成績一覧

過去一覧

5月30日 (投句17名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
しなやかに風を遊ばす今年竹 宏虎 4 菜々.よし女.はく子.三刀.
実桜や嬰丸々と片ゑくぼ なつき 4 やよい.明日香.よし女.はく子.
銀の道辿れば葉裏に蝸牛 智恵子 4 愛正.ぽんこ.なつき.三刀.
病み抜けし眼に今朝の薔薇真白 菜々 3 満天.なつき.こすもす.
サッパ舟ゆく先々に花菖蒲 そうけい 3 素秀.隆松.せいじ.
蒼天や茅花揺らせてリュック行く 明日香 2 智恵子.敬和.
つむじ風翅もつごとく竹落葉 やよい 2 たかを.たか子.
卓球に良い汗流す小半時 はく子 2 満天.こすもす.
万緑の丘の上なる道の駅 ぽんこ 2 やよい.明日香.
花胡瓜さぐれば小指ほどの実を よし女 2 素秀.智恵子.
嬉しくて釣り具自慢の鮎の宿 宏虎 2 敬和.たかを.
雨上がりあぢさゐの毬色深む 満天 2 菜々.宏虎.
トランプゲームに負けて泣く子や柏餅 こすもす 1 愛正.
夕間暮れ里にぼんやり栗の花 愛正 1 せいじ.
流木を仏と祀る寺涼し なつき 1 たか子.
夏雲の立つ高原の大風車 素秀 1 ぽんこ.
青簾清流見下ろす宿の夕 愛正 1 宏虎.

5月29日 (投句21名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝焼けの富士を望みて露天の湯 智恵子 7 敬和.菜々.宏虎.そうけい.やよい.たかを.はく子.
枇杷の実の雨を弾ける産毛かな 素秀 5 智恵子.たかを.ぽんこ.こすもす.なつき.
急流を綱渡りめく蜘蛛の糸 さつき 4 愛正.よし女.れいこ.ぽんこ.
田水張りビルの大小映しけり 満天 3 敬和.宏虎.董雨.
雨を抱き色を変へたり濃紫陽花 宏虎 2 満天.なつき.
夏うぐいす大学祭にしきりなり はく子 2 満天.董雨.
急流に日の斑の揺るる囮鮎 宏虎 2 さつき.素秀.
さみだるる四囲の稜線滲ませて 菜々 2 明日香.こすもす.
合鴨の右往左往や青田中 こすもす 2 愛正.たか子.
里山や夏の落葉のすべり台 愛正 1 明日香.
五月雨に菜園みどり濃くなりぬ 満天 1 菜々.
さみだるる姉を見舞ふて帰るみち 菜々 1 はく子.
角出してやをらの動き蝸牛 たか子 1 素秀.
炎天下金属扉軋む音 たかを 1 れいこ.
眼鏡橋丸縁として花菖蒲 さつき 1 よし女.
夕されば草に紛れて雲雀鳴く せいじ 1 やよい.
羽化すれどまだ星のなき天道虫 やよい 1 たか子.
川越えて茅花流しや台場跡 せいじ 1 さつき.
予備の苗隅に集めて植田かな こすもす 1 智恵子.
夏雨の傘ささぬ子の飛びはねり もとこ 1 そうけい.
ゆっくりと歩く蟻などいるのかな 明日香 1 せいじ.
麦秋の中唸り行く耕耘機 よし女 1 せいじ.

5月28日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小流れの両岸狭め花菖蒲 さつき 8 たかを.明日香.智恵子.隆松.素秀.やよい.こすもす.宏虎.
そら豆のさやの寝床の白さかな たか子 4 さつき.はく子.よう子.三刀.
大空の高さを競ふ松の芯 ぽんこ 3 たか子.素秀.よう子.
山上にキャンパスフェスタ囀れる はく子 3 菜々.満天.そうけい.
ママよりのお下がり嬉し衣更 こすもす 3 菜々.董雨.なおこ.
一株の薔薇よく匂ふ狭庭かな せいじ 3 たかを.さつき.やよい.
短夜やはや朝刊のバイク音 よし女 2 せいじ.ぽんこ.
胡瓜盗るこそ泥鴉憎みけり よし女 2 三刀.ぽんこ.
両手上ぐブロンズ像に新樹光 満天 2 敬和.もとこ.
ひとしきり鳴いて黙する雨蛙 明日香 2 隆松.敬和.
駄菓子屋の看板猫や夏氷 智恵子 2 愛正.なつき.
潮干狩り呼び出す迷い子絶え間なし 智恵子 2 よし女.宏虎.
早乙女の編笠の紐結びあひ さつき 2 明日香.そうけい.
夏満月点る大橋潜りけり やよい 2 愛正.たか子.
一本の枝の動ける烏蛇 素秀 1 なつき.
炎天をそ知らぬ体の白き蝶 たかを 1 こすもす.
一本釣り腰まで浸かり鮎を追ふ 宏虎 1 董雨.
夏野菜たつぷり入れてスムージー せいじ 1 なおこ.
スライスの新玉ねぎや歯を弾く よう子 1 もとこ.
まじないの鼻の汗つけ糸通し なつき 1 はく子.
揚雲雀けふは斜めにあがりをり 明日香 1 よし女.
着てみてはしまひ直して衣替え なつき 1 智恵子.
窓越しの錦江湾や明易し やよい 1 せいじ.
学際の熱気あふるる薄暑かな はく子 1 満天.

5月27日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
素麺をすする老舗の江戸切子 智恵子 5 愛正.満天.はく子.ぽんこ.なつき.
巣燕のちぎれんばかり首伸ばし さつき 5 董雨.せいじ.やよい.明日香.こすもす.
老鶯の声透きとほる神の森 菜々 3 やよい.素秀.三刀.
惜しみなく薔薇切り母の忌を修す なつき 3 菜々.智恵子.たか子.
麦秋の中を貫く新幹線 よし女 3 敬和.宏虎.ぽんこ.
あるなしの風に頷く小判草 ぽんこ 2 よし女.素秀.
船室の窓に煌々夏満月 やよい 2 敬和.愛正.
菖蒲園赤き前掛け花摘み女 さつき 2 たかを.なつき.
今年竹皮つけたまま伸びきって 明日香 2 よし女.こすもす.
常盤木の落葉は深し峠越え 愛正 2 さつき.せいじ.
ペダル無きミシンに慣れず夏の夜 なつき 2 たかを.よう子.
キャンパスは青葉若葉の只中に はく子 2 董雨.菜々.
老鶯や丹波の山の芳しく 素秀 1 智恵子.
街騒を逃れ潮騒夏の空 智恵子 1 たか子.
花楝咲き満ち静かに自己主張 よし女 1 三刀.
黄花咲く休耕田に黒揚羽 素秀 1 満天.
描いて良し詠って良しや薔薇公園 こすもす 1 明日香.
立ち話足に飛びのる青蛙 愛正 1 さつき.
九十九島めぐる峰雲追ひかけて やよい 1 宏虎.
白蝶の空に溶け入る気配あり 宏虎 1 よう子.
友の畑十指に余る夏野菜 こすもす 1 はく子.

