成績一覧

過去一覧

7月30日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蝋石の落書き消して過ぐ夕立 素秀 6 せいじ.豊実.はく子.ぽんこ.こすもす.なつき.
かき氷をんなの愚痴で山崩す もとこ 6 三刀.宏虎.満天.ぽんこ.みきお.たか子.
長雨に刻を惜しみて夜鳴き蝉 智恵子 6 音吉.素秀.明日香.小袖.そうけい.もとこ.
添ひ寝して児に起こさるる昼寝覚 なつき 5 賢一.たかを.智恵子.やよい.みきお.
蝉しぐれビデオ通話に紛れ込み せいじ 3 賢一.やよい.豊実.
列島に狼藉遺し梅雨明ける 宏虎 3 こすもす.たか子.みなみ.
墓参り仲良くしてと合掌す 音吉 2 たかを.菜々.
平安の雅に触れもし夏惜しむ はく子 2 三刀.満天.
風死すや大仏眼開かれし 宏虎 2 音吉.もとこ.
中空に薄き半月夕涼し やよい 2 明日香.なつき.
いにしへの香木並べ夏館 はく子 2 素秀.そうけい.
リモートのホストとなりて汗しとど 明日香 1 せいじ.
浴衣の子ぽっくりの鈴弾ませて 智恵子 1 小袖.
濁流の音の迫力梅雨出水 こすもす 1 はく子.
うしうしと聞けば聞こゆる蝉愉し せいじ 1 菜々.
滝音の轟く谷間日の零れ みきお 1 みなみ.
日除にと窓いっぱいにゴーヤーの葉 満天 1 智恵子.

7月29日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
マルクスや紙魚の住処となりにける もとこ 6 音吉.たかを.せいじ.素秀.豊実.たか子.
緑陰を広げ神木大欅 はく子 6 菜々.智恵子.明日香.みなみ.みきお.やよい.
虹立つや天の差し入れかと思ふ 音吉 3 素秀.はく子.たか子.
曖昧な空に兼用日傘かな たか子 3 満天.宏虎.こすもす.
立会いの刹那無音の七月場所 素秀 3 たかを.豊実.もとこ.
エアコンの音うとましや熱帯夜 菜々 3 ぽんこ.三刀.なつき.
窓際に猫うたた寝の夏座敷 素秀 3 賢一.はく子.こすもす.
負け蝉の奇声を発し飛び去りぬ せいじ 2 賢一.宏虎.
品の良き芳香幽か扇子置く 宏虎 2 音吉.三刀.
未読の本又も増えるや蝉時雨 こすもす 2 なつき.やよい.
向日葵の迷路を抜け来5歳かな みきお 2 愛正.菜々.
鮎釣や橋渡りゆく二両列車 豊実 2 愛正.みなみ.
苔を削ぐ鮎煌めけり山の沢 みきお 2 智恵子.もとこ.
ぐい呑みの切子のひかり酒旨し 宏虎 2 せいじ.ぽんこ.
ギプス出づ指先動く昼寝起き なつき 1 みきお.
蝉あまた枝てふ枝に揉み合へり せいじ 1 満天.
ハート型夜空に描く揚花火 なつき 1 明日香.

7月28日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
浜っ子の目指す遠泳烏帽子岩 智恵子 5 賢一.そうけい.せいじ.素秀.たか子.
夜そこにしばらく待たせ大夕焼 素秀 4 音吉.賢一.智恵子.たか子.
逃げる背を打てど届かぬ水鉄砲 なつき 3 三刀.ぽんこ.明日香.
絵手紙の川面へ木々の夏見舞 満天 3 宏虎.素秀.もとこ.
ひと株が握れぬほどに青田かな 明日香 3 せいじ.豊実.もとこ.
朝涼や町一望の丘に佇ち 菜々 3 こすもす.みなみ.はく子.
夏草の雨に打たれて道塞ぐ 三刀 3 満天.ぽんこ.豊実.
車窓から吹き込む風や蝉時雨 豊実 3 たかを.宏虎.みきお.
空梅雨やサラサラ落ちる砂時計 みきお 2 こすもす.菜々.
ヘリコプター低く旋回梅雨出水 みきお 2 たかを.なつき.
コロナ禍で今年会えぬと夏見舞 満天 2 三刀.なつき.
長雨に末生り西瓜爆ぜにけり なつき 2 明日香.はく子.
夏衣着こなして僧月参り 明日香 1 うつぎ.
水子地蔵同じ顔無き梅雨しとど ぽんこ 1 そうけい.
熱帯夜ムンクの叫び凝視せん かかし 1 音吉.
広き囲の真中米粒ほどの蜘蛛 せいじ 1 うつぎ.
古民家カフェ匂ひ懐かし蚊遣香 こすもす 1 菜々.
銀やんまのの字のの字で捕りし友 音吉 1 みなみ.
熱帯夜水面を跳ねる鯉の音 かかし 1 満天.
早起きの子等の声する夏休み みづき 1 みきお.
蝉の楽フォルティッシモで始まりぬ せいじ 1 智恵子.

7月27日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひぐらしの声ではじまる山の朝 みきお 8 音吉.菜々.素秀.はく子.三刀.やよい.明日香.こすもす.
泣き腫らす嬰もくもくとゼリー食ぶ なつき 4 満天.せいじ.みなみ.みきお.
畑隅に並ぶうらなり西瓜かな なつき 4 賢一.智恵子.はく子.こすもす.
隧道の出口にしづく岩タバコ 智恵子 4 愛正.せいじ.素秀.なつき.
空蝉の風のあるなし転びゆく 満天 3 音吉.ぽんこ.かかし.
荒梅雨や六道輪廻のこもる鐘 ぽんこ 3 愛正.かかし.なつき.
山門に日傘濡らさぬ雨宿り 素秀 2 宏虎.智恵子.
早朝の一斉掃除青芒 こすもす 2 菜々.豊実.
熊蝉の声一斉に雨上り 三刀 2 宏虎.みづき.
塑像と化す青鷺田中動かざる はく子 2 みなみ.たか子.
多忙なる日々をこなしてソ−ダ水 宏虎 2 たかを.明日香.
子らの来て端居でうつら旅の夢 素秀 2 みきお.豊実.
出し抜けに飛び立つ蝉の羽音かな せいじ 2 みづき.やよい.
子燕も聴くBGMや露天の湯 たかを 2 賢一.三刀.
群れ咲くもそっぽを向くも日輪草 たか子 1 満天.
さあ出来た着付けよろしく阿波踊り 音吉 1 ぽんこ.
梅雨出水サッカーボールの見え隠れ みきお 1 たかを.
飛び去りし青の残像翡翠よ 豊実 1 たか子.

