成績一覧

過去一覧

7月30日 (投句20名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日記とは生きる字引や沙羅の花 宏虎 4 敬和.智恵子.満天.そうけい.
あたふたともてなす女将滝の茶屋 たか子 4 宏虎.たかを.せいじ.こすもす.
三代のレシピに追補梅を干す かかし 3 愛正.三刀.さつき.
観蓮会賑わう亭の象鼻杯 愛正 3 たか子.やよい.そうけい.
足垂らす堂縁の下蟻地獄 うつぎ 3 董雨.満天.なつき.
数ふ度減つたり増えたり目高の子 うつぎ 3 ぽんこ.やよい.はく子.
杣道を外れてすぐの街溽暑 はく子 3 智恵子.たか子.明日香.
渋滞の江の島そこや蝉しぐれ 智恵子 3 愛正.せいじ.うつぎ.
異な声の蝉に思案の山路かな せいじ 1 菜々.
しかと葉を挟みし脚や蝉の殻 やよい 1 さつき.
迫力に歓声の湧く揚花火 こすもす 1 董雨.
昼寝覚めとんちんかんな応対す 明日香 1 宏虎.
嵯峨野路のトロツ゚コ列車河鹿笛 かかし 1 敬和.
炎天を楽しむごとく草揺れる たかを 1 明日香.
空中に蝉の遊泳木から木へ ぽんこ 1 こすもす.
夏の夕風に乗り聴く笛太鼓 智恵子 1 素秀.
濁川となりて静かや台風あと やよい 1 たかを.
振り返る忽ち育つ雲の峰 たかを 1 三刀.
黒日傘くぐる一本足鳥居 なつき 1 素秀.
山下りてよき汗流す金の湯に せいじ 1 菜々.
鉄橋を貨車は鈍行炎天下 さつき 1 ぽんこ.
妻昼寝夫は図書館へとひと日 菜々 1 なつき.
クイズラリー景品となる大西瓜 さつき 1 うつぎ.

7月29日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
渡船場に降りて全島蝉時雨 さつき 8 やよい.せいじ.かかし.三刀.なつき.はく子.こすもす.うつぎ.
熊笹の道なき道も登山道 せいじ 4 董雨.智恵子.たか子.明日香.
百選のダム湖ちりめん波涼し たか子 4 そうけい.満天.三刀.ぽんこ.
跳ね返る土用鰻の桶一杯 素秀 4 愛正.せいじ.敬和.こすもす.
アンパンマン落書きしたる袋掛 なつき 3 さつき.たかを.菜々.
目高孵る透けて今日の子昨日の子 うつぎ 3 智恵子.かかし.素秀.
深閑の廃校場や夾竹桃 よう子 3 宏虎.敬和.ぽんこ.
照り返す大地厭わぬ蟻の列 三刀 3 董雨.愛正.菜々.
雲海を茜に染めて烏帽子岩 智恵子 3 たかを.明日香.素秀.
梅雨雲の切れて日の射す主峰かな 隆松 3 さつき.やよい.はく子.
参拝の汗引く熱き梅茶かな なつき 1 宏虎.
滝ミスト総身清めるごとく浴ぶ はく子 1 そうけい.
さるすべりラジオ体操始まりぬ 菜々 1 満天.
渓めぐる歌碑は目印滝の道 ぽんこ 1 たか子.
空展け涼し六甲最高峰 せいじ 1 うつぎ.
植込みにひそみて育つゴーヤかな 満天 1 なつき.

7月28日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
老鶯の出迎へ嬉し深山道 せいじ 7 董雨.敬和.宏虎.明日香.隆松.たか子.三刀.
千年の社鎮めて夏木立 菜々 6 敬和.明日香.みづき.はく子.三刀.かかし.
円墳や青田の中に小島めき 明日香 3 菜々.なつき.よう子.
蛇塚のあたり最も夏落葉 菜々 3 みづき.せいじ.うつぎ.
抜かれつつ抜きつつ会釈登山道 せいじ 3 やよい.智恵子.たか子.
雨の夜の音のみ届く遠花火 素秀 3 はく子.こすもす.なつき.
豪快な滝は風生みミスト舞う ぽんこ 2 宏虎.智恵子.
黒揚羽また一軒の空き家かな かかし 2 満天.たかを.
夏木立背丈変わらぬ大鳥居 愛正 2 やよい.よう子.
山の上に半分覗く遠花火 はく子 2 隆松.せいじ.
甲子園決めるグランド雲の峰 智恵子 2 満天.こすもす.
一心に日焼苦にせず百度石 宏虎 2 さつき.ぽんこ.
土用鰻横目に過ぐる高値かな やよい 2 愛正.うつぎ.
空色の礼拝堂の置き扇子 なつき 2 素秀.そうけい.
街一つ囲いて朝の二重虹 素秀 2 董雨.そうけい.
キッチンの何を目当てに蟻の列 満天 1 さつき.
パナマ帽振りて校長門を入る かかし 1 たかを.
帰省子のホーム端まで列車見に なつき 1 かかし.
西日射すからくれないの大鳥居 みづき 1 愛正.
丸太椅子のひびに滲み入る蝉しぐれ 三刀 1 ぽんこ.
海沿いの夜行列車や夏の果 みづき 1 素秀.
向日葵やゴッホ夢見る画家卵 宏虎 1 菜々.

7月27日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
峰雲を蹴っては池のあめんぼう やよい 7 愛正.たかを.満天.敬和.明日香.素秀.かかし.
強弱もオフも自在やうちわ風 たか子 6 やよい.明日香.はく子.こすもす.菜々.よう子.
浜木綿や高みの宮へ荒磯道 たか子 4 せいじ.智恵子.はく子.みづき.
人波に肩ぶつかりて町炎暑 菜々 3 やよい.三刀.よう子.
束ね髪華奢なうなじの藍浴衣 みづき 3 宏虎.ぽんこ.こすもす.
軒下の絡まる鳥語朝曇り 愛正 2 ぽんこ.たか子.
麻のれん一間間口の店構え みづき 2 董雨.かかし.
緑陰に凛と翁の辞世句碑 菜々 2 三刀.なつき.
炎天の甲羅干す亀泥つけて 満天 2 董雨.みづき.
未来への手紙のポスト万緑裡 こすもす 2 菜々.なつき.
神おわす瀑布の響き木々震ふ ぽんこ 1 たか子.
炎天に土管潜りの子どもたち たかを 1 敬和.
飲み水をため百余年ダム涼し せいじ 1 愛正.
裸足の子臆せぬ戒壇巡りかな なつき 1 そうけい.
向日葵の一階屋根へと公民館 満天 1 素秀.
噴井ある樹々を映せる水碧し 素秀 1 宏虎.
明日知らぬ命愛ほし蝉の声 宏虎 1 満天.
犬と子と芝駆け回る庭プール 智恵子 1 たかを.
カンナ緋の焔の如く立ち揺らぐ 素秀 1 智恵子.
見慣れたる山を従え雲の峰 三刀 1 せいじ.
満水のダム湖縁取る青葉闇 せいじ 1 そうけい.