5月26日 (投句17名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木下闇五百羅漢の苔むして はく子 5 やよい.素秀.ぽんこ.三刀.たか子.
浜木綿の看板隠す島食堂 智恵子 5 さつき.せいじ.こすもす.はく子.なつき.
朝凪の錦江湾や渚カフェ やよい 3 たかを.敬和.たか子.
月の道よぎる舟影夏満月 やよい 2 三刀.こすもす.
枝蛙沼地を抜ける通り風 愛正 2 やよい.はく子.
初生りや父と分け食ぶ胡瓜もみ なつき 2 菜々.智恵子.
ギャラリーは立ち見田植機稼働中 こすもす 2 愛正.智恵子.
緑蔭に人見へねども話声 ぽんこ 2 宏虎.明日香.
階にもぎたての枇杷頬張リぬ 三刀 2 せいじ.よし女.
綱つけてガラス拭く人玉の汗 こすもす 2 ぽんこ.よし女.
紫蘇色の一樹もなかに森新樹 菜々 2 宏虎.素秀.
植田済む水に写して鳶飛ぶ 董雨 2 満天.そうけい.
恋ならむ呼びかけ喚く蟇 宏虎 1 敬和.
色褪せし旗に縁台氷水 智恵子 1 菜々.
打たせ湯の飛沫光るや虹の珠 素秀 1 たかを.
夏草が堵列の墓の絨毯に ぽんこ 1 なつき.
新緑を下校のチャイム揺らすごと 満天 1 明日香.
二房の神楽鈴めく花南天 せいじ 1 愛正.
親待たせめだかを覗く児の背中 たか子 1 そうけい.
焦げるほど実っておりぬ麦の秋 明日香 1 さつき.
南天の花巫女舞の鈴のごと せいじ 1 満天.

5月25日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遊覧船浴びし飛沫の波涼し 智恵子 7 愛正.敬和.そうけい.明日香.たか子.はく子.ぽんこ.
炎天に笑顔絶やさぬ石仏 たかを 5 隆松.満天.素秀.はく子.ぽんこ.
夏空へ切妻屋根の連なりぬ せいじ 5 れいこ.菜々.智恵子.素秀.たか子.
拾ひたるときめき少し落し文 はく子 3 菜々.なつき.たかを.
花菖蒲色濃き蕾ほどけゆく さつき 2 宏虎.なつき.
鳥すだく熊手に絡む夏落ち葉 愛正 2 智恵子.たかを.
鳩を追ふ遠足の列乱れがち さつき 2 せいじ.やよい.
炎昼や鋳掛屋の声間延びして せいじ 2 れいこ.やよい.
水車まふ庭に引き立つ杜若 董雨 2 そうけい.こすもす.
砂浜に佇む少女夏帽子 智恵子 2 董雨.三刀.
宮参り終へて兄姉氷菓食ぶ なつき 2 董雨.せいじ.
初なりの胡瓜鴉に盗られけり よし女 2 愛正.こすもす.
昔は粗今は贅なる麦の飯 ぽんこ 1 三刀.
鳥立ちて川辺ざわざわ青芒 愛正 1 宏虎.
麦秋や煙棚引く里の畑 三刀 1 隆松.
初生りの胡瓜の少し曲りおり 董雨 1 敬和.
顔寄せて香りも愛でて薔薇めぐる 菜々 1 満天.

5月24日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
北限の新茶と印す峠茶屋 愛正 7 董雨.せいじ.よし女.たか子.やよい.はく子.なつき.
水源の樹下に群生著莪の花 愛正 4 董雨.宏虎.やよい.ぽんこ.
廃坑や今し十薬原となす 智恵子 4 愛正.さつき.素秀.こすもす.
持て余すかちんかちんの氷菓かな なつき 3 敬和.智恵子.明日香.
迷ひなく鋏を入れし薔薇の午後 さつき 3 たかを.たか子.なつき.
ハンドルを握る右手の日焼せし 素秀 3 さつき.せいじ.ぽんこ.
五月晴たじろぐほどの陽の強さ 明日香 2 宏虎.菜々.
単線の新緑窓を打ちに打つ やよい 2 れいこ.素秀.
動くもの日輪だけの夏の天 素秀 2 敬和.れいこ.
ゆるゆると蝶と道連れ薔薇の階 菜々 2 たかを.明日香.
夕焼けの障子に踊る藤の蔓 三刀 2 よし女.はく子.
苗木にも二つ三つの花蜜柑 さつき 1 智恵子.
黄菖蒲の錆びて身も世も在らぬかな たか子 1 そうけい.
揺れあふてマンボと銘の薔薇真つ黄 菜々 1 満天.
レジ並ぶ籠の中皆アイスクリーム 満天 1 こすもす.
激流に見え隠れしてカヌー来る 智恵子 1 そうけい.
たかんなの煮物に叩く木の芽かな たか子 1 菜々.
薄幸や生まれながらの山椒魚 宏虎 1 愛正.
茶処の抹茶アイスを食みつ歩く やよい 1 満天.
キリシタン訴人の札やつばくらめ なつき 1 三刀.
馬鈴薯ニンニク小箱に詰めて娘に送る よし女 1 三刀.

5月23日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
摺り足で闇に入り込む蛍狩 素秀 6 董雨.愛正.明日香.れいこ.たか子.もとこ.
新茶揉む老婆の深き手窪かな 愛正 5 素秀.明日香.ぽんこ.やよい.なつき.
大の字の空飛ぶよやうな昼寝の子 なつき 5 敬和.菜々.せいじ.そうけい.こすもす.
引き切って干潟は宙と対峙せり よし女 4 そうけい.小袖.もとこ.三刀.
時に膝つきて媼の薔薇手入れ 菜々 4 素秀.たか子.小袖.こすもす.
葉桜やお礼参りの絵馬あまた さつき 3 董雨.宏虎.はく子.
渓流の音に和すごと遠河鹿 隆松 3 満天.智恵子.三刀.
背伸びしてもぐ天辺の豌豆豆 こすもす 3 さつき.せいじ.なつき.
夏蝶や鍵盤上を躍る指 よし女 3 たかを.ぽんこ.やよい.
緑陰に集ふ弦楽四重奏 さつき 2 よし女.れいこ.
田水張る入江のごとく拡ごりて せいじ 2 さつき.菜々.
沼杉の天を貫く若緑 はく子 2 たかを.満天.
てるてる坊主作って吟行梅雨の入り こすもす 1 智恵子.
五月晴れ地に鮮やかな木々の影 三刀 1 よし女.
大空へ噴き上ぐるごと森若葉 菜々 1 はく子.
木苺をくれし小さき手のうれし たか子 1 敬和.
島巡る遊覧船やつばめ舞ふ やよい 1 愛正.
明けやらぬ雑木の小道著莪の花 愛正 1 宏虎.