7月26日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ふしくれの指のなめらか祭笛 みきお 14 音吉.愛正.ぽんこ.賢一.たかを.素秀.豊実.そうけい.はく子.なつき.明日香.たか子.こすもす.やよい.
清書きの半紙に汗の一雫 せいじ 4 ぽんこ.たかを.なつき.やよい.
地蔵堂手を合わせれば蝉の声 こすもす 3 満天.素秀.たか子.
涼風や流るるままのちぎれ雲 三刀 3 豊実.みきお.明日香.
餌やればもどかしさうに来る蘭鋳 音吉 2 智恵子.みなみ.
梅雨ごもり客の御座布で猫正座 たかを 2 賢一.こすもす.
四阿に先客あまた蚊の待機 智恵子 2 満天.宏虎.
緑陰は名士ばかりぞ奥の院 音吉 2 宏虎.三刀.
梅雨きのこ花のふりしてプランター 明日香 2 せいじ.菜々.
名将に良き部下ありて灸花 宏虎 2 音吉.はく子.
踏み締める山の勾配黒揚羽 豊実 2 愛正.せいじ.
夕蝉や手術終はりし電話待つ なつき 1 みきお.
傘畳む滴る雨や送り梅雨 みきお 1 智恵子.
とりわすれお化け胡瓜となりにけり こすもす 1 菜々.
長梅雨にため息ばかり老夫婦 菜々 1 三刀.
夏草の丸めて並ぶなぞへかな 素秀 1 みなみ.
開山堂をとこ一礼一歩踏む たか子 1 そうけい.

7月25日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
青田ゆく風の足あと渺渺と やよい 8 音吉.たか子.明日香.みきお.はく子.三刀.ぽんこ.宏虎.
ギプスの児抱いて汗の香いとほしむ なつき 5 智恵子.せいじ.豊実.やよい.小袖.
梅雨晴れ間水たまりよけ宮参り なつき 5 賢一.隆松.豊実.宏虎.こすもす.
蝉しぐれ包丁さばき早まりぬ 満天 4 賢一.隆松.たか子.もとこ.
真っ直ぐの蜥蜴の尻尾光る青 豊実 3 みきお.こすもす.小袖.
旅行には気の合ふ三名鳳仙花 宏虎 2 素秀.みなみ.
通院に寄り添ふごとく蝉しぐれ せいじ 2 菜々.たかを.
夏草や今は昔の茶臼山 ぽんこ 2 音吉.せいじ.
山荘の庭愛犬とハンモック 智恵子 2 素秀.なつき.
波蹴ってサーファー沖へパドリング 智恵子 2 はく子.ぽんこ.
昼下がり田螺ひっそり立ち泳ぎ みきお 2 智恵子.もとこ.
コロナ禍や薬師如来に祈る夏 明日香 2 三刀.やよい.
鳥の声途切れ里山梅雨深む 菜々 2 満天.なつき.
暑いねと声掛けくれし警備員 せいじ 1 みなみ.
夏藤や南円堂に良き蔭を 明日香 1 菜々.
ビオトープ守る夫婦や未草 こすもす 1 明日香.
取組終へ微笑ふ力士の洗ひ髪 素秀 1 満天.
淡墨の長引く梅雨の空見上ぐ 三刀 1 たかを.

7月24日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
採れ過ぎてあの手この手の茄子料理 菜々 4 満天.明日香.こすもす.なおこ.
流木やおもかじの声夏の海 音吉 4 そうけい.素秀.豊実.もとこ.
藻の花に潜る魚影の見え隠れ 智恵子 4 音吉.菜々.そうけい.明日香.
鉾立ての無きままに神かへりけり もとこ 4 たかを.音吉.賢一.やよい.
新コロナ賓頭盧様は簾奥 明日香 4 素秀.小袖.ぽんこ.はく子.
ベランダの席を選びてティータイム こすもす 3 菜々.満天.やよい.
梅雨の空荒地一画地鎮祭 たかを 3 豊実.三刀.なつき.
クレーンの幾何学模様雲の峰 みきお 3 宏虎.小袖.なつき.
コロナ禍に負けずと過ごす大暑かな 三刀 2 こすもす.なおこ.
接岸に裸足の男走り来る 音吉 2 みきお.ぽんこ.
酢の物の器はあさがほ夏料理 はく子 2 宏虎.みきお.
兄妹でバケツ一杯花火屑 なつき 2 せいじ.智恵子.
岩清水アルミコップの光りけり みきお 2 賢一.たか子.
改修のフェンスの隙間西瓜畑 明日香 1 たかを.
竹林に鬨の声上ぐ蝉しぐれ せいじ 1 たか子.
別れとは名残の涙盆の月 宏虎 1 智恵子.
名句にも季語二つあり月下美人 宏虎 1 三刀.
天辺に雨の気配の夏木立 たか子 1 せいじ.
自転車に追ひすがりては蝉しぐれ せいじ 1 もとこ.
箱庭の芝生の中に子犬あり ぽんこ 1 はく子.

7月23日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蔵屋敷うすれし文字の麻のれん 智恵子 5 音吉.愛正.素秀.豊実.やよい.
朝顔の鉢いだきあぐ一年生 もとこ 4 そうけい.賢一.満天.豊実.
夜濯ぎをテラスに干して旅終わる たか子 4 素秀.たかを.やよい.みなみ.
手術着の嬰泣き尽くす大暑かな なつき 3 賢一.三刀.ぽんこ.
万緑を駆け旗山の義経像 素秀 3 明日香.もとこ.なつき.
青田風ま白き鷺の見え隠れ 隆松 3 はく子.明日香.みきお.
身を反りて網打ちにけり夏の川 みきお 3 音吉.そうけい.たか子.
人影の点々大暑の大干潟 三刀 3 智恵子.たかを.ぽんこ.
岩穿つ松の若木や蝉時雨 豊実 2 宏虎.みきお.
交差点何度も渡り町大暑 満天 2 小袖.三刀.
農小屋の陰なればなほ青田濃し せいじ 2 もとこ.みなみ.
朝涼しおしゃれマスクに颯爽と 菜々 2 せいじ.はく子.
南円堂空蝉すがる右近の木 明日香 2 たか子.なつき.
山なみに埋もる苫屋蝉しぐれ たかを 2 愛正.せいじ.
お泊まりの子ら寝かしつけ冷し酒 なつき 2 菜々.隆松.
ケ−ブルカー見渡す限り合歓の花 宏虎 1 こすもす.
月下美人今宵咲くよと弾む声 やよい 1 満天.
短夜や亡母ゐるごと妻がゐて たかを 1 智恵子.
踏青す甘樫丘暮れるまで 音吉 1 菜々.
写メールの月下美人の香気かな やよい 1 宏虎.
足音にぴたりと止まる蝉の声 ぽんこ 1 こすもす.
空蝉や反りかえりみる青き空 素秀 1 小袖.
古池を紫に染む布袋草 智恵子 1 隆松.

