となりし京料理 もとこ 3 音吉.三刀.明日香.
擬宝珠の錆つく手摺り蝉時雨 みきお 3 たかを.音吉.やよい.
野路ゆけば脛に跳びつくバッタの子 せいじ 3 そうけい.ぽんこ.豊実.
枝豆や過不足のなき塩加減 たか子 2 みきお.凡士.
端居して昭和平成語りけり 宏虎 2 満天.こすもす.
夕さりて淀川堤ギス鳴けり はく子 1 なつき.
稲穂今剣山の葉に守られて 明日香 1 たか子.
秋の蚊の遠慮がちなる痒みかな たか子 1 もとこ.
ひび割れし田んぼ稲穂の頭垂れ こすもす 1 宏虎.
午後五時の残暑の街をパトロール 凡士 1 こすもす.
バイク馳すメットへ頭突き黄金虫 やよい 1 そうけい.
こすもすの分離帯ある通学路 素秀 1 菜々.
風渡り湖辺の涼を新たにす 隆松 1 宏虎.
農協の帽子かぶりし案山子かな 隆松 1 せいじ.
児とともに昼寝たつぷり子守婆 なつき 1 智恵子.
力石四季を重ねて天ノ川 宏虎 1 三刀.
出た猫のはや戻り来る残暑かな たかを 1 豊実.
足裏を車窓にぴたり三尺寝 ぽんこ 1 もとこ.
新涼や麻紙の白さと墨の香と 凡士 1 素秀.

8月26日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
観音の千手に触れる秋の風 ぽんこ 8 みなみ.たか子.素秀.やよい.なつき.そうけい.小袖.凡士.
盛り砂の残る更地に秋茜 素秀 5 音吉.智恵子.豊実.みきお.明日香.
大き弧を青田に描き短線路 うつぎ 4 音吉.満天.せいじ.もとこ.
地蔵尊の白き前掛け涼新た 満天 4 せいじ.小袖.こすもす.隆松.
稲刈を架線に並び見る雀 素秀 3 智恵子.豊実.隆松.
やうきたと涙目で笑む生身魂 みのる 3 たか子.素秀.うつぎ.
風の盆今宵あの子の薄化粧 よし子 3 たかを.三刀.ぽんこ.
俎板にオクラの星のぬめりけり たか子 3 たかを.ぽんこ.凡士.
雷神の真っ只中にゐる気配 凡士 3 みなみ.もとこ.明日香.
胸いっぱい吸い込む秋気朝一番 こすもす 2 はく子.うつぎ.
芒なぎ倒し特急通過中 みのる 2 菜々.こすもす.
十三番札所への道稲の花 よし子 2 満天.菜々.
鎮魂の御霊送りの花火かな 明日香 2 宏虎.みきお.
三日月や路地に夕餉のにおひあり もとこ 2 宏虎.なつき.
洩るる日も膳に上るや秋簾 せいじ 1 そうけい.
ビル壊すキリンの重機秋暑し なつき 1 三刀.
水差しと遊ぶ日の斑や秋簾 せいじ 1 やよい.
虫達の住処を崩す草刈機 三刀 1 はく子.

8月25日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
露けしやクルス彫られし一断碑 みのる 5 そうけい.みなみ.素秀.ぽんこ.なつき.
腰低くひそと始まる風の盆 たか子 4 たかを.せいじ.三刀.明日香.
親牛を仔牛追ひかけ秋夕焼 素秀 4 宏虎.音吉.みきお.豊実.
筆圧の強き作文秋暑し みきお 4 たか子.小袖.よし子.こすもす.
観覧車赤々と冴ゆ酷暑の夜 なつき 3 小袖.音吉.もとこ.
せせらぎに水草紅葉揺れ止まず 智恵子 3 みきお.明日香.なつき.
農小屋にお役御免の案山子かな 素秀 3 たか子.宏虎.みなみ.
六地蔵皆伏し目にて秋の蝉 ぽんこ 2 満天.もとこ.
仕舞ひ湯の裸電球ちちろ鳴く みきお 2 たかを.豊実.
稔るほど香る稲田の今が好き 智恵子 2 せいじ.凡士.
秋扇と言へど高座に欠かせざる 音吉 2 満天.凡士.
予約時間迄の寄り道秋暑し こすもす 1 うつぎ.
地蔵盆団地につづく古き字 凡士 1 素秀.
水奔るおわらの街の風の盆 たか子 1 ぽんこ.
立ち止り虫の音聴くや大荒野 たかを 1 そうけい.
雨蛙同じ葉っぱが好きらしく 明日香 1 よし子.
爽やかや夫婦の笑顔車椅子 満天 1 智恵子.
ひぐらしの鳴き声淋しこだませり 宏虎 1 智恵子.
猛暑日の三十五度に驚かず せいじ 1 うつぎ.
水打たれても力石もの不言 みのる 1 三刀.
見あぐれば音沈む闇花火果つ もとこ 1 こすもす.

8月24日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水澄みて湖底の樹々の影深し 素秀 8 そうけい.みきお.ぽんこ.豊実.明日香.こすもす.みなみ.はく子.
夕河鹿杉の美林に谺して みのる 8 音吉.そうけい.智恵子.せいじ.豊実.たか子.三刀.はく子.
アドバルーン稲田に上がる道の駅 智恵子 6 たかを.素秀.満天.明日香.こすもす.凡士.
ワイパーの掃く水重き驟雨かな 豊実 3 うつぎ.みきお.もとこ.
翠黛を遥かに覆ふ雲の峰 ぽんこ 3 宏虎.素秀.三刀.
赤とんぼちぎれ雲まで染めるかな 音吉 2 ぽんこ.凡士.
行き合いの空広ごりて街は処暑 たか子 2 宏虎.智恵子.
ずぶ濡れで恐竜退治水鉄砲 なつき 2 たかを.菜々.
日常となりしコロナ禍秋思憑く せいじ 2 うつぎ.満天.
日射すたび滝壺に虹顕れにけり みのる 2 せいじ.なつき.
蝶行くや風無き青田浮き沈み たかを 2 みなみ.もとこ.
清流に石積む子らの笑顔かな 音吉 1 たか子.
子ら去りて砂場に跳ぬる青蛙 なつき 1 菜々.
遠き日のおはぐろとんぼ群れし庭 もとこ 1 音吉.
昨夜雨に空気変はるや秋の風 満天 1 なつき.