5月22日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
代田水空を映して村広し せいじ 9 さつき.愛正.敬和.素秀.満天.はく子.三刀.ぽんこ.よう子.
ジョギングの影の過ぎゆく夏木立 さつき 7 董雨.れいこ.明日香.もとこ.三刀.ぽんこ.よう子.
ビードロの弾ける如し裏見滝 愛正 5 さつき.れいこ.せいじ.はく子.なつき.
若葉風子らは飽かずにすべり台 はく子 4 董雨.宏虎.よし女.やよい.
木漏れ日のテラスに並ぶ籐の椅子 智恵子 3 たか子.せいじ.こすもす.
薔薇アーチ完成まではもうひと伸び 明日香 3 菜々.智恵子.なつき.
溜池の点検員や梅雨入り前 三刀 2 よし女.そうけい.
新茶干す筵の上の昼寝猫 愛正 2 たか子.素秀.
魚屋を出入り自由や燕の巣 さつき 2 敬和.やよい.
バードウイークしぐさ愉快な写真展 よし女 1 こすもす.
靴紐を結ぶ頭上に蚊喰鳥 素秀 1 たかを.
夕薄暑父特訓の球拾ひ なつき 1 たかを.
赤子抱く足首を刺す蚊を憎み なつき 1 そうけい.
ダム湖面映る若葉の縞模様 素秀 1 愛正.
オープンカー疾走五月の高速路 やよい 1 宏虎.
地蜘蛛行く蝸牛行く雨上がり たかを 1 もとこ.
吟行のあとのコーヒー若葉風 明日香 1 満天.
朝涼や駐輪場はもう満車 こすもす 1 菜々.
駅弁を開き窓外麦の秋 宏虎 1 隆松.
ひもすがら籠りて窓の若葉光 満天 1 明日香.
夕されば蒲公英白く点りけり せいじ 1 智恵子.

5月21日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風涼し草の波間に石仏 たかを 6 せいじ.素秀.こすもす.ぽんこ.はく子.なつき.
和太鼓の打ち揃ひたる五月晴 満天 6 董雨.たかを.よし女.三刀.菜々.そうけい.
若葉風夢見心地のハンモック 智恵子 3 董雨.敬和.そうけい.
目覚ましは夏鶯や旅の宿 やよい 3 智恵子.素秀.さつき.
代を掻く機械を追うて鷺四五羽 三刀 3 愛正.よし女.満天.
青葉風真白き馬柵に馬二頭 こすもす 3 やよい.宏虎.菜々.
豆飯や娘より貰ひし夫婦箸 よし女 3 やよい.明日香.三刀.
善の綱の緑雨のしずく弾きたり なつき 2 愛正.敬和.
泊り家の雪見障子や明け易し たか子 2 智恵子.なつき.
鳥飛んで渓谷深き若葉かな 愛正 2 せいじ.たかを.
過疎の村 若葉波立つ一里山 愛正 2 満天.たか子.
すれ違ふ子犬吠え合ふ薔薇の園 なつき 2 宏虎.こすもす.
子燕のふん受け止めしボンネット せいじ 2 ぽんこ.はく子.
渦立てて島ごと攫ふ卯波かな 宏虎 1 れいこ.
屈みては赤い実探す露地苺 こすもす 1 さつき.
夜通しを鳴き継ぐ蛙宿の庭 やよい 1 たか子.

5月20日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
奥山の茶屋に一服河鹿鳴く 智恵子 8 愛正.満天.素秀.よし女.三刀.やよい.隆松.こすもす.
堂涼し阿弥陀の前に朱印受く なつき 6 宏虎.そうけい.たかを.たか子.やよい.こすもす.
お隣りに生れしは男子柿若葉 よし女 4 満天.せいじ.はく子.明日香.
万緑を白く染め抜く山法師 三刀 4 愛正.れいこ.よし女.なつき.
新緑の山を背にして大方丈 ぽんこ 3 宏虎.せいじ.なつき.
海峡の大橋の間夏入り日 やよい 2 れいこ.明日香.
主家を出て今は野にあり矢車菊 たかを 2 素秀.三刀.
バーベキュー流れに浸す缶ビール はく子 2 董雨.隆松.
かなぶんの翅は出せども飛びたてず 素秀 2 董雨.智恵子.
黒南風や封書で送る投稿歌 こすもす 1 智恵子.
夏茶席一期一会の掛軸を 満天 1 たかを.
回廊を巡り滝見る若葉かな 愛正 1 ぽんこ.
甲板の露天湯夏の月白し やよい 1 そうけい.
雑踏の横断歩道薄暑なり 宏虎 1 ぽんこ.
双眼鏡持ち行く森やバードデー よし女 1 たか子.
立礼の菓子の「あぢさゐ」みずみずし 満天 1 はく子.

5月19日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
植田風一村水の匂ひ立つ うつぎ 14 れいこ.菜々.やよい.宏虎.智恵子.素秀.満天.そうけい.せいじ.小袖.三刀.たか子.こすもす.はく子.
鳥避けのCD揺るる風青し こすもす 6 敬和.隆松.宏虎.素秀.はく子.なつき.
店毎に句の短冊や路地涼し たか子 3 やよい.よし女.明日香.
水鏡列車過ぎ行く水田かな やよい 3 れいこ.そうけい.小袖.
制服のウエスト直し更衣 智恵子 3 菜々.董雨.こすもす.
時に首振りて戻らぬ扇風機 素秀 2 愛正.智恵子.
百磴の緑さす途に十六羅漢 ぽんこ 2 たかを.なつき.
シャッターを上げれば夏の燕入る 素秀 2 敬和.董雨.
赤レンガ踊る柳の影法師 智恵子 2 愛正.ぽんこ.
コミセン祭人気綿あめ五十円 はく子 2 たかを.満天.
閑散としたる歩道や街薄暑 せいじ 1 ぽんこ.
下闇に原石透かす骨董市 なつき 1 せいじ.
冷奴出て郷愁の機内食 宏虎 1 三刀.
薔薇園に一分長き花時計 なつき 1 明日香.
五月雨るる坂の長崎たもとほる やよい 1 隆松.
若葉光万葉講座あちこちに 明日香 1 たか子.
裏山の木々を揺さぶる青嵐 三刀 1 よし女.