7月22日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
仏壇の西瓜たたいて子ら拝む なつき 6 愛正.満天.素秀.みきお.こすもす.ぽんこ.
恙なき八十路の夫婦冷や奴 菜々 4 せいじ.はく子.三刀.なつき.
片陰に弔辞を待てる霊柩車 素秀 4 たかを.音吉.豊実.みなみ.
目打ちされうねる鰻を刃で鎮め 豊実 3 みきお.ぽんこ.もとこ.
高木の上枝飛び交ふ蝉つぶて せいじ 3 そうけい.やよい.明日香.
田に水を張りて朱鷺待つ農夫哉 音吉 2 たかを.菜々.
長雨の一休み早やいわし雲 ぽんこ 2 そうけい.智恵子.
降り癖の空一変し炎暑来る たか子 2 みなみ.明日香.
朧月波が波押す船だまり みきお 2 小袖.たか子.
目覚ましは大合唱の蝉の声 満天 2 菜々.はく子.
門柱に正座す猫や梅雨の空 たかを 2 豊実.もとこ.
土俵入りみてより散歩大夕焼 こすもす 2 音吉.たか子.
北斎の描きし関所蝉しぐれ 智恵子 2 愛正.隆松.
タイガース勝ちて肴にビール干す 宏虎 2 満天.智恵子.
朝蝉の一斉の中体操す たか子 2 宏虎.こすもす.
鴨休む小島の二つ青田中 やよい 1 素秀.
冷奴庭の青紫蘇きざみもし 菜々 1 やよい.
児と電車ごつこでくぐる茅の輪かな なつき 1 せいじ.
肝吸も付けて鰻重老舗座す 智恵子 1 宏虎.
竹かごに盛らる八寸夏料理 はく子 1 なつき.
京の辻暮れゆきて川床料理 もとこ 1 小袖.

7月21日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山車蔵の龍遊ばせて土用干 隆松 9 愛正.智恵子.素秀.明日香.小袖.たか子.はく子.もとこ.やよい.
溶接の鉄に弾ける汗しづく 素秀 7 愛正.音吉.賢一.たかを.せいじ.ぽんこ.やよい.
梅雨空の底に一村隠れ里 たか子 4 三刀.せいじ.素秀.みきお.
人気なき産土神や蝉時雨 明日香 3 たかを.三刀.みなみ.
疎に密に鴨の百羽や田草とる やよい 3 満天.みなみ.はく子.
まだ動く釣果の鯵を料りけり やよい 3 明日香.たか子.なつき.
ひとくだり奏で飛び去る独り蝉 せいじ 3 音吉.豊実.こすもす.
大花火果てて地球の闇となる たか子 3 そうけい.こすもす.みきお.
竹藪の沼地統ぶる牛蛙 ぽんこ 2 満天.智恵子.
戻れない懺悔の汗や遍路道 みきお 2 そうけい.ぽんこ.
日矢差せば殊に激しき蝉しぐれ せいじ 2 菜々.なつき.
人気なき午後の公園夾竹桃 満天 1 菜々.
満天の星めく里の恋蛍 智恵子 1 宏虎.
汗流す風呂を上がりてどっと汗 うつぎ 1 豊実.
光る海七里ヶ浜の蝉時雨 智恵子 1 小袖.
高速の分岐点なる夾竹桃 満天 1 宏虎.
転がりて背中冷たき蝉の殻 素秀 1 もとこ.
門前の小僧の像に麦わら帽 ぽんこ 1 賢一.

7月20日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
青葉木菟発ちて鎮もる大欅 うつぎ 10 宏虎.やよい.明日香.豊実.なおこ.はく子.みきお.ぽんこ.三刀.隆松.
真清水にどしりと沈む堅豆腐 素秀 5 せいじ.やよい.ぽんこ.たか子.うつぎ.
木々の葉に日差しきらめき梅雨上がる 菜々 4 たかを.なおこ.なつき.うつぎ.
家中の窓より迫る蝉しぐれ せいじ 3 そうけい.満天.隆松.
早暁の雲くれないや蝉時雨 宏虎 3 智恵子.素秀.豊実.
丹精の父の西瓜の種多し なつき 3 智恵子.音吉.小袖.
アンパンマンの自転車放さぬ日焼けの子 こすもす 2 菜々.小袖.
梅雨茸の群れてか細き辻祠 智恵子 2 愛正.みきお.
梅雨深しするりと開かぬ雨戸かな 満天 2 はく子.たか子.
すれ違ふ何も無きごと蟻二ひき たかを 2 愛正.みなみ.
夕散歩茅の輪くぐりて帰りけり なつき 2 菜々.音吉.
奈良町の猿ぼぼ揺れる梅雨晴れ間 明日香 2 せいじ.なつき.
満々と水を湛へて蜻蛉群る ぽんこ 2 そうけい.明日香.
梅雨晴れ間孫子そろひて墓参り はく子 1 満天.
はまなすややがて消え行く半島に たか子 1 みなみ.
軽登山毒ありさうな夏キノコ 豊実 1 こすもす.
遠くより望む蓮池色まばら みきお 1 こすもす.
走り藷ぽつんと無人販売所 素秀 1 三刀.
家々の壁にこだます蝉しぐれ せいじ 1 宏虎.
梅雨晴れ間園庭に干すアンパンマン たか子 1 たかを.
色褪せし紫陽花を摘む雨上り 三刀 1 素秀.

7月19日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
暑気払泡こまやかに抹茶点て 満天 8 せいじ.菜々.小袖.やよい.たか子.うつぎ.なおこ.はく子.
残像に覆ひ被さる大花火 みきお 7 せいじ.智恵子.たか子.豊実.そうけい.こすもす.うつぎ.
梅雨晴や波止に釣竿ひしめきて やよい 5 智恵子.みきお.明日香.こすもす.なつき.
キッチンカー並ぶ参道蟬時雨 なつき 4 菜々.そうけい.明日香.なおこ.
書道展読めぬ美文字や鉢薊 智恵子 4 宏虎.素秀.やよい.ぽんこ.
岩紛ふ動かぬ無精山椒魚 宏虎 2 満天.小袖.
梅雨晴れの久しき冷気朝の庭 みきお 2 宏虎.三刀.
昼寝子の一人目覚めて涙ぐむ はく子 2 愛正.たかを.
信楽の狸見守る花桔梗 ぽんこ 1 愛正.
休日の子ら飛び起きる梅雨の雷 なつき 1 三刀.
自転車のパンクの修理梅雨晴れ間 豊実 1 はく子.
青蛙窓に貼りつきワンメーター 素秀 1 みきお.
幼子の両の手の伸ぶ青瓢 せいじ 1 素秀.
アフリカの大地の水や夏ミカン せいじ 1 豊実.
大瀞のみなもをしへる宵蛍 素秀 1 たかを.
コロナ禍の自粛ふたたび蟻地獄 やよい 1 ぽんこ.
明日知らぬ命愛ほし蝉の声 宏虎 1 満天.
見え隠れする島の有り土用波 こすもす 1 なつき.