7月26日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
千枚田びっしり育ち青田波 宏虎 4 敬和.菜々.みづき.満天.
掛け水に子供神輿の大はしゃぎ さつき 4 たかを.智恵子.たか子.はく子.
蝉しぐれ仰ぐ樹間の小さき空 やよい 4 宏虎.素秀.明日香.せいじ.
かみ合はぬ話聞きつ つ端居かな みづき 4 そうけい.やよい.こすもす.満天.
神の杜滾る疎水の音涼し やよい 3 そうけい.みづき.よう子.
藪蚊乗せワンマン列車軋み発つ なつき 3 菜々.智恵子.三刀.
一気に来る炎暑に老いの逃げきれず はく子 3 明日香.よう子.ぽんこ.
蝉しぐれ急行列車の通過駅 みづき 3 たかを.やよい.三刀.
百選のダム湖に遊ぶ川鵜二羽 せいじ 2 たか子.なつき.
子に引き算手足使いて夏休み そうけい 2 董雨.はく子.
のびのびと鵜の潜水の長きこと ぽんこ 2 董雨.敬和.
テンポよき貧乏ゆすり蝉に和す せいじ 2 愛正.なつき.
漣に歪んで揺れて夏の山 たか子 2 こすもす.ぽんこ.
大夕立ベールのごときマリア像 なつき 1 素秀.
迎賓館涼し松継ぐアプローチ そうけい 1 愛正.
水白き怒涛の如く滝壺へ もとこ 1 宏虎.
夕立来る太き雨脚ホームまで 明日香 1 せいじ.

7月25日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ひょいと鵜のもぐりてあらぬ辺に現るる はく子 5 智恵子.董雨.素秀.やよい.こすもす.
夏雲を串刺しにして飛行雲 智恵子 4 菜々.満天.たか子.さつき.
空谷に激つ瀬波や登山道 せいじ 4 ぽんこ.宏虎.明日香.はく子.
松並木途絶へヨットの帆の涼し よう子 3 愛正.やよい.こすもす.
末っ子が先導茅の輪くぐりかな さつき 3 たかを.宏虎.みづき.
夕顔や静かなひと日昏れ初めぬ みづき 2 智恵子.敬和.
又しても夫の方向く扇風機 菜々 2 愛正.ぽんこ.
鬼百合の葯に触れけり白帽子 愛正 2 素秀.なつき.
白南風に押されてくぐる鳥居百 たか子 2 そうけい.もとこ.
潜り鵜のつと出るダム湖風渡る もとこ 2 せいじ.敬和.
神鈴を振れば這い出づ大き蜘蛛 やよい 2 菜々.明日香.
濡れ鼠一歩手前や滝しぶく せいじ 1 董雨.
瀧道の滝の近づく音にはか はく子 1 たか子.
待ちきれぬ子供神輿の綱を引き さつき 1 みづき.
梅雨明けに町の景色は鮮明に 満天 1 たかを.
梅雨明の日差し一気に強まりて 満天 1 はく子.
猪のヌタ場に荒れし滝の道 たか子 1 なつき.
夏祭り都大路の中に居り みづき 1 さつき.
さざなみの押し寄せるごと青田かな 明日香 1 満天.
万緑や遅き歩の夫振り返り ぽんこ 1 もとこ.
老鶯の声連山にこだませり 宏虎 1 せいじ.
朝獲れのポップに跳ねる舌平目 智恵子 1 そうけい.

7月24日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
屋敷町日傘すぼめて譲る路地 そうけい 9 たかを.敬和.愛正.素秀.みづき.ぽんこ.もとこ.たか子.こすもす.
くろがねの岩をた走る滝涼し はく子 7 せいじ.やよい.ぽんこ.もとこ.たか子.さつき.よう子.
満面の笑顔みやげに帰省の子 なつき 5 たかを.みづき.菜々.さつき.明日香.
初めての絵日記うれし夏休み みづき 4 董雨.智恵子.菜々.はく子.
一条に太くなりたる梅雨の滝 たか子 3 満天.そうけい.なつき.
瀧道の渓の瀬音を右手左手 はく子 3 宏虎.満天.うつぎ.
大原の木桶に受けし岩清水 みづき 3 うつぎ.なつき.こすもす.
一日の終はりに至福梅雨満月 もとこ 2 敬和.智恵子.
たこ焼きの匂ひばらまく天神祭 宏虎 2 やよい.明日香.
空蝉の大樹狭しと列なして 智恵子 2 董雨.せいじ.
パクパクとカラスも喘ぐ蒸暑さ 明日香 1 よう子.
若楓の大木恐竜めきて伸ぶ こすもす 1 そうけい.
雨あがりより声高に蝉時雨 ぽんこ 1 はく子.
ここまでもミストの届く梅雨の滝 せいじ 1 宏虎.
流木の寄せて砂浜灼けてをり 素秀 1 愛正.
合鴨の水輪大きく田草取る やよい 1 素秀.

7月23日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
神苑の殊に一樹の蝉時雨 やよい 5 菜々.素秀.せいじ.みづき.たか子.
五重の塔いよよ古色に夏落ち葉 たか子 4 宏虎.そうけい.もとこ.やよい.
墓石に猫ながながと昼寝かな ぽんこ 4 たかを.敬和.せいじ.もとこ.
故郷の海に弾ける花火かな こすもす 4 みづき.明日香.はく子.なつき.
ご城下は黒板塀の道涼し たか子 3 愛正.やよい.こすもす.
めがね橋めがねとならぬ梅雨出川 なつき 3 愛正.満天.こすもす.
雨去りて一斉に和す朝の蝉 やよい 3 宏虎.智恵子.満天.
大皿に梅肉紅く祭り鱧 素秀 2 たか子.うつぎ.
箸先に絡む綿菓子入道雲 愛正 2 敬和.明日香.
青田風ぺタルを漕いで回覧板 たかを 2 そうけい.ぽんこ.
樽舟を手で操りて蓴菜女 智恵子 2 素秀.はく子.
渦成して迫る黒雲はたた神 せいじ 1 菜々.
捨てきれぬ画帳あれこれ梅雨籠り 満天 1 たかを.
作り待つカラフルチャーハンプールの日 こすもす 1 智恵子.
髪切って襟足涼し厨事 満天 1 うつぎ.
静けさや飛機の横切る大夕焼 素秀 1 ぽんこ.
お花畠遠くに飛ばす竹とんぼ みづき 1 なつき.