5月18日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
米寿過ぎお洒落楽しむ更衣 宏虎 5 智恵子.はく子.三刀.なつき.うつぎ.
タイガース勝ってビールのなほ美味き はく子 3 宏虎.たかを.やよい.
長屋門大鉈切りに夏つばめ たか子 3 れいこ.こすもす.うつぎ.
スクールバス見送るママの白日傘 こすもす 3 敬和.せいじ.董雨.
山車文楽観客席は大筵 なつき 3 敬和.たかを.たか子.
街を行く白き服増へ風五月 満天 3 宏虎.なつき.こすもす.
夏野菜地産地消のレストラン たか子 2 菜々.三刀.
側溝の掃除加はる梅雨間近 智恵子 2 愛正.明日香.
あをぞらに雪渓の白突き刺さり もとこ 2 はく子.そうけい.
借景の闇より不意に黒揚羽 三刀 2 せいじ.よし女.
巣立つ鳥見送る朝の賑やかし 智恵子 2 もとこ.ぽんこ.
蜘蛛の囲を確かめ朝刊取りに行く 明日香 2 菜々.よし女.
玻璃皿の色多彩なる夏料理 宏虎 2 素秀.明日香.
緑陰にベビーカー集ひて声弾む 満天 2 董雨.そうけい.
高窓に寄らば花桐古屋敷 愛正 2 たか子.やよい.
宮様のお手植へ大樹朴若葉 やよい 1 智恵子.
青葉影宮を抱きて大欅 うつぎ 1 満天.
チリあやめ踏みて叱るる芝の庭 そうけい 1 愛正.
緑蔭や水音清し分水界 やよい 1 れいこ.
耳鳴りと思えどかすか蝉の声 素秀 1 もとこ.
山房や卯の花四囲の花明かり 愛正 1 満天.
地場の風新茶まつりの便届く そうけい 1 ぽんこ.
うち仰ぎ朴の香りにむせてをり よし女 1 素秀.

5月17日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
田水張り立山連峰足もとに もとこ 13 れいこ.明日香.満天.菜々.たかを.敬和.三刀.やよい.はく子.ぽんこ.うつぎ.こすもす.なつき.
砂浜を蹴り白帯の裸足かな 智恵子 8 愛正.せいじ.よし女.そうけい.素秀.敬和.宏虎.小袖.
庭いぢりしたる手にては蚊も打てず せいじ 6 さつき.満天.菜々.董雨.もとこ.うつぎ.
仏間にも蚊遣りのひとつ置きにけり 素秀 3 明日香.さつき.たか子.
一本釣り忙しなき幸初鰹 宏虎 2 董雨.智恵子.
あちこちと軋む齢や冷や奴 たか子 2 れいこ.もとこ.
ボランティア花の植え替へ夏来る ぽんこ 2 こすもす.なつき.
マイカーに闖入したる藪蚊かな せいじ 2 宏虎.はく子.
ゆりの木の若葉に白き杯あぐる 満天 2 ぽんこ.小袖.
参道の卯の花白し朝勤行 愛正 2 素秀.三刀.
話はずむこともご縁よ青葉寺 なつき 2 そうけい.やよい.
ぼけ封じにも手を合わせ藤の寺 やよい 1 たか子.
海目指し五月の天を鳶鴉 三刀 1 よし女.
鎌倉や薫若葉の虚子の句碑 智恵子 1 愛正.
黒猫の廊下腹這い夏めく日 素秀 1 たかを.
薔薇園を歩く鴉の見えかくれ なつき 1 せいじ.
通し土間踏み石沿いに真竹の子 愛正 1 智恵子.

5月16日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
川底に銀煌めきて鮎遡上 智恵子 5 敬和.れいこ.満天.よし女.はく子.
弧を描く噴水に児の走り抜け ぽんこ 5 満天.素秀.たか子.そうけい.こすもす.
白鷺の見廻りのごと水路ゆく 満天 5 れいこ.せいじ.隆松.素秀.たか子.
湯気立てて先ずは仏へ豆ごはん 菜々 4 董雨.智恵子.やよい.宏虎.
武骨なる枝を隠すや柿若葉 愛正 3 もとこ.菜々.明日香.
浅間山キャベツ積み込む朝の靄 愛正 3 敬和.智恵子.やよい.
豌豆むく時折夫の咳払い よし女 3 せいじ.なつき.三刀.
家裏の小川に仄と初蛍 素秀 2 董雨.ぽんこ.
里山に摘みしと貰ふ蓬餅 うつぎ 2 小袖.はく子.
波乗りの沖に繰り出す九十九里 智恵子 2 愛正.小袖.
句敵のほつこり甘き蓬餅 うつぎ 2 菜々.三刀.
ピカピカのカバンが帰る薄暑光 三刀 2 そうけい.明日香.
恙なき二人の夕餉豆ごはん 菜々 2 もとこ.よし女.
石段の錆びた手摺に夏の露 素秀 1 たかを.
下馬石へ深くかむさる若楓 たか子 1 愛正.
二児のママ元同僚や夏帽子 こすもす 1 たかを.
つばめ育つ峡の学校体育館 やよい 1 なつき.
麦の穂の熟れて鮮やか夕日さす 宏虎 1 ぽんこ.
ミニ缶のビールに足りて下戸夫婦 はく子 1 隆松.
真白なる畑一枚花大根 やよい 1 こすもす.
閨すべて夏の仕様へ衣替へ せいじ 1 宏虎.

5月15日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
次々に干潟呑み込む五月潮 三刀 7 せいじ.れいこ.よし女.はく子.菜々.うつぎ.明日香.
耕運機土くれこぼす青田道 小袖 5 なつき.智恵子.たかを.うつぎ.隆松.
竹秋の脊山を戸々に棚田村 うつぎ 5 やよい.なつき.満天.小袖.はく子.
塗香手に仏にまみゆ若葉光 はく子 3 素秀.小袖.そうけい.
行きつきて鞘翅開く天道虫 素秀 3 敬和.せいじ.明日香.
花水木定年のなき家事仕事 宏虎 3 董雨.たか子.やよい.
十三佛寺苑は藤の花あかり やよい 2 愛正.智恵子.
夏来たる白磁の皿にサラダ盛る 満天 2 敬和.愛正.
子燕の駅舎に顔出す産毛かな 智恵子 2 満天.隆松.
降り始む雨に田蛙騒がしき うつぎ 2 董雨.宏虎.
じゃが芋の花群れ咲くも楚々として たか子 2 宏虎.たかを.
築山に枝伸ばしけり若楓 宏虎 1 菜々.
前かごに幼子乗せて夕薄暑 なつき 1 三刀.
アスファルト舗装の破れ目草茂る せいじ 1 ぽんこ.
たんぽぽの絮は結界古墳山 なつき 1 素秀.
朝戸風さざ波如き麦畑 愛正 1 そうけい.
もうすでに手のひら程の朴若葉 たか子 1 よし女.
みじろがぬ老樹の並木新樹光 ぽんこ 1 こすもす.
ばらに目もくれず子供ら水あそび 菜々 1 三刀.
植田立つ下向く鷺の動かざる 素秀 1 れいこ.
千枚田海へ届けと蛙鳴く 智恵子 1 こすもす.
さみどりに白き十字の山法師 満天 1 たか子.
松落葉記憶薄るる郷の母 そうけい 1 ぽんこ.