7月18日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
乳牛の乳房張りたる大夏野 素秀 8 賢一.たかを.せいじ.はく子.三刀.みきお.なつき.明日香.
草茂る三軒続きの空家かな こすもす 4 愛正.三刀.なつき.明日香.
青蛙苔の楽園西芳寺 智恵子 3 愛正.宏虎.やよい.
羽根休める青田の畦やこうのとり こすもす 3 宏虎.満天.ぽんこ.
車窓今オホーツク海大夕焼け はく子 3 素秀.やよい.うつぎ.
露天湯に傘置かれあり梅雨の宿 やよい 2 せいじ.はく子.
川沿ひをチェーンソー行く梅雨晴間 満天 2 菜々.こすもす.
杜前の尊徳像や梅雨深し 明日香 2 満天.素秀.
閉店す蕎麦屋の庇梅の雨 たかを 2 みきお.ぽんこ.
百合の花誇りを持ちし母も逝き たか子 2 たかを.豊実.
行く先のまだ決めかねる蝸牛 満天 2 豊実.たか子.
子ら来ると土用鰻を奮発す 菜々 2 智恵子.うつぎ.
土用入りうなぎのうの字縦長に 宏虎 2 たか子.こすもす.
捩花の螺旋にしばし目の疲れ たか子 1 智恵子.
首筋になまぬるき風栗の花 みきお 1 菜々.
亀の子の親の背中であぐらかく ぽんこ 1 賢一.

7月17日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
睡蓮の花の下より鯉の口 満天 6 菜々.せいじ.豊実.三刀.こすもす.明日香.
戸口ごと風鈴ちがふ長屋かな 素秀 5 満天.豊実.たか子.なつき.もとこ.
将棋盤端居の隅で敵を待つ みきお 3 ぽんこ.賢一.なつき.
羅(うすもの)を着て長考の若き棋士 たか子 3 賢一.満天.素秀.
久方の夏空家事のきりもなし やよい 3 ぽんこ.たかを.明日香.
庭一杯シーツを干すや蝉時雨 やよい 2 せいじ.たか子.
夕暮の深みから来るがざみかな 素秀 2 みきお.もとこ.
蝉の羽化神々しさに感無量 宏虎 2 智恵子.三刀.
読書する園のベンチの風凉し ぽんこ 2 宏虎.董雨.
雨含む玉砂利の音木下闇 明日香 2 愛正.やよい.
ほろほろと触るれば零るブルーベリー 菜々 2 董雨.はく子.
葉桜や村入り口の赤ポスト はく子 1 そうけい.
金網に止まるブンブン窓明かり 智恵子 1 みきお.
不快指数うなぎのぼりや梅雨夕べ 菜々 1 はく子.
コロナ禍に皆急ぎ足町じょくしょ 菜々 1 こすもす.
花の如鉢を並べてミニトマト こすもす 1 智恵子.
寄せ植えの講習会や汗しとど こすもす 1 菜々.
大和富士のみに日矢さす梅雨晴間 明日香 1 そうけい.
底熱き宅配ピザや梅雨寒し 豊実 1 素秀.
炊飯器レシピで造る一夜酒 せいじ 1 たかを.
コンビナート寄り添ふ夜景夏の海 智恵子 1 宏虎.
池面を無音の飛行赤とんぼ ぽんこ 1 愛正.
落とし文何時からここに赤ポスト はく子 1 やよい.

7月16日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
上潮の夜に蟹這う通し土間 素秀 9 賢一.愛正.そうけい.智恵子.明日香.みきお.もとこ.豊実.小袖.
広重の絵のごと走る夕立かな たか子 5 菜々.せいじ.素秀.三刀.ぽんこ.
梅雨空へ緑青の屋根千木映えて 明日香 4 満天.たか子.こすもす.はく子.
稲光り闇を二つに切り裂きぬ みきお 3 宏虎.満天.ぽんこ.
大夕立天一枚の重さかな たか子 3 もとこ.豊実.やよい.
白銀の一湾指呼に梅雨の丘 三刀 3 せいじ.素秀.はく子.
夏座敷元禄の軸読み難し やよい 3 菜々.智恵子.なつき.
垣根越し見え隠れする夏帽子 みきお 2 愛正.こすもす.
ボンネツトに夕焼を載せて入日追ふ 素秀 2 そうけい.なつき.
風筋の葉っぱのうねり蓮の花 ぽんこ 2 明日香.たか子.
葉隠れのゴーヤ大きく家籠 なつき 1 小袖.
雨晴れし今が出番と蝉時雨 せいじ 1 宏虎.
梅雨深しくぐもるラヂオ深夜便 もとこ 1 やよい.
羅に女将の性を包みけり 宏虎 1 三刀.
梅雨晴やマスクのおじぎ登校子 満天 1 みきお.

7月15日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
断崖に咲く笹百合や水平線 みきお 6 愛正.智恵子.素秀.豊実.こすもす.もとこ.
下闇の岩座ふたつ社守る 明日香 5 せいじ.賢一.素秀.たか子.やよい.
雨三日お化け胡瓜となりにけり なつき 5 満天.せいじ.三刀.やよい.はく子.
荒梅雨に池の濁りや鯉の口 ぽんこ 5 たかを.そうけい.満天.賢一.明日香.
舎利塔を映したる池水すまし たか子 5 たかを.智恵子.みきお.豊実.なつき.
休耕田伸び放題に夏の草 三刀 3 董雨.はく子.菜々.
花びらの貼り付く梅雨の石畳 せいじ 3 更紗.三刀.たか子.
雨激し若葉の雫傘叩く 明日香 2 董雨.うつぎ.
青鷺や鯉一跳ねす雨の池 豊実 2 宏虎.ぽんこ.
船着場オリーブの花香に一歩 智恵子 2 そうけい.なつき.
梅雨深し楚歌さながらに雨の音 せいじ 2 みきお.うつぎ.
梅雨の夜を本音で語る雄弁家 満天 1 宏虎.
咲く花は濃き紫や梅雨の道 満天 1 ぽんこ.
エツクス線透る背中の日焼かな 素秀 1 こすもす.
貴船川せせらぎ残し風涼し 宏虎 1 明日香.
注意水位に迫る勢い梅雨出水 こすもす 1 菜々.
梅雨寒や千々と乱れる心電図 素秀 1 もとこ.
長梅雨や間合い置きつつ老ふたり もとこ 1 愛正.
お日様に真向かひもして梅雨晴間 うつぎ 1 更紗.