8月23日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋風を背にさざなみとゆく河畔 凡士 6 せいじ.明日香.三刀.こすもす.はく子.うつぎ.
追い越してまた我を待つ蜻蛉かな 凡士 6 音吉.賢一.豊実.明日香.小袖.もとこ.
日時計に雲の横切る藤村忌 なつき 4 賢一.せいじ.智恵子.凡士.
よべの星雫降らせて蛍草 うつぎ 3 素秀.ぽんこ.はく子.
補欠らし汗の少年走りたる なつき 2 たか子.もとこ.
夕立や地上の熱を流しゆく 満天 2 智恵子.なつき.
桃を剥くラジオの落語聞きながら はく子 2 菜々.なつき.
露草を一花はさみ電話帳 素秀 2 凡士.みなみ.
渡し舟櫓を漕ぐ飛沫涼しけり 智恵子 2 そうけい.ぽんこ.
盆休みクレーンは首を立てしまま みのる 2 菜々.素秀.
病葉に微塵も湿り無き軽さ たか子 2 そうけい.こすもす.
遠雷や雨一粒に急ぎ足 豊実 2 たか子.うつぎ.
岩山に群猿仰ぐ流星群 素秀 2 たかを.宏虎.
身ほとりをさらつとよぎる風は秋 せいじ 2 宏虎.小袖.
二上は霧で見えねど畝傍山 明日香 1 音吉.
秋暑し鳥居の上の石落とす 音吉 1 豊実.
晩鐘とチャイムのコラボ秋夕べ こすもす 1 満天.
蝉しぐれ奥に廃屋潜みけり たかを 1 みなみ.
藤井棋聖笑顔の会見爽やかに 菜々 1 満天.
蝉時雨と寺の鐘聞き夕散歩 こすもす 1 三刀.
夕立前コンクリの街匂ひ立つ もとこ 1 たかを.

8月22日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
馬鈴薯の花を過ぎればオホーツク 凡士 7 音吉.三刀.たか子.菜々.なつき.うつぎ.みなみ.
稲穂手にしゃがむ翁の影長し 素秀 6 三刀.智恵子.豊実.ぽんこ.もとこ.凡士.
畦道の見えなくなりし稲田かな 明日香 4 宏虎.智恵子.せいじ.はく子.
岩疾る女滝の腰を揺らす風 たか子 4 音吉.そうけい.豊実.ぽんこ.
館涼し壁に藍染コレクション みのる 4 菜々.こすもす.明日香.うつぎ.
滝風に窓全開の茶店かな たか子 3 せいじ.明日香.やよい.
日が落ちて海に乱舞の能登キリコ 凡士 3 たかを.そうけい.なつき.
火灯窓撫でて大揺れ青すすき 智恵子 2 たかを.素秀.
夏柳風はゆったり太極拳 ぽんこ 2 満天.たか子.
葛の花繁り円山川見えず こすもす 2 満天.素秀.
セカセカと払う箒や炎の天 たかを 1 もとこ.
風船のごときゴンドラ雲の峰 みのる 1 はく子.
富士の山よりも大きな雲の峰 三刀 1 宏虎.
八千草を摘みしなぞえの嫗かな 素秀 1 みなみ.
桑の実を朴葉に包み家苞す 智恵子 1 凡士.
クーラーに倦み窓開けて大の字に せいじ 1 やよい.
コロナ禍やためらふ子らの盆帰省 みきお 1 こすもす.

8月21日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
東雲の峰より湧きていわし雲 みのる 4 はく子.こすもす.小袖.凡士.
刈り草を高く積み上ぐ熱暑かな たかを 4 賢一.やよい.小袖.みなみ.
藍の花一輪飾る長屋門 素秀 4 たか子.三刀.明日香.なつき.
ソリストの指の魔法や涼あらた やよい 4 たか子.音吉.豊実.みなみ.
喧騒を抜けしベンチや蟬時雨 なつき 3 菜々.満天.宏虎.
草の花太閤ゆかりの御殿址 菜々 2 素秀.はく子.
電線の途中で往生葛の蔓 明日香 2 満天.素秀.
買い物ヘ一歩踏み出す炎天下 三刀 2 たかを.音吉.
病葉の少し色づき用水路 満天 2 智恵子.凡士.
秋夕焼テールランプの列長し 明日香 2 みきお.宏虎.
神池の鯉沈みたる猛暑かな なつき 2 せいじ.ぽんこ.
落蝉を履きよす沙彌の箒かな みのる 2 なつき.そうけい.
落とし水苦労せし過去あっさりと 宏虎 2 たかを.豊実.
秋暑し高値となりて生野菜 満天 2 やよい.更紗.
猛暑日やわが庭に蚊の居ずなんぬ せいじ 1 智恵子.
列島を赤く染めたり極暑かな みきお 1 ぽんこ.
試合果つ敷津浦より大西日 音吉 1 そうけい.
早朝の厨新涼覚えけり こすもす 1 明日香.
八月や季節移ろふ気配なく 凡士 1 更紗.
夕焼雲親子サッカー果てしなく たかを 1 せいじ.
秋簾二つ竃の通し土間 素秀 1 菜々.
従順な月従えて夜涼行く たか子 1 もとこ.
先ず麦茶やかんで沸かす朝仕事 もとこ 1 こすもす.
犬走に揺るる木漏れ日秋暑し こすもす 1 みきお.
鍵盤踊る盲目の指涼し やよい 1 三刀.
籠りゐて季節を探す秋の空 はく子 1 もとこ.