5月14日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
母の日や子の来て弾む夫の顔 よし女 5 明日香.菜々.智恵子.三刀.うつぎ.
薔薇展の人気投票迷ひたる さつき 4 やよい.はく子.董雨.なつき.
百畳の棚に滝なす藤の花 やよい 4 隆松.そうけい.ぽんこ.小袖.
新緑の秋吉台地熱気球 三刀 4 愛正.れいこ.たかを.こすもす.
音読の課題すらすら今年竹 せいじ 4 敬和.明日香.はく子.たか子.
母の日の夕べ和菓子屋よく売れて よし女 3 菜々.せいじ.うつぎ.
夏に入るメタセコイアは天を突き 菜々 3 宏虎.やよい.素秀.
新緑を愛で賑やかし山ガール 智恵子 2 せいじ.よし女.
草叢にジュエリー散乱蛇いちご たか子 2 ぽんこ.よし女.
目高鉢園児行き交う朝の音 そうけい 2 智恵子.たか子.
夏落葉掃く背反らせば空青し せいじ 2 満天.素秀.
柿若葉色艶のあり雨払ふ 宏虎 1 小袖.
菜園に茄子苗添木整列す 満天 1 宏虎.
蛇苺急登にかかる登山道 愛正 1 こすもす.
君選ぶ口紅は昼顔の色 素秀 1 たかを.
南口君を片待つ若葉陰 智恵子 1 愛正.
たかんなや茶色の皮を着て生るる 宏虎 1 三刀.
夏のみず分水嶺を意のままに たか子 1 れいこ.
木漏れ日に石楠花の赤なほ赤し やよい 1 そうけい.
遣り水や支柱に届かぬ莢豌豆 そうけい 1 隆松.
河骨のちらり葉陰に見え隠れ ぽんこ 1 敬和.
咲き継げる茶室の前のかきつばた なつき 1 董雨.
新涼の高野山町水青き はく子 1 満天.
夏立つや水の階段しぶき上げ 菜々 1 なつき.

5月13日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山藤の彩を無くせる暮色かな うつぎ 4 智恵子.三刀.ぽんこ.はく子.
靴ひもを直す手元に夏蝶来 せいじ 3 たか子.よし女.菜々.
ソーダ水の泡に溶けたる海の色 素秀 3 やよい.三刀.はく子.
夏場所や番組表のインクの香 よう子 3 せいじ.ぽんこ.なつき.
更衣過ぎし想い出畳みけり 宏虎 3 満天.智恵子.そうけい.
九尺藤に酔うて候棚の中 やよい 3 たか子.そうけい.素秀.
梵鐘の一打寺苑の藤長し やよい 3 愛正.董雨.明日香.
九十九折る山路窓より桐の花 董雨 2 愛正.たかを.
千年の社令和の風薫る 菜々 2 敬和.なつき.
娘の声の明るき母の日の電話 なつき 2 董雨.せいじ.
棋士の町掲げる駅や新樹光 明日香 2 敬和.こすもす.
粒ほどの蟻のつまづく小石かな たかを 2 れいこ.素秀.
天仰ぎ朴の一輪香を放つ 三刀 2 さつき.よし女.
溝浚へ終えて近況語り合ふ 満天 1 やよい.
銀杏の木げんこつだった枝に若葉 明日香 1 宏虎.
風抱え里山揺らぐ新樹かな 愛正 1 宏虎.
たんぽぽの絮背に乗せて猫帰宅 智恵子 1 菜々.
新蕎麦や茅葺き屋根の多き里 たか子 1 こすもす.
靴先の見過ごしがちな蛇苺 ぽんこ 1 さつき.
花水木黄昏時の歩道橋 智恵子 1 満天.
木の根橋たもとに素足の少女行く たか子 1 たかを.
今年竹はちまんやまを明るふす 菜々 1 れいこ.

5月12日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
えごの花散って地上の星となる よし女 6 満天.やよい.智恵子.三刀.ぽんこ.こすもす.
青蔦や象のはな子を偲ぶ檻 さつき 5 愛正.敬和.明日香.菜々.うつぎ.
長靴のハの字を残し田水張る よう子 5 たかを.せいじ.れいこ.董雨.なつき.
百磴に見上げ眩しむ若楓 やよい 4 愛正.さつき.満天.素秀.
濃き影を地に落し去る夏の蝶 よし女 3 さつき.れいこ.三刀.
盆地なる植田は山の水集め たか子 3 やよい.よう子.そうけい.
竹の皮脱ぎてまっすぐ蒼天へ 満天 3 たか子.たかを.董雨.
空青し川原に干草匂いけり こすもす 3 智恵子.ぽんこ.そうけい.
新緑や句碑をめぐりて城下町 やよい 3 菜々.宏虎.はく子.
耕運機嫁乗せ畔に代田掻き 智恵子 2 敬和.なつき.
渓流の連なる波頭や夏めきぬ 愛正 2 明日香.宏虎.
救急車音頻繁に町薄暑 満天 1 はく子.
車座の犇めき合へる大緑陰 さつき 1 よう子.
初蝉や忌明けに遠く聞こえけり 素秀 1 たか子.
喘ぐ背をなほ押しくれし山つつじ せいじ 1 よし女.
山路ゆく森林浴と洒落込んで せいじ 1 こすもす.
甘茶仏柄杓で押され横向けり なつき 1 せいじ.
金色に柄酌に透くる甘茶かな なつき 1 うつぎ.
初夏の高野山町たもとほる はく子 1 よし女.
幾畝もじゃがいも占むる白き花 ぽんこ 1 素秀.