7月14日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
玉葱を吊るして島の駐在所 うつぎ 12 賢一.菜々.たかを.せいじ.智恵子.こすもす.豊実.やよい.明日香.もとこ.なつき.はく子.
喪主といふ長きひと日の冷奴 ひのと 4 素秀.三刀.やよい.もとこ.
無番地てふ番地の宿や海開き こすもす 4 賢一.たか子.たかを.うつぎ.
釣り忍京の町屋の深庇 みづき 4 ぽんこ.素秀.豊実.みきお.
三線の聞こえて来さう海紅豆 はく子 3 菜々.たか子.みきお.
閉店の紙あちこちに梅雨寒し 満天 2 宏虎.明日香.
初蝉や無心に作る泥まんじゅう ぽんこ 2 董雨.うつぎ.
古町のここも空家よ梅雨寒し 菜々 2 董雨.ぽんこ.
赤水門梅雨にけぶりし隅田川 智恵子 2 満天.小袖.
豊かなる土の恵みや大蚯蚓 みきお 2 そうけい.智恵子.
ひさかたの句座賑はふや団扇風 ひのと 2 宏虎.なつき.
法の池浄土の景色蓮の花 宏虎 2 満天.三刀.
ビル街にひそり寄り合ひ梅雨茸 もとこ 1 愛正.
向日葵の特攻跡地咲きにけり 宏虎 1 小袖.
子かまきり水粒抱へ顔洗ふ なつき 1 せいじ.
青芒分け入る先の獣道 素秀 1 こすもす.
風を追ひ風に逆らふ秋茜 みきお 1 愛正.
向日葵の伸びに伸びたりプランター せいじ 1 はく子.
図書館へ続く並木の蝉時雨 素秀 1 そうけい.

7月13日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
髪洗ひ今日の疲れも流しけり 満天 4 宏虎.ぽんこ.智恵子.三刀.
黒南風や河口に群れる百合鴎 智恵子 4 賢一.たか子.こすもす.やよい.
七色の洗濯ばさみ梅雨晴間 ひのと 3 せいじ.隆松.やよい.
老木の貫禄ませる苔の花 素秀 3 賢一.満天.はく子.
梅雨晴れ間祈祷の太鼓鳴り継げり なつき 3 菜々.ぽんこ.三刀.
敦盛の首塚に鳴く蝉時雨 宏虎 3 素秀.もとこ.なつき.
夏柳一方向に風の色 ぽんこ 3 愛正.智恵子.みきお.
朝方の厨の悲鳴パンの黴 豊実 3 せいじ.隆松.うつぎ.
久に会う句友の笑顔梅雨晴間 ぽんこ 2 たかを.こすもす.
立葵色の階段上りつめ みきお 2 満天.みづき.
青田中大樹が覆う古き家 たかを 2 愛正.ひのと.
訃を聴きし今日の端居の長かりし たか子 2 みづき.ひのと.
ピカピカにキッチン磨き梅雨に処す 菜々 2 董雨.うつぎ.
出水禍に消ゆ思ひ出の湯宿かな うつぎ 2 明日香.みきお.
賑やかになりし食卓蝉しぐれ せいじ 2 菜々.はく子.
公園に一人蟬採るマスクの子 なつき 1 もとこ.
幼な日の夜店の指輪ガラス玉 みづき 1 宏虎.
向日葵の占むる中洲の迷路めく 素秀 1 董雨.
一番に箸を使ふや冷や奴 満天 1 豊実.
かたまりとなりてはだかるめまとひや 明日香 1 たかを.
初蝉に耳を澄ませば次々と 菜々 1 明日香.
ワイシャツとお揃ひマスク知事の夏 明日香 1 豊実.
笹の葉に盛り付けられし鱧料理 みづき 1 なつき.
流木は何の墓標ぞ水鶏の巣 ひのと 1 たか子.
青時雨バス待つ傘に滝の雨 智恵子 1 素秀.

7月12日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ふるさとは瓦礫となりぬ水中花 ひのと 6 豊実.智恵子.ぽんこ.三刀.みきお.もとこ.
一揆寺小さき青柿落ち尽くす なつき 5 賢一.素秀.やよい.もとこ.みづき.
梅雨晴間引き売りの笛遠くより 三刀 4 せいじ.董雨.なつき.小袖.
古時計音の籠りし梅雨じめり ぽんこ 4 やよい.そうけい.こすもす.みづき.
梅雨晴れやアガパンサスの競い立つ もとこ 3 宏虎.董雨.たか子.
ボランティア出水の泥浴ぶ高校生 智恵子 3 たかを.みきお.明日香.
たっぷりと雨をふふみて芝青し 菜々 3 こすもす.うつぎ.ひのと.
本流へ小流れ滾つ滝となり 明日香 3 宏虎.はく子.たか子.
虫籠の中は窮屈ぎんやんま 豊実 3 智恵子.菜々.はく子.
ひとしきり簾を濡らし雨上がる せいじ 2 うつぎ.ひのと.
庭プール子らより先に犬ダイブ 智恵子 2 たかを.満天.
坪庭に足投げ出してビールかな ひのと 2 菜々.素秀.
藁布団に鎮座している西瓜かな やよい 2 満天.なつき.
山車を曳く人手の絶へて宝物殿 かかし 2 賢一.明日香.
須磨の浜松原続き風涼し 宏虎 1 小袖.
梅雨しげし降り込む雨は南窓 せいじ 1 豊実.
雷光を織りなし白き雨の糸 素秀 1 そうけい.
ジーパンの破れもおしゃれサングラス 満天 1 ぽんこ.
ちんまりとなぞえに二つ梅雨茸 こすもす 1 せいじ.
空蝉や渾身の跡背ナの切れ たか子 1 三刀.

