���������������������������������������

この作品への合評記事を投稿する。

投稿記事は、即このページに反映されます。

  • 温泉から続く草千里、九州旅行かと伺えます。早朝でしょうか、一面の霧に草原が海のようになってしまった。それはそれで広大な風景だろうと思えます。 (素秀) - 2021/09/22(水)
  • 草千里とは熊本県阿蘇の草千里ヶ浜のことかと思います。本来なら見えるはずの美しく広大な草紅葉が一面の霧で覆われて見えなくなってしまった。霧の海「とは」なったものの、それはそれで美しい風景には変わりないということかなと思いました。 (豊実) - 2021/09/22(水)
  • 作者は草千里と有るから阿蘇山が霧に包まれたと見られたのでしょう。多分バスの中からと思います。 (宏虎) - 2021/09/22(水)
  • 霧が秋の季語。草千里と言えば阿蘇を思い出す。阿蘇を去るときに外輪山から雄大な阿蘇をふりかえっているのだろうか。昨日行ったあの草千里が今日は霧に覆われて海のようになっていることよ。 (せいじ) - 2021/09/22(水)