5月11日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鶯の存問しげき深山道 せいじ 4 小袖.さつき.ぽんこ.そうけい.
見守りのひとり増えたり新樹光 明日香 4 たかを.よう子.もとこ.たか子.
田水張る四囲のもろもろ写しをり たか子 4 れいこ.智恵子.こすもす.ぽんこ.
手を振ると見しが蠛蠓払ひたる うつぎ 4 愛正.素秀.せいじ.なつき.
早朝の立夏の山気六腑へと たか子 3 智恵子.こすもす.はく子.
五月晴れ花はま白きもの多し よし女 3 れいこ.満天.三刀.
どぐだみの繁り石段隠したる 素秀 3 敬和.やよい.よう子.
山車蔵の前にたる酒ふるまへり なつき 3 やよい.よし女.はく子.
亡き友と歩きし尾根や不如帰 せいじ 2 愛正.三刀.
スナックの看板隠す薔薇の花 ぽんこ 2 せいじ.もとこ.
新緑の美(うま)しステ女の城下町 やよい 2 素秀.たか子.
君影草カウベル響く放牧場 愛正 2 敬和.そうけい.
寄りて立つ地蔵に光る苔の花 素秀 2 たかを.隆松.
石楠花の杉の木立の間を燃ゆる はく子 1 さつき.
薫風や露天湯浸かる朝ぼらけ 智恵子 1 なつき.
夏の靄たつ赤穂の海はまつたいら 明日香 1 小袖.
黄昏のジャスミンの香の強まりて 満天 1 董雨.
妻の留守物干し台に若葉風 たかを 1 隆松.
花舗先の出番を待つやカーネーション 満天 1 董雨.
花空木庭に仄かな香を放つ 三刀 1 よし女.
俳句ラリーの旗そこここに町若葉 やよい 1 満天.

5月10日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
魚河岸のだみ声の飛ぶ初鰹 宏虎 7 やよい.董雨.こすもす.たか子.満天.もとこ.うつぎ.
海峡を左右に割りて青嵐 素秀 5 愛正.敬和.満天.はく子.なつき.
馬鈴薯の花や日暮れの杣の家 よし女 4 愛正.せいじ.智恵子.もとこ.
廃屋は多く語らず夏燕 たかを 4 れいこ.せいじ.三刀.よう子.
若葉風大きく逸れるフリスビー なつき 3 たかを.さつき.敬和.
縁の下またも突き出る真竹の子 愛正 3 さつき.よし女.董雨.
葉桜や挨拶揃ふ登校子 満天 3 たかを.明日香.はく子.
河鹿鳴きいざなふ先に石弥勒 もとこ 2 素秀.智恵子.
今年竹さざめく中にエジソン碑 菜々 2 たか子.ぽんこ.
収穫はカラスと競争夏野菜 明日香 2 菜々.ぽんこ.
水打てば何処ともなく夏蝶来 よし女 2 素秀.よう子.
丘の風車見渡す限りラベンダー ぽんこ 1 こすもす.
囀や苔むす寺園遥拝所 ぽんこ 1 なつき.
公園を抜ける静けき余花の雨 智恵子 1 菜々.
若葉風列車は車輪きしませて はく子 1 うつぎ.
緑陰の話の尽きぬベンチかな 満天 1 三刀.
夏落ち葉迷いに迷ふ分水路 たか子 1 やよい.
着納めてしまふ重たき武具飾り なつき 1 れいこ.
小手毬の疾風に組んづ解れつす せいじ 1 よし女.
実桜の艶めく紅に佇みて 智恵子 1 明日香.

5月9日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
卯波立つ沖の小島のふと消ゆる 智恵子 8 せいじ.たかを.素秀.はく子.敬和.ぽんこ.やよい.よう子.
首塚や裏にいちめんれんげ畑 もとこ 4 せいじ.明日香.よし女.たか子.
鱗には園児の顔や鯉のぼり たかを 4 智恵子.そうけい.こすもす.よう子.
筍や新たな罅の通し土間 愛正 3 明日香.三刀.小袖.
燕の子公民館に育ちをり うつぎ 3 菜々.はく子.なつき.
山裾の音無き揺れや竹の秋 こすもす 3 愛正.ぽんこ.もとこ.
百蝶のとまりたるかに花水木 れいこ 3 満天.素秀.そうけい.
とりどりの新緑よぎる車窓かな やよい 3 董雨.こすもす.隆松.
宿坊の卯の花白し善光寺 愛正 2 三刀.なつき.
掃きとどめ散る様を見る藤の花 そうけい 2 愛正.もとこ.
川風が香りを運ぶ薔薇の園 ぽんこ 2 董雨.宏虎.
奥院へ墓石の縷々と若葉寒 はく子 1 たか子.
点在す杭置き去りに帰る鴨 なつき 1 れいこ.
聖五月令和入籍知らさるる なつき 1 満天.
弁慶の貫禄のでし薪能 宏虎 1 敬和.
千年の根を張り大樹若葉風 たか子 1 やよい.
パイプの香ゆらぐベンチや新樹光 智恵子 1 隆松.
麦秋や金砂こぼるる砂漠ごと 明日香 1 れいこ.
色かたち貴人名付け牡丹咲く 宏虎 1 小袖.
夏木立深く静まる社かな たかを 1 智恵子.
松の芯伸びきり天を指差せり 素秀 1 たかを.
校庭のフェンスに沿ひて花躑躅 せいじ 1 よし女.
山法師咲くやかの日の奈良想う よし女 1 宏虎.
久久のショートカットや夏きたる こすもす 1 菜々.

5月8日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
坂多き歌劇の街や花水木 宏虎 7 敬和.愛正.満天.菜々.明日香.ぽんこ.たか子.
海峡の船はゆっくり夏燕 うつぎ 5 れいこ.せいじ.たかを.はく子.もとこ.
花祭り紅塗る稚児のおちょぼ口 智恵子 5 敬和.そうけい.こすもす.はく子.よう子.
休日の長きも終わり松の花 たか子 4 愛正.せいじ.董雨.たかを.
田に水を引けば蛙の騒がしき 素秀 3 宏虎.菜々.智恵子.
麦秋の何処まで続く地平線 宏虎 3 満天.なつき.よう子.
何個入りか当てっこしつつ豌豆剥く こすもす 2 そうけい.よし女.
若葉風陸軍兵士の墓古りぬ よう子 2 なつき.やよい.
単線の特急待ちや若葉山 こすもす 2 もとこ.うつぎ.
余花の風根本大塔碧天へ はく子 2 ぽんこ.たか子.
苔庭の幾重に伸ばす若楓 ぽんこ 2 隆松.宏虎.
水底に届く光や水草生ふ れいこ 2 明日香.やよい.
お転婆がパンツ一枚水遊び なつき 2 智恵子.こすもす.
手びねりの令和の湯呑み新茶汲む 満天 1 董雨.
黄金週間果てて今日より我が休暇 せいじ 1 うつぎ.
木下闇苔むす墓の累々と はく子 1 素秀.
夏掛の軽し一枚重ねをり 素秀 1 隆松.
祓はれて祓はれて秘仏拝めり島若葉 なつき 1 れいこ.
軒下に並ぶ筍筆揃い 愛正 1 素秀.
新緑の山に山なす椎の花 三刀 1 よし女.