8月20日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
芋の葉の弊衣破帽となる猛暑 みのる 8 たかを.そうけい.菜々.三刀.素秀.もとこ.凡士.みなみ.
野仏を囲みそよ吹く千草かな 智恵子 6 たかを.ぽんこ.せいじ.豊実.みきお.凡士.
走り蕎麦軋む水車を眺め待つ 智恵子 4 小袖.たか子.みきお.みなみ.
夏草やガラシャ籠りし幽所跡 凡士 3 素秀.やよい.なつき.
室外機の唸る路地裏秋暑し 満天 3 小袖.こすもす.なつき.
初潮や星に近づく渡し舟 素秀 3 そうけい.豊実.はく子.
折鶴を短冊として秋風鈴 素秀 3 音吉.菜々.満天.
ふと目覚めテラスの星の夜涼かな たか子 2 宏虎.智恵子.
テレ会議はじめましての声さやか せいじ 2 はく子.明日香.
風鈴の響く道あり京町家 みきお 2 ぽんこ.三刀.
鬼灯を鳴らせず拗ねて幼き日 たか子 2 音吉.せいじ.
カーテンの揺れる窓辺や秋きざす みきお 2 宏虎.やよい.
リモートのお試し幾度秋暑し ぽんこ 1 たか子.
子等去て残る静かな残暑かな もとこ 1 満天.
向日葵の一本育つ狭庭かな こすもす 1 明日香.
緑陰にコロナのマスク外しけり みのる 1 こすもす.
玄関で見送る猫や炎天へ たかを 1 もとこ.
紺碧の底抜けの晴秋の空 宏虎 1 智恵子.

8月19日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
声のみにめもじかなわぬ蟇蛙 はく子 6 たかを.音吉.満天.宏虎.智恵子.みきお.
渓流の岩から岩へ蜘蛛の糸 みのる 5 せいじ.素秀.明日香.なつき.みきお.
路地裏の庇を渡る天の川 素秀 4 そうけい.豊実.ぽんこ.もとこ.
炎熱のユンボ唸れる昼下り 凡士 4 賢一.みなみ.はく子.もとこ.
ちぎれ雲小さく秋を乗せてくる たか子 4 そうけい.せいじ.なつき.凡士.
夾竹桃天蓋にして六地蔵 やよい 4 音吉.たか子.三刀.菜々.
父好む味濃き土用しじみ汁 なつき 3 賢一.智恵子.小袖.
蛇進むS字S字に水脈曳きて みのる 2 宏虎.こすもす.
朝涼の確かな風を掻き抱く たか子 2 みなみ.ぽんこ.
笑ふことリハビリなりし生身魂 宏虎 2 たか子.三刀.
足止めて青田の風を追いかける たかを 2 豊実.明日香.
さやけしやネット会議で再会す せいじ 2 満天.はく子.
向日葵の花切り落とす園晩夏 なつき 1 素秀.
風鈴や一軒茶屋の肉うどん 豊実 1 たかを.
残暑見舞飛び出す葉書組み立てて やよい 1 こすもす.
焼け切った庭に夕べ水を打つ 三刀 1 小袖.
不意に来てついと飛び去るやんまかな 宏虎 1 凡士.
落蝉や鳴くだけ鳴いて地に戻る 凡士 1 菜々.

8月18日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
乱切りの男料理や秋の茄子 かかし 5 せいじ.たか子.なつき.こすもす.凡士.
遠山の稜線明かし稲光 素秀 4 音吉.たかを.豊実.明日香.
手作りの表札涼し新所帯 菜々 4 豊実.せいじ.素秀.もとこ.
ランナーの汗滲む背や遠ざかる みきお 3 たかを.ぽんこ.よう子.
虫干の一枚絹てふ富士図かな なつき 3 音吉.そうけい.凡士.
墓守の礼は三箱の青酢橘 素秀 2 そうけい.菜々.
稲の花赤児抱くごと頬擦りを かかし 2 宏虎.ぽんこ.
白糸の滝真青なる滝壺へ みのる 2 明日香.三刀.
朝蝉にラジオ体操はづみけり 満天 2 菜々.はく子.
少年の夏の終りの草いきれ 凡士 2 賢一.素秀.
法師蝉ダム湖の哀史秘話多し 宏虎 2 やよい.よう子.
草蔭に息を殺して山女魚釣 みきお 2 やよい.なつき.
古き墓石戦死の記録百日紅 たかを 1 たか子.
白龍と化してモーターボート飛ぶ せいじ 1 賢一.
葉を食ぶもおんぶバッタは憎めない 明日香 1 うつぎ.
クーラーの風にモビール動き出す せいじ 1 はく子.
邪険には出来ず我が家に果てし蝉 たか子 1 もとこ.
残暑見舞音入り動画で届きけり こすもす 1 智恵子.
人影もなき参道や秋暑し 菜々 1 三刀.
通り雨気付かぬ夕の風涼し 智恵子 1 うつぎ.
熱戦の幕は閉じるや法師蝉 豊実 1 満天.
蝉しぐれ止めば耳鳴り戻りくる 凡士 1 満天.
高原の大駐車場の蝉時雨 たかを 1 こすもす.
山椒の実を家苞に奥高野 やよい 1 智恵子.
昼寝さめ時の感覚狂うており ぽんこ 1 宏虎.

8月17日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
潮にのり万の燈籠帯になる 凡士 6 たかを.せいじ.智恵子.三刀.明日香.みなみ.
バス涼し杉の美林の奈落道 みのる 4 せいじ.ぽんこ.やよい.こすもす.
葉刈りして仏間へ通ふ盆の風 うつぎ 4 かかし.豊実.小袖.よう子.
風死して万緑全て動かざる 三刀 3 更紗.たか子.もとこ.
朝顔や船笛続く海の街 宏虎 3 小袖.なつき.凡士.
スラロームして傾ぎたるヨットの帆 せいじ 3 音吉.よう子.みきお.
駅降りてマスク外せば稲穂の香 こすもす 3 明日香.菜々.もとこ.
暑いですね水たっぷりと墓洗ふ はく子 2 やよい.たか子.
星月夜温泉散歩下駄二足 宏虎 2 豊実.みきお.
秋暑し湯の出る蛇口続きけり 満天 2 宏虎.はく子.
黙祷に蟬鳴き止めり終戦日 なつき 2 たかを.ぽんこ.
体温を超えし暑さと云ふ危険 たか子 2 宏虎.こすもす.
大漁の秋刀魚跳ねるや銚子港 智恵子 2 音吉.みなみ.
すれすれに大橋くぐるヨットの帆 せいじ 2 智恵子.素秀.
亡き友の文読み返す星月夜 やよい 2 三刀.なつき.
小振りなる落ち鮎供す老舗かな たか子 2 更紗.かかし.
下駄鳴らし踊る郡上の水の町 凡士 1 はく子.
銭亀の浮いて甲羅の渇きたる 素秀 1 凡士.
ひるがへる大葉の波や蓮の花 よう子 1 満天.
コロナ禍や孫子の帰省ままならず みきお 1 菜々.
化粧塩の尾を跳ね鮎の焼きあがる 菜々 1 満天.
散策の野辺に菱の実溢れをり 智恵子 1 素秀.