7月11日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
月ひとつ揺らして真夜のプールかな ひのと 6 たかを.豊実.せいじ.みきお.たか子.明日香.
はまなすや見えゐて遠き水平線 ひのと 5 そうけい.せいじ.はく子.素秀.なつき.
顔をよりも大きな欠伸子猫かな みきお 4 菜々.宏虎.やよい.ひのと.
葉裏なる空蝉背より雨しずく やよい 3 素秀.もとこ.うつぎ.
藤井棋士金の一手で扇子かな かかし 3 満天.たか子.ひのと.
水草の小さき揺れに目高かな たか子 3 はく子.智恵子.かかし.
一匙に小豆ふた粒かき氷 素秀 3 愛正.かかし.ぽんこ.
板長の修行十年鱧の骨 かかし 3 みきお.三刀.こすもす.
稜線を越えて雲海里隠す 智恵子 3 賢一.宏虎.明日香.
夏萩に肩触れのぼる戦人塚 なつき 2 そうけい.ぽんこ.
蟇蛙庭番となす目の光 ぽんこ 2 満天.もとこ.
下闇の参道行くや背に雫 明日香 2 賢一.豊実.
香水の一滴垂らし変身す 宏虎 1 やよい.
参進の前を譲らぬ道おしへ 素秀 1 たかを.
梅雨寒しコロナに豪雨崖崩れ 三刀 1 こすもす.
Withコロナ日常となり夕端居 こすもす 1 三刀.
句心も句才も凡や梅雨深し はく子 1 愛正.
青葉雨相合い傘に詣でけり なつき 1 菜々.
受付のアクリル板や梅雨寒し 豊実 1 うつぎ.
雨上がりベランダ一歩に初蝉を 満天 1 智恵子.
コインランドリー待つ間の句集梅雨しとど やよい 1 なつき.

7月10日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
針ほどの鎌で威嚇す子蟷螂 素秀 9 ぽんこ.満天.賢一.たか子.明日香.みきお.かかし.豊実.もとこ.
夏座敷何も置かざる風の道 たか子 6 愛正.賢一.やよい.智恵子.もとこ.ひのと.
たゆたふや砂紋波間に夏椿 もとこ 5 ぽんこ.宏虎.せいじ.はく子.かかし.
深庇さらに奥まで暴れ梅雨 明日香 4 たかを.そうけい.愛正.三刀.
夏芝居はねて灯の入る裏小路 ひのと 3 素秀.豊実.なつき.
厨よりほら初蝉と妻の声 せいじ 3 やよい.はく子.ひのと.
里山をひとあらひして夕立去る 菜々 2 満天.こすもす.
荒磯に波打ち上ぐる大夕焼 ひのと 2 智恵子.素秀.
ちぬ釣の灯り近づく迎へ船 素秀 2 そうけい.みきお.
雨あがる途端に蝉と鳥の声 たか子 1 こすもす.
岩清水富士の裾野や新豆腐 宏虎 1 三刀.
つつがなく一日終わる夕端居 みきお 1 たかを.
分けつの盛んなりけり田水沸く みきお 1 たか子.
荒梅雨に列島揺るがす地震もあり 満天 1 宏虎.
梅雨出水予兆のごとく鴉騒ぐ ぽんこ 1 なつき.
夏草や荒地に残る仕切塀 たかを 1 明日香.
長雨や軒の風蘭香の夕べ 智恵子 1 せいじ.

7月9日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
心太茶屋の緑の透けてをり たか子 7 賢一.愛正.満天.素秀.みきお.やよい.はく子.
這ひ這ひをこつちこつちと夏座敷 なつき 7 たかを.たか子.智恵子.せいじ.宏虎.三刀.みきお.
無頼猫不意にあらはる夏木立 みきお 5 賢一.たかを.やよい.ひのと.もとこ.
瘡蓋のポロリと剥がれ梅雨あがる みきお 4 菜々.なつき.もとこ.うつぎ.
大花野リフトで渡る散歩かな 智恵子 3 そうけい.こすもす.はく子.
青蛙古刹にあまた跳ね遊ぶ 智恵子 3 せいじ.三刀.豊実.
窓を打つ高き雨音明易し 満天 3 董雨.智恵子.明日香.
八の字に下駄滑らせて夜涼かな ひのと 2 愛正.ぽんこ.
石垣の紫陽花の毬覗く如 ぽんこ 1 明日香.
初蝉や洗い物干す雨上がり 豊実 1 菜々.
紫陽花も供花に加えて墓参り 三刀 1 ぽんこ.
夏風邪の甘きピンクの薬かな なつき 1 たか子.
陸奥の旅はアカシヤ咲きみちて はく子 1 ひのと.
風涼し温泉の湯の溢る音 たかを 1 豊実.
断水と電あり里の梅雨出水 せいじ 1 宏虎.
梅雨しとど畑の野菜は生き生きと 菜々 1 満天.
梅雨しげし二人遣ひの車椅子 せいじ 1 うつぎ.
アラートのメール幾度も暴れ梅雨 明日香 1 なつき.
雨止めよ号令夜半のはたた神 素秀 1 そうけい.
十四度と云ふ水温に咲く花藻 たか子 1 こすもす.
雨音の次第に細き蚊帳の裡 ひのと 1 素秀.
睡蓮の花や廻りを明るうす 宏虎 1 董雨.

7月8日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
灯の消えし赤提灯や梅雨の月 豊実 6 そうけい.満天.はく子.みきお.こすもす.なつき.
傘の柄と七夕笹を抱く児かな なつき 5 そうけい.賢一.たかを.素秀.うつぎ.
桐箱に桐の匂ひや蔵涼し ひのと 4 賢一.せいじ.素秀.やよい.
この道を行けば故郷青薄 こすもす 4 董雨.菜々.三刀.やよい.
葉畳に睡蓮鎮座二つ三つ はく子 4 董雨.豊実.三刀.ひのと.
ひと声で終わる初蝉昼下がり やよい 4 たか子.豊実.ぽんこ.もとこ.
明易や雨戸とよもす暴風雨 やよい 2 愛正.明日香.
くちなわの首真っ直ぐに沼渡る みきお 2 愛正.なつき.
梅雨氾濫取り残されし友思ふ 智恵子 2 せいじ.明日香.
汗みどろ合羽着て押す車椅子 せいじ 2 はく子.うつぎ.
土こぼし藷が藷ひく藷畑 みきお 2 たか子.ひのと.
梅雨出水心痛みし画面なる たか子 2 宏虎.智恵子.
等間隔にひまわり移植中学生 こすもす 1 智恵子.
七夕や単身赴任終はりしと なつき 1 菜々.
梅雨深し戸口に空の車椅子 せいじ 1 満天.
水害のニュース次々梅雨寒し 満天 1 こすもす.
星飾る七夕竹のてつぺんに ひのと 1 宏虎.
朝稽古土俵ぶつかる玉の汗 宏虎 1 ぽんこ.
雨催むらさき冴ゆる花結梗 ぽんこ 1 みきお.
水論の昔はありし放水路 たか子 1 たかを.
なぞえ埋むほたる袋や旧街道 智恵子 1 もとこ.