7月22日 (投句19名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
梅雨空に白際立てるマリア像 なつき 5 たかを.宏虎.満天.やよい.たか子.
紐捌き踊る鵜匠の長良川 智恵子 4 愛正.宏虎.みづき.たか子.
打ち水に一番のりの客となり みづき 4 もとこ.せいじ.なつき.はく子.
落ち潮や磯に残りし水海月 智恵子 3 素秀.敬和.明日香.
青葉して里山いよよ丸くなる 菜々 3 愛正.満天.ぽんこ.
大夕立路面電車へ逃げ込めり なつき 3 菜々.董雨.こすもす.
中学校以来のリュック駅涼し こすもす 2 そうけい.なつき.
朱の鳥居くぐりくぐりて宮涼し たか子 2 せいじ.智恵子.
青葉闇遠目で詣づお岩稲荷 そうけい 2 素秀.やよい.
梅雨寒や木戸も小振りの萩の街 たか子 2 菜々.ぽんこ.
清々し肺腑洗はる森林浴 宏虎 1 敬和.
雨に濡れ青鬼灯の赤みさす 素秀 1 明日香.
梅雨らしき雨聞きながら露天の湯 素秀 1 そうけい.
水道のコック閉づれば蝉しぐれ せいじ 1 たかを.
庭隅の古井戸隠す杜若 愛正 1 こすもす.
地蔵堂赤き帽子の夏灯 ぽんこ 1 みづき.
漬けられて茄子紫の艶を増す 宏虎 1 董雨.
梅雨晴の人の行き来の投票日 満天 1 もとこ.
憤怒する不動明の背に蓮の花 ぽんこ 1 智恵子.
雷去りて臍確かめる幼かな もとこ 1 はく子.

7月21日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海亀の帰る砂浜夏の月 素秀 6 智恵子.はく子.明日香.そうけい.小袖.やよい.
針穴へ通す糸とて梅雨じめり 満天 5 愛正.たかを.もとこ.やよい.うつぎ.
木洩れ陽の注ぐ倒木苔の花 智恵子 4 たかを.董雨.明日香.小袖.
遠山に残る一灯明け易し みづき 4 たか子.こすもす.ぽんこ.うつぎ.
蟻一匹身にあまりたる餌を運ぶ みづき 3 隆松.董雨.もとこ.
凛と立ち鷺の見渡す青田かな もとこ 3 満天.敬和.そうけい.
船遊び降りて余韻揺れやまず 宏虎 3 愛正.智恵子.みづき.
図書館の空席疎ら梅雨籠り こすもす 2 宏虎.敬和.
本堂の古代瓦や桔梗濃し やよい 2 素秀.ぽんこ.
子と植うるアボカドの種夏休み こすもす 2 せいじ.菜々.
船着場迎へる島の熱帯魚 智恵子 2 せいじ.みづき.
荒梅雨や頭下げたる大クレーン 素秀 2 満天.はく子.
蛇口閉づ水音に替はり蝉の声 せいじ 2 宏虎.なつき.
長雨に溢るる池の蛙の子 ぽんこ 1 菜々.
孫を待つ縁石歩む蝸牛 愛正 1 こすもす.
野地蔵の撫づる手の平うら涼し 愛正 1 素秀.
肘打つてうめく一人夜梅雨の雷 なつき 1 隆松.
旅始む梅雨あけの雷よべに聞き たか子 1 なつき.
令和の歌飾る古寺に青葉風 そうけい 1 たか子.

7月20日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
大師像臨む裏見の滝すだれ 素秀 6 敬和.愛正.智恵子.やよい.はく子.そうけい.
半分は鬼籍や黴の紳士録 うつぎ 5 菜々.せいじ.小袖.三刀.たか子.
荘涼しどこに立ちても水の音 菜々 4 せいじ.こすもす.ぽんこ.うつぎ.
鉄塔の四肢踏ん張りて青田中 はく子 3 素秀.そうけい.なつき.
小筆手の貼り付く紙の暑さかな 愛正 3 満天.智恵子.みづき.
磊々の窪みに屯錦鯉 ぽんこ 3 宏虎.素秀.小袖.
手掴みでぽいとくれたる地の胡瓜 せいじ 2 もとこ.こすもす.
歳時記のめくり安さや梅雨湿り 明日香 2 もとこ.なつき.
夏木立見上げる先に時計台 みづき 2 菜々.やよい.
膝笑ふ渓谷埋むる雲の峰 愛正 2 たかを.三刀.
潮分かれくっきり見せて夏来たる たか子 1 明日香.
空蝉のしっかり掴む爪力 宏虎 1 董雨.
自転車の籠に犇めくへぼ胡瓜 せいじ 1 明日香.
畦の鳥見ている青田水の嵩 たかを 1 ぽんこ.
梅雨晴間ジグソーパズルめく棚田 明日香 1 宏虎.
梅雨盛る戻り見直す墓の線香 そうけい 1 満天.
すれ違ふ下校の児らや蝉の声 こすもす 1 董雨.
大橋は一キロ超とや夏霞 たか子 1 うつぎ.
岩つたふ滝を両手で掬ひ飲み 素秀 1 隆松.
警笛のごとく軋みて梅雨列車 なつき 1 みづき.
浄土への道は何色蓮の花 宏虎 1 愛正.
上履きの室内テニス梅雨の雨 ぽんこ 1 たかを.
フラミンゴと名づけし園の若楓 菜々 1 はく子.
汗しとど曖昧に聞く道案内 なつき 1 たか子.
百年成す噴水涼し迎賓館 そうけい 1 敬和.