8月16日 (投句23名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
力石灼けて触るるを拒みけり みのる 8 豊実.やよい.たか子.ぽんこ.かかし.三刀.明日香.よう子.
七折れに調べを変ふる滝の道 みのる 5 やよい.明日香.はく子.よう子.うつぎ.
骨も無き祖父の写真や敗戦忌 もとこ 4 せいじ.宏虎.三刀.みきお.
平和の鐘菩提寺につく終戦日 やよい 4 智恵子.なつき.はく子.みなみ.
落蟬の終の一声正午打つ なつき 3 素秀.たか子.こすもす.
磨崖仏白く浮かびし星月夜 智恵子 2 音吉.みきお.
色褪せて風に疲れし秋簾 たか子 2 凡士.ぽんこ.
番犬にならぬ愛犬秋暑し 宏虎 2 菜々.豊実.
涼新た小枝を揺らす鳥の声 かかし 2 せいじ.みなみ.
繋がれて西瓜の遊ぶ汲場かな よう子 2 音吉.うつぎ.
大樟の木漏れ日まぶし終戦日 なつき 1 素秀.
風やみて垂る葉も吾も暑気中り 智恵子 1 凡士.
嫁ぎ来て重ねし月日走馬灯 菜々 1 宏虎.
隠し事誰にもありぬ生身魂 宏虎 1 かかし.
昭和の星また一人逝く終戦日 やよい 1 満天.
近頃は糖度明確切り西瓜 たか子 1 こすもす.
冷蔵庫唸る八月十五日 素秀 1 なつき.
リモートでご詠歌あげるお盆かな 明日香 1 満天.
六時半決まつてわつと蝉の声 うつぎ 1 菜々.
爽やかや皆新しき墓の供花 はく子 1 智恵子.

8月15日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
茅葺きの屋根に沁み入る蝉しぐれ 智恵子 7 そうけい.満天.豊実.明日香.三刀.ぽんこ.やよい.
乱帙を砦としたる昼寝かな みのる 6 宏虎.せいじ.素秀.菜々.もとこ.うつぎ.
秋天や高原に立つ大風車 素秀 4 たかを.そうけい.豊実.明日香.
ゲリラ雨四囲に轟く稲光 智恵子 3 みきお.こすもす.みなみ.
水柱折れて噴水止まりけり みきお 3 やよい.よう子.みなみ.
ミッキーの土産袋や夏終る 豊実 3 たか子.智恵子.なつき.
早起きの孫と二人で盆だんご こすもす 2 宏虎.三刀.
犬の鼻すこし湿りて夜の秋 更紗 2 賢一.もとこ.
たなびける余韻のけむり花火果つ 凡士 2 たかを.みきお.
父知らぬとは言え追慕終戦日 たか子 2 ぽんこ.うつぎ.
見えぬもの見えて来たりて走馬灯 うつぎ 2 音吉.智恵子.
絞りだす様に語らる終戦日 たか子 2 はく子.なつき.
萍に傾れ溺れる岸の草 よう子 1 かかし.
秋暑し迷惑メール頻繁に 満天 1 はく子.
からくりの時計手を振る盆踊り 素秀 1 たか子.
足早に行き交ふ人や街暑し 更紗 1 よう子.
猛暑日の香具師へたり込むビール箱 なつき 1 素秀.
人生はuターンなし走馬燈 宏虎 1 かかし.
満面の笑顔で丸め盆だんご こすもす 1 小袖.
競ひ合ひ淵に飛び込む夏の子ら 凡士 1 せいじ.
捕虫網最初にパパが手本見せ みきお 1 菜々.
落蝉や外階段のそっと隅 もとこ 1 音吉.
スパイスのききしカレーを猛暑日に 満天 1 こすもす.

8月14日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
瀞涼し右舷左舷に屏風岩 みのる 9 そうけい.音吉.菜々.せいじ.小袖.素秀.はく子.三刀.みなみ.
旅の荷を解けば風鈴鳴りにけり みのる 6 たかを.菜々.なつき.豊実.こすもす.もとこ.
健さんを掲げ夜店の似顔絵師 凡士 5 音吉.せいじ.たか子.もとこ.うつぎ.
まっすぐに三輪山照らす秋夕焼 明日香 3 満天.小袖.素秀.
坂涼しノーブレーキで風を切る せいじ 3 宏虎.更紗.うつぎ.
自転車の若き盆僧昨日今日 たか子 3 そうけい.満天.よう子.
コートより飛び出すボール草いきれ ぽんこ 3 豊実.こすもす.はく子.
逃げ惑ふ的はふりちん水鉄砲 豊実 2 たかを.みきお.
アマビエの粘土工作夏休み こすもす 2 なつき.みきお.
畦で買ふ蓮田へ出向き盆用意 うつぎ 2 たか子.よう子.
迎火の煙確かに仏間へと ぽんこ 2 宏虎.智恵子.
墓石の灼けて閼伽水渇きたる 素秀 2 凡士.ぽんこ.
盆用意大き蕾を選びをり よう子 1 更紗.
庭仕事終へて至福の梅酒かな 更紗 1 三刀.
百日紅池に五重の塔映す 三刀 1 智恵子.
酸っぱさも避暑になるなり夏リンゴ 音吉 1 凡士.
銀シャリを腹一杯の終戦日 宏虎 1 ぽんこ.
金魚玉タロウと呼びし亀のいて 智恵子 1 みなみ.