7月7日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
魚の吐くあぶく涼しき生簀かな ひのと 6 そうけい.小袖.せいじ.賢一.たか子.はく子.
短冊と笹のふれあふ星今宵 みきお 6 たかを.宏虎.満天.賢一.三刀.なつき.
斜交ひに座して二人の夏座敷 せいじ 5 菜々.素秀.豊実.こすもす.もとこ.
緑陰の風に解かるる恋みくじ ひのと 4 そうけい.愛正.素秀.やよい.
竹叢を丸く組伏せ梅雨滂沱 うつぎ 4 愛正.小袖.たか子.もとこ.
山々が抱く一村青田風 ぽんこ 3 智恵子.三刀.ひのと.
ぬばたまの闇を切りとる大花火 みきお 3 菜々.宏虎.はく子.
黴匂ふ雑魚寝の山小屋九合目 はく子 2 ぽんこ.みきお.
荒梅雨に市街のくすみ洗いけり ぽんこ 2 満天.ひのと.
硝煙の匂ひ微かや遠花火 智恵子 2 たかを.こすもす.
古民家を改築したる夏館 せいじ 2 智恵子.なつき.
船は皆丸のつく名や夏の海 宏虎 2 せいじ.豊実.
窓越しに雨脚眺め梅雨籠リ 三刀 1 うつぎ.
山裾の一角占める半夏生 こすもす 1 明日香.
機窓下の虹一線や神の橋 智恵子 1 ぽんこ.
閑けさにあじさゐ雨の石畳 素秀 1 明日香.
行き違ふライト眩しき五月闇 素秀 1 うつぎ.
裾まくりつま先立てり梅雨しとど なつき 1 みきお.
湧水の砂の動きや地球生く 宏虎 1 やよい.

7月6日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夕立に追はれて跳ねしランドセル ひのと 8 菜々.満天.智恵子.素秀.董雨.みきお.三刀.豊実.
朝焼けに染む水鏡千枚田 智恵子 6 愛正.そうけい.満天.はく子.たか子.こすもす.
廃線の錆浮く早さ夏の草 みきお 4 菜々.豊実.ぽんこ.小袖.
茅葺の青田の中の一軒家 うつぎ 4 たかを.宏虎.こすもす.なつき.
花ひとつフェンスはみ出す南瓜かな やよい 4 せいじ.董雨.はく子.もとこ.
握手せり勝者敗者の汗しとど 宏虎 4 せいじ.ぽんこ.ひのと.うつぎ.
梅雨深し土鳩鳴き継ぐ曲輪跡 なつき 4 愛正.やよい.小袖.ひのと.
三味の音の川風涼し屋形船 素秀 3 そうけい.宏虎.三刀.
何も手に付かぬひと日の大昼寝 菜々 3 たか子.やよい.うつぎ.
夜行バス眠れぬ窓の明易し ぽんこ 2 みきお.なつき.
夏空へ青富士模する滑り台 なつき 2 たかを.素秀.
滴りて前掛け濡らす地蔵尊 たか子 1 もとこ.
雲流れ姿現す梅雨の月 こすもす 1 明日香.
出目金の優雅に泳ぎ藻を潜る 宏虎 1 智恵子.
ほうたるや会議終へたる帰り道 こすもす 1 明日香.

7月5日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
しろがねの水脈鬩ぎ合ひ鰹船 ひのと 5 せいじ.素秀.みきお.はく子.ぽんこ.
あぢさゐに包まれゐたり辻地蔵 うつぎ 5 賢一.素秀.みきお.はく子.ひのと.
山水に西瓜冷やして峡の宿 菜々 4 智恵子.こすもす.やよい.董雨.
羅や声音も変る女将かな 宏虎 4 たかを.賢一.豊実.もとこ.
老鶯や雨の丹波の杉襖 素秀 4 たかを.せいじ.やよい.たか子.
良き風に風鈴の音の夕餉かな かかし 3 明日香.こすもす.ひのと.
橋桁を叩き渦巻く梅雨出水 三刀 3 そうけい.智恵子.満天.
梅雨出水 水が水押す放水路 みきお 3 宏虎.明日香.三刀.
山一つ我が物にしてほととぎす たか子 3 豊実.三刀.もとこ.
献血を呼び掛くる声梅雨晴間 せいじ 2 なつき.うつぎ.
蹲のうきくさ雨にさんざめく 素秀 2 宏虎.うつぎ.
甘き香の宅配便やメロン来る こすもす 2 なつき.董雨.
梅雨寒やテレビ相手の独り言 はく子 2 満天.菜々.
互ひの蚊追ひておしゃべり続けたり なつき 1 菜々.
波の間に亀の手剥がす夏の磯 智恵子 1 たか子.
旅の宿の安否は如何に梅雨出水 やよい 1 ぽんこ.
たそがれを父と待ちをる端居かな ひのと 1 そうけい.

7月4日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
すれすれに舟傾かせ箱眼鏡 こすもす 10 そうけい.たかを.たか子.智恵子.明日香.みきお.やよい.うつぎ.なつき.ひのと.
蜘蛛の囲のシャンデリアめく雨後の夕 智恵子 5 賢一.満天.素秀.三刀.こすもす.
大百足脚を揃えて止まりけり みきお 4 菜々.宏虎.豊実.なつき.
通じあふ糟糠の妻冷素麺 宏虎 3 せいじ.三刀.かかし.
絵心をそそる艶肌夏野菜 たか子 3 愛正.明日香.やよい.
界隈を洗い終わりて白雨去る たか子 3 たかを.もとこ.ひのと.
虫干やモノクロ写真の笑ひ顔 みきお 2 そうけい.かかし.
のうぜんの鈍く重たき落下音 せいじ 2 賢一.智恵子.
塀のぼるでで虫つつく札所寺 なつき 2 愛正.もとこ.
地に触れて雨に打たるる手鞠花 三刀 2 豊実.みきお.
雨しとど疎水を急ぐ夏落葉 せいじ 2 ぽんこ.たか子.
就農の子等より有機夏野菜 やよい 2 菜々.はく子.
髪洗ふ背中寂しき漁師かな ひのと 1 素秀.
雨戸うつ雨音つよき夜涼かな やよい 1 はく子.
京老舗鱧の料理の時価とあり かかし 1 うつぎ.
咲き切って花弁広げる蓮の花 ぽんこ 1 こすもす.
肩担ぎ金魚売りとて懐かしき 宏虎 1 ぽんこ.
言の葉の生まるるやうに虹立てり ひのと 1 せいじ.
お迎えの母とハミング植田道 菜々 1 満天.
高鳴るは水音ばかり万緑裡 はく子 1 宏虎.