7月19日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
五条坂深き軒端に吊り忍 みづき 6 素秀.やよい.ぽんこ.たか子.なつき.うつぎ.
ポン菓子の爆ぜし噴煙夏兆す 小袖 5 愛正.智恵子.たかを.宏虎.明日香.
リコーダーを吹きて下校子梅雨晴間 満天 4 敬和.小袖.そうけい.もとこ.
手花火の尽きて深まる闇閑か 素秀 3 たかを.満天.みづき.
自販機の詰め替への音梅雨晴間 満天 3 せいじ.そうけい.もとこ.
幹にしかと四肢のくいこむ蝉の殻 ぽんこ 3 董雨.満天.宏虎.
夕立去り雀来ている水溜まり みづき 3 菜々.やよい.うつぎ.
咲き残る毬なほあまた濃紫陽花 せいじ 2 みづき.はく子.
夏草や住む人去りし大農家 たかを 2 ぽんこ.たか子.
余念なき公園手入れ梅雨晴間 菜々 2 董雨.はく子.
民宿の揃ひの浴衣射的場 智恵子 2 明日香.こすもす.
学び舎の空へ広げて楠新樹 菜々 2 敬和.なつき.
鮎飯の骨抜き放つおかみ技 もとこ 2 智恵子.せいじ.
梅雨晴間役所ロビーに勝校歌 そうけい 2 愛正.小袖.
黒南風や聞き取りにくきアナウンス こすもす 1 三刀.
新品種のつぺらぼうのゴーヤとは うつぎ 1 こすもす.
梅雨出水大蛇に変わる裏の川 三刀 1 菜々.
渓流に白龍のごと花山葵 智恵子 1 素秀.
駒草や人寄せ付けぬクレーター 愛正 1 三刀.

7月18日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
切り株のあれば腰かけ避暑散歩 菜々 5 敬和.やよい.明日香.せいじ.智恵子.
夕涼の灯点る街や高瀬川 みづき 4 満天.小袖.素秀.うつぎ.
夕刊の手に重たきや梅雨じめり 満天 4 愛正.敬和.たかを.こすもす.
白桃のつるりと剥けるうれしさよ はく子 3 宏虎.なつき.三刀.
炎昼や静寂を破る選挙カー せいじ 3 董雨.宏虎.ぽんこ.
真夜中の真上の雷に睡魔飛ぶ 満天 3 はく子.こすもす.みづき.
夕立や傘無き人と軒をわけ 素秀 3 ぽんこ.はく子.みづき.
ラジコンカー草の茂りを突き抜けり なつき 2 せいじ.智恵子.
うれしくて離れぬ少年金魚鉢 みづき 2 たかを.うつぎ.
梅雨深しものみな潜む墓前経 そうけい 2 素秀.もとこ.
日射し無き日々に曲がりし茄子胡瓜 三刀 2 満天.もとこ.
赤き傘赤き長靴祖母の梅雨 たかを 2 小袖.そうけい.
鮎焼きて蓼酢の無きを惜しみけり うつぎ 2 愛正.三刀.
作業椅子朽ち果てしまま草の畑 たかを 2 菜々.明日香.
地下鉄の風に風鈴鳴りやまず ぽんこ 2 董雨.なつき.
黒雲を掻き分け五秒梅雨の望 智恵子 1 そうけい.
昼寝時らつぱ短く豆腐売り なつき 1 やよい.
桃を食ぶあぎとに汁をしたたらせ はく子 1 菜々.

7月17日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
高千穂の峡に轟き瀧躍る 宏虎 5 董雨.明日香.みづき.小袖.やよい.
陸上部素足で駆ける海岸線 宏虎 5 たかを.敬和.三刀.そうけい.うつぎ.
行厨は半夏生咲く四阿に はく子 5 董雨.満天.せいじ.菜々.なつき.
誰が置きし一寸仏岩清水 小袖 3 愛正.たか子.うつぎ.
一渓を統べる如くに老鶯 明日香 3 智恵子.素秀.そうけい.
被災地や瓦礫に根張る百合の花 愛正 3 敬和.ぽんこ.小袖.
朝蝉やけふの予定の目白押し やよい 3 こすもす.三刀.菜々.
夏越とて噴井の水を家苞に うつぎ 2 たか子.やよい.
目纏や日蓮像は太き眉 小袖 2 たかを.はく子.
涼しげな色の短冊句会果つ こすもす 2 宏虎.なつき.
海の日の雨に虚ろや烏帽子岩 智恵子 2 素秀.ぽんこ.
行厨は桜青葉の風を背に 菜々 2 智恵子.せいじ.
五月雨や鍵盤走る白き指 素秀 2 愛正.こすもす.
磊磊を磨くがごとく梅雨の渓 せいじ 1 明日香.
青楓トンネルにして瀬音かな 明日香 1 みづき.
萱草の花の小道を山荘へ 菜々 1 はく子.
せせらぎの上にぽっかりと夏の空 せいじ 1 宏虎.

7月16日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
天空てふ駅を見下ろすビアホール なつき 6 菜々.敬和.智恵子.宏虎.そうけい.せいじ.
黒南風に揺れ内海の釣屋形 素秀 5 ぽんこ.智恵子.董雨.小袖.やよい.
下校子を見送るチャイム合歓の花 智恵子 4 董雨.満天.こすもす.はく子.
夏料理海の色なる食前酒 みづき 4 菜々.なつき.うつぎ.はく子.
鉄塔の深く突き刺す梅雨の雲 たかを 4 満天.せいじ.素秀.なつき.
航跡の光残せる夜光虫 素秀 4 明日香.たかを.そうけい.やよい.
薄雲を出でてはくぐり梅雨の月 菜々 3 たかを.素秀.こすもす.
夏山や雲の切れ間の赤鳥居 愛正 2 明日香.うつぎ.
遠く去る船音聞こゆ夏座敷 みづき 2 愛正.三刀.
卯の花腐し思ひ立ち髪を切る たか子 1 小袖.
並び行く水上スキー沖はるか せいじ 1 敬和.
翠黛の霧のたなびく水煙 ぽんこ 1 愛正.
晩節の食にふさわし冷奴 宏虎 1 三刀.
空腹に響くや午下の牛蛙 やよい 1 隆松.
氷菓買ふ修養会のご褒美に せいじ 1 宏虎.
空き寺の朽ちた架け橋杜若 愛正 1 ぽんこ.
片陰を我が物顔に猫2匹 菜々 1 隆松.