8月13日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
行き違ふとき蝶となるヨットの帆 みのる 6 音吉.せいじ.豊実.たか子.やよい.うつぎ.
香煙を焚けば仏間の夜の秋 たか子 5 明日香.こすもす.三刀.みきお.うつぎ.
羽根洗ふ働き詰めの扇風機 せいじ 4 菜々.宏虎.小袖.はく子.
芋の葉の縁ちりちりと焦げはじむ 明日香 4 素秀.こすもす.なつき.みなみ.
助手席に供花こぼれたる墓参かな こすもす 4 智恵子.素秀.よう子.なつき.
竹林の呂律涼しき古墳山 うつぎ 3 音吉.小袖.凡士.
コンビニに昼を掻つ込む盆の僧 凡士 3 三刀.たか子.みなみ.
菅笠に氷忍ばせ人力車 智恵子 3 せいじ.明日香.ぽんこ.
新町にぞめき聞こえぬ盆の夜 素秀 2 やよい.凡士.
可動橋上がり海から秋の風 素秀 2 更紗.よう子.
子に混ざり父よく遊ぶ夏休み たかを 2 満天.豊実.
空一変電車の窓に大夕立 こすもす 2 そうけい.更紗.
跳び箱のマットにポツリ汗の跡 豊実 2 たかを.みきお.
風呂場より夫の鼻歌月涼し 更紗 2 菜々.もとこ.
街をゆくギャルら手に手に扇風機 みのる 2 満天.宏虎.
青鷺の何を捕りしか首振りて 明日香 1 智恵子.
赤とんぼ飛ぶに疲れて棒の先 ぽんこ 1 もとこ.
今年また主遺愛の百日紅 やよい 1 たかを.
孵化したる針先ほどの目高かな みきお 1 ぽんこ.
脚紅く灼熱道路に鳩の群れ たか子 1 そうけい.
雑草の蔓延る土手や夏薊 みきお 1 はく子.

8月12日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
晩夏光試合終へたる球児の背 凡士 6 更紗.満天.もとこ.三刀.みきお.たか子.
肉球を広げて犬の午睡かな 更紗 5 明日香.賢一.小袖.みきお.こすもす.
黒板にひぐらしを聞く登校日 素秀 4 智恵子.もとこ.凡士.みなみ.
炎天の皆無口なり商店街 もとこ 3 菜々.満天.はく子.
秋暑し電池切れたる腕時計 満天 3 やよい.なつき.みなみ.
わが父の顔を知らねど終戦日 ぽんこ 3 更紗.宏虎.せいじ.
空蝉の縋る茎ごと切り花に 凡士 2 せいじ.素秀.
風立ちて空はなんだか秋の色 せいじ 2 菜々.凡士.
峰雲に手の届きさうハイウェイ うつぎ 2 たかを.はく子.
梅みそも添えて夕餉に湯引き鱧 菜々 2 たかを.やよい.
朱の文字の自分で立てし墓洗ふ 宏虎 2 明日香.豊実.
姦しき老人会にアロハシャツ よう子 2 小袖.うつぎ.
手提げには締りの緩き秋扇 たか子 2 素秀.賢一.
若女将裳裾端折りて水を打つ みのる 1 なつき.
落蝉をそっとつまむもまた鳴いて 明日香 1 豊実.
村中に今も弘法井戸涼し はく子 1 音吉.
胸板に吹き出す汗や熱帯夜 三刀 1 宏虎.
大汗の元となりたる粗大ごみ せいじ 1 こすもす.
稲穂波はしゃぐ雀の浮沈み 素秀 1 ぽんこ.
外灯の暈のごとくに火取り虫 みのる 1 たか子.
明日もやるグランドゴルフ油照り たかを 1 うつぎ.
鑑載機機銃掃射に逃ぐ青田 宏虎 1 ぽんこ.
盆用意終えたる父のいびきかな なつき 1 三刀.
葉陰より水やりのたび秋の蝶 明日香 1 音吉.
盆用意ささやかにしてねんごろに たか子 1 智恵子.

8月11日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
午後二時の陸橋にある残暑かな 凡士 5 そうけい.たかを.せいじ.音吉.よう子.
赤とんぼ牧場の牛の背に揺られ 智恵子 5 せいじ.たか子.ぽんこ.凡士.みなみ.
降り立ちて汗の滴る駅舎かな 更紗 4 そうけい.やよい.豊実.なつき.
早々と僧も子も来ぬ盆支度 なつき 3 音吉.たか子.明日香.
猛暑日や洗濯物に残る熱 明日香 3 智恵子.もとこ.菜々.
噴水の頂点の粒無重力 みのる 3 豊実.なおこ.みなみ.
仏間まで光り届けり月今宵 みきお 3 満天.やよい.よう子.
夕涼や夫を迎えにそこらまで 菜々 2 更紗.なおこ.
秋暑し増ゆるばかりのパスワード 凡士 2 うつぎ.はく子.
初盆の提灯揺れる勝手口 素秀 2 たかを.智恵子.
まだ誰もゐぬ霊園や朝涼し 更紗 2 三刀.うつぎ.
パソコンに反論してる夜の秋 音吉 2 賢一.もとこ.
空だけはちょっとお先に秋模様 たか子 2 ぽんこ.はく子.
車中から仰ぐ花火や河川敷 素秀 2 こすもす.なつき.
若き血の滾る夏空甲子園 智恵子 2 満天.宏虎.
大空に季節違わず鰯雲 明日香 1 こすもす.
影よりも速く走れと運動会 音吉 1 三刀.
猛暑日の木陰に入りてマスクとる 満天 1 宏虎.
汗みどろ粗大ごみ出す大仕事 せいじ 1 隆松.
夏果つや息子四十過ぎしとは もとこ 1 賢一.
盆休み人出の無さを報じたる たか子 1 更紗.
落蟬の転げ回りて鳴き尽くす なつき 1 菜々.
風鈴の鳴りて客ゐぬ間通路 よう子 1 素秀.
山野草育てし庭に芋殻焚く うつぎ 1 素秀.
顔寄せてじっと見つめる稲の花 みきお 1 凡士.
売地札はるかに越えて夏の草 たかを 1 明日香.

8月10日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山羊繋ぐ杭の赤錆晩夏光 素秀 7 音吉.たかを.豊実.やよい.凡士.三刀.みきお.
藻の花を撮らんとすれば水の綺羅 よう子 6 音吉.せいじ.小袖.明日香.こすもす.うつぎ.
手を伸ばす蝉の抜け殻肩車 たかを 4 賢一.たか子.素秀.こすもす.
落蝉の六肢合掌せるごとし みのる 4 菜々.素秀.凡士.もとこ.
百磴に大息のつく墓参 ぽんこ 3 そうけい.満天.更紗.
里山の垣根なきかな庭千草 智恵子 3 はく子.小袖.よう子.
一匹のああ一匹の蚊の羽音 豊実 3 せいじ.智恵子.なつき.
供花の如墓地取り巻きてひまわり田 こすもす 3 そうけい.満天.明日香.
閉ざされし校門前にカンナ燃ゆ 満天 3 はく子.みきお.みなみ.
稲の香は故郷の香や夕散歩 こすもす 2 やよい.なつき.
秒針が夏草打ちし花時計 なつき 2 たか子.みなみ.
山椒魚岩も動かず水も又 宏虎 2 豊実.ぽんこ.
秋の水献花と共に捧げらる たか子 2 宏虎.更紗.
力石に屈めば襲ひ来る藪蚊 うつぎ 2 菜々.よう子.
熊蝉をワシワシと呼ぶ国遠し せいじ 2 もとこ.うつぎ.
仏に詫ぶ初盆帰省断念し やよい 2 智恵子.ぽんこ.
猛暑なり乾き切ったる庭の土 菜々 1 三刀.
自販機の追加の音や町猛暑 満天 1 たかを.
立ばなし蚊にまとわれて早口に 菜々 1 賢一.