5月7日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
六甲の一望千里夏かすみ ぽんこ 6 愛正.たかを.やよい.そうけい.宏虎.菜々.
戸を繰れば卯の花匂ふ朝かな せいじ 5 敬和.三刀.ぽんこ.菜々.なつき.
風光る入港の水脈弧を描いて やよい 4 董雨.こすもす.うつぎ.よう子.
風が止み干物となった鯉のぼり 明日香 3 隆松.ぽんこ.よう子.
夕牡丹名残惜気に崩れけり うつぎ 3 せいじ.智恵子.もとこ.
母の日や迷ふ楽しき贈り物 智恵子 2 さつき.はく子.
今年また捨てきれず置く更衣 満天 2 こすもす.もとこ.
番う蝶今別々に飛び立ぬ たかを 2 せいじ.素秀.
菜の花や特攻基地の跡に咲く 宏虎 2 敬和.やよい.
ウェディングホテルの庭に薔薇香る さつき 2 愛正.はく子.
若葉風丸太造りの吊り橋に さつき 2 宏虎.満天.
ガスグリル栄螺の殻の置き所 よう子 2 たかを.れいこ.
合掌す観音像につつじ燃ゆ ぽんこ 2 満天.なつき.
恙なき連休最後の豆ご飯 満天 2 たか子.三刀.
朝刊を手にして気付く立夏かな 三刀 2 智恵子.れいこ.
葉桜の小窓に躍るチャペルかな せいじ 1 うつぎ.
飛鳥へと車輛の窓に新樹光 もとこ 1 そうけい.
庭隅の苺熟すや黒瓦 愛正 1 素秀.
幸せの黄色いポスト風薫る こすもす 1 たか子.
フロントの新茶サービス絣着て こすもす 1 さつき.
OLのランチタイムや若葉陰 智恵子 1 董雨.

5月6日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
麦の秋地平線から飛行雲 たかを 9 たか子.せいじ.ぽんこ.よう子.うつぎ.隆松.やよい.なつき.小袖.
普賢岳まなかひにして潮干狩り さつき 7 愛正.たかを.満天.そうけい.菜々.やよい.なつき.
風誘ふ土間に蝶々の迷ひ込み 智恵子 5 たかを.素秀.三刀.よう子.明日香.
急坂の古道を選ぶ遍路かな 素秀 4 さつき.智恵子.こすもす.明日香.
豆の飯人貴賤なく老いてゆく 宏虎 4 愛正.たか子.三刀.小袖.
宇治通リ新茶煎る香の漂へり 宏虎 3 董雨.さつき.そうけい.
岨道の風倒の木に夏落葉 ぽんこ 3 素秀.宏虎.せいじ.
舞踏会ドレスのやうな大金魚 さつき 2 こすもす.れいこ.
牡丹の大崩れして音あらず うつぎ 2 菜々.れいこ.
路地裏に子らの声無き子供の日 三刀 2 宏虎.もとこ.
校庭に親子イベント子供の日 満天 1 董雨.
息切らし岨道登る竹の秋 ぽんこ 1 敬和.
片松葉杖にも慣れて藤見かな なつき 1 隆松.
陽に映ゆる武骨な枝の柿若葉 愛正 1 もとこ.
浄土かな参道沿ひの牡丹園 よう子 1 満天.
浅間山玉菜を撫づる低き雲 愛正 1 智恵子.
道渡る毛虫よ君も気を付けて たか子 1 ぽんこ.
親子してポケモンゴーへこどもの日 せいじ 1 敬和.
五月来てスーツにヒール颯爽と 満天 1 うつぎ.

5月5日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
母の唄上機嫌なる菖蒲の湯 智恵子 6 敬和.満天.たか子.菜々.ぽんこ.なつき.
八つ橋に屈みてしかと目高かな たか子 4 そうけい.素秀.智恵子.宏虎.
名人に教はる金魚掬いかな さつき 3 たかを.せいじ.うつぎ.
潮干狩り熊手を洗ふ潮だまり なつき 3 董雨.さつき.よう子.
憤怒する仁王の目に躑躅燃ゆ ぽんこ 3 隆松.満天.宏虎.
奥入瀬の滔滔流れ渓若葉 宏虎 3 智恵子.やよい.ぽんこ.
学び舎の窓に眩しき新樹光 智恵子 2 はく子.もとこ.
峠まで若葉回廊鳥語降る うつぎ 2 はく子.もとこ.
砂場には深き渓谷子供の日 たかを 2 さつき.素秀.
まほろばの麦の穂金に染まり初め 明日香 2 やよい.なつき.
将棋指す老いどち集ふ緑陰に はく子 2 董雨.そうけい.
草叢より上には伸びず蛇苺 愛正 2 菜々.よう子.
柿若葉妻の装ふ訪問着 愛正 1 うつぎ.
万緑にパゴダの搭の抽んでし さつき 1 せいじ.
夏の空山に轟く鐘一打 ぽんこ 1 敬和.
庭隠る宿神と満つ翁草 そうけい 1 愛正.
多国籍の奈良の人波夏来たる こすもす 1 三刀.
人住まぬ家に十薬匂ひけり 素秀 1 たか子.
氷菓子泣く子の眉間皺解けて なつき 1 愛正.
鯉のぼりイベント広場泳いでる 明日香 1 こすもす.
切り結ぶ紙飛行機や五月晴 せいじ 1 隆松.
解体を決めた実家に草青む 素秀 1 たかを.
御朱印帳の列の長さや春暑し こすもす 1 三刀.
公園の遊具を隠す樟若葉 満天 1 こすもす.

5月4日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
種蒔くや背中合わせの老夫婦 愛正 8 敬和.せいじ.宏虎.智恵子.うつぎ.明日香.さつき.菜々.
潮干狩り母の背中を探したり 素秀 8 董雨.愛正.そうけい.たか子.明日香.三刀.みづき.さつき.
御手洗の柄杓に掬ふ藤の花 ぽんこ 7 せいじ.れいこ.満天.やよい.はく子.こすもす.なつき.
鯉のぼり千を映して川流る はく子 4 そうけい.三刀.みづき.ぽんこ.
新緑を映し鎮もる山の池 やよい 3 宏虎.素秀.満天.
御朱印の令和元年五月来ぬ ぽんこ 3 やよい.こすもす.なつき.
新しく切っ先尖る菖蒲かな 宏虎 1 素秀.
躑躅燃へ一気に歩道華やげり 満天 1 はく子.
蒲公英の絮毛を吹けば顔に降る せいじ 1 智恵子.
躑躅咲く後ろや朽ちる寺号額 そうけい 1 もとこ.
わが庭の朴の蕾を二度数え 三刀 1 敬和.
をさなごの全力疾走新緑に もとこ 1 菜々.
つばくらめ国道渡る山車掠め なつき 1 たか子.
寝屋川の両岸埋めつつじ燃ゆ はく子 1 董雨.
買ってきて家でも入る菖蒲風呂 こすもす 1 たかを.
三輪山の雑木五彩の芽吹き色 明日香 1 ぽんこ.
コンビニのコピー機待ちや西日濃し 明日香 1 たかを.
新玉葱しゃりしゃり食みて夫元気 菜々 1 うつぎ.
ジャスミンの塀になだれて香を放つ 満天 1 もとこ.
鴨帰り漣乱すものの無し 素秀 1 れいこ.