7月15日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海開き神事を待てず駆けだす子 素秀 6 董雨.三刀.みづき.やよい.菜々.ぽんこ.
大夕焼真っ直ぐのびるローカル線 たかを 5 そうけい.宏虎.素秀.みづき.はく子.
竹の秀のそよりともせで梅雨深む 菜々 4 満天.たか子.明日香.やよい.
野歩きの一歩にあまた飛蝗の子 やよい 4 智恵子.三刀.せいじ.こすもす.
幕開けの拍子木の音館涼し さつき 4 たかを.満天.たか子.明日香.
夏座敷昭和のガラス日矢ゆがむ たか子 4 隆松.敬和.なつき.ぽんこ.
怪談や静まりかへる館涼し さつき 3 宏虎.敬和.なつき.
水溜りしゃがみ見る子やあめんぼう 智恵子 2 そうけい.たかを.
夕鐘の音にまじりて時鳥 みづき 2 素秀.せいじ.
早天の祈りに和して蝉しぐれ せいじ 2 智恵子.菜々.
野の花に屈めば飛蝗高く飛ぶ やよい 1 董雨.
切り通し雫き星めく岩タバコ 智恵子 1 愛正.
梅雨冷えや乾咳ひびく会議室 なつき 1 愛正.
夏暁や揺らぐ湖面の榛名富士 愛正 1 はく子.
羅や擦れ違いざま香の匂ふ 宏虎 1 こすもす.

7月14日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
白蓮の散華一枚泥に落つ 素秀 7 隆松.敬和.宏虎.たか子.なつき.こすもす.せいじ.
岩清水地蔵と食ぶる握り飯 そうけい 5 愛正.敬和.はく子.なつき.やよい.
梅雨籠りコーヒーを手に時代劇 三刀 3 董雨.たか子.こすもす.
百歳とアイスクリーム分けあひぬ こすもす 3 隆松.はく子.もとこ.
雨止みて闇の深きや梔子香 智恵子 3 素秀.明日香.もとこ.
句碑巡る吾も洗練蝉時雨 宏虎 3 智恵子.みづき.満天.
風渡る緑の水辺鬼蜻蜓 智恵子 2 宏虎.小袖.
梅雨明けや子の傘骨の曲がるまま なつき 2 そうけい.やよい.
光苔洞に蓄へ滴れる はく子 2 菜々.小袖.
開け放ち風通り抜く夏座敷 宏虎 2 そうけい.三刀.
おもむろに鳴き出す蝉や朝の卓 せいじ 2 菜々.みづき.
動くもの見えざる池や梅雨濁り やよい 2 さつき.満天.
凌霄の散り敷く地上花あかり 満天 2 さつき.素秀.
広々と水田やここは蝌蚪の国 やよい 1 智恵子.
童謡のリズム刻みこの夏百歳に こすもす 1 たかを.
梅雨明くるカーブミラーの位置正し なつき 1 たかを.
体育館の窓打つ声や梅雨の月 そうけい 1 明日香.
待受に大雨の文字送り梅雨 明日香 1 せいじ.
瓜類の長雨被害蔓を切る 明日香 1 三刀.
到来のメロン切り分け仏へも 菜々 1 董雨.

7月13日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ハイカーの帽子に休む銀蜻蜓 智恵子 5 董雨.たかを.せいじ.こすもす.はく子.
八つ橋の袂彩る杜若 智恵子 4 菜々.満天.やよい.はく子.
雑談の相槌途切れ夏の蝶 たか子 3 素秀.やよい.もとこ.
京風のもめんがよろし冷奴 はく子 3 敬和.菜々.愛正.
仰向けの空蝉そっと木の陰へ 満天 3 たかを.せいじ.たか子.
館涼し案内嬢の声も又 菜々 3 宏虎.こすもす.明日香.
氏神の杜の茂りや深呼吸 やよい 3 満天.素秀.もとこ.
朝焼けに光る水滴梅雨晴れ間 明日香 2 智恵子.ぽんこ.
日めくりの名言集や夏灯 ぽんこ 2 董雨.宏虎.
天井の龍に現や油照 宏虎 2 三刀.そうけい.
ほどほどの柔らかき風古扇 こすもす 2 敬和.なつき.
夏山や野鳥飛び交うカルデラ湖 愛正 1 明日香.
色鯉の尾びれ水切る寺の池 素秀 1 ぽんこ.
雲の間に梅雨半月の見え隠れ 三刀 1 たか子.
茂み中水流の音激し梅雨の川 たかを 1 そうけい.
たこ買ふて庭の胡瓜の出番なり 菜々 1 愛正.
植えかへて浮かぬかほなり額の花 もとこ 1 なつき.
素つぴんで朝飯前の草むしり なつき 1 三刀.
青葉風あずみ野で食ふ握り飯 そうけい 1 智恵子.

7月12日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
倒れ込む暴れ神輿の厄祓い 素秀 5 愛正.たか子.やよい.そうけい.ぽんこ.
吹き上ぐる風は涼しや尾根の道 愛正 4 董雨.やよい.よし女.三刀.
玉虫の色輝かせ飛び立てり 宏虎 4 董雨.敬和.なつき.三刀.
荒梅雨や奔流となる鎖樋 せいじ 3 宏虎.たか子.ぽんこ.
黒足袋の濡れて神輿の夜帰る 素秀 3 せいじ.智恵子.もとこ.
白南風やとんがり屋根のケアハウス こすもす 3 せいじ.明日香.なつき.
徒長枝は千手さながら庭茂る せいじ 2 菜々.はく子.
汗ばめる尾羽のごとき結び髪 なつき 2 たかを.素秀.
杜若野鳥飛び入る池の端 愛正 2 智恵子.よし女.
異国語に祇園囃子の混じりけり もとこ 1 敬和.
ひと処ガマの穂揺れて池さわぐ たか子 1 素秀.
玉砂利と垂水の音や夏の杜 明日香 1 こすもす.
耳掘りて小指見詰める梅雨ごもり たかを 1 もとこ.
水触れる蜻蛉二匹の三段跳び ぽんこ 1 満天.
降らずみに簾上げたり降ろしたり 菜々 1 宏虎.
曇天に水面煌めく植田かな たかを 1 満天.
雨に散り地上華やぐ夾竹桃 満天 1 明日香.
大夏野猫はジャンプを繰り返し やよい 1 たかを.
見て触れて楽しむ科学館涼し はく子 1 こすもす.
波際の浜に上がりし夜海月 智恵子 1 愛正.
ケアハウス涼しベッドで点滴中 こすもす 1 そうけい.
日々採れる庭のなすびを如何にせん 菜々 1 はく子.
ねじり花気まま右巻き左巻き よし女 1 菜々.