8月9日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
古町の路地から路地へ盆の僧 うつぎ 8 智恵子.三刀.素秀.よう子.菜々.凡士.なつき.みなみ.
漁り火の沖に煌めく星月夜 智恵子 5 そうけい.ぽんこ.はく子.こすもす.明日香.
涼しさや黒部の湖の深みどり やよい 4 そうけい.宏虎.はく子.みなみ.
村起し向日葵畑のかくれんぼ かかし 3 せいじ.菜々.こすもす.
ビール飲む泡の髭つけ今日終る 凡士 3 たかを.なつき.うつぎ.
頭突きして灯に玉砕す金亀子 みのる 3 たか子.賢一.うつぎ.
体験の語り部僅か原爆忌 ぽんこ 3 音吉.智恵子.よう子.
柳堂閉ざす四方より蟬の声 なつき 2 素秀.やよい.
花火果て余韻の残る人の群れ 宏虎 2 三刀.凡士.
向日葵やソフィアローレン女ぶり たか子 2 音吉.ぽんこ.
カタコトも交じる総出の溝浚え みきお 2 やよい.賢一.
メール打つ娘の手すばやく蚊を打てり なつき 2 たかを.せいじ.
花火師やコロナ禍向かふ心意気 もとこ 2 満天.明日香.
行くほどに鼻腔くすぐる青田道 せいじ 1 もとこ.
ひげ剃りて掌優し今朝の秋 三刀 1 もとこ.
読みかけの小説いずこ蚯蚓鳴く たかを 1 豊実.
納涼船見上ぐネオンの摩天楼 智恵子 1 宏虎.
七夕笹一人ひとつの願い事 こすもす 1 満天.
ダムカレーの堰まづ崩す残暑かな やよい 1 たか子.
慣性の法則の無いトンボかな 音吉 1 豊実.

8月8日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
噴水のラインダンスや須磨離宮 みのる 9 満天.やよい.せいじ.ぽんこ.みきお.三刀.なつき.かかし.菜々.
くぐもれる土鳩の声や昼寝覚 かかし 4 賢一.凡士.ぽんこ.智恵子.
水遣りて裾吹く風や今朝の秋 はく子 3 凡士.三刀.うつぎ.
良き形の松を透かせて軒すだれ 菜々 3 たかを.やよい.はく子.
古椅子を軒に並べて夏惜しむ せいじ 3 こすもす.よし子.もとこ.
夕顔の朝の無口やおちょぼ口 智恵子 3 賢一.そうけい.たかを.
秋暑し落とし物なるマスクかな たか子 3 そうけい.みなみ.もとこ.
扇づかい不満ありげと分かりけり みのる 2 音吉.たか子.
ウイルス禍のことも語りつ墓洗ふ 菜々 2 豊実.うつぎ.
さるすべり高石垣の庭紅く 素秀 2 宏虎.菜々.
スコップの置かれしままやこの暑さ かかし 2 音吉.豊実.
里帰りするなと伝え盆用意 明日香 2 みきお.なつき.
縦走のリュックの重し尾根涼し やよい 2 こすもす.はく子.
藪寺の軒端の鐘に夾竹桃 ぽんこ 2 素秀.みなみ.
スプーンの跡の体積水羊羹 素秀 1 たか子.
雨戸繰り草木の匂ふ今朝の秋 満天 1 よし子.
しがみつく蝉もろともに枝そよぐ せいじ 1 かかし.
夕涼み影絵にじゃれる猫二匹 智恵子 1 満天.
ままごとの茶碗に小石原爆忌 なつき 1 素秀.
水溜まり忽ち出来る夕立かな こすもす 1 宏虎.
這松のすそに毛更りの雷鳥 やよい 1 智恵子.
帰省してばあばと嬰のしやべり出す なつき 1 せいじ.

8月7日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
コロナ禍に故郷遠き盆の空 智恵子 7 満天.せいじ.明日香.ぽんこ.三刀.小袖.なつき.
鎮魂の線香けぶる原爆忌 みきお 5 宏虎.かかし.こすもす.智恵子.みなみ.
匂ひ立つドリップコーヒー今朝の秋 やよい 5 音吉.菜々.みきお.こすもす.智恵子.
木の洞に蟻の道あり原爆忌 なつき 4 そうけい.賢一.たかを.もとこ.
草むしり足元暮れてしまふまで みきお 4 菜々.明日香.たか子.やよい.
自販機のゴトンと落下桐一葉 宏虎 4 豊実.三刀.なつき.みなみ.
とんばうに先導されて車椅子 せいじ 2 素秀.やよい.
揺るぎなき平和こそ欲し原爆忌 たか子 2 満天.はく子.
鳩涼し平和の鐘のひびく中 みのる 2 たかを.素秀.
菓子箱の鍬形放つ山静か 豊実 2 そうけい.たか子.
水蜜桃食べる子の足舐める犬 智恵子 2 賢一.豊実.
簾落つ大堰堤の水涼し みのる 2 音吉.せいじ.
千羽鶴を龍雲にのせ原爆忌 そうけい 1 小袖.
とてもその気配もなくて秋立つ日 たか子 1 はく子.
地蔵尊の木々に囲まれ風涼し 満天 1 もとこ.
語りつぐ人の少なき原爆忌 満天 1 かかし.
葉の中に溶け込んでいる雨蛙 明日香 1 ぽんこ.
朝顔の花の届きし二階窓 素秀 1 みきお.
黙祷すテレビ桟敷や原爆忌 やよい 1 宏虎.

