真青な葉も二三枚帰り花

この作品への合評記事を投稿する。

修正はできませんが、削除・再投稿ができます。

  • 帰り花は見つけただけで嬉しく幸せを感じます。青い葉も有ったかもわからないが花に有頂天になり気付かない人が多いと思う。ここでも作者の観察眼の凄さが読み取れます。何何の帰り花と言われてないので桜でしょうか。 (うつぎ) - 2022/01/15(土)
  • 帰り花の木に青い葉っぱがでているのはめずらしいと思いました。何の花でしょうね? (豊実) - 2022/01/15(土)
  • 帰り花かと思えば葉も青く、それも何枚も開いている。冬のひと日の思いがけない暖かさを感じさせます。 (素秀) - 2022/01/15(土)
  • 「帰り花」は初冬の季語。花は、暖かい気温に休眠のタイミングを逃し、一部が冬に咲いてしまった桜と想像しました。花だけでなく青葉も一緒に愛でている作者の視線が優しく、桜の木に降り注ぐ日差しの暖かさに重なります。花芽と葉芽とが同時に出ているので、きっとソメイヨシノではないのでしょう。 (むべ) - 2022/01/15(土)
  • 初冬、つつじや桜の帰り花をたまに見かけます。葉っぱも二三枚ということで、桜の帰り花をイメージしました。裸木に花だけでは寂しかろうと、葉っぱも付き添って帰ってきたようです。 (あひる) - 2022/01/15(土)
  • 帰り花が冬の季語。土手でたんぽぽの帰り花を見つけたよ、よく見ると帰り葉ともいうべき真青な葉っぱも二三枚出ているよ、といった感じだろうか。この句にも作者の慈父のようなやさしいまなざしを感じる。 (せいじ) - 2022/01/15(土)