7月3日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
形代をのみて大浜波高し 素秀 7 そうけい.たかを.智恵子.かかし.三刀.やよい.ひのと.
魚臭き釣り銭もらふ土用かな ひのと 5 賢一.たかを.菜々.はく子.やよい.
山寺のひらかれし庭沙羅双樹 もとこ 4 宏虎.せいじ.智恵子.明日香.
茅の輪にはまだ青き香や七月来 こすもす 4 豊実.たか子.ぽんこ.もとこ.
彩雲の現れしひととき梅雨の夕 智恵子 3 せいじ.みきお.三刀.
白き指闇に流れる盆踊り みきお 3 素秀.たか子.なつき.
茄子トマトキュウリも庭に得てうまし 菜々 3 満天.かかし.こすもす.
小雨得てなんとつややか庭の茄子 菜々 2 宏虎.はく子.
大西日やけどしそうなドアノブに 満天 2 そうけい.菜々.
池の面這ひゐる松の緑かな やよい 2 明日香.ひのと.
刈り草の匂ふ河原に糸蜻蛉 ぽんこ 1 みきお.
波に足さらわれ神子の夏越かな 素秀 1 なつき.
現世や願い大きく雲の峰 宏虎 1 満天.
翡翠や水を離るる竿の先 ひのと 1 素秀.
梅雨晴れ間除菌ティッシュと電車乗る 明日香 1 こすもす.
赤シャツや案山子の護る夏の畑 たかを 1 賢一.
遠回り山路に垂れる蔓手毬 みきお 1 ぽんこ.
対岸に二つ聞こゆや牛蛙 豊実 1 もとこ.
半夏生手入れ忘るる苑の隅 たか子 1 豊実.

7月2日 (投句19名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
産土神の重き鈴の緒梅雨深し うつぎ 8 そうけい.みきお.こすもす.ぽんこ.三刀.やよい.たか子.ひのと.
句座涼しアガパンサスを高く活け 菜々 4 宏虎.せいじ.満天.明日香.
放課後の学び舎包む大夕焼 満天 3 こすもす.なつき.ひのと.
驟雨きて庭園駆ける猫車 やよい 3 智恵子.素秀.ぽんこ.
梅雨雲の開いて夕日沈みゆく 素秀 3 せいじ.明日香.なつき.
のうぜん花電柱登り富士仰ぐ 智恵子 2 そうけい.菜々.
姿よき松に宿りし凌霄花 せいじ 2 みきお.もとこ.
岩清水長寿看板順序待つ 宏虎 2 たかを.愛正.
ランプの灯消されてにほふ河鹿宿 ひのと 2 素秀.やよい.
卓涼しセクシーポーズ決める猫 たかを 1 菜々.
縁側を足袋すべりゆく冷奴 ひのと 1 豊実.
西日さす玻璃戸艶めく高窓に 智恵子 1 もとこ.
句会終えたちまち汗の主婦の顔 菜々 1 智恵子.
梅雨雲の去りて西空あかね色 みきお 1 宏虎.
病葉の舟に負けじと歩を速め せいじ 1 豊実.
湯の街のジェラート似合ふ石畳 もとこ 1 たか子.
半夏生くるくる小さきエコバッグ なつき 1 たかを.
ビルの窓大夕焼けに燃え盛る はく子 1 満天.
雨に濡れ妻と茅の輪をくぐりけり 豊実 1 三刀.
青芝や濡れ縁に座す奥御殿 やよい 1 愛正.

7月1日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手花火の残り香さらふ夜風かな ひのと 5 たかを.愛正.せいじ.明日香.豊実.
凌霄花色の重さに傾ぎけり みきお 4 三刀.満天.素秀.豊実.
朱の橋に立てばはちすの花浄土 たか子 4 せいじ.智恵子.もとこ.はく子.
カルストの起伏のみ込み草茂る 智恵子 3 三刀.たか子.うつぎ.
紙飛行機枝に着陸夏木立 智恵子 3 こすもす.なつき.ひのと.
小流れに半夏生咲くひとところ はく子 3 たか子.こすもす.明日香.
側溝の音さへ涼し植物園 菜々 2 愛正.やよい.
短夜やこの愚痴誰に語ろうか たかを 2 菜々.ぽんこ.
沙羅散れり読経流るる朝の寺 もとこ 2 そうけい.宏虎.
合掌の形(なり)して蓮の蕾かな たか子 2 満天.素秀.
紫陽花の大毬雨に額づきぬ せいじ 2 ぽんこ.ひのと.
石垣の狭む古道や苔の花 うつぎ 2 みきお.やよい.
カレンダーの余白ばかりや六月尽 満天 2 宏虎.みきお.
島中に花蜜柑の香満ちにけり 宏虎 1 はく子.
潜るにも間隔保ち茅の輪かな こすもす 1 たかを.
潮の香の古里に来て明易し うつぎ 1 なつき.
梅雨しとど洪水警報テロップ音 満天 1 智恵子.
青嵐駅の自転車総倒れ やよい 1 そうけい.
みるだけでこそばゆきかな猫じやらし せいじ 1 菜々.
庭這つて雄花ばかりの南瓜かな なつき 1 うつぎ.
雨音の強し包まる夏布団 なつき 1 もとこ.

6月30日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
太鼓橋くぐり抜け行く夏つばめ こすもす 5 たかを.ぽんこ.たか子.素秀.ひのと.
水すまし己が影連れ三段跳び ぽんこ 5 菜々.満天.宏虎.もとこ.なつき.
泣く嬰の一匙もらふかき氷 なつき 5 たかを.賢一.せいじ.みきお.豊実.
子燕の今にも溢れ落ちさうな 宏虎 4 ぽんこ.智恵子.みきお.やよい.
四万十の投網の中に踊る雑魚 宏虎 4 そうけい.せいじ.はく子.明日香.
破れ家の錆匂ひ立つ驟雨かな ひのと 4 たか子.素秀.もとこ.なつき.
跳ね橋の跳ねて夏空打ちにけり ひのと 3 賢一.うつぎ.やよい.
曇天に一際白し半夏生 豊実 2 明日香.こすもす.
庭走る鼬鼠の口に青蛙 素秀 2 そうけい.菜々.
門川の水に触れもし凌霄花 せいじ 2 はく子.こすもす.
犇めきて風鈴揺るるお堀かな こすもす 2 満天.ひのと.
大夕焼けビルの窓々燃ゆるかに はく子 1 宏虎.
海坂のいまし開くや六月尽 素秀 1 うつぎ.
日の盛り人影陰に消えにけり みきお 1 三刀.
華麗なる木々の中より夏の蝶 満天 1 三刀.
知らず来て蓮の花ある嬉しさよ たか子 1 智恵子.
桜木の幹艶めけり夏深し みきお 1 豊実.

過去一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]