8月6日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
釣り人の横で輪をかく蜻蛉かな なつき 4 賢一.せいじ.小袖.もとこ.
鎧戸を射抜くがごとき大西日 せいじ 4 ぽんこ.隆松.なつき.みなみ.
突堤の囲む一湾月涼し 素秀 4 菜々.はく子.小袖.隆松.
貝殻を寄せて手元に土用波 素秀 3 たかを.智恵子.なつき.
沢蟹の横切るを待つ散歩道 隆松 3 みのる.豊実.明日香.
髪切って風襟足へ今朝の秋 満天 3 はく子.三刀.みきお.
滝壺を出て磊々の瀬となんぬ みのる 3 音吉.素秀.ぽんこ.
コロナ禍のマスク外して避暑散歩 みのる 2 菜々.せいじ.
草むらの小径行交う捕虫網 三刀 2 たか子.みきお.
採れたての野菜背負うや朝の蝉 豊実 2 そうけい.たかを.
夏行事何一つ無く秋隣 明日香 2 満天.こすもす.
故郷へ供物送りて盆用意 満天 2 智恵子.こすもす.
父の手に泥つきしまま茗荷の子 こすもす 2 賢一.素秀.
雲海の絨緞尾根に立ち尽くす やよい 2 たか子.みなみ.
湖望む墓苑の丘の風涼し 隆松 2 そうけい.三刀.
青信号踏み出す一歩溽暑かな みきお 1 やよい.
目も眩む猛暑に歪むアスファルト 智恵子 1 満天.
落石や鼻先二尺雲海へ 音吉 1 豊実.
月皓とくまなき梅雨の明けたるへ はく子 1 もとこ.
掛け声に潜る速さの鵜やあはれ たか子 1 音吉.
不安気なコロナ色した梅雨の月 明日香 1 宏虎.
抽んでし鬼百合園を睥睨す せいじ 1 明日香.
工事場のパイプに鳴ひて街の蝉 もとこ 1 やよい.
風やみて火照る頬っぺや草いきれ 智恵子 1 宏虎.

8月5日 (投句18名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
岬まで潮の道あり夜光虫 素秀 7 音吉.智恵子.よし子.隆松.みきお.小袖.みなみ.
JAの玄関ドカと大南瓜 やよい 4 素秀.たか子.こすもす.豊実.
蟬時雨苔むす姫の供養塔 なつき 4 そうけい.ぽんこ.三刀.みきお.
籐椅子や文豪そこに在わすかに たか子 4 宏虎.明日香.やよい.菜々.
雲の峰大海原を独り占め 智恵子 4 たかを.満天.みのる.こすもす.
炎昼の町疾走す救急車 満天 3 三刀.菜々.もとこ.
水やりに迷ふ夕立の気配かな 明日香 2 賢一.豊実.
白玉の次々浮いて急かしたる たか子 2 せいじ.素秀.
夏見舞ひと言添へる青インク 素秀 2 賢一.なつき.
言はでもの言ひたる悔いや戻り梅雨 はく子 2 音吉.よし子.
絶海の孤島に棲める牛の朱夏 音吉 2 たかを.みなみ.
鳥居百くぐり荒神涼しかり やよい 2 たか子.小袖.
寝る前に再度愛でるや梅雨の月 こすもす 1 はく子.
公園の子等の声なき夏休み 満天 1 もとこ.
研ぎとがれ刃金びかりや滝の巌 みのる 1 ぽんこ.
石鹸のぷにゅっと溶ける猛暑かな 智恵子 1 やよい.
草茂る墓への小道細くなり みきお 1 なつき.
明暗の通過点なる蝉の穴 三刀 1 はく子.
朝顔の蔓は眼があり耳のあり 宏虎 1 そうけい.
空席の優先座席に射す西日 豊実 1 満天.
コロナ禍や帰省を悩む子のメール せいじ 1 明日香.
夏草や陸墓の手入れままならず ぽんこ 1 智恵子.
歳時記を開ひては閉づ梅雨曇 みきお 1 宏虎.
ウェルカムフルーツ涼し旅の宿 こすもす 1 せいじ.

8月4日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
石一つケルンに重ね縦走す やよい 10 音吉.菜々.宏虎.せいじ.明日香.こすもす.みのる.隆松.みなみ.なつき.
梅干のほてりを返す笊の中 ぽんこ 7 せいじ.小袖.素秀.やよい.三刀.豊実.もとこ.
白南風に遥か富士見ゆ観覧車 智恵子 6 そうけい.素秀.はく子.豊実.ぽんこ.なつき.
八日目の蝉ごろごろと宮の磴 やよい 4 音吉.たか子.みなみ.もとこ.
青蔦の鉄橋這ふて谷渡る 素秀 4 満天.明日香.みきお.はく子.
新しき風新しき青簾 せいじ 3 たかを.宏虎.三刀.
草刈や金網越しの草野球 豊実 3 そうけい.智恵子.こすもす.
海原を滑るヨットの遥かなり 智恵子 2 たかを.満天.
陋屋に反響したる蝉しぐれ せいじ 1 ぽんこ.
夕立やワイパーときに狂ふやふ 素秀 1 菜々.
もてあます五体わたしの夏休み もとこ 1 やよい.
庭溽暑門柱の影ちぢこまる 菜々 1 小袖.
浜辺にはテント点々日焼けの子 こすもす 1 みきお.
蜩の声聞く窓辺暮れなずむ 三刀 1 智恵子.
縦列で熊蝉鳴けり札所寺 なつき 1 賢一.
巡礼や飽きたるほどの蝉の声 なつき 1 たか子.