7月11日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
七夕やプラネタリウムに宇宙旅 はく子 6 満天.やよい.菜々.ぽんこ.そうけい.こすもす.
暖簾割り祖母気に入りのどぜう鍋 もとこ 4 智恵子.素秀.たか子.宏虎.
蚊遣り焚きテラスにはこぶ夕餉かな なつき 3 董雨.敬和.せいじ.
天降るごとアガパンサスへ梅雨の蝶 せいじ 3 明日香.宏虎.よし女.
好きな本好きなだけ読み梅雨ごもる 菜々 3 素秀.はく子.なつき.
初蝉の朝の目覚めを急かさるる 満天 3 明日香.なつき.もとこ.
七輪にくるくる踊る鮑焼き 智恵子 3 敬和.満天.よし女.
餌追ひて屋根を転げる鴉の子 素秀 2 菜々.ぽんこ.
水盤舎陰余りある大夏木 愛正 2 やよい.もとこ.
超然と黒鳥一羽蓮の池 やよい 2 愛正.はく子.
泰山木かかげる花の高さかな ぽんこ 2 たかを.たか子.
焼き付きし嬰の笑顔や梅雨夕焼 なつき 2 せいじ.三刀.
浅間山背に雲の峰涅槃像 智恵子 2 たかを.三刀.
梅雨軒下つばめ親子の里帰り たかを 1 智恵子.
夏逝くやゲームセットの声響く たかを 1 こすもす.
夏河原パラグライダーの悠々と 素秀 1 そうけい.
梅雨寒し又ひとり居を回覧に 満天 1 愛正.
掌に乗せ五つ六つ茗荷の子 三刀 1 董雨.

7月10日 (投句17名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
平凡な暮らしが宝合歓の花 宏虎 6 董雨.智恵子.菜々.三刀.ぽんこ.はく子.
梅雨雲や文字はカラフル売地札 たかを 5 董雨.やよい.明日香.せいじ.もとこ.
目に力残してをりぬ蝉の殻 やよい 4 明日香.満天.三刀.なつき.
南座の綺羅を真向かひ川床料理 満天 3 せいじ.素秀.菜々.
初蝉や今日と決めしか一斉に たか子 3 たかを.もとこ.こすもす.
古民家の和釘風鈴澄みる音 素秀 3 愛正.宏虎.敬和.
青田へとゆっくり入るや鷺一羽 満天 3 愛正.たかを.宏虎.
団扇持ち替へて黒髪かき上ぐる なつき 2 やよい.満天.
朝食のカレーライスや暑気払 こすもす 1 敬和.
目交いに続く青嶺を解説し 明日香 1 素秀.
プラネタリウム出でて梅雨の空あふぐ 菜々 1 なつき.
左巻きそれとも右か蝸牛 愛正 1 智恵子.
夏空へ燦と市立科学館 菜々 1 はく子.
梅雨ごもり画布はたっぷり湿りをり たか子 1 ぽんこ.
古団扇ピアノの上に重ねたり なつき 1 そうけい.
リンカーンに心を馳せよ独立祭 せいじ 1 こすもす.
涼しさに羽織る半纏古民宿 愛正 1 そうけい.

7月9日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
軒すだれ今も商ふ寺田屋に 菜々 5 せいじ.満天.やよい.たか子.はく子.
初蝉の湿りの残るみどり羽 宏虎 4 たかを.素秀.そうけい.こすもす.
芋の葉の窪みに白き露涼し たか子 4 愛正.ぽんこ.素秀.そうけい.
雨粒を弾き梔子香を放つ 智恵子 3 さつき.敬和.やよい.
青き目の浴衣に笑顔祇園四条 満天 3 董雨.たかを.宏虎.
団扇振る子供相撲の行司かな なつき 3 菜々.明日香.はく子.
風呂上がり下戸満足の氷水 こすもす 3 愛正.智恵子.三刀.
墓石へ父かも知れぬ雨蛙 明日香 2 ぽんこ.たか子.
渓流に踊る釣り糸鮎解禁 智恵子 2 菜々.こすもす.
回覧板声かけ渡す網戸越し こすもす 2 さつき.明日香.
達磨絵を迷ひなく描く白団扇 なつき 2 智恵子.三刀.
山々に沿いて波立つ青田風 ぽんこ 1 満天.
雀の子パン屑攫ひ逃ぐ速さ やよい 1 董雨.
蝸牛座石に見ゆる躙り書き 愛正 1 なつき.
三輪山の稜線隠す梅雨の雲 明日香 1 なつき.
青梅や糸雨照らす軒下灯 愛正 1 敬和.
初蟬や庭にひと声それっきり 菜々 1 宏虎.
ガリバーになりて向日葵跨ぎ越し 素秀 1 せいじ.

7月8日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風鈴や山の風鳴る峠茶屋 宏虎 6 董雨.敬和.せいじ.智恵子.素秀.やよい.
入道雲展望台をわしづかみ 愛正 4 たかを.さつき.なつき.菜々.
七色の水滴きらりはちすの葉 やよい 3 満天.三刀.こすもす.
七夕笹戸毎に揺れて星の里 菜々 3 董雨.宏虎.ぽんこ.
夏山や今歩きしは雲の中 智恵子 3 さつき.せいじ.明日香.
梅雨寒や帽子傾く六地蔵 そうけい 3 たか子.やよい.ぽんこ.
一夜明け霊山映す代田かな さつき 2 たかを.愛正.
顔寄せて分けてもらへり団扇風 なつき 2 智恵子.たか子.
短冊や白紙のままの願い事 たかを 2 三刀.なつき.
寝返りの嬰の首伸ぶ梅雨あがり なつき 2 満天.そうけい.
懐かしきフォークソングも七夕祭 はく子 1 菜々.
雲の峰青空半分残しけり 素秀 1 明日香.
大夏木陰余りある水盤舎 愛正 1 素秀.
七夕祭歌で始まり歌で終る 満天 1 こすもす.
鴨川の両岸賑はふ夕涼み 満天 1 敬和.
黒雲や風の俄に蓮さはぐ やよい 1 愛正.
ナイアガラ瀑布観船合羽着る 宏虎 1 はく子.
南風連れて海亀帰る浜 素秀 1 はく子.
土俵入り化粧回しの涼しげに こすもす 1 宏虎.