5月3日 (投句14名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
川幅の狭しと泳ぐ鯉のぼり 満天 6 愛正.せいじ.三刀.もとこ.よう子.明日香.
梵鐘を撞いて近江の春惜しむ 宏虎 5 菜々.智恵子.もとこ.ぽんこ.なつき.
笊を手に一芯ニ葉新茶摘む 三刀 5 董雨.敬和.たか子.はく子.そうけい.
主役なる皿鉢料理の初鰹 宏虎 3 董雨.こすもす.なつき.
お茶室へ磴は七折れ山すみれ 菜々 3 せいじ.やよい.明日香.
ブカブカの白長靴や干潟の子 素秀 3 三刀.やよい.そうけい.
余花の散る一片を受く力石 そうけい 2 満天.たか子.
ストローをせり上がりゆくソーダ水 たかを 2 れいこ.よう子.
若楓枝に撫ぜらる鬼瓦 ぽんこ 2 素秀.宏虎.
雨晴れて令和元年若葉風 満天 2 智恵子.こすもす.
ゴールデンウィークお昼は何と聞かれけり こすもす 2 愛正.たかを.
青蔦に締めくくられし大樹かな ぽんこ 2 菜々.満天.
豆腐屋を児と遊びつつ待つ遅日 よう子 2 たかを.れいこ.
宮参り祭幟の鳥居抜け なつき 1 はく子.
店頭を賑わす虻ぞ花の苗 たかを 1 敬和.
温泉の夜に湯の香や花馬酔木 素秀 1 ぽんこ.
ビオトープめきし狭庭に立浪草 せいじ 1 素秀.
ドライブの助手席座る夏帽子 智恵子 1 宏虎.

5月2日 (投句20名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
川堤歩けば蝶の連れとなり そうけい 7 せいじ.菜々.たか子.やよい.よし女.智恵子.よう子.
せせらぎのカーブに出会ふかかり藤 ぽんこ 4 隆松.素秀.智恵子.こすもす.
売約の金魚豊かな尾を振りて なつき 4 やよい.たかを.よし女.はく子.
聖堂いま静まりかへり花は葉に 菜々 3 たか子.満天.ぽんこ.
行者道へつづく階段苔の花 やよい 3 隆松.宏虎.はく子.
新しき時代始まる新樹光 三刀 3 敬和.満天.なつき.
緑さす大方丈の四囲の庭 せいじ 2 ぽんこ.そうけい.
ピクルスのセロリを噛めば夏匂う よし女 2 敬和.素秀.
さんざめく改元の街風薫る せいじ 2 三刀.よう子.
菜の花や道辻鎮む道祖神 愛正 2 なつき.そうけい.
くっきりと航跡残し大揚羽 たかを 2 愛正.せいじ.
新緑の山の膨らみ目の当たり ぽんこ 2 愛正.董雨.
四、五本の山菜摘みて春惜しむ 智恵子 2 たかを.こすもす.
低き雲若葉の山を包みたる 素秀 1 董雨.
畑仕事滞つてる菜種梅雨 明日香 1 菜々.
新天皇祝ふ令和や五月晴れ 智恵子 1 宏虎.
なんじゃもんじゃ数房開き夏来る よし女 1 三刀.

5月1日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遠足を丸のみしたる大仏殿 宏虎 9 れいこ.たかを.明日香.やよい.たか子.三刀.うつぎ.こすもす.よう子.
新しき御世の幕開く聖五月 やよい 7 董雨.宏虎.ぽんこ.よし女.三刀.よう子.はく子.
山車を組む若衆にとぶ老の檄 なつき 4 せいじ.たか子.うつぎ.こすもす.
万緑に閉じ込められし一休寺 せいじ 4 敬和.菜々.よし女.なつき.
平成を静かに送り四月尽 三刀 2 もとこ.なつき.
河沿いの百の植田に風渡る そうけい 2 智恵子.はく子.
平成の終わるひと日の若葉雨 智恵子 2 せいじ.そうけい.
我が街がゴジラの進路春の夢 素秀 2 菜々.もとこ.
雨はれて四囲の山山緑立つ 明日香 2 董雨.宏虎.
噴煙の浅間一望種を蒔く 愛正 2 たかを.やよい.
平成を清め流すや菜種梅雨 智恵子 1 愛正.
振り返る三十年や夏近し こすもす 1 敬和.
三笠より風吹きおろす麦の波 ぽんこ 1 そうけい.
漁師町堤防に干す鹿尾菜かな やよい 1 明日香.
若葉の多彩に萌ゆる山の貌 宏虎 1 ぽんこ.
代田風土の匂ひに振り向けり 素秀 1 智恵子.
飛ぶ鳥の道の一筋雲に入る 愛正 1 れいこ.
売れ残るトマトの苗の徒長かな よう子 1 愛正.
不動尊の池ゆるがせて蟇の鳴く 菜々 1 素秀.
蛙鳴く万葉園の歌碑の辺に うつぎ 1 素秀.

4月30日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
沖の船動くともなく四月尽く よし女 7 愛正.宏虎.たかを.なつき.明日香.うつぎ.こすもす.
石庭の白砂の海へ新樹光 せいじ 7 素秀.そうけい.敬和.はく子.明日香.三刀.うつぎ.
藤の香や万葉人は恋多き うつぎ 6 愛正.れいこ.宏虎.敬和.たか子.よう子.
古民家の門口隠し大手毬 こすもす 4 やよい.菜々.ぽんこ.はく子.
屋根を打つ雨音激し若葉冷え 三刀 4 董雨.たかを.よし女.なつき.
新樹光画布一面に緑萌ゆ 智恵子 3 やよい.せいじ.ぽんこ.
無人駅降りるや雉の声響く そうけい 2 董雨.三刀.
鐘朧身の引き締まる永平寺 宏虎 2 そうけい.智恵子.
潔く掲げる小さき鯉のぼり たかを 2 せいじ.たか子.
灯篭の古道辿ればかかり藤 ぽんこ 1 菜々.
早苗田や風もて遊ぶ一輌電車 そうけい 1 智恵子.
杣道を抜けて開けし夕の凪 智恵子 1 素秀.
葉の香りまず味わひて柏餅 やよい 1 こすもす.
平成も残り二日と海苔あぶる 素秀 1 よし女.
それぞれの主張の有りや藤のつる たか子 1 よう子.

過去一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]