8月3日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
礼拝の前奏となる蝉しぐれ せいじ 7 たかを.みなみ.素秀.満天.やよい.菜々.豊実.
浜に干す漁網の臭ひ大暑かな 宏虎 7 そうけい.ぽんこ.はく子.明日香.三刀.小袖.なつき.
竹かごに野の花挿して卓涼し はく子 6 智恵子.ぽんこ.満天.たか子.やよい.こすもす.
鶴嘴を振り上ぐ坑夫油照 みきお 4 音吉.みなみ.たか子.こすもす.
星ひとつ月に寄り添ひ風涼し 満天 4 そうけい.智恵子.明日香.みきお.
香取香縁にけぶりし古都の寺 智恵子 3 みきお.三刀.豊実.
原色のパプリカ漬けて夏に処す たか子 2 賢一.せいじ.
海亀とカヤックでゆく珊瑚礁 音吉 2 せいじ.素秀.
白南風や新築の足場取り外す 豊実 1 なつき.
ハンドルもシートも何もかも灼けて 素秀 1 宏虎.
海開き中止の浜に流木来 素秀 1 もとこ.
縦に割く古木の洞に蟻の道 なつき 1 はく子.
図書館の席減りしまま八月来 みきお 1 もとこ.
片陰の無き道を行く低頭し たか子 1 賢一.
炎昼やそよとも揺れぬ庭の木々 はく子 1 宏虎.
風鈴やころななくなりますやうに せいじ 1 音吉.
梅雨明けや新規レシピに挑戦す 明日香 1 菜々.
石鎚を遥々来る清水汲む 音吉 1 小袖.
梅雨明けの屋根よりまっ赤望の月 智恵子 1 たかを.

8月2日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
庭師らの地下足袋揃へ三尺寝 たか子 8 賢一.せいじ.素秀.三刀.みきお.もとこ.ぽんこ.みなみ.
瞬く間に山河かき消す大夕立 はく子 4 宏虎.三刀.ぽんこ.菜々.
鳴き終はるときのトレモロ蝉涼し せいじ 4 音吉.そうけい.小袖.もとこ.
夏蝶の道を聞くごと耳のそば たか子 3 たかを.せいじ.素秀.
雨晴れて立ち上がりたる雲の峰 せいじ 3 満天.宏虎.明日香.
スリッパの身構へゐたる油虫 やよい 2 賢一.豊実.
妹は負けず嫌ひよ花火持つ なつき 2 豊実.菜々.
道の辺に炎のごとくカンナの緋 ぽんこ 2 音吉.満天.
梅雨明やマスク確かむ宅配便 明日香 2 たかを.なつき.
海亀とカヤックでゆく太郎かな 音吉 1 そうけい.
老いあれど何処か昔の泳ぎあり 宏虎 1 たか子.
木々の葉の笑ふやうなり梅雨の明 豊実 1 はく子.
梅雨明の空の青さに眩しけり 満天 1 小袖.
母の味おもひ出しつつ茄子漬ける 菜々 1 明日香.
裸子の戦上手に撃たれけり もとこ 1 たか子.
夏野菜並べホテルの朝の市 こすもす 1 なつき.
雷雨きてかけ込む浜の漁具倉庫 素秀 1 はく子.
家で見る生配信の揚げ花火 なつき 1 こすもす.
洗ひ髪自分でカット自粛なか 智恵子 1 こすもす.
仕掛花火川に落ちしは火の流れ 宏虎 1 智恵子.
砂に刺すロケツト花火砂に爆ぜ 素秀 1 智恵子.
油蝉全く姿見せぬまま 明日香 1 みなみ.
赤富士の脈燃えるごと茜空 智恵子 1 みきお.

8月1日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雷鳴や小手一閃の小剣士 素秀 7 そうけい.たかを.豊実.やよい.三刀.こすもす.みきお.
林道の朽ちしバス停蝉しぐれ 智恵子 6 そうけい.賢一.はく子.素秀.ぽんこ.明日香.
百歳は珍しからず合歓の花 宏虎 4 せいじ.智恵子.なつき.三刀.
梅雨晴れて四更に照らす十日月 はく子 2 音吉.満天.
梅雨明や混み合ふ午後の美容室 満天 2 豊実.もとこ.
梅雨明や球音乾く甲子園 豊実 2 宏虎.ぽんこ.
家出猫探す貼紙蝉しぐれ みきお 2 せいじ.なつき.
露天湯の客は三人苔の花 こすもす 2 素秀.みきお.
場所決めて絵日傘ひらく釣り師かな なつき 2 智恵子.もとこ.
一匹の蝉去り今し無音界 せいじ 2 宏虎.こすもす.
紅灯を抜け磯の香や夕の凪 智恵子 2 音吉.たかを.
一村の家々分かつ稲架襖 みきお 2 賢一.たか子.
置き物じゃ無いと五郎助首回す 音吉 1 菜々.
ままならぬ外出三日梅干して やよい 1 たか子.
教会迄の一本道や夏木立 こすもす 1 菜々.
愛し靴磨き上げるや梅雨果てん たかを 1 うつぎ.
朝蟬やリハビリの児にまぶしき陽 なつき 1 はく子.
消毒に蚊も蝿も見ぬ不気味あり たか子 1 うつぎ.
青鷺のひょいと首出す田んぼかな 明日香 1 やよい.
コロナ禍の鈴緒の禁止晩夏かな ぽんこ 1 明日香.
梅雨明けやカタカタ踊るランドセル もとこ 1 満天.

7月31日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
せせらぎに洗ふ絵筆や山薊 智恵子 7 音吉.愛正.たかを.菜々.はく子.みきお.なつき.
針落とす波紋は闇に夜釣舟 素秀 5 愛正.みなみ.三刀.豊実.ぽんこ.
鍬の手を休める先の鰯雲 みきお 4 智恵子.素秀.やよい.なつき.
岸壁に竿の動かぬ油照 素秀 4 もとこ.みきお.ぽんこ.こすもす.
峰雲や岬に並ぶ師弟句碑 やよい 4 せいじ.素秀.明日香.たか子.
河骨の花揺らし鮒釣り上げる なつき 3 満天.智恵子.はく子.
草いきれまとひて静か父母眠る もとこ 3 音吉.せいじ.みなみ.
遠雷や駆け出す人とすくむ人 たか子 2 賢一.菜々.
月影に座して名句を待ちにけり 音吉 2 もとこ.三刀.
お喋りの果てる事無し草むしり たかを 1 賢一.
鈴なりの空蝉御座す新居かな 豊実 1 明日香.
大夕焼ひと日が速く過ぎてゆく 明日香 1 宏虎.
大胆に老いを生きよと梅雨晴るる 宏虎 1 たか子.
虹架かるそこをめがけて着陸す 音吉 1 満天.
街角を曲がれば匂ふ青田かな せいじ 1 宏虎.
白南風や工事現場の吹流し せいじ 1 やよい.
大小の靴揃ひけり盂蘭盆会 みきお 1 たかを.
大夕立一気に熱を払ひけり 満天 1 こすもす.
遠雷や時間いっぱい大相撲 たか子 1 豊実.

過去一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]