7月7日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
牛蛙古墳の池を震はせて やよい 5 満天.さつき.明日香.たか子.よし女.
山荘の池埋め尽くす蓮の花 明日香 5 董雨.満天.さつき.こすもす.たか子.
梅雨晴や世界遺産へ百舌鳥古墳 満天 4 たかを.ぽんこ.宏虎.はく子.
万緑の中に火床や東山 明日香 3 愛正.せいじ.やよい.
摩天楼や淀の大橋風凉し ぽんこ 3 愛正.そうけい.こすもす.
傾ぎたる木戸を隠すや花葵 愛正 3 せいじ.智恵子.なつき.
出水して潜水橋に砂残る 素秀 2 智恵子.やよい.
木洩れ日に光放ちて苔の花 こすもす 2 ぽんこ.そうけい.
完熟のパパイヤに指沈めをり 素秀 2 たかを.宏虎.
洋館の開かずの窓や立ち葵 たか子 2 明日香.なつき.
異国にてあふるるほどの夏銀河 もとこ 2 敬和.はく子.
曇天や老鶯近き奥山路 そうけい 1 三刀.
羅の僧の法話に笑ひ入れ 宏虎 1 董雨.
星ばかり七夕竹に子が結び なつき 1 敬和.
自販機に屈めばここに夏あざみ たかを 1 素秀.
睡蓮花間に間の水に白き空 そうけい 1 素秀.
恋愛は食細くなる晶子の忌 宏虎 1 三刀.
梅雨晴や弾ける声の公園に 満天 1 菜々.
分離帯伸び放題の花うつぎ ぽんこ 1 菜々.
噴水の高みに届く庭師かな さつき 1 よし女.

7月6日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
行く末の事など話し夕端居 たか子 7 菜々.せいじ.宏虎.なつき.三刀.やよい.もとこ.
大楠の緑蔭閑か太極拳 素秀 5 たかを.満天.たか子.そうけい.こすもす.
愛犬の小屋にも蚊遣吊しをり さつき 4 敬和.菜々.智恵子.よし女.
苔豊か春日の森の滴りに 菜々 3 宏虎.なつき.はく子.
五月雨や石畳蹴る下駄の音 素秀 3 さつき.董雨.たか子.
妻よりにいつも置かれし扇風機 なつき 3 敬和.智恵子.せいじ.
夏鶯農夫無口に畝作る そうけい 3 愛正.ぽんこ.もとこ.
古墳の島映す水面や池涼し やよい 2 さつき.素秀.
名古屋場所力士自慢の浴衣かな 智恵子 2 たかを.明日香.
雨洗ふ棚田百景青田風 智恵子 2 満天.ぽんこ.
大口の鯉の寄りくる梅雨濁り やよい 2 愛正.素秀.
街灯の昼なほ灯す梅雨最中 さつき 2 そうけい.やよい.
ゴミ狙ふ鴉の鋭目や五月闇 せいじ 1 董雨.
被災地へ届け子達の音楽会 そうけい 1 はく子.
空見上ぐ草叢出でし青蜥蜴 たかを 1 明日香.
鏡なる海面の岩に鷺の影 三刀 1 よし女.
目隠しの塀になりけり立葵 愛正 1 こすもす.
畑より戻るや水と三尺寝 明日香 1 三刀.

7月5日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一村を抱えて深き茂りかな たか子 7 たかを.愛正.せいじ.満天.素秀.三刀.明日香.
黒塀の路地に梔子匂ひけり 素秀 6 さつき.敬和.宏虎.三刀.やよい.なつき.
終ひ湯の壁の守宮の見ないふり なつき 4 智恵子.宏虎.もとこ.こすもす.
いっせいに小犬の散歩梅雨晴間 たかを 3 菜々.そうけい.こすもす.
洗濯機フル回転や梅雨晴間 やよい 3 たかを.董雨.菜々.
初物の南瓜を抱きて戻りけり 三刀 2 董雨.よし女.
サンバ聴き夜店に並ぶピアスかな 智恵子 2 敬和.もとこ.
爪ほどの蛙付き来て鉢花に はく子 2 せいじ.ぽんこ.
岩しぶき滝の側道不動あり 宏虎 2 たか子.明日香.
串打つ鮎清流沿いの道の駅 愛正 2 満天.そうけい.
樹下に咲く灯明めきし夏水仙 せいじ 2 愛正.ぽんこ.
裏山の薄紅一樹百日紅 愛正 2 素秀.はく子.
大勢で小分けのメロン弾む声 たかを 1 智恵子.
被災地へ届けてほしい大夕焼け 明日香 1 やよい.
鴎鳴く水平線は雲の峰 智恵子 1 よし女.
宮新樹白砂へ影をさざめかせ 菜々 1 さつき.
冷奴日毎に薬味替へにけり 満天 1 はく子.
不調続くテニスのサーブ梅雨曇 ぽんこ 1 たか子.

7月4日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
浜木綿や一湾望む遭難碑 宏虎 10 愛正.敬和.明日香.素秀.三刀.満天.そうけい.たか子.やよい.なつき.
甚平や悪がき今は好々爺 やよい 7 愛正.たかを.智恵子.三刀.そうけい.はく子.菜々.
蔦茂る昔ながらの喫茶店 さつき 5 董雨.せいじ.たか子.やよい.菜々.
桟橋の波に犇めく水海月 智恵子 3 宏虎.ぽんこ.はく子.
槌の音賑やかなりし梅雨晴れ間 さつき 3 董雨.明日香.素秀.
七夕や全部書きたる児の願ひ なつき 2 せいじ.こすもす.
畦道に蹲踞で睨む牛蛙 素秀 2 智恵子.なつき.
傘持たぬ人大股に夏祓 なつき 2 たかを.もとこ.
宿場跡道標添うて百日紅 愛正 1 敬和.
窓の猫西日に長き影法師 智恵子 1 ぽんこ.
実を一つ摘まんでカラス枇杷大樹 たかを 1 こすもす.
出張先の念入りチェック梅雨豪雨 こすもす 1 宏虎.
咲きのぼる高窓覗く葵かな 愛正 1 満天.
梅雨湿りみやげは刺身猫の笑み たかを 1 もとこ.

7月3日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
古民家の出窓の格子風涼し さつき 7 宏虎.満天.隆松.やよい.たか子.こすもす.なつき.
さんざめく渡し場跡の行々子 愛正 4 智恵子.満天.敬和.よし女.
夏木立日の斑を踏みて朝散歩 隆松 3 菜々.智恵子.明日香.
玉垣に添へるあぢさゐ色尽くす はく子 3 たかを.明日香.ぽんこ.
礼状の出だしや如何に半夏雨 たか子 3 愛正.もとこ.よし女.
真白なる滝まっすぐに落ちにけり やよい 2 せいじ.素秀.
栄螺籠載せる軽トラ潮を垂れ さつき 2 ぽんこ.そうけい.
外出にお洒落気分のサングラス 宏虎 2 三刀.はく子.
植栽の鋏の音や梅雨ひと日 たか子 2 そうけい.もとこ.
密を疎に木々の枝切る半夏生 三刀 2 菜々.宏虎.
梅雨雲のすっぽり隠す谷戸の景 智恵子 2 さつき.たか子.
三行で語る一生梅雨のペン たかを 2 やよい.三刀.
折畳み傘しのばせて半夏生 こすもす 1 なつき.
和箪笥の隅捨て兼ねし夏衣 満天 1 さつき.
でで虫よ道の真中を歩くなよ 明日香 1 はく子.
降りそうで降らぬひと日や半夏生 満天 1 董雨.
手の届かぬ石垣に沿ふ牽牛花 ぽんこ 1 素秀.
空蝉を残し現身翔びたてり 素秀 1 董雨.
点描画夕には仕上げ梅雨ひと日 智恵子 1 敬和.
知らぬ間の肩の日焼けや露天の湯 素秀 1 せいじ.
長靴の迷子の男子半夏生 なつき 1 たかを.

7月2日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
産土へ磴百段の梅雨じめり はく子 5 さつき.素秀.なつき.やよい.こすもす.
着水のひときは派手に牛蛙 素秀 4 智恵子.せいじ.菜々.そうけい.
尼寺は閑か背山の茂りかな やよい 3 愛正.素秀.そうけい.
児が口へ両手でたぐる冷素麺 なつき 3 智恵子.三刀.もとこ.
山城の古戦の謂れほととぎす さつき 3 たか子.こすもす.ぽんこ.
隧道に漂ふ霊気梅雨の闇 智恵子 3 さつき.宏虎.ぽんこ.
老鶯の声透き通る雨の後 三刀 3 董雨.満天.菜々.
パゴダ塔灼けた欠片のこぼれ落つ 素秀 2 敬和.なつき.
取りあえずそこらへ吟行梅雨晴間 菜々 2 はく子.やよい.
顔つけることに始まるプール指導 こすもす 2 董雨.明日香.
泊まり家の早き目覚めや夏布団 たか子 2 敬和.もとこ.
梅雨の景雨一色の静寂かな 明日香 1 宏虎.
胡瓜食ぶ二十年の味噌ちよんとつけ なつき 1 はく子.
青蔦や無人玄関占領す やよい 1 隆松.
作業着の漢ベンチに三尺寝 せいじ 1 三刀.
ねじ花や自己流に生きこの齢に たか子 1 愛正.
不規則な雨垂れ楽し梅雨の宵 智恵子 1 たかを.
マンションの裾を色どる未央柳 満天 1 明日香.
尺鮎論膳は小鮎の山の宿 愛正 1 たかを.
苦も楽もうっかり忘れ昼寝覚 宏虎 1 せいじ.
梅雨晴れ間村内放送良く聞こゆ 明日香 1 隆松.
リビングの安全マップ震災忌 ぽんこ 1 たか子.
梅雨深し阿吽の狛も退屈さう 菜々 1 満天.

7月1日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
四阿の手摺り震はす牛蛙 ぽんこ 5 菜々.たかを.せいじ.はく子.三刀.
良く通る祝詞にくぐる茅の輪かな はく子 5 さつき.智恵子.満天.たか子.こすもす.
書院障子開けて遺影へ青葉風 菜々 4 明日香.やよい.そうけい.たか子.
くぐり入る茅の輪にしるき香り有り たか子 3 宏虎.満天.敬和.
山道を獲物掲げて蟻戻る たかを 3 せいじ.そうけい.ぽんこ.
跳ね出しの桃匂ひ満つ段ボール なつき 2 愛正.たかを.
梅雨じめり苔一面の地蔵仏 宏虎 2 隆松.素秀.
黒南風にキコキコ唄ふ風見鶏 智恵子 2 明日香.やよい.
吹きかける穢れも白き夏祓 素秀 2 宏虎.敬和.
テーブルにリモコンいくつ梅雨最中 ぽんこ 2 さつき.三刀.
神事待つ青葉しぐれの大樹下に はく子 2 愛正.ぽんこ.
梅雨晴れや紙飛行機の交差して さつき 1 なつき.
土手沿いの渋滞鮎の解禁日 愛正 1 こすもす.
念入りに草取りされし酒米田 さつき 1 菜々.
青鷺や雨空へ向き飛び立てり こすもす 1 隆松.
遅れ来てどかと降りたる男梅雨 たか子 1 はく子.
山上湖碧水湛え風薫る 宏虎 1 智恵子.
流されて淵に張りつく飛蝗の子 やよい 1 素秀.
冷奴まずは角から箸を入れ 素秀 1 なつき.

6月30日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
青葦のドミノ倒しの風の道 ぽんこ 4 素秀.満天.隆松.たか子.
本堂は錆びし茅葺き夏椿 たか子 4 董雨.素秀.やよい.ぽんこ.
椎の花山また山を太らしむ せいじ 4 明日香.満天.やよい.たか子.
川底の湧き出る野湯や夕河鹿 愛正 3 そうけい.三刀.なつき.
登り来て涼気ただよふ滝の音 やよい 3 智恵子.たかを.こすもす.
梅雨晴や見守り隊へ感謝状 満天 2 菜々.はく子.
門前に並ぶ水瓶蓮咲かせ やよい 2 さつき.こすもす.
足元に猫のまとわる梅雨一日 たかを 2 なつき.せいじ.
梅雨寒し訪ふ人稀に清盛塚 菜々 2 敬和.はく子.
夏山のそびえて迫る大玻璃戸 さつき 2 敬和.せいじ.
湧き上がるドームを被う雲の峰 そうけい 2 さつき.宏虎.
公園の四囲を固めし夾竹桃 せいじ 1 明日香.
川薄暑餌に寄り来る鯉の口 満天 1 愛正.
夕暮や谷あい埋むる雲の峯 愛正 1 たかを.
籐寝椅子みな眠くなる魔力かな 宏虎 1 三刀.
初ひ孫抱きすててこの足揺する なつき 1 宏虎.
県境の峠は梅雨の雲の中 素秀 1 智恵子.
玉串捧げ黒潮の波海開き 宏虎 1 董雨.
枕カバー刺繍などして梅雨ひと日 智恵子 1 ぽんこ.
池を占む青葦力伸ばしけり ぽんこ 1 菜々.
夏霞沖に向かいて消える船 素秀 1 愛正.
己が行く方へ方へと梅雨の雲 菜々 1 隆松.
青葉から弾き出されし木の実かな たかを 1 そうけい.

過去一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]